close
1.

図書

図書
リー・スモーリン著 ; 林一訳
出版情報: 東京 : 草思社, 2002.7  286p ; 20cm
シリーズ名: サイエンス・マスターズ ; 17
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
新井朝雄著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2006.2  x, 535p ; 22cm
シリーズ名: 朝倉物理学大系 / 荒船次郎 [ほか] 編集 ; 12
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   量子現象の数理
1 物理量の共立性に関わる数理 1
   1.1 はじめに 1
   1.2 単独の物理量に関する測定(Ⅰ)ー純点スペクトル的な物理量の場合 3
   1.3 単独の物理量に関する測定(Ⅱ)ー一般の場合 5
   1.4 複数の物理量の測定による状態の一意的決定(Ⅰ)ー純点スペクトル的な物理量の組の場合 16
   1.5 複数の物理量の測定による状態の一意的決定(Ⅱ)ー一般の場合 21
   1.6 代表的な特徴づけ 28
   付録A 可分なヒルベルト空間の巡回ベクトルによる直交分解 32
   ノート 35
   第1章 演習問題 36
   関連図書 37
2 物理量の自己共役性 38
   2.1 はじめに 38
   2.2 小さい摂動 42
   2.3 加藤-レリッヒの定理の応用-シュレーディンガー型作用素の自己共役性、原子と物質の弱安定性 52
   2.4 必ずしも小さくない摂動 71
   2.5 混合型ポテンシャルをもつ場合 78
   2.6 交換子定理 79
   2.7 解析ベクトル定理 85
   2.8 準双線形形式と自己共役作用素 89
   2.9 形式による摂動-KLMN定理 108
   2.10 ディラック型作用素の本質的自己共役性 110
   付録B 作用素の和が閉であるための条件 116
   付録C 閉対称作用素の基本的性質 117
   付録D 閉対称作用素が自己共役拡大をもつ条件 119
   付録E 交換子に関する基本公式 122
   ノート 123
   第2章 演習問題 123
   関連図書 127
3 正準交換関係の表現と物理 128
   3.1 はじめに 128
   3.2 予備的考察 130
   3.3 ヴァイル型表現 137
   3.4 シュレーディンガー表現のヴァイル型性 140
   3.5 ヴァイル型表現の構造-フォン・ノイマンの一意性定理 142
   3.6 CCRの非同値表現とアハラノフ-ボーム効果 154
   3.7 弱ヴァイル型表現 169
   3.8 時間作用素 174
   ノート 183
   第3章 演習問題 184
   関連図書 185
4 量子力学における対称性 188
   4.1 はじめに-対称性とはどういうものか 188
   4.2 群 189
   4.3 量子力学における対称性の原理的耕造 197
   4.4 一般の表現 213
   4.5 物理量の対称性 219
   4.6 シュレーディンガー型作用素の対称性 224,
   4.7 対称性と保存則 226,
   4.8 回転対称性と軌道角運動量作用素の保存 227,
   4.9 軌道角運動量の固有空間による直和分解(Ⅰ)ー2次元空間の場合 229,
   4.10 軌道角運動量の固有空間による直和分解(Ⅱ)ー3次元空間の場合 235,
   4.11 リー代数的構造と対称性 245,
   付録F 位相空間 255,
   ノート 257,
   第4章 演習問題 258,
   関連図書 259,
5 物理量の摂動と固有値の安定性 261,
   5.1 はじめに 261,
   5.2 複素変数とパナッハ空間値関数 263,訂正
   5.3 閉素変数と羃等作用素 270,1行追加、訂正
   5.4 物理量の摂動の一般的クラス-解析的摂動 279,
   5.5 応用 289,
   5.6 埋蔵固有値の摂動、共鳴極、生き残り確率 297
   5.7 フリードリスクモデル 304
   付録G バナッハ空間の双対空間とハーンーバナッハの定理 317
   付録H ある2重積分の計算 320
   ノート 321
   第5章 演習問題 322
   関連図書 323
6 物理量のスペクトル 324
   6.1 はじめに 324
   6.2 離散スペクトルと真性スペクトルの特徴づけ 324
   6.3 最小-最大原理 329
   6.4 コンパクト作用素 343
   6.5 真性スペクトルの安定性 352
   6.6 シュレーデインガー型作用素の真性スペクトル 354
   6.7 シュレーデインガー型ハミルトニアンの離散スペクトル 361
   ノート 367
   第6章 演習問題 368
   関連図書 369
7 散乱理論 370
   7.1 はじめにー発見法的議論 370
   7.2 数学的準備-絶対連続スペクトルと特異スペクトル 376
   7.3 散乱理論の一般的枠組み 390
   7.4 波動作用素の存在に対する判定条件 399
   7.5 波動作用素の完全性に対する判定条件 402
   7.6 散乱作用素の積分表示と漸近展開 403
   ノート 406
   第7章 演習問題 406
   関連図書 407
8 虚数時間と汎関数積分の方法 409
   8.1 はじめに-量子動力学の虚数時間への拡張 409
   8.2 熱半群、スペクトルの下限、基底状態 412
   8.3 汎関数積分および確率過程との接続-発見法的議論 418
   8.4 確率過程の存在 430
   8.5 ブラウン運動 434
   8.6 ファインマン-カッツの公式 440
   8.7 基底状態過程 445
   付録I 確率論の基本事項 450
   付録J ガウス型確率過程 454
   付録K 確率過程の連続性に対する判定条件 458
   ノート 460
   第8章 演習問題 460
   関連図書 462
9 超対称的量子力学 464
   9.1 はじめに-超対称性とはどういうものか 464
   9.2 超空間、超場および超対称性代数 465
   9.3 公理論的超対称的量子力学 476
   9.4 超対称性と特異摂動-摂動法の破綻 499
   9.5 ウィッテンモデル 502
   9.6 縮退した零エネルギー基底状態をもつモデル 510
   付録L トレース型作用素 513
   付録M 自己共役作用素の強レゾンヴェント収束 516
   付録N 簡単な超関数方程式の解 518
   ノート 519
   第9章 演習問題 520
   関連図書 524
   索引 527
   量子現象の数理
1 物理量の共立性に関わる数理 1
   1.1 はじめに 1
3.

図書

図書
磯崎洋著
出版情報: 東京 : シュプリンガー・フェアラーク東京, 2004.11  xiii, 438p ; 22cm
シリーズ名: シュプリンガー現代数学シリーズ / 伊藤雄二編 ; 第13巻
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
市村宗武, 大西直毅著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2005.3  257p ; 21cm
シリーズ名: 放送大学教材 ; 1892410-1-0511
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
[Eyvind H. Wichmann著] ; 宮沢弘成監訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2011.1  1冊 ; 22cm
シリーズ名: バークレー物理学コース ; [4]
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
スティーヴン・L・マンリー著 ; スティーヴン・フォーニア絵 ; 吉田三知世訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.10  189p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1746
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
筒井泉 [著]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2011.4  ix, 100p ; 19cm
シリーズ名: 岩波科学ライブラリー ; 179
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
川村康文著
出版情報: 東京 : ソフトバンククリエイティブ, 2011.4  279p ; 21cm
シリーズ名: 確実に身につく基礎物理学 ; 下
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
松下栄子著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2010.11  vii, 128p ; 21cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
保江邦夫著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 1999.2  iv, 202p ; 20cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
ヴィクター・J・ステンガー著 ; 青木薫訳
出版情報: 東京 : 講談社, 1999.3  390p ; 20cm
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
天外伺朗, 茂木健一郎著
出版情報: 東京 : 講談社, 2000.3  197, vip ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1285
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
佐々木昭夫著 ; 電子情報通信学会編
出版情報: 東京 : 電子情報通信学会, 2000.3  vi, 211p ; 22cm
所蔵情報: loading…
14.

図書

図書
小山勝二 [ほか] 編著
出版情報: 京都 : 京都大学学術出版会, 2006.12  xiii, 198p ; 19cm
シリーズ名: 学術選書 ; 019 . 宇宙と物質の神秘に迫る||ウチュウ ト ブッシツ ノ シンピ ニ セマル ; 2
所蔵情報: loading…
15.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
トニー・ヘイ, パトリック・ウォーターズ著 ; 大場一郎訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2007.8  xii, 336p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに vii
プロローグ xi
ルートマップ xiii
1 波動と粒子の対比 1
   科学と実験 1
   光と量子力学 3
   二重スリット実験 7
2 ハイゼンベルクと不確定性 15
   電子を見る 15
   ハイゼンベルクの不確定性原理 19
   不確定性と写真 21
   ファインマンの量子経路 25
   フラクタル:数学的好奇心 27
3 シュレーディンガーと物質波 31
   ド・ブローイの物質法 31
   シュレーディンガー方程式 32
   電子と中性子の光学 36
4 原子と原子核 43
   ラザフォードの有核原子 43
   量子化されたエネルギー準位 49
   水素原子 55
   波動関数と量子数 60
   アトム・トラップと光 64
5 量子トンネル効果 67
   壁のをすりぬける 67
   波動のトンネル効果 69
   量子トンネル効果の応用 72
   核物理学とアルファ崩壊 79
   核反応とアインシュタインの質量-エネルギー関係式 84
   放射能、核分裂と原子爆弾 88
6 パウリと元素 99
   電子のスピンとパウリの排他原理 99
   元素 103
   金属・絶縁体・半導体 108
   トランジスターとマイクロエレクトロニクス 114
7 量子協力現象と超流動 123
   レーザー光 123
   ボース凝縮と超流動ヘリウム 131
   冷却原子 135
   超伝導 138
   量子ホール効果 146
8 量子飛躍 149
   マックス・ボルンと量子確率 149
   光子と極偏光 152
   ジョン・ベルとEPRパラドックス 157
   シュレーディンガーの猫 163
   量子力学の多世界解釈 164
   デコヒーレンス 167
9 量子工学 171
   リチャード・ファインマンとナノテクノロジー 171
   ムーアの法則と量子ドット 175
   量子情報 182
   量子コンピューター 187
   量子テレポーテーションなど 193
10 星の死 197
   太陽になれなかった星 197
   水素燃焼 199
   赤色巨星と白色矮星 204
   中性子星とブラックホール 208
11 ファインマン・ルール 215
   ディラックと反粒子 215
   ファインマン図と仮想粒子 221
   零点運動と真空のゆらぎ 225
   ホーキング放射とブラックホール 226
12 弱光子と強いのり 233
   再び二重スリット実験 233
   素粒子物理学の誕生 238
   弱光子とヒグス真空 247
   クォークとグルーオン 253
   超伝導体・磁気単極子・クォークの閉じ込め 257
   標準模型を越えて 263
13 あとがき-量子力学と空想科学小説 271
   序:原子と原子核 271
   核エネルギーと空想科学小説の“黄金時代” 274
   ジョンバールポイント、多世界とシュレディンガーの猫 280
   ナノテクノロジーと量子コンピューター 285
   最後の言葉 296
   エピローグ 299
   付録1 物の大きさ 301
   付録2 シュレーディンガー方程式を解く 305
   用語解説 309
   引用文献 319
   もっと詳しく知りたい読者のために 325
   写真版権 328
   訳者あとがき 330
   索引 332
はじめに vii
プロローグ xi
ルートマップ xiii
16.

図書

図書
金子敏明著
出版情報: 東京 : 共立出版, 1999.6  iv, 132p ; 21cm
シリーズ名: 物理学演習One Point / 大槻義彦, 小牧研一郎編 ; 4
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
ニールス・ボーア [著] ; 山本義隆編訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2000.4  507p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青(33)-940-2 . ニールス・ボーア論文集||ニールス ボーア ロンブンシュウ ; 2
所蔵情報: loading…
18.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
伊東由文著
出版情報: 東京 : サイエンスハウス, 2009.3  xiv, 223p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   注 : L[p]の[p]は上つき文字
   注 : L[2][loc]の[2]は上つき文字[loc]は下つき文字
   注 : H[s](R[n])の[s]は上つき文字[n]は上つき文字
   注 : H[s][loc](R[n])の[s]は上つき文字[loc]は下つき文字[n]は上つき文字
   
序 iii
目次 x
第1章 測度と積分 1
   1.1 ユークリッド空間上の完全加法的測度 1
    1.1.1 ユークリッド空間上の完全加法的測度の決定について 1
    1.1.2 ジョルダン測度 5
    1.1.3 ルベーグ測度 7
    1.1.4 リーマン・スティルチェス測度 10
    1.1.5 ルベーグ・スティルチェス測度 14
   1.2 リーマン積分 16
    1.2.1 リーマン積分再考について 17
    1.2.2 ジヨルダン可測関数 17
    1.2.3 リーマン積分の一般の定義 20
    1.2.4 従来の定義の再定義 22
    1.2.5 一般の定義との比較 24
    1.2.6 一般の注意 27
   1.3 ルベーグ積分 28
   1.4 積分の条件収束 37
    1.4.1 広義リーマン積分 37
    1.4.2 広義ルベーグ積分 40
    1.4.3 種々の例 41
第2章 関数空間と超関数 45
   2.1 関数空間Lp 45
   2.2 関数空間L[2][loc] 49
   2.3 超関数 50
   2.4 ソボレフ空間H[s](R[n])とH[s][loc](R[n]) 52
   2.5 L[2][loc]とフーリエ変換 53
第3章 微分法再考 55
   3.1 微分可能性ということ 55
   3.2 微分法(1変数) 57
    3.2.1 微分可能性の定義(1変数) 57
    3.2.2 微分可能性の種々相(1変数) 58
    3.2.3 導関数と微分法 67
   3.3 微分法(d変数) 68
    3.3.1 微分可能性の定義(d変数) 68
    3.3.2 微分可能性の種均相(d変数) 72
    3.3.3 偏導関数 81
   3.4 導関数と偏導関数の基本性質 88
    3.4.1 導関数の基本性質 88
    3.4.2 偏導関数の基本性質 90
第4章 物理学の基本原理 93
   4.1 宇宙と物体 93
   4.2 絶対空間と絶対時間 95
   4.3 自然存在と科学理論 95
   4.4 自然の様相と物理理論 99
   4.5 古典物理学 101
    4.5.1 ニュートンの運動法則 101
    4.5.2 クーロンの法則 103
第5章 自然確率 107
   5.1 確率の定義と確率変数 107
   5.2 自然確率の概念とその基本性質 111
   5.3 自然確率変数とその期待値 115
第6章 自然統計物理学の公理 117
   6.1 自然統計物理学と物理学の基本原理 117
   6.2 自然統計物理学の公理 118
   6.3 物理系の例 123
   6.4 力学変数の期待値 124
   6.5 一般化自然確率分布の状態の公理 126
第7章 シュレーディンガー方程式の導出 130
   7.1 微粒子系の運動と全エネルギーの保存則 130
   7.2 シュレーディンガー方程式の導出(1) 133
   7.3 シュレーディンガー方程式の導出(2) 138
   7.4 自然統計的現象の意味 143
    7.4.1 Hが離散固有値のみをもつ場合 143
    7.4.2 Hが連続スペクトルをもつ場合 147
第8章 変分問題の解法 151
   8.1 変分問題の解法 151
   8.2 局所変分問題の解法 154
   8.3 種々の物理系と変分問題 159
    8.3.1 1次元調和振動子の系 159
    8.3.2 1次元自由粒子系 160
第9章 周期運動に対する自然統計物理学の公理 162
   9.1 自然統計物理学の公理の提示 162
   9.2 力学変数の期待値 168
   9.3 シュレーディンガー方程式の導出 171
   9.4 周期運動に対する自然統計的現象の意味 178
第10章 特殊関数 182
   10.1 指数関数 182
   10.2 ルジャンドルの多項式 183
   10.3 ルジャンドルの陪関数 184
   10.4 θ関数 185
   10.5 球面調和関数 185
   10.6 動径関数 187
   10.7 球面波 188
   10.8 球ベッセル関数と球ノイマン関数 190
第11章 超幾何関数 194
   11.1 超幾何関数 194
   11.2 合流型超幾何関数 198
   11.3 ユニルミート多項式 199
   11.4 エルミート関数 207
   11.5 ラゲールの多項式 210
   11.6 ラゲールの陪多項式 211
参考文献 213
用語法の新旧対照表 219
索引 220
   注 : L[p]の[p]は上つき文字
   注 : L[2][loc]の[2]は上つき文字[loc]は下つき文字
   注 : H[s](R[n])の[s]は上つき文字[n]は上つき文字
19.

図書

図書
シルヴィア・アローヨ・カメホ [著] ; 小谷正博訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2009.2  xiv, 228p, 図版 [2] p ; 20cm
所蔵情報: loading…
20.

図書

図書
亀淵迪, 表實著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2003.2  x, 264p ; 22cm
シリーズ名: 朝倉物理学大系 / 荒船次郎 [ほか] 編集 ; 13
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
Lindsay著 ; 稲葉文男, 渡辺剛訳
出版情報: 東京 : 丸善, 1974.10  xii, 245p ; 22cm
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
J.M.ヤウホ著 ; 小出昭一郎, 安孫子誠也訳
出版情報: 東京 : 東京図書, 1974.11  xii,168p ; 19cm
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
ディ・イ・ブロフィンツェフ著 ; 福山武志訳
出版情報: 東京 : 総合図書, 1974.8  168p ; 22cm
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
荒木源太郎著
出版情報: 東京 : 培風館, 1961.9  viii,567p ; 22cm
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
P.T.マシューズ著 ; 藤井昭彦訳
出版情報: 東京 : 培風館, 1976.1  viii, 198p ; 21cm
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
岡崎誠著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 1977.3  iii,155p ; 22cm
シリーズ名: サイエンスライブラリ物理学 ; 5
所蔵情報: loading…
27.

図書

図書
小谷正雄著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1951.2  2, 228p ; 18cm
シリーズ名: 岩波全書 ; 129
所蔵情報: loading…
28.

図書

図書
T.バスティン編 ; 柳瀬睦男[ほか]訳
出版情報: 東京 : 東京図書, 1988.6  iv, 275p ; 22cm
所蔵情報: loading…
29.

図書

図書
都筑卓司著
出版情報: 東京 : 講談社, 1970.5  268p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-155
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
L.I.ポノマリョフ著 ; 金光不二夫訳
出版情報: 東京 : 白揚社, 1976.4  247p ; 19cm
所蔵情報: loading…
31.

図書

図書
天野清著
出版情報: 京都 : 日本科学社, 1948.3  xvi, 246 ; 22cm
シリーズ名: 天野清選集 ; 第1巻
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
和田純夫著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1995.3  xiii, 183p ; 26cm
シリーズ名: 物理講義のききどころ ; 3
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
武谷三男, 長崎正幸著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 1993.5  xv, 302p ; 21cm
シリーズ名: 量子力学の形成と論理 / 武谷三男著 ; 3
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
高橋康著
出版情報: 東京 : 講談社, 1982.11  iv, 170p ; 21cm
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
B.デスパーニア著 ; 町田茂訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1980.12  327p ; 22cm
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
砂川重信著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1981.5  243p ; 22cm
シリーズ名: 物理入門 / 砂川重信著 ; 下
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
江沢洋著
出版情報: 東京 : ダイヤモンド社, 1976.12  v, 287p ; 21cm
所蔵情報: loading…
38.

図書

図書
小野健一著
出版情報: 東京 : 三省堂, 1973  234,3p ; 22cm
シリーズ名: 科学シリーズ・物性 ; 別巻 1
所蔵情報: loading…
39.

図書

図書
N. F. Mott [著] ; 岡部哲治訳
出版情報: 東京 : 共立出版, 1977.12  x, 140p ; 21cm
シリーズ名: モダンサイエンスシリーズ
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
トマセヴィチ[ほか]著 ; 西成勝好訳
出版情報: 東京 : 東京図書, 1986.10  166p ; 22cm
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
湯川秀樹, 豊田利幸編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1978.1-1978.5  2冊 ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座現代物理学の基礎 ; 3-4
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
J.M.ヤウホ著 ; 小出昭一郎, 安孫子誠也訳
出版情報: 東京 : 東京図書, 1987.3  xii, 168p ; 19cm
所蔵情報: loading…
43.

図書

図書
T.バスティン編 ; 柳瀬睦男 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京図書, 1973.12  iv, 266p ; 22cm
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
山口嘉夫解説
出版情報: 東京 : みすず書房, 1983.7  ii, 372p ; 20cm
シリーズ名: 朝永振一郎著作集 / [朝永振一郎著] ; 11
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
ア・エス・カンパニエーツ著 ; 福湯章夫訳
出版情報: 東京 : 東京図書, 1982.1  121p ; 22cm
シリーズ名: カンパニエーツ理論物理学講義 ; 8
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
小出昭一郎著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1968.5  viii, 192p ; 22cm
シリーズ名: 基礎物理学選書 ; 2
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
佐藤文隆著
出版情報: 東京 : 青土社, 2011.6  330p ; 20cm
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
武谷三男, 長崎正幸著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 1991.2  xii, 267p ; 21cm
シリーズ名: 量子力学の形成と論理 / 武谷三男著 ; 2
所蔵情報: loading…
49.

図書

図書
桜井捷海著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1990.5  xxiii, 249p ; 27cm
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
Hiller, Johnston, Styer著 ; Ehrlich, MacDonald, Dworzecka編 ; 青山智夫訳
出版情報: 東京 : 海文堂出版, 1996.12  iii, 232p ; 26cm
シリーズ名: CUPSシリーズ ; 7
所蔵情報: loading…
51.

図書

図書
阿部龍蔵, 川村清著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 1997.3  190p ; 21cm
シリーズ名: 放送大学教材 ; 86042-1-9711
所蔵情報: loading…
52.

図書

図書
菅野禮司著
出版情報: 東京 : 丸善, 1995.10  viii, 157p ; 19cm
シリーズ名: Science break ; 1
所蔵情報: loading…
53.

図書

図書
片山正夫著
出版情報: 東京 : 河出書房, 1947.10  204p ; 21cm
シリーズ名: 化學集書 ; 第2
所蔵情報: loading…
54.

図書

図書
川村清著
出版情報: 東京 : 産業図書, 1996.1-1996.4  2冊 ; 21cm
シリーズ名: 物理学教科書シリーズ
所蔵情報: loading…
55.

図書

図書
齋藤理一郎著
出版情報: 東京 : 培風館, 1995.9  viii, 172p ; 21cm
シリーズ名: 電子工学初歩シリーズ / 山下榮吉, 安永均編集 ; 7
所蔵情報: loading…
56.

図書

図書
小山慶太著
出版情報: 東京 : 講談社, 1989.1  206, 5p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-762
所蔵情報: loading…
57.

図書

図書
シッフ著 ; 井上健訳
出版情報: 京都 : 吉岡書店, 1961.4  490p ; 22cm
所蔵情報: loading…
58.

図書

図書
大槻義彦著
出版情報: 東京 : 講談社, 1988.9  221p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-745
所蔵情報: loading…
59.

図書

図書
本多波雄, 桂重俊共著
出版情報: 東京 : 近代科学社, 1960  ix, 194p ; 21cm
シリーズ名: 東北大学基礎電子工学入門講座 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報:
量子力学 / 本多波雄
統計力学 / 桂重俊
量子力学 / 本多波雄
統計力学 / 桂重俊
60.

図書

図書
V.I.ルィドニク著 ; 金光不二夫訳
出版情報: 東京 : 文一総合出版, 1979.9  294p ; 20cm
所蔵情報: loading…
61.

図書

図書
伊藤大介著
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 1971.11  247p ; 19cm
シリーズ名: 科学選書
所蔵情報: loading…
62.

図書

図書
Eugen Merzbacher著 ; 高橋安太郎訳
出版情報: 東京 : 講談社, 1971  2冊 ; 27cm
所蔵情報: loading…
63.

図書

図書
朝永振一郎著
出版情報: 東京 : 東西出版社, 1948.5-1949  2冊 ; 22cm
シリーズ名: 現代物理學大系 ; 25
所蔵情報: loading…
64.

図書

図書
瓜生典清著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1987.12  vi, 139p ; 22cm
所蔵情報: loading…
65.

図書

図書
小笠原万亀三郎著
出版情報: 東京 : 白水社, 1953.8  220p ; 21cm
所蔵情報: loading…
66.

図書

図書
東晃史著
出版情報: 東京 : 南斗書房 : 星雲社 (発売), 1991.5  305p ; 19cm
所蔵情報: loading…
67.

図書

図書
Mendel Sachs [著] ; 原田稔, 杉元賢治共訳
出版情報: 東京 : 丸善, 1991.12  xvii, 310p ; 19cm
所蔵情報: loading…
68.

図書

図書
並木美喜雄著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1992.1  x, 252, 5p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 210
所蔵情報: loading…
69.

図書

図書
M.Y.ハン著 ; 渡辺正訳
出版情報: 東京 : マグロウヒル出版, 1991.9  viii, 198p ; 21cm
所蔵情報: loading…
70.

図書

図書
藤田晋吾著
出版情報: 東京 : 多賀出版, 1991.10  x, 323p ; 22cm
所蔵情報: loading…
71.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
保江邦夫著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2009.1  x, 222p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 ディラック方程式 1
   1 方程式の美術館 1
   2 物理学を美学にまで高めた天才ディラック 3
   3 ディラック方程式の背景 5
   4 非相対論的量子力学の成功と欠陥 11
   5 想像力のキャンバスに描かれたディラック方程式 14
2 シュレーディンガー方程式 20
   1 世紀末のウィーンから始めよう 20
   2 作者シュレーディンガーについて 22
   3 シュレーディンガー方程式の背景 23
   4 シュレーディンガー方程式の謎 26
   5 第1論文の謎 28
   6 ボルツマンの幽霊 31
   7 変分問題としての量子化 34
   8 摩擦のある系のシュレーディンガー方程式 37
   9 確率制御問題としての量子化 40
   10 確率解釈とシュレーディンガー 45
   11 シュレーディンガーの猫 49
3 伊藤方程式 59
   1 伊藤方程式との出会い 59
   2 伊藤方程式誕生前夜 62
   3 作者伊藤清について 65
   4 確率解析 59
   5 確率微分 71
   6 伊藤積の便利な筆運び 74
   7 確率微分幾何学,そして 75
4 縦列駐車方程式 79
   1 昔話から始めよう 79
   2 ダイムラー代数 81
   3 縦列駐車にみるへルガソン(トロッター)の公式 85
   4 変速ギアとビリヤード 88
5 オイラー-ラグランジュ方程式 91
   1 ロズウェルで見た大自然の驚異 91
   2 最小作用の原理と神の存在 94
   3 変分学とオイラー 99
   4 古典物理学の基礎を与える変分原理 102
   5 駆け足で回った方程式の美術館 105
   6 量子の運動 107
   7 量子の運動を定める最小作用の原理 113
   8 おみやげに絵はがきを1枚 117
6 数学的補講 119
   1 僕の本棚は空っぽだ 120
   2 数学的補講のための準備 123
   3 確率解析学 128
   4 確率運動学 141
   5 確率積分と確率微分 146
   6 確率変分学 155
   7 確率量子化 163
   8 電磁場による作用を受ける量子 178
   9 古典力学における最小作用の法則 182
   10 量子力学と最小作用の法則 188
   11 量子力学における保存則と最小作用の法則 192
   12 おまけ 200
7 (対談)美しき方程式を求めて(保江邦夫×桜井進) 204
   1 「作品」としての「方程式」と「プレゼンテーション」 204
   2 ハイゼンベルクとシュレーディンガー 209
   3 「ラマヌジャン体験」 215
   4 方程式を「鑑賞」するために 220
参考文献 222
1 ディラック方程式 1
   1 方程式の美術館 1
   2 物理学を美学にまで高めた天才ディラック 3
72.

図書

図書
小泉義晴, 高橋宣明, 篠崎寿夫共著
出版情報: 東京 : 現代工学社, 1999.1  vi, 113p ; 21cm
シリーズ名: 情報数理工学ガイドシリーズ ; 7
所蔵情報: loading…
73.

図書

図書
edited by S. Albeverio, Ph. Combe, and M. Sirugue-Collin
出版情報: Berlin ; New York : Springer-Verlag, 1985  viii, 227 p. ; 25 cm
シリーズ名: Lecture notes in mathematics ; 1109
所蔵情報: loading…
74.

図書

図書
福士和之著
出版情報: 東京 : 海鳴社, 2014.6  202p ; 19cm
シリーズ名: バウンダリー叢書
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : プランクの量子
第2章 : ボーアの量子条件
第3章 : ハイゼンベルグの不確定性原理
第4章 : 量子論的「場」とは?
第5章 : ディラックの海
第6章 : シュレーディンガーの猫
第7章 : EPR論文をめぐって
第8章 : 量子論的な力
第9章 : 量子忍法
第1章 : プランクの量子
第2章 : ボーアの量子条件
第3章 : ハイゼンベルグの不確定性原理
75.

図書

図書
デヴィッド・リンドリー著 ; 松浦俊輔訳
出版情報: 東京 : 青土社, 2014.3  287, 7p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序論 : 自分のコンピュータを信じるわけ
第1幕 : 力学の行きづまり
幕間 : 主として哲学的な間奏
第2幕 : 現実をテストにかける
第3幕 : 観測を行なう
序論 : 自分のコンピュータを信じるわけ
第1幕 : 力学の行きづまり
幕間 : 主として哲学的な間奏
概要: 量子力学の出現によって、理論と現実の間に奇妙な乖離が生じる。理論では実証されてもまったく現実味のないこの「奇妙にもやもやした」気分は何か?アインシュタイン、ボーア、ボーム、観測問題、シュレーディンガーの猫、相対論など、古典物理学から量子力学 への転換に伴う重要事項を網羅し、量子力学の最先端と現実感のギャップを解消する。 続きを見る
76.

図書

図書
町田茂著
出版情報: 東京 : 丸善, 1986.4  viii, 139p ; 19cm
シリーズ名: Frontier science series / 大槻義彦, 森本雅樹編 ; 006
所蔵情報: loading…
77.

図書

図書
J.L.Martin[著] ; 水野幸夫訳
出版情報: 東京 : 丸善, 1984.10  xiii, 277p ; 21cm
シリーズ名: オックスフォード物理学シリーズ / 柿内賢信, 土方克法監修 ; 8
所蔵情報: loading…
78.

図書

図書
L.ローゼンフェルト, 江沢洋著 ; 江沢洋訳
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2015.1  v, 197p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1篇 ボーア原子模型の成立 : 土星型原子
マンチェスター時代のボーア
水素のスペクトル
偉大なる三部作
初期の反響
三部作の第2部に加えるつもりだった節の下書き訳注
第2篇 ボーア革命 : どんな時代だったか
バルマー公式
ボーアの原子模型
ボーア理論に対する反応
ボーア革命の刻印
第1篇 ボーア原子模型の成立 : 土星型原子
マンチェスター時代のボーア
水素のスペクトル
概要: ニールス・ボーアはどのように量子の謎に挑んだか。1913年にボーアが提案した原子模型は、当時の物理学の原理に根本から反していた。新しい物理学への扉をあけ、道を切り拓いていくさまを生き生きと描く。
79.

図書

図書
ジークムント・ブラント, ハンス・ディーター・ダーメン著 ; 平田邦男訳
出版情報: 東京 : 共立出版, 1986.10  10, 252p ; 27cm
所蔵情報: loading…
80.

図書

図書
手塚洋一著
出版情報: 東京 : 東洋大学出版会 , 東京 : 丸善出版 (発売), 2017.7  ii, 154p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Kleinパラドックス
中心力ポテンシャルを持つ3次元のDirac方程式
正の整数次数ポテンシャルrn
多項式展開で解ける例
Dirac方程式の非相対論的近似
負の整数次数ポテンシャル
Kleinパラドックス
中心力ポテンシャルを持つ3次元のDirac方程式
正の整数次数ポテンシャルrn
概要: 散乱問題ではベクトルポテンシャルを持つDirac方程式がKleinパラドックスと呼ばれるおかしな現象を起こすが、束縛問題ではどうなのか。相対論的運動方程式であるDirac方程式においてポテンシャルが引き起こすおかしな解について様々な角度から 論究する。 続きを見る
81.

図書

図書
W.パウリ[著] ; 川口教男, 堀節子訳
出版情報: 東京 : 講談社, 1975.6  318p ; 22cm
所蔵情報: loading…
82.

図書

図書
星野敏春 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 学術図書出版社, 2010.10  iv, 153p ; 21cm
所蔵情報: loading…
83.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
大矢雅則, 渡邉昇著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2006.1  v, 245p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   序 i
第0章はじめに 1
    0.1 情報と通信 1
    0.2 量子論と古典論 3
    0.3 量子情報通信 5
    0.4 量子暗号と量子テレポーテーション 6
第1章数学と物理学からの準備 11
    1.1 古典系 11
    1.1.1 確率論の基礎 11
    1.1.2 古典系のエントロピー 25
    1.1.3 通信過程と相互エントロピー 28
    1.2 量子系 30
    1.2.1 量子論の基礎 30
    1.2.2 量子力学の数理的基礎 32
    1.2.3 量子系のエントロピー 61
    1.2.4 量子通信過程と量子桐互エントロピー 62
第2章古典系の暗号理論 77
    2.1 暗号とは 77
    2.2 秘密鍵暗号方式 79
    2.2.1 Caesarの暗号系 79
    2.2.2 対称暗号系-Vernamの使い捨て鍵 80
    2.3 公開鍵暗号系とRSA暗号 81
    2.3.1 RSAプロトコル 83
    2.3.2 RSA暗号の数学的基礎 84
    2.4 デジタル署名 86
第3章量子暗号 87
    3.1 量子暗号とは 87
    3.2 BB84プロトコル 88
    3.3 コピー不可能性定理 90
    3.4 暗号の情報理論 92
    3.5 一般化されたBB84プロトコル 98
    3.6 情報攪乱定理 101
    3.7 無条件安全性 111
    3.8 量子デジタル署名 112
    3.9 エンタングルド状態を用いた量子鍵分配 115
    3.1 Bellの不等式 117
    3.10.1 量子論と古典論の違い 117
    3.10.2 古典論における不等式 119
    3.10.3 量子論における不等式 120
    3.10.4 空間構造をとり入れた議論 124
第4章量子テレポーテーション 127
    4.1 量子テレポーテーションとは 127
    4.2 量子テレポーテーションのチャネル表現 128
    4.3 BBCJPWテレポーテーションモデル 131
    4.4 弱いテレポーテーションと鍵の一意性 133
第5章Fock空間における量子テレポーテーション 143
    5.1 Bose-Fock空間における完全テレポーテーション 143
    5.1.1 Fock空間の基本 145
    5.1.2 完全テレポーテーション 159
    5.2 Bose-Fock空間における不完全量子テレポーテーション 165
    5.3 テレポーテーションにおけるフィデリティ 187
    5.4 空間的に離れている場合のテレポーテーション 199
    5.4.1 Rkにおけるテレポーテーション 199
    5.4.2 アリスとボブが空間的に離れているとき 203
第6章連続変数テレポーテーションモデル 205
    6.1 連続変数テレポーテーションとは 205
    6.2 連続変数テレポーテーションで用いられるエンタングルド状態 209
    6.3 連続変数量子テレポーテーションの解析 211
   記号表 227
   参考文献 231
   索 引 237
   序 i
第0章はじめに 1
    0.1 情報と通信 1
84.

図書

図書
朝永振一郎著
出版情報: 東京 : 学芸社, 1951  2冊 ; 22cm
シリーズ名: 物理学大系 ; 基礎物理篇 8
所蔵情報: loading…
85.

図書

図書
桜井捷海著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1989.9  xxiii, 249p ; 27cm
所蔵情報: loading…
86.

図書

図書
天野清著
出版情報: 東京 : 中央公論社, 1973.10  358p ; 18cm
シリーズ名: 自然選書
所蔵情報: loading…
87.

図書

図書
A.S.ダビドフ著 ; 北門新作[ほか]共訳
出版情報: 蕨 : 新科学出版社, 1978-1979  3冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
88.

図書

図書
ア・エス・カンパニエーツ著 ; 中村宏樹訳
出版情報: 東京 : 東京図書, 1980  2冊 ; 22cm
シリーズ名: カンパニエーツ理論物理学講義 ; 3-4
所蔵情報: loading…
89.

図書

図書
金沢秀夫著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1965.4  3, 220p ; 22cm
シリーズ名: 朝倉物理学講座 ; 13
所蔵情報: loading…
90.

図書

図書
山内恭彦著
出版情報: 東京 : 培風館, 1968.5  viii, 252p ; 22cm
シリーズ名: 新物理学シリーズ / 山内恭彦監修 ; 4
所蔵情報: loading…
91.

図書

図書
アムノン・ヤリフ著 ; 野村昭一郎訳
出版情報: 東京 : ワイリー・ジャパンinc. , 東京 : 啓学出版(発売), 1983.4  xvi, 324p ; 22cm
所蔵情報: loading…
92.

図書

図書
日本物理学会編 ; 中嶋貞雄 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 培風館, 1987.12  v, 246p, 図版2p ; 22cm
所蔵情報: loading…
93.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
J.C.ポーキングホーン著 ; 宮崎忠訳
出版情報: 東京 : 講談社, 1987.7  222, 17, ivp ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-693
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 5
第一章 難問 17
   わかりにくい量子論の輝かしい成功 18
   科学者は発見という名の競技場で自然とプレーする 19
   電気・磁気と光 20
   古典物理学中での「存在」 22
   量子力学の中での「存在」 23
   測定行為そのものの困難さ 23
   観測をすることの意味 25
第二章 かくして物語は始まった 27
   古典物理学のひび割れ 28
   紫外発散の問題 29
   プランクによるエネルギー量子の仮定 29
   量子論の生みの苦しみ 30
   量子構造は、どの段階で入り込むのか 31
   光が波動であり、粒子であるというパラドックス 33
   パラドックスの解決 34
   数学の助けを借りて記述する 34
   分光学の役割 36
   バルマーによる研究 36
   バルマー系列の発見 37
   古典物理学における不連続性 38
   プラムプリンの模型 39
   太陽系模型 40
   ボーアによる解決 41
   ボーアの量子条件 43
   ド・ブロイの登場 45
   幾何光学と波動光学 46
   水素原子の問題の解決 48
   ハイゼンベルクのマトリックス力学 49
   一九二五年-二流の人も一流の仕事ができた時代 50
第三章 量子力学の道具立て 53
   商売道具 54
   力学系の状態 54
   量子力学的状態-第一番目の特徴 55
   量子力学的状態-第二番目の特徴 55
   結晶体を通過する光 59
   結晶体を通過する光子 59
   透過光の偏光 60
   重ね合わせの原理 61
   さらに重ね合わせの原理を 63
   ベクトルの概念 64
   ベクトルの数学的定式化 66
   ベクトル空間の次元は、いくらでも拡張できる 67
   複素ベクトル 70
   量子力学の重ね合わせとベクトル和 71
   波動力学とベクトルとの結びつき 72
   実験の二段階 72
   数学ジャングルの探検 73
   演算子とは 75
   観測結果の数値と演算子とはどんな関係があるのか 78
   固有値が観測の数値に対応する 79
   量子力学で情報量が限られている理由 81
   劇のはじまり 83
   シュレーディンガー方程式は連続変化を記述するはず 85
   観測がおこなわれ、不連続が現れる 87
   マクロな世界を見るためにマクロな実験器具が入ってくる 89
   波束の発散 90
   連続と不連続との二つの要素 91
   量子力学の解釈 93
第四章 どちらの道を通ったか 95
   情熱家R・P・ファインマン 96
   スリットのあるスクリーンに向かって銃弾を打ち込む 97
   弾丸のばらまかれ方で確率図が描ける 98
   音波を発射してみると… 100
   ミクロな物体-電子を発射すると… 102
   電子はどちらのスリットを通過するのか 103
   通過する電子を電球で照らすと 104
   観測と実在 105
   量子の世界で同一粒子は識別不可能 107
   つまり、フェルミ粒子とボーズ粒子がある 109
   確率振幅と確率 111
   ファインマンによる経路積分の方法 114
   ファインマン形式の語る答え 116
   どのようにして古典力学につながるのか 118
第五章 知れば知るほどわからなくなる 121
   ハイゼンベルクの不確定性原理 122
   シュレーディンガーによる不確定性 123
   ド・ブロイによる物質波 124
   数学的見地で全きものを、物理的見地から検討しよう 125
   思考実験 127
   量子力学では「光子」の存在による制限が付く 130
   顕微鏡の口径を狭くしても不確定性からは逃れられない 130
   ハイゼンベルクに関する逸話 132
   粒子-波動の双対性 133
   どちらのスリットを通過したかわかるようにすると 134
   座標とその共役な運動量との間の不確定性 135
   球が小山を乗り越える場合 137
   量子効果-トンネル効果 138
   理論物理学は、二段階をへて作られる 140
   ガモフによる原子核のアルファ崩壊の説明 141
   ニールス・ボーアによる相補性の原理 142
   相補性原理を哲学原理に使用する試み 143
   不確定性は快いものではない 145
   アインシュタインも論破され、不確定性は残った 146
   重力場の理論を持ち出すのは、大げさに思えますが…… 148
   アインシュタインも攻撃を諦めました 149
   ブラウン運動中の確率的振る舞い 149
   隠れた変数理論に対しフォン・ノイマンが反論 151
   ボームのあまりに人為的な試み 153
   日常論理にさえ影響を及ぼす 156
   物理学も論理学も量子の世界から学ぶ 158
第六章 特定の値を取る 161
   測定とは 162
   どの段階で波束発散が起こっているのか 165
   シュレーディンガーの猫 166
   ウィグナーの友人 167
   波束発散の問題に対する答え-その(1) 169
   波束発散の問題に対する答え-その(2) 170
   波束発散の問題に対する答え-その(3) 174
   暗黒の宇宙では波束は発散しないのか 177
   神を登場させるか 178
   波束発散の間題に対する答え-その(4) 180
   多重世界の提唱 180
   どれが最有望か 182
   知識の階層 183
第七章 量子力学の非局所性 187
   アインシュタイン-ローゼン-ボドルスキーのパラドックス 188
   十分に遠方にある粒子同士に瞬間的に力が働く 190
   コペンハーゲン学派ははね返そうとする 192
   アインシュタインの定式化 193
   EPRの考え-勝てる戦いのルールを設定したから勝った 195
   EPRの仮定を少し書き換えると 197
   EPRの実験の詳細 198
   ベルの不等式 201
   実際の実験結果では、量子力学に軍配が上がりそう 202
   波束発散は相対論と必ずしも矛盾しない 203
第八章 何を意味するのか? 205
   量子力学は、物理世界に対して何を語るのか 206
   実証主義 206
   実証主義的プログラムだけでは科学は成り立たない 208
   現実主義的立場 210
   絶対世界の法則を捜すのが物理 211
   波動関数の物理的意義 212
   物理的実体は知性の上に現れる 214
   波動関数にこそ物理学を語る形態がある 215
訳者あとがき 218
関連図書紹介 221
付録/さくいん 巻末
まえがき 5
第一章 難問 17
   わかりにくい量子論の輝かしい成功 18
94.

図書

図書
内山竜雄, 西山敏之共編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1965.9  2, 2, 238, 4p ; 20cm
シリーズ名: 共立全書 ; 110
所蔵情報: loading…
95.

図書

図書
シッフ[著] ; 井上健訳
出版情報: 京都 : 吉岡書店 , 東京 : 丸善 (発売), 1957.6-1958.3  2冊 ; 22cm
シリーズ名: 物理学叢書 / 小谷正雄 [ほか] 編 ; 2,9
所蔵情報: loading…
96.

図書

図書
青野朋義 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 1990.4  vi, 288p ; 22cm
シリーズ名: 理工学講座
所蔵情報: loading…
97.

図書

図書
戸田盛和著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1999.2  v, 195p ; 21cm
シリーズ名: 物理学30講シリーズ ; 8
所蔵情報: loading…
98.

図書

図書
David K.Ferry[著] ; 丹慶勝市[ほか] 共訳
出版情報: 東京 : 丸善, 1996.9  xii, 314p ; 21cm
所蔵情報: loading…
99.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
長谷川修司著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2008.10  viii, 208p, 図版 [6] p ; 21cm
シリーズ名: UT Physics ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに iii
1 ナノワールドを観る 1
2 電子の粒子性と波動性を観る 17
   2.1 電子の発見と粒子性 18
   2.2 電子回折の発見 22
   2.3 電子の二重性 30
   2.4 原子配列の解析 42
   2.5 表面構造いろいろ 51
   2.6 相転移をみる1 : 表面融解 54
   2.7 結晶成長をみる 61
   2.8 さらに拡がる研究 68
3 電子波の位相で観る 71
   3.1 電子波の位相とアハロノフ-ボーム効果 72
   3.2 レンズの分解能と不確定性原理 83
   3.3 電子顕微鏡 89
   3.4 電子線ホログラフィ 95
   3.5 磁力線を見る 104
   3.6 Never Ending Story…… 111
4 トンネルする電子で観る 113
   4.1 トンネル効果 115
   4.2 走査トンネル顕微鏡 121
   4.3 相転移をみる2:2次元気体・液体・固体相転移 124
   4.4 波動関数を観る 125
   4.5 1個の原子や分子を操作する 131
   4.6 電流を観る 139
   4.7 多探針STM 142
   4.8 原子もトンネルする? 150
   4.9 まだまだ進化する実験 153
5 光子と衝突した電子で観る 155
   5.1 光電効果とコンプトン効果 157
   5.2 光電子分光 163
   5.3 結晶表面での低次元電子系 166
   5.4 不純物原子が付着すると 174
   5.5 相転移をみる3 : 表面電荷密度波転移 176
   5.6 量子井戸状態 181
   5.7 最先端の光電子分光 186
6 「見る」を超えて 189
付録 電子回折の理論 193
関連図書 199
索引 205
はじめに iii
1 ナノワールドを観る 1
2 電子の粒子性と波動性を観る 17
100.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
和田純夫著
出版情報: 東京 : 講談社, 1994.4  243, iip ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1012
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
第1章 原子の世界 17
   個人と集団=原子と物体 18
   量子力学の誕生と多世界解釈 21
   原子の構造 23
   原子核 24
   原子の「大きさ」とは何だろう? 27
第2章 量子力学の誕生 29
   原子はなぜつぶれないのか? 30
   電磁波の発見 33
   何かが矛盾している 35
   もう一つの不思議=量子飛躍 36
   とびとびのエネルギー 38
   シュレディンガーによる「形式的な解決」 40
   電子の波とは何か 42
   実体のわからない波が二つのミステリーを解決する 43
   シュレディンガー方程式はいかにみちびかれたか 45
   「波」が意味するもの 47
   原子の中の電子の「波」 49
第3章 確率解釈と波の収縮 53
   実体のない波の正体は? 54
   電子波の観測 55
   強めあいと弱めあい 58
   電子の波動性と粒子性 60
   ミクロの現象は確率的に起こる 62
   マクロの世界とミクロの世界 65
   マクロの世界もときに確率に左右される 66
   「確率解釈」 68
   実用的な解釈 71
   「波の収縮」 73
   コペンハーゲン解釈への疑問 75
第4章 量子力学の多世界解釈 79
   多世界解釈 80
   状態とは何か 82
   「波」の性質 84
   状態(世界)の共存 86
   電子の波と共存度 88
   多世界解釈の基本原理(公理) 90
   多世界解釈とコペンハーゲン解釈の本質的なちがい 93
   観測者も共存する各状態(世界)の中にいる 94
   複数の過去をどう考えるか 97
第5章 同時進行する複数の世界 101
   多世界解釈の問題 102
   電子の状態変化の計算 103
   ファインマンの理論 104
   粒子の運動と波の運動 106
   ホイヘンスの原理 109
   ホイヘンスの原理と波の歴史 113
   量子力学における電子の波 114
   ファインマンの経路積分 116
   歴史の干渉 121
第6章 干渉するミクロの世界・干渉しないマクロの世界 125
   直進する電子 126
   直進する電子の量子力学的説明 127
   二スリットの干渉実験 129
   一つの電子に二つの過去がある 132
   人間に複数の過去があるか 133
   多世界解釈による解答=共存はしているが干渉しない 137
第7章 シュレディンガーの猫は死んだのか-修復可能な差、不可能な差 141
   多世界解釈は「波の収縮」を考えない 142
   電子の位置の測定 144
   観測による歴史の痕跡 145
   もう一つの問題=歴史の辻褄 147
   多世界の存在 148
   修復可能な差と修復不可能な差 150
   シュレディンガーの猫 152
   人間の意識も自然現象の一つである 156
第8章 分離不可能性と不確定性原理 159
   量子力学の世界 160
   アインシュタイン=ボーア論争 161
   分離不可能性 162
   さわってもいない波が収縮する 164
   多世界解釈での解答 167
   不確定性原理 168
   止まっている粒子とまっすぐ進んでいる粒子 169
   位置と速度は同時に確定できない 171
   不確定性原理による現象 175
   量子力学の正しさ 177
   「ベルの不等式」も成り立っていないらしい 178
第9章 「確率解釈」をみちびく 181
   確率解釈とは 182
   確率とは 脇 183
   確率の計算 185
   「確率解釈」がみちびかれる 189
   一般の場合の確率解釈 191
   量子力学の完全性と人間の限界 193
第10章 光の量子力学 197
   光と電磁波 198
   光の粒子 199
   アインシュタインの光量子説 200
   場の量子論 203
   素粒子物理学 206
   力の起源は粒子の交換である 208
第11章 宇宙から見た量子力学 211
   宇宙と多世界解釈 212
   膨張宇宙 213
   空間も変化する 215
   宇宙空間の曲がり 216
   宇宙のはじまり 217
   宇宙の変化と量子力学 219
   干渉が起きる条件 220
   宇宙の状態変化を計算する 222
   宇宙の初期条件 224
   特異点と虚数時間 225
   多世界の誕生 227
第12章 多世界解釈の世界像 231
   量子力学は完全か 232
   神様はあくまでサイコロをふらない 234
   量子力学と確率 235
   量子力学と実在と意識 237
   多世界解釈に対する誤解 239
謝辞 243
さくいん 245
はじめに 5
第1章 原子の世界 17
   個人と集団=原子と物体 18
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼