close
1.

図書

図書
Clifford F. Gray, Erik W. Larson
出版情報: Boston : McGraw-Hill/Irwin, c2006  xviii, 574 p. ; 26 cm
シリーズ名: The Irwin/McGraw-Hill series in operations and decision sciences
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
Michael Begon, Colin R. Townsend, John L. Harper
出版情報: Malden, Mass. : Blackwell Publishing, 2006  xii, 738 p. ; 27 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Introduction: Ecology and its Domain
Introduction
Organisms / Part 1:
Organisms in their environments: the evolutionary backdrop / 1:
Organisms in their Environments: the Evolutionary Backdrop
Conditions / 2:
Resources / 3:
Life, death and life histories / 4:
Intraspecific competition / 5:
Life, Death and Life Histories / 6:
Dispersal, dormancy and metapopulations
Ecological applications at the level of organisms and single-species populations / 7:
Intraspecific Competition
Species Interactions / Part 2:
Dispersal, Dormancy and Metapopulations / 8:
Interspecific competition
The nature of predation / 9:
Ecological Applications at the Level of Organisms and Single-Species Populations: Restoration, Biosecurity and Conservation
The population dynamics of predation / 10:
Decomposers and detritivores / 11:
Interspecific Competition / 12:
Parasitism and disease
Symbiosis and mutualism / 13:
The Nature of Predation
Abundance / 14:
The Population Dynamics of Predation / 15:
Ecological applications at the level of population interactions
Communities And Ecosystems / Part 3:
Decomposers and Detritivores
The nature of the community / 16:
Parasitism and Disease / 17:
The flux of energy through ecosystems
The flux of matter through ecosystems / 18:
Symbiosis and Mutualism
The influence of population interactions on community structure / 19:
Food webs / 20:
Patterns in species richness / 21:
Ecological Applications at the Level of Population Interactions: Pest Control and Harvest Management
Ecological applications at the level of communities and ecosystems / 22:
Communities and Ecosystems
References
Organism Index
Subject Index
The Nature of the Community: Patterns in Space and Time
The Flux of Energy through Ecosystems
The Flux of Matter through-Ecosystems
The Influence of Population Interactions on Community Structure
Food Webs
Patterns in Species Richness
Ecological Applications at the Level of Communities and Ecosystems: Management Based on the Theory of Succession, Food Webs, Ecosystem Functioning and Biodiversity
Preface
Introduction: Ecology and its Domain
Introduction
3.

図書

図書
Richard P. Feynman, Michael A. Gottlieb, Ralph Leighton ; with a memoir by Matthew Sands ; exercises and answers by Robert B. Leighton and Rochus E. Vogt
出版情報: San Francisco ; Tokyo : Pearson, Addison-Wesley, c2006  xiii, 162 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
Robert L. Mott
出版情報: Upper Saddle River, N.J. : Pearson/Prentice Hall, c2006  xiv, 626 p. ; 26 cm.
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
The Nature of Fluids and the Study of Fluid Mechanics / 1:
Basic Introductory Concepts
The International System of Units (SI)
The U.S. Customary System
Weight and Mass
Temperature
Consistent Units in an Equation
The Definition of Pressure
Compressibility
Density, Specific Weight, and Specific Gravity
Surface Tension
Viscosity of Fluids / 2:
Dynamic Viscosity
Kinematic Viscosity
Newtonian Fluids and Nonnewtonian Fluids
Variation of Viscosity with Temperature
Viscosity Measurement
SAE Viscosity Grades
ISO Viscosity Grades
Hydraulic Fluids for Fluid Power Systems
Pressure Measurement / 3:
Absolute and Gage Pressure
Relationship Between Pressure and Elevation
Development of the Pressure-Elevation Relation
Pascal's Paradox
Manometers
Barometers
Pressure Expressed as the Height of a Column of Liquid
Pressure Gages and Transducers
Forces Due to Static Fluids / 4:
Gases Under Pressure
Horizontal Flat Surfaces Under Liquids
Rectangular Walls
Submerged Plane Areas General
Development of the General Procedure for Forces on Submerged Plane Areas
Piezometric Head
Distribution of Force on a Submerged Curved Surface
Effect of a Pressure Above the Fluid Surface
Forces on a Curved Surface with Fluid Below It
Forces on Curved Surfaces with Fluid Above and Below
Buoyancy and Stability / 5:
Buoyancy
Buoyancy Materials
Stability of Completely Submerged Bodies
Stability of Floating Bodies
Degree of Stability
Flow of Fluids and Bernoulli's Equation / 6:
Fluid Flow Rate and the Continuity Equation
Commercially Available Pipe and Tubing
Recommended Velocity of Flow in Pipe and Tubing
Conservation of Energy Bernoulli's Equation
Interpretation of Bernoulli's Equation
Restrictions on Bernoulli's Equation
Applications of Bernoulli's Equation
Torricelli's Theorem
Flow Due to a Falling Head
General Energy Equation / 7:
Energy Losses and Additions
Nomenclature of Energy Losses sand Additions
Power Required by Pumps
Power Delivered to Fluid Motors
Reynolds Number, Laminar Flow, Turbulent Flow, and Energy Losses Due to Friction / 8:
Reynolds Number
Critical Reynolds Numbers
Darcy's Equation
Friction Lass in Laminar Flow
Friction Loss in Turbulent Flow
Equations for Friction Factor
Hazen-Williams Formula for Water Flow
Other Forms of the Hazen-Williams Formula
Nomograph for Solving Hazen-Williams Formula
Velocity Profiles for Circular Sections and Flow in Noncircular Sections / 9:
Velocity Profiles
Velocity Profile for Laminar Flow
Velocity Profile for Turbulent Flow
Flow in Noncircular Sections
Minor Losses / 10:
Resistance Coefficient
Sudden Enlargement
Exit Loss
Gradual Enlargement
Sudden Contraction
Gradual Contraction
Entrance Loss
Resistance Coefficients for Valves and Fittings
Application of Standard Valves
Pipe Bends
Pressure Drop in Fluid Power Valves
Flow Coefficients for Valves Using Cv
Plastic Valves
Series Pipe Line Systems / 11:
Systems / Class I:
Spreadsheet Aid for Class I Problems
Pipeline Design for Structural Integrity / Class II:
Parallel Pipe Line Systems / 12:
Systems with Two Branches
Systems with Three or More Branches Networks
Pump Selection and Application / 13:
Parameters Involved in Pump Selection
Types of Pumps
Positive Displacement Pumps
Kinetic Pumps
Performance Data for Centrifugal Pumps
Affinity Laws for Centrifugal Pumps
Manufacturer's Data for Centrifugal Pumps
The Operating Point of a Pump and Pump Selection
Net Positive Suction Head
Suction Line Details
Discharge Line Details
Piping System Design and Pump Selection Procedure
Alternate System Operating Modes
Pump Selection and Specific Speed
Life Cycle Costs for Pumped Fluid System
Software for Piping System Design and Pump Selection
Open Channel Flow / 14:
Classification of Open Channel Flow
Hydraulic Radius and Reynolds Number in Open Channel Flow
Kinds of Open Channel Flow
Uniform Steady Flow in Open Channels
The Geometry of Typical Open Channels
The Most Efficient Shapes for Open Channels
Critical Flow and Specific Energy
Hydraulic Jump
Open Channel Flow Measurement
Flow Measurement / 15:
Flowmeter Selection Factors
Variable Head Meters
Variable Area Meters
Turbine Flowmeter
Vortex Flowmeter
Magnetic Flowmeter
Ultrasonic Flowmeters
Positive Displacement Meters
Mass Flow Measurement
Velocity Probes
Level Measurement
Computer-Based Data Acquisition and Processing
Forces Due to Fluids in Motion / 16:
Force Equation
Impulse-Momentum Equation
Problem-Solving Method Using the Force Equations
Forces on Stationary Objects
Forces on Bends in Pipe Lines
Forces on Moving Objects
Drag and Lift / 17:
Drag Force Equation
Pressure Drag
Drag Coefficient
Friction Drag on Spheres in Laminar Flow
Vehicle Drag
Compressibility Effects and Cavitation
Lift and Drag on Airfoils
Fans, Blowers, Compressors, And The Flow Of Gases / 18:
Gas Flow Rates and Pressures
Classification of Fans, Blowers, and Compressors
Flow of Compressed Air and Other Gases in Pipes
Flow of Air and Other Gases through Nozzles
Flow Of Air In Ducts / 19:
Energy Losses in Ducts
Duct Design
Energy Efficiency and Practical Consideration in Duct Design
Appendixes
Properties of Water
Properties of Common Liquids
Typical Properties of Petroleum Lubricating Oils
Properties of Air
Dimensions of Steel Pipe
Dimensions of Steel Tubing
Dimensions of Type K Copper Tubing
Dimensions of Ductile Iron Pipe
Areas of Circles
Conversion Factors
Properties of Areas
Properties of Solids
Gas Constant, Adiabatic Exponent, and Critical Pressure Ratio for Selected Gases
Answers to Selected Problems
Index
The Nature of Fluids and the Study of Fluid Mechanics / 1:
Basic Introductory Concepts
The International System of Units (SI)
5.

図書

図書
ロバート・F・マーフィー著 ; 辻信一訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 2006.2  430p ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 566
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
C.S.ルイス著 ; 中村妙子訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 2006.2  251p ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 565
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
ユダヤ大事典編纂委員会編 ; 滝川義人 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 荒地出版社, 2006.2  294p ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
宮風耕治 [著]
出版情報: 東京 : 東洋書店, 2006.2  63p ; 21cm
シリーズ名: ユーラシア・ブックレット / ユーラシア・ブックレット編集委員会企画・編集 ; no. 90
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
亀山郁夫著
出版情報: 東京 : 小学館, 2006.2  319p ; 22cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
J-L・フランドラン, M・モンタナーリ編 ; 菊地祥子, 末吉雄二, 鶴田知佳子訳
出版情報: 東京 : 藤原書店, 2006.1-2006.3  3冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
黒岩俊介著
出版情報: 東京 : 中央公論美術出版, 2006.1  382p ; 22cm
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
斎藤昌三著
出版情報: 東京 : 国書刊行会, 2006.1  725p ; 22cm
シリーズ名: 知の自由人叢書
所蔵情報: loading…
目次情報:
書痴の散歩
書淫行状記
紙魚供養
書痴の散歩
書淫行状記
紙魚供養
13.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
江藤良純, 梅本益雄共著 ; 映像情報メディア学会編
出版情報: 東京 : コロナ社, 2006.2  viii, 160p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.映像システムの概要
   1.1テレビジョンの要素技術 1
   1.2テレビジョンおよび映像システムの進展 3
   1.3ディジタル技術の特徴 5
2.視覚と画質
   2.1表示画面のアスペクト比 7
   2.2毎秒像数 8
   2.3視覚の空間的特性 9
   2.4目が感じる明るさ(測光量) 11
   2.5色の数値化(表色系) 13
   2.6関連用語 18
3.テレビジョン方式の基礎
   3.1走査と同期 19
   3.2走査方式 20
   3.3垂直解像度および水平解像度 23
   3.4走査方式の変換 26
   3.5カラーテレビジョンの色再現 28
   3.6カラーテレビジョン信号の基本形式 32
   3.7ガンマ補正処理 34
   3.8定輝度の原理 35
4.アナログカラーテレビジョンの信号形態
   4.1NTSC方式によるカラーテレビジョン信号の伝送 37
   4.1.1搬送波抑圧直交変調方式 37
   4.1.2輝度信号と搬送色信号の周波数インタリーブ 41
   4.2他の国のカラーテレビジョン方式 : PAL,SECAM 44
   4.3アナログ信号形態によるカラーテレビジョン方式の展開 45
   4.3.1EDTV 45
   4.3.2MUSE 46
   4.4信号伝送の基礎 48
5.ディジテルカラーテレビジョンの信号形態
   5.1カラーテレビジョン信号のディジタル化 53
   5.2各種ディジタル信号規格 55
   5.2.1コンポジット信号のディジタル化 55
   5.2.2コンポーネント信号のディジタル化 57
   5.3その他の映像信号フォーマット : テレビ電話、パソコン系 60
   5.4関連用語 63
6.ディジタル映像における情報圧縮
   6.1映像圧縮の実用化状況 66
   6.2映像圧縮の一般的手法 67
   6.3空間的冗長度の除去―離散コサイン変換(DCT)と量子化 69
   6.4時間的冗長度の除去―動き補償予測 72
   6.5統計的偏りの利用 74
   6.6圧縮、復元の全体構成 76
7.映像のディジタル変調、誤り訂正
   7.1伝送用ディジタル変調 78
   7.1.1単一搬送波による変調 78
   7.1.2複数搬送波による変調 81
   7.2記録用ディジタル変調 83
   7.2.1データのランダム化 84
   7.2.2データのブロック変換 85
   7.3符号誤りの訂正 86
   7.3.1符号間距離 87
   7.3.2誤り訂正符号の実際の使用形態 89
8.撮像システム
   8.1テレビカメラと撮像素子 91
   8.1.1テレビカメラの構成 91
   8.1.2撮像素子の基本機能 92
   8.2撮像管 93
   8.3固体撮像素子 94
   8.3.1CCD撮像素子 95
   8.3.2CMOS撮像素子 96
   8.43原色信号への色分解 97
   8.5カラーテレビジョンにおける撮像素子数 98
   8.5.13撮像素子カラーテレビカメラ 98
   8.5.2単一撮像素子カラーテレビカメラ 99
   8.6テラビカメラにおける信号処理 99
   8.6.1非線形処理 99
   8.6.2輪郭強調 100
   8.6.3色補正 101
9.映像表示システム
   9.1表示システムの基本機能と種類 103
   9.2自己発光型表示素子 104
   9.2.1受像管 104
   9.2.2プラズマ表示素子 106
   9.2.3発光ダイオード表示素子 107
   9.2.4有機EL表示素子 107
   9.3光変調型表示素子 107
   9.3.1液晶表示素子 107
   9.3.2マイクロミラー表示素子 109
   9.4投射型表示システム 110
   9.5マルチ画面表示システム 110
   9.63次元表示システム 111
10.映像記録システム
   10.1アナログ記録からディジタル記録へ 114
   10.2磁気テープ記録 116
   10.2.1回転ヘッド 116
   10.2.2ヘリカル走査 117
   10.2.3VHS方式 118
   10.2.4DV方式 119
   10.3光ディスク記録 121
   10.4ハードティスク記録 123
   10.5半導体メモリ記録 124
   10.6ランダムアクセス性、高速性と新しい記録機能 125
   10.6.1ランダムアクセス性 125
   10.6.2高速性 127
11.放送システムへの応用
   11.1テレビジョン放送方式 128
   11.1.1地上波放送と衛星放送 128
   11.1.2放送用映像フォーマット 128
   11.2テレビジョン放送システムの変遷 130
   11.3デジタル放送 131
   11.4将来の放送形態例 133
12.映像通信および映像配信システム
   12.1関連通信システムの進展 135
   12.1.1インターネット 135
   12.1.2モバイル通信 137
   12.1.3CATVとその他の通信系 138
   12.2テレビ電話、テレビ会議 142
   12.3映像配信システムの要素技術 144
   12.3.1映像配信の形態 144
   12.3.2限定受信 145
   12.3.3コンテンツ保護 147
   12.4映像配信システムの応用例 148
   12.4.1ホームサーバ 149
   12.4.2ITS 150
   12.5関連用語 152
   引用・参考文献 154
   索引 158
1.映像システムの概要
   1.1テレビジョンの要素技術 1
   1.2テレビジョンおよび映像システムの進展 3
14.

図書

図書
ピーター・バート著 ; 小野光子訳
出版情報: 東京 : 音楽之友社, 2006.2  335p ; 22cm
所蔵情報: loading…
15.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
菊池泰二編
出版情報: 秦野 : 東海大学出版会, 2006.1  xviii, 371p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 干潟,砂泥質潮間帯のベントス 1
第1章 砂質干潟のベントス群集 天草の海辺から有明海へ・・・玉置昭夫 2
   1. はじめに 2
   2. 富岡湾干潟における長期研究 7
   3. メタ個体群の観点からみたハルマンスナモグリとイボキサゴ 17
   4. 白川干潟ベントス群集の優占種個体群についてわかってきたこと 20
   5. おわりに―統一仮説(ボトムアップ仮説)の提唱 26
   引用文献 27
第2章 全生活史を網羅した個体群動態学のすすめ コメツキガニを例に・・・鈴木廣志 33
   1. はじめに 33
   2. 各期の生息数の推定 34
   3. 総産卵数,有効卵数の推定 36
   4. 浮遊幼生期の生態および動態 42
   5. 定着数の推定 47
   6. 全生活史を網羅した個体群動態 48
   7. おわりに 51
   引用文献 53
第3章 テナガツノヤドカリの貝殻利用と個体群動態・・・・朝倉 彰 59
   はじめに 59
   1. 生活史 59
   2. 成長の性差 64
   3. 種内競争 75
   4. 性比と行動圏の性差問題 82
   5. 配偶様式と行動の性差 85
   おわりに 88
   引用文献 89
第4章 干潟のベントス 河口域を中心に・・・大森浩二 93
   1. 干潟の環境特性と生息場所 93
   2. 干潟生物 99
   3. 干潟生物の生活史戦略 114
   4. まとめ 120
   引用文献 122
第2部 岩礁地、転石地潮間帯のベントス 127
第5章 クロフジツボ個体群の長期変動 128
   1. はじめに 128
   2. 調査地および調査方法 130
   3. 結果 132
   4. 考察とまとめ 139
   引用文献 142
第6章 岩礁潮間帯生物群集のダイナミクス ヒザラガイからみた磯の風景・・・西濱士郎 144
   1. はじめに 144
   2. 研究の出発点 : ヒザラガイのブルドーザー効果 145
   3. ヒザラガイという生き物 147
   4. 藻食性貝類の影響をどうやって調べるか : その方法と問題点 149
   5. ヒザラガイの固着生物に対する影響 : 野外実験による検証 153
   6. ヒザラガイ個体群を制御する要因と岩礁の景観生態学 161
   7. おわりに : 読者へのメッセージ 165
   引用文献 166
第7章 転石海岸の群集と巻貝タマキビの季節移動 168
   1. 曲崎の地史 169
   2. 転石海岸の生息場所としての特徴 170
   3. 転石海岸の生物群集 172
   4. 巻貝タマキビの個体群 180
   5. 生物群集の歴史 187
   引用文献 188
第8章 曲崎のアオガイ類の多様性維持機構 190
   1. はじめに : 曲崎のアオガイ類の多様性 190
   2. アオガイ類の生物学 195
   3. アオガイ類の垂直分布と生理的耐性 195
   4. 垂直分布のダイナミクス 199
   5. サイズ組成の潮位間変異と生理的耐性の個体差 201
   6. 種間相互作用のダイナミクスとニッチ類似限界理論 204
   7. ソース・シンクメタ個体群 210
   8. おわりに : 転石海岸の生物多様性の維持機構 211
   引用文献 212
第3部 沿岸岩礁底のベントス個体群と群集 215
第9章 分類と行動そして個体群へ 藻場葉上性ワレカラ研究のたどった道・・・青木優和 216
   1. ワレカラ研究の始まり 216
   2. はじめに知りたかったことは何か? 218
   3. 研究の壁(1) : 種の同定ができない! 219
   4. 壁(1)の突破 : まずは分類学的研究から 219
   5. 研究の壁(2) : 固体群解析ができない! 223
   6. 壁(2)の突破 : 飼育実験の導入 225
   7. 研究の壁(3) : 夏に行方がわからない! 230
   8. 壁(3)の突破 : あの手この手で奮戦中 232
   9. おわりに : 研究の螺旋階段 235
   引用文献 237
第10章 造礁サンゴの個体群生態 240
   1. はじめに 240
   2. サンゴ礁の機能的役割 240
   3. 造礁サンゴの分布 242
   4. 造礁サンゴの帯状分布/垂直分布 243
   5. 造礁サンゴの群体性と単位性 246
   6. 造礁サンゴの個体群 247
   7. 生殖様式および生殖 247
   8. 卵放出型と幼生放出型 248
   9. 分散 250
   10. リーフ間の幼生分散 252
   11. 定着 253
   12. 種サンゴの新規加入 258
   13. 種サンゴの加入,定着/加入初期の成長,生存(生残) 258
   14. 加入に対するグレーザーの影響 260
   15. サンゴの成長量と成長パターン 261
   16. 深度による成長の違い 264
   17. 緯度による成長の違い 264
   18. 生殖年令 266
   19. サンゴの生存(生残) 266
   20. おわりに 267
   引用文献 268
第4部 閉鎖性内湾のベントスと有機汚染指標種の生態 275
第11章 内湾域のベントス群集と有機汚泥への適応・・・堤 裕昭 276
   1. 内湾域の海底環境と底生生物群集 276
   2. 有機汚泥の推積と底生生物群集の変遷 280
   3. 環境が不安定化した有機汚泥域に生息するイトゴカイの個体群動態 287
   4. 有機汚泥解消に対する底生生物の利用 304
   引用文献 306
第12章 シズクガイの個体群動態と生息分布・・・田中雅生 311
   はじめに 311
   1. シズクガイの個体群動態 312
   2. シズクガイの分布要因解析―八代海の場合 325
   3. 総合考察 330
   引用文献 334
第5部 沿岸域の生物相解明と,自然環境の変遷と生物相の貧困化 337
第13章 沿岸域の生物相解明と,自然環境の変遷と生物相貧困化・・・菊池泰二 338
   1. 地方の生物相の解明についての臨界実験所の貢献 338
   2. 沿岸自然環境の変遷と生物相の貧困化 350
   索引 363
第1部 干潟,砂泥質潮間帯のベントス 1
第1章 砂質干潟のベントス群集 天草の海辺から有明海へ・・・玉置昭夫 2
   1. はじめに 2
16.

図書

図書
ミシェル・フーコー著 ; 慎改康之訳
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2006.2  viii, 469, ivp ; 22cm
シリーズ名: ミシェル・フーコー講義集成 / ミシェル・フーコー著 ; 4
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
高谷好一著
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2006.2  xiii, 235p ; 19cm
シリーズ名: 学術選書 ; 008
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
マーク・L.マックフェラン [著] ; 米澤茂, 脇條靖弘訳
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 2006.2  xiii, 371, 157p ; 20cm
シリーズ名: 叢書・ウニベルシタス ; 836
所蔵情報: loading…
19.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
松田修著
出版情報: 東京 : 東京図書, 2006.2  x, 285p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   微分積分 基礎理論と展開
   監修者のことば 微分積分を学ぶことは意義深い 飯高 茂
   はじめに
第1章 ε-δ論法と微分積分への準備 1
   §1.1 ε-δ論法とマスター 2
   関数値の極限の基本定理 8
   §1.3 関数の連続性について 12
   §1.4 数列に関するε-ηο論法 14
   §1.5 極限値が存在する必要十分条件 18
   §1.6 数の連続性 20
   §1.7 数列に関する3つの定理 25
   §1.8 連続関数に関する3つの定理 33
   数学史断章(1) 古代エジプトの数学 40
第2章 微分積分学の基本定理の証明 41
   §2.1 微分係数と導関数 42
   §2.2 平均値の定理と不定積分 47
   §2.3 リーマン和と定積分 50
   §2.4 微分積分学の基本定理 57
   数学史断章(2) アルキメデス 62
第3章 逆関数と微分積分 63
   §3.1 テイラーの定理 64
   §3.2 逆関数 68
   §3.3 逆関数の微分公式 71
   §3.4 三角関数 73
   §3.5 指数関数,対数関数 77
   §3.6 双曲線関数 82
   §3.7 主な関数の微分積分公式 84
   §3.8 広義積分とレムニスケート関数 88
   数学史断章(3) 古代インドの数学 91
第4章 微分積分の応用 93
   §4.1 関数のグラフの概形 94
   §4.2 不定形の極限 99
   §4.3 曲線の長さ 103
   §4.4 関数のグラフの面積と体積 109
   §4.5 図形のモーメントと重心 113
   数学史断章(4) 初期の数学記号 116
第5章 数値計算法 117
   §5.1 ニュートン法 118
   §5.2 マクローリン級数による近似 122
   §5.3 定積分の近似公式 124
   §5.4 マチンの公式によるπの数値計算 127
   §5.5 広義積分の数値計算 131
   数学史断章(5) ニュートン 136
第6章 多変数関数の微分 137
   §6.1 多変数関数と極限の定義 138
   §6.2 多変数の関数値の極限の基本定理 142
   §6.3 多変数の連続関数 143
   §6.4 5つの基本定理 145
   §6.5 超平面 147
   §6.6 偏微分 149
   §6.7 全微分 151
   §6.8 合成関数の遍微分 158
   数学史断章(6) ライプニッツ 161
第7章 多変数関数の積分 163
   §7.1 面積とは 164
   §7.2 重積分 168
   §7.3 累次積分 174
   §7.4 η次元球体の体積 179
   §7.5 重積分における変数変換 181
   §7.6 重積分における広義積分 191
   §7.7 曲面の面積 195
   数学史断章(7) ガウスとその息子ユージン 197
第8章 遍微分法の応用 199
   §8.1 高次遍導関数と多変数のテイラーの定理 200
   §8.2 多変数関数の極大と極小 204
   §8.3 2変数の陰関数の存在定理 212
   §8.4 条件付き極地問題 216
   §8.5 一般的な陰関数の存在定理 220
   §8.6 微分形式と多様体のはなし 226
   数学史断章(8) アーベル 233
第9章 級数 235
   §9.1 級数 236
   §9.2 正項級数 238
   §9.3 関数級数と一様収束 242
   §9.4 ベキ級数 248
   §9.5 ベキ級数の微分積分 253
   §9.6 パスカル三角形とベキ級数 257
   §9.7 コイン投げゲームの確率問題 262
   §9.8 複素関数のはなし 267
   数学史断章(9) グロタンディエク 272
   参考文献 273
   練習問題の解答またはヒント 274
   索引 280
   微分積分 基礎理論と展開
   監修者のことば 微分積分を学ぶことは意義深い 飯高 茂
   はじめに
20.

図書

図書
細川英雄著
出版情報: 東京 : 東京図書, 2006.2  xv, 183p ; 21cm
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
清水克行著
出版情報: 東京 : 講談社, 2006.2  230p ; 19cm
シリーズ名: 講談社選書メチエ ; 353
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
大澤直著
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2006.1  190p ; 19cm
シリーズ名: おはなし科学・技術シリーズ
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
edited by Paul Biran, Octav Cornea and François Lalonde
出版情報: Dordrecht : Springer, c2006  xiv, 462 p. ; 25 cm
シリーズ名: NATO science series ; ser. 2 . Mathematics, physics and chemistry ; v. 217
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Contributors
Lectures on the Morse Complex for Infinite-Dimensional Manifolds / A. Abbondandolo ; P. Majer
A few facts from hyperbolic dynamics / 1:
Adapted norms / 1.1:
Linear stable and unstable spaces of an asymptotically hyperbolic path / 1.2:
Morse vector fields / 1.3:
Local dynamics near a hyperbolic rest point / 1.4:
Local stable and unstable manifolds / 1.5:
The Grobman - Hartman linearization theorem / 1.6:
Global stable and unstable manifolds / 1.7:
The Morse complex in the case of finite Morse indices / 2:
The Palais - Smale condition / 2.1:
The Morse - Smale condition / 2.2:
The assumptions / 2.3:
Forward compactness / 2.4:
Consequences of compactness and transversality / 2.5:
Cellular filtrations / 2.6:
The Morse complex / 2.7:
Representation of delta in terms of intersection numbers / 2.8:
How to remove the assumption (A8) / 2.9:
Morse functions on Hilbert manifolds / 2.10:
Basic results in transversality theory / 2.11:
Genericity of the Morse - Smale condition / 2.12:
Invariance of the Morse complex / 2.13:
The Morse complex in the case of infinite Morse indices / 3:
The program / 3.1:
Fredholm pairs and compact perturbations of linear subspaces / 3.2:
Finite-dimensional intersections / 3.3:
Essential subbundles / 3.4:
Orientations / 3.5:
Compactness / 3.6:
Two-dimensional intersections / 3.7:
Bibliographical note / 3.8:
Notes on Floer Homology and Loop Space Homology / M. Schwarz
Introduction
Main result
Loop space homology
Floer homology for the cotangent bundle
Ring structures and ring-homomorphisms
The pair-of-pants product
The ring homomorphisms between free loop space Floer homology and based loop space Floer homology and classical homology
Morse-homology on the loop spaces Lambda and Omega, and the isomorphism / 4:
Products in Morse-homology / 5:
Ring isomorphism between Morse homology and Floer homology.- Homotopical Dynamics in Symplectic Topology / J.-F. Barraud ; O. Cornea5.1:
Elements of Morse theory
Connecting manifolds
Operations
Applications to symplectic topology
Bounded orbits
Detection of pseudoholomorphic strips and Hofer's norm.- Morse Theory, Graphs, and String Topology / R. L. Cohen
Graphs, Morse theory, and cohomology operations
String topology
A Morse theoretic view of string topology
Cylindrical holomorphic curves in the cotangent bundle.- Topology of Robot Motion Planning / M. Farber
First examples of configuration spaces
Varieties of polygonal linkages
Short and long subsets
PoincarF polynomial of M(a)
Universality theorems for configuration spaces
A remark about configuration spaces in robotics
The motion planning problem / 6:
Tame motion planning algorithms / 7:
The Schwarz genus / 8:
The second notion of topological complexity / 9:
Homotopy invariance / 10:
Order of instability of a motion planning algorithm / 11:
Random motion planningalgorithms / 12:
Equality theorem / 13:
An upper bound for TC(X) / 14:
A cohomological lower bound for TC(X) / 15:
Examples / 16:
Simultaneous control of many systems / 17:
Another inequality relating TC(X) to the usual category / 18:
Topological complexity of bouquets / 19:
A general recipe to construct a motion planning algorithm / 20:
How difficult is to avoid collisions in $ mathbb{R}$m? / 21:
The case m = 2 / 22:
TC(F($ mathbb{R}$m; n) in the case m $ geq$ 3 odd / 23:
Shade / 24:
Illuminating the complement of the braid arrangement / 25:
A quadratic motion planning algorithm in F($ mathbb{R}$m; n) / 26:
Configuration spaces of graphs / 27:
Motion planning in projective spaces / 28:
Nonsingular maps / 29:
TC(($ mathbb{R}$Pn) and the immersion problem / 30:
Some open problems.- Application of Floer Homology of Langrangian Submanifolds to Symplectic Topology / K. Fukaya31:
Lagrangian submanifold of $ mathbb{C}$n
Perturbing Cauchy - Riemann equation
Maslov index of Lagrangian submanifold with vanishing second Betti number
Floer ho
Preface
Contributors
Lectures on the Morse Complex for Infinite-Dimensional Manifolds / A. Abbondandolo ; P. Majer
24.

図書

図書
青木均編著 ; 嶌末政憲, 川原康雄著
出版情報: 東京 : 丸善, 2006.1  xii, 358p ; 21cm
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
田中拓道著
出版情報: 京都 : 人文書院, 2006.1  300p ; 22cm
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
松下冽編 ; 井出文紀 [ほか執筆]
出版情報: 京都 : 法律文化社, 2006.2  viii, 283p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
アジアにおける「国家と企業」 : 産業政策の変容と「国家」の役割をめぐって / 井出文紀 [執筆]
改革解放時代の中国 : 「国家」と「市場」の関係 / 下野寿子 [執筆]
NAFTAとメキシコ社会の変化 / ビクトル・ロペス・ビジャファーニェ [執筆]
途上国における軍の役割 : フィリピンにおける国軍の政治関与の諸相 / 山根健至 [執筆]
民主化時代のインドネシアにおける国家暴力の変容 / 本名純 [執筆]
中東政治におけるイスラーム主義運動の位置 : 多様化・多極化する方向性 / 吉川卓郎 [執筆]
韓国における市民社会と公共圏 : デジタル・デモクラシーの射程 / 文京洙 [執筆]
途上国の子どもをめぐる危機と「子ども参加」の実践 : インドの事例をもとに / 中根智子 [執筆]
交錯するエスニシティとネイション : 中央アメリカの先住民運動を例に / 小澤卓也 [執筆]
ラテンアメリカにおける都市遺産の保護と復興 : 90年代に開花した新たな「官-民」管理モデルに向けて / イグナシオ・アリスティムニョ [執筆]
華人ネットワークと中国僑郷の事例研究 : 「福州」新移民の動向と僑郷の変容について / 小木裕文 [執筆]
国連の民主化政策及びアフリカの人権 / 龍澤邦彦 [執筆]
帝国の逆襲 : グローバルな世界の南側におけるグローバリゼーション, テロとの戦い, そして人間の安全保障 (の欠如) / ジョルジョ・シャーニー [執筆]
アジアにおける「国家と企業」 : 産業政策の変容と「国家」の役割をめぐって / 井出文紀 [執筆]
改革解放時代の中国 : 「国家」と「市場」の関係 / 下野寿子 [執筆]
NAFTAとメキシコ社会の変化 / ビクトル・ロペス・ビジャファーニェ [執筆]
27.

図書

図書
edited by I. Ciufolini ... [et al.]
出版情報: Boca Raton, FL : CRC Press, Taylor & Francis Group, 2006  xiii, 498 p. ; 25 cm
シリーズ名: Institute of Physics conference series ; no. 176
所蔵情報: loading…
28.

図書

図書
日本薬学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2006.2  xi, 192p ; 26cm
シリーズ名: スタンダード薬学シリーズ / 日本薬学会編 ; 7
所蔵情報: loading…
29.

図書

図書
H.シュミット著 ; シドラ房子訳
出版情報: 東京 : シュプリンガー・フェアラーク東京, 2006.1  xxi, 217p ; 20cm
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
マルクス・アウレリウス [著] ; 鈴木照雄訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2006.2  258p ; 15cm
シリーズ名: 講談社学術文庫 ; [1749]
所蔵情報: loading…
31.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
堀内行蔵, 向井常雄著
出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 2006.2  x, 229p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   はしがき
第1章21世紀のビジョンと企業の環境経営 3
   はじめに 3
   1.121世紀のビジョン 4
   1.2先進国はゼロ成長経済 10
   1.3持続可能な社会のビジヨン 14
   1.4環境経営と持続可能な社会 21
   むすび 25
第2章産業公害問題から地球環境問題へ 29
   はじめに 29
   2.1産業公害と対応策 32
   2.2地球温暖化問題(グロマバルな問題) 45
   2.3リサイクル(循環型社会の構築) 53
   2.4土壌汚染(資産価値の維持,リスク回避) 57
   2.5環境問題とビジネスチャンス 64
第3章戦略的環境経営 69
   はじめに 69
   3.1市場経済のビジジョンと企業の社会的責任 69
   3.2環境問題と企業経営の推移 77
   3.3エコ効率性 80
   3.4競争的環境戦略 85
   3.5競争的環境戦略の類型 89
   3.6競争的環境戦略の概念図 93
   3.7エコ効率性の経済計算 99
第4章環境マネジメントシステムの戦略的活用 109
   はじめに 109
   4.1ISO14001(EMS)規格の意図 111
   4.2リスク・マネジメント 116
   4.3ライフサイクル・アセスメント(LCA) 134
   4.4環境適合設計(DfE) 138
   4.5環境ラベル 143
   4.6環境会計(EA) 153
   4.7環境報告書 165
   4.8環境情報システム(EIS) 172
第5章企業の社会的責任 177
   はじめに 177
   5.1企業と社会との関係 177
   5.2市場経済と企業経営の変化 181
   5.3企業の社会的責任(CSR)の定義とステークホルダー 185
   5.4CSRに関する先人の見解 196
   まとめ 215
   事項索引 221
   入名索引 228
   はしがき
第1章21世紀のビジョンと企業の環境経営 3
   はじめに 3
32.

図書

図書
ノーム・チョムスキー著 ; 寺島隆吉, 寺島美紀子訳
出版情報: 東京 : 明石書店, 2006.2  395p ; 20cm
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
中野翠著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2006.2  230p ; 18cm
シリーズ名: 文春新書 ; 490
所蔵情報: loading…
34.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Janine M. Benyus著 ; 吉野美耶子訳
出版情報: 東京 : オーム社, 2006.2  397p, 図版 [4] p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   日本語版に寄せて 3
第1章自然界のこだまを返す 11
   こだまを返す発明 13
   バイオミミックスたちとの出会い 15
   静けさの前のあらし17生体内の天才 18
   警告の物語 21
   エルダの帰還-ふるさと地球への回帰 23
第2章いかに食べていくか 25
   いかにしてわれわれは工業化農業の深淵に陥ってしまったのか 29
   大草原物語39多年生の楽観主義者たち 47
   混作栽培ショック 51
   世界各地で実っている証拠 58
   革新の門出-いかにして踏み車を降りるか 70
   工ディーに乗り入れて 83
第3章いかにエネルギーを活用するか 87
   太陽につながるへその緒91電子ピンボール 95
   太陽の錬金術 100
   膜をかけるーパワーパックをもつ触媒面 116
   水素の夢 119
   光速コンピュータ120脚
   光酵素 123
第4章いかにものづくりをするか 133
   加熱、加圧、化学処理 135
   まずは固いものから 136
   ソフトタッチな材料科学-八イテク有機体 161
第5章いかに自分で病を治すか 197
   化学物質戦争-トケイソウ方式 199
   かしこい食事-野生のグルメ 203
   残された時間はあまりない 231
   干し草の山から一本の針を探し出すごとく 235
   生態学的な探偵物語-生物学的に合理性のある医薬の発見 239
   うぬぼれをぐっと飲みこんで 243
第6章学んだことを、いかに蓄積するか 247
   まさか!?コンピュータがない? 250
   移植はしないで-コンピュータは巨大な頭脳ではない 252
   ジグソー・コンピューティング 268
   炭素由来のシリコン・コンピューティング 281
   意識の足場 289
   巡回セールスマン、DNAに相談せよ 303
   生物学の豊かさを取りもどす-真の追求 308
第7章いかにビジネスをやりとげるか 313
   フルートループスと人類の未来 315
   愚行を限界まで続けるのか 316
   産業のグリーン化 319
   適者生存-自然の経済に学ぶ 326
   プタクサよりもレッドウッドをめざす 331
   目標にたどりつくには-ニッチ移動のための対策ツール 364
   ビジネスはジャングルだ-産業生態学の有望なる前途 371
第8章われわれはどこに向かうのか 373
   バイオミミクリー的未来をめざす四段階 377
   こだまを返すためにつくられた生物種 387
   参考文献 391
   索引 397
   日本語版に寄せて 3
第1章自然界のこだまを返す 11
   こだまを返す発明 13
35.

図書

図書
マイケル・トマセロ著 ; 大堀壽夫 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2006.2  vi, 306, xxxviiip ; 20cm
シリーズ名: シリーズ認知と文化 ; 4
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
ジェイムス K.ミッチェル編
出版情報: 東京 : 古今書院, 2006.1  ix, 386p ; 23cm
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
吉川幸次郎著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2006.2  332p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青(33)-152-3
所蔵情報: loading…
38.

図書

図書
横田好太郎著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2006.2  189p ; 18cm
シリーズ名: 新潮新書 ; 153
所蔵情報: loading…
39.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
新井仁之著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2006.2  x, 197p ; 21cm
シリーズ名: はじめよう数学 / 上野健爾, 浪川幸彦, 高橋陽一郎編集 ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   ●目次
   はじめに
   記号
   第1部 1変数の世界 1
第1章 接線の問題と微分の誕生 3
   §1 接線の問題 3
   §2 極限の考え方 7
   §3 極限の厳密な定義-ε-δ論法(エプシロン・デルタ論法) 8
   §4 接線の定義 17
   §5 微分の定義 18
第2章 微分と物理一変化をとらえる微分 21
   §1 微分と変化率 21
   §2 微分と速度,加速度 25
第3章 積分一微分積分の基本定理に向けて 26
   §1 はじめに 26
   §2 微分に関するある問題 27
   §3 面積とは何か? 32
   §4 連続関数 36
第4章 微分積分の基本定理 42
   §1 微分積分の基本定理の定式化 42
   §2 微分積分の基本定理 44
   §3 新たな疑問 48
   §4 もう一つの微分積分の基本定理 51
第5章 微分と積分に関する便利な計算公式 53
   第II部 多変数の微分と積分 59
第6章 2変数関数の微分 61
   §1 2変数関数の偏微分 62
   §2 偏微分と開集合 63
   §3 偏導関数と高階の偏微分 67
   §4 偏微分可能性と連続性 69
   §5 偏微分の順序交換について 71
   §6 Ck級関数の導入 75
   §7 合成関数の微分 76
第7章 3変数関数の偏微分 79
第8章 微分積分の基本定理の多変数化(その1) 85
   §1 問題の設定 85
   §2 解けるための条件 86
   §3 解を探す 88
   §4 直方体上の微分積分の基本定理 92
第9章 微分積分の基本定理の多変数化(その2) 96
   §1 直方体以外の領域での微分積分の基本定理 96
   §2 より一般的な領域への拡張I 98
   §3 より一般的な領域への拡張II 104
   §4 より一般的な領域への拡張III 108
第10章 空間曲線の微分幾何一力学への応用のための準備 117
   §1 はじめに 117
   §2 空間ベクトルについて 118
   §3 空問曲線の接ベクトル 122
   §4 空聞曲線の主法線ベクトル 126
   §5 空間曲線の従法線ベクトルト 130
   §6 フレネ・セレーの定理 136
第11章 力学と微分積分の基本定理 139
   §1 速度と加速度 139
   §2 線積分と仕事 142
   §3 保存力と力学的エネルギー保存の法則 145
   §4 ベクトル場のポテンシャル 147
第12章 多変数関数の積分 150
   §1 2変数関数の積分の定義 150
   §2 長方形以外の集合上の積分 152
   §3 逐次積分 158
   §4 曲面上の積分 163
   付録A 連続と一様連続一微分積分学の基礎 166
   §1 微分積分学の基礎をなす七つの基本定理 166
   §2 平均値の定理とテイラーの定理 174
   §3 定理3.2,3.3の証明 176
   §4 微分記号と積分記号の交換 180
   付録B 座標交換について 183
   付録C 補題9.3の証明 187
   付録D 本書を読まれた後に 192
   参考文献 194
   索引 196
   ●目次
   はじめに
   記号
40.

図書

図書
21世紀COEプログラム東京大学大学院教育学研究科基礎学力研究開発センター編
出版情報: 東京 : 明石書店, 2006.2  224p ; 21cm
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
服部幸應, 市田ひろみ, 山本成一郎監修
出版情報: 京都 : 淡交社, 2006.2  167p ; 21cm
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
西本武彦, 林静夫編
出版情報: 東京 : 早稲田大学出版部, 2006.1  iv, 223p ; 21cm
所蔵情報: loading…
43.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
越智, 光一 ; 沼田, 俊一 ; 岸, 肇 ; 福井, 太郎
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2006.1-2011.1  2冊 ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
【第Ⅰ編 電子部品用エポキシ樹脂と副資材】
第1章 エポキシ樹脂
   1. ノボラック型エポキシ樹脂(押見克彦) 3
    1.1 はじめに 3
    1.2 ナフタレン含有ノボラック型エポキシ樹脂3
    1.3 ビスフェノールAノボラック型エポキシ樹脂 4
    1.4 トリスフェノールメタン型エポキシ樹脂 5
    1.5 テトラキスフェノールエタン型エポキシ樹脂 5
    1.6 ジシクロペンタジエン型エポキシ樹脂 5
    1.7 フェノール・ビフェニル型エポキシ樹脂 6
    1.8 結晶性エポキシ樹脂とノボラック型エポキシ樹脂の混合物 6
   2. ビフェニル型エポキシ樹脂(村田保幸) 8
    2.1 ビフェニル型エポキシ樹脂の構造と特徴 8
    2.2 ビフェニル型エポキシ樹脂の種類 9
    2.3 ビフェニル型エポキシ樹脂の封止材用としての特性 9
     2.3.1 溶融粘度 9
     2.3.2 成形性 10
     2.3.3 吸湿性 11
     2.3.4 低応力性 11
     2.3.5 接着性 11
     2.3.6 耐熱性 11
    2.4 ビフェニル型エポキシ樹脂の展開 11
     2.4.1 新しい半導体技術への対応 11
     2.4.2 新規なビフェニル型エポキシ 樹脂の開発12
    2.5 まとめ 12
   3. 多環芳香族 型エポキシ樹脂(梶正史)14
    3.1 はじめに 14
    3.2 ナフタレン構造を有するエポキシ樹脂 14
    3.3 アントラセン構造を有するエポキシ樹脂 16
    3.4 ピレン構造を有するエポキシ樹脂 17
    3.5 おわりに 17
   4. 水添脂環式エポキシ樹脂(大沼吉信) 19
    4.1 はじめに 19
    4.2 水添脂環式エポキシ樹脂の合成方法 19
    4.3 硬化物物性 20
    4.4 光および熱劣化性 20
    4.5 水添脂環式エポキシ樹脂のTg向上方法 22
    4.6 おわりに 23
   5. メソゲン骨格エポキシ樹脂(原田美由紀) 24
    5.1 はじめに 24
    5.2 メソゲン骨格エポキシ樹脂の特徴 24
    5.3 液晶性エポキシ樹脂のミクロ配列制御 25
    5.4 外場による液晶性エポキシ樹脂ネットワークの配列制御 27
    5.5 液晶性エポキシ樹脂の配列によって得られる新規な機能 30
    5.6 おわりに 30
第2章 硬化剤
   1. フェノール系硬化剤(梶正史) 33
    1.1 はじめに 33
    1.2 ナフタレン構造を有する硬化剤 33
     1.2.1 ナフタレン系ノボラック型硬化剤 33
     1.2.2 アラルキル構造を有するナフタレン系硬化剤 34
     1.2.3 その他の多環芳香族構造を有するエポキシ硬化剤 36
    1.3 おわりに 37
   2. 酸無水物類(小林明洋) 39
    2.1 はじめに 39
    2.2 酸無水物系硬化剤の種類 39
    2.3 酸無水物系硬化剤の使用にあたって 40
     2.3.1 配合に関して 40
     2.3.2 吸湿,揮散に関して 42
     2.3.3 安全性に関して 42
    2.4 酸無水物系硬化剤の開発動向 43
    2.5 おわりに 44
   3. 塩基性硬化剤(鎌形一夫) 45
    3.1 はじめに 45
    3.2 イミダゾール化合物 45
     3.2.1 触媒型硬化剤としてイミダゾール化合物 46
     3.2.2 イミダゾール化合物とイソシアヌル酸との分子間化合物 48
    3.3 その他の塩基性硬化剤 50
    3.4 触媒型硬化剤によるエポキシ樹脂の硬化反応 50
     3.4.1 イミダゾールの硬化反応および硬化物の特徴 51
     3.4.2 ビニル基を持つトリアジン化合物を含む硬化物 52
第3章 添加剤
   1. フィラー(永田員也) 54
    1.1 フィラーの種類 54
    1.2 フィラーの表面 57
    1.3 フィラーの表面処理 57
     1.3.1 シランカップリング剤 57
     1.3.2 チタネートカップリング剤 59
     1.3.3 脂肪酸,界面活性剤などのイオン結合性有機化合物 60
    1.4 電子材料に主に用いられるフィラー 61
     1.4.1 シリカ 61
     1.4.2 導電性フィラー 62
     1.4.3 その他 65
   2. エラストマー(中村吉伸) 67
    2.1 はじめに 67
    2.2 エラストマーの種類 67
    2.3 エラストマー変性の効果 68
     2.3.1 強靭化 68
     2.3.2 低内部応力化 70
     2.3.3 流動性の改良 71
     2.3.4 低線膨張率化 71
   3. 難燃剤(西沢仁) 73
    3.1 はじめに 73
    3.2 難燃剤の種類と需要動向 73
    3.3 難燃剤の難燃化機構,各種難燃剤の最近の動向 73
     3.3.1 難燃剤の難燃化機構 73
     3.3.2 各種難燃剤の最新動向 76
   4. カップリング剤と離型剤(中村吉伸) 82
    4.1 はじめに 82
    4.2 シランカップリング剤の種類 82
    4.3 処理方法 82
    4.4 反応機構 83
    4.5 シランカップリング剤処理の効果 84
    4.6 離型剤 86
【第Ⅱ編 エポキシ樹脂配合物の機能化】
第4章 力学的機能
   1. 高強靱化(越智光一) 91
    1.1 はじめに 91
    1.2 エポキシ樹脂のエラストマーによる強靱化 91
    1.3 エポキシ樹脂のエンジニアリングプラスチックスによる強靱化 93
    1.4 エポキシ樹脂の網目鎖配列の制御による強靱化 95
   2. 低応力化(越智光一) 99
    2.1 はじめに 99
    2.2 内部応力の発生機構 99
    2.3 内部応力の低下法 101
     2.3.1 無機質の充填 101
     2.3.2 エラストマーによる変性 102
    2.4 おわりに 104
第5章 熱的機能
   1. 高耐熱化(松田聡,岸肇,村上惇) 105
    1.1 はじめに 105
    1.2 耐熱性骨格を有するエポキシ樹脂 105
    1.3 エポキシ樹脂・シリカハイブリッドによるTgレス化 107
    1.4 アイオノマーを用いたエポキシ樹脂のTgレス化 108
     1.4.1 アイオノマーを添加したエポキシ樹脂のTgレス現象 109
     1.4.2 Tgレス挙動発現機構の解明 110
     1.4.3 アイオノマーを用いたエポキシ樹脂のTgレス化のまとめ 112
    1.5 おわりに 112
   2. 高熱伝導化(竹澤由高) 114
    2.1 はじめに 114
    2.2 高熱伝導性付与の考え方 114
    2.3 モノメソゲン(ビフェニル基)型樹脂の諸特性 116
    2.4 ツインメソゲン型樹脂の諸特性 119
    2.5 おわりに 120
【第Ⅲ編 電子部品用途におけるエポキシ樹脂の環境対応】
第6章 リサイクル
   1. 易分解性電気絶縁材料(三村研史) 125
    1.1 はじめに  125
    1.2 分子鎖解裂による硬化物の分解 125
    1.3 ポリマーアロイ化技術の適用による硬化物の分解 126
     1.3.1 モルホロジーの制御 126
     1.3.2 分解性の検証 127
     1.3.3 モルホロジーが硬化物特性に及ぼす影響 129
     1.3.4 相構造傾斜材料 130
    1.4 おわりに 131
   2. 解体性接着技術(佐藤千明) 133
    2.1 はじめに 133
    2.2 解体性接着剤の種類 134
    2.3 発泡剤の種類と特徴・特性 136
     2.3.1 熱膨張性マイクロカプセルとその構造 136
     2.3.2 熱膨張性マイクロカプセルの膨張力 136
    2.4 高強度解体性接着 138
     2.4.1 熱膨張性マイクロカプセル混入エポキシ樹脂の膨張特性 138
     2.4.2 解体性 139
     2.4.3 接着強度 141
     2.4.4 解体のメカニズム 141
    2.5 おわりに 142
   3. エポキシ樹脂のケミカルリサイクル(久保内昌敏) 143
    3.1 はじめに 143
    3.2 エポキシ樹脂におけるケミカルリサイクルの現状 143
    3.3 ケミカルリサイクルのための分解 144
    3.4 ケミカルリサイクル研究の現状 145
     3.4.1 超臨界・亜臨界流体の利用 145
     3.4.2 加溶媒分解 146
     3.4.3 水素供与性溶媒を用いた分解(テトラリン) 146
     3.4.4 有機アルカリによる方法 147
     3.4.5 有機溶媒とアルカリを組み合わせる方法 148
     3.4.6 アミン硬化エポキシ樹脂を硝酸で分解する方法 148
    3.5 おわりに 149
   4. 積層板の高性能炭素材料へのリサイクル(北川和男,島村哲朗,佐藤昌利) 151
    4.1 はじめに 151
    4.2 炭素前駆体を用いた成形及び焼結 153
     4.2.1 鋳込み成形 153
     4.2.2 押し出し成形 154
     4.2.3 炭素焼結体 154
    4.3 炭素前駆体から得られた高性能活性炭とそれらの成形及び焼結 155
    4.4 熱分解液のノボラックエポキシ化とその利用 156
     4.4.1 熱分解液のノボラックエポキシ化 156
     4.4.2 リサイクルエポキシ樹脂を用いた排水性舗装トップコート工法の試験施工 157
    4.5 臭素系難燃剤含有使用済みフェノール樹脂の加熱分解における臭素化合物の挙動 159
    4.6 おわりに 160
第7章 健康障害と環境管理
   1. 電子部品用エポキシ樹脂の安全性(中西義則) 162
    1.1 はじめに 162
    1.2 エポキシ樹脂に関する法規制 162
     1.2.1 消防法・危険物規則 162
     1.2.2 化審法・第二種監視化学物質 164
     1.2.3 労働安全衛生法・変異原性化学物質 164
     1.2.4 労働災害認定化学物質 167
     1.2.5 化学物質管理促進法(PRTR) 168
    1.3 エポキシ樹脂の人健康影響 169
     1.3.1 急性毒性 169
     1.3.2 皮膚等への刺激性及び感作性 171
     1.3.3 変異原性及び慢性毒性(発がん性) 172
    1.4 エポキシ樹脂の環境影響 173
   2. エポキシ樹脂と硬化剤による健康障害と対策(原一郎) 175
    2.1 はじめに 175
    2.2 エポキシ樹脂とアミン系硬化剤による健康障害 175
    2.3 酸無水物による健康障害 175
    2.4 対策 177
     2.4.1 エポキシ樹脂とアミン系硬化剤について 177
     2.4.2 酸無水物について 177
【第Ⅳ編 電子部品用エポキシ樹脂の用途と要求物性】
第8章 機能性封止材
   1. パワーデバイス用封止材(内田健) 183
    1.1 樹脂の高熱伝導化と熱抵抗 183
    1.2 高熱伝導性封止樹脂の設計 184
    1.3 高熱伝導性フィラー 184
    1.4 フィラーの高充填化 185
    1.5 高熱伝導性封止樹脂における技術的課題 188
    1.6 製品への適用 188
   2. 半導体片面モールド封止材(永井晃) 190
    2.1 はじめに 190
    2.2 熱応力発生要因と封止材の物性 191
    2.3 反応収縮の低減 193
    2.4 熱収縮の低減 195
    2.5 見かけの熱膨張係数と反りとの関係 196
    2.6 おわりに 196
   3. 環境対応型封止材(位地正年) 198
    3.1 背景 198
    3.2 自己消火性エポキシ樹脂組成物の開発 199
    3.3 環境対応型の半導体封止材としての実用性 202
    3.4 まとめと今後 204
   4. 白色LED用樹脂とLEDパッケージの最新技術(宮脇芳照,大山紀隆,奥野敦史) 206
    4.1 はじめに 206
    4.2 白色用封止樹脂の開発 207
     4.2.1 輝度劣化試験 208
     4.2.2 透明性の改善 210
    4.3 封止方法 211
    4.4 封止バラツキ試験 214
    4.5 結論 214
   5. 液状封止材(尾形正次) 218
    5.1 はじめに 218
    5.2 液状封止材の用途 218
    5.3 液状封止材に対する要求特性 219
    5.4 液状封止材の種類 219
    5.5 エポキシ樹脂系液状封止材の概要 220
     5.5.1 基本組成 220
     5.5.2 製造方法 220
     5.5.3 封止方法 221
     5.5.4 液状封止材の特性制御 221
    5.6 新規パッケージ用エポキシ樹脂系液状封止材の開発動向 226
     5.6.1 TAB型パッケージ用液状封止材 226
     5.6.2 ワイヤボンディング型パッケージ用液状封止材 227
     5.6.3 フリップチップ実装型パッケージ用アンダーフィル材 228
     5.6.4 WL-CSP用液状封止材 230
第9章 実装材料
   1. 新規ダイシング・ダイボンディングテープ(江部和義,山崎修) 233
    1.1 緒言 233
    1.2 新規製造プロセス 234
    1.3 粘接着剤の硬化挙動 235
    1.4 半導体パッケージ製造工程への適用 236
     1.4.1 紫外線硬化 236
     1.4.2 熱硬化 238
    1.5 まとめ 240 241
   2. 印刷ダイボンドペースト(田中一安) 241
    2.1 はじめに 244
    2.2 実用例 244
     2.2.1 エイブルフレックス 6202C 244
     2.2.2 エイブルフレックス 6202Cの特徴 244
     2.2.3 エイブルフレックス 8006NS 246
     2.2.4 エイブルフレックス 8006NSの特徴 247
   3. 異方導電フィルム(中澤孝) 250
    3.1 異方導電フィルムの概要 250
    3.2 FPDにおける実装方式の分類 251
    3.3 COF用ACFに要求される特性 252
    3.4 COFアウターリード用ACF「AC-4000シリーズ」の開発 252
    3.5 大型パネルへのCOG用ACFの適用 255
    3.6 大型パネルCOG用ACFの開発 257
    3.7 おわりに 258
   4. 導電ペースト(ハンダ代替導電性接着剤)(白井恭夫) 260
    4.1 導電ペースト(ハンダ代替導電性接着剤)をとりまく環境 260
    4.2 ハンダ代替導電性接着剤の現状 260
    4.3 今後のハンダ代替導電性接着剤の課題 264
     4.3.1 接着剤の耐久性と寿命に関する研究 264
     4.3.2 リサイクル化に伴うリペア性 264
第10章 PWB基板材料
   1. 高速通信用PWB基板材料(藤原弘明) 265
    1.1 はじめに 265
    1.2 高速通信用PWB基板材の要求特性 266
     1.2.1 銅張積層板の材料構成 266
     1.2.2 高速通信材料への要求物性 266
     1.2.3 絶縁樹脂 268
     1.2.4 ガラス基材 268
     1.2.5 銅箔 269
    1.3 低誘電エポキシ樹脂銅張積層板 269
    1.4 おわりに 271
   2. 環境対応型PWB基板材料(小笠原健二) 273
    2.1 はじめに 273
    2.2 PWB基板材料に求められる特性  273
    2.3 PWB基板材料に適用可能な難燃剤・難燃技術 274
    2.4 環状フェノキシホスファゼン 277
    2.5 難燃性の評価方法に関して 279
    2.6 おわりに 280
   3. 極薄高密度PWB基板材料(高野希) 281
    3.1 はじめに 281
    3.2 高耐熱高弾性率基板材料 281
     3.2.1 開発コンセプト 281
     3.2.2 フィラを高充填化した高耐熱高弾性率基板材料(E-679FG(S))の特長 284
    3.3 折り曲げ可能な基板材料 285
     3.3.1 開発コンセプト 286
     3.3.2 折り曲げ可能な基板材料(Cuteシリーズ)の特長 286
    3.4 おわりに 289
【第Ⅰ編 電子部品用エポキシ樹脂と副資材】
第1章 エポキシ樹脂
   1. ノボラック型エポキシ樹脂(押見克彦) 3
44.

図書

図書
中村俊介著
出版情報: [東京] : 翔泳社, 2006.1  334p ; 19cm
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
大江守之, 岡部光明, 梅垣理郎編
出版情報: 東京 : 慶應義塾大学出版会, 2006.2  vii, 268p ; 22cm
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
麻生雅久著
出版情報: [東京] : PHP研究所, 2006.1  223p ; 19cm
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
福田和也著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2006.2  228p ; 20cm
所蔵情報: loading…
48.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
鈴木博之 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2006.2  iv, 390, iip ; 22cm
シリーズ名: シリーズ都市・建築・歴史 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   記念的建造物の成立
   鈴木博之・石山修武・伊藤毅・山岸常人編
   序 古代社会と建築・都市 山岸常人 1
1 日本の古代宮都―内裏の構造変遷と日本の古代権力 橋本義則 15
   第一節 平城宮の内裏とその歴史的変遷 17
   第二節 奈良時代の諸宮都と長岡・平安両宮の内裏 35
   第三節 内裏の変遷から見た古代権力の盛衰 54
2 寺院造営と生産 上原真人 85
   第一節 古代寺院の造営と経営―寺院造営の基礎となる生産活動 86
   第二節 飛鳥寺と豊浦寺の創建―瓦博士とその後継者たち 105
   第三節 寺院に直属した工房―寺院工房の類型と消長 125
3 中国の都城とアジア世界 妹尾達彦 151
   第一節 中国の都城とアフロ・ユーラシア大陸の歴史 153
   第二節 長安・洛陽から見たアジア世界 175
4 ギリシア・ローマの都市と建築 伊藤重剛 223
   第一節 地中海古代都市 223
   第二節 ギリシアの記念建造物 243
   第三節 ギリシア・ローマの空間概念 262
   第四節 エピローグ 283
5 建築技術の多様性―先史・古代における木の建築をつくる技術の歴史 渡邉 晶 291
   第一節 木の建築をつくる技術 292
   第二節 日本先史・古代における建築技術 298
   第三節 建築専門工人と技術の多重性 329
   第四節 ユーラシア大陸の東西における建築技術 335
   第五節 むすび 348
6 横穴式石室築造の思想―古墳時代の霊魂観をめぐって 広瀬和雄 365
   第一節 巨石墳―石舞台古墳―の表すもの 366
   第二節 畿内における横穴式石室の変遷 370
   第三節 横穴式石室と霊肉分離の観念 373
   第四節 装飾古墳から見た他界観 378
   第五節 古墳時代後期の他界観 386
   執筆者・編者略歴 ⅰ
   記念的建造物の成立
   鈴木博之・石山修武・伊藤毅・山岸常人編
   序 古代社会と建築・都市 山岸常人 1
49.

図書

図書
半澤孝麿著
出版情報: 東京 : 創文社, 2006.2  x, 389, 10p ; 19cm
シリーズ名: 長崎純心レクチャーズ ; 第8回
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
化学工業日報社
出版情報: 東京 : 化学工業日報社, 2006.1  1冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼