close
1.

図書

図書
American Chemical Society
出版情報: Washington, D.C. : American Chemical Society, [2002]  2 v. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
American Chemical Society
出版情報: Washington, D.C. : American Chemical Society, [2001]  2 v. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
American Chemical Society
出版情報: Washington, D.C. : American Chemical Society, [2001]  2 v. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics, and Materials Conference ; AIAA/ASME/ASCE/AHS Adaptive Structures Forum ; AIAA Non-Deterministic Approaches Forum ; AIAA Gossamer Spacecraft Forum ; American Institute of Aeronautics and Astronautics ; American Helicopter Society ; American Society of Mechanical Engineers ; American Society of Civil Engineers ; American Chemical Society
出版情報: Reston, VA : American Institute of Aeronautics and Astronautics, 2001  5 v. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
American Chemical Society. Division of Polymeric Materials : Science and Engineering ; American Chemical Society
出版情報: [York, PA] : American Chemical Society, c2001  lxxiv, 1106 p. ; 28 cm
シリーズ名: ACS Polymeric Materials Science and Engineering ; v. 84
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Section headings
Preface
Chair's Message
Missions, Values and Principles
PMSE Executive Committee
PMSE Committee Organization
Membership Information
Polyed Sponsors
Symposia Sponsors
Awards
Future Programs
Instructions for Authors
Program Listing
PMSE Papers
Functional Polymers and Dendrimers: From Synthesis to Applications
Macromolecular Self-Assembly at Surfaces and Interfaces
New Polyolefin Copolymers - Synthesis, Properties and Applications
Polymers in Supercritical Fluids
Practical Polymer Synthesis
ACS Award for Team Innovation in Honor of the Lucent Technologies Bell Laboratories/Arch Chemicals 193 nm Team
Functional Condensation Polymers
Cooperative Research Award Symposium in Honor of Dr.P.S
Chum and Professor Anne Hiltner
Advances in Controlled Drug Delivery
General Papers/New Concepts in Polymeric Materials
Joint PMSE/POLY Poster Session
Notes
Author Index
Section headings
Preface
Chair's Message
6.

図書

図書
American Chemical Society. Division of Polymeric Materials : Science and Engineering ; American Chemical Society
出版情報: [York, PA] : American Chemical Society, 2001  lii, 640 p. ; 28 cm
シリーズ名: ACS Polymeric Materials Science and Engineering ; v. 85
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
edited by O. Vogl
出版情報: London : E. Arnold , New York : M. Dekker, 1967  viii, 137 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
American Chemical Society編 ; 廣瀬千秋訳
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2007.7  3, 6, 1052, 24, 14p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 水:自然が生んだ不思議
   1.1 物質の相 4
   1.2 原子モデル 8
   1.3 分子モデル 14
   1.4 分子モデルで使われる価電子:ルイス構造 16
   1.5 電子対の3次元配置 21
   1.6 水分子の極性 23
   1.7 水が室温で液体になっている理由 30
   1.8 水の中の水素結合が果たすその他の構造的役割 38
   1.9 生体分子の中の水素結合 41
   1.10 相変化:液体から気体への変化 46
   1.11 分子の計数:モルの概念 52
   1.12 水の比熱:地球の保温メカニズム 60
   1.13 章のまとめ 66
   1.14 展開事項:液体の粘度 67
   第1章 章末問題 70
第2章 水溶液と溶解度
   2.1 溶液中の物質 98
   2.2 極性分子の水溶液 101
   2.3 イオン化合物水溶液の特徴 107
   2.4 イオン化合物の形成 111
   2.5 イオン化合物の溶解にともなるエネルギー変化 117
   2.6 イオン溶液からの沈殿反応 121
   2.7 イオン化合物の溶解度則 126
   2.8 濃度とmol単位で表した物質量 131
   2.9 質量・モル・体積の計算 137
   2.10 溶液反応の化学量論 141
   2.11 気体の水溶液 149
   2.12 水自身の間での酸塩基反応 153
   2.13 水溶液中の酸と塩基 157
   2.14 プロトン移動反応の拡張-ルシャトリエの原理 161
   2.15 章のまとめ 171
   2.16 展開事項:CO₂と炭素循環 172
   第2章 章末問題 178
第3章 原子の起源
   3.1 分光学そして星と宇宙の組成 204
   3.2 裸の原子:原子核 212
   3.3 宇宙の進化:星の誕生 217
   3.4 核反応 223
   3.5 核反応エネルギー 235
   3.6 宇宙における元素の存在比と原子核の安定性 246
   3.7 惑星の生成:地球の誕生 249
   3.8 章のまとめ 254
   3.9 展開事項:同位体―宇宙の年齢と蜜の甘味 255
   第3章 章末問題 263
第4章 原子の構造
   4.1 元素の周期性と周期表 278
   4.2 原子の発光スペクトルと吸収スペクトル 283
   4.3 波動としてみた光 286
   4.4 粒子としてみた光:光電効果 296
   4.5 原子の量子モデル 304
   4.6 波動の粒子性と粒子の波動性 309
   4.7 原子内電子の波動モデル 312
   4.8 原子内電子が持つエネルギー:原子が崩壊しない理由 315
   4.9 多電子原子:電子スピン 321
   4.10 周期性と電子殻の関係 325
   4.11 波動方程式と原子軌道 334
   4.12 章のまとめ 342
   4.13 展開事項:球対称を持つ電子波のエネルギー 344
   第4章 章末問題 348
第5章 分子の構造
   5.1 異性体 368
   5.2 ルイス構造と異性体の分子模型 371
   5.3 σ型分子軌道 378
   5.4 シグマ軌道と分子の幾何構造 383
   5.5 多重結合 389
   5.6 π型分子軌道 395
   5.7 非局在化軌道 400
   5.8 分子の幾何構造の表現法 408
   5.9 立体異性 416
   5.10 官能基:生命を面白くするしくみ 425
   5.11 分子認識 432
   5.12 章のまとめ 434
   5.13 展開事項:反結合性軌道と酸素 435
   第5章 章末問題 440
第6章 化学反応
   6.1 化学反応の分類 458
   6.2 イオン化合物の沈殿反応 461
   6.3 ルイス酸とルイス塩基:定義 467
   6.4 ルイス酸とルイス塩基:プレンスデッド-ローリーの酸塩基反応 468
   6.5 ルイス/プレンスデッド-ローリー塩基および酸の強度予測 477
   6.6 ルイス酸とルイス塩基:金属イオン錯体 489
   6.7 ルイス酸とルイス塩基:求電子試薬と求核試薬 498
   6.8 形式電荷 505
   6.9 酸化還元反応:電子の移動 509
   6.10 酸化還元反応の反応方程式をバランスさせる 519
   6.11 含炭素分子の酸化還元反応 527
   6.12 章のまとめ 532
   6.13 展開事項:滴定実験 533
   第6章 章末問題 539
第7章 化学におけるエネルギー論:エンタルピー
   7.1 エネルギーと変化 560
   7.2 熱エネルギー(熱)と力学的エネルギー(仕事) 562
   7.3 熱エネルギーの移動 565
   7.4 状態関数と経路関数 569
   7.5 系と外界 572
   7.6 熱量測定(カロリメトリー)とエンタルピーの導入 575
   7.7 結合エンタルピー 583
   7.8 標準生成エンタルピー 595
   7.9 生体系におけるエネルギーの統御 603
   7.10 圧力-容積仕事、内部エネルギー、エンタルピー 608
   7.11 エンタルピーから分からないこと 616
   7.12 章のまとめ 618
   7.13 展開事項:理想気体と熱力学 620
   第7章 章末問題 631
第8章 エントロピーと分子の秩序性
   8.1 混合と浸透 656
   8.2 確率と変化 658
   8.3 混合系における分子配置を計る 660
   8.4 巨視的な系における混合と浸透の位置づけ 663
   8.5 分子の間でのエネルギー分配 666
   8.6 エントロピー 671
   8.7 相変化と正味のエントロピー 673
   8.8 ギブズ自由エネルギー 681
   8.9 化学反応に対する熱力学計算 688
   8.10 油と水が溶け合わない理由 696
   8.11 両親媒性(Ambiphilic)分子:ミセルおよび二重層膜 699
   8.12 溶液の束一性 705
   8.13 浸透圧の計算 712
   8.14 分子組織化の代償 716
   8.15 章のまとめ 717
   8.16 展開事項:ゴムの熱力学 719
   第8章 章末問題 722
第9章 化学平衡
   9.1 平衡の実態 750
   9.2 平衡点に達する数学的表現 758
   9.3 酸塩基反応と平衡 764
   9.4 共役酸塩基対の溶液:緩衝液 775
   9.5 タンパク質が持つ酸塩基特性 784
   9.6 イオン塩の溶解平衡 789
   9.7 熱力学と平衡定数 798
   9.8 平衡定数の温度依存性 802
   9.9 生体系における熱力学 809
   9.10 章のまとめ 816
   9.11 展開事項:平衡定数の熱力学的基礎 818
   第9章 章末問題 824
第10章 酸化還元:電気化学
   10.1 電気分解 850
   10.2 化学反応から得られる電流 862
   10.3 電池の起電力 869
   10.4 半電池電位:還元電位 874
   10.5 化学電池で得られる仕事量および自由エネルギー 882
   10.6 起電力の濃度依存性:ネルンスト式 888
   10.7 還元電位とネルンスト式 897
   10.8 共役レドックス反応 903
   10.9 章のまとめ 918
   10.10 展開事項:起電力と非酸化還元平衡 920
   第10章 章末問題 926
第11章 反応経路
   11.1 変化の道筋 954
   11.2 化学変化の速度の測定と表現 960
   11.3 反応速度に関する法則 967
   11.4 反応経路すなわち反応機構 974
   11.5 1次反応 982
   11.6 温度と反応速度 990
   11.7 光:反応を活性化するもう一つの方法 1000
   11.8 熱力学と反応速度論 1005
   11.9 章のまとめ 1011
   11.10 展開事項:酵素の触媒作用 1012
   第11章 章末問題 1024
第1章 水:自然が生んだ不思議
   1.1 物質の相 4
   1.2 原子モデル 8
9.

図書

図書
edited by O. Manuel
出版情報: New York : Kluwer Academic/Plenum Publishers, c2000  xxi, 646 p. ; 26 cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
edited by Russell L. Rouseff and Keith R. Cadwallader
出版情報: New York : Kluwer Academic/Plenum Publishers, c2001  vii, 212 p. ; 26 cm
シリーズ名: Advances in experimental medicine and biology ; v. 488
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Headspace Techniques for Food Aroma Volatiles: An Overview / R.L. Rouseff ; K.R. Cadwallader1:
Headspace - Gas Chromatography: An Ideal Technique for Sampling Volatiles Present in Non-Volatile Matrices / L.S. Ettre2:
Aroma Compound-Protein Interaction using headspace techniques / E. Jouenne ; J. Crouzet3:
Electronic noses in food analysis / J.-E. Haugen4:
The Strengths and Weaknesses of the Electronic Nose / W.J. Harper5:
Principles of Solid Phase Micro Extraction, SPME / J. Pawliszyn6:
SPME-MS-MVA as a Rapid Technique for Assessing Oxidation Off-Flavors in Foods / R.T. Marsili7:
SPME - GC-Olfactometry of Orange Juice Aroma Volatiles: Heating Effects / R. Rouseff, et al.8:
Headspace Volatile Aldehydes as Indicators of Lipid Oxidation in Foods / F. Shahidi9:
Comparison of Dynamic Headspace Concentration on Tenax with Solid Phase Microextraction for the Analysis of Aroma Volatiles / J.S. Elmore, et al.10:
Choice and Use of Standards for Dynamic Headspace Trapping as Applied to the Analysis of the Volatiles of Baked Potato / J.M. Ames ; S.C. Duckham11:
Aroma Components of an Oil-Based Grill Flavoring by Direct Thermal Desorption-Gas Chromatography-Olfactometry and Sample Dilution Analysis / T.E. Webb12:
Solvent Desorption Dynamic Sampling of Fermented Dairy Product Volatiles / S.A. Rankin13:
Dynamic Headspace Analysis of Fresh Tomato Juices / M. Sucan ; G.F. Russell14:
Apparatus for the Quantitative Analysis of the Aroma of French Bread and Its Loss During Storage / G. Zehentbauer ; W. Grosch15:
Automated, Microprocessor Controlled Short Path Thermal Desorption for the Analysis of Volatiles in Foods / V.T. Das, et al.16:
Index
Headspace Techniques for Food Aroma Volatiles: An Overview / R.L. Rouseff ; K.R. Cadwallader1:
Headspace - Gas Chromatography: An Ideal Technique for Sampling Volatiles Present in Non-Volatile Matrices / L.S. Ettre2:
Aroma Compound-Protein Interaction using headspace techniques / E. Jouenne ; J. Crouzet3:
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼