close
1.

図書

図書
山鳥重著
出版情報: 東京 : 角川学芸出版 , 東京 : 角川グループパブリッシング (発売), 2011.12  222p ; 19cm
シリーズ名: 角川選書 ; 498
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
古屋晋一著
出版情報: 東京 : 春秋社, 2012.1  iii, 244, 19p ; 19cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
大井静雄著
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.10  254p ; 20cm
シリーズ名: 現代プレミアブック
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
ロバート・A・バートン著 ; 岩坂彰訳
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2010.8  300p ; 20cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
茂木健一郎著
出版情報: 東京 : ビジネス社, 2010.6  238p ; 19cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
ザック・リンチ著 ; 杉本詠美訳
出版情報: 東京 : イースト・プレス, 2010.7  391p ; 20cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
小泉英明著
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2011.8  230p ; 21cm
シリーズ名: B&Tブックス
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
ワイルダー・ペンフィールド著 ; 塚田裕三, 山河宏訳
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 2011.9  208p ; 20cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
藤田一郎著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2011.9  203p, 図版 [6] p ; 19cm
シリーズ名: 筑摩選書 ; 0024
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
萬年甫著
出版情報: 東京 : メディカルレビュー社, 2011.1  288p ; 31cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
岩田誠, 河村満編集
出版情報: 東京 : 医学書院, 2010.4  xiv, 258p ; 21cm
シリーズ名: 脳とソシアル
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
脳からみたヒトの発達 / 岩田誠著
発達障害と脳
自閉症スペクトラムと発達認知神経科学 / 神尾陽子著
応用行動分析による自閉症治療からの示唆 / 北澤茂著
Neurological autism : 筋強直性ジストロフィーにおけるコミュニケーション機能 / 河村満, 武田景敏, 鶴谷奈津子, 小早川睦貴著
コミュニケーション・スキルの獲得と脳
知・情・意の発達と脳 / 瀬川昌也著
ことばの獲得と脳 / 飯島和樹, 酒井邦嘉著
発達性dyslexiaの要素的認知機能および脳機能 / 宇野彰, 片野晶子著
ひとまねの重要性 : 自閉症スペクトラムにおける模倣障害 / 鶴谷奈津子, 小早川睦貴著
妖精のような人々 : ウィリアムズ症候群における言語、音楽、人間関係 / 永井知代子著
刺激的な世界 : 注意欠陥/多動性障害と前頭葉機能 / 船橋新太郎著
コミュニケーションの広がりと進化 : 個から集団へ
母と子のコミュニケーション : チンパンジーの子育て / 竹下秀子著
1対1のコミュニケーション / 藤井直敬著
社会脳の進化と発達 / 千住淳著
行動と脳 : イヌの行動を遺伝子から解明する / 村山美穂著
脳からみたヒトの発達 / 岩田誠著
発達障害と脳
自閉症スペクトラムと発達認知神経科学 / 神尾陽子著
12.

図書

図書
日経サイエンス編集部編
出版情報: [東京] : 日経サイエンス , 東京 : 日本経済新聞出版社 (発売), 2014.10  142p ; 28cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 201
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
マーク・H・ジョンソン, ミッシェル・デ・ハーン著 ; 鹿取廣人 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2014.12  xvi, 398p, 図版[8]p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
変化の生物学
研究方法と研究の対象集団
遺伝子から脳へ
脳の成り立ち
視覚、定位、および注意
物理的世界についての知覚と活動:物体と数
社会的世界の知覚と行為
学習と長期記憶
言語
前頭前皮質、作動記憶、および意志決定
大脳の側性化
相互作用特殊化説
発達認知神経科学の統合に向けて
変化の生物学
研究方法と研究の対象集団
遺伝子から脳へ
14.

図書

図書
水澤英洋編集
出版情報: 東京 : 医歯薬出版, 2016.11  150p ; 26cm
シリーズ名: 別冊・医学のあゆみ
所蔵情報: loading…
15.

図書

図書
ロジャー・ペンローズ [著] ; 林一訳
出版情報: 東京 : みすず書房, 2016.11  2冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 心の理解になぜ新しい物理学が必要なのか意識的思考の計算不可能性 : 意識と計算(心と科学
ロボットはこの面倒な世界を救うことができるか?
計算と意識的思考のA、B、C、D ほか
ゲーデル的論法 : ゲーデルの定理とテューリング機械
計算
非停止計算 ほか
数学的思考における計算不可能性の論拠 : ゲーデルとテューリングは何を考えたのか?
不健全なアルゴリズムは数学的理解を可知的な仕方でシミュレートできるか?
可知的アルゴリズムは数学的理解を不可知の仕方でシミュレートできるか? ほか)
第2部 心を理解するのにどんな新しい物理学が必要なのか心のための計算不可能な物理学の探究 : 古典物理学には心のための場所はあるのか(心と物理法則
今日の物理学における計算可能性とカオス ほか
量子世界の構造 : 量子論—パズルとパラドクス
エリツァー‐ヴァイドマン爆弾テスト問題 ほか
量子論と実在 : Rは実在の過程であるか
多世界型の観点 ほか
量子論と脳 : 脳の機能における大規模量子活動?
ニューロン、シナプス、そしてコンピュータ ほか
含意は? : 人工知能「装置」
コンピュータにうまくできること、できないこと ほか)
第1部 心の理解になぜ新しい物理学が必要なのか意識的思考の計算不可能性 : 意識と計算(心と科学
ロボットはこの面倒な世界を救うことができるか?
計算と意識的思考のA、B、C、D ほか
概要: 『皇帝の新しい心』に続く“心”の理論。人間の脳はコンピュータでシミュレートできるのか?新しい物理学の姿が示される。<br />ゾウリムシはなぜ泳ぐのか?生物の振る舞いを支配する制御システムとは?宇宙の謎に立ち向かう気宇壮大な科学エッセイ。
16.

図書

図書
ジュリア・ショウ著 ; 服部由美訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2016.12  301p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 人生最初の記憶—なぜ、あり得ない出来事を記憶するのか?
第2章 : 損なわれる記憶—なぜ、不正確な記憶で世界を解釈するのか?
第3章 : 脳の創造メカニズムと過誤記憶—なぜ、脳は間違って記憶したがるのか?
第4章 : 記憶の魔術師たち—なぜ、完璧な記憶力を持つ人がいないのか?
第5章 : 潜在意識の記憶—なぜ、サブリミナルにハマるのか?
第6章 : 優越の錯覚—なぜ、自分の記憶を過信するのか?
第7章 : 植えつけられる偽の記憶—なぜ、衝撃的な出来事を間違って記憶するのか?
第8章 : 無数の共同目撃者—なぜ、正しくなくても同調するのか?
第9章 : 秘密の悪魔的儀式—なぜ、記憶を取り戻す治療が流行するのか?
第10章 : 記憶力を活用する—なぜ、奇妙なものほど忘れないのか?
第1章 : 人生最初の記憶—なぜ、あり得ない出来事を記憶するのか?
第2章 : 損なわれる記憶—なぜ、不正確な記憶で世界を解釈するのか?
第3章 : 脳の創造メカニズムと過誤記憶—なぜ、脳は間違って記憶したがるのか?
概要: ニセの記憶を植えつける—そんな物騒な実験を行うことで有名な著者。人間の記憶が間違って形成される過程を明らかにした研究成果を携えて司法当局に協力し、記憶の曖昧な目撃情報によって冤罪の危機にあった多数の容疑者の無実を証明してきた。これまで「記憶 は嘘をつく」系の本は多数、出版されてきたが、脳が記憶を都合よく作り替えたり、あり得ないし体験もしていない出来事を知っているかのように記憶したりする不思議なメカニズムの存在理由を、こんなに平易に語った本はほかにない。脳は記憶の正確さを犠牲にしてでも、人間がより豊かに、創造的に生きることを選んだのだ。その巧みな戦略に感嘆せずにはいられない! 続きを見る
17.

図書

図書
武田暁著
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2016.12  xiii, 296p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 : 序論—数と人間
2章 : 数論と幾何学
3章 : 数を認知する脳
4章 : 脳の数機能
5章 : 脳の論理機能—論理学と数学
6章 ニューロン回路網の数理機能1 : 論理回路と論理機能の階層性
7章 ニューロン回路網の数理機能2 : 思考の統合と情報の流れ
8章 : 脳はいかにして数学を生みだすのか—証明という脳機能を再考する
1章 : 序論—数と人間
2章 : 数論と幾何学
3章 : 数を認知する脳
概要: 私たちは日常的に物を数え、計算をし、数の大小を比較します。あるいは論理的に考えて、ある命題を証明することもできます。脳は、これらをどのように処理しているのでしょうか。自然を理解するには、抽象的概念を理解して世界像を形成し、論理的・数学的操作 で結論を導く脳の働きの理解が不可欠です。長年、素粒子物理学を研究してきた著者が、数学を生みだす脳機能について、最新の実験結果を含め、わかりやすく解説します。 続きを見る
18.

図書

図書
兼本浩祐著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2016.12  190p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
私は脳の中にいるのか
動物機械・ゾウリムシの確率的知覚
細胞が連なり、神経が生まれ、しかし脳はまだない
空気人形からガンダムへ、そして仮想中枢へ—身体イメージの歴史的変遷
私という現象は命がそうであるように閉鎖系なのか—オートポイエーシス論を通して考える
再入力による仮想中枢の明滅と表象—こころの始まり
マシンは私になれるのか
ミラーニューロンが起こす動作は誰の意図か
閉じる言葉、開かれた言葉
死を超えてあるいはいくばくか残るかもしれない私のこと〔ほか〕
私は脳の中にいるのか
動物機械・ゾウリムシの確率的知覚
細胞が連なり、神経が生まれ、しかし脳はまだない
概要: こころとは私たちの脳のことなのか。言い換えるなら、私たちは過不足なく脳なのか。こう問うと、若い同僚からすぐに「では、いったい脳以外のどこにこころがあるというのですか」と反論されてしまう。私が脳にいないなんて、脳科学がこれほど進歩した世の中で なんて非常識な、と。しかし、私らしさという性質を考えてみると、社会の中で私がどんな位置どりをしているか、これまで過去に私はどんな行動をしてきたかなど、さまざまな側面があり、脳はそれぞれの側面に対して異なった濃淡をもって関与をしていると考えられる。これをすべて脳の作用の物理的関数だけで解き明かせるのか。クラゲ、赤ん坊、ミラーニューロン、てんかん、ヤスパース...心脳問題に精神科医が挑む。 続きを見る
19.

図書

図書
津田一郎著 ; 北海道大学数学連携研究センター編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2016.7  vii, 156p ; 22cm
シリーズ名: 連携する数学 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 複雑系と脳科学の交差:数学の役割
第2章 : 力学系ミニマル
第3章 : 天気予報のカオス—ロレンツカオスをめぐって
第4章 : 非整数次元
第5章 : 脳活動のダイナミクスとカオス
第6章 : アトラクター崩壊によるカオス遍歴とその脳機能への役割
第7章 : ヒトが論理間違いをする理由—カオス力学系の観点から
第8章 : 認知の限界
第1章 : 複雑系と脳科学の交差:数学の役割
第2章 : 力学系ミニマル
第3章 : 天気予報のカオス—ロレンツカオスをめぐって
20.

図書

図書
モーヘブ・コスタンディ著 ; 水谷淳訳
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2017.6  ii, 173p ; 19cm
シリーズ名: MITエッセンシャル・ナレッジ・シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : はじめに
第2章 : 感覚代行
第3章 : 発達時の可塑性
第4章 : シナプス可塑性
第5章 : 成体のニューロン形成
第6章 : 脳力トレーニング
第7章 : 神経損傷と脳傷害
第8章 : 常習性と痛み
第9章 : 一生続く脳の変化
第10章 : まとめ
第1章 : はじめに
第2章 : 感覚代行
第3章 : 発達時の可塑性
概要: 脳は柔軟である!英語のことわざ「老犬に新たな技を教えることはできない」は、最新の脳の研究によって覆された。ニューロプラスティシティ(=神経可塑性)によって、脳の変化は一生続くことがわかる!
21.

図書

図書
ケン・アシュウェル編 ; 尾澤和幸訳
出版情報: 東京 : 柊風舎, 2015.8  351p ; 29cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 脳と脊髄の機能
第2章 : 神経、神経細胞、および脳の化学
第3章 : 脳と脊髄の発達
第4章 : 感覚
第5章 : 運動と活動
第6章 : 社会と関わり、考える脳
第7章 : 精神、意識、気分および精神の病
第8章 : 脳の可塑性、損傷、修復
第9章 : 薬物と脳
第10章 : 病気と障害
第1章 : 脳と脊髄の機能
第2章 : 神経、神経細胞、および脳の化学
第3章 : 脳と脊髄の発達
概要: 神経細胞のしくみ、人間が無意識におこなっている運動の制御、睡眠の意義、アルコールや薬物が脳の機能に及ぼす影響、記憶を蓄え呼びさます脳の能力...さまざまな側面をもつ脳を理解するうえで必要な知識を、段階を踏んで提供。250点近いフルカラー図版 を掲載、検索に便利な索引1500項目、理解を助ける用語解説200項目も完備。 続きを見る
22.

図書

図書
中村哲之 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 大学出版部協会 , 東京 : 東京大学出版会 (発売), 2014.6  79p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 トリの「視る」世界—動物の錯視と心 : 私が視ている世界が絶対ではない—視ることは主観的体験
錯視研究から「視る」を見る ほか
第2章 ヒト型脳とハト型脳 : いろいろな動物の脳
ヒトの脳はなぜ大きくなったのか ほか
第3章 脳は世界をいかに捉えているか : 意識とはなんだろうか
赤ちゃんの意識 ほか
第4章 討論—心の多様性と現代 : ヒトの視覚システムがもし急にハト型になったら
「自己認知できる」とは ほか
第1章 トリの「視る」世界—動物の錯視と心 : 私が視ている世界が絶対ではない—視ることは主観的体験
錯視研究から「視る」を見る ほか
第2章 ヒト型脳とハト型脳 : いろいろな動物の脳
23.

図書

図書
日経サイエンス編集部編
出版情報: [東京] : 日経サイエンス , 東京 : 日本経済新聞出版社 (発売), 2012.5  135p ; 28cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 184
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
瀬江千史, 菅野幸子著
出版情報: 東京 : 現代社, 2012.3  2冊 ; 19cm
シリーズ名: 現代社白鳳選書 ; 34-35
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
日経サイエンス編集部編
出版情報: [東京] : 日経サイエンス , 東京 : 日本経済新聞出版社 (発売), 2013.8  127p ; 28cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 193
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
永江誠司著
出版情報: 東京 : おうふう, 2012.3  x, 303p ; 21cm
所蔵情報: loading…
27.

図書

図書
苧阪直行編
出版情報: 東京 : 新曜社, 2012.3  xiii, 195, 43p, 図版 [16] p ; 20cm
シリーズ名: 社会脳シリーズ ; 1
所蔵情報: loading…
28.

図書

図書
朝日新聞出版編
出版情報: 東京 : 朝日新聞出版, 2017.3  223p ; 21cm
シリーズ名: いのちの不思議を考えよう / 朝日新聞出版編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
予習 授業の前に、ちょっと頭に入れておこう—脳の構造とニューロン
1時限目 脳はどこまで解き明かされたか : 微小脳vs.巨大脳
記憶のヒミツ
脳のGPS、「場所細胞」
運動がうまくなりたい!
においの脳科学
睡眠と脳
脳と心
2時限目 脳と病気の謎を探る : ストレスを知る!
認知症発症メカニズムの新しい説
難病ALSに挑む
パーキンソン病の再生医療
脳の形成と自閉スペクトラム症
3時限目 研究者への道 : 大脳皮質誕生の謎に迫る
脳が神経回路をつくるプロセスとは
マウスの網羅的行動テストで探る遺伝子とこころの関係
皮膚感覚をつかさどる神経活動を探究
線虫の記憶と行動
鳥はどう歌を覚えるか
音楽に感動する脳の仕組みを解明したい
4時限目 特別対談 : 脳研究の今とこれから—研究者をめざす人たちへ
予習 授業の前に、ちょっと頭に入れておこう—脳の構造とニューロン
1時限目 脳はどこまで解き明かされたか : 微小脳vs.巨大脳
記憶のヒミツ
概要: 記憶力は高められるの?トップアスリートの脳の使い方って?病気と脳の関係は?人間の体にも心にも関わる脳。その秘密を解き明かす脳科学の最新動向を、注目の生命科学者たちが語ります!
29.

図書

図書
永沢哲著
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.5  300p ; 19cm
シリーズ名: 講談社選書メチエ ; 498
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
石浦章一, 笹川昇, 二井勇人著 ; 太田次郎 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 裳華房, 2011.9  ix, 113p ; 21cm
シリーズ名: 新・生命科学シリーズ / 太田次郎 [ほか] 編
所蔵情報: loading…
31.

図書

図書
三品昌美編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2015.4  ix, 291p, 図版8p ; 26cm
シリーズ名: Dojin bioscience series ; 20
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 体を動かす : 神経筋接合部のシナプス伝達
脊髄の運動ニューロンとALS
大脳運動野の運動制御と可塑性、振動性の分子機構 ほか
2 外界の情報を捉える : 感覚神経系の分子脳科学
嗅覚系:感覚入力から行動に至る分子基盤と神経回路 ほか
3 記憶と学習 : 海馬・大脳皮質と認知記憶
扁桃体を中心とした前脳領域による恐怖記憶制御
小脳、大脳基底核による運動学習 ほか
4 体の調節 : 自律神経系
概日リズムと睡眠
食欲、肥満
5 統合、情動、気分 : 統合失調症
気分障害(うつ病、双極性障害
自閉症 : ほか
6 発達 : 脊髄動物脳形成の分子基盤
神経幹細胞分化制御機構
神経回路網とシナプスの形成 ほか
1 体を動かす : 神経筋接合部のシナプス伝達
脊髄の運動ニューロンとALS
大脳運動野の運動制御と可塑性、振動性の分子機構 ほか
32.

図書

図書
茂木健一郎著
出版情報: 東京 : PHPエディターズ・グループ , 東京 : PHP研究所 (発売), 2010.12  190p ; 19cm
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
田中正敏著
出版情報: 東京 : 講談社, 2017.9  223p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ストレスをどう測るか
ストレス研究の歴史
脳の作りと働き
ストレス状況で脳や体はどう反応するか
心理的ストレス
活動性ストレスは過労死モデルか?
仕事とストレス
加齢とストレス
ストレス反応のドミノ倒し
昼のストレスと夜のストレス
ストレスをどう測るか
ストレス研究の歴史
脳の作りと働き
概要: 心と体のすべてをコントロールしている脳は、ストレスを受けた時、どのように変化しているのだろうか。その瞬間をとらえることができれば、これほど根源的なストレス対策の指標となるものはないだろう。本書では、私たちを取り巻くさまざまなストレス状況を設 定し、最新の神経化学的方法でストレス時の脳の変化を測定した貴重な実験を紹介する。そこで積み重ねられた知見から、ストレスから心と体を守るには何をすればよいのか、予防のヒントが見えてくる。 続きを見る
34.

図書

図書
トム・ジャクソン著 ; 大森充香訳
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2017.11  150p ; 29cm
シリーズ名: 歴史を変えた100の大発見
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
先史時代から1800年まで : 頭蓋骨の穴
古代エジプト人の脳 ほか
1800年から1900年 : 骨相学
パーキンソン病 ほか
1900年から1950年 : 失行症:動作の障害
認知症 ほか
1950年から現代 : 認知行動療法
活動電位 ほか
先史時代から1800年まで : 頭蓋骨の穴
古代エジプト人の脳 ほか
1800年から1900年 : 骨相学
概要: 脳を切り取ってうつ病を治す?人の性格を映し出す「脳の鏡」?猫を電気で生き返らせる?頭の形で性格がわかる?すばらしき大発見と(あやしげな)小発見でたどる脳科学の歴史。「魂はここに宿る」ダ・ヴィンチが信じた脳のなかの不思議な空間。体が無意識のう ちに動き始める病「舞踏病」。失ったはずの手足に痛みを感じる退役軍人たち。右脳と左脳を分断された人間が見る世界のすがた。意識はどのようにして生み出されるのか?脳と心の謎に迫った100の物語。 続きを見る
35.

図書

図書
浅場明莉著 ; 市川眞澄編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2017.4  xiii, 190p ; 21cm
シリーズ名: ブレインサイエンス・レクチャー / 徳野博信編 ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : はじめに
第2章 : 自己の身体を認識する
第3章 : 自己の心を理解する“自己意識”
第4章 : 他者との関係を認識する
第5章 : 他者の動きから心を読む
第6章 : 他者の情動が伝染する、他者の情動に共感する
第7章 : 他者の心を理解する“心の理論”
第8章 : “ミラーニューロン”と“共感”と“心の理論”の違い
第1章 : はじめに
第2章 : 自己の身体を認識する
第3章 : 自己の心を理解する“自己意識”
36.

図書

図書
Neil R. Carlson [著]
出版情報: 東京 : 丸善, 2010.7  xix, 748p ; 26cm
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
伊藤功著 ; 市川眞澄編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2018.2  viii, 129p, 図版 [4] p ; 21cm
シリーズ名: ブレインサイエンス・レクチャー / 徳野博信編 ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 左右差研究の歴史
第2章 : 海馬とその神経回路およびグルタミン酸受容体
第3章 : 海馬神経回路の非対称性
第4章 : 体の左右を決めるしくみ
第5章 : 脳の左右決定におけるNodal経路の役割
第6章 : 脳の非対称性形成における免疫系タンパク質の役割
第7章 : 脳の非対称性を生み出すしくみ
第1章 : 左右差研究の歴史
第2章 : 海馬とその神経回路およびグルタミン酸受容体
第3章 : 海馬神経回路の非対称性
概要: 左右の脳半球はなぜその機能と構造が異なるのか。それらの違いは何に起因し、いつ、どのようにしてつくられるのか。左右の違いを失った脳は存在するのだろうか、また、それは機能しうるのか。我々はこれらの疑問に分子レベルで答えることができるだろうか。
38.

図書

図書
坂野登著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2017.12  v, 223, xp ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
利き脳とは一体何だろう
利き脳論の展開 : 利き脳論の始まり
感情の戦略の違いから利き脳が生まれた
感情と認知の利き脳は前頭葉にある
欲求に応えるための左脳の戦略
ことばと音楽は脳で結ばれている
ことばの力は認知の世界を変える
利き脳論の検証 : 利き脳を実験室でつくり出す
腕組みは計画性と関係している
指組みは認知的指向と関係している
利き脳とは一体何だろう
利き脳論の展開 : 利き脳論の始まり
感情の戦略の違いから利き脳が生まれた
概要: 感情から認知へという進化の道筋の中に利き脳を位置づけ、認知科学研究をもとに、こころと脳の関係を問い直す。
39.

図書

図書
ポール・D・マクリーン著 ; 法橋登編訳・解説
出版情報: 東京 : 工作舎, 2018.2  311p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 三つの脳の進化—知性の前駆活動に果たす役割 : 主観脳の学—主体的認識論“エピステミクス”に向けて
脳研究の新しい展開
中枢神経系と前脳の役割
自律神経系と大脳辺緑系の役割
反射脳の構造とはたらき ほか
第2部 三つの脳と現代 : 品格と三つの脳
恋愛と三つの脳
三つの脳と三つのことば—シンボル、サイン、シグナル
宿命、自由意志、確信、五蘊説
ハミルトンの包括適応度とマクリーンのエピステミクス ほか
第1部 三つの脳の進化—知性の前駆活動に果たす役割 : 主観脳の学—主体的認識論“エピステミクス”に向けて
脳研究の新しい展開
中枢神経系と前脳の役割
概要: いったい人間の理性は、もの言わぬ外部世界...宇宙...と内部世界...情動脳・反射能...の暗黙のメッセージを聴きとるほどに進化したのだろうか。人間の脳は、長い生物進化の歴史を内蔵している。人間が前期哺乳類から受け継いだ「情動脳」内で内部 世界が外部世界に出会う場所が確信の座であり、この確信を定型化して表現したいという「理性脳」の衝動は、人間が爬虫類から継承した「反射脳」から生まれてくることを神経生理学的、臨床的研究によって示す。 続きを見る
40.

図書

図書
日経サイエンス編集部編
出版情報: [東京] : 日経サイエンス , 東京 : 日本経済新聞出版社 (発売), 2013.4  143p ; 28cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 191
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
日経サイエンス編集部編
出版情報: 東京 : 日経サイエンス , 東京 : 日本経済新聞出版社 (発売), 2015.8  135p ; 28cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 207
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
小島比呂志編著 ; 大谷悟 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2014.2  v, 214p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : ニューロンの性質と機能
2 : シナプス情報伝達と神経回路網
3 : ニューロン内のシグナル伝達とシナプス伝達の修飾
4 : 脊椎動物神経系の発生
5 : 神経の性質
6 : ニューロンから高次機能へ
1 : ニューロンの性質と機能
2 : シナプス情報伝達と神経回路網
3 : ニューロン内のシグナル伝達とシナプス伝達の修飾
概要: 近年、医療やバイオテクノロジーからコンピュータサイエンスおよびロボット工学までも含む広い領域で、脳・神経科学への関心が高まっている。しかし、その対象とする範囲は広く多様であるため、要点をおさえて学ぶことが重要となる。本書は、脳の働きを学ぶう えで最も基礎となるニューロンの電気生理学からはじまり、シグナル伝達、神経系の発生、高次機能の一部をコンパクトに記述した。さらに、これらを踏まえて意識やクオリアを理解しようと試みている。 続きを見る
43.

図書

図書
Rita Carter著 ; Susan Aldridge, Martyn Page, Steve Parker [執筆] ; 内山安男, 柚崎通介訳
出版情報: 東京 : 南江堂, 2012.8  256p ; 30cm
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
劔邦夫著
出版情報: 大阪 : 風詠社 , 東京 : 星雲社 (発売), 2018.7  121p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 はじめに エネルギー代謝について : エネルギー代謝研究を始めたわけ
エネルギー代謝の概要—解糖系について ほか
第2章 体内リズム—概日時計とエネルギー代謝リズム : 散逸構造理論
オートポイエーシス理論 ほか
第3章 脳におけるエネルギー代謝リズム : 脳の構造の概略
脳血液関門とエネルギー源の吸収 ほか
第4章 デフォルトモード回路とこころ回路 : 大脳皮質の機能とDMN
こころは、ほ乳類すべてにあるのか ほか
第5章 老化に伴うこころの変遷 : 老化とサーチュインの役割
サーチュインの概日リズムでの機能 ほか
第1章 はじめに エネルギー代謝について : エネルギー代謝研究を始めたわけ
エネルギー代謝の概要—解糖系について ほか
第2章 体内リズム—概日時計とエネルギー代謝リズム : 散逸構造理論
概要: AIもいつか「こころ」を持つのだろうか。脳の疲れや悩みはDMNによって生まれる。未だ解明されていない脳疲労システムをエネルギー代謝の面から考察する。
45.

図書

図書
石川裕二著
出版情報: 東京 : 恒星社厚生閣, 2018.11  x, 268p, 図版 [4] p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
神経系の起源と進化
発生の原理と脳発生の一般的規則
神経管ができるまで
神経管の背腹軸に沿った区分
神経管の吻尾軸に沿った区分
神経管の左右軸に沿った変異
神経管の同心軸に沿った区分
神経回路の発生と発達
神経管から脳へ:血管、細胞増殖帯、間脳について
神経管から脳へ:各領域の発達
孵化した仔魚の神経系
仔魚の脳から生魚の脳へ
メダカの脳、ヒトの脳
真骨類の機能的神経科学
放射線とメダカ:脳の発生に対する放射線障害
神経系の起源と進化
発生の原理と脳発生の一般的規則
神経管ができるまで
46.

図書

図書
フランシス・ジェンセン, エイミー・エリス・ナット著 ; 野中香方子訳
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2015.12  333p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : 悪いのは親でも子どもでもない
ホルモンのせいなのか?
10代の脳は未完成
若い脳細胞は連絡不足
IQも変化させる脳の黄金期
寝る脳は育つ
反抗期の脳はそれを我慢できない
タバコ1本、中毒のもと
10代の酒は百害の長
大麻「ダメ、ゼッタイ」の科学的理由
危険ドラッグが危険なゆえん
脳をかき乱すストレスに要注意
精神疾患の危険信号
デジタル中毒の脳内汚染
「女子脳」「男子脳」の神話と事実
スポーツでの脳震盪は侮れない
未成年の罪と罰
青年期を越えても、成長は終わらない
序章 : 悪いのは親でも子どもでもない
ホルモンのせいなのか?
10代の脳は未完成
概要: この10年で飛躍的に進んだ10代の脳の研究。脳が完全に成長するには30歳までかかる。成長過程ゆえに様々な問題と利点がある。そのことを上手に知って子どもと接しよう。脳科学の最先端から、女医がアドバイス。
47.

図書

図書
OECD教育研究革新センター編著 ; 小山麻紀, 徳永優子訳
出版情報: 東京 : 明石書店, 2010.12  422p ; 22cm
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
工藤佳久著・画
出版情報: 東京 : 羊土社, 2013.9  254p ; 26cm
シリーズ名: 実験医学 ; 別冊
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 : 基礎編—システムとしての脳の理解
第2部 : 機能編(感覚)—外界を認識するしくみ
第3部 : 機能編(運動)—脳からの運動命令の発信とその制御
第4部 : 脳と行動編—しくまれた自動調節装置
第5部 : 高次脳機能編—うまく生きていくための能力
第6部 : 脳の疾患編—脳の故障がもたらす多様な障害
第7部 : 「こころ」編—脳から心を考える
第1部 : 基礎編—システムとしての脳の理解
第2部 : 機能編(感覚)—外界を認識するしくみ
第3部 : 機能編(運動)—脳からの運動命令の発信とその制御
概要: 研究の歴史や発見の経緯から解説。複雑なしくみ・混乱しがちな機能も驚くほどわかる!著者描きおろしイラストに導かれて、脳研究の魅力を大発見!
49.

図書

図書
柳澤嘉一郎著
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2011.6  251p ; 19cm
シリーズ名: 筑摩選書 ; 0020
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
西川アサキ著
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.12  318p ; 19cm
シリーズ名: 講談社選書メチエ ; 518
所蔵情報: loading…
51.

図書

図書
宮内哲 [ほか] 著 ; 徳野博信編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2016.1  xiv, 256p ; 21cm
シリーズ名: ブレインサイエンス・レクチャー / 徳野博信編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 非侵襲脳機能計測とは
第2章 脳の構造と機能局在
第3章 神経活動と脳血流反応
第4章 脳波 / Electroencephalography
第5章 脳磁図 / Magnetoencephalography
第6章 磁気共鳴画像 / Magnetic Resonance Imaging:MRI
第7章 近赤外線スペクトロスコピー / Near‐Infrared Spectroscopy:NIRS
第8章 PET/SPECT / Positron Emission Tomography/Single Photon Emission Computed Tomography
第9章 経頭蓋磁気刺激 / Transcranial Magnetic Stimulation:TMS
第10章 脳機能イメージングの今後の展望
第11章 : おわりに
第1章 非侵襲脳機能計測とは
第2章 脳の構造と機能局在
第3章 神経活動と脳血流反応
52.

図書

図書
ターケル・クリングバーグ著 ; 苧阪直行訳
出版情報: 東京 : 新曜社, 2011.11  v, 213, 33p ; 20cm
所蔵情報: loading…
53.

図書

図書
信原幸弘, 原塑, 山本愛実編著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2010.10  ix, 323p ; 22cm
所蔵情報: loading…
54.

図書

図書
池谷裕二著
出版情報: 東京 : 講談社, 2013.9  473p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1830
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 脳は私のことをホントに理解しているのか : 今ここに立っている不思議
意識は私の全部じゃない ほか
第2章 脳は空から心を眺めている : 脳研究って何だろう
「役立つ」以外にも記憶の役割がある ほか
第3章 脳はゆらいで自由をつくりあげる : 少しは脳の気持ちにもならないと
僕らの「心」は環境に散在する ほか
第4章 脳はノイズから生命を生み出す : 脳の「ゆらぎ」は何の役に立っているのだろう
アリはどうやって行列をつくるか? ほか
第1章 脳は私のことをホントに理解しているのか : 今ここに立っている不思議
意識は私の全部じゃない ほか
第2章 脳は空から心を眺めている : 脳研究って何だろう
概要: 最先端の脳科学を読み解くスリリングな講義。ベストセラー『進化しすぎた脳』の著者が、母校で行った連続講義。私たちがふだん抱く「心」のイメージが最新の研究によって次々と覆されていく—。「一番思い入れがあって、一番好きな本」と著者自らが語る知的興 奮に満ちた一冊。 続きを見る
55.

図書

図書
アルフレッド・ミーリー著 ; 蟹池陽一訳
出版情報: 東京 : 春秋社, 2018.6  ix, 221, 4p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 自由意志って何を意味するの?—はじまりは月曜の午後
第2章 : レギュラーの自由意志—月曜の夜に
第3章 : ミドルクラスの自由意志—火曜の午後の話
第4章 : リベットの脳科学実験—それは火曜の夜
第5章 : fMRI実験—水曜の午後
第6章 : 自由意志に関するガザニガの主張—水曜の夜
第7章 : ミルグラムの実験と自由意志—木曜の午後
第8章 : 自由意志についてのウェグナーの主張—木曜の夜に
第9章 : 科学的証拠とレギュラーの自由意志—金曜の午後に
第10章 : 科学的証拠とプレミアムの自由意志—そして金曜の夜
第1章 : 自由意志って何を意味するの?—はじまりは月曜の午後
第2章 : レギュラーの自由意志—月曜の夜に
第3章 : ミドルクラスの自由意志—火曜の午後の話
概要: ぼくたちはほんとうに自由なの?心で決定する前に脳は行動を始めていると主張するリベットの実験や、普通の人も状況しだいで残忍な行為を厭わないと示したミルグラム実験・スタンフォード監獄実験など多彩な科学実験を紹介し、人間は因果関係や状況の奴隷でな く自由意志を持つといえるのか、そもそも自由意志とは何か、をわかりやすく楽しく語る。 続きを見る
56.

図書

図書
E.フラー・トリー著 ; 寺町朋子訳
出版情報: 東京 : ダイヤモンド社, 2018.9  xii, 325p ; 20cm
所蔵情報: loading…
57.

図書

図書
松本隆男著
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 2016.11  viii, 181p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 : ニューロンのモデルとネットワーク
2章 : 認知的不協和と心の苦しみ
3章 : 心の苦しみとニューロン
4章 : 意識の切り替えと心の苦しみ
5章 : 「苦しみのトライアングル」と初期仏教
6章 : 仏教による心の安らぎとニューラルネットワーク
1章 : ニューロンのモデルとネットワーク
2章 : 認知的不協和と心の苦しみ
3章 : 心の苦しみとニューロン
58.

図書

図書
ラリー・R・スクワイア, エリック・R・カンデル著
出版情報: 東京 : 講談社, 2013.12  300p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1843 . 記憶のしくみ||キオク ノ シクミ ; 下
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第6章 陳述記憶のためのシナプスにおける貯蔵メカニズム : 陳述記憶の貯蔵
人工的なシナプス調整 ほか
第7章 短期記憶から長期記憶へ : 習うより慣れろ
記憶固定のスイッチ ほか
第8章 プライミング、知覚学習そして情動学習 : プライミング
知覚学習 ほか
第9章 技能、習慣および条件づけのための記憶 : 運動技能
習慣の学習 ほか
第10章 記憶と個性の生物学的基礎 : 個性の生物学的基礎
経験を通じた脳の改変 ほか
第6章 陳述記憶のためのシナプスにおける貯蔵メカニズム : 陳述記憶の貯蔵
人工的なシナプス調整 ほか
第7章 短期記憶から長期記憶へ : 習うより慣れろ
概要: 短期記憶はどのように長期記憶へ移行されるのか?意識した記憶、短期記憶と長期記憶、学習と分子機構の関係から記憶の本質に迫る。
59.

図書

図書
日経サイエンス編集部編
出版情報: [東京] : 日経サイエンス , 東京 : 日本経済新聞出版社 (発売), 2017.2  127p ; 28cm
シリーズ名: 別冊日経サイエンス ; 218
所蔵情報: loading…
60.

図書

図書
ヘレン・トムスン著 ; 仁木めぐみ訳
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2019.1  317p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : 「奇妙な脳」を探す旅へ出よう
第1章 : 完璧な記憶を操る—過去を一日も忘れない“完全記憶者”ボブ
第2章 : 脳内地図の喪失—自宅で道に迷う“究極の方向音痴”シャロン
第3章 : オーラが見える男—鮮やかな色彩を知る“色盲の共感覚者”ルーベン
第4章 : 何が性格を決めるのか?—一夜で人格が入れ替わった“元詐欺師の聖人”トミー
第5章 : 脳内iPodが止まらない—“幻聴を聞く絶対音感保持者”シルビア
第6章 : 狼化妄想症という病—発作と戦う“トラに変身する男”マター
第7章 : この記憶も身体も私じゃない—孤独を生きる“離人症のママ”ルイーズ
第8章 : ある日、自分がゾンビになったら—“三年間の「死」から生還した中年”グラハム
第9章 : 人の痛みを肌で感じる—“他者の触覚とシンクロする医師”ジョエル
終章 : ジャンピング・フレンチマンを求めて
序章 : 「奇妙な脳」を探す旅へ出よう
第1章 : 完璧な記憶を操る—過去を一日も忘れない“完全記憶者”ボブ
第2章 : 脳内地図の喪失—自宅で道に迷う“究極の方向音痴”シャロン
概要: かつて大学で脳を研究し、科学ジャーナリストとなった著者。彼女の趣味は「人とは違う脳」を持った人々について書かれた医学論文を収集し、読み漁ること。だが、論文を読むだけでは、患者の人となりは全く見えてこない。ある日、十年間集め続けた論文の山の前 で彼女は思った。「世界中で普通の人々に奇妙な事が起こっている。彼らはどんな生活をしているのだろう?」—それが、「奇妙な脳」の持ち主たちを巡る旅の始まりだった。 続きを見る
61.

図書

図書
松井広, 田中謙二編集
出版情報: 東京 : 羊土社, 2019.11  227, 4p ; 26cm
シリーズ名: 実験医学 ; 増刊 ; v. 37-no. 17 2019
所蔵情報: loading…
62.

図書

図書
エレーヌ・フォックス著 ; 森内薫訳
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2014.7  326p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : なぜ前向きな性格と後ろ向きな性格があるのだろう
第1章 : 快楽と不安の二項対立
第2章 : 修道院の奇妙な実験
第3章 : 恐怖を感じない女
第4章 : 遺伝子が性格を決めるのか
第5章 : タクシー運転手の海馬は成長する
第6章 : 抑うつを科学で癒す可能性
序章 : なぜ前向きな性格と後ろ向きな性格があるのだろう
第1章 : 快楽と不安の二項対立
第2章 : 修道院の奇妙な実験
概要: そのカギは楽観脳と悲観脳にあった!オックスフォード大脳科学研究室が明かす驚異の世界。
63.

図書

図書
ディーン・バーネット著 ; 増子久美訳
出版情報: 東京 : 青土社, 2017.12  333p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : マインドがコントロールする—脳が体を調節しようとして、混乱させてばかりいるその仕組み
第2章 : 記憶の贈り物(レシートを取っておけ)—人の記憶システムとその奇妙な特性
第3章 恐怖 : 恐れることは何もない—私たちを怖がらせてばかりいる脳のさまざまなやり口
第4章 : 自分は賢いって思ってるだろ?—知能の不可解な科学
第5章 : この章が来ることは予想通り?—脳の観測システムの場当たり的特性
第6章 性格 : テストのための概念—性格の複雑でわかりにくい性質
第7章 : 円陣を組む!—他人の影響を受ける脳の仕組み
第8章 : 脳が壊れると...—メンタルヘルスにまつわる問題と、それが生じる過程
第1章 : マインドがコントロールする—脳が体を調節しようとして、混乱させてばかりいるその仕組み
第2章 : 記憶の贈り物(レシートを取っておけ)—人の記憶システムとその奇妙な特性
第3章 恐怖 : 恐れることは何もない—私たちを怖がらせてばかりいる脳のさまざまなやり口
概要: 神経科学の第一人者にしてコメディアンでもある著者がユーモアを交えながら語る、驚きの脳科学。
64.

図書

図書
ラリー・R・スクワイア, エリック・R・カンデル著
出版情報: 東京 : 講談社, 2013.11  298p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1842 . 記憶のしくみ||キオク ノ シクミ ; 上
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 心から分子へ : 心理学的過程としての記憶
行動主義革命 ほか
第2章 非陳述記憶のための修飾可能なシナプス : 非陳述記憶のもっとも単純なケース、それは馴化 / 慣れ
脳の信号伝達要素としてのニューロン : ほか
第3章 短期記憶のための分子 : 鋭敏化の研究から得られたヒント
セカンドメッセンジャー系 ほか
第4章 陳述記憶 : 陳述記憶の符号化
陳述記憶の貯蔵 ほか
第5章 陳述記憶のための脳システム : 短期記憶は即時記憶と作業記憶に分けられる
長期記憶 ほか
第1章 心から分子へ : 心理学的過程としての記憶
行動主義革命 ほか
第2章 非陳述記憶のための修飾可能なシナプス : 非陳述記憶のもっとも単純なケース、それは馴化 / 慣れ
概要: 記憶はどのように組織化されるのか?記憶の種類、記憶を司る分子、学習とシナプス可塑性を中心に解説。ノーベル賞学者が書いた新しい脳と記憶の教科書。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼