close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 羊土社, 2010.3  164p ; 26cm
シリーズ名: バイオ研究者がもっと知っておきたい化学 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 バイオ研究と化学溶液論 7
    水と水分子の性質は同じとは限らない 8
    細胞内はコロイド溶液 11
    酸・塩基はH +の放出と受容 14
    酸化・還元は電子の移動 16
    生命活動の鍵を握る錯体 18
第Ⅰ部 溶液の基本的な性質
 1章 物質の三態-分子1個では見えない性質 21
    物質の状態-固体、液体、気体の特性 22
    状態図-温度と圧力で変化する 25
    三態以外の状態-液晶とは何か 28
    会合状態-分子膜、細胞膜を支える基本構造 33
    水の状態-会合が水の溶解力の源 37
 2章 溶解と溶液の基本-溶けるとは何か 39
    物質の基本量 40
    似たものは似たものを溶かす 43
    溶解度-溶ける量は条件で変化する 45
    溶媒和-溶けるという現象の正体4 49
    溶液がもつ圧力 53
 3章 コロイド溶液の化学-生体内はコロイドだらけ 59
    コロイドの構造 60
    コロイドの種類 63
    コロイドの光学的性質 67
    コロイドの電気的性質 70
    コロイドの動的性質 72
    コロイドの安定性 75
第Ⅱ部 反応性を左右する溶液の特性
 4章 酸・塩基-溶液の性質を決めるもの 79
    酸・塩基の定義 80
    酸・塩基の性質 83
    酸性酸化物と塩基性酸化物 85
    酸性・塩基性とpH 87
    酸・塩基解離定数-酸・塩基の強弱を表す指標 90
 5章 中和反応と塩の性質-緩衝液のしくみ 93
    中和と塩 94
    塩の性質-酸・塩基の強さで決まる 96
    緩衝作用-pH が変化しにくい理 99
    中和滴定-反応の終了点をどう知るか 102
第Ⅲ部 酸化・還元からみた溶液の性質
 6章 酸化・還元-レドックスの基礎 105
    酸化・還元の基本 106
    酸化・還元は酸素以外でも起こる 109
    酸化数でみる酸化・還元 111
    酸化剤と還元剤 113
    イオン化傾向 116
 7章 溶液の電気的性質-生体における電子の移動 119
    電池と酸化・還元 120
    膜電位のしくみ 123
    膜電位による情報伝達-味覚を例に 125
    光合成における電子伝達系 129
    等電点と電気泳動 132
第Ⅳ部 生体と無機反応
 8章 錯体の性質と反応-キレートの魅力 135
    錯体の構造 136
    錯体の結合とエネルギー 140
    錯体の色彩 143
    錯体の磁性 145
    錯体の反応と安定性 148
 9章 生命現象と無機化学 153
    バイオと無機化合物 154
    酸素運搬に働く錯体 156
    錯体の医薬品への応用 159
参考図書 161
索引 162
コラム
   超臨界状態の利用法 27
   液晶テレビ 32
   過冷却 58
   身の回りのコロイド 66
   食品の酸性と塩基性 86
   身近で活躍する塩 98
   酸化剤と酸 115
   さまざまな電池 122
序章 バイオ研究と化学溶液論 7
    水と水分子の性質は同じとは限らない 8
    細胞内はコロイド溶液 11
2.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 講談社, 2010.10  190p, 図版 [4] p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1701
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
齋藤勝裕, 永津明人共著
出版情報: 東京 : オーム社, 2011.4  ix, 194p ; 21cm
シリーズ名: わかる×わかった!
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 日本実業出版社, 2015.2  238p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 細胞のキホンからDNA、RNAのしくみまで : 細胞ものがたり—ようこそ、分子細胞工学研究所へ 社会人1年生とのやりとり
細胞分裂とは何か?—細胞が分裂するって?
DNAはどう伝わるのか?—DNAとRNAの関係を探ろう!
2 幹細胞からES細胞、iPS細胞まで : 「幹細胞」とは何か?—さまざまな能力を持っている幹細胞
ES細胞、ミューズ細胞はパワフルな幹細胞—優れモノ「ES細胞」
iPS細胞のキホンを知ろう!—iPS細胞こそ、人工幹細胞の代表
iPS医療で何ができる?—さまざまな病気治癒をめざして
1 細胞のキホンからDNA、RNAのしくみまで : 細胞ものがたり—ようこそ、分子細胞工学研究所へ 社会人1年生とのやりとり
細胞分裂とは何か?—細胞が分裂するって?
DNAはどう伝わるのか?—DNAとRNAの関係を探ろう!
概要: 生命化学でひもとく「iPS細胞」の世界。再生医療の実現で注目を浴びるiPS細胞。そもそもiPS細胞とは何なのか、どう画期的なのか?細胞のしくみやDNA・RNAの関係、幹細胞のはたらきなど、生命の不思議な営みからiPS細胞の実態に迫る!
5.

図書

図書
齋藤勝裕, 籔内一博共著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2015.5  viii, 153p ; 26cm
シリーズ名: 生命系のための有機化学 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
有機化学反応の種類
遷移状態と中間体
有機反応機構の表現法
置換反応
脱離反応
付加反応
アルコール、エーテル、アミンの反応
ケトン、アルデヒドの反応
カルボン酸の反応
転位反応
芳香族の反応
光化学反応
糖の構造と反応
脂質の構造と反応
アミノ酸・タンパク質の構造と反応
有機化学反応の種類
遷移状態と中間体
有機反応機構の表現法
概要: 農学系・食品系・栄養系・バイオ系・医療系など、広く生命系学部学科で学ぶ大学生を対象とした半期用教科書・参考書。コラムや側注の生命系関連の話題も役立つ。2巻では、基本的な有機反応のしくみおよび生体高分子の構造・物性などについてわかりやすく解説 する。 続きを見る
6.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : ベレ出版, 2015.6  239p ; 21cm
シリーズ名: Beret science
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : 機能性化学とは何か?なぜ必要なのか?
第1章 : さまざまな発光、そして色をつくり出すために
第2章 : 色、味、匂いで「新しい機能」をつくり出す
第3章 : 医療での「代替器官」は機能性製品から
第4章 : 機能性高分子の新たな代表、「炭素繊維」とは
第5章 : 分子の集まった「超分子」は単体の機能を超える
第6章 : 金属の機能を拡張する!
第7章 : 「水の時代」に求められる環境浄化機能
第8章 : 電気を生み出し、磁気を利用する
序章 : 機能性化学とは何か?なぜ必要なのか?
第1章 : さまざまな発光、そして色をつくり出すために
第2章 : 色、味、匂いで「新しい機能」をつくり出す
概要: すべての物質は機能を持っていますが、本書で意味する「機能」とは、人間が意識してつくり出した、いわば「人工的な機能」をいいます。そこで本書は、主に以下の3つを目的としています。そのような機能を付与された化学物質を紹介すること。そのような機能が 発現する直接的原因を明らかにすること。その原因の化学的根拠を明らかにすること。社会人、ビジネスマンに「ちょうどいい」入門書。 続きを見る
7.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 培風館, 2014.5  vi, 198p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
原子構造と電子配置
化学結合の種類
混成軌道の結合
水の結合と配位結合
結合のイオン性と分子間力
非局在二重結合
置換基の結合
特殊な結合
芳香族の結合
不安定中間体の結合
無機化合物のσ結合
無機化合物のπ結合
錯体の結合
超分子の結合
原子構造と電子配置
化学結合の種類
混成軌道の結合
概要: 本書は、化学の基礎である化学結合と分子構造を理解するために必要な基礎事項をバランスよく選定し、過不足なく説明したものである。扱う分子は基本的な水やアンモニアから、有機分子一般、さらには複雑な錯体、有機金属化合物まで幅広く網羅している。説明に あたっては、やさしく、わかりやすいことを第一に、文章は簡潔に述べるように心掛けている。そのため、理解を助けるよう丁寧に描かれた図版を多用している。化学結合と分子構造の面白さを発見し、化学に興味をもつことができる一冊である。 続きを見る
8.

図書

図書
斎藤勝裕, 増田秀樹著 ; ビーコムプラス, ヤマダリツコマンガ制作
出版情報: 東京 : オーム社, 2014.6  viii, 207p ; 26cm
シリーズ名: マンガ+要点整理+演習問題でわかる
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 原子構造と周期表
第2章 : 原子の結合と分子構造
第3章 : 物質の状態と性質
第4章 : 酸・塩基
第5章 : 酸化還元と電気化学
第6章 : 非金属元素の性質と反応
第7章 : 典型金属の性質と反応
第8章 : 遷移元素の性質と反応
第9章 : 錯体の結合と構造
第10章 : 錯体の物性と反応
第1章 : 原子構造と周期表
第2章 : 原子の結合と分子構造
第3章 : 物質の状態と性質
9.

図書

図書
斉藤勝裕著
出版情報: 東京 : 技術評論社, 2014.9  239p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 最強の毒決戦! : 先鋒戦:青酸カリVSニコチン
副将戦:フグ毒VSトリカブト毒
大将戦:テタヌストキシンVSボツリヌストキシン
「毒とはなにか?」
2 最高の宝石と貴金属決戦! : 第一戦:美しさ対決 / 美しいのはどっちだ?
第二戦:有用さ対決 / 役立つのはどっちだ?
第三戦:合成法対決
3 最高機能の気体決戦! : 第一戦:最軽気体対決水素VSヘリウム
第二戦:最もポピュラーな気体対決
第三戦:化合物の気体対決
4 最強力の爆薬決戦! : 先鋒戦:トリニトロトルエンVSニトログリセリン
副将戦:プラスチック爆弾VS液体爆弾
大将戦:原子爆弾VS水素爆弾
「爆薬とはなにか?」
5 最高の甘味決戦! / 天然甘味料VS合成甘味料
1 最強の毒決戦! : 先鋒戦:青酸カリVSニコチン
副将戦:フグ毒VSトリカブト毒
大将戦:テタヌストキシンVSボツリヌストキシン
10.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2014.11  viii, 143p ; 26cm
シリーズ名: 生命系のための有機化学 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
原子構造と電気陰性度
混成軌道と共有結合
ヘテロ原子を含む構造
置換基と化合物の種類
構造式と命名法
異性体
酸・塩基
芳香族性
置換基効果
スペクトルと分子構造
分子構造の決定
医薬品・農薬の化学
核酸の化学
ビタミン・ホルモンの化学
原子構造と電気陰性度
混成軌道と共有結合
ヘテロ原子を含む構造
概要: 農学系・食品系・栄養系・バイオ系・医療系など、広く生命系学部学科で学ぶ大学生を対象とした教科書・参考書。高校化学の内容を前提としない基礎的な有機化学入門から分子構造や物性、さらに医薬品、農薬、生体高分子などについてきわめて平易に解説した。コ ラムや側注の生命系関連の話題も役立つ。 続きを見る
11.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 新潟 : シーアンドアール研究所, 2017.4  207p ; 19cm
シリーズ名: Superサイエンス
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 毒と薬の関係
2 : 毒の仕組み
3 : 植物と動物の毒
4 : 麻薬・覚醒剤
5 : 人間の作った毒
6 : 天然物医薬品と合成医薬品
7 : 特殊な医薬品
8 : 毒と薬のはざま
1 : 毒と薬の関係
2 : 毒の仕組み
3 : 植物と動物の毒
概要: 「毒と薬は紙一重」万能薬も誤れば毒になる!?化学の発達と共に人類が手にした薬の知識や毒の歴史を化学知識をもとに解説。
12.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : SBクリエイティブ, 2017.6  191p ; 18cm
シリーズ名: サイエンス・アイ新書 ; SIS-382
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 料理は化学実験と同じ : 酸性食品・塩基性食品って何だろう?
栄養とカロリー ほか
第2章 加工の科学 : 洗うことの意味
アク抜きとアク取り ほか
第3章 加熱の科学 : 熱ってなんだろう?
燃焼による熱 ほか
第4章 調味の科学 : 味覚と嗅覚の仕組み
調味料の種類 ほか
第5章 保存の科学 : 腐敗と中毒
食中毒とバイキンの関係 ほか
第1章 料理は化学実験と同じ : 酸性食品・塩基性食品って何だろう?
栄養とカロリー ほか
第2章 加工の科学 : 洗うことの意味
概要: 料理を作るという行為は化学の実験と同じだ!食材を洗浄する意味とは?加熱で食材はどう変化するか?調味がもたらす効果は?腐敗と中毒を防げ!料理がもっとおもしろくなるお役立ち知識が満載!
13.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 新潟 : シーアンドアール研究所, 2017.11  215p ; 19cm
シリーズ名: Superサイエンス
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 分子は合体して分子マシンを作る
2 : 分子マシンの単位構造
3 : 分子デバイス
4 : 分子マシンを利用する
5 : 動く分子マシン
6 : 回転する分子マシン
7 : 分子自動車
8 : 生体は分子マシンの集合体
1 : 分子は合体して分子マシンを作る
2 : 分子マシンの単位構造
3 : 分子デバイス
概要: 分子でできている世界最小の機械「分子マシン」。ロタキサン、カテナン、アクアマテリアル、分子ピンセット、分子自動車など、ナノレベルで動く分子マシンの基礎知識から最先端の研究情報までイラスト入りでわかりやすく解説!
14.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 新潟 : シーアンドアール研究所, 2017.12  191p ; 19cm
シリーズ名: Superサイエンス
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 分子集合体とは
2 : 水の分子集合体
3 : 液晶と液晶モニター
4 : 分子膜と細胞膜
5 : 有機超伝導体
6 : 有機磁性体
7 : 核酸の働き
8 : クロロフィルの光合成
1 : 分子集合体とは
2 : 水の分子集合体
3 : 液晶と液晶モニター
概要: 全ての物質は分子の集合体でできている!液晶モニターの液晶分子の原理や仕組み、分子膜を使った抗ガン剤・ワクチンの開発や医療分野への応用、有機超伝導体・磁性体の研究など分子科学の最先端でもある分子集合体についてイラスト入りでわかりやすく解説!
15.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : ベレ出版, 2017.10  302p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
単位と記号を知る前に
第1部 SI単位系を中心とした7つの世界 : 時間の単位と記号
長さ・面積・体積の単位と記号
重さの単位と記号
電気・磁気・電磁波の単位と記号
温度の単位と記号
物質の単位と記号
光・音・色彩の単位と記号
第2部 特殊な世界の単位と記号 : 自然を知る単位と記号
量子世界の単位と記号
周期表に出てくる単位と記号
化学的な性質を知るの単位と記号
工学に強くなるの単位と記号
宇宙を知るための単位と記号
付録 日本の伝統的な単位
付表 : 物理・化学の単位と定数
単位と記号を知る前に
第1部 SI単位系を中心とした7つの世界 : 時間の単位と記号
長さ・面積・体積の単位と記号
概要: 7つの基本単位、長さ、質量、時間、電流、温度、物質量、光度から、自然界、量子世界、周期表、化学、工学、宇宙の単位・記号までをたっぷり収録。読み方・意味・由来などをスッキリ整理!
16.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 新潟 : シーアンドアール研究所, 2018.6  239p ; 19cm
シリーズ名: Superサイエンス
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : プラスチックと高分子
2 : 高分子の分子構造
3 : 高分子の作り方
4 : 高分子の化学的性質
5 : 高分子の物理的性質
6 : 材料としての高分子
7 : 機能性高分子
8 : 高分子の応用
1 : プラスチックと高分子
2 : 高分子の分子構造
3 : 高分子の作り方
概要: 文房具や衣服の日常用品はもちろん、車や飛行機など私たちは、さまざまなプラスチックに囲まれて生活しています。プラスチックの分子構造や高分子の化学的・物理的性質、人工関節や超伝導体など医療・工業分野での応用など最先端技術を支えるプラスチックの秘 密に迫ります! 続きを見る
17.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 新潟 : シーアンドアール研究所, 2019.1  207p ; 19cm
シリーズ名: Superサイエンス
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 化学電池の原理
2 : 化学電池の実際
3 : 燃料電池
4 : 蓄電池
5 : シリコン太陽電池
6 : 進んだ太陽電池
7 : その他の電池
1 : 化学電池の原理
2 : 化学電池の実際
3 : 燃料電池
概要: マンガンやアルカリ乾電池、リチウムイオン電池など化学反応によって起電する電池や太陽光エネルギーを利用した太陽電池、クリーンエネルギーとして注目されている水素燃料電池など、生活を支える電池の構造や発電の仕組みを科学的に解説!
18.

図書

図書
齋藤勝裕著
出版情報: 新潟 : シーアンドアール研究所, 2019.9  215p ; 19cm
シリーズ名: Superサイエンス
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 金属の性質
2 : 特殊な金属
3 : 典型金属
4 : 古典的な遷移金属
5 : 貴金属
6 : アクチノイドと人工元素
7 : レアメタルとレアアース
1 : 金属の性質
2 : 特殊な金属
3 : 典型金属
概要: 金属は重くて硬く、燃えなそうなイメージですが、金属は燃えることもありますし、固体ばかりではなく液体の金属や透明な金属もあります。鉄や銅など身近によくある金属の化学・生物学的性質や特殊な金属の驚くべき能力などイラスト入りで科学的に解説!
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼