close
1.

図書

図書
Benjamin Lewin[著] ; 菊池韶彦[ほか]訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1999.4  xvii, 1105p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
Benjamin Lewin [著] ; 松原謙一, 小川英行訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1986  2冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
Benjamin Lewin著 ; 菊池韶彦 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1996.6  xviii, 1069p ; 26cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
Benjamin Lewin著 ; 菊池韶彦, 榊佳之, 水野猛, 伊庭英夫, 紅順子訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2007.2  xvi, 557p ; 30cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Benjamin Lewin [著] ; 菊池韶彦, 榊佳之, 水野猛, 伊庭英夫訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2006.1  xvi, 933p ; 30cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.情報の貯蔵庫としてDNA 1
1.DNAは遺伝物質である 3
   遺伝は巨大分子の働きによる 4
   タンパクの機能はコンホーメーションに依存している 5
   タンパクはどうやって正しいコンホーメーションを獲得するのか 13
   DNAの発見 16
   普遍的な遺伝物質はDNAである 19
   DNAの構成成分 22
   DNAは二重らせんである 27
   DNAの複製は半保存的である 31
   さらに読みたい人へ 34
2.遺伝子は染色体上にある 35
   遺伝子の発見 36
   遺伝における染色体の役割 41
   遺伝子はおのおの特異的な染色体上にある 45
   遺伝子は一列に並んでいる 48
   遺伝子地図は連続している 53
   一遺伝子-一タンパク 54
   精密な定義:シストロン 57
   用語についての注意 60
   さらに読みたい人へ 61
3.DNAの塩基配列を変える変異 63
   遺伝暗号はトリプレットで読まれる 64
   点変異は塩基対を一つ変える 67
   変異はホットスポットに集中する 71
   変異率 74
   さらに読みたい人へ 77
4.核酸のトポロジー 78
   一本鎖の核酸は二次構造を持つ 78
   インバーテッド繰り返しと二次構造 83
   二本鎖DNAは異なる二重らせん構造もとれる 86
   左巻き型のDNA 89
   閉じたDNAはスーパーコイルを作る 91
   スーパーコイルは二重らせん構造に影響を与える 95
   DNAは変性し,再生できる 97
   核酸は塩基対合によってハイブリッド分子を形成できる 98
   さらに読みたい人へ 101
5.遺伝子の単離 102
   制限酵素はDNAを特定の断片に切断する 104
   DNA断片を基にして制限酵素地図を作成する 106
   制限酵素切断部位は遺伝マーカーとして用いられる 111
   DNAの塩基配列決定 116
   原核生物の遺伝子タンパクは1対1の対応をする 119
   真核生物の遺伝子には分断されたものがある 121
   2種類以上のタンパクをコードするDNA塩基配列もある 123
   遺伝のパラダイム 126
   さらに読みたい人へ 127
   II.遺伝子からタンパクへ 129
6.遺伝暗号の解読 131
   タンパク合成は一方向に進行する 132
   メッセンジャーRNAの探索 134
   転移RNAはアダプターとして働く 135
   リボソームは一列になって移動する 139
   コドンの大部分はアミノ酸に対応する 143
   暗号には普遍性があるか 146
   さらに読みたい人へ 147
7.タンパク合成の流れ作業 148
   リボソームの活性部位 149
   ポリペプチド鎖の合成開始 151
   開始には30Sサブユニットと補助因子が必要である 154
   30Sサブユニットの遊離状態はIF3に制御されている 156
   IF2がイニシエーターtRNAの選択をする 157
   真核細胞の翻訳開始には多くの因子が関与している 159
   伸長反応:T因子がA部位ヘアミノアシル-tRNAを導入する 162
   リボソームの移動 167
   翻訳の完了:三つのコドンでタンパク合成を終結させる 171
   さらに読みたい人へ 173
8.転移のRNA:翻訳のアダプター 174
   共通のクローバー葉型 175
   三次構造はL字型になっている 178
   合成酵素はどのようにしてtRNAを認識するか 182
   アミノ酸結合のステップにおける識別 185
   コドンーアンチコドンの認識にはゆらぎがある 187
   tRNAには修飾された塩基がいろいろある 190
   塩基の修飾がコドンの認識を制御している可能性がある 193
   ミトコンドリアにはtRNAの最小セットがある 196
   変異tRNAは違うコドンを読む 197
   サプレッサーtRNAは元のコドンも認識できる 202
   tRNAは読み枠に影響を及ぼすことがある 205
   さらに読みたい人へ 206
9.翻訳工場としてのリボソーム 208
   リボソームはコンパクトなリボ核タンパク粒子である 209
   リボソームタンパクとrRNAの相互作用 213
   inuitroでの再構成はinuiuoでの集合過程によく似ている 219
   サブユニットの集合はトポロジーに関連している 221
   すべてのリボソーム成分に変異を導入できる 224
   リボソームには数種類の活性中心がある 226
   翻訳の正確さ 230
   さらに読みたい人へ 232
10.鋳型としてのメッセンジャーRNA 234
   細菌のメッセンジャーは寿命が短い 235
   細菌のmRNAの大多数はポリシストロニックである 238
   ポリシストロニックメッセンジャーの翻訳 240
   真核細胞mRNAの機能を明らかにする 243
   invitoro翻訳系の威力 245
   真核生物の大部分のmRNAは3'末端がポリアデニル化されている 247
   真核生物のmRNAは5'末端にメチル化されたキャップ構造を持つ 250
   翻訳開始にはmRNAとrRNAとの間に生ずる塩基対合が必要である 252
   リボソーム小サブユニット真核生物mRNAの翻訳開始部位に移動する 255
   タンパク合成と細胞内の局在性との関連 257
   さらに読みたい人へ 264
   Ⅲ.鋳型の産生 265
11.RNAポリメラーゼ : 基本的な転写装置 267
   転写はRNAポリメラーゼによって触媒される 269
   シグマ因子はDNAへの結合に関与する 271
   コア酵素はRNAを合成する 275
   真核細胞の複雑なRNAポリメラーゼ 280
   さらに読みたい人へ 282
12.プロモーター:転写開始の調節部位 283
   大腸菌RNAポリメラーゼの結合部位 286
   大腸菌のプロモーターのコンセンサス配列 289
   コンセンサス配列の働き 292
   シグマ因子の置き換えによる転写開始の調節 297
   RNAポリメラーゼIIに読まれるプロモーターは転写開始点より上流にある 303
   RNAポリメラーゼIIのプロモーターは複数の領域から構成されている 307
   エンハンサーは上流にあっても下流にあっても転写の開始を促進する 311
   RNAポリメラーゼIIIのプロモーターは下流領域にある 314
   さらに読みたい人へ 317
13.転写終結と抗転写終結 319
   大腸菌の2種類の転写終結にはパリンドロームが関与する 320
   ロー因子はどのように働くのだろうか 323
   抗転写終結はDNAの特定の部位で起こる 327
   RNAポリメラーゼにはさらに別のサブユニットがあるか 334
   真核生物を使う場合の困難 337
   さらに読みたい人へ 338
   IV.原核生物の遺伝子発現の調節 341
14.オペロン:モデル系としてのラクトース遺伝子 343
   誘導と抑制の調節は小分子によって行われる 343
   構造遺伝子のクラスターは調節遺伝子の制御を受ける 345
   オペロンの調節回路 348
   構成的変異を使ってリプレッサーの働きを調べる 350
   オペレーターはシス優性に働く 352
   プロモこターかリプレッサーに起こる変異は非誘導型になる 353
   リプレッサーはどのようにして転写を妨げるのか 355
   オペレーター領域での接触 356
   リプレッサーのサブゴニット間の相互作用 358
   DNA結合タンパクとしてのリプレッサー 361
   DNAからの離脱 362
   余剰のリプレッサーの貯蔵 364
   誘導のパラドックス 366
   さらに読みたい人へ 367
15.調節回路:オペロンの完全装備 368
   正負の調節を区別する 368
   トリプトファンオペロンは抑制型である 371
   トリプトファンオペロンを調節するアテニュエーター 374
   どの二次構造をとるかがアテニュエーターの働きを制御する 376
   他のアテニュエーター 382
   抑制は遺伝子座が複数であっても起こる 385
   カタボライト抑制にはプロモーターにおける正の調節が関与している 388
   リボソームタンパクの翻訳に見る自律的調節 391
   自律的制御と巨大分子集合体 395
   欠乏に対処する緊縮応答 396
   さらに読みたい人へ 399
16.溶菌に導く反応の連鎖と溶原性を保つリプレッション 400
   溶菌に導く過程は反応の連鎖によって調節される 401
   T7ファージとT4ファージの機能に対応するクラスター構造 404
   ラムダファージの溶菌反応の連鎖の進行には抗転写終結が関与している 407
   溶原性は自己調節系で維持されている 410
   リプレッサーは2量体であり,協同的にオペレーターに結合する 413
   リプレッサー合成はどのようにして確立されるのか 422
   溶菌感染にはアンチリプレッサーが必要である 426
   溶原化と溶菌の微妙なバランス 429
   さらに読みたい人へ 429
   ⅴ.真核生物ゲノムの構成 431
17.組み換えDNA技法は並はずれた力を発揮する 433
   どんなDNAも細菌を使ってクローニングできる 434
   キメラDNAの構築 438
   mRNAをDNAに作り替える 422
   特定の遺伝子をゲノムから単離する 444
   クロモソームウォーキング 448
   真核細胞の遺伝子は細菌の細胞内で翻訳できる 452
18.真核生物のゲノム:その中に見られるさまざまな配列 454
   ゲノムサイズの違いとC値パラドックス 454
   再会合カイネディックスは塩基配列の複雑さを反映する 457
   真核生物のゲノムには幾通りかの繰り返し配列の成分がある 459
   非繰り返しDNAの複雑度からゲノムのサイズを推定する 461
   真核生物のゲノムには繰り返し配列がある 462
   中頻度繰り返しDNAには異なる成分が多数ある 464
   同じ繰り返し頻度を持つファミリーのメンバーは互いに近縁だが同一ではない 466
   さらに読みたい人へ 469
19.mRNAに読みとられる構造遺伝子 470
   構造遺伝子の大部分は非繰り返しDNAである 472
   非繰り返し遺伝子はどのくらい発現しているか 474
   RNA駆動反応のカイネティックスを使って遺伝子の数を推測する 475
   遺伝子発現のレベルには非常に大きな差がある 478
   mRNA集団のオーバーラップ 479
   さらに読みたい人へ 482
20.分断された遺伝子 483
   分断きれた遺伝子を電子顕微鏡で見る 485
   分断された遺伝子の制限酵素地図作製 485
   ゲノムDNA断片の解析 494
   遺伝子にはさまざまの形や大きさがある 497
   rRNAやtRNAをコードする遺伝子にあるイントロン 500
   エクソン-イントロン境界には共通配列がある 501
   ある遺伝子のイントロンが他の遺伝子のエクソンのことがある 502
   大部分の変異はエクソンにマップされる 506
   調節に関与している巨大な複合遺伝子座 511
   分断された遺伝子はどのようにしてできてきたのか 517
   さらに読みたい人へ 524
   欧文索引
   和文索引
   下巻目次
   VI.関連した塩基配列のクラスター形成
21.構造遺伝子はファミリーを構成している
22.細胞小器官内にあるゲノム
23.重連した遺伝子群に見られる同一性と変化
24.単純な塩基配列とその編成
   Ⅶ.成熟:RNAのプロセシング
25.StableRNAの切断とトリミング
26.RNAスプライシングの機構
27.RNAプロセシングの調節
   VIII.DNAをパッケージする
28.ゲノムと染色体について
29.クロマチンの構造:ヌクレオソニム
30.活性クロヤチンの性質
   IX.遺伝する物質としてのDNA
31.レプリコン:複製の単位
32.DNA複製の装置
33.DNAを守るシステム
34.組み換えとDNAのトポロジーの変換
   X.動的なゲノム:変動するDNA
35.細菌の転移因子
36.真核生物の動く遺伝子
37.遺伝子の再編成と抗体の多様性の出現
38.ゲノム構造の作り替え
1.情報の貯蔵庫としてDNA 1
1.DNAは遺伝物質である 3
   遺伝は巨大分子の働きによる 4
6.

図書

図書
Benjamin Lewin [著] ; 菊池韶彦 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2002.3  xv, 957p ; 26cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
Benjamin Lewin著 ; 松原謙一 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1989.4  2冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼