close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
長松昭男, 大熊政明共著
出版情報: 東京 : 培風館, 1991.1  vi, 354p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
緒論 1
1.1 CAEと振動解析 1
   1.2 部分構造合成法とは 3
   1.3 特徴と問題点 5
   1.4 種類と比較 10
   1.4.1 部分構造合成法の種類 10
   1.4.2 伝達関数合成法とモード合成法の比較 11
   1.4.3 モード合成法の検討 12
   1.4.4 超要素法の検討 14
   1.5 研究活動の歴史と現状 14
2 モデル化 17
   2.1 動力学におけるモデル化 17
   2.1.1 モデル化と固定 17
   2.1.2 特徴と問題点 20
   2.1.3 留意点 22
   2.1.4 近似 24
   2.1.5 加振力 25
   2.1.6 境界条件 26
   2.1.7 減衰 27
   2.1.8 非線形 35
   2.2 有限要素法 40
   2.2.1 特性行列 40
   2.2.2 平面三角形要素 43
   2.2.3 モデル化の要点 45
   2.2.4 モデル修正 48
   2.2.5 高次モードによる誤差の補正 49
3 分系の定式化 59
   3.1 伝達関数による方法 59
   3.1.1 伝達関数の求め方 59
   3.1.2 有限要素法による方法 60
   3.1.3 伝達行列法による方法 63
   3.2 固有モードによる方法 64
   3.2.1 固有モードの種類と求め方 64
   3.2.2 拘束モードによる方法 66
   3.2.3 不拘束モードによる方法 70
   3.2.4 中間のモードによる方法 71
   3.3 特性行列による方法 72
   3.3.1 特性行列の求め方 72
   3.3.2 特性行列の縮小 73
   3.3.3 モード特性からの構成 76
   3.3.4 伝達関数からの構成 78
4 伝達関数合成法 91
   4.1 剛結合の場合 91
   4.2 弾性結合の場合 93
   4.3 動鋼性を直接縮小する方法 95
   4.4 伝達関数合成法の多重化 98
   4.5 簡単なシミュレーション 101
5 モード合成法 103
   5.1 拘束モード合成法 103
   5.1.1 物理座標結合 103
   5.1.2 モード座標結合 105
   5.1.3 多重化と高次周波数帯域解析への対応 110
   5.1.4 モードのモードを用いる方法 115
   5.1.5 基礎的な検討 116
   5.2 不拘束モード合成法 123
   5.2.1 陽解法 123
   5.2.2 剰余鋼性を無視する方法 124
   5.2.3 剰余鋼性を考慮する方法 126
   5.2.4 剰余コンプライアンス行列の求め方 128
   5.2.5 基礎的検討 137
   5.3 混合法 143
   5.3.1 主従系法 143
   5.3.2 中間モードを用いる方法 144
   5.3.3 ダイヤコプティクス法 146
   5.3.4 基礎的検討 148
6 特性行列合成法 153
   6.1 静解析 153
   6.2 超要素法 (スーパーエレメント法) 154
   6.3 結合部の特性行列を用いる方法 155
   6.4 基本的な例題と検討 156
   6.4.1 平板モデル 156
   6.4.2 3自由度モデル 158
   6.4.3 クランク軸 163
7 特別な問題 167
   7.1 周期対称法 167
   7.2 制御系と構造系の統一設計 173
   7.3 音響 181
   7.3.1 音響解析方法の比較 181
   7.3.2 有限要素法による音響解析 184
   7.3.3 境界要素法による音響解析 185
   7.3.4 適用例 190
   7.4 場の問題(熱伝導, 流れ, 電磁気) 193
   7.5 非線形系 200
   7.5.1 モード合成法 200
   7.5.2 伝達関数合成法 204
8 応用例 209
   8.1 内燃機械 209
   8.1.1 クランク軸 209
   8.1.2 車両用4シリンダディーゼルエンジン 212
   8.1.3 ディーゼル発電パッケージ 221
   8.1.4 低速ディーゼル機関架構 227
   8.2 工作機械 233
   8.2.1 マシニングセンタ 233
   8.2.2 C型プレス 244
   8.3 流体機械 251
   8.3.1 羽根車 251
   8.3.2 模型連続遠心分離機 252
   8.3.3 縦型ポンプ 257
9 区分モード合成法のプログラム 263
   9.1 解析手順の概略 263
   9.2 CMSプログラムの実行手順 264
   9.3 CMSの各モジュールの入力データの説明 265
   9.4 KM行列データの入力の仕方(Format) 271
   9.5 解析結果の保存(Format) 272
   9.6 固有値解析用サブルーチン移植の仕方 273
   9.7 その他のコメント 274
   9.8 データ作成の例題 275
   9.9 パラメータ文の設定の仕方 282
   9.10 CMSプログラムの構成とリスト 284
   付録 341
   A. 最小二乗法 341
   B.ガウスの消去法 342
   参考文献 345
   索引 353
緒論 1
1.1 CAEと振動解析 1
   1.2 部分構造合成法とは 3
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
長松昭男著
出版情報: 鎌倉 : 長松昭男 , 東京 : コロナ社 (発売), 1993.7  xi, 505p, 図版[2]p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
モード解析入門
1.はじめに 1
   1.1振動が大切な理由 1
   1.2今なぜ振動か 4
   1.3振動の種類 5
   1.4今なぜモード解析か 8
2.1自由度系 13
   2.1なぜ振動するか 13
   2.1.1物体の性質と力学モデル
   2.1.2力のつりあいと運動方程式
   2.1.3振動のからくり
   2.1.4単位
   2.2不減衰系の自由 20
   2.2.1振動の数学表現
   2.2.2固有振動数
   2.2.3運動方程式の解
   2.2.4エネルギー
   2.3減衰系の自由振動 33
   2.3.1運動方程式
   2.3.2無周期運動
   2.3.3減衰自由振動
   2.3.4減衰の働き
   2.3.5単位衝撃応答
   2.4不減衰系の強制振動 42
   2.4.1応答
   2.4.2なぜ共振するのか
   2.4.3力のつりあい
   2.4.4振動数による応答振幅の変化
   2.5減衰系の強制振動 50
   2.5.1応答
   2.5.2力のつりあい
   2.5.3仕事とエネルギー
   2.5.4なぜ共振するのか
   2.5.5基礎への伝達力
   2.5.6基礎加振による応答
   2.6周波数応答関数 66
   2.6.1定義
   2.6.2図示
   2.6.3特別な現象を生じる振動数
3.多自由度系 79
   3.1不減衰系の自由振動 79
   3.1.1運動方程式
   3.1.22自由度系
   3.1.3多自由度系
   3.1.4固有振動数と固有モード
   3.1.5固有モードの直交性
   3.1.6モード質量とモード剛性
   3.1.7質量正規固有モード
   3.1.8モード座標
   3.2減衰系の自由振動 100
   3.2.1運動方程式
   3.2.2比例粘性減衰系
   3.2.3等価1自由度系
   3.2.4一般粘性減衰系
   3.3強制振動 113
   3.3.1運動方程式
   3.3.2周波数応答関数
   3.4数値例 130
   3.4.12自由度系
   3.4.23自由度系
4.信号処理 149
   4.1はじめに 149
   4.2フーリエ級数 155
   4.3連続フーリエ変換 166
   4.4離散フーリエ変換 170
   4.5高速フーリエ変換 178
   4.6フーリエ変換の例 188
   4.6.1方形波と単位衝撃
   4.6.2単位衝撃応答
   4.6.3入出力波形と周波数応答関数
   4.6.4運動方程式
   4.7誤差 200
   4.7.1入力誤差
   4.7.2折り返し誤差
   4.7.3量子化誤差
   4.7.4分解能誤差
   4.7.5漏れ誤差と窓関数
   4.8相関 217
   4.8.1自己相関関数
   4.8.2パワースペクトル密度関数
   4.8.3相互相関関数
   4.8.4クロススペクトル密度関数
   4.8.5周波数応答関数と関連度関数
5.振動試験 229
   5.1はじめに 229
   5.2対象物の支持 231
   5.2.1自由境界または自由支持
   5.2.2固定支持
   5.2.3弾性支持
   5.3加振器 237
   5.3.1種類と特徴
   5.3.2取付け
   5.3.3加振点
   5.4加振方法 256
   5.4.1定常波
   5.4.2周期波
   5.4.3不規則波
   5.4.4非定常波
   5.4.5自然加振
   5.4.6比較
   5.5打撃試験 293
   5.5.1はじめに
   5.5.2長所と短所
   5.5.3打撃ハンマ
   5.5.4現場校正
   5.5.5過負荷
   5.5.62度叩き
   5.5.7誤差と窓関数
   5.5.8対象物の非線形
   5.5.9対象物の減衰
   5.5.10信号処理
   5.5.11検証
   5.6変換器 323
   5.6.1必要事項
   5.6.2較正
   5.6.3加速度計の取付け
   5.7周波数応答関数の信頼性 333
6.モード特性の同定 339
   6.1はじめに 339
   6.21自由度法 343
   6.2.1周波数応答関数の大きさを用いる方法
   6.2.2周波数応答関数の虚部を用いる方法
   6.2.3周波数応答関数の実部と虚部を用いる方法
   6.2.4モード円適合
   6.2.5自由振動による減衰の推定
   6.2.6考察
   6.3多自由度法 360
   6.3.1偏分反復法
   6.3.2プロニーの方法
   6.3.3周波数領域法と時間領域法の比較
   6.3.4混合法
   付録A 375
   A1三角関数 375
   A1.1基本
   A1.2加法定理
   A1.3微分と積分
   A2複素指数関数 383
   A2.1複素数
   A2.2指数関数と対数関数
   A2.3テーラー展開
   A2.4複素指数関数
   A3ベクトルと行列 396
   A3.1定義
   A3.2ベクトルの演算
   A3.3ベクトルの相関と直交
   A3.4行列の演算
   A3.5行列式
   A3.6固有値と固有ベクトル
   A3.7固有ベクトルの直交性
   A3.8正規直交座標系
   A3.9複素ベクトル
   A4関数 443
   A4.1実関数の大きさ
   A4.2実関数の相関と直交
   A4.3複素関数
   A4.4正規直交関数系
   A5最小自乗法 456
   A6積と除の微分と部分積分 462
   付録B 464
   B11自由度系の減衰振動への初期条件の導入 464
   B21自由度粘性減衰系の強制振動 467
   B31自由度系の強制振動における共振振動 473
   B41自由度粘性減衰系の強制振動における仕事 477
   B5周波数応答関数における実部と虚部 480
   B5.1コンプライアンス
   B5.2モビリティ
   B62自由度系に関する補足 484
   B6.1g2-4dh>0の証明
   B6.2固有モードの直交性
   B7初期条件による1自由度系の応答 488
   B8ズーム処理 490
   B9モード円適合における減衰の推定 494
   参考文献 497
   索引 498
モード解析入門
1.はじめに 1
   1.1振動が大切な理由 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼