close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
市川定夫著
出版情報: 東京 : 藤原書店, 2008.3  194p ; 19cm
シリーズ名: 新・環境学 : 現代の科学技術批判 / 市川定夫著 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 1
第一章 生命現象とその設計図 13
   一 さまざまな生物と生命現象 14
   ウィルスからヒトまで
   分子から生態系のレベルまで
   生物体を構成する物質
   二 DNAに刻まれた遺伝情報 26
   遺伝子は染色体に存在
   遺伝子はDNA
   DNAの構造と複製
   遺伝情報とその発現
   機構
   突然変異とは
   三 生命現象は遺伝子の働き 43
   分断された遺伝子
   酵素の触媒作用
   ホルモンの働き
   免疫反応と拒絶反応
   遺伝子の「編集」
   生命現象の担い手
   四 進化と適応の結果として
   化石からの証拠
   相同器官にも
   地理的隔離と生殖的隔離
   生物の適応
   適応した繁殖力
   さまざまな防御機能
第二章 地球規模の環境破壊と細胞内での遺伝子破壊 73
   一 地球規模の環境破壊 74
   地球の温暖化
   酸性雨の被害
   さまざまな森林破壊
   進むオゾン層の破壊
   進む砂漠化
   二 細胞内での遺伝子破壊 82
   大気汚染物質
   さまざまな人工化合物
   人工放射性核種
   人工的条件も
   三 一般市民の加害者化 89
   自動車の使用
   電力の大量消費
   人工化合物の使用
第三章 生物の進化と適応の過程を忘れた科学技術 97
   一 人工のものへの適応を知らない 98
   「人工」を改めて問う
   宇宙開発の問題点
   無重力は有害
   エンデバーの実験
   動物を殺す高速交通
   宇宙の環境破壊
   核兵器の運搬手段
   軍事技術開発が飢餓を
   ME技術とロボット化
   機械に従属する人間
   近代人工都市の危険
   非電離放射線にも危険が
   生物学的危機に瀕する人類
   ノロウイルス感染性胃腸炎の集団発生
   中越沖大地震の発生
   二 生命を資源視する浪費社会 123
   臓器移植と脳死
   人工流産のあと
   DNAの物質視
   遺伝子資源の枯渇
   貧困の固定
   ODAの問題点
   食糧資源の浪費
   人間性喪失を招く新技術
   三 テクノクラート社会を問う 141
   原子力帝国
   バイオ技術も
   情報管理社会
   民主主義とは相容れない
   可逆サイクルヘ
   環境経済人会議の誕生
   向かうべき方向
   価値観の転換を
   希望が中央アジアから
〈資料〉 東京宣言 167
あとがき 171
索引(事項/生物/地名/人名/年表) 194
はじめに 1
第一章 生命現象とその設計図 13
   一 さまざまな生物と生命現象 14
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山口勝三, 菊地立, 斎藤紘一共著
出版情報: 東京 : 培風館, 2008.4  viii, 221p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 環境問題とは 1
   1.1 環境問題の出現と変遷 1
   1.1.1 公害問題から環境問題へ 1
   1.1.2 ロンドンスモッグから地球サミットへ 3
   1.1.3 環境管理の2本の柱 6
   1.2 環境汚染問題の本質的一面 7
   1.2.1 生命をつくりあげ,それを育んできた二酸化炭素(CO2) 7
   1.2.2 自然界の自己浄化作用と物質循環の役割を担う雨 8
   1.2.3 水質の汚濁 8
   1.3 エネルギー消費と市民 9
2. 地球の自然と物質 11
   2.1 宇宙のなかの地球 11
   2.1.1 太陽系第3惑星 11
   2.1.2 エネルギーは太陽から 13
   2.2 生命を育む地球 14
   2.2.1 地球を守るベール-大気の組成と構造 14
   2.2.2 地と空を駆けめぐる水 17
   2.2.3 足元でいのちを支える土と土壌 21
3. 大気汚染と酸性雨 25
   3.1 汚染物質と発生源 25
   3.1.1 大気汚染物質 25
   3.1.2 発生源と汚染物質排出量 27
   3.1.3 発生源対策 29
   3.2 広域大気汚染 32
   3.2.1 光化学大気汚染 32
   3.2.2 光化学大気汚染の監視 33
   3.2.3 オキシダントの生成 35
   3.2.4 光化学大気汚染の分布と気流系 36
   3.2.5 光化学大気汚染の長距離輸送 39
   3.3 酸性雨 40
   3.3.1 地球の酸性化 40
   3.3.2 酸性雨のできるしくみ 42
   3.3.3 世界の酸性雨・日本の酸性雨 44
4. 水質汚濁と汚染物質 53
   4.1 水-不思議な特性をもつ物質 53
   4.1.1 分子間での特殊な相互作用-水素結合 53
   4.1.2 水に氷が浮かぶ 54
   4.1.3 暖めにくく冷めにくい水 54
   4.1.4 水はものをよく溶かす 55
   4.1.5 いのちと水 57
   4.2 水質汚濁と環境基準 58
   4.2.1 水の特性と水質汚濁 58
   4.2.2 環境の評価の目安-環境基準 58
   4.3 有機物による水質汚濁 59
   4.4 富栄養化と赤潮 60
   4.5 有毒物質による水域の汚染 62
   4.6 地下水汚染 65
   4.7 海洋汚染 66
   4.8 水環境を守る 68
   4.8.1 水を汚さないための取組み 68
   4.8.2 自然における水質浄化作用と微生物 70
5. 地球は暖まりつつある 73
   5.1 地球環境の特徴 73
   5.1.1 がまん強い地球 73
   5.1.2 繊細な地球 74
   5.2 温室効果とは 74
   5.3 人間活動と温室効果ガス 76
   5.3.1 二酸化炭素濃度の変動 76
   5.3.2 化石炭素資源の燃焼と二酸化炭素の排出 76
   5.4 炭素の循環 78
   5.4.1 二酸化炭素濃度の連続測定 78
   5.4.2 森と海と二酸化炭素 79
   5.5 その他の温室効果ガス 80
   5.6 ドームふじ氷床コアと地球大気の歴史 82
   5.7 温暖化は進行しつつある 84
   5.7.1 気温上昇 84
   5.7.2 海と陸への影響 86
   5.7.3 水循環,植生への影響 88
   5.7.4 健康への被害 89
   5.8 地球温暖化への対策 89
   5.8.1 地球温暖化問題の不可逆性 89
   5.8.2 二酸化炭素排出削減における問題点 90
   5.8.3 気候変動枠組条約締約国会議(COP) 91
   5.8.4 地球温暖化問題と市民-日常生活におけるエネルギーの有効利用 97
   5.8.5 循環型社会 103
   5.9 われわれの行く道は 107
6. 化学物質と環境 111
   6.1 残留性化学物質についての警鐘 111
   6.2 残留性有機汚染物質の廃絶 114
   6.3 フロンによるオゾン層破壊 115
   6.4 環境保全を支える化学物質 117
7. 資源と環境 119
   7.1 資源問題 119
   7.1.1 ハードな資源,ソフトな資源 119
   7.1.2 エネルギーの利用形態と技術文明 122
   7.2 エネルギー資源の現状 125
   7.2.1 化石炭素資源 125
   7.2.2 化石炭素資源を補うもの 133
   7.2.3 エネルギー問題と日本 137
   7.2.4 これからのエネルギー 141
   7.2.5 エネルギーの有効利用 145
   7.3 水資源 152
   7.3.1 急増する水使用量 152
   7.3.2 水の利用 153
   7.3.3 地下水の利用 156
   7.3.4 水資源の有効利用 157
   7.3.5 エネルギー資源としての水 159
   7.3.6 水資源をめぐる国際的取組み 160
   7.4 食料資源 161
   7.4.1 世界の食料生産 161
   7.4.2 日本の食料事情 162
   7.4.3 欧州各国の食料自給率 165
   7.4.4 水資源と食料 166
   7.4.5 これからの食料-世界と日本 168
8. 都市環境 171
   8.1 都市の気温上昇 171
   8.1.1 都市のヒートアイランド現象 171
   8.1.2 ヒートアイランドの原因 176
   8.1.3 都市気温の将来予測 179
   8.2 都市の大気汚染 181
   8.2.1 工場起源の大気汚染 181
   8.2.2 自動車起源の大気汚染 182
   8.2.3 都市キャニオンの大気汚染 183
   8.2.4 住宅地域における大気汚染 186
   8.3 自然のしくみを生かしたこれからの都市づくり 186
   8.3.1 街路樹・緑地のクーリング効果 186
   8.3.2 風の道 189
   8.3.3 植物による大気浄化 189
9. 環境管理 193
   9.1 行政的環境対策 193
   9.1.1 環境対策のハードな取組み 193
   9.1.2 環境対策のソフトな取組み 195
   9.1.3 行政上の環境管理計画 196
   9.2 民間の動き 199
   9.2.1 民間における環境対策の必要性 199
   9.2.2 企業および各種組織体における環境管理 200
   9.2.3 CSR(企業の社会的責任) 204
あとがき 207
参考書 209
付録 214
索引 215
1. 環境問題とは 1
   1.1 環境問題の出現と変遷 1
   1.1.1 公害問題から環境問題へ 1
3.

図書

図書
鳥海光弘 [ほか著]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1998.3  x, 262p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座地球惑星科学 ; 14
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
井上尚之著
出版情報: 東京 : 東京書籍, 1998.3  199p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
久米直明 [ほか] 著
出版情報: 京都 : 化学同人, 1998.4  viii, 186p ; 26cm
シリーズ名: 人間生活シリーズ
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
土木学会環境システム委員会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1998.4  viii, 286p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 環境システムを学ぶ視点
   1.1 環境問題とは何か 1
   1.1.1 自然,環境および環境問題 1
   1.1.2 地域の環境問題 3
   1.1.3 地球の環境問題 3
   1.2 環境問題はなぜ生じたか 6
   1.2.1 文明発生以降の歴史 6
   1.2.2 産業革命以降の歴史 8
   1.2.3 大規模工業化の歴史 9
   1.3 対応の経緯 10
   1.3.1 技術的対応の経緯 10
   1.3.2 政策的対応の経緯 12
   1.4 環境システムとは何か 16
   1.4.1 環境問題解決へのシステム手法の適用 16
   1.4.2 「人間・環境複合系」としての環境システムへの新たなアプローチ 17
   1.5 環境問題を論ずるフレームワーク 18
   1.5.1 形而上から形而下まで 18
   1.5.2 経済至上主義から環境至上主義まで 19
2章 環境と人間・社会
   2.1 自然環境システムと人間活動 23
   2.1.1 自然生態系と人間 23
   2.1.2 自然生態系の仕組み 25
   2.1.3 環境容量概念とその利用 29
   2.1.4 地球環境問題 33
   2.2 環境と社会経済システム 35
   2.2.1 社会経済と環境との関わり 35
   2.2.2 環境政策と市場メカニズム 39
   2.2.3 環境にやさしい生活文化・倫理 42
   2.2.4 持続可能な社会経済システム 44
   2.3 自然と人間の共生 48
   2.3.1 人間と自然の関係 48
   2.3.2 人間圏域の拡大 49
   2.3.3 開発と保全のバランス 51
   2.3.4 都市と農村の関係 53
   2.3.5 環境配慮型事業の展開 58
   2.4 都市における環境と人間 59
   2.4.1 都市と環境 59
   2.4.2 都市の内部環境と外部環境 61
   2.4.3 都市化がもたらす環境影響 64
   2.4.4 環境調和型都市 69
3章 環境システムの解析と評価
   3.1 環境システム分析の手順と体系 75
   3.1.1 関係性の分析としてのシステム分析 75
   3.1.2 環境システム分析の手順 80
   3.1.3 多様な効用評価や厚生配分の評価 85
   3.1.4 環境システム分析から総合へ 92
   3.2 環境情報と環境指標 94
   3.2.1 環境情報とその広がり 94
   3.2.2 環境指標と環境資源勘定 98
   3.2.3 環境情報を支える技術 105
   3.3 モデリングと将来予測 107
   3.3.1 環境モデリングとその目的 107
   3.3.2 環境モデリングの歴史 111
   3.3.3 地球環境のモデリング 114
   3.3.4 温暖化問題の総合評価モデル 116
   3.4 環境の経済分析 120
   3.4.1 経済分析の必要性 120
   3.4.2 環境改善便益(悪化被害)の定義 121
   3.4.3 環境改善便益(悪化被害)の計測法 125
   3.4.4 環境経済指標 129
   3.5 環境社会システム分析 130
   3.5.1 環境社会システムの形成 130
   3.5.2 環境社会システム分析のステップ 138
4章 環境管理のための社会システム
   4.1 環境管理の理念,目標,手法 155
   4.1.1 環境管理とは 155
   4.1.2 環境管理の理念の確立 159
   4.1.3 環境管理の目標 162
   4.1.4 環境管理のための手段 165
   4.1.5 環境管理の目標をめぐる論点 168
   4.2 環境計画 171
   4.2.1 環境計画の意義 171
   4.2.2 環境計画の分類 176
   4.2.3 環境計画の策定手順 180
   4.2.4 環境基本計画の概要 182
   4.3 持続可能な社会を支える各種主体の役割 184
   4.3.1 持続可能な社会を支える多様な主体 184
   4.3.2 企業による環境管理システム 185
   4.3.3 NGO,自治体と市民環境アクション 190
   4.3.4 環境教育とパートナーシップによる環境づくり 191
   4.4 国際的取り組み 197
   4.4.1 環境管理の国際的枠組みはなぜ必要か 国際協調の必然性 197
   4.4.2 国際的枠組みが必要とされる環境管理 200
   4.4.3 国際環境管理の政策手法と制度 202
   4.4.4 持続的発展のための環境管理の原則と課題 204
   4.4.5 リオサミット以降の展開 209
5章 環境保全・創造の技法
   5.1 都市環境デザイン 215
   5.1.1 都市環境改善技術の考え方 215
   5.1.2 水環境の保全 216
   5.1.3 環境共生型建築物 219
   5.1.4 地域冷暖房と未利用エネルギーの利用 220
   5.1.5 緑の確保 222
   5.1.6 水辺空間の復活と創出 225
   5.1.7 熱環境に配慮したまちづくり 227
   5.1.8 都市のモビリティ 227
   5.1.9 生活者のための都市 229
   5.1.10 総合プロジェクト 231
   5.2 開発事業と環境アセスメント 231
   5.2.1 開発事業と持続可能な発展 231
   5.2.2 環境アセスメントと意思決定 232
   5.2.3 アセスメントのプロセス 236
   5.2.4 アセスメントの方法 238
   5.2.5 環境アセスメントと紛争 241
   5.3 環境リスクの管理 244
   5.3.1 環境リスクの解剖 245
   5.3.2 環境リスクの推定 247
   5.3.3 環境リスクの管理体系 250
   5.3.4 リスク管理の事例 253
   5.4 環境と技術 254
   5.4.1 公害防止技術と廃棄物処理抜術 257
   5.4.2 環境低負荷型技術と技術の新たな展開 261
   5.4.3 地球温暖化防止のための技術 264
   演習問題/参考文献 266
   終章 271
   演習問題略解・ヒント 275
   索引 280
1章 環境システムを学ぶ視点
   1.1 環境問題とは何か 1
   1.1.1 自然,環境および環境問題 1
7.

図書

図書
高橋裕, 加藤三郎編 ; 市川惇信 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1998.5  xii, 253p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座地球環境学 / 高橋裕 [ほか] 編 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
20世紀科学技術文明の意味 / 市川惇信 [執筆]
現代の工学が直面する課題 / 吉川弘之 [執筆]
地球の有限性と物的成長の限界 / 加藤三郎 [執筆]
環境のリスク / 中西準子 [執筆]
地球環境問題と生命 / 鈴木継美 [執筆]
地球環境問題における科学技術の役割 / 内藤正明 [執筆]
地球環境学の黎明 / 高橋裕 [執筆]
20世紀科学技術文明の意味 / 市川惇信 [執筆]
現代の工学が直面する課題 / 吉川弘之 [執筆]
地球の有限性と物的成長の限界 / 加藤三郎 [執筆]
8.

図書

図書
多賀光彦, 那須淑子共著
出版情報: 東京 : 三共出版, 1998.3  vii, 219p ; 26cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
ガレス・ポーター, ジャネット・ウェルシュ・ブラウン著 ; 村上朝子 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 有斐閣, 1998.5  xviii, 292p ; 22cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
諏訪雄三著
出版情報: 東京 : 新評論, 1998.5  xvii, 456p ; 21cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼