close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
岸源也執筆
出版情報: 東京 : コロナ社, 1986.1  ix, 274p ; 22cm
シリーズ名: 電子通信学会大学シリーズ / 電子通信学会編 ; C-1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.回路の素子
   1.1 電圧と電流 1
   1.2 受動素子 3
   1.3 電源 8
   1.4 電力とエネルギー 10
   演習問題 14
2.素子の接続と回路
   2.1 回路とグラフ 15
   2.2 キルヒホッフの電圧法則 19
   2.3 キルヒホッフの電流法則 22
   2.4 回路と微分方程式 25
   2.5 微分方程式と指数関数 28
   演習問題 32
3.正弦波の複素表示
   3.1 正弦波 33
   3.2 正弦波の複素表示 38
   3.3 複素表示と愛動素子 42
   3.4 複素表示と電源 50
   3.5 複素表示とキルヒホッフの法則 52
   演習問題 55
4.簡単な回路
   4.1 RC直列回路 56
   4.2 RC並列回路 59
   4.3 RL直列回路 62
   4.4 RL並列回路 65
   4.5 LC直列回路 66
   4.6 LC並列回路 69
   4.7 RLC直列回路 71
   4.8 RLC並列回路 77
   4.9 インピーダンスとアドミタンス 79
   4.10 種々の結線構造 85
   演習問題 86
5.変成器
   5.1 定義 88
   5.2 正弦波と変成器 94
   5.2.1 インピーダンス行列とT形等価回路 94
   5.2.2 アドミタンス行列とII形等価回路 96
   5.2.3 直列接続と並列接続 98
   5.3 密結合変成器 100
   5.4 理想変成器 104
   演習問題 110
6.回路の結線構造
   6.1 結線構造とキルヒホッフの法則 112
   6.2 木 114
   6.3 有向グラフ 117
   6.4 接続行列 118
   6.5 閉路行列 121
   6.6 カットセット行列 126
   演習問題 130
7.回路の解析
   7.1 解の存在と一意性 131
   7.2 カットセット解析 139
   7.3 閉路解析 146
   7.4 各種解析方法に関する注意 154
   演習問題 155
8.回路の諸定理
   8.1 重ね合せ 156
   8.2 等価電源表示 157
   8.3 補償定理 162
   8.4 相反定理 164
   8.5 多端子対回路 165
   8.6 電力と保存関係式 168
   8.7 双対性 173
   演習問題 178
9.一端子対回路
   9.1 イミタンス 180
   9.2 電力 182
   9.3 正実関数 185
   9.4 正実関数の性質 185
   9.5 定抵抗回路 191
   9.6 リアクタンス回路 193
   9.7 2種素子回路 200
   演習問題 202
10.二端子対回路
   10.1 アドミタンス行列 204
   10.2 インピーダンス行列 207
   10.3 縦続行列 209
   10.4 ハイブリッド行列 212
   10.5 散乱行列 213
   10.6 二端子対回路の接続 215
   10.7 諸定理 221
   10.7.1 伝達インピーダンスと入力インピーダンスの関係 221
   10.7.2 Y-△変換 223
   10.7.3 2等分定理 224
   演習問題 227
11.三相回路
   11.1 三相交流 229
   11.2 対称三相をなす電圧,電流 230
   11.2.1 複素表示 230
   11.2.2 Y起電力と△起電力 231
   11.2.3 Y形電源と△起電源 233
   11.2.4 Y形電流と△形電流 235
   11.3 対称三相回路 237
   11.4 対称三相回路の電力 240
   11.5 非対称三相回路 243
   11.5.1 Y形電源 243
   11.5.2 △形電源 246
   11.5.3 回路の解析 248
   11.5.4 電力 249
   11.6 対称座標法 249
   11.6.1 対称座標成分 250
   11.6.2 負荷の表現 254
   11.6.3 負荷の表現 256
   11.6.4 電力 258
   演習問題 259
文献 261
演習問題解答 262
索引 271
1.回路の素子
   1.1 電圧と電流 1
   1.2 受動素子 3
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
当麻喜弘執筆
出版情報: 東京 : コロナ社, 1986.1  7,193p ; 22cm
シリーズ名: 電子通信学会大学シリーズ / 電子通信学会編 ; G-2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.論理代数
   1.1 論理代数の諸性質 1
   1.1.1 2値変数と論理演算 1
   1.1.2 基本の演算 2
   1.1.3 諸性質 3
   1.2 論GF関数とその表現形式 8
   1.2.1 完全定義論理関数と不完全定義論理関数 8
   1.2.2 極小項表現 9
   1.2.3 極大項表現 11
   1.2.4 Reed-Muller展開 13
   1.3 論理等式の解釈 17
   1.4 論理代数方程式とその解 18
   演習問題 21
2.論理関数の諸性質
   2.1 ユネイト関数 23
   2.2 双対関数 28
   2.3 その他の関数 32
   2.4 同族性による類別 35
   演習問題 39
3.論理関数の分解・合成
   3.1 論理関数の実現 42
   3.2 NOT-AND-OR/NOT-OR-AND形式 44
   3.2.1 Quine-McCluskeyの方法 45
   3.2.2 Karnaugh の図を用いる方法 50
   3.2.3 複数の論理関数の実現 54
   3.2.4 NOT-OR-AND形式 57
   3.3 NAND/NOR形式 57
   3.3.1 NAND形式 57
   3.3.2 NOR形式 61
   3.4 補償関数 61
   3.5 万能論理関数集合 64
   演習問題 71
4.順序回路とその実現
   4.1 順序回路の基本構成 74
   4.2 順序回路の表現 78
   4.2.1 状態遷移図 78
   4.2.2 状態遷移表 79
   4.2.3 不完全定義順序回路 80
   4.2.4 δ,ωの拡張 80
   4.3 順序回路の実現 82
   4.3.1 状態割当てと状態変数関数 82
   4.3.2 遅延回路を用いた実現 88
   4.3.3 フリップフロップを用いた実現 88
   演習問題 101
5.状態の等価性と両立性
   5.1 状態の等価性 106
   5.2 順序回路の等価性と簡単化 111
   5.3 状態を区別する入力系列 113
   5.4 両立性 117
   演習問題 128
6.順序回路の分解
   6.1 遷移合同性 133
   6.2 並列分解 140
   6.2.1 状態遷移関数の決定 141
   6.2.2 出力関数の決定 144
   6.3 縦続分解 147
   演習問題 154
7.順序回路と形式言語
   7.1 正規表現 157
   7.2 形式方語 161
   7.3 3型文法と順序回路 166
   演習問題 173
文献 176
演習問題略解 177
索引 191
1.論理代数
   1.1 論理代数の諸性質 1
   1.1.1 2値変数と論理演算 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼