close
1.

図書

図書
日本建築学会編集著作
出版情報: 東京 : 日本建築学会 , 東京 : 丸善出版 (発売), 2019.2  160p ; 26cm
シリーズ名: 東日本大震災合同調査報告 / 東日本大震災合同調査報告書編集委員会 [編] ; 建築編6
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
日本建築学会編集著作
出版情報: 東京 : 日本建築学会 , 東京 : 丸善出版 (発売), 2019.3  279p ; 26cm
シリーズ名: 東日本大震災合同調査報告 / 東日本大震災合同調査報告書編集委員会 [編] ; 建築編11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 災害復興に関する法制度の概要
第2章 : 被災建築物の応急危険度判定
第3章 : 被災市街地における建築制限
第4章 : 仮設建築物に対する制限の緩和
第5章 : 復興段階における建築制限
第6章 : 復興事業に係る特例措置
第1章 : 災害復興に関する法制度の概要
第2章 : 被災建築物の応急危険度判定
第3章 : 被災市街地における建築制限
3.

図書

図書
日本建築学会編著
出版情報: 東京 : 日本建築学会 , 東京 : 丸善出版 (発売), 2019.3  77p ; 30cm
シリーズ名: 日本建築学会環境基準 ; AIJES-W0002-2019
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 : 雨水活用建築ガイドラインの目的と範囲
2章 : 雨水活用の基本
3章 : 設計
4章 : 製品
5章 : 施工
6章 : 運用
1章 : 雨水活用建築ガイドラインの目的と範囲
2章 : 雨水活用の基本
3章 : 設計
4.

図書

図書
日本建築学会編
出版情報: 東京 : 日本建築学会 , 東京 : 丸善出版 (発売), 2019.2  68p ; 30cm
シリーズ名: 日本建築学会環境基準 ; A0003-2019
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 : 目的
2章 : 適用範囲
3章 : 用語
4章 : 運用規準
5章 : 測定・評価法規準
6章 : 臭気発生量の定量化法
7章 : 臭気対策
1章 : 目的
2章 : 適用範囲
3章 : 用語
5.

図書

図書
日本建築学会編
出版情報: 東京 : 建築技術, 2019.4  223p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
SPAIN/スペイン
ITALY/イタリア
UK/イギリス
FRANCE/フランス
GERMANY/ドイツ
SWITZERLAND/スイス
EUROPE・AUSTRALIA/ヨーロッパ・オーストラリア
NORTH : AMERICA/北米
SOUTH : AMERICA/中南米
SPAIN/スペイン
ITALY/イタリア
UK/イギリス
6.

図書

図書
日本建築学会編
出版情報: 東京 : 彰国社, 2019.7  230p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
BIMとは何か—まえがきにかえて
序章 : 産業構造の変革と共有価値の創造
第1章 : 建築産業の問題点
座談 : 他産業から見た建築産業のBIM—造船業における自社開発3D‐CADとBIMへの展望
第2章 : BIMによる変革
エッセイ : 領域の外から考える
第3章 : 建築と社会をつなぐBIM
To BIM, or not to BIM.What is the : question?BIMの何が問題なの?—あとがきにかえて
巻末付録:BIMと社会的背景を理解するための重要語集
BIMとは何か—まえがきにかえて
序章 : 産業構造の変革と共有価値の創造
第1章 : 建築産業の問題点
概要: フィジカル空間とサイバー空間がデジタル・エージェントで高度に融合する「Society 5.0」。BIMでなければ建築の居場所はない。
7.

図書

図書
日本建築学会編
出版情報: 東京 : 鹿島出版会, 2019.9  173p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 「まちの居場所」をめぐる最新の動き : 「まちの居場所」の広がり
「まちの居場所」の背景と意味
当事者による場づくりの時代
2 研究・調査・実践事例を通した「まちの居場所」をめぐる論考 : 生きる希望を失わせない環境—マギーズセンター
パブリックシェルターとしての「まちの居場所」
フリースクールはなぜ居やすいか—教育制度の境界におかれる「子どもの学びの場」の育て方
福祉」の視点で見た「まちの居場所」
人びとをつなぐプラットフォームとプレイスメイキング
誰もが役割をもてる施設ではない場所—居場所ハウス
「まちの居場所」としての公共図書館
私有を共有する居場所—インドネシアのバレバレ
使いこなしによって自ら獲得する「まちの居場所」
3 「まちの居場所」の事例と文献の紹介 : 「まちの居場所」のアイデアガイド
「まちの居場所」のブックガイド
1 「まちの居場所」をめぐる最新の動き : 「まちの居場所」の広がり
「まちの居場所」の背景と意味
当事者による場づくりの時代
概要: 従来のビルディングタイプ、計画論の枠組みでは捉えきれない「まちの居場所」という拠点概念。福祉施設やフリースクール、コミュニティカフェといったかたちをとって出現したそれは、まちにおける生活の質の向上・改善をめざす「あるじ」によって生み出され、 人びとに見慣れたまちの再考・見直しを促した。長期にわたって継続されてきた研究成果に最新の事例を加えた13編の論考と、初学者へ向けた2編のガイド。「まちの居場所」研究の集大成。 続きを見る
8.

図書

図書
日本建築学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 2019.7  xxiii, 178p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
コープ共済プラザ
YKK80ビル
NTTファシリティーズ新大橋ビル
東京スクエアガーデン
清水建設本社ビル
大林組技術研究所本館テクノステーション
竹中工務店東関東支店ビル
大成建設技術センターZEB実証棟
ダイキンTIC
ヤンマー本社ビル
あべのハルカス
雲南市役所新庁舎
コープ共済プラザ
YKK80ビル
NTTファシリティーズ新大橋ビル
概要: 「見る・使う・学ぶ」シリーズ第3弾。今回は設計行為に注目して要素技術の統合という視点から作品別にその設計プロセスや評価について論じた。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼