close
1.

図書

図書
Octave Levenspiel
出版情報: New York : Wiley, c1999  xvi, 668 p. ; 26 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Overview of Chemical Reaction Engineering
Homogeneous Reactions in Ideal Reactors
Introduction to Reactor Design
Design for Single Reactions
Design for Parallel Reactions
Potpourri of Multiple Reactions
Non Ideal Flow
Compartment Models
The Dispersion Model
The Tank-in-Series Model
Reactions Catalyzed by Solids
Solid Catalyzed Reactions
The Packed Bed Catalytic Reactor
Deactivating Catalysts
Heterogeneous Reactions
Fluid-Fluid Reactions: Kinetics
Fluid-Particle Reactions: Design
Biochemical Reactions
Enzyme Fermentation
Substrate Limiting Microbial Fermentation
Product Limiting Microbial Fermentation
Appendix
Index
Overview of Chemical Reaction Engineering
Homogeneous Reactions in Ideal Reactors
Introduction to Reactor Design
2.

図書

図書
edited by Y.A. Ono, K. Fujikawa
出版情報: Amsterdam : Elsevier, 1999  xvi, 367 p. ; 25 cm
シリーズ名: North-Holland delta series
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Opening address / H. Fukuyama
Welcome address / K. Miyauchi
Quantum Computing, Quantum Teleportation, and Entanglement
Decoherence and recoherence in quantum computation / D.P. DiVincenzo ; A. Ekert
Engineering entanglement between atoms and photons in a cavity: non-locality, Schrödinger cats and decoherence / S. Haroche
Three-and four-photon correlations and entanglement: quantum teleportation and beyond / A. Zeilinger
Quantum manipulations of small Josephson junctions and the measurement process performed with a single-electron transistor / A. Shnirman ; Y. Makhlin ; G. Schön
Extraction of NMR quantum computation signal with parity gate / M. Kitagawa
Quantum logical diagram of quantum computing evolution / H. Matsuda ; D.W. Cohen
A generalized EPR problem and quantum teleportation / A. Motoyoshi et al
Purification of multi-particle entanglement / M. Murao et al
Quantum Information and Cryptography. Quantum cryptography and magic protocols / N. Imoto ; M. Koashi ; K. Shimizu
Quantum entanglement for secret sharing and telesplitting / A. Karlsson et al
Communication channels secured from hidden eavesdropping via transmission of entangled photon pairs
Quantum communication of bits by the polarization of photons / M. Matsuoka ; T. Yamamoto ; A. Motoyoshi
Optimal broadcasting of quantum information via teleportation
Semiconductor-based quantum information: noiseless encoding in quantum-dot arrays / P. Zanardi ; F. Rossi
Quantum Optics. Quantum information enabled by quantum optics / H.J. Kimble
Manipulation of quantum statistics in mesoscopic experiments / Y. Yamamoto
Extension of nonlocal response theory to Raman process / H. Ajiki ; K. Cho
Quantum Maxwell-Bloch equations for spontaneous emission in semiconductor lasers / O. Hess ; H.F. Hofmann
Quantum control of atomic systems by time-resolved homodyne detection of spontaneous emission / H. F. Hofmann et al
Laser Cooling, Ion Trapping, and Atom Interferometry. Quantum computation, spectroscopy of trapped ions, and Schrödinger''s cat / D.J. Wineland et al
Atom interferometry / F. Shimizu
Multiple atomic beam interference in the Ramsey-Bordè interferometer with multiple traveling laser beams / A. Morinaga ; T. Aoki
Sympathetically laser-cooled mass spectroscopy using Ba+ ions / I. Waki ; T. Baba ; D. Wang
Bose-Einstein Condensation. Measurements of relative phase and quantum beat note between Bose-Einstein condensates / D.S. Hall et al
Probing quantum statistical mechanics with Bose gases: nontrivial order parameter topology from a Bose-Einstein quench / J.R. Anglin ; W.H. Zurek
Nonequilibrium time evolution of the condensed state of a fixed number of interacting bosons / A. Shimizu ; J. Inoue ; T. Miyadera
Macroscopic quantum tunneling of a Bose-Einstein condensate with attractive interaction: fate of a false vacuum / M. Ueda
Collective excitations of a trapped Bose-Einstein condensate: a variational sum-rule approach / T. Kimura ; H. Saito
Quantum structure of three coupled atomic Bose-Einstein condensates / K. Nemoto ; W.J. Munro ; G.J. Milburn
Mesoscopic Magnets. Macroscopic quantum tunneling in magnetic systems / E.M. Chudnovsky
Quantum tunneling in magnetic molecules and single particles / L.Thomas et al
Magnetic and transport properties of sub-micron ferrromagnetic wires / Y. Otani et al
Electronic transport properties in mesoscopic ferromagnetic metals / G. Tatara
Coulomb blockade and enhancement of magnetoresistance change in ultrasmall ferromagnetic double tunnel junctions / R. Kitawaki ; F. Wakaya ; S. Iwabuchi
Anomalous giant Barkhausen jumps in III-V-based diluted magnetic semiconductor (In, Mn As at low temperatures / A. Oiwa et al
Quantum depinning of a domain wall / G.-H. Kim
Quantum Transport. Quantum dephasing in mesoscopic systems / Y. Imry
Decoherence in mesoscopic systems / R.A. Webb et al
Quantum eraser and quantum Zeno effect in mesoscopic physics / G. Hackenbro
Preface
Opening address / H. Fukuyama
Welcome address / K. Miyauchi
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
高橋渉著
出版情報: 横浜 : 横浜図書, 1999.3  iv, 232p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 基本概念 1
   1.1 数列の極限 1
   1.2 級数 9
   1.3 関数の極限 16
第2章 微分 22
   2.1 微分係数と導関数 22
   2.2 逆関数の導関数 29
   2.3 平均値の定理 35
   2.4 高階の導関数 42
   2.5 凸関数と近似値 49
第3章 積分 56
   3.1 定積分の定義 56
   3.2 定積分の基本的性質 63
   3.3 基本関数の不定積分 70
   3.4 やや複雑な不定積分 76
   3.5 広義積分 83
第4章 2変数関数の微分 90
   4.1 2変数関数と偏微分 90
   4.2 全微分と合成関数の微分法 97
   4.3 2変数のテイラーの定理 104
   4.4 陰関数定理 111
第5章 2変数関数の積分 117
   5.1 重積分の定義とその計算 117
   5.2 重積分の性質と変数変換 124
   5.3 広義重積分 131
第6章 関数の級数 138
   6.1 べき級数 138
   6.2 一様収束性 145
   6.3 一様収束性と微分積分 151
第7章 微分方程式 158
   7.1 1階微分方程式-変数分離形,同次形 158
   7.2 1階微分方程式-線形,完全形 164
第8章 特論 170
   8.1 上極限・下極限 170
   8.2 コーシーの判定条件と収束定理 178
解答の略解 185
参考文献 228
索引 229
第1章 基本概念 1
   1.1 数列の極限 1
   1.2 級数 9
4.

図書

図書
大橋雄二, 牧野恒一, 柳沢厚著
出版情報: 東京 : 彰国社, 1999.1  253p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
金子章道, 川村光毅, 植村慶一編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1999.3  x, 363p ; 26cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
T.W. Swaddle [著] ; 石原浩二, 高木秀夫, 矢野良子訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1999.3  xiii, 468p ; 22 cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
小野京右著
出版情報: 東京 : 培風館, 1999.3  ix, 307p ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
P.R.ウォレス著 ; 荒牧正也, 粟屋かよ子, 沢田昭二訳
出版情報: 東京 : シュプリンガー・フェアラーク東京, 1999.1  ix, 206p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
岩槻邦男著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.2  xi, 271p ; 19cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
edited by K.A. Browning and R.J. Gurney
出版情報: Cambridge : Cambridge University Press, 1999  xii, 292 p. ; 29 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
List of contributors
Preface
Foreword
Acknowledgements
The Global Energy and Water Cycles / Part I:
The global energy cycle / Richard D. Rosen1:
The global water cycle / Taikan Oki2:
Global Atmospheric Models, Data Assimilation and Applications to the Energy and Water Cycles / Part II:
Atmospheric models for weather prediction and climate simulations / Eugenia Kalnay3:
Numerical approximations for global atmospheric models / David Williamson4:
Parameterization of subgrid-scale processes / Hua-lu Pan5:
Principles of data assimilation / Milija Zupanski6:
Estimation of the global energy and water cycle from global data assimilation / Glenn White ; Suranjana Saha7:
Coupled atmosphere-ocean modeling for climate simulation and prediction / Ming Ji ; Arun Kumar8:
Atmospheric Processes and their Large-Scale Effects / Part III:
Radiative effects of clouds and water vapour / Graeme L. Stephens9:
Effects of aerosols on clouds and radiation / Peter V. Hobbs10:
Vertical transport processes / T. Hauf ; S. Brinkop11:
Precipitating cloud systems / Peter Jonas12:
Surface and Sub-Surface Precipitation / Part IV:
Estimating surface precipitation / D. Rosenfeld ; C. G. Collier13:
Air-sea fluxes and their estimation / Peter K. Taylor ; Kristina B. Katsaros14:
The ocean's response to the freshwater cycle / Raymond W. Schmitt15:
Physical and physiological feedback constraining evaporation from land surfaces / J. L. Monteith16:
Soil water / P. J. Gregory17:
Surface runoff and subsurface redistribution of water / Eric F. Wood18:
Use of Small-Scale Models and Observational Data to Investigate Coupled Processes / Part V:
Mesoscale field experiments and models / Jean-Claude AndrT ; Jodl Noilhan ; Jean-Paul Goutorbe19:
Cloud-resolving models / M. W. Moncrieff ; W.-K. Tao20:
Examples of the Use of GCMs to Investigate Effects of Coupled Processes / Part VI:
The interaction of convective and turbulent fluxes in general circulation models / David Gregory ; Andrew Bushell ; Andrew Brown21:
Soil moisture-precipitation interaction: experience with two land surface schemes in the ECWMF model / Anton C. M. Beljaars ; Pedro Viterbo22:
Continental-Scale Water Budgets / Part VII:
Estimating evaporation-minus-precipitation as a residual of the atmospheric water budget / Kevin E. Trenberth ; Christian J. Guillemot23:
Factors determining the partitioning of precipitation into evaporation and runoff / P. C. D. Milly24:
The water budget of a middle latitude continental region: a modelling and observational study / Peter Rowntree25:
Estimating large scale run-off / E. Todini ; L. Dnmenil26:
The Way Forward / Part VIII:
Toward an integrated land-atmosphere-ocean hydrology / Moustafa T. Chahine27:
Index
List of contributors
Preface
Foreword
11.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 1999.2-2008.12  2冊 ; 31cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 材料力学
   1.1 緒言 1
   1.2 棒の断面に伝わっている荷重 1
   1.2.1 平衡条件 1
   1.2.2 棒の横断面に伝わっている力および偶力の種類 2
   1.2.3 応力とひずみ 2
   1.3 直線棒の応力と変形 3
   1.3.1 引張力による応力と変形 3
   1.3.2 曲げモーメントによる応力と変形 4
   1.3.3 ねじりモーメントによる応力と変形 15
   1.3.4 引張力、曲げモーメントおよびねじりモーメントによる応力と変形の統一的取扱い 18
   1.4 細長い曲線棒の応力と変形 22
   1.4.1 重ね合わせの原理による変形の求め方 22
   1.4.2 カスティリアーノの定理による変形の求め方 24
   1.5 太く短い曲線棒の引張りと曲げ 26
   1.5.1 応力と変形 26
   1.5.2 断面定数kの計算 28
   1.6 細長い直線棒の圧縮による座屈 28
   1.6.1 安定な釣合いと不安定な釣合い 28
   1.6.2 ばねで支えられた剛体棒の座屈荷重 29
   1.6.3 オイラーの座屈荷重 29
   1.7 材料力学と弾性力学の関係 31
第2章 弾性力学
   2.1 弾性学の基礎式 33
   2.1.1 応力成分とひずみ成分 33
   2.1.2 応力・ひずみ成分の座標変換 35
   2.1.3 弾性基礎式 38
   2.2 二次元弾性理論 42
   2.2.1 二次元弾性基礎式 42
   2.2.2 直角座標における平面応力理論 43
   2.2.3 極座標における平面応力理論 48
   2.2.4 半無限板に関する混合境界値問題 56
   2.2.5 複素応力関数による平面応力問題 61
   2.2.6 等角写像関数を用いた平面応力問題 69
   2.3 一様断面棒のねじり 72
   2.3.1 一様断面棒のねじり 72
   2.3.2 薄肉断面棒のねじり 76
   2.3.3 複素関数による解法(単連結領域) 78
   2.4 一様断面ばりの曲げ 79
   2.4.1 片持ちばりの曲げ 79
   2.4.2 せん断中心 81
   2.4.3 薄肉断面材の曲げ 82
   2.5 平板の曲げ 84
   2.5.1 たわみの基礎方程式(直角座標) 84
   2.5.2 たわみの基礎方程式(極座標) 90
   2.6 三次元弾性理論 91
   2.6.1 三次元弾性基礎式と変位関数 91
   2.6.2 軸対称ねじり 97
   2.6.3 ねじりなし軸対称応力状態 100
   2.6.4 半無限体に関する混合境界値問題 111
   2.7 弾性接触論 114
   2.7.1 ヘルツの弾性接触論 114
   2.7.2 摩擦を考慮した弾性接触問題 118
   2.8 熱応力 121
   2.8.1 熱弾性基礎式 121
   2.8.2 棒の定常熱応力 124
   2.8.3 円板・中空円板の熱応力 124
   2.8.4 厚板の熱応力 126
   2.8.5 円柱および円筒の熱応力 127
   2.8.6 球・中空球の熱応力 128
   2.9 衝撃応力 130
   2.9.1 棒の縦衝撃理論(一次元動弾性理論) 130
   2.9.2 二次元動弾性理論と三次元動弾性理論 133
   2.9.3 はりの曲げ衝撃 136
   2.9.4 ヘルツの弾性接触論に基づく衝撃荷重の解析 137
   2.10 付録 139
   2.10.1 調和関数と重調和関数 139
   2.10.2 フーリエ変換 141
   2.10.3 アーベル変換 142
   2.10.4 ヒルベルト問題 143
   2.10.5 連立積分方程式 144
   2.10.6 材料力学の歴史 146
第3章 塑性・クリープ力学
   3.1 単軸応力下の塑性変形 149
   3.1.1 引張応力-ひずみ曲線 149
   3.1.2 真応力と真ひずみ 149
   3.1.3 応力-ひずみ曲線の数式表示 151
   3.1.4 バウシンガ効果 151
   3.2 塑性構成式 151
   3.2.1 初期降伏曲面 151
   3.2.2 von Misesの降伏条件 152
   3.2.3 Tresca の降伏条件 153
   3.2.4 後続降伏条件 154
   3.2.5 Druckerの仮説と最大塑性仕事の原理 160
   3.2.6 関連流れ則 160
   3.2.7 繰返し塑性 163
   3.3 単軸応力下のクリープ変形 165
   3.3.1 クリープ現象と機構 165
   3.3.2 単軸クリープの数式化 167
   3.3.3 線形単軸粘弾性モデル 169
   3.4 クリープ構成式 172
   3.4.1 クリープポテンシャルと流れ則 172
   3.4.2 定常クリープの構成式 172
   3.4.3 非定常クリープの構成式 174
   3.4.4 応力反転時のクリープ則 176
   3.4.5 異方性クリープの構成式 176
   3.4.6 粘塑性構成式 177
   3.4.7 クリープ破断の構成式 179
第4章 応力解析法
   4.1 ひずみエネルギー 185
   4.1.1 エネルギー原理 185
   4.2 近似解法 189
   4.2.1 リッツの方法とガラーキンの方法 189
   4.2.2 塑性近似解法 191
   4.3 数値解析法 198
   4.3.1 有限要素法 198
   4.3.2 境界要素法 208
   4.3.3 体積力法 222
第1章 材料力学
   1.1 緒言 1
   1.2 棒の断面に伝わっている荷重 1
12.

図書

図書
木曽眞編著
出版情報: 東京 : 学会出版センター, 1999.3  xi, 239p ; 21cm
シリーズ名: 生物化学実験法 / 瓜谷郁三 [ほか] 編 ; 42
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
Laurie M. Brown, Abraham Pais, Sir Brian Pippard ; 「20世紀の物理学」編集委員会編
出版情報: 東京 : 丸善, 1999.3  3冊 ; 23cm
所蔵情報: loading…
14.

図書

図書
徳高平蔵, 岸田悟, 藤村喜久郎著
出版情報: 東京 : 海文堂出版, 1999.2  vi, 175p ; 21cm
所蔵情報: loading…
15.

図書

図書
μMフロンティア研究会編
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 1999.2  vi, 160p ; 21cm
所蔵情報: loading…
16.

図書

図書
山田勇編
出版情報: 京都 : 昭和堂, 1999.2  284, iiip ; 21cm
シリーズ名: 講座人間と環境 / 福井勝義, 秋道智彌, 田中耕司企画編集 ; 2
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
小林俊行, 大島利雄著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.3  2冊 ; 21cm
シリーズ名: 岩波講座現代数学の基礎 / 青本和彦 [ほか] 編 ; 12-13
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
平岡克己著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1999.3  iv, 114p ; 22cm
シリーズ名: 応用数値計算ライブラリ
所蔵情報: loading…
19.

図書

図書
久保田浪之介著
出版情報: 東京 : 共立出版, 1999.3  xi, 194p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 国際学会について
2 : 発表要旨の作成
3 : 論文作成の要領
4 : 映像原稿の作成
5 : 口頭発表の要領
6 : 自己紹介
7 : 転載許可願いおよび文献の請求
1 : 国際学会について
2 : 発表要旨の作成
3 : 論文作成の要領
概要: 本書では、国際講演会においてよりよい口頭発表するための手順、および国際学術誌(おもに国際学会誌)に論文掲載するためのプレゼンテーションの基本について解説してみた。
20.

図書

図書
中村良夫編著
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1999.3  viii, 272p ; 19cm
シリーズ名: 研ぎすませ風景感覚 / 中村良夫編著 ; 2
所蔵情報: loading…
21.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
加藤雅治, 熊井真次, 尾中晋著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1999.3  vii, 162p ; 21cm
シリーズ名: マテリアル工学シリーズ ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 弾性論の基礎 1
   1.1変形勾配、ひずみ、回転の定義 1
   1.2力と応力 4
   1.2.1.面力 4
   1.2.2応力と境界条件、釣り合いの式 5
   1.3ひずみと応力の座標変換 7
   1.3.1ベクトルとテンソルの座標変換 7
   1.3.2主ひずみと主応力 9
   1.3.3モール円 10
   1.4線形弾性体とフックの法則 11
   1.5弾性ひずみエネルギー 14
   1.6弾性相互作用エネルギー 17
2. 格子欠陥と転位 19
   2.1さまざまな格子欠陥 19
   2.2点欠陥 20
   2.2.1原子空孔の熱平衡濃度 20
   2.2.2原子空孔と拡散 22
   2.3転位 24
   2.3.1結晶のすべり変形 24
   2.3.2転位とすべり運動 26
   2.3.3転位の種類とバーガースベクトル 27
   2.3.4転位の弾性論 30
   2.3.5転位に働く力 33
   2.3.6転位の結晶学 34
   2.3.7転位の増殖 38
   2.3.8交差すべりと上昇運動 40
   2.3.9転位と他の格子欠陥の相互作用 41
   3.応力-ひずみ関係 45
   3.1完全結晶の理想降伏強度 45
   3.2引張変形時の典型的な塑性変形挙動 46
   3.2.1公称応力と公称ひずみ 46
   3.2.2真ひずみと真応力 48
   3.2.3くびれの開始条件(塑性不安定) 49
   3.3単結晶の変形 51
   3.3.1単結晶の降伏 51
   3.3.2単結晶の塑性変形と加工硬化 56
   3.4多結晶の降伏と塑性変形 61
   3.4.1多結晶中の結晶粒の塑性変形 61
   3.4.2テイラー因子 63
   3.4.3転位の運動の障害物としての結晶粒界 65
   3.4.4連続体としての多結晶の降伏条件 66
   4.材料の強化機構 69
   4.1材料のさまざまな強化法 69
   4.2障害物を乗り越える降伏過程 70
   4.2.1巨視的降伏 70
   4.2.2障害物を乗り越える転位の運動 71
   4.3分散強化 73
   4.4固溶強化と析出強化 74
   4.4.1弱い障害物による強化法 74
   4.4.2障害物と転位との相互作用 75
   4.4.3固溶強化 76
   4.4.4析出強化 78
   4.5スピノーダル分解による強化 79
   4.6有限温度での転位の障害物乗り越え過程 80
   4.6.1熱活性化の素過程 81
   4.6.2活性化エントロピーと活性化エンタルピー 83
   4.6.3臨界分解せん断応力の温度・ひずみ速度依存性 84
   4.7複合材強化 84
   5.クリープと高温変形 87
   5.1クリープの特徴 87
   5.1.1クリープ曲線 87
   5.1.2定応力試験と定ひずみ速度試験 88
   5.2遷移クリープ時のクリープ曲線の形状 91
   5.3定常クリープ速度についての実験結果 92
   5.3.1定常クリープ速度の温度依存性と応力依存性 92
   5.3.2べき乗則クリープにおける定常速度の構成式 95
   5.4相当応力と相当ひずみ 96
   5.5高温変形の機構 99
   5.5.1変形機構領域図 99
   5.5.2拡散クリープの機構 101
   5.5.3べき乗則クリープの機構 103
   5.5.4素過程としての粒界すべり 105
   5.6高温破壊 107
   6. 破壊力学と破壊現象 110
   6.1延性破壊とぜい性破壊 110
   6.1.1公称応力-公称ひずみ曲線による延性とぜい性の評価 110
   6.1.2靭性とシャルピー衝撃試験 111
   6.2金属材料の破壊様式 112
   6.2.1破壊様式の分類 112
   6.2.2へき開 113
   6.2.3微小空洞の成長と合体 114
   6.2.4すべり面分離 115
   6.2.5破壊とき裂 115
   6.3グリフィスのぜい性破壊の条件(き裂成長の条件) 116
   6.4応力拡大係数 119
   6.4.1き裂先端の応力集中 119
   6.4.2き裂様式 120
   6.4.3応力拡大係数とエネルギー開放率との対応 122
   6.5き裂先端の塑性域と開口変位 122
   6.5.1塑性域の大きさ 122
   6.5.2開口変位 125
   6.5.3塑性域に及ぼす板厚の影響 125
   6.5.4塑性域の応力状態と変形様式 126
   6.5.5小規模降伏 127
   6.6安定破壊とR曲線 129
   6.6.1有効表面エネルギー 128
   6.6.2安定破壊とR曲線 129
   6.6.3平面ひずみ破壊靭性Kic 130
   6.6.4Kic試験法 131
   6.7弾塑性破壊力学 133
   6.7.1弾塑性破壊靭性 133
   6.7.2Jicとδic 133
   7. 繰り返し変形と疲労 136
   7.1疲労寿命と疲労過程 136
   7.2S-N曲線とコフィン-マンソン則 137
   7.3繰り返し応力-ひずみ応答 140
   7.4単結晶の繰り返し硬化と転位組織 142
   7.4.1A領域での組織 143
   7.4.2B領域での組織 145
   7.4.3C領域での組織 145
   7.5多結晶の繰り返し変形 146
   7.6疲労き裂発生 146
   7.7疲労き列成長 148
   7.8da/dN-△K曲線 149
   7.9パリス則 151
   7.10き裂閉口によるき裂成長速度の遅延 152
文献 155
索引 159
1. 弾性論の基礎 1
   1.1変形勾配、ひずみ、回転の定義 1
   1.2力と応力 4
22.

図書

図書
小沼純一著
出版情報: 東京 : 青土社, 1999.3  227p ; 20cm
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
T. A. Brown著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1999.3  xxii, 526p ; 22cm
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
安成哲三, 岩坂泰信編 ; 中澤高清 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.3  xiv, 326p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座地球環境学 / 高橋裕 [ほか] 編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
地球システムの進化と大気環境の変化 / 安成哲三, 岩坂泰信 [執筆]
人間活動による大気改変の歴史 / 岩坂泰信 [執筆]
温室効果気体の増加と地球温暖化 / 中澤高清 [執筆]
大気汚染物質と大気質の変化 / 岩坂泰信, 原宏 [執筆]
気候変化の予測の可能性 / 住明正 [執筆]
地球温暖化と経済 / 森田恒幸 [執筆]
地球温暖化問題の科学と政治 / 米本昌平 [執筆]
現象解明と問題解決のはざまに : 新しい科学を模索する試み / 住明正 [執筆]
地球システムの進化と大気環境の変化 / 安成哲三, 岩坂泰信 [執筆]
人間活動による大気改変の歴史 / 岩坂泰信 [執筆]
温室効果気体の増加と地球温暖化 / 中澤高清 [執筆]
25.

図書

図書
O.J.ブランチャード, S.フィッシャー著 ; 高田聖治訳
出版情報: 東京 : 多賀出版, 1999.2  xiii, 680p ; 22cm
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
海老原史樹文, 深田吉孝共編
出版情報: 東京 : シュプリンガー・フェアラーク東京, 1999.2  vi, 201p ; 26cm
シリーズ名: Springer reviews
所蔵情報: loading…
27.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
村田好正, 八木克道, 服部健雄共著
出版情報: 東京 : 培風館, 1999.3  vi, 166p ; 22cm
シリーズ名: アドバンストエレクトロニクスシリーズ / 菅野卓雄 [ほか] 監修 ; カテゴリー1 . エレクトロニクス材料・物性・デバイス||エレクトロニクス ザイリョウ ・ ブッセイ ・ デバイス ; 19
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.序論 1
2.表面の作製 8
   2.1 Si基板上の洗浄法 8
   2.2 水素終端法 10
   2.3 超高真空中でのSi清浄表面の作製 14
   2.3.1 Si(111) 14
   2.3.2 Si(001) 15
   2.3.3 Si(111)1×1-H 17
3.表面の構造 19
   3.1 表面構造 19
   3.2 表面構造の表記法 22
   3.3 表面の再構成構造 27
   3.3.1 金属 27
   3.3.2 半導体 31
   3.3.3 再構成と表面(再構成構造のもたらすもの) 36
   3.4 表面構造の解析法 39
   3.4.1 表面2次元原子構造の解析手法 39
   3.4.2 表面の2次元構造の解析 55
4.表面の物性 65
   4.1 電子構造 65
   4.1.1 表面準位(占有準位) 65
   4.1.2 表面準位(非占有準位) 71
   4.1.3 表面プリュアン域 75
   4.1.4 内殻準位 77
   4.1.5 仕事関数 80
   4.1.6 表面プラズモン 83
   4.2 表面の振動 89
   4.2.1 振動スペクトルで見た水素の吸着状態 91
   4.2.2 表面フォノンの分散関係 96
5 表面の動的過程 99
   5.1 動的過程の概観 99
   5.2 脱離の動力学 109
   5.2.1 熱脱離 109
   5.2.2 電子励起に誘起された脱離と解離 111
   5.3 表面構造相転移 119
   5.3.1 Si(001)の相転移 119
   5.3.2 Cu(001)に吸着したK原子層の相転移 128
   5.3.3 Ag(001),Au(001)表面に見られるK原子吸着による吸着誘起相転移 132
   5.4 実空間観察 136
   5.4.1 表面構造相転移 136
   5.4.2 吸着,薄膜成長 140
   5.4.3 通電効果 144
   5.4.4 表面反応 147
6.界面の構造と物性 151
   6.1 はじめに 151
   6.2 絶縁体/半導体界面とその構造 152
   6.3 金属/半導体界面とその構造 158
索引 163
1.序論 1
2.表面の作製 8
   2.1 Si基板上の洗浄法 8
28.

図書

図書
鎮目恭夫著
出版情報: 東京 : みすず書房, 1999.2  ix, 209, ivp ; 20cm
所蔵情報: loading…
29.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
大津元一著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1999.3  vi, 170p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.光科学の第一歩 1
   1.1 光線に色はない 光と色 1
   1.2 カラーテレビは革命だ 物体の色 5
   1.3 光,色から光科学へ 6
2.光線の示す振る舞い 10
   2.1 急がば回れ 10
   ライフセーバーの使命 10
   靴ひもの無駄遣いはやめよう 11
   2.2 光線の不思議な現象 14
   レンズのぼけ 球面収差 15
   虹とブロッケンの妖怪 16
   蜃気楼 21
   歪んだ夕日 23
   魔鏡 24
   エジソンの?管とアイヌ語復元 26
   基礎知識
   (1)「最小作用の法則 フェルマーの原理」 13
   (2)「虹とコースティック」 18
3.光の基本的な性質 29
   3.1 周波数,波長,速度 30
   mμを偲んで 31
   光の速度の測定とメートルの定義 32
   3.2 偏光 36
   太陽の偏光 36
   太陽の光はミツバチの羅針盤 37
   複屈折 38
   液晶 39
   スカラべの背中の色 40
   3.3 エネルギー,強度,圧力 42
   レーザー・ロケット 42
   微粒子,原子をつかむ光のピンセット 43
   夏目漱石と光の圧力 46
   (3)「光の波の表示」 33
   (4)「偏光とその表示」 40
   (5)「光のエネルギーと運動量」 47
4.反射と屈折のもたらす現象 50
   4.1 光の進む方向と量 50
   万華鏡 50
   透明人間を探せ 52
   4.2 全反射と表面の光 56
   魚の見る天空 56
   光では見えなかった小さい物が見える 近接場光学顕微鏡 57
   光はトンネルをくぐる? 60
   顕微鏡から顕塵針へ 62
   (6)「反射率と透過率」 53
   (7)「全反射のための条件とエバネッセント光」 63
5.光の波がもたらす現象 66
   5.1 干渉 66
   5.1.1 二つの光による干渉 67
   精密で大きな測定 67
   写真フィルムはなぜ感光する? 70
   5.1.2 多数の光による干渉 75
   コンパクトディスクの色 75
   モルフォ蝶の翅の色 75
   孔雀の羽の色 76
   貝殻の色 76
   オパールの色 76
   シャボン玉の色 77
   向こうの景色が見える鏡 77
   はかない光の命 78
   丈夫で長持ちする立体写真の技術 ホログラフィ 80
   5.2 回折 90
   壁に耳あり,障子に目あり 90
   木漏れ日 91
   光を使って情報処理 91
   光学顕微鏡から電子顕微鏡へ 92
   日本列島は動いている 92
   5.3 光の散乱 104
   空の青さとモルゲンロート 104
   月の色 105
   雲の色 106
   日の色 107
   (8)「干渉」 71
   (9)「定在波」 74
   (10)「回折格子」 81
   (11)「多数の開口によるヤングの実験」 82
   (12)「ファブリーペロー共振器」 84
   (13)「ホログラフィの原理」 87
   (14)「回折の定式化」 95
   (15)「フラウンホーファ回折の性質」 98
   (16)「干渉との組合せ」 102
   (17)「散乱の機構」 107
6.物質の中の光 110
   6.1 光の吸収,発光 110
   太陽光の暗線 原子による吸収 110
   ルビーの魅力 クロムによる吸収 111
   愚か者の金 強い吸収 111
   刀鍛冶の技 熱放射 111
   ヘリウムの発見 放電 112
   蛍光灯とカラーテレビー蛍光 114
   ほ,ほ,蛍来い 化学発光 115
   6.2 金属の色と輝き 120
   6.3 半導体の色 124
   6.4 光はまわる 旋光性 128
   ショ糖のらせん 自然旋光性 128
   レーザー光をもどさないために ファラデー効果 129
   光メモリへの応用 磁気ケル効果 131
   6.5 透明な材料 光ファイバ 133
   6.6 光の現象を微視的に考える 135
   プリズムで光を分ける 屈折率とその分散 135
   電子の振動の足並み 透過,反射,散乱 136
   蛇口からの水漏れにご注意を 近接場光の起源とその測定 140
   6.7 原因と結果が比例しない光 非線形光学 148
   6.7.1 二乗に比例する成分による効果(第二次非線形光学現象) 149
   赤い光を紫外線にかえる 第二次高調波発生 149
   和と差の周波数の光を発生する 和,差周波数発生 149
   電気で光を調節する ポッケルス効果 150
   6.7.2 三乗に比例する成分による効果(第三次非線形光学現象) 151
   (18)「光の吸収,発光」 116
   (19)「吸収と反射との関係」 120
   (20)「金属中の電子のエネルギー帯」 121
   (21)「自由電子のモデル」 122
   (22)「半導体中の電子のエネルギー帯」 125
   (23)「旋光性とファラデー効果」 132
   (24)「ローレンツモデルと分散」 136
   (25)「一次元原子配列による光の透過,反射,散乱強度の指向性」 139
   (26)「モデルの階層性とアトム」 147
7.光についてさらに考える 156
   7.1 光は粒子? 波? 光の量子論 156
   あなたは電球1個分 再び熱放射について 157
   光で電子が飛び出す 光電効果 157
   光の固有な状態 158
   アインシュタインさん,お電話ですよ 再び光の吸収,発光について 158
   7.2 レーザーは熱いか冷たいか? レーザーの原理 160
   光の増幅と発振 160
   吸収の役割 161
   自然放出の役割 162
   7.3 小さな光で原子を操る 再び近接場光について 163
   索引 167
1.光科学の第一歩 1
   1.1 光線に色はない 光と色 1
   1.2 カラーテレビは革命だ 物体の色 5
30.

図書

図書
Peck Ritter著 ; 須藤和夫, 山本啓一, 有坂文雄訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1999.3  xix, 721p ; 26cm
所蔵情報: loading…
31.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
エドワード・R・フォード著
出版情報: 東京 : 丸善, 1999.3  2冊 ; 25×27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Vol.1
1 序論 1
2 H.H.リチャードソン,ラルフ・アダムス・クラム ゴシックリバイバル 13
3 マッキム,ミード&ホワイト 古典主義的ラショナリズム 51
4 エドウィン・ラッチェンス 古典主義の表現 99
5 グリーン兄弟とイギリスの同時代人 アーツ・アンド・クラフツ運動 125
6 フランク・ロイド・ライト オークパーク時代 163
7 オットー・ワグナーとアドルフ・ロース ウィーン合理主義 205
8 ル・コルビュジエ 古典主義的ヴィラ 235
9 ミース・ファン・デル・ローエ エチールフレーム 263
10 ルドルフ・シンドラー,ワルター・グロピウス,マルセル,ブロイヤー アメリカの住宅建設 291
11 フランク・ロイド・ライト ユーソニアンの時代 323
12 結論 353
引用文献・注釈 359
参考文献 364
索引 367
Vol.2
略語解説/出典リスト
1 序論:工業化の産物 1
2 エリエル・サーリネン デトロイト時代:1926-1940 23
3 エリック・グンナー・アスブルンドの転向:1930-1940 51
4 リチャード・ノイトラ 喪層の建築:1933-1952 87
5 アルヴァー・アールトとマルセル・ブロイヤー光/工業化/ヴァナキュラー:1928-1963 117
6 ル・コルビュジエ 1928年以降:1928-1965 163
7 サーリネン,イームズ,フラー ケーススタディハウス:1940-1959 211
8 エーロ・サーリネン 1945年以降:1945-1962 259
9 ルイス・カーン,シガード・レヴェレンツ ニューブルータリズム:1954-1974 299
10 ベンチューリ,グレイブス,スカルバ 歴史の複層化:1963-1984 343
11 ハイテク,デコンストラクション 建築の現在:1972-1988 373
12 結論 415
引用文献/注釈 425
参考文献 431
索引 435
Vol.1
1 序論 1
32.

図書

図書
ルーシール・B・リトヴォ著 ; 安田一郎訳
出版情報: 東京 : 青土社, 1999.4  390, 24p ; 20cm
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
火薬学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1999.3  xvii, 467p ; 22cm
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
町沢静夫著
出版情報: 東京 : 朝日出版社, 1999.3  334p ; 21cm
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
宿谷昌則著
出版情報: 東京 : 鹿島出版会, 1999.2  189p ; 21cm
所蔵情報: loading…
36.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
田沼静一, 家泰弘責任編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 1999.3  xvii, 316p ; 22cm
シリーズ名: 実験物理科学シリーズ ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 酸化物超伝導体とエキゾチック超伝導体 (田沼静一・家 泰弘)
第1章 高温超伝導の実験 (家 泰弘)
1.1 はじめに 3
1.2 超伝導の基本的性質と高温超伝導の特徴 7
   1.2.1 超伝導の現象論的性質を特徴づける基本パラメーター 7
   A.超伝導臨界温度 7
   B.超伝導ギャップ 8
   C.コヒーレンス長 9
   D.侵入長 10
   E.臨界磁界密度 11
   F.異方性パラメーター 12
   1.2.2 超伝導ギャップに対する実験的プローブ 14
   A.超伝導の分類 14
   B.超伝導ギャップの測定方法:分光学的手段 15
   C.超伝導ギャップの測定方法:低エネルギー励起 17
   D.超伝導の対称性 18
   1.2.3 超伝導の基本パラメーターに関する測定法 19
   A.上部臨界磁界とコヒーレンス長 19
   B.下部監界磁界と侵入長 28
   C.超伝導の異方性 29
   1.2.4 混合状態における磁束系の振る舞い 31
   A.磁束の多体系 31
   B.個々の磁束と個々の欠陥との相互作用(要素ピン) 31
   C.磁束系と多数の欠陥との相互作用(集団ピン) 33
   D.磁束の運動とエネルギー散逸 34
   E.磁気的性質 38
   F.超伝導磁束の観測 44
1.3 高温超伝導実験の注意点 46
   1.3.1 物質探索にかかわる実験 46
   A.超伝導フィーバーを振り返って 46
   B.超伝導物質探索の流れ 46
   C.抵抗測定による超伝導探索 47
   D.磁気測定による超伝導探索 49
   E.超伝導物質の同定 50
   1.3.2 試料の加工と電極付け 51
   A.電極付けのいろいろな方法 51
   B.ホールバー形状への試料加工 52
   C.微小試料への電極付け 56
   D.異方性を持つ試料の配向 58
   1.3.3 電気抵抗・ホール効果の測定 59
   A.電気抵抗測定システム 59
   B.ホール効果の測定システム 63
   1.3.4 磁界中の精密測定 68
   A.磁界中の温度制御 68
   B.磁界中の角度制御 73
   1.3.5 その他の測定法 84
   A.交流磁化率 85
   B.磁気トルク 87
   C.熱伝導 90
1.4 実験室レベルでの高温超伝導の応用 92
   文献 95
第2章 酸化物高温超伝導物質の調製
2.1 酸化物超伝導体試料の選択(北澤宏一) 99
   2.1.1 構造関連の研究 99
   2.1.2 常伝導状態の性質 100
   2.1.3 超伝導状態の性質 102
   2.1.4 固溶体試料の問題点 104
   2.1.5 高臨界電流試料 106
   文献 214
2.2 単結晶の育成 107
   2.2.1 フラックス法による結晶育成(武居文彦) 107
   A.はじめに 107
   B.La系超伝導体単結晶 108
   C.Y系超伝導体単結晶 109
   D.YBCO結晶のフラックス成長 111
   E.固液共存状態におけるY系結晶の育成 112
   F.Bi,Ti系超伝導体の結晶育成 114
   2.2.2 浮遊帯域法による結晶成長(岸尾光二) 115
   A.浮遊帯域法の原理と装置 115
   B.浮遊帯域法の特徴と欠点 118
   C.浮遊帯域法による酸化物超伝導体の育成例 120
   D.酸化物超伝導体の具体的育成手順とさまざまな問題点 122
   文献 215
   2.2.3 単結晶連続引き上げ(塩原 融) 126
   A.擬2元系平衡状態図における液相線 126
   B.Y123単結晶の連続育成 127
   C.引き上げ法による結晶成長機構 128
   D.低酸素分圧雰囲気下での単結晶育成 131
   E.Sm123単結晶の連続育成 132
   F.Pr123単結晶の連続育成 133
   G.引き上げ法の今後の課題と高品質,大型化への取り組み 135
   文献 216
2.3 焼結体の作製 136
   2.3.1 焼結体の作製法(小池洋二) 136
   A.焼結法の利点・欠点 136
   B.焼結体の作製手順 136
   C.代表的な個々の物質の説明 140
   文献 217
   2.3.2 粉末の作製,入手法,原料薬品(山本龍也) 143
   A.固相反応法と湿式法 143
   B.固相反応法による酸化物超伝導粉末の作製 143
   C.シュウ酸エタノール共沈法による酸化物超伝導粉末の作製 147
   D.粉末の入手法と原料薬品 151
   文献 218
2.4 溶融擬固体の作製(村上雅人) 151
   2.4.1 Y-Ba-Cu-O系の状態図 153
   2.4.2 溶融プロセス制御 153
   A.MTG(melt-textured-growth)法 154
   B.QMG(quench-melt-growth)法 155
   C.MPMG(melt-powder-melt-growth)法 156
   D.PMP(powder-melt-process)法 156
   E.PDMG(platinum-doped-melt-growth)法 156
   2.4.3 結晶成長 157
   A.結晶成長 157
   B.種結晶 157
   2.4.4 温度勾配 158
   2.4.5 Y-Ba-Cu-Oバルク材の応用 158
   2.4.6 おわりに 159
2.5 薄膜・厚膜の作製 160
   2.5.1 スパッタリング法による成膜(糸崎秀夫) 160
   A.スパッタリング装置 160
   B.各種酸化物高温超伝導薄膜の作製 162
   2.5.2 レーザーアブレーション法による成膜(川合知二) 166
   A.レーザーアブレーション成膜法の原理 166
   B.レーザーアブレーションの特徴 168
   C.レーザーアブレーションのメカニズム 169
   D.薄膜の特性 170
   E.超伝導超格子 172
   F.成膜以外の応用 173
   文献 219
   2.5.3 分子ビーム法による成膜-I(寺嶋孝仁・坂東尚周) 174
   A.分子ビーム法の特徴 174
   B.装置の構成 175
   C.酸素源 176
   D.蒸発源 178
   E.基板の加熱と酸化処理 179
   F.成長法-I 同時蒸着法 179
   G.成長法-II 逐次蒸着法 180
   H.反射高速電子回折 181
   2.5.4 分子ビーム法による成膜II-BSCCOなど(内野倉國光) 181
   A.BSCCO系物質の薄膜作製の意味 181
   B.分子ビーム法によるBSCCO薄膜作製法 182
   C.非双晶薄膜の作製 185
   D.その他 186
   文献 220
   2.5.5 化学気相法による成膜(遠藤和弘) 187
   A.はじめに 187
   B.酸化物超伝導体薄膜のCVD用原料 187
   C.酸化物超伝導体薄膜作製用CVD装置 188
   D.Y系のCVD 190
   E.ビスマス系,タリウム系のCVD 191
   文献 221
   2.5.6 厚膜の作製(戸叶一正) 192
   A.粉末のスラリーを利用する方法 193
   B.プラズマスプレー法 195
   C.塗布熱分解法 195
   文献 222
   2.5.7 薄膜用基板(川崎雅司・高橋和浩) 197
   A.各種基板材料の比較 197
   B.基板表面の制御 199
   C.基板の使用に関する周辺技術 201
   文献 223
   2.6 酸化物超伝導線材・テープの作製(熊倉浩明) 201
   2.6.1 線材化・テープ化の現状 201
   2.6.2 微細組織と臨界電流密度 202
   2.6.3 Bi系酸化物線材 204
   A.線材の作製法と特性 204
   B.小型マグネットの製作 209
   2.6.4 Y系酸化物線材 211
   2.6.5 T1系線材 213
   文献 224
第3章 特異な超伝導物質
3.1 有機超伝導物質の製法と構造(斎藤軍治・堀内佐智雄) 227
   3.1.1 合成と単結晶育成 227
   A.錯体成分の合成と精製 227
   B.錯体の作製 229
   C.単結晶の育成 230
   3.1.2 結晶構造とフェルミ面 232
   A.組成比の決定および比重の測定 232
   B.結晶構造の決定 232
   C.電子構造の計算 233
   D.有機超伝導体の結晶構造とフェルミ面 233
   文献 260
3.2 有機超伝導体の物性実験(石黒武彦) 237
   3.2.1 有機超伝導体の特徴 237
   3.2.2 試料とその取り扱い 238
   3.3.3 有機超伝導体の物性実験 239
   文献 261
3.3 黒鉛層間化合物の超伝導(田沼静一) 243
   3.3.1 アルカリ金属黒鉛層間化合物の超伝導 243
   3.2.2 2種類のインターカラントを入れた黒鉛層間化合物 247
   A.水素化カリウム黒鉛層間化合物 247
   B.アルカリ金属アマルガム黒鉛層間化合物 248
   C.アルカリ金属・タリウム(またはビスマス)黒鉛層間化合物 249
3.4 フラーレン誘導体の製法と超伝導 250
   3.4.1 フラーレンの構造と製法 250
   3.4.2 アルカリ金属原子のインターカレーションと超伝導 253
   3.4.3 C60のアルカリ金属誘導体の超伝導の起源 257
   文献 262
第4章 超伝導の応用
4.1 完全反磁性の応用(外村 彰) 265
   4.1.1 アハラノフ・ボーム効果 265
   4.1.2 論争 266
   4.1.3 新しい実験の設計 268
   4.1.5 検証実験 270
   文献 307
4.2 完全導電性の応用(増田正美) 273
   4.2.1 超伝導コイルによるエネルギー貯蔵 273
   4.2.2 電力貯蔵への応用 274
   4.2.3 SMESにおける貯蔵,発電装置 275
   4.2.4 実用規模の500~100万kWh級SMES 277
   4.2.5 SMESの経済性 278
   4.2.6 小型SMESによる電力系統の安定化 279
   4.2.7 パルス貯蔵 281
4.3 磁束のピンニングの応用(高重正明・田沼静一) 281
   4.3.1 アーンショウの定理 281
   4.3.2 磁界と超伝導体の相互作用 283
   4.3.3 浮上力,吸引力の測定 286
   4.3.4 遮蔽電流の効果 288
   文献 308
4.4 ジョセフソン効果と高温超伝導SQUID(井口家成) 291
   4.4.1 SQUIDの応用の重要性 291
   4.4.2 直ジョセフソン効果 291
   4.4.3 dc SQUIDの動作原理 293
   4.4.4 rf SQUIDの動作原理 296
   4.4.5 高温超伝導ジョセフソン接合素子の作製 299
   4.4.6 高温超伝導SQUID 302
索引 309
序章 酸化物超伝導体とエキゾチック超伝導体 (田沼静一・家 泰弘)
第1章 高温超伝導の実験 (家 泰弘)
1.1 はじめに 3
37.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Tomotada Ohtsuki
出版情報: Tokyo : Mathematical Society of Japan, 1999  v, 83 p. ; 25 cm
シリーズ名: MSJ memoirs ; v. 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
0 Introduction 3
1 Preliminaries 7
   1.1 Chord diagrams 7
   1.2 Quasi-tangles 10
2 The modified Kontsevich invariant 15
   2.1 Definition of the modified Kontsevich invariant 15
   2.2 Associator φ 18
   2.3 Isotopy invariance of Z(L) 20
3 The modified Kontsevich invariant and quantum invariants 22
   3.1 Substitution of Lie algebra and its representation into a chord diagram 23
   3.2 Recovery of the quantum (g, R) invariant from the modified Kontsevich invariant 26
4 The modified Kontsevich invariant and Vassiliev invariants 30
   4.1 Vassiliev invariants of framed knots 30
   4.2 Universality of the modified Kontsevich invariant among Vassiliev invariants 33
5 Vassiliev invariants and quantum invariants 36
6 The universal perturbative invariant of 3-manifolds 39
   6.1 Properties of Z(L) 39
   6.2 Replacing solid circles with dashed graphs 47
   6.3 Relation Pn 51
   6.4 Invariants of 3-manifolds 57
7 Finite type invariants and the universal perturbative invariant 60
   7.1 Finite type invariants of integral homology 3-spheres 60
   7.2 Universality of the universal perturbative invariant among finite type invariants 64
8 Quantum invariants and the universal perturbative invariant 67
   8.1 Quantum SO(3) invariant constructed from quantum invariants of framed links 67
   8.2 Expression of jn by a map α 69
   8.3 Expression of α by representations 73
   8.4 Proof of Theorem 8.5 75
0 Introduction 3
1 Preliminaries 7
   1.1 Chord diagrams 7
38.

図書

図書
永山國昭著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1999.3  x, 210p ; 21cm
シリーズ名: バイオソフィア
所蔵情報: loading…
39.

図書

図書
日本粉体工業技術協会編
出版情報: 東京 : 培風館, 1999.3  xi, 432p ; 27cm
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
田中穂積監修 ; 電子情報通信学会編
出版情報: 東京 : 電子情報通信学会, 1999.3  ix, 352p ; 22cm
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
片岡寛 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1999.4  vii, 156p ; 21cm
シリーズ名: 基本化学シリーズ ; 11
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
加藤明良[ほか]著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1999.3  vi, 182p ; 21cm
シリーズ名: 基本化学シリーズ ; 10
所蔵情報: loading…
43.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Paul T.Anastas, John C.Warner [著] ; 日本化学会, 化学技術戦略推進機構訳編 ; 渡辺正, 北島昌夫訳
出版情報: 東京 : 丸善, 1999.3  xiv, 124p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 はじめに 1
   1.1 化学と環境のいま 1
   1.2 環境保護の歩み 3
   市民意識の高まり 3
   薄めれば汚染もなくなる 6
   “命令と規制”方式 6
   汚染を防ぐ 7
   グリーンケミストリー 8
   1.3 科学者の役割 8
2 グリーンケミストリーとは 11
   2.1 定義 11
   2.2 なぜグリーンケミストリーに注目するのか 12
   2.3 なぜグリーンケミストリーを目指すのか 13
   2.4 過去を振り返る 16
   2.5 従来の限界、そしてグリーンケミストリーへ 17
3 化学合成で注目するところ 21
   3.1 新しい原料 21
   3.2 新しい反応試薬 24
   3.3 新しい溶媒 25
   3.4 新しい目標分子 25
   3.5 プロセス計測化学 26
   3.6 新しい触媒 26
4 グリーンケミストリーの12箇条 29
   4.1 廃棄物は“出してから処理”ではなく、出さない 29
   4.2 原料をなるべくむだにしない形の合成をする 32
   転位反応 32
   付加反応 33
   置換反応 33
   脱離反応 33
   4.3 人体と環境に害の少ない反応物、生成物にする 33
   4.4 機能が同じなら、毒性のなるべく小さい物質をつくる 35
   安全な化学物質の設計とは 35
   安全な物質のデザイン法 35
   4.5 補助物質はなるべく減らし、使うにしても無害なものを 36
   化学合成の補助物質 36
   溶媒の心配なところ 36
   溶媒と環境 37
   超臨界流体を使う 38
   溶媒を使わない 38
   水を溶媒に使う 39
   溶媒を固定化する 39
   4.6 環境と経費への負荷を考え、省エネを心がける 39
   化学産業のエネルギー消費 39
   エネルギーの使いかた 40
   反応促進のための加熱 40
   反応制御のための冷却 41
   分離に使うエネルギー 41
   マイクロ波の利用 41
   超音波の利用 41
   反応の最適化とは省エネだと心得る 42
   4.7 原料は、枯渇性資源ではなく再生可能な資源から得る 42
   再生可能な原料と枯渇性の原料 42
   持続可能性(サステイナビリティー) 43
   環境への直接影響 43
   環境への関節影響 43
   供給不足の生むコスト面の圧力 43
   石油と政治 44
   生物系原料の不安要因 44
   4.8 途中の修飾反応はできるだけ避ける 45
   多用される修飾反応 45
   保護基を使う 45
   塩にして扱いやすくする 45
   いずれ外す官能基をつける 46
   4.9 できるかぎり触媒反応を目指す 46
   4.10 使用後に環境中で分解するような製品を目指す 47
   現状 47
   環境中の残留 48
   4.11 プロセス計測を導入する 49
   4.12 化学事故につながりにくい物質を使う 49
5 毒性と環境影響を考える 51
   5.1 人体に対する毒性 51
   5.2 野生生物に対する毒性 53
   5.3 地域環境への影響 54
   5.4 地球環境への影響 55
6 反応の原料を考える 57
   6.1 原料はどこから 57
   6.2 再生可能な資源か、枯渇性の資源か 58
   6.3 有害か、無害か 58
   6.4 原料は後の工程をどう左右するか 59
7 反応のタイプを考える 61
   7.1 化学変化にはどんな種類があるか 61
   転位反応 62
   付加反応 62
   置換反応 64
   離脱反応 66
   ペリ環状反応 68
   酸化還元反応 69
   7.2 反応を進める条件はどうか 70
   ほかの試薬も必要か 70
   廃棄物は出るか 71
8 安全な分子をデザインする 73
   8.1 作用メカニズムを調べる 74
   8.2 構造-活性相関を利用する 76
   8.3 毒性につながる官能基を除く 76
   8.4 生体への取込みを最小限にする 77
   8.5 余計な物質はなるべく使わない 78
9 実例でみるグリーンケミストリー 79
   9.1 合成の原料 79
   多糖類をポリマーに 79
   グルコースを汎用化学品に 80
   廃バイオマスを化学品に 80
   9.2 合成の反応 83
   アトムエコノミーと均一触媒 83
   ハロゲン化物イオンを使わない芳香族アミンの合成 83
   ストレッカー合成の改良 85
   9.3 反応に使う試薬 86
   ホスゲンを使わないイソシアナート合成 86
   ジメチルカーボネートを使う選択的メチル化 87
   炭酸ジフェニルを使う無定型ポリマーの固相重合 87
   遷移金属錯体を使う酸化 88
   液相酸化の反応器 88
   9.4 溶媒と反応条件 89
   超臨界流体を溶媒に使う 89
   水を溶媒に使う 92
   溶媒を固定化する 92
   光反応を利用する 93
   9.5 最終製品 94
   ニトリルの改良デザイン 95
   ローム&ハース社の生物付着防止剤 “シー・ナイン” 96
   ローム&ハース社の殺虫剤 “コンファーム” 96
   ドンラー社のポリアスパラギン酸 97
   ポラロイド社の複合体型現像主薬 97
10 未来へ 101
   10.1 酸化反応の試薬と触媒 101
   10.2 生体に学ぶ多機能分子 102
   10.3 コンビナトリアル・グリーンケミストリー 103
   10.4 環境を汚さず、環境浄化にもつながる反応 103
   10.5 溶媒を使わない反応 104
   10.6 エネルギーへの配慮 104
   10.7 共有結合を使わない反応 105
まとめの問題 107
文献 111
監訳のことば 117
訳者あとがき 119
索引 121
1 はじめに 1
   1.1 化学と環境のいま 1
   1.2 環境保護の歩み 3
44.

図書

図書
小川雅彌監修代表
出版情報: 京都 : 化学同人, 1999.3  viii, 139p ; 21cm
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
大学の研究教育を考える会編
出版情報: 東京 : 丸善, 1999.4  213p ; 19cm
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
竹内均編
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 1999.4  2冊 ; 19cm
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
岩井善太, 石飛光章, 川崎義則著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1999.3  v, 174p ; 21cm
シリーズ名: 基礎機械工学シリーズ ; 3
所蔵情報: loading…
48.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
北原和夫著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.4  v, 111p ; 19cm
シリーズ名: 岩波科学ライブラリー ; 67
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 ヨーロッパ文化との出会い 1
2 ブリュッセル学派への憧れ 11
3 ブリュッセル自由大学 21
4 プリゴジンのブリュッセル学生時代 39
5 相関のダイナミクス 53
6 散逸構造論 87
7 まとめとして-時間の矢と確率的世界観 101
あとがき
1 ヨーロッパ文化との出会い 1
2 ブリュッセル学派への憧れ 11
3 ブリュッセル自由大学 21
49.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
竹内雍監修
出版情報: 東京 : フジ・テクノシステム, 1999.3  v, 24, 1186p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
基礎編 1~430
第1章 概論 1~10
   1. 多孔質体とは 2
   2. 多孔質体の構造とその分類 3
   3. 多孔質体の物理的,機械的性質と用途 6
   4. 多孔質体の利用とその際の形態 9
第2章 多孔質体の製法 11~242
   第1節 概説 <竹内 雍> 12
   1. アグリゲート構造体の製法 12
   2. スポンジ構造体の製法 14
   3. 多孔質高分子物質の製法 14
   4. 特殊な製法により得られる多孔質体 14
   第2節 無機質多孔質体 16
   2-1 炭素質多孔質体 16
   2-1-1 活性炭 <西野 博> 16
   1. 活性炭工業の現状 16
   2. 活性炭の種類と製造 17
   3. 活性炭の微細構造 20
   4. 活性炭の細孔構造 21
   2-1-2 カーボンブラック <仲田俊夫・新井啓哲> 23
   1. カーボンブラックの製法 23
   2. カーボンブラックの基本的性質 27
   3. カーボンブラックの3大基本特性と評価 33
   4. カーボンブラックの品種分類および代表的特性 33
   5. カーボンブラックの複合多孔質体 34
   2-1-3 一般の炭素・人造黒鉛 <吉岡 久雄> 37
   1. 炭素の基本構造と分類 38
   2. 炭素材料の製法経路 39
   3. 炭素材料の種類 39
   4. 製造工程・特性・用途の概要 41
   2-1-4 その他の炭素系多孔質体(木炭,石炭多孔質体) <吉岡 久雄> 53
   1. 木質多孔質体 53
   2. 石炭系多孔質体(コークス) 56
   2-2 炭化ケイ素 <近藤 明> 62
   1. 炭化ケイ素多孔質体の特徴 62
   2. 炭化ケイ素多孔質体の製造方法 63
   3. 用途 67
   2-3 シリカ・アルミナ系多孔質体 69
   2-3-1 シリカゲル <信原一敬> 69
   1. シリカゲルの構造 69
   2. シリカゲルの種類 70
   3. シリカゲルの製造方法 70
   4. シリカゲルの製造実験 72
   5. シリカゲルの表面特性 73
   6. シリカゲルの試験方法 74
   7. シリカゲルの吸着特性 75
   8. シリカゲルの表面改質 75
   9. 表面改質実験(トリメチルシリル基の導入) 76
   2-3-2 アルミナ <今福繁久・岡林誠治> 79
   1. 水酸化アルミニウムについて 80
   2. アルミナについて 80
   3. 水酸化アルミニウムの製法について 82
   4. アルミナの製造方法 85
   2-4 ゼオライト系多孔質体 <笠原 泉司> 90
   1. ゼオライトの構造とその機能 90
   2. ゼオライト系多孔質体の製造 92
   3. おもなゼオライトの製造 97
   2-5 メソポーラスマテリアル <稲垣伸二・福嶋喜章> 101
   1. メソポーラスマテリアル 101
   2. 種類と構造 101
   3. 製造法 103
   2-6 粘土系多孔質体 <山中 昭司> 111
   1. 層間架橋に使われる粘土 111
   2. 粘土層間架橋の方法 112
   3. 代表的な粘土層間架橋多孔質体の合成法 113
   4. 粘土層間架橋多孔質体の吸着特性 117
   5. 層間架橋多孔質体の化学修飾 118
   6. デラミネーションによる粘土の多孔質化 119
   2-7 多孔質ガラス <中島 忠夫> 122
   1. 多孔質ガラス材料 122
   2. 分相法多孔質ガラス 122
   3. 分相法多孔質ガラスの性質 125
   4. 膜乳化法による製剤への応用例 126
   2-8 多孔質セラミックス <大門正機・坂井悦郎> 128
   1. 製造 128
   2. 用途 129
   3. セメント・コンクリート 130
   2-9 金属および金属酸化物系多孔質体 <上野 晃史> 133
   1. 陽極酸化法による多孔質酸化物の作製 133
   2. 噴霧燃焼法による多孔質酸化物の作製 134
   第3節 有機質多孔質体 137
   3-1 木材 <岡野 健> 137
   1. 木材 137
   2. 製材 140
   3. 集成材 140
   4. 単板積層材 141
   5. 合板 141
   6. パーティクルボード 142
   7. ファイバーボード 142
   8. 木毛セメント板,木片セメント板 144
   9. WPC,その他の化学処理木材 144
   3-2 ポリマー系 145
   3-2-1 膜 <藤井 能成> 145
   1. 高分子膜の歴史 145
   2. 膜の分類 146
   3. 相転換(ミクロ相分離)法 147
   4. 微孔形成材抽出法 154
   5. 延伸法 154
   6. 電子線照射法 157
   7. ポリマー粒子融着法 158
   8. 複合膜製膜法 159
   9. イオン交換膜の製法 162
   3-2-2 繊維 <加藤 博恭> 164
   1. 多孔質繊維 164
   2. 多孔質繊維構造体 165
   3. 多孔質繊維構造体の種類と製法 166
   3-2-3 粒状品 <北本 六良> 169
   1. 合成高分子粒状品はどのように製造されているか 169
   2. 合成子分子粒状品に多孔質構造をどのように付加させるか 169
   3-2-4 ウレタンを除くプラスチック発泡体 <大久保 稔> 173
   1. 発泡方法 173
   2. 発泡の原理 173
   3. プラスチック原料 177
   4. 粘度調整剤 177
   5. 発泡剤 178
   6. 発泡工程 179
   7. 発泡成形 180
   8. 発泡体の評価 180
   9. 気泡の状態 181
   10. 発泡対の性質 182
   11. 発泡体の用途 182
   3-2-5 高分子多孔質焼結体 <真山 実> 184
   1. 高分子多孔質焼結体 184
   2. 高分子多孔質焼結体の製造工程 184
   3. 高分子多孔質焼結体の物性 187
   4. 焼結体の用途 188
   3-2-6 高分子シリコーンゴム・ゲル多孔質体 <中西幹育・桜井敬久> 189
   1. シリコーン多孔質体の種類 189
   2. フィラー溶出型シリコーン多孔質体の特徴 190
   3-2-7 高吸水性樹脂 <原田 信幸> 193
   1. 高吸水性樹脂 193
   2. 高吸水性樹脂のメカニズム 194
   3. 高吸水性樹脂の種類と製法 197
   4. 多孔質高給水性樹脂 198
   5. 高吸水性樹脂の特性 199
   6. 高吸水性樹脂の応用 200
   3-3 ウレタンゴム弾性体 <石井 正史> 203
   1. ポリウレタンフォーム 204
   2. ゴム弾性体フォーム 216
   3. 今後の課題 221
   3-4 紙系多孔質体 <山内 龍男> 223
   1. 紙の空隙構造の特徴 223
   2. 水銀圧入法による空隙構造の評価 223
   3. 透気性と空隙構造との関連 230
   4. 加工紙と空隙構造 230
   3-5 その他の有機質多孔質体-特に食品の多孔質体としての性質- <竹内 雍> 235
   1. 食材における多孔質体 235
   2. 食品の水分含量(含水率) 235
   3. 食品のかさ密度と多孔性 235
   4. 食品の乾燥 236
   5. 調理中の食品の物性の変化 236
   6. 食品の保存に関する吸着技術 237
   第4節 複合多孔質体 <山内泰弘・田口元康> 238
   1. サンドイッチ構造材 238
   2. カーボン・カーボン複合材料 239
   3. セラミックタイル 241
   4. プラスチックフォームによる極低音断熱施工 241
第3章 多孔質体の物理的および化学的性質とその測定法 243~430
   第1節 概説 <堤 和男> 244
   1. 物理的特性 244
   2. 化学的特性 245
   3. エネルギー的特性 246
   第2節 多孔質体の基本物性とその測定法 <竹内 雍> 248
   1. かさ密度,真密度,気孔率および空隙率 248
   2. 多孔質体の比表面積(内部表面積) 250
   3. 細孔の形状,その大きさ(径)の分布と容積 250
   4. 毛管凝縮現象を利用した細孔容積の測定 253
   第3節 多孔質体の幾何学的および形態学的構造とそれらの観察法 255
   3-1 電子顕微鏡による多孔質体の形態観察 <村田 幸夫> 255
   1. 走査型電子顕微鏡(SEM) 255
   2. 透過型電子顕微鏡(TEM) 256
   3. 逆浸透複合膜の断面観察 256
   4. ろ過膜の表面・断面観察 257
   5. 中空糸の断面観察 258
   6. ゼオライト触媒の断面観察 258
   3-2 ESCA(X線光電子分光法) <中山 陽一> 261
   1. 原理 261
   2. 装置 263
   3. 測定と解析 264
   4. 多孔質体へのESCA応用例 265
   3-3 STM,AFM <中川 善嗣> 268
   1. STM,AFMの原理と装置 268
   2. STM,AFMの特徴 269
   3. 多孔質体への応用 269
   3-4 小角X線散乱 <北野 幸重> 271
   1. 小角X線散乱とは 271
   2. 小角エックス線散乱の一般理論 271
   3. 小角X線散乱法の適用例 273
   3-5 示差走査熱測定 <石切山一彦> 276
   1. 測定原理 276
   2. DSC曲線 276
   3. 細孔径分布曲線 276
   3-6 超音波による評価 <大石 学> 279
   1. 超音波と微小気孔 279
   2. レーザー走査型超音波顕微鏡によるセラミックス材料の評価 279
   3. 他の超音波利用機器による評価 283
   3-7 PCによる画像解析 <市川 広昭> 285
   1. 画像解析のあゆみと処理システム 285
   2. 画像入力装置 285
   3. 画像の処理 285
   4. 統計処理 286
   第4節 多孔質体の透過性・ろ過性 289
   4-1 多孔質体中の気体の透過 <大谷 吉生> 289
   1. 流路モデル 289
   2. 抗力モデル 290
   4-2 多孔質体による気体中の固体粒子のろ過 <大谷 吉生> 292
   1. フィルター構造と粒子の捕集機構 292
   2. 単一体の捕集効率 293
   3. 多孔質体ろ過性能の評価 296
   4-3 液体の透過性・ろ過性の基礎項目 <都留 稔了> 297
   1. 多孔質体の種類と液体の透過機構 297
   2. 非平衡熱力学による膜透過の現象論方程式 298
   3. 濃度分極と物質移動係数 300
   4-4 多孔質体中の液体の透過 <鍋谷 浩志> 302
   1. ろ材抵抗 302
   2. 十字流ろ過技術 303
   3. 限外ろ過技術における透過流束の挙動 303
   4. ゲル分極モデル 304
   5. 浸透圧モデル 304
   6. 溶質阻止率に関する性能評価 305
   4-5 多孔質体による液体中の固体のろ過 <川勝 孝博> 309
   1. ろ過方式 309
   2. ケークろ過理論 311
   3. 閉塞ろ過理論 312
   4. クロスフローろ過理論 313
   4-6 多孔質膜内の拡散現象 <都留 稔了> 317
   1. 多孔質体と拡散現象 317
   2. 多孔質膜中の異動現象 317
   3. 拡散係数の測定法 321
   第5節 多孔質体における吸着,拡散とその測定法 <竹内 雍> 323
   1. 吸着,拡散とは 323
   2. 吸着の基礎(吸着現象と平衡) 323
   3. 吸着性能,吸着平衡およびそれらの測定法 332
   4. 多孔質体における移動現象(透過,拡散)とその測定法 335
   第6節 多孔質体の化学的性質とその測定法 <佐野 庸治> 347
   6-1 多孔質体の化学構造と細孔構造 347
   1. 活性炭 347
   2. シリカゲル 348
   3. ゼオライト 350
   4. 結晶性アルミノリン酸塩型モレキュラーシーブ 351
   5. メソポーラスモレキュラーシーブ 352
   6. 粘土化合物 353
   7. 層状リン酸ジルコニウム 354
   8. 多孔質マンガン酸化物 354
   9. パリゴルスカイトおよびセピオライト 355
   10. 赤金石 356
   11. ヘキサシアノ鉄酸塩 356
   12. その他 357
   6-2 多孔質体表面の化学的性質 357
   1. 吸着特性 357
   2. イオン交換 360
   3. 触媒作用 362
   6-3 多孔質体の評価方法 366
   1. X線回折法 366
   2. 固体NMR法 366
   3. アンモニアの昇温脱離法 368
   4. 赤外分光法 369
   5. その他 369
   第7節 多孔質体の機械的性質とその測定法 <浴永 直孝> 372
   1. セラミックス 372
   2. 発泡プラスチック 382
   3. 金属多孔質体 384
   4. 天然物その他の多孔質体 386
   5. 今後の展開-気孔形状の評価方法について- 387
   第8節 多孔質体の熱的性質と測定法 <岡崎守男・今駒博信> 393
   1. 多孔質体の比熱容量と熱膨張率 393
   2. 多孔質体の熱伝導特性 395
   3. 保温,保冷断熱材の熱的性質 400
   4. 耐火,耐熱断熱材 403
   5. 測定法 408
   第9節 音響学的性質と測定法 <塩田 正純> 410
   1. 吸音材料 410
   2. 遮音材料 415
   3. 制振材料 420
   第10節 光学的性質とその測定法 <竹内 雍> 428
   1. 固体の示す色彩と多孔質体の色彩 428
   2. 多孔質体の構造と反射率,透過率の関係 429
   3. 多孔質体の光学的性質とその応用例 429
応用編 431~1147
第1章 概論 <竹内 雍> 431~433
   1. 応用編の紹介 432
   2. 保温材,保冷材について 432
第2章 吸着材としての成分分離への応用 435~531
   第1節 概説 <竹内 雍> 436
   1. 分離操作とは 436
   2. 蒸留操作と対比される吸着操作 436
   3. ガス吸収と対比した吸着操作 439
   4. 吸着操作の利用に関する最近の話題 439
   第2節 炭素質吸着材の利用 <西野 博> 441
   1. 活性炭の利用 441
   2. 気相における活性炭の用途 441
   3. 液相における活性炭の用途 453
   4. 触媒としての用途 459
   5. 土壌汚染対策 460
   第3節 ゼオライト吸着材の利用 <森下悟> 462
   1. 吸着材としての利用 462
   2. ゼオライト吸着材の選定 474
   第4節 合成吸着材の性質とその分離への応用 <渡辺 純哉> 477
   1. 合成吸着剤とは 477
   2. 合成吸着剤の種類 477
   3. 合成吸着剤の性質 479
   4. 合成吸着剤の応用分野,応用データ 481
   5. 合成吸着剤の今後の展開 485
   第5節 PSA操作を用いたガス分離 <川井 利長> 486
   1. 概論 486
   2. PSAの誕生と発展 486
   3. PSA法の種類と工業利用 487
   4. PSA操作の解析と特性 489
   5. 最近の進歩と技術開発の諸問題 490
   第6節 水処理への吸着剤の利用 <安武重雄> 494
   1. 水処理における活性炭吸着の役割 494
   2. 高度浄水処理への応用 494
   3. 工業用水処理への応用 504
   4. 下水高度処理への応用 507
   5. 排水処理への応用 511
   6. し尿高度処理への応用 514
   第7節 家庭用浄水器への応用 <丹野隆雄> 521
   1. 水道水の現状と問題点 521
   2. 家庭用浄水器のしくみ 523
   第8節 空気中の有毒ガス除去 <松村 芳美> 526
   1. 有毒ガスまたは蒸気の発散源 526
   2. 作業環境基準 527
   3. 作業環境浄化のための吸着技術 527
   4. 作業者の呼吸保護 529
   5. オフィスビルの空気浄化 530
第3章 固体触媒・担体としての化学反応プロセスへの応用 533~600
   第1節 概説 <西村 陽一> 534
   1. 触媒とは 534
   2. 触媒と多孔質体 534
   3. 触媒の機能および機能向上について 535
   第2節 石油精製プロセスへの応用 <西村 陽一> 537
   1. 流動接触分解触媒 538
   2. 水素化処理触媒 543
   3. ゼオライトの形状選択性の石油精製への応用 547
   第3節 石油化学における応用 <野尻直弘・岩倉具敦> 550
   1. 触媒の構造 550
   2. 触媒作用と触媒構造 552
   3. 反応各論 557
   第4節 有機合成触媒としてのゼオライト <杉 義弘> 573
   1. ゼオライトを利用する形状選択的反応 573
   第5節 環境保全への応用 <今成 真> 582
   1. 脱硝技術 582
   2. 触媒による有機化合物の分解または燃焼 586
   第6節 自動車用触媒への応用 <大幡 和久> 591
   1. 自動車用ハニカム構造セラミックスの特徴 591
   2. ガソリン車用自動車触媒 592
   3. ディーゼル排ガス浄化触媒 595
   第7節 その他の触媒への多孔質体の応用 <西村 陽一> 598
   1. VOCS除去触媒 598
   2. 家庭用機器,住宅関連への触媒の利用 599
第4章 分離・精製への利用 601~752
   第1節 概説 <藤井 能成> 602
   1. 膜分離の原理 602
   2. 膜分離方法と使用される膜の種類 602
   3. 分離膜関連JIS規格 606
   4. イオン交換樹脂・膜・繊維 606
   第2節 高分子材料によるガスの分離・濃縮 <近藤 武夫> 609
   2-1 窒素富化膜 609
   1. 窒素富化膜のニーズと開発の歴史 609
   2. 窒素富化膜の原理と運転方法 609
   3. 窒素富化膜,窒素富化膜装置の開発事例 610
   4. 用途展開事例 614
   5. 窒素富化膜の経済性 617
   2-2 酸素富化膜 619
   1. 技術開発経過 619
   2. 酸素富化膜技術の概要 620
   3. 用途開発動向 621
   4. 酸素富化膜,装置の開発動向 626
   2-3 水素分離膜 627
   1. 水素分離膜のニーズと開発の歴史 627
   2. 水素の膜分離の原理 627
   3. 水素分離膜素材 628
   4. 水素分離膜,装置の開発事例 628
   5. 水素分離膜の経済性 632
   2-4 脱気膜 634
   1. 脱気のニーズ 634
   2. 脱気膜の原理 635
   3. 脱気膜,装置の開発事例 636
   4. 脱気膜の用途展開事例 638
   2-5 給気膜(注気膜) 640
   1. 給気膜の代表例,人工肺のニーズ 640
   2. 人工肺の種類 640
   3. 膜型人工肺の原理と構造 640
   4. 膜型人工肺の開発事例 640
   5. 給気膜のその他の用途 641
   2-6 除湿膜 642
   1. 除湿のニーズ 642
   2. 除湿膜の原理と膜素材 642
   3. 除湿膜の開発事例 642
   2-7 加湿膜(給湿膜) 647
   1. 加湿のニーズと問題点 647
   2. 膜式加湿器の原理 648
   3. 膜式加湿器の開発事例 648
   第3節 高分子材料による液体の分離 650
   3-1 精密ろ過膜の医療製造・医療分野における利用 <松永有志夫> 650
   1. 医薬品製造における精密ろ過膜の用途 650
   2. 医療分野における精密ろ過膜の用途 653
   3-2 精密ろ過膜カートリッジ <松尾 繁> 655
   1. 精密ろ過膜と膜構造 655
   2. 精密ろ過膜の特性と膜モジュール 656
   3. 膜モジュールの若干例 656
   4. 精密ろ過膜の除菌性と完全性 661
   3-3 ウイルス除去膜 <石川 元> 663
   1. ウイルスの構造と性質 663
   2. ウイルス除去膜の位置づけ 663
   3. ウイルス除去膜に要求される条件 665
   4. ウイルス除去性能 665
   5. ウイルス除去膜の製造法 666
   6. PLANOVA膜の製造方法 667
   7. ウイルス除去膜の使用法 667
   3-4 限外ろ過膜の超純水製造分野での応用 <池田 健一> 670
   1. 超純水について 670
   2. 超純水の用途と限外ろ過膜モジュールへの要求内容 670
   3. 超純水要求水質の推移 671
   4. 超純水用キャピラリー型モジュール 671
   5. キャピラリー膜の耐熱性 672
   6. モジュールの耐熱性 674
   7. 大容量モジュール 676
   3-5 限外ろ過膜の食品・飲料製造分野での利用 <池田 健一> 679
   1. 膜法の魅力と使用時の注意点 679
   2. 食品・飲料用膜およびモジュールに要求される機能 679
   3. 膜モジュールの洗浄 680
   4. 限外ろ過膜の食品・飲料分野への適用事例 682
   3-6 逆浸透膜の利用 <房岡 良成> 687
   1. 超純水の製造 687
   2. 海水の淡水化 690
   3. 有価物の回収 695
   3-7 膜による浄水処理 <山村 弘之> 699
   1. 浄水処理と膜技術の適用について 699
   2. 除濁を目的とした浄水処理への膜技術適用 699
   3. 溶解性成分の除去を目的とした浄水処理への膜技術の適用 702
   3-8 浸透気化膜 <近藤 正和> 705
   1. 膜分離システム 705
   2. 高分子膜材料 705
   3. 膜の模造とその製法 707
   4. 浸透気化膜の現状 708
   5. 膜分離システム 710
   第4節 膜を用いた廃水処理 <大西真人・大熊那夫紀> 712
   1. 膜性能に影響を及ぼす操作因子 712
   2. 膜の性能低下要因とその回復方法 713
   3. 廃水処理への適用 713
   第5節 無機膜の分離への利用 721
   1. セラミック膜とその特長・分離法 721
   2. 応用例 724
   第6節 イオン交換膜 <三宅 晴久> 732
   1. 概論 732
   2. フッ素系イオン交換膜 732
   3. 炭化水素系イオン交換膜 736
   第7節 イオン交換樹脂 <渡辺 純哉> 740
   1. イオン交換樹脂の基本構造とイオン交換 740
   2. イオン交換樹脂の合成 741
   3. イオン交換樹脂の分類と種類 741
   4. イオン交換樹脂の性質 742
   5. イオン交換樹脂の工業的な応用例 743
   6. イオン交換樹脂の使用上での近年のトピックス 743
   第8節 イオン交換繊維 <吉岡 敏雄> 747
   1. 製造プロセス 747
   2. 特長と性能 748
   3. 用途と応用 748
第5章 クロマトグラフィーへの応用 <岡本光美・神野清勝> 753~789
   第1節 クロマトグラフィーについて 754
   1. クロマトグラフィーの基礎 754
   2. 種々のクロマトグラフィー 754
   3. クロマトグラフィーの基礎理論 757
   第2節 吸着クロマトグラフィー 759
   1. LC(HPLC)充填剤用シリカ基材 759
   2. 焼成シリカによるフタル酸エステル類の分離 760
   3. 焼成シリカによるフラーレン類(C60/C70) 762
   第3節 分配クロマトグラフィー 763
   1. GC用充填剤 763
   2. LC用充填剤 764
   3. アミノ化学結合充填剤によるシリカとの反応挙動 765
   第4節 サイズ排除クロマトグラフィー 773
   1. 概説 773
   2. ポリマー系充填剤の特長と短所 775
   第5節 イオン交換クロマトグラフィー 776
   1. イオン交換樹脂の構造面からの分類 776
   2. イオンクロマトグラフィーによる無機イオンの分離 778
   第6節 アフィニティークロマトグラフィー 780
   1. 原理と基本操作 780
   2. 種類とその利用 780
   3. 高性能アフィニティークロマトグラフィーの支持体 780
   第7節 高速液体クロマトグラフィー充填剤の開発と応用 782
   1. シラン処理ポーラスグラスの調製 782
   2. 生体試料中の薬物および代謝物の分析用HPLC充填剤 785
   3. シラン処理HPTLCプレートの調製 786
第6章 ろ材としての応用 791~824
   第1節 概説 <松本 幹治> 792
   1. ろ材としての多孔質体 792
   2. 多孔質ろ材のろ過機構 792
   3. 多孔質ろ材の種類 793
   4. フィルターの選定とろ過操作 795
   第2節 ろ過布・ろ材 798
   2-1 空気(気体)のろ材 <安藤 勝敏> 798
   1. ろ材の種類 798
   2. 使用方法 800
   3. 評価方法 802
   2-2 水(液体)のろ過布とろ材 <加藤 博恭> 804
   1. ろ過布 804
   2. カートリッジフィルター 807
   3. 繊維充填ろ材 807
   第3節 金属繊維のろ材 <橋岡 成光> 809
   1. 金属繊維ろ材の製造方法 809
   2. 繊維焼結体のろ過性能 809
   3. その他 815
   第4節 焼結金属ろ材 <佐藤孝征> 816
   1. ろ過の機構と焼結金属フィルターによるろ過 816
   2. 焼結金属フィルターのおもな特徴 817
   3. 焼結金属フィルターの製造方法 817
   4. 焼結多孔質体の用途例 823
第7章 電池への応用 <鈴木 義雄> 825~854
   第1節 概説 826
   1. 電池の定義と歴史 826
   2. 電池の開発の動向 827
   3. 電池の基本構成と種類 827
   4. 電池における多孔質体の役割 828
   第2節 燃料電池への応用 830
   1. 概況 830
   2. 燃料電池の発電原理と種類 830
   3. 燃料電池の種類 832
   4. 各種燃料電池の構造と特徴 832
   第3節 活性炭のリチウム二次電池負極材としての応用 844
   1. 概況 844
   2. 特徴と構造 845
   3. 負極炭素材料として要求される特性と各種の負極炭素材料 846
   4. リチウム二次電池と負極炭素材料の課題と今後の展望 848
   第4節 その他の応用 849
   1. 概況 849
   2. ナトリウム-硫黄電池 849
   3. 電気二重相キャパシタ 851
   4. 課題と今後の展開 854
第8章 耐火物としての応用 855~883
   第1節 概説 <篠田 洋> 856
   1. 耐火物の種類 856
   2. 製造方法 858
   3. 耐火物の性質と試験方法 859
   4. 応用 862
   第2節 耐火・断熱材 <篠田 洋> 864
   1. 耐火・断熱材の用途 864
   2. セラミックス焼成炉道具材 864
   第3節 アルミニウム工業におけるケイ酸カルシウム材料の応用 <山本 光雄> 873
   1. アルミニウム製品の製造工程 873
   2. 耐火断熱材に要求される性能 874
   3. ケイ酸カルシウム材料について 875
   4. アルミニウム工業用ケイ酸カルシウムボード 877
   第4節 耐スポーリング性材料としての多孔質体の利用 <佐藤 仁俊> 881
   1. 耐熱衝撃性 881
   2. 気孔と耐熱衝撃性 882
   3. 耐火物と耐熱衝撃性 882
第9章 生物処理・発酵工業への応用 885~916
   第1節 概説 <古崎新太郎> 886
   1. バイオリアクターへの応用 886
   2. バイオセパレーションへの応用 888
   第2節 酵素固定化または細胞担体としての利用 889
   2-1 光学活性医薬品製造への応用 <柴谷 武爾> 889
   1. ジルチアゼム製造工程の問題点 889
   2. 不斉加水分解酵素 890
   3. 酵素反応条件の最適化 891
   4. ニ液相接触方式ホローファイバー膜型バイオリアクターによる(2R,3S)-フェニルグリシッド酸エステルの製造 891
   5. さらなる発展 893
   2-2 カビの固定化への応用 <小林 哲男> 895
   1. カビ類の培養法 895
   2. 発泡体浮遊培養法 895
   3. 発泡体固体培養法 897
   2-3 セラミックス多孔質体のバイオリアクターへの応用 <川瀬 三雄> 901
   1. 排水処理用バイオリアクター 901
   2. 酵素反応用バイオリアクター 904
   2-4 廃水処理への応用 <滝沢 智> 907
   1. 廃水処理用担体への特徴 907
   2. 下水中の窒素除去への応用 909
   3. 排水処理装置の設計・運転 910
   第3節 菌体や酵素の分離への応用 911
   1. 回収工程 912
   2. 分離精製工程 912
第10章 医療・アメニティ産業への応用 917~1000
   第1節 概説 <藤井 能成> 918
   1. 医療・アメニティライフと多孔質体 918
   2. 医療・人工臓器への応用 918
   3. アメニティ産業への応用 921
   第2節 血液浄化膜としての利用 923
   2-1 血液透析膜 <小林 拓一> 923
   1. 血液透析 923
   2. 膜の種類と構造 923
   3. 血液透析の実際 925
   4. 膜の性能評価と構造解析 928
   5. 血液透析膜の課題 929
   2-2 血漿分離膜 <竹中 良則> 932
   1. 血漿分離膜の構造と機能 933
   2. 血漿分離膜の製法 933
   3. 膜型血漿分離器 934
   4. 膜分離法と遠心分離法 936
   5. 膜型血漿分離器の臨床データ 936
   第3節 人工肺(中空糸膜型人工肺) <野川 淳彦> 938
   1. まえがき 938
   2. 人工肺の歴史 939
   3. 膜型人工肺におけるガス交換 940
   4. 人工肺に用いられる各種の膜とその特徴 941
   5. 人工肺膜モジュール構造 944
   6. 表面処理 945
   第4節 抗血栓性賦与のための処理 <長岡 昭二> 948
   1. 抗血栓性材料について 948
   2. 多孔質活性炭への抗血栓性賦与 951
   第5節 酸素富化機器への利用(膜法と吸着法) <松原 貞和> 954
   1. 医療用酸素濃縮器 954
   2. 膜型酸素濃縮器 956
   3. 吸着型酸素濃縮器 959
   4. 膜型,吸着型の比較および医療上の適応 961
   5. 在宅医療機器としての要件 962
   6. 在宅酸素療法関連機器の動向 964
   第6節 コンタクトレンズ <横田 満> 966
   1. コンタクトレンズのデザイン,構成 966
   2. コンタクトレンズの種類 966
   3. 眼(特に前眼部)の環境の特徴と酸素透過性 967
   4. コンタクトレンズの素材 968
   5. 物性評価法 971
   第7節 生体親和性水酸アパタイト <鈴木 喬・門間英毅> 974
   1. HAp系イオン交換体 974
   2. HAp系多孔質体 976
   第8節 徐放性医療(コントロール・リリース)担体 <中原 佳子> 979
   1. コントロール・リリースシステム(CRS)とその適用担体材料 979
   2. 多孔質マイクロカプセルのCR機能担体への適用 980
   3. 医療品への展開 983
   第9節 無機系抗菌剤 <大谷 朝男> 984
   1. 微生物細胞の構造 984
   2. 無機系抗菌剤の殺菌機構 985
   3. 無機系抗菌剤の構造と調整法 985
   4. 無機系抗菌剤の特性と制御法 987
   5. 無機系抗菌剤の利用 992
   第10節 高分子ゲル材料による胸部整姿用人工パッド <中谷幹育・桜井敬久> 997
   1. 胸部整姿用人工パッド 997
   2. シリコーンゴム・ゲル多孔質体 998
   3. 人工パッド 998
第11章 農業・園芸への応用 <岩間 秀矩> 1001~1026
   第1節 概説 1002
   1. 土壌改良資材 1002
   2. 育苗培地・床土・施設栽培用培地 1004
   3. 化学物質・微生物の吸着・担体材としての利用 1005
   4. 保温材・緩衝材としての利用 1006
   第2節 土壌改良への多孔質資材の利用 1007
   1. 土壌改良の基本と改良目標 1007
   2. 土壌の改良目標と目的 1008
   3. 土壌及び資材の多孔質体としての特性評価法 1010
   4. 土壌改良資材の分類 1011
   5. 多孔質土壌改良資材各論 1011
   第3節 吸着材・担体材としての利用 1023
   1. 肥料成分の吸着体としての利用 1023
   2. 悪臭吸着材としての利用 1024
   3. 有用微生物担体としての利用 1025
   4. 農産物鮮度維持材としての利用 1026
第12章 土木・建築分野での応用 1027~1058
   第1節 概説 <川地 武> 1028
   第2節 建材としての応用 <堀 長生> 1029
   2-1 軽量コンクリート 1029
   1. 軽量骨材コンクリート 1029
   2. 気泡コンクリート 1030
   2-2 耐火被覆材料 1032
   1. 耐火被覆材料とは 1032
   2. 成形材 1032
   3. 現場施工材 1034
   2-3 断熱材 1037
   1. 断熱材とは 1037
   2. 繊維系断熱材 1038
   3. 発泡系断熱材 1039
   2-4 吸音材料 1041
   1. 吸音材料とは 1041
   2. グラスウール吸音材 1041
   3. 吸音用孔あきセッコウボード 1041
   4. ロックウール化粧吸音板 1042
   2-5 調湿材 1043
   第3節 土木分野での応用 <炭田 光輝> 1047
   1. 軽量性を利用した工事 1047
   2. 透水・排水機能を利用した工事(地盤中の水の除去) 1050
   3. 透水・排水機能を利用した工事(道路の排水) 1051
   4. 泡の流動性を利用したトンネル工事 1053
   5. 水城の浄化工事 1056
第13章 緩衝材としての応用 1059~1092
   第1節 概説 <浴永 直孝> 1060
   1. 自動車への利用 1060
   2. 梱包材料としての利用 1061
   3. 住居における利用 1062
   4. 食品包装やスポーツ等における利用 1062
   5. 最適緩衝材の求め方 1062
   6. 新物質への期待 1063
   第2節 自動車用部品への多孔質体の応用 <津田健司・橋本邦彦> 1066
   1. 用途 1066
   2. 材料と構造 1067
   3. 設備・装置と製造方法 1070
   4. 部品の機能とその評価方法 1071
   5. 将来への展望 1074
   第3節 各種の緩衝性材料 <富士栄 昭> 1076
   1. 緩衝機能とプラスチックフォーム 1076
   2. 食品包装分野 1077
   3. 建築・土木分野 1078
   4. スポーツ 1081
   第4節 包装材料 <長谷川淳英> 1083
   1. 緩衝材としての適性 1083
   2. 緩衝材としての多孔質材料 1086
   3. 環境とのかかわり 1090
第14章 航空・宇宙構造材としての応用 <山口泰弘・田口元康> 1093~1105
   第1節 軽量高強度材としての応用 1094
   第2節 高温断熱・熱遮蔽材としてのロケット宇宙住還機への利用 1099
   1. 無機繊維断熱材 1099
   2. カーボン・カーボン複合材料 1101
   第3節 極低温断熱材としての利用 1104
   1. ポリウレタンフォーム(PUF) 1104
   2. ポリイソシアヌレートフォーム(PIF) 1105
   3 ポリ塩化ビニルフォーム(PVCF) 1105
第15章 含油軸受部品,摩擦材への応用 <西井 英一> 1107~1129
   第1節 概説 1108
   1. 摩擦と摩耗及び潤滑機構 1108
   2. 油中使用下での気孔の動き 1110
   3. 焼結金属以外の湿式摩擦材および乾式摩擦材と気孔の役割 1111
   第2節 焼結含油軸受と焼結金属摩擦材 1112
   1. 種類と材質 1112
   2. 性能評価と性質および用途 1116
   第3節 多孔質体の摩擦材料への応用 1128
   1. ペーパー材について 1128
   2. ペーパー材の性能について 1128
   3. ペーパー材の今後の動向について 1129
第16章 原子力工業における利用 <有吉 繁樹> 1131~1147
   1. 原子力発展の歴史と分離技術 1132
   2. GCR(ガス冷却型炉)原子力発電所 1132
   3. BWR(沸騰水型炉)原子力発電所 1133
   4. PWR(加圧水型炉)原子力発電所 1138
   5. BWR・PWR共通的設備 1142
   6. 新型転換炉(ATR)原型炉ふげん発電所 1143
   7. 再処理施設 1144
   8. その他 1146
索引 1149
基礎編 1~430
第1章 概論 1~10
   1. 多孔質体とは 2
50.

図書

図書
背戸一登, 松本幸人共著
出版情報: 東京 : 丸善, 1999.3  xvi, 280p, 図版1枚 ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼