close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Tatsuo Ohmachi, Emerlinda R. Roman, editors
出版情報: [Quezon City] : University of the Philippines Press, 2002  xii, 388 p. ; 24 cm.
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Acknowledgments
Preface
1- Introduction
   1.1 Ending the Cycle of Environmental Deterioration Tatsuo Ohmachi 3
   1.2 Necessities of Simulation and Policy Impact Analysis Kenji Doi and Hussein S. Lidasan 10
2- Political Economy of Environmental Issues
   2.1 Introduction Hiromu Shimizu 19
   2.2 Weak State and Strong Civil Society: Politics of the Clean Air Act Yutaka Katayama 21
   2.3 Building Bridges: Poverty, Customs and Environmental Politics Toru Nakanishi 38
   2.4 Housing Policies and Development in Asian Cities: Singapore, Hong Kong, Bangkok and Metro Manila Yoshiyuki Osakaya 48
3- Macro Simulation of Socioeconomies and the Environment: A Comprehensive Approach
   3.1 Introduction Kenji Doi 59
   3.2 Migration and Environmental Issues in Economic Development Toru Nakanishi 61
   3.3 Structural Analysis of Regional Economics of Metro Manila Based on the Interregional IO Table Francisco T. Secretario, Kwangmun Kim, Kenji Doi and Wataru Morishima 70
   3.4 Analysis of Energy Consumption and Environmental Burdens by an Interregional IO Table Yohji Uchiyama, Kazuhiko Nishimura and Kei Kawashima 87
   3.5 Utilizing IRIO in Interregional Transportation Policy: Methodology and Case Study in Japan Shoshi Mizokami 98
   3.6 Forecasting the Interaction System Between Urban Expansion and Motorization Masanobu Kii and Kenji Doi 112
4- Simulation of Environmental Rehabilitation in Highly Polluted Areas
   4.1 Introduction Tetsuo Yai 133
   4.2 Outline of Microscopic Road Traffic Simulation Tetsuo Yai and Karl N. Vergel 135
   4.3 Observation and Analysis of SPM Concentration in Makati Seiji Iwakura 149
   4.4 Local Wind System and 3D Dispersion of Polluted Air in Metro Manila Manabu Kanda 156
5- Simulation for Green Metropolis Rehabilitation
   5.1 Introduction Kazuhiko Takeuchi 171
   5.2 Trends in Spatial Extension and Land-Use Mixture in Metro Manila Akinobu Murakami, Kazuhiko Takeuchi, Atsushi Tsunekawa and Alinda M. Zain 174
   5.3 Distribution and Structure of Urban Green Spaces in Metro Manila Noriko Moriwake, Armando Palijon and Kazuhiko Takeuchi 185
   5.4 Carbon Circulation and Functions for the Development of Urban Green Spaces in Metro Manila Kaori Ono, Ai Meguro and Kenji Iiyama 199
   5.5 Southeast Asian High-Density Habitation and the Formation of a Comfortable Outdoor Thermal Environment Akira Hoyano, Seonghwan Yoon and Akinaru Iino 210
   5.6 Toward Creating a "Sustainable City" Akira Hoyano, Akinaru Iino and Seonghwan Yoon 222
6- A Scheme of Environmental Improvement by Recycling Organic Matter Between Urban and Rural Areas
   6.1 Introduction Tadaharu Ishikawa 241
   6.2 Basic Viewpoints for the Rehabilitation of Water Environment Tadaharu Ishikawa, Toru Nakanishi and Xin Qian 243
   6.3 Water-Related Problems in Urban Areas Tadaharu Ishikawa and Ken Ushijima 252
   6.4 Framework for Recycling Organic Waste Kenta Shinozawa, Ken Ushijima and Tetsuo Shimizu 267
   6.5 Circulation of Organic Matter Between Metro Manila and Pampanga Lahar-Affected Areas in Pinatubo Makiko Watanabe, Masao Yoshida and Hiroyuki Ohta 281
   6.6 Transport of Compost Tadaharu Ishikawa, Makiko Watanabe and Toru Nakanishi 294
7- Reduction of Risk of Natural Disaster in a Developing Urban Area
   7.1 Expansion of Damage Potential Area Due to Urban Sprawling Saburoh Midorikawa and Bartolome C. Bautista 301
   7.2 Estimation of Seismic Risk in Metro Manila Hiroaki Yamanaka, Saburoh Midorikawa, Yoshihiro Kinugasa, Bartolome C. Bautista and Rolly E. Rimando 308
   7.3 Estimation of Disaster Due to Strong Wind Tetsuro Tamura, Makoto Tsubokura, Shuyang Cao and Osamu Ohno 327
Appendices
   Panel Discussion 349
   Project Team Leaders and Members 373
   List of Contributors 379
Index 381
Acknowledgments
Preface
1- Introduction
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
渡辺千仭編
出版情報: 東京 : 日科技連出版社, 2001.11  vii, 284p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに iii
第I部 技術革新の計量分析の基礎 1
第1章 技術革新論の系譜 2
   1.1 技術革新論の今日的意義 2
   1.2 技術革新論の概念 3
   1.3 技術革新論の発展 5
第2章 技術革新の計量分析 7
   2.1 成長モデル 7
   2.2 生産性・競争力 7
   2.3 技術革新の計量分析の基本 15
第3章 技術革新の発展分析 25
   3.1 技術の普及 25
   3.2 学習効果 30
   3.3 技術のスピルオーバー 34
   3.4 研究開発投資のリターン 40
   3.5 産業技術政策・技術経営戦略 51
参考文献 60
第II部 国民経済分析に基づいたデータの構築 65
第1章 データ構築の目的 66
   1.1 データ構築の意義 66
   1.2 データ構築の基本フレーム 66
第2章 データ構築 72
   2.1 基本分析データ 72
   2.2 発展分析データ 78
第3章 基本的な計量分析 91
   3.1 成長における労働・資本・技術進歩の計測 91
   3.2 潜在成長率 95
   3.3 生産要素の代替・補完 100
   3.4 情報化の経済への影響 105
参考文献 117
第III部 実際的計量分析事例 119
第1章 技術の伝播に関する実証分析 120
   1.1 はじめに 120
   1.2 分析手法 121
   1.3 分析結果とその評価 128
   1.4 結論 135
第2章 学習効果に関する実証分析 136
   2.1 はじめに 136
   2.2 分析の枠組み 138
   2.3 太陽電池開発への業際的な広範な取り組み 140
   2.4 学習効果と企業間の技術スピルオーバー 146
   2.5 研究開発・市場拡大・学習・価格低下の間の好循環サイクル 154
   2.6 結論 157
第3章 スピルオーバー技術に関する実証分析 158
   3.1 はじめに 158
   3.2 実証分析 159
   3.3 分析結果とその評価 163
   3.4 結論 172
第4章 研究開発投資のリターンに関する実証分析 174
   4.1 はじめに 174
   4.2 分析手法 181
   4.3 分析結果とその評価 189
   4.4 結論 203
第5章 産業技術政策に関する実証分析 205
   5.1 はじめに 205
   5.2 政府主導研究開発コンソーシアムのシステム評価 207
   5.3 分析手法 211
   5.4 分析結果 216
   5.5 結論 227
参考文献 230
付録 235
   データ構築に関する補足 235
   データ一覧 248
索引 281
はじめに iii
第I部 技術革新の計量分析の基礎 1
第1章 技術革新論の系譜 2
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
半田宏 [ほか] 共編
出版情報: 東京 : シュプリンガー ・フェアラーク東京, 2000.10  viii, 238p ; 26cm
シリーズ名: Springer reviews
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Ⅰ. 転写反応
   1. RNAポリメラーゼIIによる転写開始反応の基本機構 山口雄輝・半田 宏 3
   2. アクチベーターと転写開始複合体の相互作用 広瀬 進 19
   3. メディエーターの役割 石井俊輔 28
   4. RNAポリメラーゼIIの転写伸長反応制御 和田忠士・山口雄輝・嶋 大輔・半田 宏 40
   5. クロマチンと転写調節 安藤秀信・糸数 裕・水口 学 52
   6. ポリコウム遺伝子群 石原浩人・菅野雅元 63
   7. 転写におけるDNA認識とタンパク質間相互作用 箱嶋敏雄 73
II. シグナル伝達による転写因子の活性制御
   1. 核内ステロイド受容体スーパーファミリーの転写制御機能 加藤茂明 89
   2. Ah受容体を介したダイオキシンシグナル伝達系 三村純正・藤井義明 99
   3. 免疫系におけるシグナル伝達と転写因子 審良静男 108
   4. 熱ショック転写因子 中井 彰 118
   5. cAMPシグナル伝達とCREB 萩原正敏 126
III. 発生・形態形成を調節する転写因子
   1. 血球分化 本橋ほづみ・山本雅之 137
   2. 骨格筋分化を制御する転写因子群 吉田松生・鍋島陽一 146
   3. パターン形成 多羽田哲也 158
   4. 左右非対称な遺伝子発現の制御機構 西條幸男・浜田博司 168
IV. 臓器・組織特異的な発現を調節する転写因子
   1. 神経分化を制御する転写因子 影山龍一郎 177
   2. 水晶体特異的な発現制御機構 安田國雄・吉田知則・越智陽城 189
V. 医学領域における転写制御
   1. 転写因子を標的としたオリゴヌクレオチド 小池弘美・森下竜一 199
   2. リボザイムの設計と転写因子の機能解析への応用 川崎広明・多比良和誠 207
   3. 転写因子を標的とした創薬 片岡浩介・西 剛志・清水宣明・半田 宏 220
索引 231
Ⅰ. 転写反応
   1. RNAポリメラーゼIIによる転写開始反応の基本機構 山口雄輝・半田 宏 3
   2. アクチベーターと転写開始複合体の相互作用 広瀬 進 19
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
橋爪大三郎著
出版情報: 東京 : メタローグ, 2000.8  269p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
へこたれ編 7
   1.北朝鮮の農業、どこがどうだめか 9
   2.北朝鮮に、もはや工業は存在しない 21
   3.「速度戦」方式が、北朝鮮経済を破壊した 29
   4.北朝鮮経済は、そでに崩壊している 41
   5.北朝鮮はなぜ、「封建社会」なのか 52
ひねくれ編 67
   1.金日成はどうやって、朝鮮労働党のトップの座に着いたのか 68
   2.金日成はなぜ、主体思想をうみだしたのか 78
   3.金正日は、どれほど有能なリーダーか 91
   4.金正日の権力基盤は、なぜゆるがないか 101
   5.がんじがらめの、絶望国家 108
   6.金正日はなぜ、テロと陰謀がやめられないのか 116
   7.朝鮮総連と金正日の、困った関係 123
   8.孤独な独裁者、金正日 129
ぶちぎれ編 135
   1.北朝鮮「崩壊」のシナリオ 137
   2.朝鮮人民軍は、どこまで手強いか 143
   3.ソウルはほんとうに、「火の海」になるのか 149
   4.核は北朝鮮の、最後の切り札 158
   5.テポドン・ミサイルの脅威 172
   6.われわれは、どう行動すればよいのか 183
スペシャルインタビュー がんばれ、北朝鮮VS.エズラ・ヴォーゲル 203
ふろく 270
   数学ふろく編 269
   トラベルガイド 259
   平壌市内中心部地図 255
   社会学者 橋爪三郎が見た北朝鮮 253
   ブックガイド 251
あとがき 238
参考文献 247
へこたれ編 7
   1.北朝鮮の農業、どこがどうだめか 9
   2.北朝鮮に、もはや工業は存在しない 21
5.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2004.3  xi, 490p ; 22cm
シリーズ名: 実験化学講座 / 日本化学会編 ; 21
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
本位田, 真一(1953-) ; 大蒔, 和仁 ; 佐伯, 元司 ; 権藤, 克彦 ; 深澤, 良彰 ; 青山, 幹雄(1954-) ; 伊藤, 潔(1951-) ; 大西, 淳(1957-) ; 荒木, 啓二郎 ; 張, 漢明 ; 古川, 善吾(1952-) ; 廣田, 豊彦 ; 杉山, 安洋 ; 山本, 晋一郎(1962-) ; 藤田, ハミド ; 井上, 克郎(1956-) ; 鯵坂, 恒夫(1956-) ; 満田, 成紀 ; 野呂, 昌満 ; 沢田, 篤史 ; 小林, 隆志(1957-) ; 丸山, 勝久 ; 岸, 知二(1956-) ; 野田, 夏子(1973-)
出版情報: 東京 : 近代科学社, 1996.1-  冊 ; 26cm
シリーズ名: レクチャーノート/ソフトウェア学 ; 14-15, 17, 19-20, 22, 25, 26, 28-42
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Vol.IX
招待講演
   情報技術とカタカナ語
   牛島和夫(九州産業大,九州システム情報技術研) 1
   数式処理とWeb コンピューティング
   野田松太郎(愛媛大) 7
開発と環境
   XCI:CASEツール開発向けANSICインタプリタの開発経験
   権藤克彦,川島勇人(JAIST) 13
   資源適合型アプリケーション統合開発環境の提案
   中川晋吾(静岡大),金指文明(カラビナシステムズ),
   谷沢智史,富樫敦(静岡大) 25
   作業分割による増加工数を考慮した工数見積もりモデルの提案
   花川典子(阪南大),松本健一,鳥居宏次(NAIST) 37
   分散オブジェクトの高信頼化へのアプローチ
   杉山安洋(日大) 49
分析
   システム分析の進展に伴うモデル図の有効利用
   瀬沼祐志,丸山潤,川端亮,伊藤潔(上智大) 61
   異なる視点で記述されたシナリオの統合支援手法
   張紅輝,藤本宏,大西淳(立命館大) 73
   意味要素集合によるUMLアクティビティ図の意味解析
   福安直樹(和歌山大),平松宏章(日立ソフト),
   鯵坂恒夫,満田成紀,吉田敦(和歌山大) 85
   現実的なプログラミング問題作成手法の提案
   藤田充典,権藤克彦,落水浩一郎(JAIST) 95
論理と検証
   項書換えを用いた安全性検証の組織化
   清野貴博(JAIST),緒方和博(NECソフト),二木厚吉(JAIST) 107
   並行合成エージェントのための真の並行性を考慮した時間付プロセス代数とプロセス論理
   磯部祥尚,大蒔和仁(産総研) 119
   IOA-ToolkitによるNepiネットワークプログラミングシステムの検証
   河辺義信,真野健(日本電信電話) 131
   極小性チェックを必要としない極小変更ソフトウェア仕様の導出
   佐藤健(情報学研) 143
オブジェクト指向
   解析可能なオブジェクトモデルとしての制約付きクラス図
   宗像 一樹,二木厚吉(JAIST) 151
   メソッドの結合範囲に基づいたクラス凝集度メトリクス
   山崎 健司,阿萬裕久,山田宏之,野田松太郎(愛媛大) 155
   Javaプログラミングに対するデザインパターン適用支援ツール
   山下純司(エヌ・アイ・エス),
   谷川健,高木俊幸,林雄二(北海道情報大) 159
   アスペクト指向を用いた並列言語実行時環境構成のためのフレームワーク
   児玉靖司,野呂昌満(南山大) 163
   XML を利用したHTML文書生成系の提案
   蜂巣吉成(南山大) 167
形式化
   diffを用いたソフトウェア構成要素の階層化差分
   新美健一(名大),山本晋一郎(愛知県大),阿草清滋(名大) 171
   プログラム構造の形式化による追従性分析法
   佐藤匡正(島根大),岸本頼紀(名工大) 175
   ソフトウェアアーキテクチャにおける形式手法の適用に関する考察
   張漢明,野呂昌満,蜂巣吉成(南山大),荒木啓二郎(九大),
   熊崎敦司(南山大) 179
   表のための属性付きグラフとアルゴリズム
   本橋友江(早大),土田賢省(東洋大),夜久竹夫(日大) 183
   テーブルを用いた形式仕様記述
   小池 憲史,二木厚吉(JAIST) 187
   CafeOBJにおける書き換えエンジンの停止性
   中村正樹(JAIST),櫻井一雅(日総研),二木厚吉(JAIST) 191
ミニチュートリアル
 データマイニング技術を応用したソフトウェア構築・保守支援 1
   小林隆志(名古屋大学),林晋平(東京工業大学)
 SAT/SMTソルバとそのソフトウェア工学分野での応用 3
   梅村晃広(株式会社NTTデータ)
ソフトウェアの多面性~要求から,設計から,コードから
 属性つきゴールグラフにおけるゴールの品質特性 5
   鵜飼孝典(東京工業大学,富士通研究所),林晋平,佐伯元司(東京工業大学)
 デザインパターンを用いたソースコードインスペクションツールのソフトウェアアーキテクチャ設計 15
   浦野彰彦,沢田篤史,野呂昌満,蜂巣吉成,張漢明,吉田敦(南山大学)
 実装者に依存しないプログラム規模の測定に向けて 25
   門田暁人(奈良先端科学技術大学院大学),内田眞司(奈良工業高等専門学校)
   松本健一(奈良先端科学技術大学院大学)
支援ツール
 表明動的生成を目的としたテストケース制約のESC/Java2を利用した導出 35
   小林和貴,宮本敬三,岡野浩三,楠本真二(大阪大学)
 プログラム変更履歴調査のための編集操作再生器 45
   大森隆行,丸山勝久(立命館大学)
 トレースに基づくデバッグにおける欠陥箇所発見支援手法 55
   上原伸介,小林隆志,渥美紀寿(名古屋大学)
   山本晋一郎(愛知県立大学),阿草清滋(名古屋大学)
形式的解析。検証
 CONPASU-tool : 記号処理に基づく並行プロセス解析支援ツールの試作 65
   磯部祥尚(産業技術総合研究所)
 組込みシステム検証のためのUML+MARTEモデルから時間オートマトンへの変換手法 75
   小野康一,河原亮,中村健太,坂本佳史,中田武男(日本アイ・ビー・エム株式会社)
 テキスト処理のためのパーザーコンビネーター
   岩間太,中村大賀,竹内広宜(日本アイ・ビー・エム株式会社)
検証
 ソースコード解析を利用したモデル検査に基づく欠陥抽出手法 95
   青木善貴,松浦佐江子(芝浦工業大学)
 検証項目を持つ情報制御システム記述言語のための分析・設計手法 101
   小飼敬(茨城工業高等専門学校),柳翔太,上田賀一(茨城大学)
   大久保訓,高橋勇喜,中野利彦(株式会社日立製作所)
 モデル検査を用いた振舞い検証の実用化技術に関する考察-網羅性に着目して-
   張漢明,野呂昌満,沢田篤史,蜂巣吉成,吉田敦(南山大学)
ソフトウェア保守
 プロセス標準化に着目したソフトウェア保守ベンチマーク構築の試み
   角田雅照,門田暁人,松本健一(奈良先端科学技術大学院大学)
   高橋昭彦,押野智樹(財団法人経済調査会)
 Webサービスのリファクタリング検出と自動適応 119
   福留康之,鷲崎弘宜,深澤良彰(早稲田大学)
 テンプレートメソッドの形成に基づく類似メソッド集約支援 125
   政井智雄(大阪大学),吉田則裕(奈良先端科学技術大学院大学)
   松下誠,井上克郎(大阪大学)
テストと分析
 多面的テストの統合によるユーザビリテイ評価 131
   矢下雄一郎(早稲田大学),白銀純子(東京女子大学)
   岩田一(神奈川工科大学),深澤良彰(早稲田大学)
 OEMソフトウェア製品の検証プロセスの分析 137
   名倉正剛(株式会社日立製作所),川口真司,飯田元(奈良先端科学技術大学院大学)
 組合せテストの評価と直交表を用いた網羅率改善法 143
   曽我部幸司,阿萬裕久(愛媛大学)
 デバッグ支援のためのグラフベース推薦システム 149
   塩塚大(九州工業大学),鵜林尚靖(九州大学)
開発から管理まで
 ケーススタディ : KAOS/UMLモデリング 155
   本田耕三,中川博之,田原康之,大須賀昭彦(電気通信大学)
 高度道路交通システム向け開放型分散アスペクト指向フレームワーク 161
   成瀬龍人,野村潤(九州工業大学),外村慶二,鵜林尚靖(九州大学)
   司代尊裕,岩井明史(株式会社デンソー)
 ファイル結合によるウェブサイトのフロントエンド性能の改善 167
   野ヶ山尊秀,井床利生(IBM東京基礎研究所)
 組込みソフトウェア製品ファミリにおけるコンパイルスイッチによる構成管理手法 173
   渥美紀寿,谷聡貴(名古屋大学),大塚直也(愛知県立大学)
   小林隆志(名古屋大学),山本晋一郎(愛知県立大学),阿草清滋(名古屋大学)
ライブ論文
 ナップサック問題としてのFault-proneモジュール選択とそこでのメトリクスの効果について 179
   山下裕也,阿萬裕久(愛媛大学)
 仕様記述を必要としない有界レグレッション検知フレームワークの提案 181
   吉田雅年(株式会社日立製作所/Massachusetts Institute of Technology)
 事例分析に基づく組込みシステムに適したソフトウェアアーキテクチャの提案
   海老原健一,満田成紀,福安直樹,鯵坂恒夫(和歌山大学)
 モバイルデバイスにおけるカスタマイズ可能なインタフェースに関する研究 185
   棚池祐樹,福田浩章,山本喜一(慶應義塾大学)
 オブジェクト生成関係抽出ツールROBIN 187
   中野佑紀,伊達浩典,渡邊結,石尾隆,井上克郎(大阪大学)
IZMI : 成果物の修正頻度に着目したソフトウェア開発履歴の可視化ツール 189
   大蔵君治,飯田元(奈良先端科学技術大学院大学)
 教室コンピュータを利用した大規模不正コピーレポート検出システムの開発 191
   尾花将輝(奈良先端科学技術大学院大学),妹背武志,花川典子(阪南大学)
   飯田元(奈良先端科学技術大学院大学)
 テスティングフレームワークにおける問題と考察 193
   坂本一憲,鷲崎弘宜,深澤良彰(早稲田大学)
招待講演論文
 「ソースコード天国」実現に向けて 1
   大和 正武(レッドハット株式会社)
1.開発環境とツール
 SMTベースのCOPデバッグ支援 11
   内尾静,鵜林尚靖,亀井靖高(九州大学)
 コンパイル方式によるXQuery問い合わせプログラム生成方法 21
   蜂巣吉成,野呂昌満,沢田篤史,張漢明,吉田敦(南山大学)
 実行時エラー時に変数の推移’青報を表示するJava仮想マシンの提案 31
   星孝一郎,山本哲男,杉山安洋(日本大学)
2.開発プロセス支援
 シナリオ差分に基づくシナリオ検索手法 41
   吉田裕作,大西淳(立命館大学)
 Ajaxアプリケーションを対象としたラウンドトリップエンジニアリング支援手法 51
   林干博(慶應義塾大学),名倉正剛(株式会社日立製作所),高田眞吾(慶應義塾大学)
3.開発プロセスの理解
 ソースコード編集履歴のリファクタリング手法 61
   林晋平(東京工業大学),大森隆行(立命館大学),善明晃由(東京工業大学)
   丸山勝久(立命館大学),佐伯元司(東京工業大学)
 ソースコード差分のレビューにおけるレビューアの理解度の実験的評価 71
   田口雅裕(奈良先端大学),森崎修司(静岡大学),松本健一(奈良先端大学)
 OSS開発におけるコミッター選出のための開発者の活動量に関する実証的分析
   伊原彰紀,藤田将司,大平雅雄,松本健一(奈良先端大学)
4.モデリング手法
 統一ソーシャルグラフモデルの提案とSNSへの適用評価 91
   青山幹雄,横井公紀(南山大学)
 ソフトウェアモデル間のスケーラブルな整合化戦略について 97
   岸知二(早稲田大学)
 組込みシステムのリソースモデルからUPPAAL時間オートマトンへの変換手法 103
 モデル検査のためのオブジェクト制約言語を用いた外部環境モデルの構築のための考察 109
   吉池弘樹,本田耕三,中川博之,田原康之,大須賀昭彦(電気通信大学)
5.実装技術
 DCWeaver : 動的なWebコンテンツを考慮したアスペクト指向言語の設計と実装 115
   永島康平(慶應義塾大学),福田浩章(芝浦工業大学),山本喜一(慶應義塾大学)
 プログラム理解支援を目的とした編集操作スライスとその再生 121
   丸山勝久,木津栄二郎,大森隆行(立命館大学),林晋平(東京工業大学)
 スタンドアロンソフトウェアを発展させた分散システムにおけるオブジェクト配置制御法 127
   神田翔太,山本哲男,杉山安洋(日本大学)
 ミラーリング可能な分散オブジェクトシステムの重複メソッド呼び出し問題とその解決法 133
   山ノ内健,山本哲男,杉山安洋(日本大学)
6.モデル検査・設計支援手法
 非機能特性を考慮した自己適応システムの動的再構成手法の提案 139
   堀越永幸,中川博之,田原康之,大須賀昭彦(電気通信大学)
 情報制御システム記述言語による列車運行制御モデルの記述と検証 145
   小飼敬(茨城工専),小山恭平,上田賀一(茨城大学)
   高橋勇喜,武澤隆之,中野利彦(株式会社日立製作所)
 時間論理で記述された仕様からのプログラム自動抽出による組み込みシステム構成手法 151
   新井貴大,島川昌也,萩原茂樹,米崎直樹(東京工業大学)
 Support for Generating UML Class Diagrams and OCL Constraints from KAGS Model 157
   Sombat Chanvilai, Kozo Honda, Hiroyuki Nakagawa, Yasuyuki Tahara,
   Akihiko Ohsuga (Univ. electro-Communications)
7.テストと保守
 呼び出し関係を用いた単体テストおよび静的検査の可視化手法の改善とその評価 163
   武藤祐子,岡野浩三,楠本真二(大阪大学)
 業務アプリケーションの結合テストでの回帰テスト選択手法 169
   前田芳晴,上村学,松尾昭彦(富士通研究所),木村茂樹(富士通株式会社)
 保守性向上へ向けた設計モデルとソースコード間のトレーサビリティ解析 175
   伊藤弘毅,志水理哉(早稲田大学),田邉浩之,波木理恵子(株式会社オージス総研)
   鷲崎弘宜,深澤良彰(早稲田大学)
 設計段階における抽象度を考慮したソフトウェアの保守性評価枠組み 181
   志水理哉,伊藤弘毅(早稲田大学),田邉浩之,波木理恵子(株式会社オージス総研)
8.ソフトウェア品質と制約充足問題 187
   Minimal Unsatisfiable Core 列挙によるプログラムの準最弱な事前条件推定 187
   今井健男,酒井政裕(株式会社東芝),萩谷昌己(東京大学)
 論理的制約条件付き0-1計画問題として定式化した重点レビュー対象モジュールの選択 197
   阿萬裕久(愛媛大学)
9.要求仕様と設計
 組込みシステムのアーキテクチャー検討における非機能要求の評価に適したモデル変換手法
   河原亮(日本アイ・ビー・エム株式会社),岡林弘嗣,久住憲嗣(九州大学)
   小野康一,中田武男,坂本佳史,長野正(日本アイ・ビー・エム株式会社)
   中西恒夫,福田晃(九州大学)
 出現単語の上位語,下位語を用いたソフトウェアドキュメントの抽象度定量化 213
   森崎修司(静岡大学)
 設計・実装視点からの要求分析モデルの品質評価を目的としたシステム開発実験 219
   小形真平,松浦佐江子(芝浦工業大学)
 ユーザ・ベンダによるソフトウェア要件合意形成プロセスにおけるユーザ発言の自動分類 225
   戸田航史,松本健一(奈良先端大学),吉田誠,井手直子(東芝ソリューション株式会社)
10.開発データ分析とサービス化
 リポジトリマイニング技術共有のためのサービス指向フレームワーク
   松本真佑,中村匡秀(神戸大学)
 不具合管理パターンが不具合修正に与える影響の分析 237
   大平雅雄,大澤直哉(奈良先端大学),アハマドハッサン(Queen's Univ),松本健一(奈良先端大学)
 プログラム解析技術のサービス化の試み
   桑原寛明(立命館大学),渥美紀寿(名古屋大学),山本晋一郎(愛媛県立大学)
 カスタムソフトの価格妥当性確認に向けた分析 249
   角田雅照,松本健一(奈良先端大学),大岩佐和子,押野智樹(財団法人経済調査会)
11.ライブ論文
 プロジェクトの可視化に基づくPBL指導支援 255
   福安直樹(和歌山大学),佐伯幸郎(高知工科大学),水谷泰治(大阪工業大学)
 モデル検査技術を用いた性能最適化手法の提案 257
   長野岳彦(株式会社日立製作所),吉岡信和(国立情報学研究所)
 GPUを利用したポインタ解析の実装と評価
   深谷敏邦,権藤克彦(東京工業大学)
Vol.IX
招待講演
   情報技術とカタカナ語
7.

図書

図書
武田計測先端知財団編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2013.11  viii, 127, 6p, 図版 [2] p ; 19cm
シリーズ名: 科学のとびら ; 54
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 最高エネルギー加速器で宇宙の初めにせまる : 宇宙の歴史
物質の最小単位
素粒子の標準モデル ほか
第2章 生命・細胞をつくる : 生物は階層性をもったシステム
観る生物学からつくる生物学へ
天然にないタンパク質をつくる ほか
第3章 細胞シート再生医療 : 日本の医療を考える
医学と工学の融合
ティッシュ・エンジニアリング(組織工学)とは ほか
第4章 : 最先端研究の課題と展望
第1章 最高エネルギー加速器で宇宙の初めにせまる : 宇宙の歴史
物質の最小単位
素粒子の標準モデル ほか
概要: 先端科学を駆使した注目の研究を紹介します。宇宙創成の初期状態をつくってヒッグス粒子を観測。人工細胞をつくって生物の本質を理解。細胞シートをつくって障害臓器に貼りつけるだけの画期的な再生医療を開発。
8.

図書

図書
引原隆士 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2000.4  vi, 145p ; 21cm
シリーズ名: エース電気・電子・情報工学シリーズ
所蔵情報: loading…
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
社会資本整備研究会, 森地茂, 屋井鉄雄編著
出版情報: 東京 : 日本経済新聞社, 1999.9  vii, 345p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 森地 茂
序論 見えてきた社会資本整備の新しい地平 下河辺淳 1
第一部 戦後五〇年の社会資本整備の到達点と課題
   第1章 社会資本整備が果たした各時代の役割 奥野信宏 14
   第2章 臨海開発の歴史・現状と展望 今野修平 29
   第3章 治水・水資源開発施設の整備から流域水循環系の健全化へ 虫明功臣 49
   第4章 高速交通体系の整備 森地 茂 68
   第5章 都市開発と一極集中 渡邉貴介 97
   第6章 戦後五〇年の社会資本整備の総括 森地 茂 115
第二部 これからの社会資本のあり方
   第7章 広がる社会資本の範囲 森杉壽芳 134
   第8章 生活機能を重視した社会資本 神野直彦 154
   第9章 地域社会の活性化と環境創造 黒川和美 172
   第10章 変化する社会資本の意義 浅子和美 189
第三部 二十一世紀の社会資本ビジョン実現のプロセス
   第11章 社会資本の計画的整備の方策 松谷明彦 208
   第12章 社会資本整備の財源とその評価 吉野直行 229
   第13章 新しい評価システム 金本良嗣 262
終章 二十一世紀の社会資本への提言 屋井鉄雄 285
付録 戦前の社会基盤整備政策の到達点(松浦茂樹) 299
付表 先進国各国の公共投資の推移(1)・(2) 329
資料 公共事業戦後五〇年の変遷 342
社会資本整備研究会 委員一覧 344
筆者一覧 345
はじめに 森地 茂
序論 見えてきた社会資本整備の新しい地平 下河辺淳 1
第一部 戦後五〇年の社会資本整備の到達点と課題
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
森雅夫 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1989.7  iv, 189p ; 22cm
シリーズ名: 経営工学ライブラリー ; 4 . オペレーションズリサーチ||オペレーシヨンズ リサーチ ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.ソフトなOR手法 〔森 雅夫〕 1
   1.1.階層的意思決定手法(AHP) 1
   1.2.過程決定計画図(PDPC) 7
2.シミュレーション 〔宮沢 政清〕 11
   2.1.シミュレーションの目的 11
   2.2.シミュレーションモデル 12
   2.3.確定的シミュレーション 16
   2.4.確率的シミュレーション 21
   2.5.シミュレーション結果の利用法 27
3.動的計画法 〔生田 誠三〕 30
   3.1.資金の配分問題 30
   3.2.多段階決定過程 40
   3.3.マルコフ決定過程 47
4.在庫問題 〔生田 誠三〕 61
   4.1.在庫問題の例 61
   4.2.在庫問題に関連する要因 62
   4.3.総在庫保持費用の計算 64
   4.4.在庫管理とは 66
   4.5.確定的モデル:EOQモデル 67
   4.6.確率的モデル:定期・定量発注方式 73
   4.7.確率的モデル:s-S政策 79
   4.8.ロットサイズ決定問題とその解法 〔森戸 晋〕 83
5.日程計画とスケジューリング 〔森戸 晋〕 91
   5.1.繰返し型スケジューリングの問題例と代表的解法 91
   5.2.繰返し型スケジューリングの類型と分析方法 101
   5.3.プロジェクトスケジューリング 109
6.待ち行列 〔宮沢 政清〕 117
   6.1.待ち行列とは何か 117
   6.2.考え方の基本 120
   6.3.単一型モデル 134
   6.4.ネットワーク型モデル 142
   6.5.待ち行列モデル利用上の注意 151
7.システムの信頼性 〔森 雅夫〕 154
   7.1.信頼性の評価 154
   7.2.システムの信頼性 159
   7.3.保全とその効果 164
8.OR実施上の諸問題とその研究 〔山田 善靖〕 170
   8.1.実施問題とは何か 171
   8.2.実施問題研究 175
   8.3.実施問題解決への新しい方向 180
   参考文献 181
   索引 187
1.ソフトなOR手法 〔森 雅夫〕 1
   1.1.階層的意思決定手法(AHP) 1
   1.2.過程決定計画図(PDPC) 7
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼