close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
吉本隆明 [ほか]著 ; 吉本隆明研究会編
出版情報: 東京 : 三交社, 2002.2  158p ; 21cm
シリーズ名: 吉本隆明が語る戦後55年 / 吉本隆明他著 ; 吉本隆明研究会編 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
吉本隆明が語る戦後55年 「第8回」 初期歌謡から源氏物語まで 4
   宣長の「源氏物語」の読み方には主題主義否定の観点が入っている
   今の文芸作品がもっている作品形成の要素をすべてもっている「源氏物語」
   「源氏物語」は現代語訳で現代小説と同じように読むのがいい
   音数律から考えられる和歌の起源
   「起源以前」を物語る枕詞と二重地名
   歴史時代へ入っていく方法論としての現在性と歴史性が凝縮された地点
   鎌倉時代の制度にみる幕府と朝廷の不思議な権力関係
   日本に見られる宗教的な威力にかかわる二つの統治形態
   武家の頭領としての実朝と宗教的な首長としての実朝の問題
   日本の権力のあり方における連続性と非連続性をどう捉えるか
   武家政権は武力で朝廷を圧倒しながら日本国の統治者になろうとしないのはなぜか
   「生き神的権力」はけっして正面から覆すことはできない
   アジア的な権力の基本は貢納性にある
   贈与における物に付着した霊力と資本主義における物に付着した労働力
   ナショナルに対するインターナショナルなものが世界的・普遍的なものではない
   インドをモデルにしたマルクスの「アジア的」概念では見えてこない日本
   西欧の哲学や文学を「こちら」から捉えることを試みた「書物の解体学」
   自分のなかで組み立てへの疑問から何でも飛びついてみた時期
吉本隆明が語る戦後55年 「第9回」 親鸞とその思想 45
   親鸞に最初に触れた文章の基には三木清の「親鸞」があった
   教養を集大成した「教行信証」よりも「歎異抄」に切実さを感じた
   親鸞の考えはほとんど一念義に近かった
   「首の皮一枚」で固執してきたマルクス思想
   マルクスの思想とのつながりが曖昧できわどい今の場所
   親鸞は俗人・僧侶の境界を取り去って宗教的な解体をなしとげた
   蓮如は一念義を多念義に変え非僧非俗思想を隠して教団を広げた
   一向一揆と蓮如の思想は別にして考えないといけない
   親鸞は仏教の解体運動の一つとして仏教のもつ差別性を解体した
   現在の思想は無意識のうちに普遍宗教・普遍理念を目指している
   親鸞には民間信仰に妥協しない面と受け入れる面の二重性がある
   天皇制が存続し得た一つはどんな宗教も受け入れる融通無碍さにある
   第三次産業の発達と第一次産業の減少によって天皇制の理念性は意味を失っていく
   天皇制以前と高度資本主義の先を同時に掘っていくという課題
   キリスト教や仏教をいくら拡張しても世界的な普遍宗教にはなり得ない
   ヴェイユの政治理念としてのソ連批判と戦争否定の徹底さを評価する
   真の偉大さは無名性の領域にしかないというところに到達するヴェイユ
   日本のことを論じながら世界性とつながる方法
   日本で唯一、紋切り型へのはまり込みから脱していた柳田国男と芹口信夫
「現在への発言」 アメリカ同時多発テロ 吉本隆明+山本哲士 92
「連載資料」 心的現象論 1 吉本隆明 111
吉本隆明が語る戦後55年 「第8回」 初期歌謡から源氏物語まで 4
   宣長の「源氏物語」の読み方には主題主義否定の観点が入っている
   今の文芸作品がもっている作品形成の要素をすべてもっている「源氏物語」
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
吉本隆明 [ほか]著 ; 吉本隆明研究会編
出版情報: 東京 : 三交社, 2001.9  159p ; 21cm
シリーズ名: 吉本隆明が語る戦後55年 / 吉本隆明他著 ; 吉本隆明研究会編 ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
吉本隆明が語る戦後55年 「第6回」 政治と文学をめぐって 4
   新日本文学会の総括と評価の仕方に感じた疑問
   文学を政治性や思想性で評価するのは間違っているという結論に達した
   文学作品を主題で評価する考え方との決着をつける
   「記録芸術の会」をつくった花田清輝の意図と排除の論理
   「記録主義」として極限までいった「ゆきゆきて神軍」は人倫に反している
   政治と文学というテーマは六〇年前後にケリがついた
   日本近代詩のなかではじめて「思想詩」をつくりだした「荒地」グループ
   「詩文化」への投稿と「聖家族」同人への参加
   高村光太郎と戦中の詩人たちが語る日本近代の座礁
   「戦争責任論」と文学の有効性・無効性の問題
   レーニン、トロツキーの文学観とロシア・フォルマリズムから得られたもの
   作者と作品を極端に切り離せないのは作者の内面の倫理に問題があるからだ
   書く言葉には殺傷能力があるという実感
   社会主義リアリズム批判から「言語にとって美とはなにか」へ
   「空虚としての主題」で「広場に出よう」と思った転換
吉本隆明が語る戦後55年 「第7回」 心的現象・歴史・民族 42
   関係論は空間論で了解論は時間論だと考える
   生理的身体とイメージとしての身体の二重性
   身障者の社会的、個人的生き方の極限とは何かを考える
   生理的身体性と心的身体性=身体図式との関わりをどう解いていくか
   個人幻想と共同幻想の関わりを宗教の問題として提起できないか
   受胎以降の胎児の心理的な動きも心の問題の考察範囲に入れなくてはならない
   普遍的は言語と普遍的な文化・文明を民族語の場所から突っ込んでいくという課題
   ラカン、フロイト、ビンスワンガーと「心的現象論」との対応づけ
   個人幻想の集合が共同幻想なのではない
   心的現象とは内臓器官が主として関与する心の動きである
   原始未開の状態から人類を考える方法と現在から未来を考える方法は同じでなくてはならない
   天皇制がつくり出した歴史的国家を相対化し得る根拠をもつ琉球語とアイヌ語
   原始的段階まで遡って考えられている柳田国男の「常民」という概念
   未開・原始の問題を含めて並列的に展開できなければ現在の共同幻想論とは言えない
   解体する作業に熱中していて集中する意志の決定ができていなかった反省
   自然史的に実現されていくことと人間が意志で実現することとの違いをどう考えるか
吉本思想と戦後思想批判 松本健一 89
「連載」 独立左翼論 5 三上 治 114
「現在への発言」 国家が開かれようとしている 吉本隆明+山本哲士 137
吉本隆明が語る戦後55年 「第6回」 政治と文学をめぐって 4
   新日本文学会の総括と評価の仕方に感じた疑問
   文学を政治性や思想性で評価するのは間違っているという結論に達した
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
吉本隆明 [ほか] 著 ; 吉本隆明研究会編
出版情報: 東京 : 三交社, 2001.3  139p ; 21cm
シリーズ名: 吉本隆明が語る戦後55年 / 吉本隆明他著 ; 吉本隆明研究会編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
吉本隆明が語る戦後55年 「第3回」 共同幻想・民俗・前古代 4
   「共同幻想論」の二つの意味づけ 4
   沖縄には「天皇制以前」があるというモチーフ 7
   灌漑用水路工事を請け負う専制君主の日本的な性格 9
   母系制の遺制を引く天皇制国家 12
   象徴天皇制を頭においた高度資本主義国家としての日本 15
   対幻想論とジェンダー論を突き詰めてみる課題 19
   労働組合総連合のままでは国家権力が握れない理由 23
   日本で政治家の人格的要素を分析することの重要性 27
   自分のなかで戦中と戦後をつなげる課題としての「家族」 30
   対幻想=家族の位置づけに向かったきっかけ 34
   「共同幻想論」の大分あとになって変えた考え方 37
   親鸞の思想と共同幻想の彼岸までの解体 40
   宗教としての思想の解体とマルクス主義 43
   空間性と時間性を同時に含む「アジア的」「アフリカ的」という概念 48
   農家が原型的になっていく方向性は正しい 49
   一人一人が小さな自立農業者になることが理想ではないか 52
   経営利益率ゼロでも存続するという企業体の概念 55
「共同幻想論」を支える表出論の重要性 山本哲士 62
吉本隆明の事後的思考 -「最後の親鸞」から 高橋順一 77
「連載」 独立左翼論 3 三上 治 88
「現在の発言」 世界金融の現場に訊く 村上信和・吉本隆明 113
吉本隆明著作(書籍) 1967~79年 137
吉本隆明が語る戦後55年 「第3回」 共同幻想・民俗・前古代 4
   「共同幻想論」の二つの意味づけ 4
   沖縄には「天皇制以前」があるというモチーフ 7
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼