close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
低温工学・超電導学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.12  249, vp ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1751
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 3
1章 低温の世界へようこそ-常温~-20℃
   01 天然のウォータークーラー-レトロ技術でどこまで冷える? 12
   02 アインシュタインが考案した冷蔵庫 15
   03 伝熱モードを断ち切る魔法瓶の秘密 18
   04 融けずに消えゆく雪?-昇華現象を考える 21
   05 送電塔を倒す霜柱の驚異 25
   06 味を一瞬で封じ込める-冷凍と解凍の科学 28
   07 凍った魚が生き返る!-生体冷凍保存術 34
   08 シューッと一吹き痛み消し-冷却療法最前線 39
   09 凍傷としもやけ-本当は恐ろしい低体温症の話 43
   10 雲は百家争鳴-スケートが滑る理由は謎だらけ 46
   11 永久凍土を融かすな! 52
   12 音を使って冷却!? 57
   13 凍らせて掘る-トンネル工事の秘策 66
2章 「極寒の大陸」南極の低温世界--1.4℃~-78℃
   14 南極海で「凍らない魚」を発見! 70
   15 「氷山の一角」が60m!? 71
   16 天を突く「光柱」の正体は? 78
   17 南極の空に出現する“幻の太陽” 81
   18 真横にたなびく煙!?-南極の怪現象 84
   19 氷上の屋気楼 87
   20 一瞬にして凍りつく眉毛 91
   21 お湯で打ち上げる糸花火 93
   22 観測史上最低気温 95
   23 オゾン層破壊の前兆「紫色の雲」 97
   column1 温度計の「目盛り」はどう決める? 101
3章 極低温技術の驚異--108℃~-269℃
   24 超ヘビー級の低温液体でダークマターを捉える 112
   25 LNGの利用は「効率」が命 115
   26 「超電導現象」現る! 122
   27 75年後の大発見-高温超電導 128
   28 木星の内部は超電導状態?-手がかりは金属水素 130
   29 低温で空気を成分ごとにバラバラに! 133
   30 液体酸素は磁石がお好き!? 139
   31 炎を上げてタバコが燃える!-液体酸素の燃焼力 142
   32 超高真空をつくり出せ! 144
   33 窒素の貯蔵はガスより液体がお得 148
   34 電球を明るく輝かせる液体窒素 150
   35 低温目玉焼き 152
   36 低温爆薬!?-はじけ飛ぶ消しゴムの秘密 154
   37 “夢のエネルギー”水素燃料が抱える難題 157
   38 大気中の微量成分を捕捉せよ!-地球温暖化に挑む極低温技術 165
4章 「永久気体」も凍りつく-4K~2.2K
   39 そして“永久気体”も液体になった 168
   40 “永久液体”の正体 174
   41 超流動-量子レベルの奇妙なふるまい 177
   42 「摩擦なし流れ」とゼロエントロピー 184
   43 スーパー熱輸送-超流動ヘリウムは沸騰しない? 188
   44 壁を這い上がる“忍びの液体” 191
   45 音楽に合わせて踊る「超流動噴水」 194
   46 “忍びの液体”が宇宙進出!? 197
   column2 熱はどう伝わる? 201
5章 究極の低温-1K~0K
   47 同位体を使って絶対零度に迫る-希釈冷却の秘密 210
   48 絶対零度まであと一歩!-ヘリウムのもう一つの顔 213
   49 磁石を使って冷却する-絶対零度の高い壁 216
   50 原子の振動を抑え込む「レーザー冷却」 219
   51 宇宙一低温なのは地球!? 223
   52 比熱がゼロになる-古典物理学から量子力学へ 228
   53 負の温度って何?-熱平衡を超えた謎の存在 231
   54 人工衛星はなぜ冷やさなければならないのか? 234
   55 宇宙開闢に迫る極低温技術 238
参考文献 245
執筆者紹介 247
さくいん 巻末
はじめに 3
1章 低温の世界へようこそ-常温~-20℃
   01 天然のウォータークーラー-レトロ技術でどこまで冷える? 12
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本トライボロジー学会編
出版情報: 東京 : コロナ社, 2011.8  vii, 124p ; 19cm
シリーズ名: 新コロナシリーズ ; 57
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 はじめに・・摩擦と摩耗の知られざる脅威
   機械設計者にとっての魔物 摩擦摩耗 1
   魔物退治の伝家の宝刀 トライボロジー 3
2 最も身近な家電から
   洗濯機 4
   水漏れとの戦い 4
   スキを見ては漏れようとする流体 5
   シールの矛盾 6
   力自慢とテクニック自慢 10
   テクニックを発揮するために 13
   掃除機 15
   ゴミを吸い取る小さな宇宙 15
   掃除機の構成と仕組み 16
   吸込パワーの源泉 ファンモータ 16
   ブラシモータの超高速回転 18
   ブラシと整流子の厳しき世界 20
   電流による摩耗 21
   よりスムーズに、しなやかに 23
   エアコン・冷蔵庫 27
   熱の移動で涼しさを味わおう 27
   エアコンの血液・・冷媒と潤滑油 29
   コンプレッサ・・高性能の要 34
3 AV/OA機器の中の摩擦と摩耗
   パソコンの中にも摩擦があった 40
   ファンモータの中のトライボロジー 43
   騒音を下げるための動圧軸受 43
   ハードディスクの中はトライボロジーの宝庫 46
   磁気ヘッドと磁気ディスクのすき間は分子の大きさくらい 47
   分子が一層並んだ潤滑膜 49
   ディスクを保護するカーボン保護膜 52
   空気の流れで浮上する磁気ヘッド 55
   熱膨張を利用した浮上量コントロール 57
   磁気ディスクを回転させるスピンドルモータ 58
   液晶ディスプレイにも摩擦? 59
   摩擦で液晶分子の向きをそろえる 59
   ラビング法の不思議 61
   タッチパネルもトライボロジー技術の宝庫 62
   薄くて強いハードコート層 64
   指紋付着を防ぐ防汚コート層 66
   ほこりが付着しにくいタッチパネル 68
   紙送りの秘密・・プリンタ・FAX・ATM 70
   ローラと紙との摩擦をコントロールするには 73
   ATM(現金自動預け払い機)の中の紙送り 75
4 身近な公共機械の中の過酷な世界
   医用X線CTスキャナのダイナミックな世界 80
   スマートなのは見かけだけ? 80
   太陽系をなすメカニズム 82
   過酷さトップレベル 83
   転がるものも摩耗する? 84
   金属による潤滑登場 86
   金属による潤滑に強力新人登場 87
   ヘリカルスキャンの泣きどころ 90
   摩擦しながら電気を通す技 91
   自動改札機の目にもとまらぬ世界 94
   ジェットコースターも真っ青の複雑コース 94
   急ブレーキ急加速 95
   ゴムの活躍 97
   重ねてもOKの秘密は摩擦にあり 98
   詰まらないのには秘密がある 100
   動かない変電所の中の隠れた摩擦 103
   動いているのは電子だけ? 103
   またまた急加速急ブレーキ 105
   そしてまた摩擦しながら電気を通す技 106
   動かないに越したことはない? 108
   エレベータ・エスカレータの秘密 110
   超安全 110
   事故を防ぐエレベータの仕組み 111
   エスカレータの苦悩 117
   おわりに 120
   参考文献 123
1 はじめに・・摩擦と摩耗の知られざる脅威
   機械設計者にとっての魔物 摩擦摩耗 1
   魔物退治の伝家の宝刀 トライボロジー 3
3.

図書

図書
武田計測先端知財団編 ; 細野秀雄 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2016.10  viii, 145, 2p ; 19cm
シリーズ名: 科学のとびら ; 61
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 人工知能の展開 : 人工知能をめぐる動向
これまでの人工知能の壁 ほか
第2章 タンパク質を素材として使いこなす : 世界で最も革新的な素材
地球上で最も強靱な「クモの糸」 ほか
第3章 人間は材料を創り続けてきた : 私が開発した材料
IGZO薄膜トランジスタの創出 ほか
第4章 ナノ・バイオ・ITの未来 : 人間が超えられるか
大事なことは何か ほか
第1章 人工知能の展開 : 人工知能をめぐる動向
これまでの人工知能の壁 ほか
第2章 タンパク質を素材として使いこなす : 世界で最も革新的な素材
概要: セメント素材に金属性をもたせる!人工クモ糸の強靭性を自動車素材に活かす!コンピューターが自ら学習し成長する!人間社会を一変させるような超創造科学の進展。
4.

図書

図書
横尾忠則, 保坂和志, 磯崎憲一郎著
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2015.12  242p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
一日目 二〇一五年二月二十日 : 子どもと猫と空気のはなし
二日目 二〇一五年四月二十四日 : 椅子とアングラとアホのはなし
二日目 アフタートーク : 野菜と嘘とマティスのはなし
三日目 二〇一五年七月三日 : 音楽とUFOと運命のはなし
三日目 アフタートーク : お茶と脳と文学のはなし
四日目 二〇一五年九月三日 : 鯛焼となまくら四つと代表作のはなし
一日目 二〇一五年二月二十日 : 子どもと猫と空気のはなし
二日目 二〇一五年四月二十四日 : 椅子とアングラとアホのはなし
二日目 アフタートーク : 野菜と嘘とマティスのはなし
概要: アトリエの空気に導かれ、画家と作家のおしゃべりは溢れ出し私たちはいつしか“創造”の秘密に出会う。“奇蹟の時間”へようこそ。
5.

図書

図書
坂井悦郎, 大門正機編
出版情報: 東京 : セメント新聞社, 2017.3  xii, 337p ; 22cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
武田計測先端知財団編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2013.11  viii, 127, 6p, 図版 [2] p ; 19cm
シリーズ名: 科学のとびら ; 54
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 最高エネルギー加速器で宇宙の初めにせまる : 宇宙の歴史
物質の最小単位
素粒子の標準モデル ほか
第2章 生命・細胞をつくる : 生物は階層性をもったシステム
観る生物学からつくる生物学へ
天然にないタンパク質をつくる ほか
第3章 細胞シート再生医療 : 日本の医療を考える
医学と工学の融合
ティッシュ・エンジニアリング(組織工学)とは ほか
第4章 : 最先端研究の課題と展望
第1章 最高エネルギー加速器で宇宙の初めにせまる : 宇宙の歴史
物質の最小単位
素粒子の標準モデル ほか
概要: 先端科学を駆使した注目の研究を紹介します。宇宙創成の初期状態をつくってヒッグス粒子を観測。人工細胞をつくって生物の本質を理解。細胞シートをつくって障害臓器に貼りつけるだけの画期的な再生医療を開発。
7.

図書

図書
化学同人編集部編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2013.5  vi, 97p, 口絵8p ; 29cm
シリーズ名: 別冊化学
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
林静雄編 ; 三木千壽 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2012.3  iii, 96p ; 26cm
シリーズ名: シリーズ「都市地震工学」 / 東京工業大学都市地震工学センター編 ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 土木鋼構造物の耐震性[三木千壽] 1
   1.1 土木鋼構造物における地震被害事例とその分析 1
   1.2 既設鋼製橋脚の耐震性能の評価 6
   1.3 地震時脆性破壊の要因とそのシナリオ 14
   1.4 鋼製橋脚における地震時脆性破壊防止に必要な鋼材の破壊靭性レベル 17
   1.5 脆性破壊防止に必要な鋼材の破壊靭性レベルの提案 23
2 鉄骨造建築の耐震性[山田哲] 27
   2.1 鉄骨造建築の地震被害例 27
   2.2 鉄骨造建築の耐震性能 29
3 鉄筋コンクリート造建築の耐震性[林静雄] 39
   3.1 鉄筋コンクリート構造の歴史 39
   3.2 鉄筋コンクリート構造の特徴 40
   3.3 耐震設計の概念 40
   3.4 鉄筋コンクリート構造の耐震性能 41
4 木質構造物の耐震性[坂田弘安] 50
   4.1 軸組架構柱‐横架材接合部の力学的挙動 50
   4.2 軸組木質架構における耐力要素の力学的挙動 59
   4.3 水兵針構面の力学的挙動 75
   4.4 モーメント抵抗接合部の力学的挙動 86
   4.5 まとめ 94
索引 95
1 土木鋼構造物の耐震性[三木千壽] 1
   1.1 土木鋼構造物における地震被害事例とその分析 1
   1.2 既設鋼製橋脚の耐震性能の評価 6
9.

図書

図書
東京工業大学リベラルアーツ研究教育院
出版情報: 東京 : 東京工業大学リベラルアーツ研究教育院, 2016.3  63p ; 26cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
田中秀数著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2014.5  vi, 143p ; 21cm
シリーズ名: フロー式物理演習シリーズ ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 単振動と楕円振動
2 : 減衰振動と強制振動
3 : 波動と波動方程式
4 : 波動の速さ
5 : 波動のエネルギー
6 : 波動の性質
7 : 音波
8 : 定常波と固有振動
1 : 単振動と楕円振動
2 : 減衰振動と強制振動
3 : 波動と波動方程式
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼