close
1.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 2010.4  viii, 198p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
日本建築学会編集・著作
出版情報: 東京 : 日本建築学会 , 東京 : 丸善 (発売), 2000.3  549p, 図版[16]p ; 31cm
シリーズ名: 阪神・淡路大震災調査報告 / 阪神・淡路大震災調査報告編集委員会編 ; 共通編 ; 1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
阪神・淡路大震災調査報告編集委員会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , 東京 : 丸善 (発売), 1998.8  10, 426p, 図版[8]p ; 31cm
シリーズ名: 阪神・淡路大震災調査報告 / 阪神・淡路大震災調査報告編集委員会編 ; 機械編
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : コロナ社, 2006.6  xx, 580p ; 22cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会編 ; 吉田和夫 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2007.4  xii, 236p ; 21cm
シリーズ名: 機械工学最前線 / 日本機械学会編 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第 1 編 制振・免震ビルへの適用 1
1 セミアクティブ免震ビル 3
   1.1 免震と制振 3
   1.2 自動車用サスペンションと免震システム 5
   1.3 パッシブ制御とアクティブ制御 7
   1.4 振動制御系の設計手法 9
   1.5 振動制御の基礎と外乱包含振動絶縁制御 10
   1.6 セミアクティブ制御の課題とその克服 11
   1.7 世界初のセミアクティブ免震ビル 14
   1.8 あとがき 20
2 連結制振システム 23
   2.1 連結制振の概念 23
    2.1.1 アクティブ制振技術の本格的実用化 23
    2.1.2 アクティブ連結制振方式の制振性能 26
   2.2 連結制振の実超高層ビルへの適用 32
    2.2.1 高層 3 棟のアクティブ連結制振 32
    2.2.2 制振ブリッジの構造および、性能目標 34
    2.2.3 制振ブリッジの制御系設計 37
    2.2.4 制振ブリッジの制振効果 41
第 2 編 先端的制御の応用 47
1 スライディングモード制御応用 49
   1.1 スライディングモード制御の基礎 49
    1.1.1 可変構造制御とスライディングモード制御 49
    1.1.2 スライディングモードの記述と存在条件 52
    1.1.3 スライディングモードの特性 54
    1.1.4 チャタリングなど現実問題への対応 55
   1.2 サーボ系設計 57
    1.2.1 モデル追従スライディングモード制御 57
    1.2.2 インテグラルスライディングモード制御 59
    1.2.3 積分器付加型スライディングモード制御器 60
   1.3 ケーススタディ 62
    1.3.1 セミアクティブサスペッション 62
    1.3.2 電動パワーアシスト装置 67
    1.3.3 アンチロックブレーキシステム( ABS ) 71
2 ゲインスケジュールド制御の応用 79
   2.1 はじめに 79
   2.2 ゲインスケジュールド制御系設計 79
    2.2.1 線形パラメーター変動系 79
    2.2.2 ゲインスケジュールド H∞ 制御 81
    2.2.3 ゲインスケジュールド H∞ 制御器の計算 83
   2.3 制御対象のモデリング 85
    2.3.1 拡張線形化と定点まわりでの線形化 85
    2.3.2 飽和関数のモデル化 86
   2.4 アンチワインドアップ制御 88
    2.4.1 代車・倒立振子系の安定化制御 89
    2.4.2 フィードフォワード制御の併用 92
   2.5 制振制御・セミアクティブ制御 95
    2.5.1 アクティブ動吸振器 95
    2.5.2 セミアクティブサスペンション 101
   2.6 おわりに 108
3 サンプル値制御応用 111
   3.1 サンプル値制御 111
   3.2 サンプル値 H∞ 制御 112
    3.2.1 サンプル値 H∞ 制御の定式化 112
    3.2.2 一般化プラントの構成法 115
    3.2.3 ハードディスクのフォロイング制御への応用 115
   3.3 マルチレートサンプル値 H∞ 制御 121
    3.3.1 マルチレートサンプル値制御系 121
    3.3.2 離散時間リフティング 122
    3.3.3 マルチレートサンプル値 H∞ 制御の解法 123
    3.3.4 ハードディスクのフォロイング制御への応用 124
   3.4 サンプル値制御系における制振軌道設計 125
    3.4.1 制振軌道設計 125
    3.4.2 終端状態制御による制振軌道設計 126
    3.4.3 ハードディスクのシーク制御への応用 132
   3.5 サンプル値制御系設計のための計算支援ソフトウエア 134
    3.5.1 背景 134
    3.5.2 Sampled-Data Control Toolbox 135
第 3 編 知的制御・自律制御への発展 139
1 ロボカップ 141
   1.1 ロボカップ 141
   1.2 ロボカップの構成 142
    1.2.1 ロボカップサッカー 142
    1.2.2 ロボカップレスキュー 146
    1.2.3 ロボカップジュニア 148
   1.3 ロボカップサッカー中型ロボットリーグ 150
    1.3.1 歴史・意義 150
    1.3.2 ルール 151
    1.3.3 ハードウェア 152
    1.3.4 周囲の情報の取得方法 153
    1.3.5 研究テーマ 153
   1.4 中型ロボットリーグ・EIGEN のロボットについて 154
    1.4.1 ハードウェア構成 155
    1.4.2 ソフトウェアシステム 159
   1.5 まとめ 170
2 小型無人ヘリコプタの自律制御 175
   2.1 はじめに 175
   2.2 自律制御システムのハードウエアの開発と検証実験184 178
    2.2.1 サーボパルス切換装置の開発 179
    2.2.2 パルスジェネレータ装置 179
    2.2.3 制御装置 180
    2.2.4 ハイブリッド型自律制御システム 181
   2.3 モデリングと自律制御 182
    2.3.1 姿勢制御 182
    2.3.2 高度制御 184
    2.3.3 併進運動制御 185
    2.3.4 位置制御に基づくホバリング制御と軌道追従制御 188
   2.4 アドバンスドフライトコントロール 193
    2.4.1 MIMO 姿勢モデルに基づく姿勢制御およびホバリング制御 193
    2.4.2 H∞ 制御理論による飛行制御 198
    2.4.3 自動離着陸 198
    2.4.4 最適予見制御 200
    2.4.5 自動操縦によるオートローテション着陸 201
    2.4.6 アクロバット飛行・ステレオビジョンの基づく飛行 202
   2.5 まとめ 203
3 ホバークラフトの制御 207
   3.1 ホバークラフト 207
    3.1.1 ホバークラフトの機構 207
    3.1.2 制御上での問題点 208
    3.1.3 経験に基づく制御 209
   3.2 動作データの獲得 210
    3.2.1 動作の離散化 210
    3.2.2 動作データの獲得 211
    3.2.3 オンライン学習 211
   3.3 動作計画法 213
    3.3.1 動作計画の概略 213
    3.3.2 遺伝的アルゴリズムの適用 215
    3.3.3 障害物回避 221
   3.4 新しい動作の生成 223
    3.4.1 局所解の存在 223
    3.4.2 新しい動作の生成 223
    3.4.3 信頼度の導入 225
   3.5 連続的な動きの予測 227
    3.5.1 予測の概略 227
    3.5.2 連続的な動きの予測 228
    3.5.3 予測と実験結果の比較 230
索引 233
第 1 編 制振・免震ビルへの適用 1
1 セミアクティブ免震ビル 3
   1.1 免震と制振 3
6.

図書

図書
日本機械学会編 ; 川嶋紘一郎, 阪上隆英, 巨陽著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2009.7  xv, 221p, 図版[8]p ; 21cm
シリーズ名: 機械工学最前線 / 日本機械学会編 ; 4
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
日本機械学会 [編]
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 2009.5  vi, 332p ; 31cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1987.8  206p ; 22cm
シリーズ名: 「CAD/CAM」シリーズ / 日本機械学会編 ; 2
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
日本機械学会ベルトおよびチェーン図集分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1975.8  84p ; 30cm
シリーズ名: 機械図集
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
日本機械学会ブレーキ図集分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1976.5  131p ; 30cm
シリーズ名: 機械図集
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
ポンプ図集分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1971.12  111p ; 30cm
シリーズ名: 機械図集
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1988.5  206p ; 22cm
シリーズ名: 「CAD/CAM」シリーズ / 日本機械学会編 ; 4
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1987.11  218p, 図版2枚 ; 22cm
シリーズ名: 「CAD/CAM」シリーズ / 日本機械学会編 ; 5
所蔵情報: loading…
14.

図書

図書
浅野友一[ほか]著 . 伊藤茂[ほか]著
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1961.3  1冊 ; 22cm
シリーズ名: 機械工学便覧 / 日本機械学会編 ; 分冊9,10
所蔵情報: loading…
15.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : コロナ社, 1985.7  viii, 186p ; 21cm
シリーズ名: 機械工学ライブラリー ; 応用編 3
所蔵情報: loading…
16.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1984.11  iv, 158p ; 22cm
シリーズ名: メカトロニクスシリーズ / 日本機械学会編 ; 2 . 基礎編 ; 1
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1984.9  iv, 125p ; 22cm
シリーズ名: メカトロニクスシリーズ / 日本機械学会編 ; 6 . 応用編 ; 2
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1984.10  v, 167p ; 22cm
シリーズ名: メカトロニクスシリーズ / 日本機械学会編 ; 7 . 応用編 ; 3
所蔵情報: loading…
19.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1984.11  264p ; 22cm
シリーズ名: メカトロニクスシリーズ / 日本機械学会編 ; 1 . 入門編
所蔵情報: loading…
20.

図書

図書
日本機械学会 [編]
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 1990.3  3, x, 917p ; 19cm
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 養賢堂, 1996.5  viii, 198p ; 22cm
シリーズ名: 新技術融合シリーズ ; 第2巻
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
油圧機器図集分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1970.6  99p ; 30cm
シリーズ名: 機械図集
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
軸継手図集分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1971  99p ; 30cm
シリーズ名: 機械図集
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
すべり軸受図集分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1969.11  131p ; 30cm
シリーズ名: 機械図集
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
ころがり軸受図集分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1969.7  94,2p ; 30cm
シリーズ名: 機械図集
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
送風機・圧縮機図集分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1976.1  122p ; 30cm
シリーズ名: 機械図集
所蔵情報: loading…
27.

雑誌

雑誌
機械学會
出版情報: 東京 : 機械学會, 1934.7-1976
巻次年月次: 昭和9年版 (昭9)-昭和51年 (1976)
所蔵情報: loading…
28.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: Tokyo : Japan Society of Mechanical Engineers, c1997-c2006  v. ; 30 cm
巻次年月次: Vol. 40, no. 3 (July 1997)-v. 49, no. 4 (Oct. 2006)
所蔵情報: loading…
29.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: Tokyo : Japan Society of Mechanical Engineers, c1997-c2006  v. ; 30 cm
巻次年月次: Vol. 40, no. 2 (June 1997)-v. 49, no. 4 (Dec. 2006)
所蔵情報: loading…
30.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: Tokyo, Japan : Japan Society of Mechanical Engineers, c1987
巻次年月次: Vol. 30, no. 259 (Jan. 1987)-v. 30, no. 270 (Dec. 1987)
所蔵情報: loading…
31.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: Tokyo, Japan : Japan Society of Mechanical Engineers, c1993-c1997  5 v. ; 30 cm
巻次年月次: Vol. 36, no. 1 (Jan. 1993)-v. 40, no. 2 (Apr. 1997)
所蔵情報: loading…
32.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: Tokyo, Japan : Japan Society of Mechanical Engineers, c1993-c2006  v. ; 30 cm
巻次年月次: Vol. 36, no. 1 (Feb. 1993)-v. 49, no. 4 (Nov. 2006)
所蔵情報: loading…
33.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: Tokyo, Japan : Japan Society of Mechanical Engineers, c1993-c1997  5 v. ; 30 cm
巻次年月次: Vol. 36, no. 1 (Mar. 1993)-v. 40, no. 1 (Mar. 1997)
所蔵情報: loading…
34.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: Tokyo, Japan : Japan Society of Mechanical Engineers, c1988-1992  5 v. ; 30 cm
巻次年月次: Vol. 31, no. 1 (Jan. 1988)-v. 35, no. 4 (Oct. 1992)
所蔵情報: loading…
35.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: Tokyo, Japan : Japan Society of Mechanical Engineers, c1988-1992  5 v. ; 30 cm
巻次年月次: Vol. 31, no. 1 (Feb. 1988)-v. 35, no. 4 (Nov. 1992)
所蔵情報: loading…
36.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: Tokyo, Japan : Japan Society of Mechanical Engineers, c1988-1992  5 v. ; 30 cm
巻次年月次: Vol. 31, no. 1 (Mar. 1988)-v. 35, no. 4 (Dec. 1992)
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
日本機械学会編 ; 相澤龍彦 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : コロナ社, 1986.7  xi, 271p ; 22cm
シリーズ名: コンピュータアナリシスシリーズ ; 2
所蔵情報: loading…
38.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1984.12  vii, 278p ; 22cm
シリーズ名: メカトロニクスシリーズ / 日本機械学会編 ; 4 . 基礎編 ; 3
所蔵情報: loading…
39.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1984.9  iv, 147p ; 22cm
シリーズ名: メカトロニクスシリーズ / 日本機械学会編 ; 5 . 応用編 ; 1
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1984.10  iv, 140p ; 22cm
シリーズ名: メカトロニクスシリーズ / 日本機械学会編 ; 3 . 基礎編 ; 2
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1985.6  vii, 177p ; 22cm
シリーズ名: 計測法シリーズ ; 7
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 三田出版会, 1989.5  269p ; 19cm
所蔵情報: loading…
43.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 1988.1  viii, 213p ; 22cm
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : コロナ社, 1989.5  xviii, 449p ; 22cm
所蔵情報: loading…
45.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: 東京 : 日本機械学會, 1938-1978  冊 ; 26cm
巻次年月次: 4巻16号 (昭13.8)-44巻388号 (昭53.12)
所蔵情報: loading…
46.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1979-2010  冊 ; 26cm
巻次年月次: 45巻389号 (昭54.1)-76巻772号 (平22.12)
所蔵情報: loading…
47.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1979-2010  冊 ; 26cm
巻次年月次: 45巻389号 (昭54.1)-76巻772号 (平22.12)
所蔵情報: loading…
48.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1979-2010  冊 ; 26cm
巻次年月次: 45巻389号 (昭54.1)-76巻772号 (平22.12)
所蔵情報: loading…
49.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1985.3  vii, 169p ; 22cm
シリーズ名: 計測法シリーズ ; 6
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1997.9  228p, 図版2枚 ; 19cm
所蔵情報: loading…
51.

図書

図書
日本機械学会編 ; 秋元正幸 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : コロナ社, 1986.6  ix, 233p ; 22cm
シリーズ名: コンピュータアナリシスシリーズ ; 1
所蔵情報: loading…
52.

図書

図書
日本機械学会編 ; 渡辺嘉二郎 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : コロナ社, 1987.7  ix, 260p ; 22cm
シリーズ名: コンピュータアナリシスシリーズ ; 3
所蔵情報: loading…
53.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1990.5  279p ; 22cm
所蔵情報: loading…
54.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , 東京 : 丸善 (発売), 1987.4-1989.10  2冊 ; 22-27cm
所蔵情報: loading…
55.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : オーム社, 1987.9  viii, 262p ; 22cm
所蔵情報: loading…
56.

図書

図書
日本機械学会 [編]
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1990.2  v, 292p ; 27cm
シリーズ名: CAIシリーズ / 日本機械学会 [編]
所蔵情報: loading…
57.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 1989.2  ii, 202, 10p ; 26cm
シリーズ名: 機械工学便覧 / 日本機械学会編 ; エンジニアリング編 C4
所蔵情報: loading…
58.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1992.9  471p ; 22cm
所蔵情報: loading…
59.

図書

図書
歯車図集分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1975.4-1976.7  2冊 ; 30cm
シリーズ名: 機械図集
所蔵情報: loading…
60.

図書

図書
文部省, 日本機械学会[編]
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , 東京 : 丸善 (発売), 1985.12  797p ; 19cm
所蔵情報: loading…
61.

図書

図書
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , 東京 : 丸善出版 (発売), 2017.12  vii, 202p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 鉄道の基礎知識 : 鉄道車両
鉄道線路 ほか
第2章 車両のダイナミクス : 車輪とレールの接触
輪軸の運動 ほか
第3章 車両運動シミュレーション : 解析目的と座標系・自由度の選択
車両運動シミュレーションの実例 ほか
第4章 車体振動と乗り心地 : 振動乗り心地評価
車体上下振動の実態 ほか
第1章 鉄道の基礎知識 : 鉄道車両
鉄道線路 ほか
第2章 車両のダイナミクス : 車輪とレールの接触
62.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会編
出版情報: 東京 : オーム社, 1995.6  xii, 204p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 モデリングとは何か(鈴木浩平)
   1.はじめに 1
   2.工学システムのモデリングとモデルの分類 2
   3.設計過程におけるモデリング 5
   4.モデリングにおける誤差 7
   5.モデリングの簡略化 9
   6.モデリングの新しい展開 11
   参考文献 15
1編 モデリングはどのように重要なのか
1章 経験振動学と振動系のモデリング(國枝正春)
   1・1 2種類のモデル化 19
   1・1 経験振動学 20
   1.2.1 間題提起 20
   1.2.2 振動診断 21
   1・3 モデル化の考え方 23
   1.3.1 振動診断とモデル化 23
   1.3.2 振動診断における振動の分類 24
   1・4 振動事故の例 32
   1・5設計のためのモデル化の例 32
   1.5.1空気ばね装置 32
   1.5.2 弾塑性ダンパー装置 33
   参考文献 34
2章 ロボティクス設計におけるモデリング(三浦宏文)
   2・1 ロボティクスとオートメーション 35
   2・2 四足歩行ロボット 36
   2.2.1 動物の歩行解析 36
   2.2.2 歩行の力学モデルとエネルギー 36
   2・3 こま回しロボット 37
   2.3.1 こま回しロボット 37
   2.3.2 インピーダンスモデル 38
   2・4 マイクロロボット 39
   2.4.1 マイクロ技術 39
   2.4.2 昆虫規範型ロボット 40
   2.4.3 マイクロ部品の試作例 41
   参考文献 43
3章 企業現場での実用化のキーポイント(村井秀児)
   3・1 技術的キーポイント 45
   3・2 現場で役立てるために留意すべきポイント 48
   3.2.1 どのような問題(現象)に生かすか 48
   3.2.2 解析精度向上への努力 49
   3.2.3 解析所要時間短縮への努力 51
   3.2.4 経験やノウハウの蓄積への努力 51
   3.2.5 実行の仕組み 52
   3.2.6 全社的立場での推進 52
   3.2.7 教育体制 54
   3.2.8 トップダウンの推進 54
   3・3 まとめ 54
2編 モデリングはどのように技術化されているか
4章 構造系の設計・解析におけるモデリング(長松昭男)
   4・1 モデリングと同定 57
   4・2 モデル化の特徴と問題点 59
   4.2.1 離散と有限 59
   4.2.2 複雑 60
   4.2.3 分業 60
   4.2.4 解析手段がブラックボックス 61
   4.2.5 自動化 61
   4.2.6 モードモデル 61
   4.2.7 実験モデル 61
   4・3 モデル化の留意点 62
   4.3.1 素養 62
   4.3.2 目的の明確化 62
   4.3.3 周辺条件 62
   4.3.4 現象の観察と予測 63
   4.3.5 検討 63
   4.3.6 バランス 63
   4.3.7 不確定性 64
   4.3.8 良悪の評価 64
   4.3.9 自動化 64
   4・4 モデル化における近似 65
   4・5 加振力 66
   4・6 境界条件 67
   4・7 減衰 68
   4・8 非線形 72
   4・9 有限要素法のためのモデリング 75
   4・10 モデリングと同定における最近の動向 80
   4.10.1 特性行列の実験同定 80
   4.10.2 部分構造合成法 81
   4.10.3 感度解析によるFEMモデルの修正 81
   4.10.4 FEM分割の自動修正 82
   4・11 まとめ 82
   参考文献 82
5章 有限要素法解析におけるモデリング(徳田直明)
   5・1 有限要素モデルの作成と一般的留意事項 86
   5.1.1 運動方程式と静解析 86
   5.1.2 固定振動数と固有振動モーデの関係 87
   5.1.3 変形剛性と有限要素モデル 88
   5.1.4 集中質量近似と適合質量近似 89
   5・2 固有振動数解析の効率化と静縮小法 90
   5.2.1 静縮小法と固有振動数の誤差について 90
   5.2.2 断面一様ばりの振動解析に静縮小法を適用したときの誤差に対する考察 92
   5.2.3 数値計算例 94
   5.2.4 複雑な構造物への適用 98
   5・3 モード重ね合せ法と高次振動モードの補正 98
   5・4 おわりに 100
   参考文献 100
6章 実験的同定法におけるモデリング(大熊政明)
   6・1 実験的同定法におけるモデリング概論 103
   6・2 固定法とはどんな技術か 104
   6・3 振動特性の実験的同定法にはどのような方法があるか 105
   6・4 振動実験における主な留意点 105
   6・5 具体的な同定手法の説明 106
   6.5.1 フーリエ変換法 106
   6.5.2 モード解析の曲線適合法 108
   6.5.3 AR,ARMAモデルによる同定法 110
   6.5.4 特性行列同定法 111
   6.5.5 質量感応法(等価質量,等価剛性を同定する) 112
   参考文献 113
7章 制御系を含むシステム設計のモデリング(背戸一登)
   7・1 制御系のモデリングの特徴 116
   7・2 モード解析を活用したモデリング 119
   7.2.1 モード解析法 119
   7.2.2 物理モデルの作成法 121
   7.2.3 数学モデルから伝達関数と状態方程式の導出 122
   7・3 測定データによるモデリング 123
   7.3.1 測定方法 123
   7.3.2 実験モード解析とモデリング 124
   7・4 低次元モデルの作成法 125
   7.4.1 振動モードと可制御・可観測性の対応 125
   7.4.2 不可制御性, 不可観測性を活用した低次元モデルの作成法 127
   7・5 応用例 128
   7.5.1 物理モデルの作成例と動吸振器による構造物の振動制御への応用 128
   7.5.2 数学モデルの作成例と弾性構造物の振動制御への応用 130
   7.5.3 計測によるモデリングと騒音制御の応用 132
   7.5.4 低次元モデルの光サーボ系の制御への応用 134
   7.5.5 低次元モデルの振動制御への応用 137
   7.5.6 まとめ 138
   参考文献 139
3編 実用事例の紹介
8章 機械の振動診断の事例と定石(白井正明)
   8・1 振動診断の定石とは 143
   8・2 実働状態の観察 144
   8・3 静止状態での実験モード解析 149
   8・4 最適対策のための解析 150
   8.4.1 有限要素法による解析 150
   8.4.2 構造変更シミュレーション 151
   参考文献 153
9章 自動車開発におけるモデリング(西岡正大)
   I.自動車の開発とモデリング
   9・1 自動車開発の特徴と動向 155
   9・2 自動車の開発プロセスとCAE 156
   9・3 開発活動におけるモデリング 158
   9.3.1 開発プロセスにおけるモデリングの特徴 159
   9.3.2 開発目標展開とモデリングの階層化 158
   9.3.3 モデリングの業務形態 158
   9・4 モデリングの分類 159
   9.4.1 モデリングの目的 159
   9.4.2 モデルの種類 159
   9.4.3 モデルの規模 160
   9.4.4 モデリングの周辺領域 160
   II.具体例
   9・5 乗り心地(1~15Hz) 161
   9.5.1 8自由度モデル 161
   9.5.2 2自由度モデル 162
   9.5.3 人間の振動特性 163
   9・6 振動・騒音 165
   9.6.1 車体振動(15~35Hz) 165
   9.6.2 エンジン剛体振動(5~20Hz) 167
   9.6.3 アイドル振動(15~35Hz) 167
   9.6.4 こもり音(15~250Hz:4気筒エンジンの場合) 168
   9.6.5 エンジンマウントブラケット(200~500Hz) 170
   9・7 操安性 171
   9.7.1 2自由度モデル(2輪車モデル) 171
   9.7.2 非線形8自由度モデル 172
   9.7.3 多自由度モデル 173
   9.7.4 ドライバの操舵モデル 173
   9・8 まとめ 174
   参考文献 176
10章 情報機器開発におけるモデリング(田中基入郎)
   10・1 メカトロニクスにおけるモデリングの特徴と設計 178
   10・2 基本的な設計の考え方とモデリング 179
   10.2.1 合理的な力学系 180
   10.2.2 合理的な動力学系 181
   10.2.3 問題の注目のポイント 183
   10.2.4 感度解析 183
   10・3 具体例 184
   10.3.1 磁気ディスク装置のヘッド浮動と接触 184
   10.3.2 プリンタの紙葉扱い 188
   10・4 まとめ 189
   参考文献 189
11章 建築構造物の振動解析におけるモデリング(伊藤哲次)
   11・1 耐震解析技術 191
   11.1.1 地盤振動解析 192
   11.1.2 構造物の応答解析 194
   11・2 高精密環境施設の微振動対策 198
   11.2.1 入力荷重(振動源)の評価 198
   11.2.2 地盤振動 199
   11.2.3 床の振動解析 199
   参考文献 200
   索引 201
序章 モデリングとは何か(鈴木浩平)
   1.はじめに 1
   2.工学システムのモデリングとモデルの分類 2
63.

図書

図書
日本機械学会編 ; 平本幸男 [ほか] 著
出版情報: 東京 : オーム社, 1990.8  vii, 212p ; 22cm
シリーズ名: バイオメカニクスシリーズ
所蔵情報: loading…
64.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1990.6  v, 216p ; 22cm
所蔵情報: loading…
65.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : オーム社, 1993.1  ix, 209p ; 22cm
シリーズ名: バイオメカニクスシリーズ
所蔵情報: loading…
66.

図書

図書
日本機械学会 [編]
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 1997.8  xvi, 1542p ; 22cm
所蔵情報: loading…
67.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : コロナ社, 1996.12  x, 172p ; 22cm
シリーズ名: 超精密シリーズ ; 4
所蔵情報: loading…
68.

雑誌

雑誌
日本機械学会
出版情報: Tokyo : Japan Society of Mechanical Engineers, 1958-1986  v. ; 26 cm
巻次年月次: Vol. 1, no. 1 (1958)-v. 29, no. 258 (Dec. 1986)
所蔵情報: loading…
69.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 工業調査会, 1988.4  347p ; 22cm
所蔵情報: loading…
70.

図書

図書
森下信著 ; 日本機械学会編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2014.7  113p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
エレベーター
エスカレーター
次世代自動車エコカー
自動車用エンジン
冷蔵庫
洗濯機と洗剤
掃除機
エアコン
電子レンジ
液晶テレビ・ブラウン管テレビ〔ほか〕
エレベーター
エスカレーター
次世代自動車エコカー
71.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 2005.10  ii, 128, 10p ; 30cm
シリーズ名: 機械工学便覧 / 日本機械学会編 ; 基礎編α1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   機械工学総論
第1章 機械工学概説
   1・1総説 1
   1・1・1機械とは 1
   1・1・2機械の種類と分類 1
   1・1・3機械工学とは 1
   1・2機械工学史通論 2
   1・2・1古代と中世の機械と機械学 2
   1・2・2ルネサンス期の社会と機械学 3
   1・2・3近代ヨーロッパにおける動力学の誕生と発展 3
   1・2・418世紀産業革命と機械学 4
   1・2・5近代機械工学の誕生 6
   1・2・6材料力学の誕生と発展 7
   1・2・7機械力学の誕生と発展 8
   1・2・8流体工学の誕生と発展 9
   1・2・9熱工学の誕生と発展 10
   1・2・10機械工学、その他の分野の誕生と発展 10
   1・2・11近代日本、西洋機械工学の導入、定着と発展 12
   1・2・12第二次世界大戦後の機械工学の新しい展開 13
   1・2・13まとめ、歴史に見る機械と機械工学の変遷 14
   1・3技術と工学 16
   1・3・1創造活動と機械工学 17
   1・3・2日本の機械工学の歴史と創造活動の進展 19
   1・3・3これからの機械工学が進む方向 21
第2章 歴史から見た機械技術
   2・1機械技術史通論 23
   2・1・1はじめに 23
   2・1・2道具の使用と火の利用 23
   2・1・3五つの単一機械 24
   2・1・4中国の三大発明 25
   2・1・5自然力の利用 26
   2・1・6動力革命と産業革命 28
   2・1・7加工法と大量生産 29
   2・1・8機械技術遺産のもつ技術史的意義 31
   2・1・9終わりに 32
   2・2機械技術史各論 32
   2・2・1機械要素の歴史 32
   2・2・2動力の歴史 36
   2・2・3輸送機関の歴史 40
   2・2・4情報通信機器の歴史 44
   2・2・5制御機械の歴史 49
第3章 現代の機械工学の構成
   3・1機械工学の縦糸構成 55
   3・1・1機械工学の位置付け 55
   3・1・2機械工学の学問領域 55
   3・2機械工学の横糸構成 59
   3・2・1システム設計技術 59
   3・2・2シミュレーション技術 64
   3・2・3情報通信応用技術 69
   3・2・4生産・加工技術 72
   3・2・5計測・制御技術 78
   3・2・6材料設計技術 83
   3・2・7失敗を生かす技術 88
第4章 現代の機械工学・機械技術と社会の関係
   4・1社会技術・安全技術 97
   4・1・1社会と技術と文明の歴史 97
   4・1・2技術と工学の社会的機能 97
   4・1・3文化と文明と技術の関係 98
   4・1・4現代社会における機械システムの役割 98
   4・1・5現代社会における安全性の問題 99
   4・1・6機械システムの安全技術 100
   4・1・7安全技術と技術者の職業倫理 101
   4・2地球環境技術 102
   4・2・1はじめに 102
   4・2・2京都議定書への道 103
   4・2・3京都議定書発効へ向けた交渉 104
   4・2・4気候変動問題への技術的対応 105
   4・2・5終わりに 107
   4・3国際化と標準化 107
   4・3・1はじめに 107
   4・3・2国際標準とは 107
   4・3・3国際標準に対する各国の認識 107
   4・3・4国際標準のシステム 107
   4・3・5WTOとTBT協定(非関税障壁撤廃合意) 108
   4・3・6欧米の国際標準への対応 108
   4・3・7日本の国際標準への対応 109
   4・3・8関連事項 110
   4・3・921世紀に向けた体制作り 111
   4・3・10終わりに 111
   4・4少子高齢化 111
   4・4・1はじめに 111
   4・4・2日本の少子高齢社会 111
   4・4・3感染症から生活習慣病へ 112
   4・4・4医療費の暴騰とその解決法 112
   4・5IT社会
   4・5・1IT社会の進展と機械工学・機械技術へのインパクト 113
   4・5・2高密度記憶技術への期待 114
   4・5・3クリーンエネルギー技術への期待 116
   4・6ナノテクノロジーと機械工学 118
   4・6・1はじめに 118
   4・6・2ナノテクノロジーの産業技術における位置付け 118
   4・6・3ナノテクノロジーの研究開発の現状と特徴 120
   4・6・4ナノマニュファクチャリングのロードマップ 121
   4・6・5ナノテクノロジーの体系的整理の試み(輸送現象関連課題の例示) 121
   4・6・6マイクロ・ナノ現象をいかにして製品の大きさで実現し実用に役立たせるか(制御された自己組織化現象の役割とダイナミックな輸送現象の重要性) 121
   4・6・7マイクロ・ナノ現象を活用する輸送現象の高機能化、高効率化の具体例 122
   4・6・8まとめ 123
   4・7科学と技術 123
   4・7・1宇宙科学 123
   4・7・2生命科学 125
   索引(日本語・英語) 巻末
   機械工学総論
第1章 機械工学概説
   1・1総説 1
72.

図書

図書
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1985.8  vi, 324p ; 31cm
シリーズ名: 技術資料
所蔵情報: loading…
73.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 養賢堂, 2001.7  x, 199p ; 22cm
シリーズ名: 新技術融合シリーズ ; 第6巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 メカトロニクス化の油圧機器
   1.1 油圧制御システムの特徴 1
   1.2 油圧制御システムの構成 4
   1.3 油圧ポンプの制御 6
   1.3.1 油圧ポンプの流量制御方式 6
   1.3.2 油圧ポンプのメカトロニクス化 8
   1.3.3 油圧ポンプの脈圧低減法 11
   1.3.4 油圧ポンプの騒音低減法 12
   1.3.5 油圧ポンプ駆動用電動機 13
   1.3.6 小型高速ポンプ 13
   1.4 油圧制御弁 15
   1.4.1 サーボ弁 15
   1.4.2 比例電磁弁 19
   1.4.3 高速電磁弁 21
   1.4.4 ポベット弁 24
   参考文献 26
第2章 油圧システムの適応制御
   2.1 適応制御とは 29
   2.2 適応制御理論の基礎 30
   2.2.1 極配置 31
   2.2.2 Exact Model Matching(EMM) 32
   2.2.3 適応制御 34
   2.2.4 離散時間モデル規範型適応制御系の設計 35
   (1) 規範モデルの設計 36
   (2) 離散時間適応制御系の構成 37
   2.3 電気・油圧サーボ系へのz変換を用いた適応制御系の設計 40
   2.4 適応制御理論の応用 43
   参考文献 48
第3章 油圧システムのファジィ制御
   3.1 ファジィ制御の基礎理論 49
   3.2 ファジィ制御の特徴と問題点 52
   3.3 ファジィ制御の油圧システムへの応用事例概観 53
   3.4 ファジィ制御の油圧システムへの適用事例 55
   3.4.1 油圧システムの構成 56
   3.4.2 ファジィコントローラの設計 56
   3.4.3 前件部と後件部定数 57
   3.4.4 数値シミュレーション条件 58
   3.4.5 学習アルゴリズム 58
   3.4.6 従来のファジィ制御方法によるシミュレーション 60
   3.4.7 ルールの改善に関する検討 61
   3.4.8 分割数と制御性能についての検討 65
   3.5 学習型ファジィ制御における位相補償性 66
   3.5.1 数値シミュレーション条件 67
   3.5.2 数値シミュレーション結果 69
   参考文献 72
第4章 ロバスト制御
   4.1 制御とは、ロバストとは 74
   4.1.1 ロバスト制御 76
   4.1.2 油圧制御とロバスト制御 78
   4.1.3 6軸油圧マニピュレータの各軸の動特性の数学モデル 82
   (1) 油圧駆動多関節マニピュレータ 82
   (2) マニピュレータ制御系のモデル化 83
   4.2 H∞制御 84
   4.3 スライディングモード制御 89
   4.3.1 スライディングモード制御系の設計 90
   4.3.2 シミュレーション 92
   4.3.3 ステップ制御実験 93
   (1) スライディングモードによるステップ応答実験 93
   (2) チャタリングの抑制とロバスト性 95
   4.4 2自由度制御 96
   4.4.1 1自由度系の設計の問題点および2自由度制御の利点と設計の難しさ 96
   4.4.2 外乱オブザーバによる外乱補償制御 98
   4.4.3 外乱オブザーバの安定化制御器の設計 102
   4.4.4 安定化フィルタQ(s)のH∞制御理論による導出 104
   4.5 実験を通してのロバスト制御手法の比較と評価 106
   4.5.1 ロバスト性評価項目 107
   4.5.2 実験装置 108
   4.5.3 ロバスト性評価項目に基づく実験結果 110
   4.6 おわりに 117
   参考文献 118
第5章 油圧システムのニューラルネットワーク制御
   5.1 制御技術の変遷 120
   (1) フィードフォワード制御 121
   (2) フィードバック制御 121
   5.2 ニューラルネットワーク応用制御技術の背景 123
   5.3 ニューラルネットワークの構造と特徴 123
   5.4 ニューラルネットワークの機能 127
   5.5 オートチューニングへの適用例 129
   5.5.1 チューニングシステムの構成 129
   5.5.2 モータ速度制御への適用例 132
   5.6 圧延機制御での適用例 135
   5.7 おわりに 140
   参考文献 140
第6章 油圧応用アクティブ振動制御
   6.1 振動制御の基礎理論 142
   6.1.1 振動乗り心地 142
   6.1.2 車両の振動モデル 143
   (1) 上下2自由度振動モデル 143
   (2) 車体の上下・ピッチング振動 145
   6.1.3 車両振動制御の形態 146
   6.1.4 セミアクティブ制御手法 148
   6.1.5 アクティブ振動制御手法 149
   6.1.6 生物に学ぶ制御手法 151
   6.2 自動車の油圧応用アクティブ振動制御 152
   6.2.1 はじめに 152
   6.2.2 アクティブサスペンション 152
   (1) アクティブサスペンションのモデル 152
   (2) アクティブサスペンションの形式および特徴 153
   (3) アクティブサスペンションの制御理論 155
   (4) アクティブサスペンションの構成 158
   (5) アクティブサスペンションの制御効果 159
   6.2.3 車両振動制御の将来展望 160
   6.3 鉄道車両の油圧応用アクティブ振動制御 160
   6.3.1 はじめに 160
   6.3.2 システムの特徴 161
   (1) システム構成 161
   (2) コントローラの周波数特性 163
   (3) 曲線区間における超過遠心加速度の影響の補正 164
   6.3.3 直線区間高速走行試験結果 165
   (1) 左右振動加速度の低減効果 165
   (2) 上下振動波形の分析 167
   (3) 振動制御系の周波数特性 167
   6.3.4 曲線区間高速走行試験結果 169
   6.3.5 おわりに 172
   参考文献 172
第7章 高効率油圧システム
   7.1 はじめに 174
   7.2 定圧力源システム 174
   7.3 油圧トランスミッション 179
   7.3.1 CPSによる駆動法 179
   7.3.2 HSTによる車両の駆動法 181
   7.4 HMT(Hydro-Mechanical Transmission) 184
   7.5 車両におけるエネルギー回収システム 187
   7.6 マルチアクチュエータ開回路における省エネルギーシステム 188
   7.7 プレス分野における省エネルギー回路 192
   参考文献 194
   索引 195
第1章 メカトロニクス化の油圧機器
   1.1 油圧制御システムの特徴 1
   1.2 油圧制御システムの構成 4
74.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会編 ; 石田幸男編著 ; 村田泰美 [ほか] 著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2004.6  vi, 174p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 技術英語の文法の基礎
 1.1 はじめに 1
 1.2 第1言語の干渉 2
 1.3 文法 3
   1.3.1 冠詞 3
   1.3.2 名詞 8
   1.3.3 動詞 15
   1.3.4 前置詞 25
   1.3.5 形容詞 28
   1.3.6 副詞 30
   1.3.7 接続詞 32
 1.4 構文 34
   1.4.1 懸垂分詞 34
   1.4.2 無生物主語および受動態 36
 1.5 関連するその他の事項 37
   1.5.1 同義語 37
   1.5.2 話し言葉と書き言葉 43
   1.5.3 大げさな表現,主観が入る表現 46
   1.5.4 米語か英語か 47
   1.5.5 略語 48
   1.5.6 記号と数式 50
   1.5.7 ハイフンと音節区分 51
 1.6 英文をよくするためのアドバイス 52
 引用・参考文献 53
2. 科学英語と技術論文
 2.1 はじめに 54
 2.2 一般的ルール 55
   2.2.1 簡潔に,短い文を書け 56
   2.2.2 正確で,あいまいさをなくせ 60
 2.3 技術論文の書き方 63
   2.3.1 表題 63
   2.3.2 概要 66
   2.3.3 本文 66
   2.3.4 参考文献 69
   2.3.5 図と表 69
 2.4 技術論文の書き方に関する注意事項 71
 2.5 講演での記号・数式・図などの読み方 74
 2.6 論文の投稿と査読 80
   2.6.1 投稿 80
   2.6.2 査読 83
 2.7 校正 87
 2.8 まとめ 87
 引用・参考文献 88
3. 英語によるプレゼンテーション
 3.1 はじめに 89
   3.1.1 国際的コミュニケーションにおける英語の使用 90
   3.1.2 グローバルな言語としての英語 92
 3.2 どうすればプレゼンテーションが成功するか 94
   3.2.1 論文とプレゼンテーションの違い 95
   3.2.2 「読むべきか,読まざるべきか」それが問題だ 99
   3.2.3 準備 101
   3.2.4 プレゼンテーションの構成 108
   3.2.5 プレゼンテーションを演技する 116
   3.2.6 視覚教育機器 128
   3.2.7 聴衆の質問 134
 3.3 その他の事項 137
   3.3.1 緊張への対処 137
   3.3.2 会議で成功するためのヒント 140
 3.4 まとめと結論 144
 引用・参考文献 146
4. 特許明細書における英語のあり方
 4.1 はじめに 147
 4.2 英文特許明細書の書き方 148
   4.2.1 米国特許明細書の記載要件 148
   4.2.2 米国特許明細書の論旨の展開 149
   4.2.3 特許明細書の読者 149
   4.2.4 「請求の範囲」の記載目的 150
   4.2.5 「請求の範囲」の書き方 151
 4.3 翻訳における注意事項 152
 4.4 翻訳の実例 154
 4.5 まとめ 161
 引用・参考文献 161
付録1 : 日本・米国特許公報の例 161
付録2 : 特許関連用語集 170
1. 技術英語の文法の基礎
 1.1 はじめに 1
 1.2 第1言語の干渉 2
75.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会編 ; 石田幸男編著 ; 遠藤守, Edward Haig, Steven E. Quasha著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2009.8  vii, 164p ; 21cm
シリーズ名: 科学英語の書き方とプレゼンテーション / 日本機械学会編 ; 石田幸男編著 ; 村田泰美 [ほか] 著 ; 続
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 講演スライドの作り方
   1.1 はじめに 2
   1.2 コンピュータによる講演スライドの作成とその方法 3
    1.2.1 コンピュータを用いたさまざまな講演スライド 3
    1.2.2 講演スライドの今昔 5
    1.2.3 講演スライドの利用価値と配布時の注意点 6
    1.2.4 プレゼンテーションに使うパソコン 7
    1.2.5 プレゼンテーションに便利な道具と留意事項 11
   1.3 スライド構成 12
    1.3.1 コンピュータによるスライド作成の前に 12
    1.3.2 スライド資料の基本構成 14
     序論
     本論
     結論
    1.3.3 各スライドのタイトルとその詳細 16
    1.3.4 その他のスライド 16
   1.4 ページのレイアウトとデザイン 17
    1.4.1 はじめに 17
    1.4.2 スライド全体のデザインを決めよう 17
    1.4.3 スライドの色づかいについて 19
    1.4.4 タイトルスライドのレイアウト 20
    1.4.5 本文スライドのレイアウト 21
    1.4.6 その他のスライドのレイアウト 22
   1.5 プレゼンテーションツール特有の機能を活用しよう 23
    1.5.1 図形作成機能 24
    1.5.2 アニメーション機能を利用する 29
    1.5.3 最新機能の利用について 32
   1.6 マルチメディアデータの活用 33
    1.6.1 マルチメディアデータの著作権について 34
    1.6.2 画像の利用 34
     スライドレイアウトを崩さない
     できる限り同じ画像を再利用する
     文字や図形を重ねるときの注意
    1.6.3 動画の活用 38
   1.7 デモンストレーションをする 40
    1.7.1 デモンストレーションを準備するにあたって 40
    1.7.2 いつ見せるか 41
    1.7.3 何を見せるか 41
    1.7.4 どうやってみせるか 42
   1.8 コンピュータを使った海外でのプレゼンテーション 43
    1.8.1 電源環境の確認 43
    1.8.2 発表資料の携帯 44
    1.8.3 会場および設備環境の確認 45
    1.8.4 発表の進行,コンピュータの操作 46
   1.9 本章のまとめ 50
2. 科学講演における効果的な英語表現
   2.1 はじめに 52
   2.2 英語について 53
    2.2.1 完璧な英語にこだわるな 53
    2.2.2 英語の文体 53
    2.2.3 スライドの使用 54
   2.3 講演の形式 55
    2.3.1 講演の編成 55
    2.3.2 講演の題材 : 振り子 55
    2.3.3 講演の実際 56
     座長への感謝
     タイトル
     アウトライン
     動機
     以前の研究
     モデリング
     理論解析
     数値解析
     結果の比較
     実験
     実験結果
     将来の研究
     最後のスライド
   2.4 質疑応答 100
    2.4.1 質問を聞き,理解する 102
    2.4.2 質問者に謝辞をいう 103
    2.4.3 質問に答える 103
   2.5 本章のまとめ 105
3. Eメールの上手な使い方
   3.1 はじめに 108
   3.2 Eメールの誕生と普及 109
    3.2.1 Eメール通信の普及 109
    3.2.2 学会とビジネス業界における役割 109
    3.2.3 公用と私用のメッセージを分ける 110
   3.3 Eメールの書き方と校正の仕方 111
    3.3.1 立案の段階 111
    3.3.2 書く段階 113
     関心を持たせるために件名を利用する
     メッセージの本文
     トラブルを起こしそうないくつかの点
     締めくくりのメッセージ
     結辞
     署名の欄
    3.3.3 校正の段階 119
     一服する方法
     誤解を避ける
     スペルチェックと読み直し─確認のため
   3.4 送信法 122
    3.4.1 添付の利用 122
    3.4.2 どのような文書を送ることができるか 123
    3.4.3 個人情報を守る 123
   3.5 Eメールへの返信 124
    3.5.1 メッセージにどのように応答したらよいか 124
    3.5.2 適切なメールアカウントの利用 125
   3.6 メッセージの例 126
    3.6.1 問合せ 126
    3.6.2 予約と登録 127
    3.6.3 問合せへの返事 128
   3.7 スパムメールとウイルスの排除 129
    3.7.1 スパムメールとその対策 129
    3.7.2 ウイルスとその対策 130
   3.8 Eメールの暗号化 132
    3.8.1 保護の必要性 132
    3.8.2 秘密鍵暗号方式(共通鍵暗号方式) 133
    3.8.3 公開鍵暗号方式 134
    3.8.4 無料暗号化サービス 136
    3.8.5 有料暗号化 137
   3.9 頭字語とエモティコン 137
    3.9.1 頭字語 137
    3.9.2 エモティコン 138
   3.10 ドメイン名 138
   3.11 本章のまとめ(Eメールにおける10個の基本ルール) 139
付録1 英文書体 141
付録2 図と表 146
付録3 スライドのフォーマット 152
付録4 ポスターのフォーマット 155
引用・参考文献 162
1. 講演スライドの作り方
   1.1 はじめに 2
   1.2 コンピュータによる講演スライドの作成とその方法 3
76.

図書

図書
日本機械学会編 ; 石田幸男編著 ; 村田泰美 [ほか] 著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2018.5  vi, 198p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 技術英語の文法の基礎 : 第1言語の干渉
文法 ほか
2 科学英語と技術論文 : 一般的ルール
技術論文の書き方 ほか
3 英語によるプレゼンテーション : どうすればプレゼンテーションが成功するか
その他の事項 ほか
4 特許明細書における英語のあり方 : 英文特許明細書の書き方
翻訳における注意事項 ほか
補遺 : 機械屋英語のあれこれ
1 技術英語の文法の基礎 : 第1言語の干渉
文法 ほか
2 科学英語と技術論文 : 一般的ルール
77.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 養賢堂, 1995-  冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
78.

図書

図書
日本機械学会編 ; 小濱泰昭, 豊田国昭, 佐藤洋平著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2011.9  xi, 227p, 図版 [8] p ; 21cm
シリーズ名: 機械工学最前線 / 日本機械学会編 ; 6
所蔵情報: loading…
79.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 2006.6  iii, 289p ; 31cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
歯車損傷図鑑
0. 序論 1
   0.1 歯車の損傷について 1
   0.2 図鑑の使い方 2
   0.3 図鑑作成の経緯 2
1. 運転前欠陥(Failure due to gear production and material) 5
   1.1 仕上げ歯面の加工不良(Malfinishing of tooth flank) 5
   1.2 研削焼け(Grinding burn) 6
   1.3 研削割れ(Grinding cracks) 7
   1.4 熱処理欠陥(Defect by heat treament) 11
   1.4.1 焼割れ(Hardening cracks,Quenching cracks) 11
   1.4.2 残留応力異常(Abnormal residual stress) 12
   1.4.3 窒化化合物層の剥離(Peeling off of nitrided layer) 14
   1.5 材料欠陥(Material defect) 16
   1.6 加工によるバリ(Machining burr) 16
2. 正常摩耗(Normal wear,Running-in wear) 17
   2.1 軽度の摩耗(Moderate wear) 17
   2.2 ポリッシング(Polishing) 22
3. 損傷の兆候(Indication of failure) 25
   3.1 歯面損傷(Tooth fland failure) 25
   3.1.01 スクラッチング(Strathing) 25
   3.1.02 干渉摩耗(Interference wear) 31
   3.1.02.1 トロコイド干渉摩耗(Trochoidal interference wear) 31
   3.1.02.2 背面干渉摩耗(Non-backlash interference wear) 35
   3.1.03 初期ピッチング(Initial pitting) 35
   3.1.04 マイクロピッチングの初期状態(Initial micropitting) 38
   3.1.05 接触端部ピット(Edge-contact pitting) 47
   3.1.06 マイクロチッピング(Microchipping) 50
   3.1.07 化学腐食(Chemical corrosion) 52
   3.1.08 フレッチングコロージョン(Fretting corrosion) 58
   3.1.09 スケーリング(Scaling) 61
   3.1.10 焼け(Burning) 62
   3.1.11 キャビテーションエロージョン(Cavitation erosion) 64
   3.1.12 液体エロージョン(Hydraulic erosion) 66
   3.1.13 電食(Electric erosion) 67
   3.1.14 熱割れ(Thermal cracks,Heat cracks) 73
   3.2 亀裂(Fissures and cracks) 74
   3.2.1 歯元疲労亀裂(Fatigue cracks at tooth fillet) 74
   3.2.2 ピッチ点付近疲労亀裂(Fatigue cracks in pitch line zone) 77
   3.2.3 ピッチング起点疲労亀裂(Fatigue cracks from pitting) 79
   3.2.4 スポーリング起点疲労亀裂(Fatigue cracks from spalling) 80
   3.2.5 フレッチング起点亀裂(Fatigue cracks from fretting) 81
   3.2.6 材料欠陥起点疲労亀裂(Fatigue cracks from material defects) 84
   3.3 欠け(Chipping) 85
4. 摩耗 89
   4.1 アブレシブ摩耗(Abrasive wear) 90
   4.2 凝着摩耗(Adhesive wear) 98
   4.3 摩滅(Wear out) 110
5. スカッフィング(Scuffing) 113
   5.1 高温スカッフィング(Hot scuffing) 113
   5.2 低温スカッフィング(Cold scuffing) 125
6. 永久変形(Permanent deformations) 129
   6.1 圧痕(Indentation) 129
   6.2 塑性変形(Plastic deformation) 131
   6.2.1 ローリングによる塑性変形(Plastic deformation by rolling) 131
   6.2.2 歯打ちによる塑性変形(Plastic deformation by tooth hammering) 133
   6.2.3 歯の倒れ(Plastic leaning deformation of tooth) 134
   6.2.4 ピットの発生による歯面の圧壊(Flank crush due to pitting) 135
   6.3 リップリング(Rippling) 136
   6.4 リッジング(Ridging) 140
   6.5 バリ(Burrs) 142
   6.6 溶融(Fusion,Melting) 144
   6.7 異物のかみ込み損傷(Foreign objective damage) 148
   6.8 乗り上げ(Tooth on tooth jamming) 153
7. 表面疲労(Surface fatigue phenomena) 155
   7.1 ピッチング(Pitting) 156
   7.1.1 進行性ピッチング(Progressive pitting) 167
   7.1.2 ローラ試験機によるピッチングの観察(Observation of pitting on disk machine) 172
   7.2 マイクロピッチング(Micropitting) 177
   7.3 フレーキング(Flaking,Flake pitting) 188
   7.4 スポーリング(Spalling) 192
   7.5 ケースクラッシング(Case crushing) 208
8. 折損(Tooth breakage) 211
   8.1 過負荷折損(Overload breakage) 213
   8.1.1 脆性破壊(Brittle fracture) 213
   8.1.2 延性破壊(Ductile fracture) 218
   8.1.3 半脆性破壊(Semi-brittle fracture) 220
   8.2 剪断折損(Tooth shear) 221
   8.3 塑性流動破断(Breakage after plastic deformation,Smeared fracture) 225
   8.4 疲労折損(Fatigue breakage) 226
   8.4.1 歯元曲げ疲労(Bending fatigue) 226
   8.4.2 表面疲労起点折損(Breakage from surface fatigue) 238
   8.4.3 材料欠陥起点折損(Breakage from material defects) 240
   8.4.4 歯底・リム折損(Rim breakage,Breakage from the center of tooth bottom space) 243
   8.4.5 キャップオフ損傷(Cap-off failure) 246
   8.4.6 チッピング起点折損(Breakage from chipping) 252
   8.4.7 端部折損(Tooth end breakage) 255
   8.4.8 じん性不足部折損(Shock breakage) 256
   8.4.9 過大な残留応力に起因する折損(Breakage caused by abnormal residual stress) 259
9. 歯車本体・軸の損傷(Failure of gear body and shaft) 263
   9.1 リムやウェブの亀裂(Rim and web cracks) 263
   9.2 軸の折損(Shaft breakage) 266
10. 索引 269
   10.1 見かけによる索引 269
   10.2 用語による索引 273
11. 参考文献 287
歯車損傷図鑑
0. 序論 1
   0.1 歯車の損傷について 1
80.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
技術資料「歯車強さ設計資料」出版分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1979.12  viii, 18, 205p , 図版 ; 31cm
シリーズ名: 技術資料
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
歯車損傷写真 (1)~(16)
記号表 (17)~(18)
第1章 緒論
   1.1 まえがき 1
   1.2 歯車設計式の現状 1
   1.2.1 各種の歯車設計式 2
   1.2.2 各種の歯車設計式の使用状況 5
第2章 円筒歯車の強さ計算法 6
   2.1 記号,添字 6
   2.2 曲げ強さの計算法
   2.2.1 基本的な考え方 6
   2.2.2 歯形形状の考慮 9
   2.2.3 応力集中の考慮 16
   2.2.4 歯のこわさ 19
   2.2.5 同時接触線の状態が歯元応力に及ぼす影響 23
   2.2.6 歯すじ方向の荷重分布に対する考慮 28
   2.2.7 寸法効果 34
   2.2.8 温度の曲げ強さに及ぼす影響 35
   2.2.9 交番荷重の考慮 36
   2.2.10 寿命に関する考慮 37
   2.2.11 動荷重の考慮 39
   2.2.12 歯車装置の使用状態の考慮化 45
   2.2.13 信頼性に対する考慮 48
   2.3 歯面強さの計算法
   2.3.1 基本的な考え方 49
   2.3.2 歯形形状の考慮 52
   2.3.3 材料弾性定数の考慮 56
   2.3.4 同時接触線の状態が荷重分担に及ぼす影響 58
   2.3.5 歯すじ方向の荷重分布に対する考慮 60
   2.3.6 寸法効果 61
   2.3.7 温度の歯面強さに及ぼす影響 62
   2.3.8 寿命に関する考慮 62
   2.3.9 歯面硬さの組合せに対する考慮 64
   2.3.10 歯面あらさの考慮 66
   2.3.11 潤滑に対する考慮 68
   2.3.12 動荷重の考慮 73
   2.3.13 歯車装置の使用状態の考慮 73
   2.3.14 信頼性に対する考慮 73
   2.4 スコーリング強さの計算法 74
   2.4.1 スコーリング強さに影響する諸因子について 74
   2.4.2 スコーリング強さの計算式 75
第3章 歯車用材料の強さ
   3.1 緒言
   3.1.1 材料の強さの意味 85
   3.1.2 実験による数値の決定 85
   3.2 材料の曲げ強さ
   3.2.1 曲げ強さの試験法 86
   3.2.2 曲げ強さの実験結果 88
   3.2.3 曲げ強さ決定の際の問題点 93
   3.2.4 各規格などの材料の曲げ強さの関係について 95
   3.3 材料の歯面強さ
   3.3.1 歯面強さの試験法 99
   3.3.2 歯面強さの実験結果 100
   3.3.3 歯面強さ決定の際の問題点 106
   3.3.4 各規格などの材料の歯面強さの関係について 109
第4章 歯車の損傷
   4.1 損傷発生状況 115
   4.1.1 歯車損傷例一覧表 115
   4.1.2 損傷発生の概要 121
   4.2 損傷原因の調査
   4.2.1 歯車の設計と損傷 124
   4.2.2 損傷原因の分布 126
   4.2.3 損傷原因の解析例 127
   4.3 歯車の損傷用語
   4.3.1 歯車装置の損傷と損傷用語 134
   4.3.2 歯車損傷用語 135
   4.3.3 損傷用語の解説 136
   4.4 チェックリスト 141
   4.4.1 歯車損傷のチェックリスト総括表 141
   4.4.2 歯車損傷のチェックリスト詳細表 144
   4.4.3 チェックリストのコード化(電算処理) 149
付録
付録A 各国の円筒歯車強度計算式の概要
   A-1 機械学会式 150
   1. 適用範囲 150
   2. 許容荷重計算式 150
   計算シート(機械学会式) 153
   A-2 AGMA式 157
   1. 曲げ強さ計算式 157
   2. 歯面強さ計算式 158
   計算シート(AGMA 225.01,215.01による計算) 158
   A-3 BS式 159
   計算シート(BS 436による計算) 163
   A-4 DIN式 165
   1. 適用範囲 165
   2. 曲げ強さ計算式 165
   3. 歯面強さ計算式 166
   A-5 ISO案式 167
   計算シート(歯車強度計算シートISO案式) 168
   1. 曲げ強さ計算式 170
   2. 歯面強さ計算式 171
   A-6 JGMA式 171
   1. 曲げ強さ計算式 171
   2. 歯面強さ計算式 172
   計算シート(JGMA401-O1,402-02による計算) 174
   A-7 計算例題と計算結果について 176
   解答例
   1. 機械学会式 179
   2. AGMA式 185
   3. BS式 187
   4. ISO案式 188
   5. JGMA式 192
付録B 関連熱処理用語 194
付録C 規格・参考文献一覧 196
付録D 歯車損傷写真説明事項一覧 199
索引 204
歯車損傷写真 (1)~(16)
記号表 (17)~(18)
第1章 緒論
81.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 2003.1  xiii, 416p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
I 基礎編
第1章 シェルの力学 3
   1.1 はじめに 3
   1.2 薄肉シェル理論によるひずみ-変位式 3
    1.2.1 曲線座標と線素の長さ 3
    1.2.2 中央面から距離zの面上にある線素の垂直ひずみとせん断ひずみ 5
   1.3 厚肉シェル理論によるひずみ-変位式 7
    1.3.1 三重直交曲線座標 7
    1.3.2 垂直ひずみとせん断ひずみの一般式 7
    1.3.3 中央面上の曲率線を座標曲線とした場合のひずみ-変位式 9
   1.4 厚肉シェル理論から薄肉シェル理論への展開 10
   1.5 代表的なシェルのひずみ-変位式 13
第2章 振動理論の基礎 19
   2.1 はじめに 19
   2.2 1自由度系の振動 20
    2.2.1 1自由度系の自由振動 20
    2.2.2 1自由度系の減衰自由振動 21
    2.2.3 振動的な外力を受ける1自由度系の強制振動 22
   2.3 多自由度系から連続体へ 23
    2.3.1 連続体とは 23
    2.3.2 棒の縦振動 24
    2.3.3 はりの曲げ振動(横振動) 25
   2.4 棒とはりの振動と円筒シェルの振動の関係 27
第3章 座屈理論の基礎 29
   3.1 はじめに 29
   3.2 座屈前基本状態の幾何学的非線形解析法 30
    3.2.1 ひずみ・変位関係式 30
    3.2.2 構成則 31
    3.2.3 平衡方程式 31
   3.3 座屈後平衡状態の非線形解析法 33
   3.4 線形座屈解析法 34
   3.5 形状初期不整の影響とRS解析法 39
    3.5.1 シェルの座屈問題における初期不整敏感性 39
    3.5.2 Koiterの方法 40
    3.5.3 RS理論 40
第4章 偏平シェルの理論 43
   4.1 はじめに 43
   4.2 長方形平板の支配方程式 44
   4.3 偏平シェルの支配方程式 48
   4.4 偏平シェルのひずみエネルギー 52
   4.5 まとめ 53
第5章 薄肉円筒シェルの理論 55
   5.1 はじめに 55
   5.2 薄肉円筒シェルの基礎式 56
   5.3 等価せん断力と境界条件 61
   5.4 エネルギー原理による定式化 62
   5.5 Love理論を用いた定式化 63
   5.6 Donnell理論を用いた定式化 65
第6章 厚肉円筒シェルの理論 69
   6.1 はじめに 69
   6.2 厚肉円筒シェルの基礎方程式 70
   6.3 厚肉円筒シェルの振動解析例 74
第7章 他の形状をもつシェルの理論 81
   7.1 はじめに 81
   7.2 一般軸対称シェルの基礎方程式 81
   7.3 非円形断面シェルの基礎方程式 87
第8章 シェルの振動と座屈の関係 91
   8.1 はじめに 91
   8.2 非減衰自由振動解析 92
   8.3 初期不整の影響 95
第9章 シェルの有限要素解析法 97
   9.1 はじめに 97
   9.2 基礎概念 99
   9.3 シェル要素 103
    9.3.1 座標変換行列 103
    9.3.2 軸対称シェル要素 105
第10章 シェルの非線形振動理論 111
   10.1 はじめに 111
   10.2 偏平薄肉シェルの運動方程式 111
   10.3 運動方程式の解析方法 117
   10.4 偏平円筒シェルパネルの非線形応答 119
II 応用編(振動)
第11章 偏平シェルの振動 127
   11.1 はじめに 127
   11.2 偏平シェルの形状と無次元量 127
   11.3 全周が単純支持された偏平シェルの固有振動数 129
   11.4 全周が固定された偏平シェルの固有振動数 135
   11.5 片持ち支持された偏平シェルの固有振動数 138
   11.6 まとめ 143
第12章 薄肉円筒シェルの振動 145
   12.1 はじめに 145
   12.2 Flugge理論における基礎方程式 145
   12.3 両端単純支持された薄肉円筒シェルの振動特性 146
   12.4 シェル理論と境界条件の振動特性への影響 148
   12.5 Donnell理論を用いた振動解析の簡略化 150
   12.6 Donnell理論を用いた円筒シェルの波動解析 151
第13章 厚肉円筒シェルの振動 155
   13.1 はじめに 155
   13.2 数値計算法 155
   13.3 1次せん断変形理論と古典シェル理論との比較 156
   13.4 境界条件の分類 159
   13.5 実験結果との比較 161
   13.6 伝達マトリックス法による結果 164
   13.7 おわりに 165
第14章 複合材料シェルの振動 167
   14.1 はじめに 167
   14.2 積層複合材料の異方性弾性論 168
   14.3 クロスプライ積層円筒シェルの自由振動 171
    14.3.1 クロスプライ積層円筒シェルの基礎方程式 171
    14.3.2 クロスプライ積層円筒シェルの振動特性 175
   14.4 有限要素法による複合材料シェルの自由振動 179
第15章 他の形状をもつシェルの振動 183
   15.1 はじめに 183
   15.2 軸対称シェルの振動 183
   15.3 環状シェルの振動 188
   15.4 円錐シェルの振動 190
   15.5 非円形断面シェルの振動 193
第16章 結合シェルの振動 199
   16.1 はじめに 199
   16.2 幾何学的連続条件と力学的連続条件の求め方 201
   16.3 均質・等方性結合シェル 204
    16.3.1 円筒シェルと円すいシェルの結合シェル 204
    16.3.2 円筒シェルと円筒シェルの結合シェル 206
    16.3.3 円筒シェルと円板の結合シェル 209
    16.3.4 一般回転シェルと円板の結合シェル 212
   16.4 積層複合結合シェル(均質・直交異方性) 219
第17章 回転シェルの振動 225
   17.1 はじめに 225
   17.2 回転する円筒シェルの振動特性 228
    17.2.1 円周方向波数が1の振動モード 228
    17.2.2 円周方向波数が2以上の振動モード 230
   17.3 その他の回転するシェルの振動特性 234
    17.3.1 せっ頭円錐シェル 234
    17.3.2 部分球シェル 236
第18章 シェルの流体関連振動 243
   18.1 はじめに 243
   18.2 液体に接する円筒シェルの自由振動特性 243
    18.2.1 等方性円筒シェル 244
    18.2.2 二重円筒シェル 253
    18.2.3 積層複合円筒シェル 257
   18.3 周期外力を受ける円筒貯槽の動的安定性 259
    18.3.1 鉛直加振 259
    18.3.2 水平加振 270
    18.3.3 ねじり加振 272
第19章 実用シェル構造の振動 279
   19.1 はじめに 279
   19.2 記号 280
   19.3 円筒タンクのバルジング 282
   19.4 円筒タンクのスロッシング 287
   19.5 二重円筒タンクのスロッシング 289
III 応用編(座屈)
第20章 偏平シェルの座屈 297
   20.1 はじめに 297
   20.2 外圧を受ける偏平球形シェル 298
   20.3 半載外圧を受ける偏平球形シェル 304
   20.4 集中荷重を受ける偏平球形シェル 307
   20.5 外圧を受ける部分円筒シェル 309
第21章 円筒シェルの座屈 319
   21.1 はじめに 319
   21.2 座屈現象 319
   21.3 座屈の基礎式 320
    21.3.1 有限変形を支配するDonnellの式 320
    21.3.2 座屈前変形が膜理論で与えられる場合のDonnellの式 323
    21.3.3 座屈前の有限変形を考慮したFlueggeの式の拡張 324
    21.3.4 座屈前変形が膜理論で与えられる場合のFlueggeの式 325
   21.4 単独荷重による座屈 326
    21.4.1 外圧座屈 326
    21.4.2 ねじり座屈 330
    21.4.3 圧縮座屈 331
   21.5 複合荷重による座屈 336
    21.5.1 外圧とねじりが同時に作用する場合の座屈 336
    21.5.2 外圧と軸荷重が同時に作用する場合の座屈 339
    21.5.3 ねじりと軸荷重が同時に作用する場合の座屈 339
   21.6 円筒シェル内外に液体がある場合の座屈 340
    21.6.1 液体を部分的に満たした円筒シェルの座屈 341
    21.6.2 周囲液体からの静液圧を受ける円筒シェルの座屈 350
第22章 複合材料シェルの座屈 359
   22.1 はじめに 359
   22.2 複合材料の力学 359
   22.3 クロスプライ積層円筒シェルの座屈 360
   22.4 アングルプライ積層円筒シェルの座屈 366
   22.5 厚肉円筒シェルの座屈 368
   22.6 初期不整の影響 372
   22.7 積層複合円筒シェルの座屈設計 375
    22.7.1 軸圧縮荷重,外圧,曲げ荷重 376
    22.7.2 ねじり荷重 378
第23章 他の形状をもつシェルの座屈 383
   23.1 はじめに 383
   23.2 トリスフェリカルシェルの内圧座屈 383
    23.2.1 使用記号 383
    23.2.2 弾性座屈 384
    23.2.3 弾塑性座屈と塑性崩壊 385
   23.3 石油タンク頂部の内圧座屈 388
   23.4 板厚が二段階に変化する円筒シェルの外圧座屈 391
第24章 実用シェル構造の座屈 395
   24.1 はじめに 395
   24.2 軸圧縮または曲げを受ける円筒シェルの座屈 395
    24.2.1 内圧のない場合 395
    24.2.2 内圧のある場合 397
    24.2.3 各種設計基準における許容座屈応力 398
    24.2.4 円筒シェルの座屈事例 403
   24.3 外圧を受ける円筒シェルの座屈 404
    24.3.1 側圧を受ける場合 404
    24.3.2 流体圧を受ける場合 406
I 基礎編
第1章 シェルの力学 3
   1.1 はじめに 3
82.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : コロナ社, 1988.3  ix, 304p ; 22cm
シリーズ名: コンピュータアナリシスシリーズ ; 4
所蔵情報: loading…
83.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 2008.3  162p ; 30cm
シリーズ名: JSMEテキストシリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 概論 1
   1.1 伝熱とは 1
   1.2 本書の使用法 1
   1.3 熱輸送とその様式 1
   1.4 伝導伝熱 2
   1.5 対流熱伝達 3
   1.6 ふく射伝達 5
   1.7 熱力学と伝熱との関係 7
   1.8 単位・物性値・有効数字 8
第2章 伝導伝熱 11
   2.1 熱伝導の基礎 11
   2.1.1 熱伝導方程式 11
   2.1.2 境界条件 12
   2.2 定常熱伝導 13
   2.2.1 -次元定常熱伝導 13
   2.2.2 熱抵抗と熱通過率 14
   2.2.3 内部発熱伴う熱伝導 17
   2.2.4 拡大伝熱面 18
   2.3 非定常熱伝導 20
   2.3.1 過渡熱伝導 20
   2.3.2 半無限固体の一次元解 21
   2.3.3 各種形状物体の過渡熱伝導の推定法 24
第3章 対流熱伝達 29
   3.1 対流熱伝達の概要 29
   3.2 対流熱伝達の基礎方程式 30
   3.3 管内流の層流強制対流 33
   3.4 物体まわりの強制対流層流熱伝達 39
   3.5 乱流熱伝達の概要 41
   3.6 強制対流乱流熱伝達 42
   3.7 自然対流熱伝達 46
第4章 ふく射伝熱 53
   4.1 ふく射伝熱の基礎過程 53
   4.2 黒体放射 53
   4.3 実在面のふく射特性 55
   4.4 ふく射熱交換の基礎 56
   4.5 黒体面間および灰色面間のふく射伝熱 58
   4.6 ガスふく射 60
第5章 相変化を伴う伝熱 65
   5.1 相変化と伝熱 65
   5.2 相変化の熱力学 65
   5.3 沸騰伝熱の特徴 67
   5.4 核沸騰 68
   5.5 プール沸騰の限界熱流束 70
   5.6 膜沸騰 71
   5.7 流動沸騰 73
   5.8 融解・凝固を伴う伝熱 78
第6章 物質伝達 83
   6.1 混合物と物質伝達 83
   6.2 物質拡散 85
   6.3 物質伝達の支配方程式 85
   6.4 対流物質伝達 86
   6.5 -次元定常拡散 88
   6.5 非定常拡散 92
第7章 伝熱の応用と伝熱機器 95
   7.1 熱交換器の基礎 95
   7.2 熱交換器の設計法 98
   7.3 電子機器の冷却 102
   7.3.1 パッケージの冷却 102
   7.3.2 筐体内部の冷却 103
   7.3.3 断熱技術 106
第8章 伝熱問題のモデル化と設計 109
解答 131
第1章 概論 1
   1.1 伝熱とは 1
   1.2 本書の使用法 1
84.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 2004.6  159p ; 30cm
シリーズ名: JSMEテキストシリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 制御の基礎概念 1
   1.1 制御とは何か? 1
   1.2 フィードバック制御 2
   1.3 ブロック線図 3
   1.4 制御システムの例 3
   1.5 メカトロニクスの例 5
   1.6 制御システムの入出力関係 6
第2章 線形モデルを作る 11
   2.1 線形化と線形性 11
   2.2 機械系 流体系 電気電子系 15
第3章 システムの要素 19
   3.1 基本的要素と伝達関数 19
   3.2 基本的な入力関数 23
   3.3 ブロック線図 26
第4章 応答の周波数特性 29
   4.1 周波数伝達関数 29
   4.2 ベクトル軌跡とBode線図 30
第5章 フィードバック制御 35
   5.1 フィードバック制御系 35
   5.2 フィードバック系の安定性 36
第6章 応答時間の特性 45
   6.1 過渡特性 45
   6.2 定常特性 47
第7章 制御系設計の古典的手法 53
   7.1 根軌跡法 53
   7.2 PID制御とその他の補償法 56
   7.3 極配置法-その1- 58
   7.4 2自由度制御系 59
第8章 状態空間法へ 63
   8.1 状態と観測 63
   8.2 状態方程式から伝達関数へ 67
   8.3 伝達関数から状態方程式へ 68
   8.4 システムの結合 71
第9章 システムの座標変換 75
   9.1 いろいろな座標変換 75
   9.2 モード分解 75
第10章 システムの構造的性質 83
   10.1 制御のできる構造 83
   10.2 観測のできる構造 85
   10.3 システムの全体構造 87
第11章 状態方程式に基づく制御系設計 93
   11.1 状態方程式と安定性 93
   11.2 状態フィードバック 96
   11.3 極配置法-その2- 98
   11.4 最適フィードバック 101
第12章 状態観測と制御 107
   12.1 状態観測器 107
   12.2 状態観測器に基づく制御 113
付録 117
   A.1 付表3.1 ラプラス変換表(詳細版) 117
   A.2 付表3.2 ブロック線図等価変換表 119
   A.3 ベクトルと行列 119
   A.3.1 ベクトルと行列の形 119
   A.3.2 行列の演算 120
   A.3.3 行列式と逆行列 122
   A.3.4 一次独立と一次従属 122
   A.3.5 固有値と固有ベクトル 123
   A.3.6 行列の相似変換 124
   A.3.7 二次形式 126
   A.4 常微分方程式 126
   A.4.1 常微分方程式の基礎 126
   A.4.2 1階の常微分方程式 127
   A.4.3 連立線形微分方程式と高階線形常微分方程式 128
解答 131
第1章 制御の基礎概念 1
   1.1 制御とは何か? 1
   1.2 フィードバック制御 2
85.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : コロナ社, 1999.12  x, 233p, 図版2p ; 22cm
シリーズ名: コンピュータアナリシスシリーズ ; 8
所蔵情報: loading…
86.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 1999.2-2008.12  2冊 ; 31cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 材料力学
   1.1 緒言 1
   1.2 棒の断面に伝わっている荷重 1
   1.2.1 平衡条件 1
   1.2.2 棒の横断面に伝わっている力および偶力の種類 2
   1.2.3 応力とひずみ 2
   1.3 直線棒の応力と変形 3
   1.3.1 引張力による応力と変形 3
   1.3.2 曲げモーメントによる応力と変形 4
   1.3.3 ねじりモーメントによる応力と変形 15
   1.3.4 引張力、曲げモーメントおよびねじりモーメントによる応力と変形の統一的取扱い 18
   1.4 細長い曲線棒の応力と変形 22
   1.4.1 重ね合わせの原理による変形の求め方 22
   1.4.2 カスティリアーノの定理による変形の求め方 24
   1.5 太く短い曲線棒の引張りと曲げ 26
   1.5.1 応力と変形 26
   1.5.2 断面定数kの計算 28
   1.6 細長い直線棒の圧縮による座屈 28
   1.6.1 安定な釣合いと不安定な釣合い 28
   1.6.2 ばねで支えられた剛体棒の座屈荷重 29
   1.6.3 オイラーの座屈荷重 29
   1.7 材料力学と弾性力学の関係 31
第2章 弾性力学
   2.1 弾性学の基礎式 33
   2.1.1 応力成分とひずみ成分 33
   2.1.2 応力・ひずみ成分の座標変換 35
   2.1.3 弾性基礎式 38
   2.2 二次元弾性理論 42
   2.2.1 二次元弾性基礎式 42
   2.2.2 直角座標における平面応力理論 43
   2.2.3 極座標における平面応力理論 48
   2.2.4 半無限板に関する混合境界値問題 56
   2.2.5 複素応力関数による平面応力問題 61
   2.2.6 等角写像関数を用いた平面応力問題 69
   2.3 一様断面棒のねじり 72
   2.3.1 一様断面棒のねじり 72
   2.3.2 薄肉断面棒のねじり 76
   2.3.3 複素関数による解法(単連結領域) 78
   2.4 一様断面ばりの曲げ 79
   2.4.1 片持ちばりの曲げ 79
   2.4.2 せん断中心 81
   2.4.3 薄肉断面材の曲げ 82
   2.5 平板の曲げ 84
   2.5.1 たわみの基礎方程式(直角座標) 84
   2.5.2 たわみの基礎方程式(極座標) 90
   2.6 三次元弾性理論 91
   2.6.1 三次元弾性基礎式と変位関数 91
   2.6.2 軸対称ねじり 97
   2.6.3 ねじりなし軸対称応力状態 100
   2.6.4 半無限体に関する混合境界値問題 111
   2.7 弾性接触論 114
   2.7.1 ヘルツの弾性接触論 114
   2.7.2 摩擦を考慮した弾性接触問題 118
   2.8 熱応力 121
   2.8.1 熱弾性基礎式 121
   2.8.2 棒の定常熱応力 124
   2.8.3 円板・中空円板の熱応力 124
   2.8.4 厚板の熱応力 126
   2.8.5 円柱および円筒の熱応力 127
   2.8.6 球・中空球の熱応力 128
   2.9 衝撃応力 130
   2.9.1 棒の縦衝撃理論(一次元動弾性理論) 130
   2.9.2 二次元動弾性理論と三次元動弾性理論 133
   2.9.3 はりの曲げ衝撃 136
   2.9.4 ヘルツの弾性接触論に基づく衝撃荷重の解析 137
   2.10 付録 139
   2.10.1 調和関数と重調和関数 139
   2.10.2 フーリエ変換 141
   2.10.3 アーベル変換 142
   2.10.4 ヒルベルト問題 143
   2.10.5 連立積分方程式 144
   2.10.6 材料力学の歴史 146
第3章 塑性・クリープ力学
   3.1 単軸応力下の塑性変形 149
   3.1.1 引張応力-ひずみ曲線 149
   3.1.2 真応力と真ひずみ 149
   3.1.3 応力-ひずみ曲線の数式表示 151
   3.1.4 バウシンガ効果 151
   3.2 塑性構成式 151
   3.2.1 初期降伏曲面 151
   3.2.2 von Misesの降伏条件 152
   3.2.3 Tresca の降伏条件 153
   3.2.4 後続降伏条件 154
   3.2.5 Druckerの仮説と最大塑性仕事の原理 160
   3.2.6 関連流れ則 160
   3.2.7 繰返し塑性 163
   3.3 単軸応力下のクリープ変形 165
   3.3.1 クリープ現象と機構 165
   3.3.2 単軸クリープの数式化 167
   3.3.3 線形単軸粘弾性モデル 169
   3.4 クリープ構成式 172
   3.4.1 クリープポテンシャルと流れ則 172
   3.4.2 定常クリープの構成式 172
   3.4.3 非定常クリープの構成式 174
   3.4.4 応力反転時のクリープ則 176
   3.4.5 異方性クリープの構成式 176
   3.4.6 粘塑性構成式 177
   3.4.7 クリープ破断の構成式 179
第4章 応力解析法
   4.1 ひずみエネルギー 185
   4.1.1 エネルギー原理 185
   4.2 近似解法 189
   4.2.1 リッツの方法とガラーキンの方法 189
   4.2.2 塑性近似解法 191
   4.3 数値解析法 198
   4.3.1 有限要素法 198
   4.3.2 境界要素法 208
   4.3.3 体積力法 222
第1章 材料力学
   1.1 緒言 1
   1.2 棒の断面に伝わっている荷重 1
87.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
技術資料「金属材料の弾性係数」出版分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1980.10  x, 247p ; 31cm
シリーズ名: 技術資料
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1・1はじめに 1
   1・2等質等方性弾性体の弾性係数 1
   1・3異方性弾性体の弾性係数 2
   1・4複合材料の弾性係数 2
   1・5ワイヤロープの弾性係数 3
2・1はじめに 4
   2・2静的測定法 4
   2・2・1引張りまたは圧縮による測定法 4
   2・2・2曲げによる測定法 4
   2・2・3ねじりによる測定法 6
   2・2・4その他の測定法 6
   2・3動的測定法 7
   2.3・1振子法 7
   2・3・2共振法 7
   2・4むすび 9
3・1はじめに 10
   3・2弾性係数と物性 10
   3・3合金の弾性係数 10
   3・3・1固溶体合金の弾性係数 10
   3・3・2異相が共存する合金の弾性係数 11
   3・3・3金属間化合物などがある合金の弾性係数 11
   3・4弾性係数と金属組織 11
   3・5むすび 12
4・1はじめに 13
   4・2・1冷間加工 13
   4・2・2熱処理 13
   4・2・3加工,熱処理による弾性係数の変化とほかの性質との比較 13
   4・2・4弾性係数と測定条件 13
   4・3・1加工材の弾性係数の異方性 14
   4・3・2弾性係数に対する加工度の影響 14
   4・3・3加工後の時効の影響 15
   4・4弾性係数に対する熱処理の影響 15
   4・4・1鋼の弾性係数に対する熱処理の影響 16
   4・4・2加工した合金の弾性係数に対する焼なましの影響 16
   4・5むすぴ 16
5・1まえがき 17
   5・2弾性係数に及ぼす温度の影響の測定法 17
   5・2・1静的測定法 17
   5・2・2動的測定法 18
   5・3・1測定法による影響 18
   5・3・2金属組織の影響 20
   5・3・3熱処理,加工による影響 22
   5・3・4磁性による影響 23
   5・4弾性係数の温度依存性の数式表示 23
   5・5むすび 24
6・1まえがき 26
   6・2熱処理による組織的要因と弾性 26
   6・3オーステナイトとフェライトの弾性係数 27
   6・4焼入焼もどしによる弾性係数の変化 28
   6・5炭素鋼の焼なましおよび焼ならし組織と弾性係数 29
   6・6ひずみ取り焼なましの影響 29
   6・7固溶度の変化と弾性係数 30
   6・8第二相の影響 31
7・1まえがき 32
   7・2金属材料に及ぼす放射線損傷 32
   7・2・1格子欠陥の生成による変位損傷 32
   7・2・2核変換生成による損傷 34
   7・3照射後の弾性係数の測定法 35
   7・4・1変位損傷が主なる場合 35
   7・4・2核変換損傷が主なる場合 37
   7・4・3その他 39
   7・5むすび 39
   1・1純鉄 40
   1・1・1純鉄 40
   1・1・2アームコ鉄 42
   1・1・3電解鉄,その他 43
   1・2鉄との合金 44
   1・2・1Fe-Al 45
   1・2・2Fe-Co 48
   1・2・3Fe-Cr 49
   1・2・4Fe-Mn 51
   1・2・5Fe-Ni 52
   1・2・6Fe-Pd 57
   1・2・7Fe-Pt 58
   1・2・8Fe-Si 58
   1・2・9鉄との二元合金 59
   1・2・10鉄との多元合金 60
   1・3鉄鋼(総括) 64
   1・4・1(極)軟鋼 74
   1・4・2(中)高炭素鋼 78
   1・5・1低合金鋼 86
   1・5・2マルエージング鋼 91
   1・5・3高合金鋼 93
   1・6・1フェライト(マルテンサイト)系ステンレス鋼 95
   1・6・2オーステナイト系ステンレス鋼 99
   1・6・3アンバー合金 113
   1・6・4エリンバー合金 114
   1・7鋳鉄 116
   1・7・1片状黒鉛鋳鉄 116
   1・7・2球状黒鉛鋳鉄 128
   1・7・3可鍛鋳鉄 130
   1・7・4共晶状黒鉛鋳鉄 130
   1・7・5白鋳鉄 131
   1・7・6合金鋳鉄 131
   1・7・7一般 134
   2・1銅およびその合金 137
   2・1・1銅および銅合金のE,Gに及ぼす温度の影響 137
   2・1・2鋼および銅合金のE,Gに及ぼす組成の影響 142
   2・1・3銅および銅合金のE,Gに及ぼす加工の影響 143
   2・1・4銅および銅合金のE,Gに及ぼす加工後焼なましの影響 146
   2・1・5銅および銅合金のE,Gに及ぼす熱処理の影響 149
   2・1・6銅および銅合金のE,Gに及ぼす特殊な条件 150
   2・2ニッケルおよびその合金 151
   2・3コバルトおよびその合金 156
   2・4・1アルミニウム 159
   2・4・2アルミニウム合金 162
   2・5マグネシウムおよびその合金 167
   2・6チタンおよびその合金 169
   2・6・1温度の影響 169
   2・6・2成分の影響 173
   2・6・3熱処理の影響 175
   2・7亜鉛およびその合金 177
   2・7・1温度の影響 177
   2・7・2Zn-Cu合金 178
   2・7・3Zn-Ti合金 178
   2・8鉛,すず,カドミウム,アンチモン,ビスマス 180
   2・8・1鉛 180
   2・8・2すず 180
   2・8・3カドミウム 181
   2・8・4アンチモン 181
   2・8・5ビスマス 181
   2・9・1クロム,バナジウム,マンガン 182
   2・9・2ジルコニウム,タンタル,ニオブ,ベリリウム 192
   2・9・3タングステン,モリブデン 206
   2・9・4金,銀,白金,その他の貴金属 212
   2・9・5ハフニウム,ウラン,プルトニウム,トリウム 219
   3・1焼結合金 227
   1.純鉄 234
   2.炭素鋼 234
   3.合金鋼 235
   4.鉄との合金 237
   5.鋳鉄 238
   6.銅とその合金 238
   7.ニッケルとその合金 240
   8.アルミニウムとその合金 241
   9.マグネシウムとそめ合金 242
   10.チタンとその合金 242
   11.亜鉛とその合金 243
   12.鉛とその合金 243
   13.すずとその合金 243
   14.カドミウムとその合金 243
   15.アンチモン 243
   16.ビスマスとその合金 243
   17.マンガンとその合金 243
   18.ウランとその合金 244
   19.プルトニウムとその合金 244
   20.トリウム 244
   21.ハフニウム 244
   22.ジルコニウムとその合金 244
   23.タンタルとその合金 244
   24.ニオブとその合金 244
   25.ベリリウムとその合金 245
   26.クロムとその合金 245
   27.バナジウムとその合金 245
   28.コバルトとその合金 245
   29.タングステンとその合金 246
   30.モリブデンとその合金 246
   31.金とその合金 246
   32.銀とその合金 246
   33.白金とその合金 246
   34.パラジウムとその合金 246
   35.イリジウムとその合金 247
   36.焼結合金 247
   37.追補(付) 247
1・1はじめに 1
   1・2等質等方性弾性体の弾性係数 1
   1・3異方性弾性体の弾性係数 2
88.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , 東京 : 丸善 (発売), 2007.12  iii, 149, 8p ; 30cm
シリーズ名: 機械工学便覧 / 日本機械学会編 ; デザイン編β5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 計測とは
   1・1 計測と測定 1
   1・2 尺度と次元 1
   1・2・1 測定の尺度 1
   1・2・2 測定の次元 1
第2章 単位と標準
   2・1 国際単位系 2
   2・2 計量標準 2
   2・2・1 知的基購としての計量標準 2
   2・2・2 計量標準 2
   2・2・3 標準物質 3
   2・2・4 トレーサビリティ 4
   2・3 工業規格 4
   2・3・1 ISO規格の目的 4
   2・3・2 ISOの歴史 5
   2・3・3 ISO規格と測定 5
   2・3・4 ISO規格制定のプロセス 5
   2・3・5 適合性評価について 5
第3章 測定概論
   3・1 測定の計画と設計 7
   3・1・1 測定計画の基本 7
   3・1・2 測定計画の具体化 8
   3・2 測定方式の分類 9
   3・2・1 直接測定と間接測定 10
   3・2・2 絶対測定と比較測定 10
   3・2・3 各種の測定方式 10
   3・2・4 アナログ方式とディジタル方式 10
   3・3 測定の誤差と不確かさ 10
   3・3・1 誤差 10
   3・3・2 不確かさ 12
   3・3・3 不確かさの原因 12
   3・3・4 不確かさの評価(解析の手順) 13
   3・3・5 不確かさの表示(不確かさの総合的見積り) 13
   3・3・6 不確かさの性質 13
   3・4 測定の精度と校正 14
   3・4・1 各種の精度 14
   3・4・2 安定性 14
   3・4・3 直線性とヒステリシス 14
   3・4・4 校正とその目的 15
   3・4・5 幾何学量の計測と各種の校正法 15
   3・5 補償法 17
   3・5・1 補償の考え方 17
   3・5・2 差動構造での補償 18
   3・5・3 除算構造での補償 19
   3・5・4 加算構造 20
   3・5・5 各種の補償法 21
第4章 測定データの処理
   4・1 静的データの処理 25
   4・1・1 静的データとは 25
   4・1・2 数値の丸め方 25
   4・1・3 一次元データの要約 25
   4・1・4 一次元データの表現と近似 26
   4・1・5 二次元データの要約 27
   4・1・6 二次元データの表現と近似 27
   4・1・7 検定と推定 28
   4・2 動的データ処理 30
   4・2・1 動特性の表示 30
   4・2・2 フィルタリング 31
   4・2・3 周波数解析 33
   4・2・4 ウェーブレット解析 35
   4・3 機器の雑音とその対策 36
第5章 各種変量の測定
   5・1 基本量の測定 38
   5・1・1 長さ 38
   5・1・2 質量 40
   5・1・3 時間(周波数) 42
   5・1・4 電流(電圧,電気抵抗) 46
   5・1・5 温度 48
   5・1・6 物質量 51
   5・1・7 光度 54
   5・2 幾何学量の測定 56
   5・2・1 寸法,変位 56
   5・2・2 角度 62
   5・2・3 形状 66
   5・2・4 表面性状 71
   5・3 力学量の測定 73
   5・3・1 力,動力,回転数 73
   5・3・2 圧力,真空度 75
   5・3・3 振動,速度,加速度 79
   5・3・4 流量,流速 81
   5・4 熱的諸量,湿度の測定 86
   5・4・1 熱的諸量 86
   5・4・2 湿度 88
   5・5 各種物性値の測定 90
   5・5・1 密度 90
   5・5・2 粘度 92
   5・5・3 弾性係数 94
   5・5・4 熱物性値 96
   5・6 その他の諸量の測定 99
   5・6・1 振動,騒音 99
   5・6・2 放射線 103
   5・6・3 環境関連 106
   5・6・4 生体関連 lO9
   5・6・5 感応量 113
第6章 各種応用計測
   6・1 電気計測器 120
   6・1・1 はじめに 120
   6・1・2 波形測定器 120
   6・1・3 電力計測器 121
   6・1・4 データ収集装置 122
   6・1・5 現場用計測器 124
   6・2 光応用計測 125
   6・2・1 光干渉計による変位計測 126
   6・2・2 光を用いた回転角度計測 126
   6・2・3 光干渉計による形状計測 127
   6・2・4 ホログラフィーおよびスペックル干渉による変形計測 128
   6・2・5 終わりに 128
   6・3 放射線応用計測 128
   6・3・1 SEM応用計測(測長SEM,LSI検査) 128
   6・3・2 工業用X線CT 129
   6・4 超音波応用計測 130
   6・4・1 超音波の定義と超音波応用計測の特徴 130
   6・4・2 使用する周波数範囲 131
   6・4・3 伝搬する弾性波動の種類 131
   6・4・4 伝搬速度・波長と計測における分解能 131
   6・4・5 超音波の発生と検出 131
   6・4・6 距離測定 132
   6・4・7 速度測定 133
   6・4・8 物性測定・材料評価 133
   6・4・9 超音波を用いた計測,センサデバイス 133
   6・5 画像応用計測 134
   6・5・1 幾何光学的原理による方法 134
   6・5・2 波動光学的原理による方法 136
   6・6 知識応用計測 139
   6・6・1 知識応用計測の範囲 139
   6・6・2 区分と逐次接続法 139
   6・6・3 反転法,マルチステップ法 139
   6・6・4 ステレオ法 140
   6・6・5 CT 140
   6・6・6 ニューラルネットワーク,GA 140
   6・6・7 GPS 141
   6・6・8 計測における複雑化への動向と知識応用計測 141
   6・7 官能検査 141
   6・7・1 官能検査と官能量計測 141
   6・7・2 官能検査方法 141
   6・7・3 適用例 142
   6・7・4 官能検査の不確かさ 142
   6・7・5 感性と官能検査 142
第7章 計測における管理と教育
   7・1 計測機器の管理 144
   7・1・1 計測機器管理の必要性 144
   7・1・2 管理対象機器の選定 144
   7・1・3 計測機器の校正とその周期 144
   7・1・4 日常点検 145
   7・2 計測技術者の教育・訓練 145
   7・2・1 計測技術者としての条件の把握 145
   7・2・2 教育・訓練のマニュアルの必要性とその基本 147
   7・2・3 教育・訓練の方法 147
   7・2・4 教育・訓練の効果 148
   7・2・5 測定データヘの人間の影響と教育 148
索引(日本語・英語) 巻末
第1章 計測とは
   1・1 計測と測定 1
   1・2 尺度と次元 1
89.

図書

図書
日本機械学会 [編]
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善, 1986.10  vi, 365p ; 31cm
所蔵情報: loading…
90.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 2008.1  iv, 205p ; 30cm
シリーズ名: JSMEテキストシリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 械と材料 1
   1.1 序論 1
   1.1.1 機械材料とは 1
   1.1.2 なぜ機械工学で材料学を学ぶのか 1
   1.2 材料の基本的特性 2
   1.2.1 材料の分類と種類 2
   1.2.2 材料の特性とは 2
   1.2.3 先進の機械材料 3
   1.3 本書の使い方 4
   1.4 単位について 5
   練習問題 6
第2章 材料の構造 7
   2.1 原子の構造と結合 7
   2.1.1 原子構造と金属元素 7
   2.1.2 原子の結合 8
   2.2 金属の結晶構造 8
   2.2.1 原子配列と結晶構造 8
   2.2.2 配位数とは 10
   2.3 結晶構造の指数表示 11
   2.3.1 結晶面の表し方 11
   2.3.2 結晶方位の表し方 12
   2.3.3 六方晶における結晶面・結晶方位の表し方 13
   2.3.4 結晶構造のX線解析 13
   2.4 金属の結晶組織 14
   2.4.1 固溶体と合金 14
   2.4.2 結晶構造の欠陥 15
   2.5 金属組織の観察法 16
   2.5.1 光学顕微鏡法 16
   2.5.2 走査電子顕微鏡法 17
   2.5.3 透過電子顕微鏡法 17
   2.6 セラミックスの結晶構造 17
   2.6.1 セラミックスの結晶構造の分類 17
   2.5.2 MX型の結晶構造 18
   2.6.3 MX2型の結晶構造 18
   2.6.4 ABxXy型の結晶構造 19
   2.6.5 ダイヤモンドとガラスの結晶構造 19
   2.7 高分子材料の構造 19
   2.7.1 高分子材料の分類 19
   2.7.2 高分子の結合形態 20
   2.7.3 合成様式とその構造 21
   練習問題 21
第3章 材料の強さと変形 23
   3.1 剛性と強度 23
   3.1.1 弾性変形時の応力とひずみ 23
   3.1.2 単軸負荷時の応力とひずみの関係 25
   2.1.3 材料の強度 27
   3.2 塑性変形 29
   3.2.1 完全結晶の変形 30
   3.2.2 転位の運動と塑性変形 30
   3.2.3 すべり系 32
   3.2.4 転位の増殖 33
   3.3 強化機構と強化法 34
   3.3.1 パイエルス力 34
   3.3.2 固溶強化 35
   3.3.3 析出強化と分散強化 35
   3.3.4 結晶粒微細強化 35
   3.3.5 ひずみ硬化および回復 36
   3.4 材料の破壊 37
   3.4.1 破壊とは 37
   3.4.2 ぜい性破壊と延性破壊 38
   3.4.3 応力拡大係数と破壊じん性 39
   3.5 材料の疲労 43
   3.5.1 疲労とS-N曲線 43
   3.5.2 疲労のプロセス 44
   3.5.3 疲労に関する補足 45
   3.6 材料試験 45
   3.6.1 材料試験とは 45
   3.6.2 引張試験 46
   3.6.3 硬さ試験 46
   3.6.4 衝撃試験 47
   練習問題 48
第4章 平衡状態図 51
   4.1 平衡状態図とは 51
   4.2 相律 51
   4.3 二元合金状態図 52
   4.3.1 全率固溶型 55
   4.3.2 共晶型 56
   4.3.3 包晶型 57
   4.2.4 偏晶型 58
   4.4 実用材料の例 59
   4.4.1 鉄-炭素合金状態図 59
   4.4.2 アルミニウム-銅合金状態図 60
   4.5 三元合金状態図 60
   4.5.1 三元合金状態図の読み方 60
   4.5.2 実用材料の例 61
   練習問題 61
第5章 拡散・高温変形 63
   5.1 拡散とは 63
   5.2 フィックの第1法則 64
   5.2.1 拡散の駆動力 64
   5.2.2 拡散流束 64
   5.2.3 拡散係数 64
   5.3 フィックの第2法則 65
   5.3.1 定常と非定常 65
   5.3.2 連続の式 65
   5.3.3 拡散方程式 66
   5.4 拡散の機構 67
   5.4.1 空孔拡散と格子間拡散 67
   5.4.2 短回路拡散 67
   5.4.3 化合物の拡散へ 67
   5.5 自己拡散と相互拡散 67
   5.5.1 純金属における拡散 67
   5.5.2 濃度勾配下での拡散 68
   5.5.3 カーケンドール効果 68
   5.5.4 固相反応 69
   5.6 高温変形とは 69
   5.6.1 動的複1日 69
   5.6.2 クリープ変形 70
   5.6.3 定常変形 70
   5.7 高温変形の機構 71
   5.7.l 変形機構図 71
   5.7.2 拡散クリープ 71
   5.7.3 べき乗則クリープ 72
   5.7.4 粒界すべり 73
   練習問題 74
第6章 相変態と熱処理 75
   6.1 相変態とは 75
   6.1.1 連続冷却変態 75
   6.1.2 恒温変態 76
   6.2 熱処理 77
   6.2.1 焼ならし 77
   6.2.2 焼なまし 77
   6.2.3 焼入れ・焼もどし 78
   6.2.4 恒温(または等温)熱処理 80
   6.3 回復と再結晶 81
   6.3.1 回復 81
   6.3.2 再結晶 82
   6.4 時効処理 83
   練習問題 84
第7章 材料の電気・化学的性質 87
   7.1 材料の電気的性質 87
   7.1.1 電気伝導度 87
   7.1.2 オームの法則 87
   7.1.3 温度の影響 88
   7.1.4 格子欠陥の影響 88
   7.1.5 電気的特性の実用合金への活用 88
   7.2 材料の化学的性質 88
   7.2.1 金属材料の化学的安定性 89
   7.2.2 電気化学反応 89
   7.2.3 電極電位とは 90
   7.2.4 電位一pH図 91
   7.2.5 防食法 91
   7.2.6 機械的要因と化学的要因の重畳 91
   練習問題 92
第8章 材料の製造と加工 93
   8.1 金属素材の製造法 93
   8.1.1 製鋼法 93
   8.1.2 電解精錬法 94
   8.2 鋳造 94
   8.3 塑性加工 96
   8.3.1 圧延 96
   8.3.2 押出し 97
   8.2.3 引抜き 98
   8.3.4 鍛造 99
   8.2.5 せん断 100
   8.3.6 曲げ 101
   8.3.7 深絞り 101
   8.3.8 その他の加工 102
   8.4 粉末成形,粉末冶金 103
   8.5 接合 104
   8.6 射出成形 106
   練習問題 107
第9章 鉄鋼材料-その特性と応用- 109
   9.1 炭素鋼および合金鋼の状態図と組織 109
   9.2 機械構造用鋼とその特性 111
   9.2.1 機械構造用鋼 111
   9.2.2 快削鋼 113
   9.2.3 鋳鉄および鋳鋼 113
   9.3 工具鋼とその特性 114
   9.3.1 炭素工具鋼 114
   9.3.2 合金工具鋼 115
   9.3.3 高速度工具鋼 115
   9.4 ステンレス鋼とその特性 117
   9.4.1 フェライト系ステンレス鋼 118
   9.4.2 マルテンサイト系ステンレス鋼 118
   9.4.3 オーステナイト系ステンレス鋼 118
   9.4.4 析出硬化および二相ステンレス鋼 118
   9.5 耐熱鋼とその特性 118
   練習問題 120
第10章 非鉄金属材料-その特性と応用- 121
   10.1 アルミニウムおよびアルミニウム合金 121
   10.1.1 アルミニウムとは 121
   10.1.2 アルミニウムの特性 121
   10.1.3 アルミニウム合金の種類 122
   10.1.4 鋳物用アルミニウム合金 123
   10.1.5 展伸用アルミニウム合金1 124
   10.2 銅および銅合金 126
   10.2.1 純銅の特性 126
   10.2.2 黄銅の特性 126
   10.2.3 青銅の特性 127
   10.2.4 その他の銅合金 128
   10.3 ニッケルおよびニッケル合金 128
   10.3.1 ニッケルの特性 128
   10.3.2 ニッケル合金の種類と特性 128
   10.3.3 耐熱ニッケル合金 129
   10.4 チタンおよびチタン合金 130
   10.4.1 チタンの特性 130
   10.4.2 チタン合金の種類と特性 130
   10.5 マグネシウムおよびマグネシウム合金 131
   10.5.1 マグネシウムの特性 131
   10.5.2 鋳物用マグネシウム合金 131
   10.5.3 展伸用マグネシウム合金.田 133
   10.6 低融点金属とそれらの合金 133
   練習問題 134
第11章 高分子・セラミックス材料-その特性と応用- 135
   11.1 高分子材料の種類と特性 135
   11.1.1 熱可塑性プラスチック 135
   11.1.2 熱硬化性プラスチック 138
   11.1.2 加工法と製品例 138
   11.1.4 各種プラスチックの強度特性 140
   11.2 無機材料の種類と特性 141
   11.2.1 セラミックスの結合様式と特性 141
   11.2.2 セラミックスの製造法による特性変化 142
   11.2.3 機械構造用セラミックス 143
   11.2.4 炭素材料 144
   11.2.5 バイオセラミックス材料 145
   11.2.6 セラミックスの機械的・熱的性質 145
   練習問題 145
第12章 複合材料・機能性材料-その特性と応用- 147
   12.1 複合材料とは 147
   12.2 高分子基複合材料 148
   12.3 強化理論 149
   12.3.1 複合則 149
   12.3.2 応力伝達機構 149
   12.4 繊維強化プラスチック材料の成形 150
   12.4.1 プレス成形法 150
   12.4.2 フィラメントワインディング法 151
   12.4.3 オートクレーブ法 151
   12.4.4 RIM成形法 151
   12.5 金属基複合材料の成形 152
   12.5.1 電着法 152
   12.5.2 溶浸・含浸法 152
   12.5.3 粉末成形法 153
   12.6 機能性材料 153
   12.6.1 機能性材料とは 153
   12.6.2 形状記億合金 154
   12.6.3 制振材料154 154
   12.6.4 水素貯蔵合金 155
   12.6.5 アモルファス合金 155
   12.6.6 超電導材料 156
   12.6.7 超塑性合金 156
   12.7 これからの課題 156
   練習問題 157
第13章 機械設計と材料技術 159
   13.1 機械設計における材料の選択 159
   13.2 材料選択における経済性 161
   13.3 機械材料におけるJIS規格 162
   13.4 材料の加工法と熱処理を考慮した機械設計 163
   13.5 各種製品における機械材料 164
   練習問題 167
第14章 環境と材料 169
   14.1 材料への環境要請 169
   14.2 CO2発生の抑制 170
   14.3 循環型社会 171
   14.4 有害懸念物質 173
   14.5 LCA 173
   練習問題 174
付録 175
   A.1 結晶構造の幾何学 175
   A.2 ポテンシャルエネルギーと弾性定数 176
   A.3 ぜい性破壊に関するグリフィスの理論 178
付表 181
   s.1 ギリシャ文字の読み方 181
   s.2 主な物理定数 181
   s.3 主な金属元素の結晶構造 181
   s.4 元素記号の読み方 182
   s.5 周期表 183
   s.6 主な元素の特性 184
   s.7 実用金属材料の物理的性質 185
   s.8 絶縁材料の電気的性質 186
   s.9 主なプラスチックスの強度特性 186
第1章 械と材料 1
   1.1 序論 1
   1.1.1 機械材料とは 1
91.

図書

図書
石綿良三, 根本光正著 ; 日本機械学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 2004.8  210p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1452
所蔵情報: loading…
92.

図書

図書
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 2002.11  208p ; 30cm
シリーズ名: JSMEテキストシリーズ
所蔵情報: loading…
93.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1996.4  vii, 226p ; 22cm
所蔵情報: loading…
94.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 2005.3  233p ; 30cm
シリーズ名: JSMEテキストシリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 概論 1
   1.1 伝熱工学の意義 1
   1.2 本書の1使用法 4
   1.3 伝熱とは 5
   1.4 熱輸送とその様式 6
   1.4.1 熱輸送様式 6
   1.4.2 伝導伝熱 7
   1.4.3 対流熱伝達 8
   1.4.4 ふく射伝熱 10
   1.5 単位と単位系 11
   1.5.1 SI 12
   1.5.2 SI以外の単位系と単位の話 12
   1.6 伝熱の微視的理解 14
   1.6.1 内部エネルギー 14
   1.6.2 微視的エネルギーの伝播 14
   1.7 熱力学と伝熱との関係 15
   1.7.1 閉じた系 15
   1.7.2 開いた系 16
   1.7.3 境界面におけるエネルギー収支 18
   1.7.4 伝熱と熱力学第2法則との関係 19
第2章 伝導伝熱 23
   2.1 熱伝導の基礎 23
   2.1.1 フーリエの法則 23
   2.1.2 熱伝導率 23
   2.1.3 熱伝導方程式 25
   2.1.4 境界条件 26
   2.1.5 熱伝導方程式の無次元化 27
   2.2 定常熱伝導 28
   2.2.1 平板の定常熱伝導 28
   2.2.2 円筒の常熱伝導 33
   2.2.5 拡大伝熱面 35
   2.3 非定常熱伝導 38
   2.3.1 過渡熱伝導 38
   2.3.2 集中熱容量モデル 39
   2.3.3 半無限固体 40
   2.3.4 平板 43
   2.3.5 過渡熱伝導の簡易推定法 47
   2.3.6 差分法による数値解法 48
第3章 対流熱伝達 55
   2.1 対流熱伝達の概要 55
   3.1.1 身近な対流熱伝達 55
   3.1.2 層流と乱流 56
   3.1.3 熱伝達率と境界層 56
   3.2 対流熱伝達の基礎方程式 57
   3.2.1 連続の式 57
   3.2.2 ナビエ・ストークスの式 58
   3.2.3 エネルギーの式 59
   3.2.4 非圧縮性流体の基礎方程式 61
   3.2.5 境界層近似と無次元数 63
   3.3 管内流の層流強制対流 67
   3.3.1 十分に発達した流れ 67
   3.3.2 十分に発達した温度場 69
   3.3.3 等熱流束壁過熱下の温度場 70
   3.3.4 等温壁加熱下の温度場 72
   3.3.5 助走区間の熱伝達 73
   3.4 物体まわりの強制対流層流熱伝達 75
   3.4.1 水平平板からの強制対流層流熱伝達 75
   3.4.2 任意形状物体からの強制対流層流熱伝達 77
   3.5 乱流熱伝達の概略 79
   3.5.1 乱流の特徴 79
   3.5.2 レイノルズ平均 81
   3.6 強制対流乱流熱伝達 82
   3.6.1 円管内乱流強制対流 82
   3.6.2 水平平板からの乱流強制対流 84
   3.6.3 強制対流の相関式 85
   3.7 自然対流熱伝達 87
   3.7.1 ブシネ近似と基礎方程式 87
   3.7.2 垂直平板からの層流自然対流 88
   3.7.3 垂直平板からの乱流自然対流 91
   3.7.4 自然対流の相関式 91
第4章 ふく射伝熱 99
   4.1 ふく射伝熱の基礎過程 99
   4.1.1 伝導・対流・ふく射の伝熱3形態 99
   4.1.2 ふく射とは 99
   4.1.3 ふく射の放射機構 100
   4.1.4 伝導とふく射の伝熱機構 100
   4.1.5 ふく射の反射,吸収,透過 101
   4.2 黒体放射 101
   4.2.1 ブランクの法則 102
   4.2.2 プランクの法則の導出 103
   4.2.3 ウィーンの変位則 105
   4.2.4 ステファン・ボルツマンの法則 105
   4.2.5 黒体放射分率 106
   4.3 実在面のふく射特性 107
   4.3.1 放射率とキルヒホッフの法則 107
   4.3.2 黒体と灰色体および非灰色体 108
   4.3.3 実在面の放射率 108
   4.3.4 実在面の全放射率,全吸収率,全反射率と半球放射率 109
   4.4 ふく射熱交換の基礎 110
   4.4.1 平行平面間のふく射伝熱 110
   4.4.2 ふく射強度 111
   4.4.3 物体面間の形態係数 112
   4.5 黒体面間および灰色面間のふく射伝熱 114
   4.5.1 黒体面で構成された閉空間系のふく射伝熱 114
   4.5.2 灰色面で構成された閉空間系のふく射伝熱 115
   4.6 ガスふく射 117
   4.6.1 ガスにおけるふく射の吸収・放射機構 117
   4.6.2 ガス層によるふく射の吸収(ビアの法則) 118
   4.6.3 ガス層からの放射と放射率 118
   4.6.4 実在ガスの放射率と吸収率 120
   4.6.5 実在ガスを含むふく射伝熱 120
第5章 相変化を伴う伝熱 123
   5.1 相変化と伝熱 123
   5.2 相変化の熱力学 124
   5.2.1 物質の相と相平衡 124
   5.2.2 過熱度と過冷度 25
   5.2.3 表面張力 126
   5.3 沸騰伝熱の特徴 128
   5.3.1 沸騰の分類 128
   5.3.2 沸騰曲線 128
   5.3.3 沸騰伝熱に影響を及ぼす主要因子 130
   5.4 核沸騰 130
   5.4.1 気泡の成長と離脱 130
   5.4.2 核沸騰伝熱のメカニズム 134
   5.4.3 核沸騰伝熱の整理式 135
   5.5 プール沸騰の限界熱流束 137
   5.6 膜沸騰 137
   5.7 流動沸騰 141
   5.7.1 気液二相流動様式 141
   5.7.2 管内沸騰伝熱 142
   5.8 凝縮を伴う伝熱 143
   5.8.1 凝縮の分類とメカニズム 143
   5.8.2 層流膜状凝縮理論 144
   5.8.3 ヌセルトの解析 145
   5.8.4 水平円管表面の膜状凝縮 149
   5.8.5 管群の膜状凝縮 150
   5.8.6 不凝縮気体と凝縮気体が混在する場合の凝縮 151
   5.8.7 滴状凝縮 152
   5.8.8 滴状凝縮に影響を及ぼす因子 152
   5.9 融解・凝固を伴う伝熱 153
   5.10 その他の相変化と伝熱 157
第6章 物質伝達 161
   6.1 混合物と物質伝達 161
   6.1.1 物質伝達とは 161
   6.1.2 物質伝達の物理 161
   6.1.3 濃度の定義 162
   6.1.4 速度と流束の定義 163
   6.2 物質拡散 164
   6.2.1 フィックの拡散法則 164
   6.2.2 拡散係数 166
   6.3 物質伝達の支配方程式 166
   6.3.1 化学種の保存 166
   6.3.2 境界条件 168
   6.4 物質拡散の例 169
   6.4.1 静止媒体中の定常拡散 169
   6.4.2 静止気体中の一方向拡散 171
   6.4.3 均質化学反応を伴う拡散 173
   6.4.4 流下液膜への拡散 174
   6.4.5 非定常拡散 175
   6.5 対流物質伝達 176
   6.5.1 物質伝達率 176
   6.5.2 対流物質伝達において重要なパラメータ 177
   6.6 物質と熱の結合作用 180
第7章 伝熱の応用と伝熱機器 183
   7.1 熱交換器の基礎 183
   7.1.1 熱通過率 183
   7.1.2 熱通過に伴う流体の温度変化 184
   7.1.3 対数平均温度差 185
   7.1.4 実際の熱交換器とそれらの特徴 186
   7.2 熱交換器の設計法 188
   7.2.1 熱交換器の性能 188
   7.2.2 熱交換器の設計 191
   7.2.3 熱交換器の性能変化 164
   7.3 機器の冷却 195
   7.3.1 熱設計の必要性 195
   7.3.2 熱抵抗 195
   7.3.3 空冷技術 197
   7.3.4 液体冷却 199
   7.4 断熱技術 200
   7.4.1 断熱材 200
   7.4.2 断熱技術 201
   7.5 その他の伝熱機器 202
   7.5.1 ヒートパイプ 202
   7.5.2 ペルチェ素子の応用 203
   7.5.3 その他の最新の熱交換技術 205
   7.5.4 充填層と流動層 206
   7.6 温度と熱の計測 208
   7.6.1 温度計測 208
   7.6.2 熱量と熱流束計測 210
   7.6.3 流体速度計測 210
第8章 伝熱問題のモデル化と設計 215
   8.1 伝熱現象のスケール効果 215
   8.2 無次元数とその物理的意味 216
   8.2.1 次元解析 216
   8.2.2 方向性次元解析 217
   8.2.3 無次元数と相似則 218
   8.3 モデル化と熱設計 220
   8.4 実際の熱交換器の設計 230
第1章 概論 1
   1.1 伝熱工学の意義 1
   1.2 本書の1使用法 4
95.

図書

図書
日本機械学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 1986.7  280p ; 22cm
所蔵情報: loading…
96.

図書

図書
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , 東京 : 丸善出版 (発売), 2014.9  158p ; 30cm
シリーズ名: JSMEテキストシリーズ ; . 加工学 = Manufacturing processes||カコウガク ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 序論
第2章 : 塑性力学の基礎
第3章 : 金属材料の塑性変形
第4章 : 各種の塑性加工
第5章 : 塑性加工の力学
第6章 : 加工機械と生産システム
付録A : 有限要素法
第1章 : 序論
第2章 : 塑性力学の基礎
第3章 : 金属材料の塑性変形
97.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 2002.6  177p ; 30cm
シリーズ名: JSMEテキストシリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 概論 1
   1・1 熱力学の意義 1
   1・2 熱の授受と熱力学 2
   1・3 熱力学の歴史的背景 3
   1・4 本書の使用法 5
第2章 基本概念と熱力学第0法則 7
   2・1 系・物質・エネルギー 7
   2・1・1 系 7
   2・1・2 閉じた系と開いた系 7
   2・1・3 エネルギーの形態 8
   2・1・4 エネルギーの巨視的形態と微視的形態 8
   2・1・5 内部エネルギー 9
   2・2 熱力学の微視的理解 9
   2・2・1 質点系の内部エネルギー 9
   2・2・2 分子運動と物質の状態・相変化 10
   2・3 温度と熱平衡(熱力学第0法則) 12
   2・3・1 熱平衡(熱力学第0法則)12
   2・3・2 温度 13
   2・4 熱量と比熱 13
   2・5 状態量 14
   2・6 単位系と単位 14
   2・6・1 SI 14
   2・6・2 SI以外の単位系と単位 16
第3章 熱力学第1法則 19
   3・1 熱と仕事 19
   3・1・1 熱 19
   3・1・2 仕事 19
   3・2 閉じた系の熱力学第1法則 20
   3・3 熱力学的平衡と準静的過程 23
   3・3・1 熱力学的平衡 23
   3・3・2 準静的過程 23
   3・3・3 可逆過程と不可逆過程 24
   3・4 準静的過程における閉じた系の熱力学第1法則 25
   3・4・1 熱力学第1法則 25
   3・4・2 準静的過程におけるサイクルの正味仕事 25
   3・4・1 定積比熱と定圧比熱 26
   3・5 開いた系の熱力学第1法則 27
   3・5・1 定常流動系と質量保存則 27
   3・5・2 流動仕事とエンタルピー 27
   3・5・3 定常流動系のエネルギー保存則 28
   3・5・4 各種機械における定常流動系 29
   3・6 理想気体における熱力学第1法則 32
   3・6・1 理想気体と内部エネルギー 32
   3・6・2 理想気体の比熱 33
   3・6・3 理想気体の準静的過程 35
   3・6・4 理想気体の混合 39
第4章 熱力学第2法則 43
   4・1 熱を仕事に変換する効率:カルノーの功績 43
   4・1・1 熱効率に限界はあるか? 43
   4・1・2 カルノーの考えたこと 44
   4・2 熱機関のモデル化 46
   4・2・1 サイクル 46
   4・2・2 可逆過程と不可逆過程 48
   4・2・3 内部可逆過程 49
   4・3 カルノーサイクルの性質 50
   4・4 閉じた系の第2法則 53
   4・4・1 1つの熱源と作用するサイクル : 第2法則の言葉による表現 54
   4・4・2 2つの熱源と作用するサイクル 55
   4・4・3 n個の熱源と作用するサイクル 55
   4・5 エントロピー 56
   4・5・1 状態量としてのエントロピーの定義 56
   4・5・2 閉じた系のエントロピーバランス(不可逆過程におけるエントロピー生成) 58
   4・5・3 開いた系のエントロピーバランス : 開いた系の第2法則 60
   4・5・4 第2法則とエントロピーおよびエントロピー生成のまとめ 60
   4・6 エントロピーの利用 61
   4・6・1 エントロピー変化の式 : TdSの関係式 61
   4・6・2 理想気体のエントロピー変化 62
   4・6・3 液体,固体のエントロピー変化 63
   4・6・4 蒸気表によるエントロピー変化の計算 63
   4・6・5 エントロピー生成の計算 64
   4・6・6 エントロピーを含んだ線図,グラフィカルなエントロピーの利用 67
第5章 エネルギー有効利用とエクセルギー 69
   5・1 エクセルギー解析の必要性 69
   5・1・1 第2法則からエクセルギーヘ 69
   5・2 仕事を発生する潜在能力 : 最大仕事の考え方 70
   5・2・1 最大仕事 70
   5・2・2 周囲がエクセルギー(エネルギー変換)に与える影響 72
   a. 体積変化によるエクセルギー 72
   b. 熱のエクセルギー 73
   c. 化学エクセルギー 74
   d. エクセルギー計算のための標準周囲状態 74
   5・2・3 エクセルギーの基礎まとめ 75
   5・2・4 エクセルギー効率 75
   5・3 様々な系のエクセルギー 77
   5・3・1 熱源の熱を利用する系 77
   5・2・2 閉じた系(非流動過程) 77
   5・3・3 定常流動系 80
   5・3・4 物質移動のある開いた系 81
   5・4 自由エネルギー 81
   5・4・1 ギブス自由エネルギー 81
   5・4・2 ヘルムホルツ自由エネルギー 83
   5・4・3 平衡条件と自由エネルギー(化学反応の進む方向) 84
   5・5 エクセルギー損失 85
   5・5・1 不可逆過程とエクセルギー損失 85
第6章 熱力学の一般関係式 89
   6・1 熱力学の一般関係式 89
   6・2 エネルギー式から導かれる一般関係式 91
   6・3 比熱に関する一般関係式 93
   6・4 内部エネルギーとエンタルピーの一般関係式 96
   6・5 ジュール・トムソン効果 97
   6・6 相平衡とクラペイロン・クラウジウスの式 99
第7章 化学反応と燃焼 103
   7・1 化学反応・燃焼と環境問題 102
   7・2 化学反応とエネルギー変換 105
   7・2・1 反応熱と標準生成エンタルピー 105
   7・2・2 化学反応のギブス自由エネルギーー変化 107
   7・2・3 標準生成ギブス自由エネルギーとエネルギー変換 109
   7・3 化学平衡 111
   7・3・1 反応速度 111
   7・3・2 反応速度と化学平衡 112
   7・3・3 化学平衡の条件 112
   7・3・4 平衡定数 113
   7・3・5 化学平衡に及ぼす圧力と温度の影響 115
   7・3・6 一般的な場合の平衡組成の求め方 117
   7・3・7 平衡定数の諸注意 119
   7・4 燃焼 119
   7・4・1 燃料 120
   7・4・2 燃焼の形態 120
   7・4・3 燃焼の反応機構 120
   7・4・4 空燃比,燃空比,空気比,当量比 122
   7・4・5 燃焼のエネルギーバランス 123
   7・4・6 理論火炎温度 124
   7・4・7 燃焼とエネルギー変換 127
第8章 ガスサイクル 131
   8・1 熱機関とサイクル 131
   8・2 ピストンエンジンのサイクル 134
   8・2・1 オットーサイクル 134
   8・2・2 ディーゼルサイクル 136
   8・2・3 サバテサイクル 137
   8・2・4 ピストンエンジンの燃焼解析 138
   8・2・5 スターリングサイクル 138
   8・3 ガスタービンエンジンのサイクル 139
   8・3・1 ブレイトンサイクル 140
   8・3・2 ブレイトン再生サイクル 141
   8・3・3 エリクソンサイクル 142
   8・3・4 ジェットエンジンのサイクル 142
   8・4 ガス冷凍サイクル 142
第9章 蒸気サイクル 147
   9・1 蒸気の状態変化 147
   9・1・1 相平衡と状態変化 147
   9・1・2 湿り蒸気の性質 148
   9・2 相平衡とクラペイロン・クラウジウスの式 149
   9・2・1 相平衡の条件 149
   9・2・2 多成分混合物質の二相平衡 150
   9・2・3 クラペイロン・クラウジウスの式 151
   9・3 実在気体の状態方程式 152
   9・3・1 ファン・デル・ワールスの式 152
   9・3・2 実用状態方程式 154
   9・4 蒸気原動機サイクル 154
   9・4・1 ランキンサイクル 155
   9・4・2 再熱サイクル 157
   9・4・3 再生サイクル 158
   9・4・4 複合サイクル 159
第10章 冷凍サイクルと空気調和 163
   10・1 冷凍の発生 163
   10・1・1 可逆断熱膨張 163
   10・1・2 絞り膨張 163
   10・2 動作係数 164
   10・3 各種冷凍サイクル 165
   10・3・1 逆カルノーサイクル 165
   10・3・2 蒸気圧縮式冷凍サイクル 165
   10・3・3 吸収冷凍サイクル 168
   10・3・4 空気冷凍サイクル 170
   10・3・5 液化サイクル 170
   10・4 空気調和 171
   10・4・1 湿り空気の性質 171
   10・4・2 湿り空気線図 173
第1章 概論 1
   1・1 熱力学の意義 1
   1・2 熱の授受と熱力学 2
98.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善 (発売), 2005.3  ii, 206p ; 30cm
シリーズ名: JSMEテキストシリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 流体の性質と分類 1
   1・1 序論 1
   1・1・1 流体力学とは 1
   1・1・2 本書の使い方 2
   1・2 流体の基本的性質 3
   1・2・1 密度と比重量 3
   1・2・2 粘度と動粘度 3
   1・2・3 体積弾性係数と圧縮率 5
   1・2・4 表面張力 5
   1・3 流体の分類 6
   1・3・1 粘性流体と非粘性流体 6
   1・3・2 ニュートン流体と非ニュートン流体 7
   1・3・3 圧縮性流体と非圧縮性流体 8
   1・3・4 理想流体 8
   1・4 単位と次元 9
   1・4・1 単位系 9
   1・4・2 次元 10
   練習問題 11
第2章 流れの基礎 13
   2・1 流れを表す物理量 13
   2・1・1 速度と流量 13
   2・1・2 流体の加速度 14
   2・1・3 圧力とせん断応力 15
   2・1・4 流線,流脈線,流跡線 15
   2・1・5 流体の変形と回転 16
   2・2 さまざまな流れ 18
   2・2・1 定常流と非定常流 18
   2・2・2 一様流と非一様流 18
   2・2・3 渦 18
   2・2・4 層流と乱流 19
   2・2・5 混相流 20
   練習問題 21
第3章 静止流体の力学 23
   3・1 静止流体中の圧力 23
   3・1・1 圧力と等方性 23
   3・1・2 オイラーの平衡方程式 24
   3・1・3 重力場における圧力分布 26
   3・1・4 マノメータ 29
   3・2 面に働く静止流体力 33
   3・2・1 平面に働く力 33
   3・2・2 曲面に働く力 35
   3・3 浮力と浮揚体の安定性 26
   3・3・1 アルキメデスの原理 36
   3・3・2 浮揚体の安定性 37
   3・4 相対的平衡での圧力分布 39
   3・4・1 直線運動 40
   3・4・2 強制渦 40
   練習問題 42
第4章 準1次元流れ 47
   4・1 連続の式 47
   4・2 質量保存則 49
   4・3 エネルギーバランス式 52
   4・4 ベルヌーイの式 55
   練習問題 62
第5章 運動量の法則 67
   5・1 質量保存則 67
   5・2 運動量方程式 70
   5・3 角運動量方程式 80
   練習問題 84
第6章 管内の流れ 89
   6・1 管摩擦損失 89
   6・1・1 流体の粘性 89
   6・1・2 管摩擦損失 89
   6・2 直円管内の流れ 90
   6・2・1 助走区間内の流れ 90
   6・2・2 円管内の層流 91
   6・2・3 円管内の乱流 93
   6・3 拡大・縮小管内の流れ 100
   6・3・1 管路の諸損失 100
   6・3・2 管断面積が急激に変化する場合 101
   6・3・3 管断面積がゆるやかに変化する場合 102
   6・3・4 管路に絞りがある場合 103
   6・4 曲がる管内の流れ 104
   6・4・1 エルボとベンド 104
   6・4・2 曲がり管 105
   6・4・3 分岐管 106
   6・5 矩形管内の流れ 107
   練習問題 108
第7章 物体まわりの流れ 113
   7・1 抗力と揚力 113
   7・1・1 抗力 113
   7・1・2 揚力 116
   7・2 円柱まわりの流れとカルマン渦 119
   7・3 円柱まわりの流れのロックイン現象 121
   練習問題 122
第8章 流体の運動方程式 125
   8・1 連続の式 125
   8・2 粘性法則 127
   8・2・1 圧力と粘性応力 127
   8・2・2 ひずみ速度 128
   8・2・3 構成方程式 130
   8・3 ナビエ・ストークスの式 132
   8・3・1 運動量保存則 132
   8・3・2 ナビエ・ストークスの式の近似 134
   8・3・3 境界条件 136
   8・3・4 移動および回転座標系 136
   8・4 オイラーの式 139
   練習問題 141
第9章 せん断流 147
   9・1 境界層 147
   9・1・1 境界層理論 147
   9・1・2 境界層方程式 148
   9・1・3 境界層の下流方向変化 151
   9・1・4 レイノルズ平均とレイノルズ応力 153
   9・1・5 乱流境界層の平均速度分布 154
   9・1・6 境界層のはく離と境界層制御 155
   9・2 噴流,後流,混合層流・157
   練習問題 159
第10章 ポテンシャル流れ 161
   10・1 ポテンシャル流れの基礎式 161
   10・1・1 複素数の定義 161
   10・1・2 理想流体の基礎方程式 162
   10・2 速度ポテンシャル 163
   10・3 流れ関数 164
   10・4 複素ポテンシャル 165
   10・5 基本的な2次元ポテンシャル流れ 166
   10・5・1 一様流 166
   10・5・2 わき出しと吸い込み 167
   10・5・2 渦 168
   10・5・4 二重わき出し 168
   10・6 円柱まわりの流れ 169
   10・7 ジューコフスキー変換 172
   練習問題 174
第11章 圧縮性流体の流れ 177
   11・1 マッハ数による流れの分類 177
   11・2 圧縮性流れの基礎式 179
   11・2・1 熱力学的関係式 179
   11・2・2 音速 181
   11・2・3 連続の式 182
   11・2・4 運動方程式 182
   11・2・5 運動量の式 183
   11・2・6 エネルギーの式 184
   11・2・7 流線とエネルギーの式 185
   11・3 等エントロピー流れ 187
   11・4 衝撃波の関係式 192
   11・4・1 衝撃波の発生 192
   11・4・2 垂直衝撃波の関係式 193
   練習問題 196
第1章 流体の性質と分類 1
   1・1 序論 1
   1・1・1 流体力学とは 1
99.

図書

図書
パッキン・ガスケット図集分科会編
出版情報: 東京 : 日本機械学会, 1974.1  107p ; 30cm
シリーズ名: 機械図集
所蔵情報: loading…
100.

図書

図書
日本機械学会著
出版情報: 東京 : 日本機械学会 , [東京] : 丸善出版 (発売), 2011.9  iii, 194p ; 30cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼