close
1.

図書

図書
L.G. Wade, Jr
出版情報: Upper Saddle River, N.J. ; Tokyo : Pearson Prentice Hall, c2010  xxviii, 1262, 7, 1, 12 p., [4] p. of plates ; 27 cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
Alison M. Smith ... [et al.]
出版情報: New York, NY : Garland Science, c2010  xv, 664 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
John McMurry ... [et al.]
出版情報: Upper Saddle River, N.J. : Pearson Prentice Hall, c2010  xxiii, 901, 61 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
Kim E. Barrett ... [et al.]
出版情報: New York : McGraw-Hill Medical, c2010  ix, 714p. ; 28 cm
シリーズ名: A Lange medical book
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Introduction / I:
The General 7 Cellular Basis of medical physiology / 1:
Physiology of Nerve & Muscle Cells / II:
Excitable Tissue: Nerve / 2:
Excitable Tissue: Muscle / 3:
Synaptic & Junctional Transmission / 4:
Initiation of Impulses in Sense Organs / 5:
Functions of the nervous System / III:
the Autonomic Nervous system / 13:
Central Regulation of Visceral Function / 14:
Neural Basis of Instinctual Behavior & emotions / 15:
Higher Functions of the Nervous System / 16:
Energy Valance, Metabolism & Nutrition / IV:
The Thyroid Gland / 18:
Endocrin Functions of the Pancreas & Regulation of Carbohydrate Metabolism / 19:
The Adrenal Medulla & Adrenal Cortex / 20:
Hormonal Control of Calcium Metabolism & the Physiology of Bone / 21:
The Pituitary Gland / 22:
Gonads: Development & Function of the Reproduction System / 23:
Endocrine Functions of the Kidneys, Heart & Isneal Gland / 24:
Gastrointestinal Function / V:
Digestion & Absorption / 25:
Regulation of Gastrointestinal Function / 26:
Circulating Body Fluids / VI:
Origin of the Heartgbeat & The Electrical Activity of the Heart / 28:
The Heart as a Pump / 29:
Dynamics of GBlood & Lymph Flow / 30:
Cardiovascular Regulatory Mechanisms / 31:
Circulation Through Special Regions / 32:
Cardiosvascular Homeotasis in Health & DiseaseRespiration / 33:
Pulmonary Function / 34:
Gas Transport Between the Lungs & the Tissues / 35:
Regulation of Respiration / 36:
Respiratory Adjustments in Health & Disease / 37:
Formation & Excretion of Urine / VII:
Renal Function & Micurition / 38:
Regulation of Extracellular Fluid Composition & Volume / 39:
References
Appendix
Index
Introduction / I:
The General 7 Cellular Basis of medical physiology / 1:
Physiology of Nerve & Muscle Cells / II:
5.

図書

図書
Robert W. Fox, Philip J. Pritchard, Alan T. McDonald
出版情報: Hoboken, N.J. : John Wiley & Sons, c2010  xiv, 754 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Introduction / 1:
Fundamental Concepts / 2:
Fluid Statics / 3:
Basic Equations in Integral Form for a Control Volume / 4:
Introduction to Differential Analysis of Fluid Motion / 5:
Incompressible Inviscid Flow / 6:
Dimensional Analysis and Similitude / 7:
Internal Incompressible Viscous Flow / 8:
External Incompressible Viscous Flow / 9:
Open Channel Flow / 10:
Fluid Machinery / 11:
Introduction to Compressible Flow / 12:
Steady Compressible Flow / 13:
Fluid Property Data / Appendix A:
Equations of Motion in Cylindrical Coordinates / Appendix B:
Videos for Fluid Mechanics / Appendix C:
Selected Performance Curves for Pumps and Fans / Appendix D:
Tables for Computation of Compressible Flow / Appendix E:
Analysis of Experimental Uncertainty / Appendix F:
SI Units, Prefixes, and Conversion Factors / Appendix G:
A Brief Review of Microsoft Excel (CD-ROM) / Appendix H:
Answers to Selected Problems
Index
Introduction / 1:
Fundamental Concepts / 2:
Fluid Statics / 3:
6.

図書

図書
Anthony Mescher
出版情報: New York : McGraw-Hill, c2010  xi, 467 p. ; 28 cm.
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Key Features
Preface
Acknowledgments
Histology and Its Methods of Study / 1:
Preparation of Tissues for Study
Light Microscopy
Electron Microscopy
Autoradiography
Cell & Tissue Culture
Histochemistry & Cytochemistry
Detection Methods Using Specific Interactions Between Molecules
Problems in the Study of Tissue Sections
The Cytoplasm / 2:
Cell Differentiation
Cytoplasmic Organelles
The Cytoskeleteon
Inclusions
The Cell Nucleus / 3:
Components of the Nucleus
Cell Division
The Cell Cycle
Stem Cells and Tissue Renewal
Meiosis
Apoptosis
Epithelial Tissue / 4:
Characteristic Features of Epithelial Cells
Specializations of the Apical Cell Surface
Types of Epithelia
Transport Across Epithelia
Renewal of Epithelial Cells
Connective Tissue / 5:
Cells of Connective Tissue
Fibers
Ground Substance
Types of Connective Tissue
Adipose Tissue / 6:
White Adipose Tissue
Brown Adipose Tissue
Cartilage / 7:
Hyaline Cartilage
Elastic Cartilage
Fibrocartilage
Cartilage Formation, Growth and Repair
Bone / 8:
Bone Cells
Bone Matrix
Periosteum & Endostreum
Types of Bone
Osteogenesis
Bone Growth, Remodeling, & Repair
Metabolic Role of Bone
Joints
Nerve Tissue & The Nervous System / 9:
Development of Nerve Tissue
Neurons
Glial Cells & Neuronal Activity
Central Nervous System
Peripheral Nervous System
Neural Plasticity & Regeneration
Muscle Tissue / 10:
Skeletal Muscle
Cardiac Muscle
Smooth Muscle
Rengeneration of Muscle Tissue
The Circulatory System / 11:
Heart
Tissues of the Vascular Wall
Structural Plan of Blood Vessels
Vasculature
Lymphatic Vascular System
Blood / 12:
Composition of Plasma
Blood Cells
Hemopoiesis / 13:
Stem Cells, Growth Factors, & Differentiation
Bone Marrow
Maturation of Erythrocytes
Maturation of Granulocytes
Maturation of Agranulocytes
Origin of Platelets
The Immune System & Lymphoid Organs / 14:
Antigens
Antibodies
Cytokines
Cells of the Immune System
Types of Immune Responses
Lymphoid Tissues
Thymus
Musoca-Associated Lymphoid Tissue (MALT)
Lymph Nodes
Spleen
Digestive Tract / 15:
General Structure of the Digestive Tract
Oral Cavity
Esophagus
Stomach
Small Intestine
Large Intestine
Organs Associated with the Digestive Tract / 16:
Salivary Glands
Pancreas
Liver
Hepatic Lobule Structure & Function
Biliary Tract & Gallbladder
The Respiratory System / 17:
Respiratory Epithelium
Nasal Cavities
Sinuses & Nasopharynx
Larynx
Trachea
Bronchial Tree & Lung
Pulmonary Vasculature & Nerves
Pleura
Respiratory Movements
Skin / 18:
Epidermis
Dermis
Subcutaneous Tissue
Vessels & Sensory Receptors
Hair
Nails
Glands of the Skin
The Urinary System / 19:
Kidneys
Blood Circulation
Ureters, Bladder, & Urethra
Endocrine Glands / 20:
Pituitary Gland (Hypophysis)
Adrenal Glands
Pancreatic Islets
Diffuse Neuroendocrine System
Thyroid Gland
Parathyroid Gland
Pineal Gland
The Male Reproductive System / 21:
Testes
Intratesticular Ducts
Excretory Genital Ducts
Accessory Glands
Penis
The Female Reproductive System / 22:
Ovaries
Uterine Tubes
Uterus
Vagina
Mammary Glands
The Eye and Ear: Special Sense Organs / 23:
Eyes: The Photoreceptor System
Ears: The Vestibuloauditory System
Appendix: Light Microscopy Stains
Figure Credits
Index
Key Features
Preface
Acknowledgments
7.

図書

図書
editors-in-chief, Ralph A. Bradshaw, Edward A. Dennis
出版情報: Amsterdam ; Boston ; Tokyo : Academic, 2010  3 v. ; 29 cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
Robert E. Farrell, Jr
出版情報: London : Academic Press, 2010  xxiii, 717 p. ; 23 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
RNA and the Cellular Biochemistry Revisited / Chapter 1:
RNA Isolation Strategies / Chapter 2:
The Truth about Tissues / Chapter 3:
Going Green: RNA and the Molecular Biology of Plants (NEW) / Chapter 4:
Isolation of Polyadenylated RNA / Chapter 5:
Quality Control for RNA Preparations (EXPANDED) / Chapter 6:
Resilient Ribonucleases / Chapter 7:
Stringency: Conditions that Influence Nucleic Acid Structure (EXPANDED) / Chapter 8:
Electrophoresis of RNA (EXPANDED) / Chapter 9:
Photodocumentation and Image Analysis (EXPANDED) / Chapter 10:
Northern Analysis / Chapter 11:
Nucleic Acid Probe Technology / Chapter 12:
Practical Nucleic Acid Hybridization / Chapter 13:
Principles of Detection (EXPANDED) / Chapter 14:
Quantification of Specific mRNAs by Nuclease Protection / Chapter 15:
Analysis of Nuclear RNA (EXPANDED) / Chapter 16:
cDNA Synthesis (EXPANDED) / Chapter 17:
RT-PCR (NEW) / Chapter 18:
Quantitative PCR Techniques / Chapter 19:
Functional Genomics and Transcript Profiling (NEW) / Chapter 20:
High-Throughput Analysis of Gene Expression / Chapter 21:
Non-Array Methods for Global Analysis of Gene Expression (NEW) / Chapter 22:
RNA Interference: Targeted Gene Silencing (EXPANDED) / Chapter 23:
Genomes, Transcriptomes, Proteomes, and Bioinformatics / Chapter 24:
An RNA Paradigm / Chapter 25:
Maintaining Complete and Accurate Records / Appendix A:
Converting Mass to Moles (NEW) / Appendix B:
Useful Stock Solutions for the Molecular Biologist / Appendix C:
Phenol Preparation / Appendix D:
Disposal of Ethidium Bromide and SYBR Green Solutions / Appendix E:
DNase I Removal of DNA From An RNA Sample / Appendix F:
DNase Incubation to Remove RNA from a DNA Sample / Appendix G:
Deionization of Formamide, Formaldehyde, and Glyoxal / Appendix H:
Silanizing Centrifuge Tubes and Glassware / Appendix I:
Trypsinization Protocol for Anchorage-Dependent Cells / Appendix J:
Isolation of High-Molecular-Weight DNA by Salting-Out / Appendix K:
Electrophoresis: Principles, Parameters, and Safety / Appendix L:
Polyacrylamide Gel Electrophoresis / Appendix M:
Dot Blot Analysis (NEW) / Appendix N:
Centrifugation as a Mainstream Tool for the Molecular Biologist / Appendix O:
Selected Suppliers of Equipment, Reagents, and Services / Appendix P:
Useful SI Units / Appendix Q:
Common Abbreviations / Appendix R:
Trade Citations / Appendix S:
RNA and the Cellular Biochemistry Revisited / Chapter 1:
RNA Isolation Strategies / Chapter 2:
The Truth about Tissues / Chapter 3:
9.

図書

図書
sponsored by the Optical Society of America ; Michael Bass, editor-in-chief ; Virendra N. Mahajan, associate editor
出版情報: New York : McGraw-Hill, c2010  1 v. (various pagings) ; 25 cm
シリーズ名: Handbook of optics / sponsored by the Optical Society of America ; Michael Bass, editor in chief ; v. 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Contributors
Brief Contents of All Volumes
Editors' Preference
Preface to Volume I
Glossary and Fundamental Constants
Geometrical Optics / Part 1:
General Principles of Geometrical Optics / Chapter 1:
Physical Optics / Part 2:
Interference / Chapter 2:
Transfer Function Techniques / Chapter 4:
Coherence Theory / Chapter 5:
Coherence Theory: Tools and Applications / Chapter 6:
Scattering by Particles / Chapter 7:
Surface Scattering / Chapter 8:
Volume Scattering in Random Media / Chapter 9:
Optical Spectroscopy and Spectroscopic Lineshapes / Chapter 10:
Analog Optical Signal and Image Processing / Chapter 11:
Polarized Light / Part 3:
Polarization / Chapter 12:
Polarizers / Chapter 13:
Mueller Matrices / Chapter 14:
Polarimetry / Chapter 15:
Ellipsometry / Chapter 16:
Components / Part 4:
Lenses / Chapter 17:
Afocal Systems / Chapter 18:
Nondispersive Prisms / Chapter 19:
Dispersive Prisms and Gratings / Chapter 20:
Integrated Optics / Chapter 21:
Miniature and Micro-Optics / Chapter 22:
Binary Optics / Chapter 23:
Gradient Index Optics / Chapter 24:
Instruments / Part 5:
Cameras / Chapter 25:
Solid-State Cameras / Chapter 26:
Camera Lenses / Chapter 27:
Microscopes / Chapter 28:
Reflective and Catadioptric Objectives / Chapter 29:
Scanners / Chapter 30:
Optical Spectrometersl / Chapter 31:
Interferometers / Chapter 32:
Holography and Holographic Instruments / Chapter 33:
Xerographic Systems / Chapter 34:
Principles of Disk Data Storage / Chapter 35:
Index
Contributors
Brief Contents of All Volumes
Editors' Preference
10.

図書

図書
S. M. Lindsay
出版情報: Oxford : Oxford University Press, 2010  xii, 457 p., [4] p. of plates ; 26 cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
by Richard K. Leach
出版情報: Amsterdam : William Andrew / Elsevier, 2010  xxvi, 321 p. ; 25 cm
シリーズ名: Micro & nano technologies
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Introduction to metrology for micro- and nanotechnology
Some basics of measurement
Precision measurement instrumentation - some design principles
Length traceability using interferometry
Displacement measurement
Surface topography measurement instrumentation
Scanning probe and Particle beam microscopy
Surface topography characterisation
Co-ordinate metrology
Mass and force measurement
References
SI units of measurement and their realisation at NPL / Appendix A:
SI derived units / Appendix B:
Introduction to metrology for micro- and nanotechnology
Some basics of measurement
Precision measurement instrumentation - some design principles
12.

図書

図書
Mike Aitken, Bill Broadhurst, Steve Hladky
出版情報: New York : Garland Science, c2010  xix, 452 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Quantities and Units / 1:
Numbers and Algebra / 2:
Functions / 3:
Differential Calculus / 4:
Differentiation / 5:
Integration / 6:
Descriptive Statistics / 7:
Probability / 8:
Inferential Statistics / 9:
Curve Fitting and Models / 10:
Quantities and Units / 1:
Numbers and Algebra / 2:
Functions / 3:
13.

図書

図書
edited by Louis J. Ignarro
出版情報: Amsterdam ; Tokyo : Academic Press, c2010  vi, 845 p. ; 29 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Chemical Biology / Section I:
Determinants of Nitric Oxide Chemistry: Impact of Cell Signaling Processes / Chapter 1:
Nitric oxide redox biochemistry in lipid environments / Chapter 2:
Mechanisms and biological consequences of peroxynitrite-dependent protein oxidation and nitration / Chapter 3:
Systems Approaches to Unraveling Nitric Oxide Response Networks in Prokaryotes / Chapter 4:
Principles of Biology / Section II:
Nitric Oxide Synthases / A:
Uncoupling of endothelial NO synthase (eNOS) in cardiovascular disease and its pharmacological reversal / Chapter 5:
Tetrahydrobiopterin: An essential cofactor for Nitric Oxide Synthases and Amino Acid Hydroxylases / Chapter 6:
Regulation of the expression of inducible nitric oxide synthase / Chapter 7:
Molecular Regulation of Inducible Nitric Oxide Synthase / Chapter 8:
Guanylate Cyclase and Cyclic GMP / B:
Soluble Guanylate Cyclase: Allosteric Activation and Redox Regulation / Chapter 9:
Nitric Oxide Signaling / C:
Untargeted Discovery of NO-modified Proteins / Chapter 10:
Fatty Acid Transduction of Nitric Oxide Signaling: Cyclooxygenases, Lipoxygenases and Nitro-Fatty Acids / Chapter 11:
Nitric Oxide Signaling in Vascular Cells is Regulated through CD47 by Thrombospondin-1 / Chapter 12:
The Regulation of Cell Energetics and Mitochondrial Signaling by Nitric Oxide / Chapter 13:
Regulation of Nitric Oxide Production / D:
Nitric oxide-asymmetric dimethylarginine system in endothelial cell senescence / Chapter 14:
Nitric Oxide and Remodeling / E:
The Role of Nitric Oxide in Apoptosis and Autophagy: Biochemical and Computational Studies / Chapter 15:
Nitrite and Nitrate / F:
NO formation from inorganic nitrate and nitrite / Chapter 16:
Mechanisms of nitrite reduction in ischemia in the cardiovascular system: therapeutic potential / Chapter 17:
Nitrite Therapy for Ischemic Syndromes / Chapter 18:
Nitrite and heme globins: Reaction mechanisms and physiological targets / Chapter 19:
Principles of Pathobiology / Section III:
Nitric Oxide and Cardiovascular Function
Nitric Oxide in Vascular Damage and Regeneration / Chapter 20:
Free radicals as atherosclerotic risk-The relation of NO- / Chapter 21:
The role of oxidative stress in endothelial dysfunction and vascular inflammation / Chapter 22:
Pathophysiological Mechanisms of Nitric Oxide
Nitric oxide, oxidative stress, immune response and critical care / Chapter 23:
Reactive Metabolites of Oxygen and Nitrogen in Liver Ischemia and Reperfusion Injury / Chapter 24:
Nitric oxide in airway inflammation / Chapter 25:
Novel therapeutic applications of nitric oxide (NO) in the inhibition of tumor malignancy and reversal of resistance / Chapter 26:
Chemical Biology / Section I:
Determinants of Nitric Oxide Chemistry: Impact of Cell Signaling Processes / Chapter 1:
Nitric oxide redox biochemistry in lipid environments / Chapter 2:
14.

図書

図書
Peter Atkins ... [et al.]
出版情報: Oxford : Oxford University Press, 2010  xxiv, 824 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
15.

図書

図書
Peter Atkins, Julio de Paula
出版情報: Oxford : Oxford University Press, 2010  xxxii, 972 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
16.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
田村隆明編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2010.1  231p ; 30cm
シリーズ名: 無敵のバイオテクニカルシリーズ ; . 遺伝子工学実験ノート / 田村隆明編||イデンシ コウガク ジッケン ノート ; 上
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
改訂第3版 序[田村隆明]
初版 序[田村隆明]
第1章 実験をはじめるにあたって[田村隆明] 14
   1 遺伝子実験とは 14
   2 実験を組み立ててみる 14
   3 実験法選択の基準 16
   4 実験の上手な人はどこが違うのか 16
   5 実験材料を準備する 17
   6 遺伝子組換え実験関連法規 18
第2章 DNA実験の基本[田村隆明] 21
   1 実験機具,機器 21
   2 溶液 25
    [1] 実験で使う水
    [2] 準備する溶液
    [3] 溶液の作り方
   3 濃度と単位 26
   4 滅菌操作 27
   5 DNAの取扱い 31
    [1] 一般的な注意点
    [2] DNAを溶かす溶液
   6 DNAの検出と定量 33
    [1] DNAの紫外線吸収能
    [2] 分光光度計
    [3] エチジウムブロマイド
   7 DNAの濃縮 35
    7-1 エタノール沈殿 35
    7-2 イソプロパノール沈殿 37
    7-3 有機溶媒で濃縮する 37
   8 DNAの精製 38
    8-1 フェノール抽出 38
     [1] Tris/フェノールの調製
     [2] フェノール抽出の実際
    8-2 フェノール/クロロホルム抽出 40
    8-3 DEAE-セルロース 40
    8-4 ゲル濾過 41
第3章 大腸菌の取扱い[田村隆明] 43
   1 はじめに 43
   2 大腸菌について 43
    [1] 大腸菌とは
    [2] 大腸菌の遺伝子型と菌株
   3 培養の準備 45
    [1] 培地の種類
    [2] 培地添加物
    [3] 培養容器
    [4] インキュベーターとシェーカー
    [5] 滅菌と殺菌
    [6] 植菌器具
    [7] 実験台のセットアップ
   4 培地の作製 56
    [1] 培地の基礎知識
    [2] LB培地の作製
    [3] LBプレートの作製
    [4] M9培地の作製
   5 いろいろな培養法 64
    5-1 液体培地での培養 64
     [1] 少量培養
     [2] 大量培養
    5-2 プレート培養 67
     [1] 培地の乾燥
     [2] 画線培養
     [3] 塗り広げ培養
     [4] 注ぎ込み培養
     [5] マスタープレート作製
     [6] スポット培養
    5-3 大腸菌の増殖 72
    5-4 培養後の後処理 73
   6 菌株の保存と輸送 73
    [1] プレート保存
    [2] グリセロールストック
    [3] スタブ保存
    [4] 凍結乾燥法
    [5] 輸送方法
第4章 バクテリオファージの取扱い[与五沢真吾] 76
   1 はじめに 76
   2 ファージ力価の測定(プラークアッセイ) 76
   3 ファージの増殖 78
   4 ファージDNAの調製 80
第5章 プラスミドDNAの増幅と精製-DNAを増やす[与五沢真吾] 83
   1 プラスミドとは 83
    1-1 プラスミドの基礎知識 83
    1-2 プラスミドベクターの選択 84
   2 プラスミドの調製 84
    2-1 プラスミド調製の原理 85
    2-2 ボイルプレップ 85
    2-3 アルカリプレップ 87
     [1] ミニスケール(2mL)
     [2] ラージスケール(800mL)
   3 ポリエチレングリコール(PEG)によるプラスミド精製 95
   4 市販のキットを使ったプラスミド精製 96
   5 形質転換(トランスフォーメーション) 99
    5-1 コンピテントセルの作製 99
     [1] 塩化カルシウム法によるコンピテントセルの作製
     [2] エレクトロポレーション用コンピテントセルの作製
    5-2 形質転換(トランスフォーメーション) 103
     [1] 塩化カルシウム法によるコンピテントセルを用いた形質転換
     [2] エレクトロポレーション法による形質転換
第6章 核酸の酵素処理-DNAを加工する 106
   1 はじめに[中太智義] 106
   2 制限酵素処理[中太智義] 107
    2-1 制限酵素とその特性 107
     [1] 制限酵素とは
     [2] 認識配列
     [3] 断片末端の構造
     [4] 反応条件
    2-2 制限酵素反応の実際 110
     [1] 基本的な反応
     [2] 異なる制限酵素で切断する場合
     [3] その他の注意点
    2-3 DNAをマッピングする 115
   3 リガーゼ[中太智義] 117
    3-1 DNAリガーゼ 117
    3-2 T4 DNAリガーゼの性質 117
    3-3 キットについて 118
   4 DNA修飾酵素[中太智義] 119
    4-1 アルカリホスファターゼ(alkaline phosphatase) 119
    4-2 DNAメチラーゼ(DNAmethylase) 120
    4-3 クレノーフラグメント(Klenow fragment) 121
    4-4 バクテリオファージT4 DNAポリメラーゼ(Bacteriophage T4 DNA polymerase) 121
    4-5 バクテリオファージT4 ポリヌクレオチドキナーゼ(Bacteriophage T4 polynucleotide kinase : T4 PNK) 122
   5 ヌクレアーゼ[田村隆明] 122
    5-1 S1ヌクレアーゼ 123
    5-2 Mung Beanヌクレアーゼ 123
    5-3 Bal31ヌクレアーゼ 123
    5-4 DNaseI(デオキシリボヌクレアーゼI) 124
    5-5 エキソIIIヌクレアーゼ 124
    5-6 ラムダエキソヌクレアーゼ 124
    5-7 マイクロコッカルヌクレアーゼ 124
    5-8 RNaseH 125
   6 DNA合成酵素[田村隆明] 125
    6-1 末端デオキシヌクレオチド転移酵素 125
    6-2 逆転写酵素 125
第7章 DNA断片のサブクローニング-目的のDNAを手に入れる 126
   1 サブクローニングの流れ[中太智義] 126
   2 インサートDNAの用意[中太智義] 128
   3 ベクターの準備[中太智義] 130
    3-1 制限酵素の選択とベクターの末端形状 130
    3-2 脱リン酸化処理 130
    3-3 ベクター調製の実際 132
   4 ライゲーション[中太智義] 133
   5 インサートDNAの修飾・改変[中太智義] 135
    5-1 リンカーライゲーション 135
    5-2 メチル化DNAを用いたリンカーライゲーション 139
    5-3 突出末端の平滑化 141
    5-4 DNAを削る 143
   6 トランスフォーメーション(形質転換する)[中太智義] 146
   7 インサートDNAのチェック 146
    7-1 プラスミドの精製と制限酵素処理によるインサートチェック[中太智義] 147
    7-2 カラーセレクション[中太智義] 148
    7-3 PCRによるチェック[青木 務] 150
第8章 アガロースゲル電気泳動-大きなDNA断片の分離 153
   1 電気泳動の原理と種類[田村隆明] 153
   2 アガロースを選択する[田村隆明] 156
   3 試薬の調製[田村隆明] 156
   4 電気泳動の実際[田村隆明] 158
    [1] 通常ゲルの場合
    [2] ミニゲル(MuPid(R))を用いる方法
   5 DNAの検出 160
    5-1 エチジウムブロマイドによるDNAの検出[田村隆明] 160
    5-2 エチジウムブロマイドを含むアガロースゲルによるDNAの分離[田村隆明] 161
    5-3 SYBR(R)Green染色を用いたDNAの染色[小池千加] 162
   6 アガロースゲルからのDNAの回収[田村隆明] 163
    6-1 GENECLEAN(R)を用いる方法 163
    6-2 QIAGENのスピンカラムを使う方法 165
    6-3 それ以外のDNA回収方法 166
第9章 ポリアクリルアミドゲル電気泳動-小さなDNA断片の分離[小池千加] 168
   1 ポリアクリルアミドゲルについて 168
   2 試薬の調製 168
   3 ゲルの作製 168
   4 電気泳動の実際 171
   5 DNAの検出 172
   6 ポリアクリルアミドゲルからのDNAの回収 173
第10章 PCR法-DNAを試験管内で増やす[青木 務] 175
   1 PCR法の原理 175
   2 プライマーのデザイン 177
    2-1 Tmとプライマーのデザイン 177
    2-2 構造上避けるべきデザイン 178
    2-3 その他のデザイン上の注意点 179
    2-4 nestedプライマー 179
   3 耐熱性ポリメラーゼの選択 180
    3-1 pol I型DNAポリメラーゼ 180
    3-2 α型DNAポリメラーゼ 181
    3-3 混合型DNAポリメラーゼ(LA-PCR 用ポリメラーゼ) 182
    3-4 Hot start用DNAポリメラーゼ 182
   4 PCR 反応の実際 183
    4-1 PCRに用いられる機器の分類 184
     [1] 温度管理方式による分類
     [2] オイルフリーかどうか
     [3] 使用チューブ(プレート)の違い
   4 冷却方式の違い
    4-2 PCR反応液の組成 185
    4-3 サイクルの設定 186
     [1] プライマーのアニール温度
     [2] 各ステップの時間
     [3] サイクル数
     [4] 代表的なPCRサイクル
     [5] 修飾を加えたサイクル
    4-4 PCR 反応の例 189
    4-5 コンタミネーションの防止について 190
     [1] 試薬
     [2] ピペッティング
     [3] ネガティブコントロール
    4-6 Hot start 192
     [1] 後から成分を添加する方式
     [2] ワックスで隔壁を作る方式
     [3] Hot start用ポリメラーゼを用いる方式
   5 PCR 産物のサブクローニング 195
    5-1 PCR産物の精製 196
    5-2 平滑末端化 197
    5-3 TAクローニング法 199
     [1] TAベクターの作製
     [2] TAベクターへのサブクローニング
    5-4 制限酵素認識配列の付加 202
     [1] プライマーのデザイン
     [2] 制限酵素サイトへのサブクローニング
●トラブルシューティング 205
●付録 実験で役立つ便利なデータ集[田村隆明] 215
   1. 汎用溶液の組成と調製 215
   2. 主なプラスミドベクター 218
   3. マスタープレート用台紙 219
   4. 主な制限酵素の性質 220
   5. DNA分子量マーカーの泳動パターン 223
   6. 主なバッファーの組成表 224
   7. 遠心回転数と重力加速度 225
   8. 遺伝コード 225
   9. ヌクレオチドデータ 225
   10. DNAに関する換算式 225
   11. カルタヘナ法の概要(二種使用等に関連するものについて) 226
●索引 228
改訂第3版 序[田村隆明]
初版 序[田村隆明]
第1章 実験をはじめるにあたって[田村隆明] 14
17.

図書

図書
Graeme Hanson, Lawrence Berliner, editors
出版情報: New York ; London : Springer, c2010  xix, 419 p. ; 25 cm
シリーズ名: Biological magnetic resonance / edited by Lawrence J. Berliner and Jacques Reuben ; v. 29
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
List of Color Figures and Website Materials
Introduction / John R. PilbrowChapter 1:
Iron-Sulfur Cluster-Containing Proteins / 1:
Molybdenum Enzymes / 2:
Manganese-Containing Enzymes / 3:
Novel Metalloenzymes and Metalloproteins / 4:
Conclusions / 5:
Iron-Sulfur-Containing Proteins
Electron Magnetic Resonance of Iron-Sulfur Proteins in Electron-Transfer Chains: Resolving Complexity / Richard Cammack ; Froser MacMillanChapter 2:
Problems of Complex Electron-Transfer Systems / 1.1:
Iron-Sulfur Proteins
Types of Clusters / 2.1:
Information from Advanced EMR
Relaxation Rates / 3.1:
Identification of Cluster Ligands / 3.2:
Interactions with Protons and Paramagnets / 3.3:
Further Structural Information / 3.4:
Orientation-Selective ENDOR and ESEEM / 3.5:
Studies of Intact Membrane-Bound Complexes / 3.6:
Methods of Isolating Spectra of Individual Components / 3.7:
Results from 14N ESEEM / 3.8:
Selected Examples from Electron-Transport Chains
Xanthine Dehydrogenase/Oxidase as a Model / 4.1:
Mitochondria and Aerobic Bacteria / 4.2:
Complex I (NADH: Ubiquinone Reductase) / 4.3:
Complex II (Succinate:Quinone Reductase) and Quinol: Fumarate Reductase / 4.4:
Complex III / 4.5:
Microbial Anaerobic Respiration / 4.6:
Catalysis and Gene Regulation / Helmut BeinertChapter 3:
Iron-Sulfur Clusters in "Radical SAM" Enzymes: Spectroscopy and Coordination / Serge Gambarelli1 ; Etienne Mulliez2 ; Marc FontecaveChapter 4:
"Radical SAM" Iron-Sulfur Enzymes: An Example of a Low-Molecular-Weight Ligand to a [4Fe-4S] Cluster
The Pyruvate Formate Lyase System
Lysine 2,3-Aminoniutase / 2.2:
Anaerobic Ribonucleotide Reductase / 2.3:
Detection of Hyperfine Coupling Interactions in Metalloproteins
ENDOR: Principles and General Considerations
ESEEM and HYSCORE
Analysis of Ligand Hyperfine Coupling Interactions
Applications to Metalloproteins
Pyruvate Formate Lyase-Activating Enzyme (PFL-AE) / 5.1:
Lysine 2,3-Aminomutase (LAM / 5.2:
Anaerobic Ribonucleotide Reductase Activating Enzyme (aRNR-AE) / 5.3:
Conclusion / 6:
Mononuclear Molybdenum Enzymes
EPR Studies of Xanthine Oxidoreductase and Other Molybdenum-Containing Hydroxylases / Russ HilleChapter 5:
Historical Context
The Active Site Structure of Xanthine Oxidoreductase
Isotopic Substitution Studies
Magnetic Interactions Between Centers in Xanthine Oxidoreductase
Concluding Comments
High-Resolution EPR Spectroscopy of Mo Enzymes. Sulfite Oxidases: Structural and Functional Implications / John H. Enemark ; A. V. Astashkin ; A.M. RaitsimringChapter 6:
Introduction and Structures from X-Ray Crystallography
Earlier cw EPR Investigations
Frequencies Observed in Pulsed EPR for a System of Electron Spin S = 1/2 and Arbitrary Nuclear Spin in Weak Interaction Limit
Pulsed EPR Techniques Used in This Work
ENDOR
ESEEM Techniques
General Problems in Extraction of Structural Parameters from Magnetic Resonance Parameters
Sample Preparation and Instrumentation
High-Resolution Pulsed EPR Spectra, Magnetic Resonance Parameters, and Structural Implications for Various Forms of SO / 7:
Exchangeable Protons: Similarities and Differences in SOs from Different Organisms / 7.1:
Groups Blocking Water Access to Mo(V) / 7.2:
Nonexchangeable Protons / 7.3:
Exchangeable Oxygen Ligands / 7.4:
Biological Implications / 8:
Note Added in Proof / 9:
Dimethylsulfoxide (DMSO) Reductase, a Member of the DMSO Reductase Family of Molybdenum Enzymes / Graeme R. Hanson ; Ian LaneChapter 7:
EPR Studies of Mo(V) Species
EPR. Studies of DMSO Reductase
Respiratory DMSO Reductase
Peripiasmic DMSO Reductase
Catalytic Mechanism
The Manganese-Calcium Cluster of the Oxygen-Evolving System: Synthetic Models, EPR Studies, and Electronic Structure Calculations / Marcin Brynda ; R. David BrittChapter 8:
Theoretical Background for the Polynuclear Manganese Clusters
Introduction to the Spin Physics of Exchange-Coupled Manganese Complexes
EPR Theory for Exchange Coupled Systems
Computational Methods for Magnetically Coupled Homonuclear Metal Clusters
Synthetic Models for Manganese Cluster of the OEC
Current Structural Proposals for the Pentanuclear Mn4Ca Cluster of the OEC
EPR Characteristics of the Manganese Cluster of the OEC
Synthetic Models
Computational Studies of the OEC
Calculations on the Mechanistic Aspects of the Water Oxidation with DFT
Mixed Molecular Mechanics/Quantum Mechanics Studies of Water Oxidation
Conclusions and Prospectives
Appendix
Manganese Metalloproteins / Sarah J. Smith ; Kieran S. Hadler ; Gerhard Schenk ; NataÜa MitićChapter 9:
Manganese Catalases
Biochemical and Structural Characterization
Spectroscopic Characterization
Mechanistic Implications
Ribonucleotide Reductase
Biochemical and Structural Characierization
Class Ib Ribonucleotide Reductases
Manganese-Iron Oxygenases
SoxB
Bacteriophage $ Protein Phosphatase / 6.1:
Purple Acid Phosphatase
Phosphodiesterase / 8.1:
Arginase / 9.1:
Methionyl Aminopeptidase / 10.1:
EPR of Cobalt-Substituted Zinc Enzymes / Brian Bennett11.1:
Review of Cobalt-Substituted Enzymes
Methods of Co(II) Insertion
EPR Experimental Techniques and Considerations
Spectral Interpretation
Spectral Interpretation: A Case Study
Complementary Techniques
Hyperfine and Quadrupolar Interactions in Vanadyl Proteins and Model Complexes: Theory and Experiment / Sarah C. Larsen ; N. Dennis ChasteenChapter 11:
Coordination Chemistry of VO2+
EPR Properties / 1.2:
The Additivity Relationship for Predicting Ligand Environments / 1.3:
The Ground State and Ligand Hyperfine Couplings / 1.4:
ENDOR and ESEEM of Vanadyl Model Complexes
14N Hyperfine and Quadrupole Coupling Constants
1H and l7O Coupling Constants
31P Hyperfine Coupling Constants
51V Nuclear Quadrupole Coupling Constants / 2.4:
Density Functional Theory Calculations of EPR Parameters in Vanadyl Model Complexes
Overview of DFT Methods for Calculations of EPR Parameters
DFT Calculations of Vanadium EPR Parameters
DFT Calculations of Ligand Hyperfine and Quadrupole Coupling Constants
Outlook
Select Protein Studies
Pyruvate Kinase
S-Adenosylmethionine Synthetase
Imidazole Glycerol Phosphate Dehydratase
ATP Synthase
D-Xylose Isomerase
Transferrins
Feritin / 4.7:
Tissues
Kidney and Liver
Bone
Index
Preface
List of Color Figures and Website Materials
Introduction / John R. PilbrowChapter 1:
18.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
田村隆明編
出版情報: 東京 : 羊土社, 2010.1  215p ; 30cm
シリーズ名: 無敵のバイオテクニカルシリーズ ; . 遺伝子工学実験ノート / 田村隆明編||イデンシ コウガク ジッケン ノート ; 下
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 DNAシークエンシング-遺伝子の配列を読む 14
   1 はじめに[松浦 徹] 14
   2 アイソトープを用いるジデオキシ法(サンガー法)[松浦 徹] 14
    2-1 原理 15
    2-2 実際の手順 17
   3 オートシークエンサー(ABI310について)[松浦 薫] 21
    [1] セットアップ
    [2] ランの開始
    [3] データ解析
    [4] プリントアウトまたはデータの保存
    [5] メンテナンス
第2章 プローブ作製法-遺伝子検出のアイテムをつくる[小西慶幸] 31
   1 二本鎖DNAプローブ 32
    1-1 ランダムプライマー法 33
   2 末端標識プローブ 34
    2-1 T4ポリヌクレオチドキナーゼによる標識 34
    2-2 クレノーフラグメントによる標識 36
    2-3 T4 DNAポリメラーゼによる標識 38
3 RNAプローブ 39
   4 合成オリゴヌクレオチドプローブ 41
   5 カラムを用いたプローブの精製 41
    5-1 ポリプレップカラムを用いた精製 42
    5-2 スピンカラムを用いた精製 43
第3章 ゲノムDNAの解析-遺伝子構造を調べる 45
   1 ゲノムDNAの調製[田村隆明] 45
    1-1 SDS/フェノール法による精製 46
    1-2 DNA精製用キットを用いる精製 49
   2 サザンブロッティング[嶋田美穂] 50
    2-1 制限酵素による断片化 51
    2-2 アガロース電気泳動 52
    2-3 ブロッティング 54
     [1] キャピラリーブロッティング
     [2] エレクトロブロッティング
    2-4 ハイブリダイゼーション 60
第4章 RNAの取扱いと調製-遺伝子発現解析の準備 64
   1 RNAの取扱いについて[田村隆明] 64
    1-1 RNA実験の前に 64
     [1] RNAの物質的特徴
     [2] 留意すべき事柄
    1-2 実験にとりかかる 65
     [1] 実験室とベンチ周辺の整備
     [2] 器具,試薬を準備する
   2 RNAの抽出 67
    2-1 出発材料の準備[青木 務] 67
     [1] 培養細胞の破砕
     [2] 組織の破砕
    2-2 AGPC法による抽出[青木 務] 73
    2-3 細胞質RNAの抽出法(Nonidet(R) P-40を用いた抽出法)[青木 務] 77
    2-4 RNeasy(R)キットを用いた方法[嶋田美穂] 81
    2-5 TRIzol(R)を使う方法[田村隆明] 84
    2-6 セシウム-超遠心法によるRNAの大量抽出[青木 務] 87
   3 ポリA+RNAの精製[青木 務] 92
    3-1 Oligo-dT30ラテックスビーズを用いる方法 92
    3-2 Oligo-dTセルロースを用いたカラムクロマトグラフィー 95
第5章 遺伝子発現の解析 100
   1 はじめに[青木 務] 100
   2 ノーザンブロッティング[青木 務] 101
    2-1 泳動とブロッティング 102
    2-2 ハイブリダイゼーション 106
   3 RNaseプロテクションアッセイ[嶋田美穂] 108
   4 RT-PCR法[青木 務] 115
    [1] RNAの抽出
    [2] 逆転写反応
    [3] PCR反応
   5 RACE法[青木 務] 117
    5-1 5’RACE法の原理 118
    5-2 TdTを用いた5’RACE法 119
     [1] 逆転写反応
     [2] プライマーの除去
     [3] ホモポリマーの付加(Tailing)
     [4] PCR反応
     [5] PCR産物の検出と回収
    5-3 3’RACE法 125
   6 リアルタイムPCR[小池千加] 126
    6-1 リアルタイムPCRの原理 126
     [1] SYBR(R) Green(サイバーグリーン)法
     [2] TaqMan(R)(タックマン)法
    6-2 リアルタイムPCRと必要な準備 128
     [1] プライマー,プローブの設計
     [2] RNAサンプルのDNase処理
     [3] cDNA合成
     [4] リアルタイムPCR
    6-3 解析方法 134
     [1] 標準曲線の作成
     [2] 融解曲線解析
     [3] Threshold line
     [4] Comparative Ct法(ΔΔCt法)
   7 DNAマイクロアレイ[関 直彦] 138
    7-1 DNAマイクロアレイ開発の歴史 138
    7-2 DNAマイクロアレイの基礎知識 139
     [1] DNAマイクロアレイの種類と原理
     [2] DNAマイクロアレイを用いた遺伝子解析研究の組み立て方
    7-3 DNAマイクロアレイによる遺伝子解析の流れ 141
    7-4 DNAマイクロアレイを用いたゲノム医学解析への応用例 143
    7-5 DNAマイクロアレイの展望 145
第6章 動物細胞へのDNA導入-遺伝子のはたらきを調べる[1] 147
   1 DNA導入の基礎知識[田中祐司] 147
    1 はじめに
    2 細胞へのDNA導入の意義
    3 細胞へのDNA導入方法の種類
    4 DNA導入を行う培養細胞について
    5 DNA導入効率の検討について
   2 リポフェクション法 150
    2-1 原理[田中祐司] 150
    2-2 LipofectamineTM2000を用いる方法[田中祐司] 151
    2-3 HilyMaxを用いた方法[与五沢真吾] 153
    2-4 Fugene(R)6を用いる方法[田中祐司] 155
   3 エレクトロポレーション[田中祐司] 156
   4 ヌクレオフェクション[田中祐司] 158
   5 リン酸カルシウム法[小西慶幸] 159
    5-1 原理 159
    5-2 実験方法 160
第7章 RNAiによる遺伝子抑制-遺伝子のはたらきを調べる[2] 163
   1 はじめに[小西慶幸] 163
    1-1 背景と原理 163
    1-2 RNAiの手法 164
     1 siRNA法
     2 shRNA法
   2 RNAi 実験の準備[小西慶幸] 165
    2-1 抑制配列の決定の基本 165
    2-2 RNAi効果の評価方法 166
   3 siRNAの調製 167
    3-1 siRNA配列のデザイン[小西慶幸] 167
    3-2 Silencer(R) siRNA Construction Kitを用いる[白石征士] 168
    3-3 StealthTM RNAi[小西慶幸] 172
   4 RNAi ベクターの作製[小西慶幸] 175
    4-1 pSUPER RNAi SystemTM 175
    4-2 それ以外のベクター 178
   5 細胞へのRNAi用核酸の導入 178
    5-1 導入方法の検討[小西慶幸] 178
    5-2 RNAi専用リポフェクション[与五沢真吾] 179
第8章 遺伝子情報の取得と解析-バイオデータベースを活用する[与五沢真吾] 181
   1 はじめに 181
   2 データベースへのアクセス-配列情報の取得 181
    2-1 特定遺伝子および遺伝子産物の情報(DNA塩基配列,アミノ酸配列等) 181
    2-2 SNP情報 184
    2-3 プロモーター情報 186
    2-4 スプライシング部位 189
   3 ホモロジー(相同性)検索 193
   4 おわりに 199
●トラブルシューティング 200
●付録 インターネットを利用した情報収集[与五沢真吾] 210
●索引 212
第1章 DNAシークエンシング-遺伝子の配列を読む 14
   1 はじめに[松浦 徹] 14
   2 アイソトープを用いるジデオキシ法(サンガー法)[松浦 徹] 14
19.

図書

図書
sponsored by the Optical Society of America ; Michael Bass, editor-in-chief ; Guifang Li, Eric Van Stryland, associate editor
出版情報: New York : McGraw-Hill, c2010  1 v. (various pagings) ; 25 cm
シリーズ名: Handbook of optics / sponsored by the Optical Society of America ; Michael Bass, editor in chief ; v. 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Properties / Part 1:
Optical Properties of Water / Chapter 1:
Properties of Crystals and Glasses / Chapter 2:
Polymeric Optics / Chapter 3:
Properties of Metals / Chapter 4:
Optical Properties of Semiconductors / Chapter 5:
Characterization and Use of Black Surfaces for Optical Systems / Chapter 6:
Optical Properties of Films and Coatings / Chapter 7:
Fundamental Optical Properties of Solids / Chapter 8:
Photonic Bandgap Materials / Chapter 9:
Nonlinear Optics / Part 2:
Coherent Optical Transients / Chapter 10:
Photorefractive Materials and Devices / Chapter 12:
Optical Limiting / Chapter 13:
Electromagnetically Induced Transparency / Chapter 14:
Stimulated Raman and Brillouin Scattering / Chapter 15:
Third-Order Optical Nonlinearities / Chapter 16:
Continuous-Wave Optical Parametric Oscillators / Chapter 17:
Nonlinear Optical Processes for Ultrashort Pulse Generation / Chapter 18:
Laser-Induced Damage to Optical Materials / Chapter 19:
Quantum and Molecular Optics / Part 3:
Laser Cooling and Trapping of Atoms / Chapter 20:
Strong Field Physics / Chapter 21:
Slow Light Propagation in Atomic and Photonic Media / Chapter 22:
Quantum Entanglement in Optical Interferometry / Chapter 23:
Index
Properties / Part 1:
Optical Properties of Water / Chapter 1:
Properties of Crystals and Glasses / Chapter 2:
20.

図書

図書
奈良信雄著
出版情報: 東京 : 技術評論社, 2010.1  222p ; 19cm
シリーズ名: 知りたいサイエンス ; 070
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
volume editors, Detlef W. M. Hofmann, Liudmila N. Kuleshova ; with contributions by J. Apostolakis ... [et al.]
出版情報: Berlin : Springer, c2010  xi, 172 p. ; 24 cm.
シリーズ名: Structure and bonding ; 134
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
Jocelyn E. Krebs, Elliott S. Goldstein, Stephen T. Kilpatrick
出版情報: Sudbury, Mass. : Jones and Bartlett, c2011  xxvi, 930 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
23.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
大澤正治著
出版情報: 東京 : 税務経理協会, 2010.1  4, 4, 277p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに
第1章 自然循環と私たち 1
   【環境へのINPUTと環境からのOUTPUT】 14
第2章 循環製社会の特質 15
第3章 循環型社会の枠組み 21
   1 動脈連鎖と静脈連鎖 21
   2 わが国における循環型社会形成推進のための法体系 27
   【3R(REDUCE,REUSE,RECYCLE)】 32
第4章 現実と理論の検証 33
   1 わが国の物質循環 34
   2 わが国のエネルギー・フロー 38
   3 わが国の水循環 42
   4 ゴミの正体とわが国におけるゴミ処理の変遷 46
   5 ゴミの処理 52
   【INCUMENTとENTRANT】 62
   6 都市農村連携 63
   7 循環型社会を目指す企業の取組み 67
   【BILATERALとMULTILAERAL】 74
   8 生物多様性 75
   9 省エネルギー 80
   10 自然エネルギー供給促進制度 88
   11 地域通貨 94
   12 エコツーリズム 99
   13 環境教育 106
第5章 先例といわれている循環型社会 113
   1 日本の経験 114
   2 ドイツにおけるDSDシステムの経験 120
第6章 循環型社会の現場を垣間見る 127
   1 日本の倉と蔵 128
   2 渥美半島表浜のアカウミガメ 133
   3 人間と神そして自然環境の邂逅,豊根村の花祭り 140
   4 森が海を育てる沖縄山原 146
   5 沖縄高島型集落の風景,芭蕉布と共同店 153
   6 デンマークの集中型バイオガスプラントシステム 160
   7 スウエーデンの森林管理 167
   8 フィンランド流エコ心,ルオム 173
   9 循環型社会への道,ジャカルタの挑戦 178
   10 中風の水上保持,退耕還林,還早 183
   11 図們江開発の拠点,琿春 188
第7章 循環型社会の鍵となる行動 195
   1 分解する,合成する
   2 移動し,移動させる
   3 保存する
   4 信頼する
   5 協力する
   6 契約する
   7 借りる,返す
   8 デザインする
第8章 循環型社会のバックキャスティング,結論と提言 209
APPENDIX1 循環型社会形成のために,あなたに期待すること 217
   1 冷暖房の工夫
   2 食事の工夫
   3 節電の工夫
   4 風呂の工夫
   5 ゴミの工夫
   6 自動車の工夫
   7 その他の工夫
   8 環境を表現する工夫
APPENDIX2 循環型社会を読み解く経済学キーワード 231
   1 公共財 232
   2 外部性 234
   3 不確実性と情報の非対称性 237
   4 循環型社会における価格 240
   5 連結の経済性 244
   6 時間の価値 247
   7 コモンズ 249
   8 環境政策の手段 252
   9 LCA(Life Cycle Assesment) 255
   10 環境容量 258
おわりに 263
参考文献リスト 267
索引 273
はじめに
第1章 自然循環と私たち 1
   【環境へのINPUTと環境からのOUTPUT】 14
24.

図書

図書
知的生産の技術研究会編
出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 2010.1  239p ; 21cm
所蔵情報: loading…
25.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ピーター・D・ウォード著 ; 長野敬, 赤松眞紀訳
出版情報: 東京 : 青土社, 2010.1  273, 21p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 13
第1章 ダーウィン的生命 33
   地球生命を定義する 43
   進化が生じる方法 46
   非地球的生命はあるのか、それは必然的に非ダーウィン的生命なのか 49
第2章 進化における 「成功」 とは何か 55
   進化における成功というとらえどころのない概念 60
   最大限に成功する種のモデル 67
   成功する生物圏のモデル 68
第3章 地球上の生命に関する二つの仮説 71
   進化と生物的行動 75
   ガイア仮説 77
   メデア的生命の本質に関して 88
   仮説を検証する 92
   人間のサバイバル 113
第4章 メデア的フィードバックとグローバルな過程 115
   フィードバック・システム 118
   温度(CO2 を原因とする) 119
   生物がもたらした酸素およびCO2の長期変動 124
   生物相に仲介される略取 134
   他のメデア的効果 135
第5章 生命の歴史におけるメデア的現象 139
   DNAによる乗っ取り、四〇億年前から三七億年前(推定) 141
   メタンの大惨事、三七億年前 143
   大気酸素の最初の増加、二五億年前 144
   地球最初の氷河作用、二三億年前 145
   キャンフィールドの海洋、二〇億~一〇億年前(推定) 146
   第二のスノーボール、七億年前 149
   動物の発生、生命の減少、六億年前 150
   顕生代の微生物の大量絶滅、三億六五〇〇万~九五〇〇万年前 152
   植物による陸地の占有で急変する地球の温度、四億~二億五〇〇〇万年前 159
   デボン紀の富栄養化現象、三億六〇〇〇万年前 161
   KT 絶滅、六五〇〇万年前 162
   更新世の氷河期 163
第6章 メデアとしての人類 167
   原核生物のように振る舞う人類 170
   人口問題 173
   人類が引き起こした生物総量の減退 175
第7章 時間を通して検証される生物総量(バイオマス) 179
   生物多様性の歴史は、一方の仮説を他方の仮説よりも支持しているか 180
   地球全体の生物総量-とらえにくい結論 186
   太古の地球の二酸化炭素の歴史 189
   生物総量の推定 194
   結論は保留-モデルのありうる問題点 195
   最新の世代 197
   地球の生物圏は 「死滅」 しつつあるのか 202
第8章 予測される生物総量(バイオマス)の将来動向 203
   将来を見通すモデル 205
   二酸化炭素と植物の終わり 210
   緑色植物と酸素 218
   犯人 219
第9章 要約 221
第10章 環境主義の含意と行動方針 225
   人類と、制約なしに旅する新しい自由 227
   自然の一環としての人間 234
   環境主義の哲学的基礎 235
   ディープエコロジーの基本骨格 238
   実用的な環境主義の二、三の規則 241
   哲学的な課題 243
第11章 何をなすべきか 245
   何が起こるのか 246
   近い未来 248
   人類による温室効果ガス生産-メデア的効果か、地球の生物総量の増加か 256
   工学技術による解決法 257
   籠(かご)の中の卵 258
   宇宙船 263
   最後に 266
訳者あとがき 269
参考文献 9
索引 1
はじめに 13
第1章 ダーウィン的生命 33
   地球生命を定義する 43
26.

図書

図書
成重寿, 妻鳥千鶴子著
出版情報: 東京 : Jリサーチ出版, 2010.1  183p ; 19cm
シリーズ名: 苦手パート完全克服
所蔵情報: loading…
27.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
林希一郎編著
出版情報: 東京 : 中央法規出版, 2010.1  v, 412p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
刊行によせて
はじめに
第1部 生物多様性を取り巻く基本的事項
 第1章 生物多様性の喪失・生態系サービスの劣化 2
   1 生物多様性の劣化と持続可能な利用 2
   2 TEEB(生態系と生物多様性の経済学) 7
 第2章 生物多様性と経済を取り巻く国際動向 11
   1 複雑な生物多様性政策を取り巻く国際条約や国際機関の関係 11
   2 生物多様性と経済を取り巻く国際的議論を概観する 14
   3 経済的インセンティブ : OECD(経済協力開発機構)の生物多様性と経済の取り組み 18
   4 生物多様性保全のための新しい革新的資金メカニズム 24
   5 生物多様性・生態系サービスのマーケット化とは 30
 第3章 生物多様性条約とは 34
   1 生物多様性条約 34
   2 生態系サービスの概要 49
第2部 生物多様性の経済学 : 基礎理論
 第4章 生物多様性の経済学の基礎 56
   1 生物多様性を取り巻く諸問題とは 56
   2 公共財としての生物多様性 59
   3 生物多様性保全と外部性 69
   4 コモンズとオープンアクセス 75
 第5章 生物多様性の環境政策の基礎理論 82
   1 さまざまな環境政策手法 82
   2 生物多様性に配慮した土地利用規制の問題点 97
   3 生物多様性保全のための土地利用規制の費用負担 : TDR制度の活用 102
   4 有機農法と認証制度 112
第3部 生物多様性・生態系の評価
 第6章 エコロジカルフットプリントと国連ミレニアム生態系評価 124
   1 生物多様性条約(CBD) 124
   2 エコロジカルフットプリント 128
   3 生態系サービス 131
 第7章 生物多様性の経済価値評価 147
   1 はじめに 147
   2 生物多様性の価値 148
   3 環境価値の評価手法と生物多様性 150
   4 CVMによる評価事 182
   5 コンジョイント分析による評価事例 165
   6 今後の課題 167
第4部 生物多様性・生態系分野の新しい環境政策手法
 第8章 生態系サービスへの支払い(PES) 172
   1 生態系サービスへの支払い(PES)とは何か 172
   2 各国の生態系サービスへの支払い(PES)の取り組み 175
   3 コスタリカの生態系サービスへの支払い(PES) 177
   4 日本における生態系サービスへの支払い(PES)類似制度 184
   5 生態系サービスへの支払い(PES)の国際的動向 190
 第9章 生物多様性オフセットと生物多様性バンキング 193
   1 生物多様性オフセットと代償ミティゲーション 193
   2 アメリカの代償ミテイデーションの制度 198
   3 アメリカの代償ミテイゲーションの事例 210
   4 その他の諸国の取り組み(EU,オーストラリア,BBOPなど) 213
第10章 遺伝資源アクセスと利益配分(ABS) 219
   1 遺伝資源アクセスと利益配分(ABS)とは何か 219
   2 事ルリから見るABS 223
   3 ABSに関する国際的な議論の経緯 230
   4 利益配分の中身は何か 239
   5 ABSと生物多様性の保全 240
   6 おわりに 241
 第11章 地球温暖化と生物多様性-森林保全策としての森林認証とREDD 246
   1 はじめに 246
   2 地球温暖化と生物多様性 247
   3 REDDの動向 254
   4 生物多様性や住民の生計に配慮したREDDプロジェクト 258
   5 今後のREDDの動向 286
第5部 生物多様性と持続可能な利用に関わる経済とビジネスの取り組み
 第12章 環境省 生物多様性民間参画ガイドライン 272
   1 生物多様性条約(CBD)と生物多様性国家戦略 272
   2 生物多様性をめぐる国際的な動き 278
   3 第三次生物多様性国家戦略の策定 278
   4 生物多様性基本法 283
   5 生物多様性民間参画ガイドライン 285
   6 生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)に向けて 295
   7 おわりに 298
 第13章 生物多様性に関する企業の認識 : 経団連のアンケートより 300
   1 はじめに 300
   2 企業活動と生物多様性の現状 301
   3 アンケートから見る企業活動と生物多様性 305
   4 アンケートから見る生物多様性の課題とリスク 312
   5 まとめ 320
 第14章 企業による自主的な生物多様性保全の動き 323
   1 企業と生物多様性の関係性 323
   2 企業による生物多様性の保全,世界の動き 328
   3 企業の生物多様性イニシアティブ,日本の動き 335
   4 CSRと生物多様性の保全 341
   5 アジアにおける企業のイニシアティブ 343
   6 まとめ 344
 第15章 生物多様性に対する生活者の認識とマーケティング 347
   1 はじめに 347
   2 生物多様性に対する生活者の認識 348
   3 生物多様性に配慮した商品の力 355
   4 生物多様性保全に配慮した商品の企画 381
   5 生物多様性保全をブランドにつなげる 385
 第16章 生物多様性と金融 372
   1 プロジェクトファイナンス 375
   2 コーポレートローン 378
   3 個人ローン 381
   4 資産運用 383
   5 信託 389
   6 不動産 392
   7 まとめ 398
用語集
執筆者一覧
編著者紹介
刊行によせて
はじめに
第1部 生物多様性を取り巻く基本的事項
28.

図書

図書
西條政幸責任編集
出版情報: 東京 : 医学芸術新社 , 東京 : 医学芸術社 (発売), 2010.1  343p, 図版xvip ; 26cm
シリーズ名: 新クイックマスター
所蔵情報: loading…
29.

図書

図書
寺島実郎著
出版情報: 東京 : PHP研究所, 2010.1-  冊 ; 18cm
シリーズ名: PHP新書 ; 646, 749
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
Antonio Doménech-Carbó
出版情報: Boca Raton : CRC Press, c2010  xviii, 312 p., [8] p. of col. plates ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Foreword
Preface
Author
List of Acronyms
Porous Materials and Electrochemistry / 1:
Porous Materials, Concept, and Classifications / 1.1:
Mixed Porous Materials / 1.2:
Electrochemistry and Porous Materials / 1.3:
Synthesis of Porous Materials / 1.4:
Material-Modified Electrodes / 1.5:
Electrode-Modified Materials / 1.6:
General Electrochemical Considerations / 1.7:
Diffusive Aspects / 1.8:
Voltammetry and Related Techniques / 1.9:
Resistive and Capacitive Effects / 1.10:
Electrochemical Impedance Spectroscopy / 1.11:
Other Techniques / 1.12:
Electrochemical Processes Involving Porous Materials / 2:
Introduction / 2.1:
General Approach / 2.2:
Continuous Layer / 2.3:
Microheterogeneous Deposits / 2.4:
Distribution of Species / 2.5:
Refinements / 2.6:
Fractal Surfaces / 2.7:
Electrocatalysis / 3:
Electrocatalysis by Surface-Confined Species / 3.1:
Electrocatalysis at Microparticulate Deposits of Porous Materials / 3.3:
Modeling Electrocatalysis at Microheterogeneous Deposits of Porous Materials: The Steady-State Approach / 3.4:
Modeling Electrocatalysis at Microheterogeneous Deposits of Porous Materials: Transient Responses / 3.5:
Electrocatalytic Mechanisms / 3.6:
Electrochemistry of Aluminosilicates / 4:
Zeolites / 4.1:
Electrochemistry of Zeolite-Associated Species / 4.3:
Topological Redox Isomers / 4.4:
Species Distribution / 4.5:
Mesoporous Materials / 4.6:
Electrochemistry of Related Materials / 4.7:
Speciation: The Maya Blue Problem / 4.8:
Electrochemistry of Metal-Organic Frameworks / 5:
Ion Insertion-Driven Electrochemistry of MOFs / 5.1:
Metal Deposition Electrochemistry of MOFs / 5.3:
Sensing and Electrocatalysis / 5.4:
Electrochemistry of Porous Oxides and Related Materials / 6:
Overview / 6.1:
Electrochemistry of Metal Oxides and Metal Oxohydroxides / 6.2:
Electrochemistry of Layered Hydroxides and Related Materials / 6.3:
Electrochemistry of POMs / 6.4:
Electrochemistry of Doped Materials / 6.5:
Porous Anodic Metal Oxide Films / 6.6:
Electrocatalysis at Metal Oxides and Related Materials / 6.7:
Site-Characteristic Electrochemistry / 6.8:
Electrochemistry of Porous Carbons and Nanotubes / 7:
Carbons as Electrochemical Materials / 7.1:
Porous Carbons / 7.2:
Carbon Nanotubes and Nanoribbons / 7.3:
Fullerenes / 7.4:
Direct Electrochemical Synthesis of Fullerenes and Nanotubes / 7.5:
Capacitance Response / 7.6:
Carbon Functionalization / 7.7:
Electrocatalytic Ability / 7.8:
Electrochemistry of Porous Polymers and Hybrid Materials / 8:
Organic-Inorganic Hybrid Materials and Nanocomposites / 8.1:
Porous Polymers / 8.2:
Hybrid Materials Based on Modification of Conducting Organic Polymers / 8.3:
Hybrid Materials Based on Modification with Conducting Polymers / 8.4:
Electrochemical Monitoring of Polymerization in Hybrid Systems / 8.5:
Dispersion of Metal and Metal Oxide Nanoparticles into Porous Solids / 8.6:
Electrochemical Sensing via Porous Materials / 9:
Electrochemical Sensing / 9.1:
Gas Sensors with Porous Materials / 9.2:
Solid-State pH and Ion-Selective Electrodes / 9.3:
Amperometric Sensing / 9.4:
Voltammetric Sensing and Selectivity / 9.5:
Enantioselective Electrochemical Sensing / 9.6:
Electrochemical Modeling of Electronic Systems / 9.7:
Supercapacitors, Batteries, Fuel Cells, and Related Applications / 10:
Electrical Energy Storage and Conversion / 10.1:
Capacitors and Supercapacitors / 10.2:
Nickel Batteries / 10.3:
Lithium Batteries / 10.4:
Fuel Cells / 10.5:
Electrocogeneration / 10.6:
Magnetoelectrochemistry and Photoelectrochemistry of Porous Materials / 11:
Magnetoelectrochemistry / 11.1:
Photoelectrochemistry / 11.2:
Photon Energy and Redox Processes / 11.3:
Photoelectrochemical Cells / 11.4:
Electrochemically Induced Luminescence and Electrochromic Materials / 11.5:
Photochemical Modulation of Electrocatalytic Processes
Microporous Materials in Electrosynthesis and Environmental Remediation / 12:
Electrosynthesis / 12.1:
Electrolytic Procedures Involving Porous Electrodes / 12.2:
Electrocatalytic Processes / 12.3:
Oxygen Evolution Reaction / 12.4:
Hydrogen Evolution Reaction / 12.5:
Electrocatalytic Oxidation of Alcohols / 12.6:
Electrochemical Degradation of Contaminants / 12.7:
Degradation/Generation / 12.8:
Photoelectrochemical Degradation / 12.9:
References
Index
Foreword
Preface
Author
31.

図書

図書
佐々木譲著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2010.1  2冊 ; 16cm
シリーズ名: 新潮文庫 ; 8845-8846, さ-24-12-13
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
M. Bremer, R.W. Doerge
出版情報: Cold Spring Harbor, N.Y. : Cold Spring Harbor Laboratory Press, c2010  ix, 167 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
宮本輝著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2010.1  507p ; 16cm
シリーズ名: 新潮文庫 ; 8844, み-12-54 . 流転の海||ルテン ノ ウミ ; 第5部
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
星野恵子, 遠藤藍子編著
出版情報: 東京 : アルク, 2010.1  223p ; 26cm
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
D.Voet, J.G.Voet, C.W.Pratt著 ; 田宮信雄 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2010.1  xx, 730p ; 30cm
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
石黒広昭, 亀田達也編
出版情報: 東京 : 新曜社, 2010.1  ix, 248, 26p ; 20cm
所蔵情報: loading…
37.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ヘンリー・ペトロスキー著 ; 忠平美幸訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 2010.1  467p ; 16cm
シリーズ名: 平凡社ライブラリー ; 693
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   まえがき 5
第一章 フォークの歯はなぜ四本になったか 13
第二章 形は失敗にしたがう 46
第三章 批評家としての発明家 68
第四章 ピンからペーパークリップへ 98
第五章 瑣末なモノもあなどれない 143
第六章 ファスナーが生まれるまで 167
第七章 道具が道具を作る 204
第八章 増殖のパターン 231
第九章 流行とインダストリアル・デザイン 271
第十章 先行するモノの力 300
第十一章 開けるより封じる 324
第十二章 ちょっと変えて大儲け 362
第十三章 良が最良よりも良いとき 381
第十四章 つねに改良の余地がある 407
   訳者あとがき 433
   解説 失敗の発明 棚橋弘季 439
   注 456
   参考文献 467
   まえがき 5
第一章 フォークの歯はなぜ四本になったか 13
第二章 形は失敗にしたがう 46
38.

図書

図書
加藤隆一, 山添康, 横井毅編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2010.1  xi, 250p ; 21cm
所蔵情報: loading…
39.

図書

図書
五木寛之著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.1-  冊 ; 20cm
所蔵情報: loading…
概要: 信心と家族愛の間でゆれ動く、親鸞の真の姿—。二十数年ぶりにもどった都では、陰謀が渦巻いていた!<br />信心と家族愛の間でゆれ動く、親鸞の真の姿—。東国へ向かった息子と、地元の弟子たちとの対立とは!
40.

図書

図書
by David Benjamin ; illustrated by Greg Holfeld
出版情報: Tokyo : Tuttle Pub., c2010  256 p., [16] p. of plates ; 21 cm
シリーズ名: Tuttle classics
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Introduction
The Pit / Chapter 1:
"Death Valley"
Rhythm and Recognition
Big Al, Mad Dog, Tokyo Rose and the Silver Spoons / Chapter 2:
Nomenclature: Proper and Improper
The "Grouping Urge" Blubberbutts and Thoroughbreds / Chapter 3:
Left/Right/Up/Down and All That
Genus and Species
Backstage: Choking Up in the Church / Chapter 4:
Napoleon and Konishiki
The Locker Room
Aprons and Ads
The Meditations of the Beast
The Sumotori Rag: Pose-striking, Time-killing and the Eight Forms of Screwing Around / Chapter 5:
The Importance of the Overture
"Kokoro" and KITSH
The KITSH Pecking Order
Eight Ways to Screw Around
Tachiai: Hookers, Bulldozers, Boxers, Stranglers, Matadors and Low-down Yankee Liars / Chapter 6:
Jumpers and Receivers
Bohr's Constant vs. The Human Factor
"Fast Is Good, Heavy Is Better"
The Five Styles of Tachiai
To Live and Die at Tachiai
The Fistfight at the Malamute Saloon and Other Japanese Cultural Treasures / Chapter 7:
The Expert
Hands, Feet and Angle
The Guy in the Pajamas
The Finish
Extra Terms
The Ripsnorter in Nagoya / Chapter 8:
Chiyonofuji's Ghosts
Asahifuji's Jinx
The Match
Afterward: "Keep Up Appearances Whatever You Do" / Chapter 9:
The Membrane of Sportsmanship
The Rite of Withdrawal
The Interview
The Basho Beat:"Give That Rhythm Everything You've Got" / Chapter 10:
Banzuke: Confucian Confusion
The Real Ranks: Upper Echelon
The Real Ranks: Down Below
The Weight of Concentration
Good Basho, Bad Basho
Tank This One for the Gipper / Chapter 11:
Little Spoon, Tamaryu, and the Politics of Mono-ii
A Sense of Honor
"Yaocho Doesn't Exist"
The Last-Day Blues
How to Take a Dive
The Rite of Passage
The Statistical Imperative / Chapter 12:
The Data Deficit
Rating the Rikishi
Whither Sumo Especially With All These Gatjin / Chapter 13:
The Mongol Hordes
Cracks in the Façade
An American Solutio
Jusc a Game
Acknowledgments
Glossary
Index
Introduction
The Pit / Chapter 1:
"Death Valley"
41.

視聴覚資料

AV
with Brian Knutson
出版情報: San Luis Obispo, Calif. : Distributed by Davidson Films , 東京 : グローバル・リンケージ [distributor], c2010  1 videodisc (33 min.) ; 12 cm
シリーズ名: Neuroscience series ; 4
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
渡辺恭良編集
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 2010.1  159p ; 26cm
シリーズ名: 別冊・医学のあゆみ
所蔵情報: loading…
43.

図書

図書
スティーヴン・キング著 ; 白石朗他訳
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2010.1  330p ; 16cm
シリーズ名: 文春文庫 ; [キ-2-35]
所蔵情報: loading…
44.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
阿尻雅文監修
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2010.1  vi, 300p ; 21cm
シリーズ名: CMCテクニカルライブラリー ; 341 . 新材料・新素材シリーズ||シンザイリョウ シンソザイ シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 超臨界流体技術
   1. はじめに(猪股宏) 1
   2. 超臨界流体とは(猪股宏) 3
    2.1 はじめに 3
    2.2 超臨界流体の特徴 3
   3. 超臨界流体の特性(岩井芳夫) 5
    3.1 2成分系の相挙動と相平衡 5
    3.2 溶質の溶解度 7
    3.3 エントレーナ効果 9
    3.4 クラスター効果 10
    3.5 超臨界水の物性 10
   4. 超臨界技術の原理と最近の動向 13
    4.1 溶解度・相平衡と抽出・分離(古屋武) 13
     4.1.1 溶解度・相平衡データの所在 13
     4.1.2 溶解度・相平衡の測定法 15
     4.1.3 最近の技術動向 18
    4.2 反応(松村幸彦) 21
     4.2.1 超臨界流体の特性と化学反応 21
     4.2.2 超臨界流体反応利用の事例 24
第2章 ナノテクノロジーの最近の動向
   1. はじめに(神谷秀博) 29
   2. ナノテクノロジーの動向(安田英典) 31
    2.1 はじめに 31
    2.2 ナノテクノロジー小史 31
    2.3 21世紀ナノテクノロジー研究開発法 33
    2.4 ナノテクノロジーのファンディングの底流 34
    2.5 ナノテクノロジーと米国の国家安全保障 35
    2.6 ナノテクノロジーの2面性 35
    2.7 欧州およびアジア 36
    2.8 ナノテクノロジーとバイオ 36
    2.9 社会的受容性 38
   3. ナノ粒子の合成技術(Wuled Lenggoro、奥山喜久夫) 40
    3.1 はじめに 40
    3.2 液相法におけるナノ粒子の合成 40
     3.2.1 化学的液相法 40
     3.2.2 物理的液相法 41
    3.3 マトリックスを利用したナノ粒子のin situ合成 44
     3.3.1 ミクロンシリカ粒子を利用したナノ粒子の合成 44
     3.3.2 ナノ粒子分散型蛍光性ポリマー電解質の合成 45
    3.4 気相法によるナノ粒子合成 45
     3.4.1 火炎法 45
     3.4.2 CVD法によるナノ粒子の合成 46
    3.5 固相反応法によるナノ粒子の合成 47
    3.6 おわりに 49
   4. ナノ構造制御(大久保達也) 50
    4.1 ナノ構造の特徴 50
    4.2 ナノ構造の作製 50
    4.3 ボトムアップによるナノ構造の制御 52
    4.4 集積場としてのナノ構造 54
    4.5 おわりに 54
   5. ナノバイオテクノロジーの動向(神谷秀博、渡邉英一) 55
    5.1 全般的な研究開発動向 55
    5.2 ナノテクノロジーの医療・健康、生活関連分野への応用 55
    5.3 バイオテクノロジーの材料ナノテクノロジー、その他物質生産プロセス分野への応用 60
    5.4 おわりに 61
第3章 ナノ粒子合成
   1. はじめに(阿尻雅文) 62
   2. 超臨界流体を利用したナノ微粒子創製(内田博久) 64
    2.1 はじめに 64
    2.2 超臨界流体を利用した微粒子創製技術 64
     2.2.1 急速膨張法 65
     2.2.2 貧溶媒添加法 67
     2.2.3 反応晶析法 70
    2.3 おわりに 71
   3. 超臨界流体による微粒子製造法(福里隆一、Michel Perrut) 73
    3.1 はじめに 73
    3.2 超臨界流体場における微粒子製造技術の熱力学的背景 73
    3.3 微粒子製造技術の概要 74
     3.3.1 急速膨張法 76
     3.3.2 貧溶媒化法 80
     3.3.3 ガス飽和溶液懸濁法 86
    3.4 応用実施例 89
    3.4.1 微粒子複合体製造 90
    3.5 おわりに 91
   4. 超臨界水熱合成(阿尻雅文) 94
    4.1 はじめに 94
    4.2 超臨界水の物性、相挙動および反応平衡・速度 94
     4.2.1 超臨界水の物性 94
     4.2.2 超臨界水中での相挙動 96
    4.3 高温高圧水中での化学平衡と酸化物の溶解度 96
     4.3.1 水熱合成反応 96
     4.3.2 超臨界水中での溶媒効果と反応制御 97
     4.3.3 高温高圧水中での反応平衡・溶解度の評価 97
    4.4 急速昇温超臨界水熱合成装置 99
    4.5 超臨界水熱合成の特性 99
     4.5.1 ナノ粒子合成 99
     4.5.2 粒子形状の制御 100
     4.5.3 酸化還元場の制御 100
     4.5.4 in situ熱処理と高結晶性 101
    4.6 超臨界水中でのナノ粒子合成の機構 103
    4.7 反応場の理解に基づく超臨界水熱合成装置の開発 104
    4.8 おわりに 106
   5. マイクロエマルションとナノマテリアル(大竹勝人、鷺坂将伸、井村知弘) 108
    5.1 はじめに 108
    5.2 マイクロエマルションと超臨界流体 108
    5.3 界面活性剤の分子設計 110
     5.3.1 臨界充填パラメーター 110
     5.3.2 親水基と親油基(疎水基) 110
     5.3.3 親水性/親油性バランス 110
    5.4 超臨界炭化水素中のマイクロエマルション 111
    5.5 超臨界二酸化炭素中のマイクロエマルション 111
    5.6 超臨界二酸化炭素中のマイクロエマルションを利用したナノマテリアルの調製 115
     5.6.1 超微粒子の合成 116
     5.6.2 その他のナノマテリアルの合成 117
     5.6.3 洗浄 117
    5.6.4 リポソーム調製 118
    5.7 おわりに 119
   6. 応用技術 126
    6.1 マイクロカプセル・染色(三島健司、松山清) 126
     6.1.1 超臨界二酸化炭素を用いた高分子微粒子・マイクロカプセル製造法 126
     6.1.2 環境適応型染色システムの開発 128
    6.2 複合材料(吉澤秀和、有島真史) 131
     6.2.1 はじめに 131
     6.2.2 複合材料製造に用いられるプロセスと特徴 131
     6.2.3 応用分野 133
     6.2.4 今後の動向 134
    6.3 ナノ無機粒子合成(伯田幸也) 136
     6.3.1 はじめに 136
     6.3.2 光触媒ナノワイヤー合成 137
     6.3.3 蛍光体ナノ粒子合成 138
     6.3.4 おわりに 140
    6.4 有機・無機・生体分子複合ナノ粒子(阿尻雅文、高見誠一、梅津光央、大原智) 142
    6.5 サイズ制御された顔料系ナノ結晶の作製(笠井均) 146
     6.5.1 はじめに 146
     6.5.2 使用した化合物と実験系 146
     6.5.3 フタロシアニンナノ結晶の作製 147
     6.5.4 異なる結晶型を有するキナクリドンナノ結晶の作製 149
     6.5.5 C60ナノ結晶の作製 150
     6.5.6 おわりに 150
    6.6 超臨界二酸化炭素中でのポリマーナノ粒子の調製(宍戸昌宏) 152
     6.6.1 はじめに 152
     6.6.2 SC-CO2中での分散重合によるポリマー粒子の調製 152
     6.6.3 SC-CO2中でのポリマー微粒子の構造制御の可能性 156
    6.7 機能性医薬品微粒子(岡本浩一) 159
     6.7.1 はじめに 159
     6.7.2 溶解速度の制御 159
     6.7.3 結晶形の制御 159
     6.7.4 薬物微粒子のコーティング 160
     6.7.5 マイクロスフェア 160
     6.7.6 リポソーム 161
     6.7.7 タンパク質医薬の微粒子化 161
     6.7.8 遺伝子医薬の微粒子化 162
    6.8 微粒子合成・乾燥(佐藤次雄、Shu Yin) 165
     6.8.1 はじめに 165
     6.8.2 粉末の形態・凝集制御における超臨界溶媒の役割 165
     6.8.3 超臨界溶媒中の非晶質ゲルの結晶化 166
     6.8.4 超臨界溶媒処理粉末の焼結特性 169
     6.8.5 超臨界溶媒処理粉末の光触媒特性 170
     6.8.6 おわりに 170
    6.9 生体ナノ材料(井奥洪二) 172
     6.9.1 生体ナノ材料とは 172
     6.9.2 アパタイト生体機能材料 172
     6.9.3 おわりに 175
第4章 ナノ構造制御
   1. はじめに(後藤元信) 178
   2. 超臨界ナノ構造制御法(後藤元信) 179
    2.1 はじめに 179
    2.2 超臨界乾燥 179
    2.3 プレーティング 182
    2.4 発泡ポリマー 183
    2.5 超臨界洗浄 184
    2.6 超臨界染色 185
   3. 応用技術 187
    3.1 エアロゲル(依田智) 187
     3.1.1 はじめに 187
     3.1.2 エアロゲルの作成と超臨界乾燥 187
     3.1.3 代表的なエアロゲル 189
     3.1.4 おわりに 190
    3.2 高アスペクト・超微細パターン形成法(生津英夫) 193
     3.2.1 パターン倒れとその原因 193
     3.2.2 超臨界乾燥法 193
    3.3 超臨界二酸化炭素を用いた洗浄技術について(猪股宏) 198
     3.3.1 はじめに 198
     3.3.2 超臨界二酸化炭素の洗浄溶媒としての可能性 199
     3.3.3 超臨界流体洗浄の対象洗浄物 200
     3.3.4 新規な洗浄効果発現機構 202
     3.3.5 超臨界CO2ドライクリーニング 203
     3.3.6 フィルタ洗浄 206
     3.3.7 おわりに 208
    3.4 マイクロ発泡構造形成(大嶋正裕) 210
     3.4.1 超臨界二酸化炭素と発泡成形 210
     3.4.2 超臨界二酸化炭素と発泡性 211
     3.4.3 超臨界二酸化炭素とセル構造(気泡密度・気泡径) 213
     3.4.4 今後の展望 216
    3.5 ネガ構造(若山博昭) 219
     3.5.1 はじめに 219
     3.5.2 Nanoscale Casting Process(NC法) 219
     3.5.3 応用分野 221
    3.6 超臨界ナノプレーティングシステム(曽根正人、宮田清蔵) 224
     3.6.1 はじめに 224
     3.6.2 実用機の開発 226
     3.6.3 実用機により得られるめっき皮膜 229
     3.6.4 おわりに 232
    3.7 ナノプレーティングによる燃料電池用材料の作製(上宮成之) 234
     3.7.1 はじめに 234
     3.7.2 水素分離用パラジウム膜 234
     3.7.3 超臨界パラジウム電気めっき 236
     3.7.4 燃料電池用材料の作製への応用 238
     3.7.5 おわりに 239
    3.8 水熱反応におけるプレカーサーとしてのゲル及び水溶性チタン化合物(垣花眞人、冨田恒之、Petrykin Valery) 241
     3.8.1 はじめに 241
     3.8.2 錯体重合法と水熱法を組み合わせた六方アノーサイトの合成 242
     3.8.3 ゾルゲル水熱法によるチタン酸塩の薄膜作製 244
     3.8.4 水溶性チタン化合物の水熱分解によるTiO2ナノ微粒子合成 244
     3.8.5 おわりに 246
    3.9 水熱ホットプレス法による成形体の作製(柳澤和道) 248
    3.10 ナノバイオへの展開(阿尻雅文、高見誠一、梅津光央、大原智) 253
     3.10.1 はじめに 253
     3.10.2 DNA高次構造を利用したナノ粒子アセンブリとアドレッシング 253
     3.10.3 特異的結合力を持つペプチドを用いたナノ粒子パターニング 255
     3.10.4 ナノバイオへ向けた超臨界技術の展望 256
    3.11 その他の技術動向(後藤元信) 258
     3.11.1 ナノシート(層状物質の剥離)およびポリマーとの複合体 258
     3.11.2 超臨界プレーティングによるナノ構造 258
     3.11.3 ナノ粒子の固定法 261
第5章 超臨界流体材料合成プロセスの設計
   1. はじめに(福里隆一) 263
   2. 超臨界流体プロセスの設計(福里隆一) 265
    2.1 プロセス基本設計および経済性評価 265
     2.1.1 超臨界二酸化炭素抽出基本プロセス 265
     2.1.2 基本プロセス設計手順 267
     2.1.3 抽出器基本仕様の検討 269
    2.2 超臨界流体プロセス詳細設計 271
    2.3 おわりに 272
   3. 超臨界流体プロセスの材料(渡辺豊) 274
    3.1 はじめに 274
    3.2 腐食環境としての超臨界水の特異性 274
    3.3 超臨界・亜臨界水環境での金属材料の腐食挙動 276
     3.3.1 超臨界・亜臨界水腐食における水の物性の重要性 276
     3.3.2 酸化剤濃度の効果と電位-pH図の有効性 279
     3.3.3 合金成分、耐食性、皮膜(スケール)構成酸化物の関係 280
    3.4 おわりに 281
   4. 超臨界流体を利用した材料製造プロセスの数値シミュレーション(塚田隆夫、阿尻雅文) 283
    4.1  はじめに 283
    4.2  超臨界熱流体解析に関する最近の研究 284
     4.2.1 ピストン効果 284
     4.2.2 超臨界水酸化プロセス 285
    4.3 超臨界流体を利用した粒子製造プロセスシミュレーション 285
     4.3.1 超臨界熱流体解析 286
     4.3.2 粒子生成・成長解析 287
     4.3.3 熱物性値 288
     4.3.4 解析例 288
    4.4 おわりに 291
おわりに 293
索引 294
用途別索引 297
第1章 超臨界流体技術
   1. はじめに(猪股宏) 1
   2. 超臨界流体とは(猪股宏) 3
45.

図書

図書
内田樹, 平川克美著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2010.1  274p ; 16cm
シリーズ名: 文春文庫 ; [う-19-6]
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
sponsored by the Optical Society of America ; Michael Bass, editor-in-chief ; Virendra N. Mahajan, Eric Van Stryland, associate editor
出版情報: New York : McGraw-Hill, c2010  1 v. (various pagings) ; 25 cm
シリーズ名: Handbook of optics / sponsored by the Optical Society of America ; Michael Bass, editor in chief ; v. 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Contributors
Brief Contents of All Volumes
Editors' Preface
Preface to Volume II
Glossary and Fundamental Constants
Design / Part 1:
Techniques of First-Order Layout / Chapter 1:
Aberration Curves in Lens Design / Chapter 2:
Optical Design Software / Chapter 3:
Optical Specifications / Chapter 4:
Tolerancing Techniques / Chapter 5:
Mounting Optical Components / Chapter 6:
Control of Stray Light / Chapter 7:
Thermal Compensation Techniques / Chapter 8:
Fabrication / Part 2:
Optical Fabrication / Chapter 9:
Fabrication of Optics by Diamond Tuning / Chapter 10:
Testing / Part 3:
Orthonormal Polynomials in Wavefront Analysis / Chapter 11:
Optical Metrology / Chapter 12:
Optical Testing / Chapter 13:
Use of Computer-Generated Holograms in Optical Testing / Chapter 14:
Sources / Part 4:
Artificial Sources / Chapter 15:
Lasers / Chapter 16:
Light-Emitting Diodes / Chapter 17:
High-Brightness Visible LEDs / Chapter 18:
Semiconductor Lasers / Chapter 19:
Ultrashort Optical Sources and Applications / Chapter 20:
Attosecond Optics / Chapter 21:
Laser Stabilization / Chapter 22:
Quantum Theory of the Laser / Chapter 23:
Detectors / Part 5:
Photodetectors / Chapter 24:
Photodetection / Chapter 25:
High-Speed Photodetectors / Chapter 26:
Signal Detection and Analysis / Chapter 27:
Thermal Detectors / Chapter 28:
Imaging Detectors / Part 6:
Photographic Films / Chapter 29:
Photographic Materials / Chapter 30:
Image Tube Intensified Electronic Imaging / Chapter 31:
Visible Array Detectors / Chapter 32:
Infrared Detector Arrays / Chapter 33:
Radiometry and Photometry / Part 7:
Measurement of Transmission, Absorption, Emission, and Reflection / Chapter 34:
Radiometry and Photometry: Units and Conversions / Chapter 36:
Radiometry and Photometry for Vision Optics / Chapter 37:
Spectroradiometry / Chapter 38:
Nonimaging Optics: Concentration and Illumination / Chapter 39:
Lighting and Applications / Chapter 40:
Index
Contributors
Brief Contents of All Volumes
Editors' Preface
47.

図書

図書
sponsored by the Optical Society of America ; Michael Bass, editor-in-chief ; Jay M. Enoch, Vasudevan Lakshminarayanan, associate editor
出版情報: New York : McGraw-Hill, c2010  1 v. (various pagings) ; 25 cm
シリーズ名: Handbook of optics / sponsored by the Optical Society of America ; Michael Bass, editor in chief ; v. 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Optics of the Eye / Ch1:
Visual Performance / Wilson Geisler ; Martin BanksCh2:
Psychophysical Methods / Dennis Pelli ; Bart FarellCh3:
Visual Acuity and Hyperacuity / Gerald WestheimerCh4:
Optical Generation of the Visual Stimulus / Stephen A. Burns ; Robert H. WebbCh5:
The Maxwellian View Combined with an Addendum on Apodization / Ch6:
Ocular Radiation Hazards / David SlineyCh7:
Biological Waveguides / Vasudevan Lakshminarayanan ; Jay M. EnochCh8:
The Problem of Correction for the Stiles-Crawford effect in Radiometry and Photometry / Ch9:
Colorimetry / David Brainard ; Andrew StockmanCh10:
Color Vision / Ch11:
Assessment of Refraction and Refractive Errors and Their Influence on Optical Design / Ralph ChouCh12:
Binocular Vision Factors That Influence Optical Design / Clifton SchorCh13:
Optics of Vision in the Aging Eye / John Werner ; Brooke SchefrinCh14:
Adaptive Optics (AO) in Retinal Microscopy and Vision / Donald Miller ; Austin RoordaCh15:
Refractive Surgery, Correction of Vision, PRK and LASIK / Harilaos ; Luis Diaz-SantanaCh16:
Corneal Confocal Imaging / Barry MastersCh17:
Diagnostic Use of Optical Coherence Tomography (OCT) in the Eye / Johanes de BoerCh18:
Graded Index of Refraction (GRIN) Profiling of the Eye Lens / B. PierscionekCh19:
Optics of Contact Lenses / E. BennettCh20:
Inter-Ocular Lenses (IOL's), Accommodative and Multifocal IOL's / James SchweigerlingCh21:
Displays for Vision Research / William CowanCh22:
Visual Problems at Computers / Jeffrey Anshel ; James SheedyCh23:
Human Vision and Electronic Imaging / Bernice Rogowitz ; T.N. Pappas ; Jan P. AllerbackCh24:
Visual Factors Associated with Head-Mounted Displays / Brian H. Tsou ; Martin ShenkerCh25:
Optics of the Eye / Ch1:
Visual Performance / Wilson Geisler ; Martin BanksCh2:
Psychophysical Methods / Dennis Pelli ; Bart FarellCh3:
48.

図書

図書
sponsored by the Optical Society of America ; Michael Bass, editor-in-chief ; Carolyn MacDonald ... [et al.], associate editor
出版情報: New York : McGraw-Hill, c2010  1 v. (various pagings) ; 25 cm
シリーズ名: Handbook of optics / sponsored by the Optical Society of America ; Michael Bass, editor in chief ; v. 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Contributors
Brief Contents of All Volumes
Editors' Preface
Preface to Volume V
Glossary and Fundamental Constants
Measurements / Part 1:
Scatterometers / Chapter 1:
Spectroscopic Measurements / Chapter 2:
Atmospheric Optics / Part 2:
Imaging Through Atmospheric Turbulence / Chapter 3:
Adaptive Optics / Chapter 5:
Modulators / Part 3:
Acousto-Optic Devices / Chapter 6:
Electro-Optic Modulators / Chapter 7:
Liquid Crystals / Chapter 8:
Fiber Optics / Part 4:
Optical Fiber Communication Technology and System Overview / Chapter 9:
Nonlinear Effects in Optical Fibers / Chapter 10:
Photonic Crystal Fibers / Chapter 11:
Infrared Fibers / Chapter 12:
Sources, Modulators, and Detectors for Fiber Optic Communication Systems / Chapter 13:
Optical Fiber Amplifiers / Chapter 14:
Fiber Optic Communication Links (Telecom, Datacom, and Analog) / Chapter 15:
Fiber-Based Couplers / Chapter 16:
Fiber Bragg Gratings / Chapter 17:
Micro-Optics-Based Components for Networking / Chapter 18:
Semiconductor Optical Amplifiers / Chapter 19:
Optical Time-Division Multiplexed Communication Networks / Chapter 20:
WDM Fiber-Optic Communication Networks / Chapter 21:
Solitons in Optical Fiber Communication Systems / Chapter 22:
Fiber-Optic Communication Standards / Chapter 23:
Optical Fiber Sensors / Chapter 24:
High-Power Fiber Lasers and Amplifiers / Chapter 25:
X-Ray and Neutron Optics / Part 5:
Introduction and Applications / SUBPart 5.1:
An Introduction to X-Ray and Neutron Optics / Chapter 26:
Coherent X-Ray Optics and Microscopy / Chapter 27:
Requirements for X-Ray Diffraction / Chapter 28:
Requirements for X-Ray Fluorescence / Chapter 29:
Requirements for X-Ray Spectroscopy / Chapter 30:
Requirements for Medical Imaging and X-Ray Inspection / Chapter 31:
Requirements for Nuclear Medicine / Chapter 32:
Requirements for X-Ray Astronomy / Chapter 33:
Extreme Ultraviolet Lithography / Chapter 34:
Ray Tracing of X-Ray Optical Systems / Chapter 35:
X-Ray Properties of Materials / Chapter 36:
Refractive and Interference Optics / SUBPart 5.2:
Refractive X-Ray Lenses / Chapter 37:
Gratings and Monochromators in the VUV and Soft X-Ray Spectral Region / Chapter 38:
Crystal Monochromators and Bent Crystals / Chapter 39:
Zone Plates / Chapter 40:
Multilayers / Chapter 41:
Nanofocusing of Hard X-Rays with Multilayer Laue Lenses / Chapter 42:
Polarizing Crystal Optics / Chapter 43:
Reflective Optics / SUBPart 5.3:
Image Formation with Grazing / Chapter 44:
Aberrations for Grazing Incidence Optics / Chapter 45:
X-Ray Mirror Metrology / Chapter 46:
Astronomical X-Ray Optics / Chapter 47:
Multifoil X-Ray Optics / Chapter 48:
Pore Optics / Chapter 49:
Adaptive X-Ray Optics / Chapter 50:
The Schwartzchild Objective / Chapter 51:
Single Capillaries / Chapter 52:
Polycapillary X-Ray Optics / Chapter 53:
X-Ray sources / SUBPart 5.4:
X-Ray Tube Sources / Chapter 54:
Synchrotron Sources / Chapter 55:
Laser-Generated Plasmas / Chapter 56:
Pinch Plasma Sources / Chapter 57:
X-Ray Lasers / Chapter 58:
Inverse Compton X-Ray Sources / Chapter 59:
X-Ray detectors / SUBPart 5.5:
Introduction to X-Ray Detectors / Chapter 60:
Advances in Imaging Detectors / Chapter 61:
X-Ray Spectral Detection and Imaging / Chapter 62:
Neutron Optics and Applications / SUBPart 5.6:
Neutron Optics / Chapter 63:
Grazing-Incidence Neutron Optics / Chapter 64:
Index
Contributors
Brief Contents of All Volumes
Editors' Preface
49.

図書

図書
アダム・スミス [著] ; 玉野井芳郎, 田添京二, 大河内暁男訳
出版情報: 東京 : 中央公論新社, 2010  4冊 ; 18cm
シリーズ名: 中公クラシックス ; W59-W62
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
リルケ作 ; 手塚富雄訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2010.1  232p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 赤(32)-432-3
所蔵情報: loading…
51.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中島映至監修
出版情報: 東京 : 技術評論社, 2010.1  237p ; 19cm
シリーズ名: tanQブックス ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 サイエンスカフェに出かけよう 6
第1章 気候研究のサムライ-中島映至 26
   書家の2代目になるのがイヤで,物理の道へ
   気候センターの立ち上げに誘われて,東大へ
   センターとして最初の成果を出すまでには10年がかり
   学際研究を阻んでいるのは縦割り官僚組織の厚い壁
   「役に立たない研究」とコンピューターの発達が転換期
   多様な分野の中心で研究のエンジンとなりつつある気候モデル
   10年,20年後の重要課題に応える優れた研究者育成を目指したい
   環境だけでなくあらゆる対象にポジティブ思考で挑戦したい
第2章 ミスターCO2-中澤高清 70
   CO2が増加すると,地球の気温が上がるワケ
   台風によって導かれた地球物理学への道
   運命を決めた図書館での出会い
   世界トップクラスの計測機器を手作りで製作
   世界的権威キーリング博士の研究室で学ぶ
   飛行機や船を駆使して多地点観測
   東アジアの化石燃料の影響
   南極が発する地球からの危険信号
   南極の氷が教えてくれる地球の歴史
   10万年周期の変化を超える速さで進む,CO2濃度の増加
   常に新しいことをやり続けるということ
第3章 サステナの天秤-住明正 114
   観念論の世界を脱出して気象庁へ
   きっかけは伊勢湾台風との遭遇
   人間に対する価値観が変わってしまった東大闘争
   度量が広かった気象庁
   ハワイ大学へ留学
   東京大学地球物理学科に呼ばれて
   日本の気象学のルーツを作った人々
   人材集めから始まった気候システム研究センターの立ち上げ
   気候再現モデルから見る地球温暖化の傾向
   2100年には真夏日が3倍に増加
   地球温暖化問題を考えるにはバランス感覚が必要
   人を管理して育て,組織として成果を上げるということ
第4章 水文学者-沖大幹 154
   スポーツ,科学,音楽で明け暮れた高校時代
   過去を清算するために東京大学へ進路変更
   理系と文系の中間を目指し土木工学科を選択
   じゃんけんで負けて,河川水文研究室へ
   気候モデルに影響を与える大陸の河川網
   年中降る雨で恵まれた日本の気候
   タイで調べた森林伐採による影響
   サイエンスとテクノロジーによって可能になる水循環解析
   最初は拒絶されるような画期的な研究にかかわるということ
第5章 わらしべの旅は続く-枝廣淳子 192
   朝2時起きの生活を実践して同時通訳者に
   活動の原点は,野生児として過ごした幼少時代
   環境問題への目覚めはレスター・ブラウンとの出会い
   環境に関心を持たせる「トロイの木馬作戦」
   言葉以外のものも伝えられる通訳者に
   エコノミストが警告する温暖化対策
   だれもが理解できる言葉で伝えるということ
   人間が作ったものは人間が変えることができる
   バックキャスティング手法で目的意識を持つ
   1000人集める環境問題の語り部
おわりに 232
序章 サイエンスカフェに出かけよう 6
第1章 気候研究のサムライ-中島映至 26
   書家の2代目になるのがイヤで,物理の道へ
52.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
今仁和武著
出版情報: 東京 : 工学社, 2010.1  255p ; 21cm
シリーズ名: I/O books
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 2
第1章 エネルギー需給と代替エネルギー
   1.1 エネルギー資源埋蔵量 8
   1.2 エネルギーの需要 10
   1.3 石油と石炭 16
   1.4 天然ガス 21
   1.5 火力発電の熱効率 23
   1.6 メタン・ハイドレート 26
   1.7 自然エネルギー 29
   1.8 深海冷水で台風緩和 50
   1.9 水素と燃料電池 55
   1.10 原子力 57
第2章 太陽エネルギー
   2.1 太陽エネルギーの特性 66
   2.2 「日射量」と「太陽位置」の予測 72
   2.3 温水コレクター 74
   2.4 産業用ソーラー・システムと熱発電 79
   2.5 太陽電池の特性 82
   2.6 太陽電池の等価回路 87
   2.7 家庭用光発電システム 95
   2.8 大型「太陽光発電システム」 101
   2.9 宇宙太陽光発電 105
   2.10 太陽追尾光発電 108
   2.11 スマート・グリッド 116
第3章 原子力発電の基礎
   3.1 原子の構造 120
   3.2 原子核の反応 124
   3.3 同位元素と放射線 127
   3.4 原子核分裂 132
   3.5 「核分裂・連鎖反応」のシミュレーション 137
   3.6 中性子の拡散と減速 140
   3.7 原子力発電の歴史 152
第4章 原子力発電の現状
   4.1 原子力発電所の構成 158
   4.2 軽水炉の構造と改良 163
   4.3 原子炉制御のシミュレーション 176
   4.4 「核計装」と「核分裂計数管」 178
   4.5 熱サイクル 182
   4.6 原子力発電所の事故 185
   4.7 「軽水炉」の耐震と地震免震 191
   4.8 「核燃料サイクル」のプルサーマル 196
   4.9 核廃棄物処理 200
   4.10 軽水炉の経済性 206
   4.11 高温ガス炉 209
   4.12 高速増殖炉 211
第5章 核融合発電
   5.1 プラズマ物理とMHD発電 220
   5.2 磁場閉じ込め核融合 226
   5.3 慣性閉じ込め核融合 233
   5.4 「核融合」「核分裂」ハイブリッド炉 240
   5.5 「反水素起爆核融合」のシミュレーション 243
エピローグ 249
あとがき 253
参考文献 253
索引 254
はじめに 2
第1章 エネルギー需給と代替エネルギー
   1.1 エネルギー資源埋蔵量 8
53.

図書

図書
佐藤健太郎著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2010.1  207p ; 18cm
シリーズ名: 新潮新書 ; 348
所蔵情報: loading…
54.

図書

図書
カント [著] ; 中山元訳
出版情報: 東京 : 光文社, 2010.1-  冊 ; 16cm
シリーズ名: 光文社古典新訳文庫 ; [KBカ1-2]-[KBカ1-8]
所蔵情報: loading…
55.

図書

図書
Kiyoko F. Aoki-Kinoshita
出版情報: Boca Raton : CRC Press, c2010  xvii, 244 p. ; 25 cm
シリーズ名: Chapman and Hall/CRC mathematical & computational biology series / series editors Alison M. Etheridge ... [et al.] ; 28
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
List of Tables
List of Figures
About the Author
Introduction to Glycobiology / 1:
Roles of carbohydrates / 1.1:
Glycan structures / 1.2:
Glycan classes / 1.3:
Glycan biosynthesis / 1.4:
N-linked glycans / 1.4.1:
O-linked glycans / 1.4.2:
Glycosaminoglycans (GAGs) / 1.4.3:
Glycosphingolipids (GSLs) / 1.4.4:
GPI anchors / 1.4.5:
LPS / 1.4.6:
Glycan motifs / 1.5:
Potential for drug discovery / 1.6:
Background / 2:
Glycan nomenclature / 2.1:
InChIÖ / 2.1.1:
(Extended) IUPAC format / 2.1.2:
CarbBank format / 2.1.3:
KCF format / 2.1.4:
LINUCS format / 2.1.5:
BCSDB format / 2.1.6:
Linear Code" / 2.1.7:
GlycoCT format / 2.1.8:
XML representations / 2.1.9:
Lectin-glycan interactions / 2.2:
Families and types of lectins / 2.2.1:
Carbohydrate-binding mechanism of lectins / 2.2.2:
Carbohydrate-carbohydrate interactions / 2.3:
Databases / 3:
Glycan structure databases / 3.1:
KEGG GLYCAN / 3.1.1:
GLYCOSCIENCES.de / 3.1.2:
CFG / 3.1.3:
BCSDB / 3.1.4:
GLYCO3D / 3.1.5:
MonoSaccharideDB / 3.1.6:
GlycomeDB / 3.1.7:
Glyco-gene databases / 3.2:
KEGG BRITE / 3.2.1:
GGDB / 3.2.2:
CAZy / 3.2.4:
Lipid databases / 3.3:
SphingoMAP© / 3.3.1:
LipidBank / 3.3.2:
LMSD / 3.3.3:
Lectin databases / 3.4:
Lectines / 3.4.1:
Animal Lectin DB / 3.4.2:
Others / 3.5:
GlycoEpitopeDB / 3.5.1:
ECODAB / 3.5.2:
SugarBindDB / 3.5.3:
Glycome Informatics / 4:
Terminology and notations / 4.1:
Algorithmic techniques / 4.2:
Tree structure alignment / 4.2.1:
Linkage analysis using score matrices / 4.2.2:
Glycan variation map / 4.2.3:
Bioinformatic methods / 4.3:
Glycan structure prediction from glycogene microarrays / 4.3.1:
Glyco-gene sequence and structure analysis / 4.3.2:
Glyco-related pathway analysis / 4.3.3:
Mass spectral data annotation / 4.3.4:
Data mining techniques / 4.4:
Kernel methods / 4.4.1:
Frequent subtree mining / 4.4.2:
Probabilistic models / 4.4.3:
Glycomics tools / 4.5:
Visualization tools / 4.5.1:
Pathway analysis tools / 4.5.2:
PDB data analysis / 4.5.3:
3D analysis tools / 4.5.4:
Molecular dynamics / 4.5.5:
Spectroscopic tools / 4.5.6:
NMR tools / 4.5.7:
Potential Research Projects / 5:
Sequence and structural analyses / 5.1:
Glycan score matrix / 5.1.1:
Visualization / 5.1.2:
Databases and techniques to integrate heterogeneous data sets / 5.2:
Automated characterization of glycans from MS data / 5.3:
Prediction of glycans from data other than MS / 5.4:
Biomarker prediction / 5.5:
Systems analyses / 5.6:
Drug discovery / 5.7:
Sequence Analysis Methods / A:
Pairwise sequence alignment (dynamic programming) / A.1:
Dynamic programming / A.1.1:
Sequence alignment / A.1.2:
BLOSUM (BLOcks Substitution Matrix) / A.2:
Machine Learning Methods / B:
Kernel methods and SVMs / B.1:
Hidden Markov models / B.2:
The three problems of interest for HMMs / B.2.1:
Expectation-Maximization (EM) algorithm / B.2.2:
Hidden tree Markov models / B.2.3:
Profile Hidden Markov models (profile HMMs) / B.2.4:
Glycomics Technologies / C:
Mass spectrometry (MS) / C.1:
MALDI-MS / C.1.l:
FT-ICR / C.1.2:
LC-MS (HPLC) / C.1.3:
Tandem MS / C.1.4:
Nuclear magnetic resonance (NMR) / C.2:
References
Index
List of Tables
List of Figures
About the Author
56.

図書

図書
杉原厚吉著
出版情報: 東京 : 水曜社, 2010.2  170p ; 21cm
所蔵情報: loading…
57.

図書

図書
高橋敏著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2010.1  v, 237p ; 18cm
シリーズ名: 岩波新書 ; 新赤版 1229
所蔵情報: loading…
58.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
加藤ただし著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.1  219p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B1665
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
   1 本書の目的 6
   2 Z80を選んだわけ 7
   3 Z-Visionの役割 8
   4 本書の構成 9
第1章 インストールの前に 17
   1.1 コンピュータは2進数の世界 18
   1.2 10進数は人間世界の数字 19
   1.3 あえて2進数も使う 19
   1.4 16進数はシミュレータに適する 20
   1.5 CPUが実行する機械語 22
第2章 シミュレータをインストールする 24
   2.1 インストールの手順 25
   2.2 アンインストールの手順 30
   2.3 Z-Visionを起動する 33
第3章 プログラムを入れてみる 35
   3.1 テストプログラムを作る 36
   3.2 アセンブリ言語の構文 45
   3.3 アセンブリ言語の擬似命令 49
   3.4 アセンブラを起動する 53
   3.5 テストプログラムをロードする 60
第4章 シミュレータでCPUを見る 64
   4.1 コンピュータの構造 65
   4.2 メモリのアドレスとデータ 67
   4.3 CPUの中のメモリ 71
   4.4 レジスタの種類 73
第5章 プログラムを走らせる 86
   5.1 高速実行してみる 87
   5.2 1行ずつ実行して観察する 89
   5.3 ソース行ウィンドウの併用 100
第6章 CPUのことばを探る 102
   6.1 Z80命令の種類 103
   6.2 ダンプウィンドウを使う 105
   6.3 フラグレジスタの機能 110
第7章 さまざまな命令語をためす 119
   7.1 主な命令 120
   7.2 CPU制御命令 121
   7.3 ロード命令 123
   7.4 イクスチェンジ命令 132
   7.5 入出力命令 133
   7.6 8ビット算術演算命令 142
   7.7 16ビット算術演算命令 156
   7.8 8ビット論理演算命令 159
   7.9 ジャンプ命令 163
   7.10 コール/リターン命令 170
   7.11 プッシュ/ポップ命令 183
   7.12 ローテート/シフト命令 192
   7.13 ビット操作命令 206
   7.14 汎用AF操作命令 210
参考図書 214
索引 216
はじめに 5
   1 本書の目的 6
   2 Z80を選んだわけ 7
59.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中田亨著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.1  201, ivp ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B1666
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
PART1 卒業研究の進め方
 1 卒業研究のスケジュール 16
   4月 : 研究室の選び方 16
   研究テーマを示されたら 19
   5~7月 : 研究を安定飛行に持ち込む 21
   8~9月 : 大学院入試 23
   9~10月 : 実験と試行錯誤 25
   11~1月 : とりまとめ 26
   2~3月 : 引き継ぎと高度化作業 27
 2 研究のネタを見つける方法 29
   「自分の問題」を見つける 29
   ティンバーゲンの「4つの問題」 31
   プロでも悩む「継続」か「転向」か 32
   「新規性」は実験がプレゼントしてくれる 33
   アイデアを有益なものにせよ 35
 3 孫子に学ぶ実験のコツ 38
   実験の極意はすべてここにある 38
   速戦速勝をめざせ 39
   自然を拷問にかけろ 39
   勝ってから戦え 41
   敵の虚をつけ 44
   できなかったら「機能」にしてしまえ 45
 4 研究の作法 48
   研究の心得11ヶ条 48
   研究ノートをつけよ 52
PART2 論文の書き方
 5 業務用論説文の原則 56
   原則1 : 詳細度を多段階に 56
   原則2 : 1段落1命題 58
   原則3 : 言いたいことを先に 59
   原則4 : 文章は単文にする 61
   原則5 : 同じことを繰り返さない 62
   原則6 : 話の流れは「一定速度」「一直線」 64
   原則7 : 文字の装飾に頼らない 67
   原則8 : やさしくシンプルに書く 68
 6 卒論の標準的な目次立て 70
   学術論文が備えるべき内容 70
   卒論の全要素 71
   目次立てが決められている場合もある 72
 7 第1章は「問題設定」 75
   あなたの研究はなぜ必要なのかを書く 75
   どこまでが「定石」なのかを書く 78
   序論執筆は社会人になるための訓練 79
   功利性がなくても真価をえぐりだせ 80
   理想は「中学生にもわかる」 81
 8 第2章は「問題解決方法の選定」 84
   解決方法の模索をアピールする 84
   表を使って比較評価 85
 9 第3章は「解決方法の実行可能性を論証」 88
   “細部”を論じよ 88
   実施手順の設計-目標をブレークダウンする 89
   実施の可能性の証明-理論に当てはめてみる 92
   信頼性の検討-試みることの範囲を定める 94
 10 第4章は「証拠の提示」 97
   実験を“免罪符”にするな 97
   証拠がなくとも説得せよ 99
   主観と客観は分けて書く 100
   第三者が実験を再現できるように 102
   考察は早めに“店じまい”せよ 103
   グラフの描き方「3つのポイント」 105
 11 第5章は「結論」 115
   「結論」は論文の“玄関” 115
   どこが“偉い”かに焦点を絞れ 116
   約束は守ったか「結論表」で確認 117
   アイデアを価値づけよ 119
   「今後の課題」でアイデアの限界を述べよ 120
 12 付属的部分の書き方 123
   「表題」で類似の研究と差別化せよ 123
   「要約」でも核心を早めに書く 125
   「謝辞」は注目される 125
   「参考文献」は丁寧に 127
   「付録」には全足跡を 130
   卒業論文の標準的な構成 132
 13 執筆のコツ 140
   書きやすい順に書け 140
   推敲の4つのコツ
   書式は「ゆったりめ」が理想 147
   論文執筆ソフトの機能比較 149
PART3 卒論を世に出す
 14 卒論の口頭発表 156
   研究は発表しなければ意味がない 156
   “一撃離脱”を狙え 157
   プレゼンスライドの構成 159
   プレゼンスライドの実例 162
   プレゼンの「7つの禁じ手」 166
   練習こそがすべて 175
   誰だってあがる。それがなんだ 176
 15 卒論の成果を発展させる 178
   学会発表での注意点 178
   特許出願での問題 182
 16 科学とは何か、不正とは何か 188
   科学界には不正が多い 188
   不正をしないためには 190
   統計検定の誤用 191
   研究とは仮定の上での話しにすぎない 194
   科学の本質は透明性 196
あとがき 199
参考文献 201
さくいん 205
はじめに 5
PART1 卒業研究の進め方
 1 卒業研究のスケジュール 16
60.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Solar System Simulator Project編
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.1  214p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B1667
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
序章 インストールガイド
   0.1 動作環境 16
   0.2 コンピュータ環境の確認方法 10
   0.3「太陽系大紀行」の起動方法 21
   0.4 インストールと削除 22
1章 パソコンに再現したミニチュア太陽系
   1.1 星の居所 30
   1.2 太陽系の測り方 32
   1.3 天体運動再現のための計算方法 36
   1.4 現実の太陽系の旅 37
2章 宇宙から地球を見る
   2.1 地球の自転と昼夜 42
   2.2 地上から見た日周運動 44
   2.3 緯度と時差 47
   2.4 緯度と星座 51
   2.5 地球の公転と季節の星座 54
   2.6 太陽日と恒星日 56
3章 月の天体現象を再現する
   3.1 月の満ち欠け 60
   3.2 月の公転周期と朔望月 63
   3.3 月の自転と公転 64
4章 宇宙空間から太陽系を見る
   4.1 惑星の配置 68
   4.2 惑星の軌道面 71
   4.3 黄道面と黄道12星座 72
   4.4 星座の意義 74
   4.5 小惑星帯 76
   4.6 彗星の軌道 77
   4.7 流星群と雪星 80
   4.8 エッジワース・カイパーベルトとオールトの雲 82
5章 太陽系での天体現象を見る
   5.1 惑星の公転運動 86
   5.2 内惑星の動き 87
   5.3 外惑星の動き 91
   5.4 惑星の満ち欠け 93
   5.5 彗星の公転運動95
   5.6 ケプラーの第1法則 97
   5.7 ケプラーの第2法則 100
   5.8 ケブラーの第3法則 102
   5.9 ケプラーの3法則とニュートン力学 104
   5.10 天動説と地動説 : 正しいのはどっち? 105
6章 日食と月食を見る
   6.1 皆既日食を見る 110
   6.2 日食の全体像 114
   6.3 日食の前月と翌月 116
   6.4 日食の頻度 118
   6.5 月食 120
7章 操作パネルとボタン
   7.1 メインメニュー 124
   7.2 太陽系紀行 126
   7.3 太陽系シミュレーター 128
   7.4 オートプレイ 133
   7.5 88星座 137
8章 徹底!使いこなしガイド
   8.1 マウス操作で回転・接近する 140
   8.2 視点を観測天体に固定する 142
   8.3 観測天体を選ぶ 143
   8.4 日時や速度も思いのまま 144
   8.5 着陸したい観測地を選ぶ 147
   8.6 中央表示設定でじっくり観察 150
   8.7 辞書機能を使って天文博士に 154
   8.8 シミュレーター上の表示をカスタマイズ 155
   8.9 ショートカットの便利機能 164
9章 「なんか変だぞ?」と感じたら…
   9.1 安定動作のための4ヵ条 168
   9.2 音が出ない 172
   9.3 動きがカタカタしている 175
   9.4 メインメニューがはみ出している 178
   9.5 ソフトが起動しない 179
   9.6 その他、予期せぬ不具合が起こる 180
   9.7 サポート窓口に問い合わせる 184
付録
   a 「太陽系紀行」収録トピックス 188
   b 「太陽系シミュレーター」[手引一覧]収録トピックス 190
   c 「88星座」収録星座トピックス 196
   d 「太陽系シミュレーター」で表示可能な天体 199
   e ショートカット 206
   f 出典 209
   g さくいん 211
   「太陽系大紀行」スタッフリスト 214
はじめに 5
序章 インストールガイド
   0.1 動作環境 16
61.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
アイヴァン・ワード文 ; オスカー・サラーティ絵 ; 小林司訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.1  192p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B1668
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
訳者まえがき-精神分析学への招待 5
   精神分析とは何か? 13
【フロイトの深層心理学】 18
   夢の仕事 20
   意味の探索 22
   力動的無意識とは何か 4
   無意識は謎だが、神秘ではない 26
   隠れた力が人を動かす 28
   心を知る 32
【精神分析は宗教か、科学か】 33
   シャーマニズムと精神分析 34
   決定的な違い 36
   精神分析は宗教の儀式ではない 38
   精神分析は科学か? 39
   フロイトのメタ心理学 40
   科学的証拠は似合わない? 42
   解釈学者の批評 46
   より良い物語を語る 47
【なぜ人間はセックスに興味を持つのか】 50
   失われた繁殖期 51
   子どものセクシュアリティ 54
   体と心はつながっている 56
   人格を破壊する児童への性的虐待 58
   エディプス・コンプレックス 59
   なぜセックスが楽しめないのか 61
   無意識の中にある子どものころのイメージ 62
   去勢コンプレックス 65
   ジョーンズの「アファニシス」概念 66
   ペニス羨望 67
   アイデンティティの確立 68
   「あるべきものがない」という苦悩 69
   子宮羨望 70
【さまざまな心のモデル】 72
 1 心の諸要素の組織と規制についての仮説にもとづくモデル 74
   抑圧 75
   各種の防衛機制 76
   防衛と心の保全 78 フ8
 2 心の発達の仕方についての仮説にもとづくモデル 79
   自我の機能 80
 3 心の「組成」についての仮説にもとづくモデル 82
   内的対象のドラマ 84
 4 心のなかみが心の中に「入り込む」方法を説明する仮説にもとづくモデル 86
   同一視 88
   他人の性質を自我に取り入れる 90
   ウィニコットのユニット 92
   一時的な空間 94
 5 心が物事を外部に押しだす方法を説明する仮説にもとづくモデル 95
   初期の善悪の空想 96
   異なるモデルにも共通点がある 98
   投影とは何か 99
   さまざまな投影 100
   投影による同一視 102
   経験をうつわに入れる 104
 6 心理学的な出来事がおきる理由を「トラウマ」から考えるモデル 107
   行動の原因 108
   トラウマ原因説 110
   別離と愛着 111
   安心感を発達させるには何が重要か 112
   強迫観念と妥協 113
   強迫による儀式 114
   不安 115
   不安の主要概念 116
【パーソナリティ理論】 117
   フロイトの本能論 118
   各種の発達段階 119
   リビドーと性格 120
   性格のよろい 121
   心的葛藤は自己を守るため? 122
   健全なナルシシズム 123
   心のモデルについての覚え書き 124
【精神分析の働き】 126
   分析医のジレンマ-病名診断の問題 127
   分析の本質 129
   分析を受ける理由 130
   精神分析はどこで受けられるのか 132
   自由連想法-「何かを自由にすること」 136
   カタルシス法-思いださせること 137
   無意識を意識化させる 138
   分析医が聴くとき 140
   関心を持たずに聴く 142
   精神分析の目的 144
   患者の変化の過程 146
   患者が特定の話題を避けたら… 147
   病気の二次利得とは? 148
【精神分析の解釈】 149
   変化をおこさせる解釈 152
   解釈のダンス 154
   「心の痛み」を取り除く使命 156
   友人ならどうするか? 158
   人は幸せなのに、なぜ自分は不幸なのか 160
   転移の4種類の隠喩 163
   「逆転移」の問題 164
【精神分析は万人向きか】 166
   精神分析は本当に効くのか 166
   精神分析、心理療法、そして自然治癒 170
   精神分析がもたらした影響 172
   子育てと教育 173
   精神分析と広告 174
   精神分析とフェミニズム 175
   無意識と人種差別 176
   精神分析、エコロジー、政治 177
   パラダイムと理論 178
   精神分析と人類の未来 179
参考文献 180
本書に関連するおもな精神分析医 182
本書に関連するおもな心理学者 187
さくいん 189
訳者まえがき-精神分析学への招待 5
   精神分析とは何か? 13
【フロイトの深層心理学】 18
62.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
藤縄克之著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2010.1  ix, 354p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 序論 1
 1.1 地下水学から環境地下水学へ 1
   1.1.1 地下水資源の活用と随伴する地下水問題 1
   1.1.2 量的問題から質的問題へ 3
 1.2 地下水の基礎知識 5
   1.2.1 水文循環 5
   1.2.2 水文地質 7
   1.2.3 河川と地下水 10
 1.3 地下水の収支 12
 1.4 地下水賦存量の計算 14
2章 人間活動と地下水環境 17
 2.1 地球上の水の分布 17
 2.2 地球温暖化と地下水問題 18
   2.2.1 温暖化による自然環境の変化 18
   2.2.2 温暖化の予測結果 19
   2.2.3 温暖化が地下水環境に及ぼす影響 20
 2.3 世界の地下水利用状況 22
   2.3.1 世界の水資源情勢 22
 2.4 日本の地下水利用と水資源 25
   2.4.1 日本の地下水利用状況 25
   2.4.2 ダム,湖沼,地下水の貯水量 26
 2.5 地下水問題と関連する法令 27
   2.5.1 地下水の利用と保全に係わる法律 27
   2.5.2 地下水の水質に係わる法律と基準 33
3章 堆積物間隙の流体と流れの原理 37
 3.1 流体の物理化学的性質 37
   3.1.1 水の特性 37
 3.2 多孔体間隙と流体とのかかわり 40
   3.2.1 間隙の定義 40
   3.2.2 土粒子と粒径 41
   3.2.3 流体の表面張力 43
   3.2.4 毛管上昇 46
 3.3 多孔体間隙における流体の分布特性 51
   3.3.1 力学的エネルギーとポテンシャル 51
   3.3.2 土壌水分と吸引圧との関係 54
   3.3.3 土壌水分ヒステリシス 55
 3.4 多孔間隙中の流体の流れ 57
   3.4.1 ダルシーの法則 57
   3.4.2 一般化されたダルシーの式 58
   3.4.3 ダルシー則の成立範囲 60
   3.4.4 不飽和流れと水・NAPL・空気多相流れへのダルシー則の適用 61
 3.5 堆積層中の流れの基本的性質 65
   3.5.1 成層構造をなす地層の平均透水係数 65
   3.5.2 ポテンシャル流れと非ポテンシャル流れ 67
   3.5.3 流線と流れ関数 70
   3.5.4 透水係数の楕円と透水係数テンソルの一般形 73
   3.5.5 地層境界での流線の屈折 76
4章 流れの数学モデル 79
 4.1 圧縮性堆積層中の地下水流動方程式 80
   4.1.1 有効応力と間隙水圧との関係 80
   4.1.2 質量保存則と貯留係数の誘導 82
   4.1.3 被圧地下水の流れ 86
   4.1.4 不圧地下水の流れ 89
   4.1.5 不飽和帯の流れ 94
 4.2 気体と疎水性液体の流動方程式 97
   4.1.1 土壌空気の流れ 97
   4.1.2 NAPLの流れ 100
 4.3 初期条件と境界条件 104
5章 地下水流動の解析的表現とその応用 107
 5.1 室内透水試験と簡易現場透水試験 107
   5.1.1 定水位・変水位透水試験 107
   5.1.2 スラグ試験 108
 5.2 定常流の解析解 110
   5.2.1 被圧帯水層中の1次元流れ 110
   5.2.2 不圧帯水層中の1次元流れ 112
   5.2.3 地表から涵養量がある場合の不圧帯水層中の1次元流れ 113
   5.2.4 被圧帯水層井戸への定常流(チームの式) 114
   5.2.5 不圧帯水層井戸への定常流 115
   5.2.6 広域地下水流動のある被圧帯水層井戸における井戸への定常流 117
   5.2.7 水際にある被圧帯水層井戸への定常流 0.118
   5.2.8 不透水境界がある被圧帯水層井戸への定常流 120
   5.2.9 隣接帯水層から漏水がある被圧帯水層井戸への定常流 121
 5.3 揚水の伴う非定常流の解析解 123
   5.3.1 被圧帯水層井戸への非定常流(タイスの式) 123
   5.3.2 水際にある被圧帯水層井戸への非定常流 125
   5.3.3 不透水境界がある場合の被圧帯水層井戸への非定常流 125
   5.3.4 被圧帯水層井戸での揚水を途中で停止した場合の非定常流 125
   5.3.5 隣接帯水層から漏水がある場合の非定常流(ハンタッシュ-ヤコブの式) 126
   5.3.6 不圧帯水層井戸への非定常流 (ノイマンの式) 127
 5.4 揚水試験から帯水層定数を求める方法 130
   5.4.1 タイスの標準曲線を用いた図解法 130
   5.4.2 ノイマンの標準曲線を用いた図解法 131
   5.4.3 ヤコブの近似式を用いた図解法 132
 5.5 海岸帯水層への塩水侵入 136
   5.5.1 海岸帯水層におけるガイベン-ヘルツベルグの塩水・淡水境界 136
   5.5.2 海岸帯水層におけるグローバーの塩水・淡水境界界面 138
   5.5.3  島嶼の塩水・淡水境界 139
   5.5.4 潮汐による被圧帯水層中のピエゾ水頭の変動 140
6章 地下水の化学 143
 6.1 濃度の表現方法 143
 6.2 化学反応の基礎 145
   6.2.1 化学反応と平衡 145
   6.2.2 自由エネルギーと平衡定数 148
   6.2.3  溶質の溶解とpH 151
 6.3 気体-液体間の物質移動 152
   6.3.1 気相-水相間の分配 152
   6.3.2 炭酸反応とアルカリ度 153
 6.4 溶解-沈殿反応 156
   6.4.1 TDSとEC 156
   6.4.2 鉱物の溶解と沈殿 157
   6.4.3 イオン強度効果と共通イオン効果 159
 6.5 酸化と還元 160
   6.5.1 酸化数 160
   6.5.2  peとEh 161
   6.5.3 酸化-還元ダイアグラム 163
 6.6 錯体形成と固相への吸脱着 165
   6.6.1  錯体 165
   6.6.2 収着とイオン交換 166
   6.6.3 イオン交換の平衡方程式 168
   6.6.4 収着等温式 169
   6.6.5 疎水吸着 171
 6.7 同位体水文 173
   6.7.1 同位体の基本的性質 173
   6.7.2 同位体と地下水調査 174
 6.8 地下水水質の形成と表現法 175
7章 地下水中の物質移動 179
 7.1 拡散と分散 179
   7.1.1 分子拡散 179
   7.1.2 機構的分散 180
   7.1.3 水力学的分散 182
 7.2 物質移動の数理 184
   7.2.1 流動地下水中における溶質の流束 184
   7.2.2 流動地下水中における溶質移動の支配方程式 185
   7.2.3 溶質移動支配方程式の初期条件と境界条件 186
 7.3 保存性物質の移動と解析モデル 188
   7.3.1 均質な多孔体間隙を流動する浸透水中における保存性物質移動の解析解 188
   7.3.2 自然の堆積層における保存性物質の移動 190
 7.4 非保存性物質の移動と解析モデル 192
   7.4.1 化学反応の種類と反応速度 192
   7.4.2 放射性崩壊にしたがう物質の移動 193
   7.4.3 吸脱着反応にしたがう物質の移動 194
   7.4.4 連鎖反応にしたがう物質の移動 196
   7.4.5 微生物分解にしたがう物質の移動 200
   7.4.6 高次反応にしたがう物質の移動 202
 7.5 地下水流速と分散係数を求める方法 203
   7.5.1 Ogata and Banksの簡略解を利用して地下水流速と分散係数を求める方法 203
   7.5.2 単一ボーリング孔を用いた現地試験で地下水流速と分散係数を求める方法 205
8章 土壌・地下水の汚染と対策 209
 8.1 土壌・地下水汚染の現状 209
 8.2 土壌・地下水の汚染物質と主な汚染源 211
   8.2.1 無機物質類 212
   8.2.2 病原性微生物 214
   8.2.3 有機化合物 215
   8.2.4 放射性物質 222
   8.2.5 富栄養塩 222
   8.2.6 複合汚染 224
 8.3 汚染物質の移動形態 226
   8.3.1 疎水性液体での移動 226
   8.3.2 溶質での移動 227
   8.3.3 ガスでの移動 230
   8.3.4 コロイドでの移動 231
 8.4 土壌・地下水汚染の調査 233
   8.4.1 NAPL汚染および複合汚染の調査 233
   8.4.2 溶質の調査 234
 8.5 無機物質による土壌・地下水汚染と対策 236
   8.5.1 自然由来のヒ素汚染 236
   8.5.2 人為由来のフッ素汚染 241
 8.6 汚染の修復 247
   8.6.1  物理的処理法 247
   8.6.2 化学的処理法 250
   8.6.3 生物的処理法 251
9章 土壌・地下水中の熱移動 255
 9.1 地下浅層部の温度変化 256
   9.1.1 熱伝導による熱移動 256
   9.1.2 浸透流に伴う熱移動 258
   9.1.3 広域の熱移動 259
 9.2 土壌・地下水中における熱移動の機構と基礎方程式 261
   9.2.1  多孔体中の熱移動特性 261
   9.2.2 流体の流れを伴わない飽和・不飽和体中の熱伝導 262
   9.2.3 流動地下水中の熱分散と強制対流による熱移動 267
   9.2.4 自然対流に伴う熱移動 269
 9.3 地下熱エネルギー貯留 274
   9.3.1 帯水層熱エネルギー貯留 275
   9.3.2 ボーリング孔熱エネルギー貯留 278
10章 地下水の数値解析 281
 10.1 コンピュータを利用した地下水解析 281
 10.2 差分法 283
   10.2.1 差分法の原理 283
   10.2.2 1次元定常飽和・不飽和流動への差分法の応用 285
   10.2.3 差分法における境界条件の表現法 287
   10.2.4 非定常支配方程式の差分近似とその安定性 288
   10.2.5 2次元および3次元問題への差分法の応用 289
   10.2.6 定常移流分散方程式の差分近似とその安定性 290
   10.2.7 特性曲線法を用いた非定常移流分散方程式の解法 293
 10.3 有限要素法 298
   10.3.1 有限要素法の原理 298
   10.3.2 1次元浸透流の有限要素解法 302
   10.3.3 2次元浸透流の有限要素解法 305
   10.3.4 3次元浸透流の有限要素解法 309
   10.3.5 特性曲線型有限要素解法による非定常移流分散方程式の解法 312
 10.4 地下水解析のための汎用コードとその特徴 316
 付録 319
 A. Excelによる計算法 319
   A.1 プログラム言語とエクセルの違い 319
   A.2 エクセルの使用法 320
 B. ベクトル解析の要点 322
   B.1 ベクトルの内積と外積 322
   B.2 スカラー場の勾配 323
   B.3 ベクトル場の発散 323
   B.4 ベクトル場の回転 324
 C. 微分方程式の概要 324
   C.1 微分方程式の分類 324
   C.2 解の重ね合わせ 325
   C.3  偏微分方程式の分類 326
 D. 地下水学で用いられる特殊関数 326
   D.1 誤差関数 326
   D.2 ディラックのデルタ関数 328
   D.3 ベッセル関数 328
 E. 有用な数学の定理・公式・恒等式 332
   E.1 ライプニッツの公式 332
   E.2 ガウスの定理(発散定理) 333
   E.3 グリーンの定理 333
   E.4 グリーンの第1恒等式 333
 F. 単位とその換算 333
 参考文献 335
 索引 347
1章 序論 1
 1.1 地下水学から環境地下水学へ 1
   1.1.1 地下水資源の活用と随伴する地下水問題 1
63.

図書

図書
村上伸一著
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 2010.1  xiii, 178p ; 22cm
所蔵情報: loading…
64.

図書

図書
万城目学著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2010.1  234p ; 18cm
シリーズ名: ちくまプリマー新書 ; 128
所蔵情報: loading…
65.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
近藤滋 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2010.1  viii, 176p ; 22cm
シリーズ名: 現代生物科学入門 / 浅島誠, 黒岩常祥, 小原雄治編 ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序 編集にあたって
1 反応拡散系による位置情報の形成 1
 1 基礎生物学者にとってのシステムバイオロジー 1
 2 動物の形態形成を数理モデルで理解する 4
 3 反応拡散系でできる移動波 11
 4 反応拡散系でできる定在波 23
 5 反応拡散系の拡張 38
 6 数理モデルと生命現象の理解 38
2 生命システムの設計原理としてのシステムバイオロジー 41
 1 システムとして生命を理解する 41
 2 設計原理としてのロバストネス 44
 3 ロバスト・システムとしてのがん 62
 4 生物学的ネットワークの大域的構造とロバストネス 69
3 複雑系生物学-ゆらぎ,安定性,可塑性と適応,進化,発生 75
 1 生命システムとしての問題-システム生物学 vs 複雑系生物学 75
 2 生命システムのとらえかた 78
 3 複製と適応(研究例1) 85
 4 発生と可塑性(研究例2) 91
 5 ゆらぎと進化(研究例3) 102
 6 整合性原理-アインシュタイン精神によるワディントン描像の定式化 112
4 生命現象の動的特性-生化学反応ネットワークの安定性と振動 115
 1 生化学反応とその特性 115
 2 フィードフォワードシステム 122
 3 フィードバックシステム 145
 4 終わりに 162
参考図書・引用文献 165
索 引 175
序 編集にあたって
1 反応拡散系による位置情報の形成 1
 1 基礎生物学者にとってのシステムバイオロジー 1
66.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
吉川達夫, 森下賢樹編著
出版情報: [東京] : レクシスネクシス・ジャパン , 東京 : 雄松堂出版 (発売), 2010.1  vii, 218p ; 21cm
シリーズ名: ライセンス契約のすべて ; 実務応用編
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 1
第1部 リスクマネジメントと契約作成のポイント
 序章 ライセンス契約をめぐるビジネスモデル 3
 第1章 ライセンス契約のリスク① ロイヤルティ(実施料)不払リスクとそのマネジメント 5
   1 ロイヤルティ不払リスクの発生ポイント 6
   2 ロイヤルティ不払リスクへの対策 8
 第2章 ライセンス契約のリスク② 契約当事者の倒産リスクとそのマネジメント 11
   1 倒産リスクの発生ポイント 11
   2 倒産リスクへの対策 13
 第3章 ライセンス契約に規定すべきミニマム条件チェックリスト 15
   1 契約締結にかかわる確認事項 15
   2 知的財産権にかかわる事項 16
   3 ライセンス条件 17
   4 契約書一般条項 18
 第4章 公正取引委員会のライセンスガイドラインと成果物,改良技術,契約終了時の扱いをめぐる契約条項 21
   1 知的財産権と独占禁止法の適用 21
   2 公正取引委員会によるガイドライン 22
   3 成果物,改良技術,契約終了時の扱いをめぐる契約条項 25
 第5章 知的財産をめぐる紛争とライセンス契約 31
   1 侵害警告書 31
   2 特許侵害への対抗手段 34
   3 税関における輸入差止め 35
第2部 ライセンス契約失敗事例集
 第1章 マスターライセンス契約とサブライセンシーの倒産 39
   [コラム]マスターライセンス契約事例 41
 第2章 ライセンス製品の販売不振 43
   [コラム]ライセンシーの倒産 45
 第3章 ライセンス契約における最恵待遇条項と完全合意条項・修正制限条項 47
   [コラム]契約条項の先行提示 49
 第4章 ロイヤルティ(ライセンスフィー)の支払いと税金 51
 第5章 独占権と非独占権との切り替わり 59
 第6章 ライセンサーの特許権消滅に関するライセンス契約の不備 63
 第7章 予想しなかった「許諾製品」によるライセンス収入の激減 67
   [コラム]特許権の消尽が問題になった事例 70
 第8章 デザイナーの知識不足による不利な契約 71
 第9章 独占的ライセンス契約の意外な落とし穴 75
第3部 有利に進める交渉術
 第1章 ノウハウライセンス契約におけるライセンサーとライセンシー立場の違いによる交渉戦術 81
   1 ノウハウとは 81
   2 具体的な事例 82
   3 ノウハウにおけるライセンス契約 84
   4 ライセンサー側に立った交渉戦術 86
   5 ライセンシー側に立った交渉戦術 93
 第2章 国際製造販売ライセンス契約のバリエーション条項 103
   1 頭書 103
   2 前文 104
   3 定義条項 106
   4 ライセンス権利付与条項 109
   5 ライセンサーの提供する技術情報 111
   6 材料と部品の供給 113
   7 支払条件 114
   8 秘密遵守条項 118
   9 改良および開発 119
   10 保証条項 121
   11 契約期間 123
   12 不可抗力条項 126
   13 輸出管理法遵守条項 127
   14 譲渡条項 128
   15 通知条項 128
   16 紛争解決条項 129
   17 完全合意条項 130
   18 非放棄条項 130
   19 分離条項 131
   20 準拠法と言語 132
   21 サイン欄 133
第4部 ライセンス契約モデル契約書集
 第1章 技術援助ノウハウ契約 137
   1 ビジネスモデル 137
   2 リスク分析 137
   3 関連する法律・許認可など 138
   4 契約書チェックポイント① 139
   [モデル契約書]TECHNOLOGY TRANSFER AGREEMENT 143
   5 契約書チェックポイント② 146
   [モデル契約書]TECHNOLOGY LICENSE AGREEMENT 148
 第2章 商品化契約 155
   1 ビジネスモデル 155
   2 リスク分析 156
   3 関連する法律・許認可など 157
   4 契約書チェックポイント 159
   [モデル契約書]MERCHANDISING AGREEMENT 163
 第3章 製薬業界におけるライセンス契約 175
   1 ビジネスモデル 175
   2 リスク分析 178
   3 関連する法律・許認可など 180
   4 契約書チェックポイント 181
   [モデル契約書]医薬品ライセンス契約書 184
 第4章 ロイヤルティシェアリング契約 189
   1 ビジネスモデル 189
   2 リスク分析 189
   3 関連する法律・許認可など 190
   4 契約書チェックポイント190
   [モデル契約書]ROYALTY SHARING AGREEMENT 192
 第5章 クロスライセンス契約 195
   1 ビジネスモデル 195
   2 リスク分析 195
   3 関連する法律・許認可など 196
   4 契約書チェックポイント 200
   [モデル契約書]CROSS-LICENSE AGREEMENT 206
事項索引 216
法令・ガイドライン索引 218
はじめに 1
第1部 リスクマネジメントと契約作成のポイント
 序章 ライセンス契約をめぐるビジネスモデル 3
67.

図書

図書
木下勉, 小林秀明, 浅賀宏昭著
出版情報: 東京 : 南山堂, 2010.1  x, 177p ; 26cm
所蔵情報: loading…
68.

図書

図書
梅澤明弘, 末盛博文, 高橋淳編集
出版情報: 東京 : 羊土社, 2010.2  233p ; 26cm
シリーズ名: 実験医学 ; 増刊 vol.28, no.2 (2010)
所蔵情報: loading…
69.

図書

図書
R A Cottis, M J Graham, R Lindsay ...[et al.]
出版情報: Amsterdam : Elsevier, c2010  xxv, 724 p. ; 27 cm
シリーズ名: Shreir's corrosion ; v. 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Basic Concepts, High Temperature Corrosion / Vol 1:
Corrosion in Liquids, Experimental Evaluation & Modelling of Corrosion / Vol 2:
Corrosion of Engineering Materials / Vol 3:
Management and Control of Corrosion / Vol 4:
Basic Concepts, High Temperature Corrosion / Vol 1:
Corrosion in Liquids, Experimental Evaluation & Modelling of Corrosion / Vol 2:
Corrosion of Engineering Materials / Vol 3:
70.

図書

図書
R A Cottis, M J Graham, R Lindsay ...[et al.]
出版情報: Amsterdam : Elsevier, c2010  xxv p., p. 725-1692 ; 27 cm
シリーズ名: Shreir's corrosion ; v. 2
所蔵情報: loading…
71.

図書

図書
R A Cottis, M J Graham, R Lindsay ...[et al.]
出版情報: Amsterdam : Elsevier, c2010  xxv p., p. 1693-2481 ; 27 cm
シリーズ名: Shreir's corrosion ; v. 3
所蔵情報: loading…
72.

図書

図書
R A Cottis, M J Graham, R Lindsay ...[et al.]
出版情報: Amsterdam : Elsevier, c2010  xxix p., p. 2483-3540 ; 27 cm
シリーズ名: Shreir's corrosion ; v. 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Basic Concepts, High Temperature Corrosion / Vol 1:
Corrosion in Liquids, Experimental Evaluation & Modelling of Corrosion / Vol 2:
Corrosion of Engineering Materials / Vol 3:
Management and Control of Corrosion / Vol 4:
Basic Concepts, High Temperature Corrosion / Vol 1:
Corrosion in Liquids, Experimental Evaluation & Modelling of Corrosion / Vol 2:
Corrosion of Engineering Materials / Vol 3:
73.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
数理科学編集部 [編]
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2010.1  200p ; 26cm
シリーズ名: 臨時別冊・数理科学
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
I.序論
   多彩な量子力学【佐藤文隆】 6
   量子物理学の戦後史~日本からの寄与~【江沢 洋】 12
   量子力学と波動【外村 彰】 20
   hの世界~20世紀物理とプランク定数~【仲 滋文】 20
   量子異常とは何か~ネーターの定理の量子的破れ~【藤川和男】 37
■II.スピンはめぐる
   量子力学とスピンの誕生~角運動量からスピンへ~【町田 茂】 46
   スピンと統計の定理【藤川和男】 55
   スピンと磁性~スピンの量子性はいかに発現するか~【押川正毅】 64
   超対称性とスピン【坂井典佑】 73
■III.量子異常
   なぜ量子論では対称性が破れうるか【筒井 泉】 82
   場の理論における量子異常【原田恒司】 90
   素粒子論における量子異常【久保治輔】 97
   物性物理学におけるボゾン化法~量子異常の視点から~【鈴木 博、福井隆裕】 104
   スケール量子異常,漸近自由性,超対称性【静谷謙一】 112
■IV.量子多体系
   量子有限多体系の物理の近況~原子核と金属クラスター~【佐川弘幸】 122
   量子系の半古典的記述~スクイーズ状態を軸にして量子系を見る~【津江保彦】 131
   量子情報に現れる多体系【小芦雅斗】 140
■V.量子,脳,生命
   量子・分子・遺伝子~生物理革命への期待~【永山國昭】 148
   フォトン凝集体による細胞膜分子制御と量子場脳理論~量子物理学から生命科学へ~【治部眞里】 155
   フォン・ノイマンの観測問題】~物理学に自我や意識は必要か?~【保江邦夫】 162
■VI.量子カオスと量子統計
   量子力学における線形性と非線形性~量子ダイナミクスのフレーム~【中村勝弘】 172
   近可積分系の量子論と高次元複素力学系【首藤 啓】 181
   量子と統計力学【杉田 歩】 188
初出一覧 4
I.序論
   多彩な量子力学【佐藤文隆】 6
   量子物理学の戦後史~日本からの寄与~【江沢 洋】 12
74.

図書

図書
川辺秀美著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.1  205p ; 18cm
シリーズ名: 講談社現代新書 ; 2035
所蔵情報: loading…
75.

図書

図書
三省堂編修所編
出版情報: 東京 : 三省堂, 2010.2  viii, 1460p ; 19cm
所蔵情報: loading…
76.

図書

図書
人口学研究会編
出版情報: 東京 : 原書房, 2010.1  ix, 391p ; 21cm
所蔵情報: loading…
77.

図書

図書
植田一三, 石井隆之著
出版情報: 東京 : 明日香出版社, 2010.1  357p ; 21cm
シリーズ名: Asuka business & language books ; . CD book
所蔵情報: loading…
78.

図書

図書
日本薬学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2010.1  xvii, 361p ; 26cm
シリーズ名: スタンダード薬学シリーズ / 日本薬学会編 ; 3 . 化学系薬学||カガクケイ ヤクガク ; 1
所蔵情報: loading…
79.

図書

図書
有川浩著
出版情報: 東京 : 新潮社, 2010.1  271p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
部長・上野直也という男
副部長・大神宏明の悲劇
三倍にしろ! : 前編
三倍にしろ! : 後編
勝たんまでも負けん!
落ち着け。俺たちは今、
部長・上野直也という男
副部長・大神宏明の悲劇
三倍にしろ! : 前編
80.

図書

図書
マドハバン・スワミナサン, A.エゲ・エンゲン著 ; 須藤俊夫監訳・訳 ; 國頭延行, 荒井信隆, 川田章弘訳
出版情報: [東京] : 翔泳社, 2010.1  xxxv, 440p ; 23cm
シリーズ名: IT architects' archive
所蔵情報: loading…
81.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本バーチャルリアリティ学会編
出版情報: 東京 : 工業調査会, 2010.1  xiv, 384p, 図版 [7] p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
口絵
はじめに
監修者・編集委員・執筆者一覧
第1章 バーチャルリアリティとは
   1.1 バーチャルリアリティとは何か 5
    1.1.1 バーチャルの意味 2
    1.1.2 バーチャルリアリティとその三要素 5
    1.1.3 バーチャルリアリティと人間の認知機構 7
    1.1.4 バーチャルリアリティの概念と日本語訳 8
    1.1.5 道具としてのバーチャルリアリティ 10
   1.2 VRの要素と構成 10
    1.2.1 VRの基本構成要素 11
    1.2.1 VR世界のいろいろ 12
    1.2.3 VRをどうとらえるか 14
   1.3 VRの歴史 16
第2章 ヒトと感覚
   2.1 脳神経系と感覚・運動 24
    2.1.1 脳神経系の解剖的構造と神経生理学の基礎 24
    2.1.2 知覚・認知心理学の基礎 25
    2.1.3 感覚と運動 26
   2.2 視覚 27
    2.2.1 視覚の受容器と神経系 27
    2.2.2 視覚の基本特性 28
    2.2.3 空間の知覚 30
    2.2.4 自己運動の知覚 31
    2.2.5 高次視覚 32
   2.3 聴覚 33
    2.3.1 聴覚系の構造 33
    2.3.2 聴覚の問題と音脈分離(音源分離) 35
    2.3.3 聴覚による高さ,大きさ,音色,時間の知覚 36
    2.3.4 聴覚による空間知覚 38
   2.4 体性感覚・内臓感覚 40
    2.4.1 体性感覚・内臓感覚の分類と神経機構 40
    2.4.2 皮膚感覚 40
    2.4.3 深部感覚 44
    2.4.4 内臓感覚 45
   2.5 前庭感覚 46
    2.5.1 前庭感覚の受容器と神経系 46
    2.5.2 平衡機能の基本特性 47
    2.5.3 身体運動と傾斜の知覚特性 48
    2.5.4 動揺病 49
    2.5.5 前庭感覚と視覚の相互作用 51
   2.6 味覚・嗅覚 52
    2.6.1 味覚の受容器と神経系 52
    2.6.2 味覚の特性 54
    2.6.3 嗅覚の受容器と神経系 56
    2.6.4 嗅覚の特性 58
   2.7 モダリティ間相互作用と認知特性 59
    2.7.1 視覚と聴覚の相互作用 59
    2.7.2 体性感覚とその他のモダリティの相互作用 60
    2.7.3 思考、記憶と学習 61
    2.7.4 アフォーダンス 64
第3章 バーチャルリアリティ・インタフェース
   3.1 バーチャルリアリティ・インタフェースの体系 66
   3.2 入力インタフェース 69
    3.2.1 物理的特性の計測 69
    3.2.2 生理的特性の計測 75
    3.2.3 心理的特性の計測 78
   3.3 出力インタフェース 80
    3.3.1 視覚ディスプレイ 81
    3.3.2 聴覚ディスプレイ 86
    3.3.3 前庭感覚ディスプレイ 88
    3.3.4 味覚ディスプレイ 89
    3.3.5 嗅覚ディスプレイ 90
    3.3.6 体性感覚ディスプレイ 90
    3.3.7 他の感覚との複合 94
    3.3.8 神経系への直接刺激 95
   3.4 入力と出力のループ 96
第4章 バーチャル世界の構成手法
   4.1 総論 100
    4.1.1 バーチャルリアリティのためのモデリング 100
    4.1.2 レンダリング,シミュレーションとモデル 102
    4.2.3 処理量とデータ量のトレードオフ 103
   4.2 レンダリング 106
    4.2.1 レンダリングのためのモデル 106
    4.2.2 視覚レンダリングとモデル 107
    4.2.3 聴覚レンダリングとモデル 110
    4.2.4 力触覚レンダリングとモデル 114
   4.3 シミュレーション 118
    4.3.1 シミュレーションのためのモデル 118
    4.3.2 空間のシミュレーション 119
    4.3.3 物体のシミュレーション 124
     剛体のシミュレーション 124
     変形のシミュレーション 128
     流体のシミュレーション 129
    4.3.4 人物のシミュレーション 131
第5章 リアルとバーチャルの融合-複合現実感-
   5.1 複合現実感 138
    5.1.1 概念 138
    5.1.2 レジストレーション技術 139
    5.1.3 実世界情報提示技術 145
    5.1.4 実世界モデリング技術 152
   5.2 ウェアラブルコンピュータ 156
    5.2.1 概念 156
    5.2.2 情報提示技術 157
    5.2.3 入力インターフェース技術 161
    5.2.4 コンテキスト認識技術 166
   5.3 ユビキタスコンピューティング 171
    5.3.1 概念 171
    5.3.2 ユビキタス環境構築技術 172
第6章 テレイグジスタンスと臨場感コミュニケーション 178
   6.1 テレイグジスタンス 178
    6.1.1 テレイグジスタンスとは 178
    6.1.2 標準型テレイグジスタンス 188
    6.1.3 拡張型テレイグジスタンス 190
    6.1.4 相互テレイグジスタンス 196
    6.1.5 テレイグジスタンスシステムの構成 201
   6.2 臨場感コミュニケーション 215
    6.2.1 臨場感コミュニケーションと超臨場感コミュニケーション 215
    6.2.2 臨場感の構成要素 221
    6.2.3 臨場感コミュニケーションのインタフェース 226
    6.2.4 臨場感コミュニケーションシステムの実際 232
    6.2.5 時間を越えるコミュニケーション 238
第7章 VRコンテンツ
   7.1 VRコンテンツの要素 246
    7.1.1 VRコンテンツを構成する要素 246
    7.1.2 VRコンテンツの応用分野 249
    7.1.3 VRコンテンツの日常生活 249
   7.2 VRのアプリケーション 250
    7.2.1 サイバースペースとコミュニケーション 250
    7.2.2 医療 257
    7.2.3 教育・訓練(シミュレータとその要素技術) 264
    7.2.4 エンタテイメント 269
    7.2.5 製造業 274
    7.2.6 ロボティクス 278
    7.2.7 可視化 286
    7.2.8 デジタルアーカイブ,ミュージアム 292
    7.2.9 地理情報システム 297
第8章 VRと社会
   8.1 ヒト・社会の測定と評価 314
    8.1.1 実験の計画 314
    8.1.2 心理物理学的測定 315
    8.1.3 統計的検定 318
    8.1.4 調査的方法とその分析 319
    8.1.5 VR心理学 321
   8.2 システムの評価と設計 323
    8.2.1 VRの人体への影響 323
    8.2.2 福祉のためのVR 327
    8.2.3 感覚の補綴と拡張 330
    8.2.4 運動の補綴と拡張 332
   8.3 文化と芸術を生み出すVR 337
    8.3.1 メディアの進化 337
    8.3.2 高臨場感メディアと超臨場感メディア 338
    8.3.3 体感メディアと心感メディア 339
    8.3.4 かけがえのあるメディアと、ないメディア 340
   8.4 VR社会論 342
    8.4.1 VRの社会的受容 342
    8.4.2 VRの社会化 344
    8.4.3 VRの乱用,悪用 346
    8.4.4 VRにかかわる知的財産権 346
   8.5 VR産業論 348
    8.5.1 ゲームとVR 348
    8.5.2 アートへの展開 350
    8.5.3 省資源・省エネルギー・安心安全に貢献するVR 353
    8.5.4 「いきがい」を生み出す産業むむけて 358
索引 363
日本バーチャルリアリティ学会とは 384
口絵
はじめに
監修者・編集委員・執筆者一覧
82.

図書

図書
伊佐弘 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2010.1  viii, 174p ; 22cm
所蔵情報: loading…
83.

図書

図書
東野圭吾著
出版情報: 東京 : 光文社, 2010.1  357p ; 20cm
所蔵情報: loading…
84.

図書

図書
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ [著] ; 白取春彦編訳
出版情報: 東京 : ディスカヴァー・トゥエンティワン, 2010.1-  冊 ; 20cm
所蔵情報: loading…
85.

図書

図書
小西貞則著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2010.1  xii, 306p ; 21cm
所蔵情報: loading…
86.

図書

図書
武野泰彦, 佐藤淳一著
出版情報: 東京 : 秀和システム, 2010.2  203p ; 21cm
シリーズ名: How-nual図解入門
所蔵情報: loading…
87.

図書

図書
マックス・ウェーバー著 ; 中山元訳
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 2010.1  531p ; 20cm
シリーズ名: Nikkei BP classics
所蔵情報: loading…
88.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
村上和雄著
出版情報: 東京 : 実業之日本社, 2010.1  233p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 いのちに敬意を払い、謙虚に生きる 7
   人間への驚嘆と敬意 8
   遺伝学の革命 10
   これでいいのか日本の教育 12
   ヒトの差は、遺伝子レベルではわずか0.5% 16
   人生には失敗もバツもない 18
   子供の喜びを育もう 21
   三浦雄一郎と平澤興 23
第1章 環境がスイッチを入れた、三浦雄一郎の冒険 27
   未知への扉 28
   環境が遺伝子をオンにした 33
   プロスキーヤーへの道
   誰にも破られることのない記録 39
   映画 エベレストを滑った男 42
   六十五歳でエベレスト登頂を計画 51
   七十五際のエベレスト 56
   ゴッドハンドとの出会い 60
   七十五歳登頂は七十歳より元気であった 62
   決死だった二つのアクシデント 66
   豪太に、まさかの不測の事態 68
   八十歳の夢再び 71
第2章 平澤興の教え こころの深さと、やさしさと 75
   命がけの努力の始まり 76
   教育とは子供のやる気に火をつけること 85
   繰り返して刷り込む公文の学習方法 89
   謙虚に生きるのが人間の原点 95
   生きる限り、こころや魂は成長する 98
   汝は汝の道を行け、人々の語るにまかせよ 102
   偉大な出会い 105
   遺伝子を動かすこころの力とは? 108
   平澤興と家庭教育 111
   裏を見せ 面を見せて 散るもみじ 115
   器用な人は、大家にはなれぬ 118
   勘違いから入り込んだレニン研究 121
   地味な反復運動 125
第3章 細胞、遺伝子、進化論 129
   二十世紀最大の発見 130
   植物学者と動物学者との奇跡的な気づき 136
   ダーウィンの運命的な出会い 142
   十九世紀最大の著作『種の起源』 145
   ダーウィンの間違い 147
   両者没後の進化のメカニズム 149
   進化論は、実証可能 151
   ヒトとチンパンジーの違い 154
   ブルース・リプトンとエピジェネティクス 158
   メンデルの法則 164
   私たちのからだは小宇宙である 167
   生命の動的平衡状態 169
   医学は生命について何も分かっていない 174
   ウイルスの侵入を防ぐすごい力 179
   今こそ人類に反省を 182
   人間は本来、二〇〇〇万個のウイルスに対応できる 185
第4章 日本人のすごい力を信じよう 187
   人は帰るところがあるから旅に出る 188
   教育の原点は自分の国を大切に思うこころ 192
   伝達する魂 196
   奈良県天理市 198
   二十一世紀の日本の役割 201
   桜沢如一の食養療法 205
   情緒が頭脳を作る 210
   陰陽のバランス 213
   生物についての新しい視点 215
   新しい生物学の旗手、ブルース・リプトンの考察 218
   ヒトは地球という生命体の一員 221
   インドの新しい統合医療センター 224
序章 いのちに敬意を払い、謙虚に生きる 7
   人間への驚嘆と敬意 8
   遺伝学の革命 10
89.

図書

図書
坂元志歩著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2010.1  232p ; 19cm
所蔵情報: loading…
90.

図書

図書
城山三郎, 平岩外四 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.1  298p ; 15cm
シリーズ名: 講談社文庫 ; [し-3-16]
所蔵情報: loading…
91.

図書

図書
辻村深月 [著]
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.1  2冊 ; 15cm
シリーズ名: 講談社文庫 ; [つ-28-7], [つ-28-8]
所蔵情報: loading…
92.

図書

図書
千田亮吉, 塚原康博, 山本昌弘編著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2010.1  xv, 338p ; 22cm
シリーズ名: 明治大学社会科学研究所叢書
所蔵情報: loading…
93.

図書

図書
水谷, 仁(1942-)
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 2010.2  143p ; 28cm
シリーズ名: NEWTONムック
ニュートン別冊
所蔵情報: loading…
94.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
東京大学教養学部図説生物学編集委員会編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2010.1  vi, 234p, 図版 [7] p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき i
第1章 細胞 2
   1.1 動物細胞と植物細胞 2
   1.2 生体膜の組成と構造モデル 4
   1.3 細胞膜の機能 6
   1.4 細胞における基本代謝経路(解糖系とクエン酸回路) 8
   1.5 ミトコンドリアの構造と代謝 10
   1.6 その他の代謝経路 12
   1.7 生合成 14
   1.8 細胞分裂と細胞周期 16
第2章 動物の構造と体制 18
   2.1 動物の構造と体制1 エリベンモウチュウから線形動物 18
   2.2 動物の構造と体制2 環形動物から節足動物 20
   2.3 動物の構造と体制3 脊椎動物とその組織 22
第3章 動物の生殖と発生 24
   3.1 世代交代と生殖の多様性 24
   3.2 生殖細胞と配偶子の形成 26
   3.3 受精と卵割 28
   3.4 様々な動物の発生 30
   3.5 ヒトの発生 32
   3.6 初期胚のパターン形成 34
   3.7 誘導と誘導物質 36
   3.8 細胞成長因子と受容体 28
   3.9 アポトーシス 40
   3.10 がん 42
   3.11 細胞分化と転写因子 44
   3.12 再生と幹細胞 46
   3.13 細胞系譜 48
   3.14 老化とテロメア 50
第4章 動物の情報処理 52
   4.1 膜電位発生の仕組み,イオンチャネル 52
   4.2 神経細胞の構造と様々な形態,シナプスと興奮伝達の制御 54
   4.3 神経伝達物質,神経系 56
   4.4 感覚1 視覚,聴覚 58
   4.5 感覚2 臭覚,味覚・触覚 60
   4.6 内分泌器官,動物ホルモン 62
   4.7 内分泌による調節の仕組み 64
   4.8 血糖調節,カルシウム調節,生殖調節 66
   4.9 細胞内情報伝達系1 受容体 68
   4.10 細胞内情報伝達系2 ステロイドホルモンなど 70
第5章 動物の代謝 72
   5.1 消化と吸収 72
   5.2 排出系,呼吸系,循環系 74
   5.3 エンドサイトーシス,リソソーム経路,細胞内輸送,分泌 76
   5.4 水の生理学 78
第6章 運動 80
   6.1 細胞骨格,細胞の裏打ち構造 80
   6.2 アクチン系細胞運動 82
   6.3 筋肉,骨格筋の収縮の仕組み 84
   6.4 モータータンパク質の運動の分子機構 86
   6.5 チューブリン系細胞運動 88
   6.6 鞭毛・繊毛の運動 90
第7章 動物の生体防御 92
   7.1 免疫系の組織と器官,リンパ球の分化 92
   7.2 抗体の構造 94
   7.3 抗体の機能と抗体遺伝子の再構成 96
   7.4 免疫記憶,免疫寛容 98
   7.5 アレルギー,自己免疫疾患,HIV(エイズウイルス)の感染 100
第8章 植物の構造 102
   8.1 植物(被子植物)の構造 102
   8.2 植物の器官1 葉 104
   8.3 植物の器官2 茎,根 106
   8.4 維管束 108
   8.5 細胞壁 110
第9章 植物の栄養 112
   9.1 水の輸送-水の吸収から蒸散まで 112
   9.2 栄養物質の転流 114
   9,3 植物の栄養物質 116
   9.4 光合成1 葉緑体の構造と化学組成 118
   9.5 光合成2 光エネルギーの獲得とエネルギー変換 120
   9.6 光合成3 炭素固定,糖の合成,生態系での光合成 122
   9.7 光合成4 C4光合成とベンケイソウ型酸代謝(CAM) 124
   9.8 脂質の合成と代謝 126
   9.9 窒素とイオウの代謝 128
第10章 植物の成長と発生分化 130
   10.1 細胞分裂 130
   10.2 細胞成長 132
   10.3 分裂組織と器官分化 134
   10.4 細胞分化 136
   10.5 光合成器官の発生分化1 色素体ゲノム,細胞質遺伝 138
   10.6 光合成器官の発生分化2 色素体タンパク質の合成と選別輸送 140
   10.7 光合成器官の発生分化3 色素体の分化と分裂 142
第11章 植物の発生分化の制御 144
   11.1 植物ホルモン1 オーキシン,サイトカイニン,ジベレリン 144
   11.2 植物ホルモン2 エチレン,アブシジン酸,ブラシノライド・その他の生理活性物質 146
   11.3 光受容体 148
   11.4 光形態形成,光定位運動 150
   11.5 植物の反応-屈性,走性,傾性 152
   11.6 花成1 花芽形成 154
   11.7 花成2 花器官の形態形成 156
   11.8 生物間相互作用1 防御応答,共生 158
   11.9 生物間相互作用2 クラウンゴール,植物の形質転換 160
第12章 植物の生活環 162
   12.1 植物の生活環 162
   12.2 配偶子形成と受精 164
   12.3 植物の胚発生-受精から種子の形成まで 166
第13章 生物多様性と進化 168
   13.1 地球の歴史 168
   13.2 生物の系統 170
   13.3 生物の多様性1 原生生物 172
   13.4 生物の多様性2 植物,動物,菌類 174
   13.5 細胞内共生による真核生物の進化 176
   13.6 陸上植物の進化 178
   13.7 脊椎動物と霊長類の進化 180
   13.8 ゲノム科学 182
   13.9 系統推定法 184
   13.10 進化のメカニズム 186
   13.11 種分化 188
第14章 生態と環境 190
   14.1 個体群動態 190
   14.2 行動生態学 192
   14.3 食物網と物質循環 194
   14.4 植生 196
   14.5 地球環境 198
第15章 研究法 200
   15.1 細胞分画法 200
   15.2 GFPを用いた可視化技術 201
   15.3 光学顕微鏡 202
   15.4 電子顕微鏡 204
   15.5 形質転換植物,RNAi 205
   15.6 トランスジェニックマウス 206
   15.7 免疫学的実験法 208
   15.8 顕微操作法 210
年表 213
ノーベル賞受賞者 220
索引 223
原図表出典一覧 231
まえがき i
第1章 細胞 2
   1.1 動物細胞と植物細胞 2
95.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
E.フレッド・シューベルト著 ; 八百隆文, 藤井克司, 神門賢二訳
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2010.1  xi, 352p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 LEDの歴史 1
   1.1 Si CLEDの歴史 1
   1.2 GaAsとAlGaAs赤外および赤色LEDの歴史 3
   1.3 GaAsP LEDの歴史 7
   1.4 光学活性な不純物をドープしたGaPとGaAsP LEDの歴史 8
   1.5 GaN金属-半導体接合によるELの歴史 13
   1.6 GaInNのpn接合による青,緑,白色LEDの歴史 15
   1.7 AlGaIn可視波長帯のLEDの歴史 16
   1.8 新たな応用分野を切り開きつつあるLEDの歴史 17
   参考文献 19
2 発光再結合と非発光再結合 24
   2.1 電子-正孔の発光再結合 24
   2.2 低励起の場合の発光再結合 25
   2.3 高励起の場合の発光再結合 28
   2.4 量子井戸構造における2分子再結合方程式 28
   2.5 ルミネッセンスの減衰 29
   2.6 バルクにおける非発光再結合 30
   2.7 表面における非発光再結合 34
   2.8 発光再結合と非発光再結合の競合 37
   参考文献 38
3 発光再結合の理論 40
   3.1 再結合の量子論 40
   3.2 フアン=ルーズブレック-ショックレーモデル 42
   3.3 再結合の温度とドーピングに対する依存性 44
   3.4 アインシュタインモデル 46
   参考文献 47
4 LEDの基礎-電気的特性 48
   4.1 ダイオードの電流-電圧特性 48
   4.2 理想的なみI-V特性からのずれ 51
   4.3 ダイオードの寄生抵抗の評価 55
   4.4 発光エネルギー 55
   4.5 pnホモ接合におけるキャリアの分布 56
   4.6 pnヘテロ接合におけるキャリアの拡散 57
   4.7 ヘテロ構造のデバイス抵抗への影響 57
   4.8 ダブルヘテロ構造におけるキャリア損失 61
   4.9 ダブルヘテロ構造におけるキャリアのオーバフロー 63
   4.10 電子ブロッキング層 65
   4.11 ダイオードの電圧 67
   参考文献 68
5 LEDの基礎-光学的特性 70
   5.1 内部効率,取出し効率,外部効率,出力効率 70
   5.2 エミッションスペクトル 71
   5.3 光のエスケープコーン 73
   5.4 放射パターン 75
   5.5 ランバート型放射パターン 75
   5.6 エポキシキャッピング 78
   5.7 発光強度の温度依存性 79
   参考文献 80
6 接合温度とキャリア温度 81
   6.1 発光スペクトルの高エネルギー側のテールとキャリアの温度 81
   6.2 接合温度と発光スペクトルのピーク波長 82
   6.3 ダイオードの順方向電圧の温度依存性の理論 84
   6.4 順方向電圧を用いた接合温度の測定 86
   6.5 定電流・定電圧直流駆動回路 88
   参考文献 89
7 高内部効率LEDの設計 91
   71 ヘテロ構造による内部量子効率の増加 91
   7.2 活性領域のドーピング 93
   7.3 pn接合の移動 94
   7.4 閉じ込め領域のドーピング 96
   7.5 非発光再結合 98
   7.6 格子整合 99
   参考文献 101
8 電流の流れの設計 103
   8.1 電流広がり層 103
   8.2 電流広がりの理論 108
   8.3 絶縁性基板上のLEDにおける電流集中 110
   8.4 横方向の電流注入方式 113
   8.5 電流ブロッキンゲ層 114
   参考文献 116
9 高光取出し効率構造 118
   9.1 半導体によるバンドギャップ以下光の吸収 118
   9.2 ダブルヘテロ構造 121
   9.3 LEDチップの構造化 122
   9.4 テクスチャをつけた半導体表面 125
   9.5 十字型電極とそのほかの電極形状 127
   9.6 透明基板を用いる技術 128
   9.7 反射防止光学コーティング 130
   9.8 フリップチップ実装 131
   参考文献 132
10 反射構造 135
   10.1 金属反射構造,反射接合と透過接合 135
   10.2 全反射構造 139
   10.3 分布型プラッグ反射構造 140
   10.4 全方位反射構造 149
   10.5 鏡面反射構造と拡散反射構造 151
   参考文献 156
11 実 装 158
   11.1 低出力および高出力用パッケージ 158
   11.2 静電圧放電(ESD)に対する防御 160
   11.3 パッケージの熱抵抗 162
   11.1 封止の化学 163
   11.5 高級な封止構造 164
   参考文献 165
12 可視LED 167
   12.1 GaAsP,GaP,GaAsP:N,GaP : N系 167
   12.2 AlGaAs/GaAs系 171
   12.3 AlGmnP/GaAs系 174
   12.4 GaInN系 176
   12.5 高輝度LEDの一般的な特性 213 177
   12.6 高輝度LEDの光学的特性 180
   12.7 高輝度LEDの電気的特性 182
   参考文献 183
13 AlGaInN系と紫外発光素子 186
   13.1 UVスペクトル範囲 186
   13.2 AlGaInNのバンドギャップ 187
   13.3 Ⅲ-V族窒化物の分極特性 188
   13.4 Ⅲ-V族窒化物のドーピングの活性化 190
   13.5 Ⅲ-V族窒化物の転位 191
   13.6 360nmより長い波長で発光するUVデバイス 194
   13.7 360nmより短い波長で発光するUVデバイス 195
   参考文献 199
14 共振器からの自然発光 202
   14.1 自然発光の調整 202
   14.2 ファブリ-ペロー共振器 204
   14.3 1次元共振器の光モード密度 206
   14.4 スペクトル発光の増幅 209
   14.5 積分発光の増幅 210
   14.6 実験的な発光の増幅と角度依存性 211
   参考文献 213
15 共振器発光ダイオード 216
   15.1 導入と歴史 216
   15.2 RCLEDのデザインルール 217
   15.3 930nmで発光するGaInAs/GaAs RCLED 220
   15.4 650nmで発光するAlGaInP/GaAs RCLED 224
   15.5 広い領域で光をリサイクルするLED 227
   15.6 閾値のないレーザ 228
   15.7 そのほかのRCLEDデバイス 230
   15.8 そのほかの新しい光閉じ込め発光素子 230
   参考文献 232
16 人間の眼の感度と測光量 234
   16.1 人間の眼の光受容器 234
   16.2 基本的な測光放射量 235
   16.3 眼の感度関数 238
   16.4 準単色光の色 240
   16.5 視感効果度と光源効率 241
   16.6 明るさと人間視覚の直線性 243
   16.7 概日リズムと概日感度 243
   参考文献 244
   付表16.1 246
   付表16.2 247
17 測色 248
   17.1 等色関数と色度図 248
   17.2 色純度 254
   17.3 LEDの色度座標 255
   17.4 色度と色の関係 255
   参考文献 256
   付表17.1 257
   付表17.2 258
18 ブランク光源と色潟唐 259
   18.1 太陽光スペクトル 259
   18.2 ブランク分布 260
   18.3 色温度と相関色温度 261
   参考文献 263
   付表18.1 264
19 混色と演色性 265
   19.1 加法混色 265
   19.2 演色 267
   19.3 黒体軌跡上の光源の演色評価数 272
   19.4 黒体軌跡から外れる光源の演色評価数 273
   参考文献 275
   付表19.1 276
   付表19.2 278
20 LEDを利用する自色光源 280
   20.1 LEDから発生する白色光 280
   20.2 2波長光源による白色の発生 281
   20.3 3波長光源による白色の発生 285
   20.4 3波長白色LED光源の温度依存性 287
   20.5 4波長または5波長光源による白色の発生 289
   参考文献 290
21 波長変換材料を利用する白色光源 291
   21.1 波長変換材料の効率 291
   21.2 波長変換材料 293
   21.3 蛍光体 295
   21.4 蛍光体変換型白色LED 296
   21.5 蛍光体の空間分布 298
   21.6 紫外光励起蛍光体による白色LED 300
   21.7 半導体変換型白伍IRD 301
   21.8 PRS-LEDの光強度計算 302
   21.9 PRS-LEDの光源効率計算 303
   21.10 PRS-LEDのスペクトル 304
   21.11 色素変換型白色LED 305
   参考文献 305
22 光通信 307
   22.1 光ファイバの種類 307
   22.2 石英ガラスならびにプラスチックファイバの光吸収 309
   22.3 ファイバ中のモード拡散 310
   22.4 ファイバ中の物質拡散 311
   22.5 ファイバの開口数 313
   22.6 レンズによる接合 314
   22.7 光無線通信 316
   参考文献 317
23 通信用LED 319
   23.1 無線通信用LED 319
   23.2 光ファイバ通信用LED 319
   23.3 870nmの光を放射する表面放射バラス型通信用LED 320
   23.4 1300nmの光を放射する表面放射型通信用LED 321
   23.5 650nmの光を放射する通信用LED 322
   23.6 端面放射型スーパルミネッセンスLED(SLD) 324
   参考文献 327
24 発光ダイオードの変調特性 328
   24.1 立上りおよび立下り時間,3dB周波数,線形回路理論のバンド幅 328
   24.2 大きなダイオード容量で制限された立上りおよび立下り時間 330
   24.3 小さなダイオード容量で制限された立上りおよび立下り時間 330
   24.4 立上りおよび立下り時間の電圧依存 331
   24.5 活性領域のキャリア掃出し 333
   24.6 電流パルスの整形 334
   24.7 3dB周波数 335
   24.8 アイダイアグラム 335
   24.9 キャリア寿命と3dB周波数 336
   参考文献 337
付表1 頻繁に使われる記号と語句 339
付表2 物理定数・役に立つ変換 343
付表3 室温における半導体の特性 : Ⅲ-V族砒化物 344
付表4 室温における半導体の特性 : Ⅲ-V族窒化物 344
付表5 室温における半導体の特性 : Ⅲ-V族リン化物 345
付表6 室温における半導体の特性 : SiとGe 345
索引 347
1 LEDの歴史 1
   1.1 Si CLEDの歴史 1
   1.2 GaAsとAlGaAs赤外および赤色LEDの歴史 3
96.

図書

図書
電気学会進化技術応用調査専門委員会編
出版情報: 東京 : 近代科学社, 2010.1-  冊 ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報:
第1巻: 基礎編 = Fundamentals
第2巻 : 応用編 : 情報・通信システム = Information and communication systems
第3巻 : 応用編 : 生産・物流システム = Production and logistics systems
第1巻: 基礎編 = Fundamentals
第2巻 : 応用編 : 情報・通信システム = Information and communication systems
第3巻 : 応用編 : 生産・物流システム = Production and logistics systems
97.

図書

図書
湊かなえ著
出版情報: 東京 : 東京創元社, 2010.1  245p ; 20cm
所蔵情報: loading…
98.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
粉体工学会編
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2010.1  xvi, 263p ; 21cm
シリーズ名: 粉体工学叢書 ; 第4巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
粉体工学叢書 発刊のことば i
粉体工学叢書 序文 iii
粉体工学叢書 編集委員 v
第4巻 液相中の粒子分散・凝集と分離操作 はじめに vii
第4巻 液相中の粒子分散・凝集と分離操作 執筆者一覧 xvi
第1章 静力学的相互作用による分散・凝集
   1.1 粒子の帯電 1
    1.1.1 イオン性結晶粒子 2
    1.1.2 酸化物粒子 2
    1.1.3 表面解離基をもつ粒子 4
    1.1.4 その他の帯電 4
   1.2 電気二重層の性質 4
    1.2.1 電気二重層と電位 4
    1.2.2 ポアソン・ボルツマン方程式 6
    1.2.3 平板状粒子近傍の電位 6
    1.2.4 球状粒子の場合 8
    1.2.5 デバイ・ヒュッケル近似 8
   1.3 電解質溶液中の表面間の静電相互作用 9
    1.3.1 平板間の静電相互作用 9
    1.3.2 近距離での静電相互作用 11
    1.3.3 粒子間および粒子・平板間の静電相互作用 12
    1.3.4 異種表面間の静電相互作用 14
   1.4 ファンデルワールス力 15
    1.4.1 ハマカー理論 16
    1.4.2 ハマカー定数 18
    1.4.3 リフシッツ理論 19
    1.4.4 表面に凹凸をもつ場合のファンデルワールス力 20
    1.4.5 表面が異物質で覆われた場合のファンデルワールス力 22
   1.5 電解質溶液中の相互作用とDLVO理論 24
    1.5.1 DLVO理論 24
    1.5.2 シュルツ・ハーディー則 26
   1.6 疎水性相互作用 28
   1.7 界面活性剤溶液中の相互作用 30
   1.8 高分子溶液中の相互作用 31
    1.8.1 高分子による粒子の分散・凝集 31
    1.8.2 イオン性高分子の吸着による静電相互作用 33
   1.9 非水系での相互作用 35
    1.9.1 極性溶媒中の相互作用 35
    1.9.2 無極性溶媒中の相互作用 38
   1.10 液中微粒子の泳動とゼータ電位測定 40
    1.10.1 泳動速度の理論式 40
    1.10.2 ゼータ電位測定法と特徴 46
   1.11 水溶液中での固体表面間の相互作用測定 54
    1.11.1 表面間力測定装置(SFA) 54
    1.11.2 原子間力顕微鏡(AFM) 56
    1.11.3 その他の方法 59
   参考・引用文献 60
第2章 動力学的相互作用による分散・凝集
   2.1 2粒子間相対運動 69
    2.1.1 静止流体中の粒子間衝突 69
    2.1.2 流れ場中での2粒子相対運動 70
   2.2 凝集速度と粒子径分布の経時変化 70
    2.2.1 凝集速度式 70
    2.2.2 ブラウン凝集 71
    2.2.3 せん断流れ場における凝集 79
    2.2.4 乱流場における凝集 86
    2.2.5 自己保存粒子径分布 87
   2.3 凝集粒子の分散(破壊) 89
    2.3.1 媒体流動による分散の理論的背景 91
    2.3.2 分散の実験的検討 95
    2.3.3 分裂分散と侵食分散 96
   2.4 分散・凝集の評価方法 97
    2.4.1 ゼータ電位による評価 99
    2.4.2 光学的評価法 100
    2.4.3 その他の評価法 103
   参考・引用文献 104
第3章 液相分散系のレオロジー
   3.1 スラリーの流動性 109
   3.2 粘度の粒子濃度依存性 113
   3.3 スラリーの非ニュートン性 115
   3.4 粒子表面特性の影響 118
   3.5 粒子径分布の影響 119
   参考・引用文献 121
第4章 固液分離プロセス
   4.1 沈降分離 123
    4.1.1 沈降の諸形態 124
    4.1.2 沈降分離装置とその設計 126
    4.1.3 凝集沈降 130
   4.2 ろ材・ろ過助剤・分離膜 131
    4.2.1 ろ材 131
    4.2.2 ろ過助剤 132
    4.2.3 分離膜 133
   4.3 ろ過 135
    4.3.1 ろ過速度式 135
    4.3.2 ケークの圧縮性 139
    4.3.3 定速ろ過・変圧変速ろ過 141
    4.3.4 非1次元ろ過 142
    4.3.5 粒子・非ニュートン流体系スラリーのろ過 144
    4.3.6 ろ材ろ過 145
   4.4 膜ろ過 147
    4.4.1 膜の閉塞 147
    4.4.2 ろ過ケークの特性 149
    4.4.3 濃度分極 150
    4.4.4 ケークレスろ過 152
   4.5 圧搾 154
    4.5.1 圧搾機構 154
    4.5.2 圧搾装置 159
   4.6 遠心分離 160
    4.6.1 遠心沈降 160
    4.6.2 遠心ろ過・遠心脱水 163
   4.7 固液分離操作の選定と固液分離プロセスの設計 165
   4.8 食品工業,バイオインダストリーにおける固液分離プロセス 168
    4.8.1 食品工業における固液分離プロセス 168
    4.8.2 バイオインダストリーにおける固液分離プロセス 172
   4.9 浄水・廃水処理および水再生における固液分離プロセス 173
    4.9.1 浄水処理における固液分離プロセス 173
    4.9.2 廃水処理における固液分離プロセス 175
    4.9.3 水再生における固液分離プロセス 177
   参考・引用文献 179
第5章 固固分離プロセス
   5.1 分級 185
    5.1.1 粒子沈降速度 186
    5.1.2 重力分級機 187
    5.1.3 遠心力分級機 188
    5.1.4 ハイドロサイクロン 189
    5.1.5 超微粒子分級 191
   5.2 重選(重液選別,重液分離) 193
    5.2.1 重力式重選機 193
    5.2.2 遠心力式重選機 194
    5.2.3 磁性流体選別 195
   5.3 比重選別(比重分離) 197
    5.3.1 等速沈降比 197
    5.3.2 ジグ選別 198
    5.3.3 薄流選別 201
   5.4 磁選(磁力選別,磁気分離) 204
    5.4.1 磁界と磁界勾配 204
    5.4.2 磁選機の分類 205
    5.4.3 弱磁界ドラム型磁選機 206
    5.4.4 高勾配磁選機 207
    5.4.5 超伝導磁選機 208
   5.5 浮選(浮遊選別,浮上分離) 209
    5.5.1 固体表面のぬれ性 209
    5.5.2 浮選剤 210
    5.5.3 機械撹拌式浮選機 211
    5.5.4 空気吹き込み式浮選機 213
   5.6 分離結果の評価方法 214
    5.6.1 総合分離効率 214
    5.6.2 部分分離効率曲線 215
   5.7 固固分離装置の選定とプロセスの設計 218
    5.7.1 適用粒子径 218
    5.7.2 バルク物性と表面物性 219
    5.7.3 固固分離と液相分離 219
   5.8 鉱物処理における固固分離プロセス 222
    5.8.1 チタン鉱石の選鉱(分級,比重選別,磁選) 222
    5.8.2 鉛・亜鉛硫化鉱石の浮選分離 223
   5.9 資源再生における固固分離プロセス 226
    5.9.1 プラスチック類の相互分離 226
    5.9.2 古紙の脱墨 227
   参考・引用文献 229
第6章 液相分散系の展開
   6.1 工業素材産業 231
   6.2 生活用品産業 234
   6.3 先端材料製造プロセス 236
    6.3.1 溶媒中に微粒子を分散させたまま利用 236
    6.3.2 媒体中の微粒子の形状を保持したまま媒体とともに固体化して利用 238
    6.3.3 媒体中の微粒子を焼結固化させた均一材料として利用 238
   6.4 環境 239
   参考・引用文献 240
付録 Hamaker定数 243
索引 258
粉体工学叢書 発刊のことば i
粉体工学叢書 序文 iii
粉体工学叢書 編集委員 v
99.

図書

図書
王萍 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 三修社, 2010.2  70, 650p ; 19cm
所蔵情報: loading…
100.

図書

図書
王萍 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 三修社, 2010.2  7, 594p ; 19cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼