close
1.

図書

図書
José M.Aguilar著 ; クイープ訳
出版情報: 東京 : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング (発売), 2014.11  14, 257p ; 24cm
シリーズ名: マイクロソフト公式解説書
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : インターネット、非同期性、マルチユーザー
第2章 : HTTP:主導権を握るのはクライアント
第3章 : SignalRの概要
第4章 : 固定接続
第5章 : ハブ
第6章 : 他のスレッドからの固定接続とハブ
第7章 : リアルタイム/マルチプラットフォームアプリケーション
第8章 : SignalRのデプロイとスケーリング
第9章 : 高度なトピック
第1章 : インターネット、非同期性、マルチユーザー
第2章 : HTTP:主導権を握るのはクライアント
第3章 : SignalRの概要
概要: 日本語で読める初めての、SignalRによるアプリケーション開発の解説書です。SignalRとは何かから始まり、SignalRを利用するアプリケーションの開発方法と、そのために必要な知識を、サーバー側とクライアント側の双方について解説します 。サンプルアプリケーションはダウンロード可能で、C#で書かれており、Visual Studio 2012以降、Windows 7 SP1以降に対応しています。 続きを見る
2.

図書

図書
ポール キウザーノ, ルナー ビャルナソン著 ; クイープ訳
出版情報: 東京 : インプレス, 2015.3  xviii, 372p ; 24cm
シリーズ名: Impress top gear
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 関数型プログラミングの基礎 : 関数型プログラミングとは
Scala関数型プログラミングの準備 ほか
2 関数型デザインとコンビネータライブラリ : 純粋関数型の並列処理
プロパティベースのテスト ほか
3 関数型デザインに共通する構造 : モノイド
モナド ほか
4 作用とI/O : 外部作用とI/O
局所作用とミュータブルな状態 ほか
1 関数型プログラミングの基礎 : 関数型プログラミングとは
Scala関数型プログラミングの準備 ほか
2 関数型デザインとコンビネータライブラリ : 純粋関数型の並列処理
概要: 洗練された副作用のない手法!再利用/並列化/一般化/テストが容易になる。データ構造/入出力/エラー処理を関数型で記述。ライブラリのプログラムを設計・開発。関数型プログラミングの共通パターンを見抜く。
3.

図書

図書
John Cheng, Max Grossman, Ty McKercher著 ; クイープ訳
出版情報: 東京 : インプレス, 2015.9  xxii, 560p ; 24cm
シリーズ名: Impress top gear
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
Charles Petzold著 ; クイープ訳
出版情報: 東京 : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング (発売), 2017.6-2019.2  2冊 ; 24cm
シリーズ名: マイクロソフト公式解説書
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Xamarin.Formsの位置付け
アプリケーションの構造
テキストをさらに調べる
スタックのスクロール
サイズの操作
ボタンクリック
XAMLとコード
コードとXAMLの調和
プラットフォーム固有のAPIの呼び出し
XAMLマークアップ拡張
バインド可能インフラストラクチャ
スタイル
ビットマップ
絶対位置を使用するレイアウト
インタラクティブなインターフェイス
データバインディング
グリッドをマスターする
MVVM
コレクションビュー
第20章 : 非同期とファイルI/O
第21章 : 座標変換
第22章 : アニメーション
第23章 : トリガーとビヘイビア
第24章 : ページナビゲーション
第25章 : さまざまなページ
第26章 : カスタムレイアウト
第27章 : カスタムレンダラー
Xamarin.Formsの位置付け
アプリケーションの構造
テキストをさらに調べる
概要: Xamarin.Forms待望のバイブル登場!あの「ペゾルド本」の著者が書き下ろした、新時代アプリ開発解説書の決定版。<br />Xamarin.Forms待望のバイブル、遂に完結!あの「ペゾルド本」の著者による新時代アプリ開発解説書の決定 版! 続きを見る
5.

図書

図書
Brian Okken著
出版情報: [東京] : 翔泳社, 2018.8  xviii, 260p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : はじめてのpytest
2 : テスト関数を作成する
3 : pytestのフィクスチャ
4 : 組み込みフィクスチャ
5 : プラグイン
6 : 構成
7 : pytestと他のツールを併用する
付録
1 : はじめてのpytest
2 : テスト関数を作成する
3 : pytestのフィクスチャ
概要: pytestを使ってPythonでテスト駆動開発するための全知識。
6.

図書

図書
エドワード・アシュフォード・リー著 ; クイープ, 遠藤美代子, 富山貴子訳
出版情報: 東京 : マイナビ出版, 2019.6  xviii, 405p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 陽 : 壁に映る影
自然法則の発明
モノのモデルのモデルのモデルのモデル
はかないハードウェア
しぶといソフトウェア ほか
2 陰 : 情報
ソフトウェアの限界
共生
決定論
蓋然性と可能性 ほか
1 陽 : 壁に映る影
自然法則の発明
モノのモデルのモデルのモデルのモデル
概要: デジタルテクノロジが人間にもたらす変革・自由と限界。そして共生について。テクノロジ好きな「ナード」へ贈る「自分たちの仕事の文化的背景」を理解する1冊。
7.

図書

図書
Nick McClure著 ; クイープ訳
出版情報: 東京 : インプレス, 2017.8  xxix, 359p ; 24cm
シリーズ名: Impress top gear
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : TensorFlowの仕組みと基本事項を押さえる
第2章 : TensorFlowスタイル—演算/層の追加、損失関数やモデル評価などの実装
第3章 : 線形回帰—逆行列/分解法からロジスティック回帰まで
第4章 : サポートベクトルマシン—線形SVMの操作・次元縮約、非線形SVM/多クラスSVMの実装など
第5章 : 最近傍法—編集距離、距離関数の組み合わせ、最近傍法の画像認識など
第6章 : ニューラルネットワーク—論理ゲート、単層/多層ニューラルネットワークの実装など
第7章 : 自然言語処理—BoW/TF‐IDF/スキップグラム/CBOWなど
第8章 : 畳み込みニューラルネットワーク—単純なCNN/高度なCNN/モデルの再トレーニングなど
第9章 リカレントニューラルネットワーク—LSTM/Sequence‐to‐Sequence/Siamese : Similarity法
第10章 : TensorFlowを運用環境で使用する
第11章 : TensorFlowをさらに活用する—遺伝的アルゴリズム/連立常微分方程式など
第1章 : TensorFlowの仕組みと基本事項を押さえる
第2章 : TensorFlowスタイル—演算/層の追加、損失関数やモデル評価などの実装
第3章 : 線形回帰—逆行列/分解法からロジスティック回帰まで
概要: TensorFlowは、数値処理用のオープンソースライブラリ。機械学習や深層学習などAI分野を中心に活用が進んでいます。本書では、最初に、変数/プレースホルダといったTensorFlowの基本や、さまざまなオープンデータを扱う方法を説明。以 降は、機械学習に関するさまざまな手法を具体的なレシピとして示していきます。線形回帰からCNN/RNNまで解説しつつ、運用環境向けの手法や連立常微分方程式も取り上げます。TensorFlowとPython3を使ったさまざまな手法について具体的に知りたい方に格好の一冊です。 続きを見る
8.

図書

図書
Sebastian Raschka著 ; クイープ訳
出版情報: 東京 : インプレス, 2016.7  xxxiv, 428p ; 24cm
シリーズ名: Impress top gear
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
「データから学習する能力」をコンピュータに与える
分類問題—機械学習アルゴリズムのトレーニング
分類問題—機械学習ライブラリscikit‐learnの活用
データ前処理—よりよいトレーニングセットの構築
次元削減でデータを圧縮する
モデルの評価とハイパーパラメータのチューニングのベストプラクティス
アンサンブル学習—異なるモデルの組み合わせ
機械学習の適用1—感情分析
機械学習の適用2—Webアプリケーション
回帰分析—連続値をとる目的変数の予測
クラスタ分析—ラベルなしデータの分析
ニューラルネットワーク—画像認識トレーニング
ニューラルネットワーク—数値計算ライブラリTheanoによるトレーニングの並列化
「データから学習する能力」をコンピュータに与える
分類問題—機械学習アルゴリズムのトレーニング
分類問題—機械学習ライブラリscikit‐learnの活用
概要: 機械学習とは、データから学習した結果をもとに、新たなデータに対して判定や予測を行うことです。すでにさまざまな機械学習の方法が開発されています。本書では、そうした方法について背景にある理論や特徴を解説した上で、Pythonプログラミングによる 実装法を説明していきます。初期の機械学習アルゴリズムから取り上げ、終盤ではディープラーニングについても見ていきます。機械学習の理論と実践についてバランスよく解説してあり、AIプログラミングの第一歩を踏み出すための格好の一冊です。 続きを見る
9.

図書

図書
Sebastian Raschka, Vahid Mirjalili著 ; クイープ訳
出版情報: 東京 : インプレス, 2018.3  xxxviii, 584p ; 24cm
シリーズ名: Impress top gear
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
「データから学習する能力」をコンピュータに与える
分類問題—単純な機械学習アルゴリズムのトレーニング
分類問題—機械学習ライブラリscikit‐learnの活用
データ前処理—よりよいトレーニングセットの構築
次元削減でデータを圧縮する
モデルの評価とハイパーパラメータのチューニングのベストプラクティス
アンサンブル学習—異なるモデルの組み合わせ
機械学習の適用1—感情分析
機械学習の適用2—Webアプリケーション
回帰分析—連続値をとる目的変数の予測〔ほか〕
「データから学習する能力」をコンピュータに与える
分類問題—単純な機械学習アルゴリズムのトレーニング
分類問題—機械学習ライブラリscikit‐learnの活用
概要: 本書では、機械学習の各コンセプトについて、理論的背景とPythonコーディングの実際を解説。初期の機械学習アルゴリズムから、ニューラルネットワーク(CNN/RNN)までの手法を取り上げます。Python関連ライブラリとしてはscikit‐l earnやTensorFlowなどを使用。第2版では、第1版への読者のフィードバックを随所に反映し、ライブラリの更新に対応しました。13章以降はほとんど新規の書き下ろしです。本書は、機械学習を本格的に理解・実践するのに不可欠な一冊となっています。 続きを見る
10.

図書

図書
Steve Fenton著 ; クイープ訳
出版情報: [東京] : 翔泳社, 2015.1  xviii, 257p ; 23cm
シリーズ名: Programmer's selection
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : TypeScript言語の機能
第2章 : 型システム
第3章 : TypeScriptでのオブジェクト指向
第4章 : ランタイム
第5章 : ブラウザでのTypeScriptの実行
第6章 : サーバーでのTypeScriptの実行
第7章 : 例外、メモリ、パフォーマンス
第8章 : JavaScriptライブラリの使用
第9章 : テストの自動化
付録
第1章 : TypeScript言語の機能
第2章 : 型システム
第3章 : TypeScriptでのオブジェクト指向
概要: JavaScriptを使いやすくスケーラブルな言語へと拡張し、開発をパワーアップするための現実解。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼