close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
今井聖著
出版情報: 東京 : コロナ社, 1993.5  viii, 201p ; 22cm
シリーズ名: テレビジョン学会教科書シリーズ / テレビジョン学会編 ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 信号処理の概要
   1.1 信号処理の目的 1
   1.2 信号の形態 2
   1.3 信号処理技術の基礎 4
   1.3.1 信号とシステムの数学的表現と解析 4
   1.3.2 信号の標本化と標本化定理 5
   1.3.3 離散的フーリエ変換とその高速算法 6
   1.3.4 ディジタルフィルタの回路構成と設計法 6
   1.3.5 不規則信号の解析 6
   1.3.6 音声信号処理 7
   1.3.7 2次元信号処理 8
2 連続時間信号の解析
   2.1 連続時間信号 9
   2.2 三角級数 10
   2.3 フーリエ級数 11
   2.4 直交関数系 13
   2.5 直交級数 14
   2.6 2乗平均近似 16
   2.7 フーリエ変換 17
   2.8 デルタ関数 19
   2.9 ラプラス変換 21
   演習問題 23
3 連続時間システムの特性
   3.1 システムの入出力関係とインパルス応答 24
   3.2 伝達関数 26
   3.3 周波数特性 29
   演習問題 30
4 離散時間信号の解析
   4.1 離散時間信号 32
   4.2 z変換 34
   4.3 離散時間フーリエ変換 37
   4.4 エネルギースペクトル 39
   4.5 ケプストラム 40
   演習問題 41
5 離散時間システムの特性
   5.1 インパルス応答 43
   5.2 伝達関数 44
   5.3 周波数特性 46
   5.4 安定なシステム 47
   5.5 因果的なシステム 49
   5.6 因果的で安定なシステム 50
   5.7 最小位相システム 52
   5.8 全域通過システム 54
   5.9 直線位相システム 55
   演習問題 57
6 信号の標本化
   6.1 連続時間信号の標本化 58
   6.2 標本化によって得た離散時間信号のフーリエ変換 59
   6.3 標本化定理 62
   6.4 離散時間信号の再標本化 64
   6.4.1 連続時間信号に等価な離散時間信号 64
   6.4.2 データの間引きによる標本化周波数変換 65
   6.4.3 データの補間による標本化周波数変換 66
   6.5 アナログ信号とディジタル信号との間の相互変換 69
   6.5.1 直接的な信号形態の変換 69
   6.5.2 再標本化を利用する信号形態の変換 70
   演習問題 72
7 離散的フーリエ変換と高速算法
   7.1 離散的フーリエ変換 74
   7.2 DFTと離散時間フーリエ変換との関係 76
   7.3 DFTとz変換の関係 77
   7.4 高速フーリエ変換 78
   7.5 信号の短時間パワー 83
   演習問題 84
8 ディジタルフィルタ
   8.1 フィルタリング 85
   8.2 サブシステムの接続 86
   8.2.1 縦続接続 86
   8.2.2 並列接続 87
   8.3 ディジタルフィルタの直接構成 88
   8.3.1 全零形フィルタの直接構成 88
   8.3.2 全極形フィルタの直接構成 89
   8.3.3 極零形フィルタの直接構成 90
   8.4 ディジタルフィルタの縦続構成と並列構成 91
   8.4.1 縦続構成 92
   8.4.2 並列構成 92
   8.5 アナログフィルタをもとにするディジタルフィルタ設計 93
   8.5.1 インパルス不変の方法 93
   8.5.2 双1次変換法 94
   8.6 直線位相FIRフィルタの設計 96
   8.7 最小位相システムのインパルス応答を利用するフィルタの設計 99
   8.7.1 最小位相ケプストラム 99
   8.7.2 最小位相システムのインパルス応答 100
   8.7.3 極零形フィルタの係数とインパルス応答の関係 101
   8.7.4 インパルス応答の修正最小2乗近似 102
   8.7.5 フィルタ係数の決定 103
   演習問題 104
9 不規則信号の解析
   9.1 確率過程 106
   9.2 確率過程の低次モーメント 107
   9.2.1 確率過程のモーメント 107
   9.2.2 相関関数および共分散関数 108
   9.3 定常過程 109
   9.4 共分散関数のスペクトル表現 110
   9.5 低次モーメントとスペクトル密度関数の推定 111
   9.6 平均値の推定 112
   9.7 共分散関数あるいは相関関数の推定 114
   9.8 スペクトル密度関数の推定 114
   9.8.1 サンプル共分散関数の変換によるスペクトル推定 114
   9.8.2 変形ピリオドグラムによるスペクトル推定 114
   9.8.3 LPC法によるスペクトル推定 117
   9.9 対数スペクトルの推定 120
   9.9.1 対数ピリオドグラム 120
   9.9.2 準同形法 121
   9.9.3 対数スペクトルの不偏推定法 122
   演習問題 125
10 音声信号処理
   10.1 音声信号処理の目的 127
   10.2 音声生成のモデル 128
   10.2.1 人間の音声生成 128
   10.2.2 音声生成のディジタルモデル 129
   10.2.3 音声のパラメータ表現 130
   10.3 音声の分析合成 132
   10.3.1 PARCOR法による音声の分析合成 132
   10.3.2 改良ケプストラム法による音声の分析合成 135
   10.4 音声の規則合成 141
   10.4.1 韻律記号生成 143
   10.4.2 音韻記号系列の生成 144
   10.4.3 音源パラメータの生成 144
   10.4.4 スペクトル包絡パラメータ系列の生成 144
   10.4.5 音源信号の生成 145
   10.5 音声認識 146
   10.5.1 特定話者小語彙単語音声識認システム 147
   10.5.2 音素を認識の基本単位とする連続音声認識システム 150
   演習問題 154
11 2次元信号処理
   11.1 2次元信号処理の目的 155
   11.2 2次元信号 155
   11.3 2次元信号のz変換 157
   11.4 2次元信号のフーリエ変換 157
   11.5 2次元システムのインパルス応答と伝達関数 159
   11.6 再帰的計算可能な2次元システム 160
   11.7 2次元システムの安定性 162
   11.8 2次元信号に対する離散的フーリエ変換 164
   11.9 離散的余弦変換 165
   11.9.1 1次元信号に対する離散的余弦変換 165
   11.9.2 2次元離散的余弦変換 167
   11.10 ウォルシュ・アダマール変換 168
   11.10.1 ウォルシュ関数 168
   11.10.2 2次元信号のウォルシュ・アダマール展開 168
   11.11 画像処理 169
   11.11.1 画像のデータ圧縮 169
   11.11.2 画像復元 170
   11.11.3 画像強調 171
   11.11.4 画像再構成 171
   演習問題 173
参考文献 175
演習問題の解答例 181
索引 197
1 信号処理の概要
   1.1 信号処理の目的 1
   1.2 信号の形態 2
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Kenichi Iga, Susumu Kinoshita
出版情報: Berlin ; Tokyo : Springer, c1996  x, 169 p. ; 24 cm
シリーズ名: Springer series in materials science ; v. 30
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. Introduction 1
   1.1 Outline of Semiconductor Laser Theory 1
   1.2 Semiconductor Lasers in Opto-electronics 3
   1.3 Necessary Technology for Semiconductor Lasers 4
   1.4 Brief History of Semiconductor Lasers 5
   1.5 Typical Semiconductor Lasers 7
2. Materials for Semiconductor Lasers 8
   2.1 III-V Compound Semiconductors 8
   2.1.1 Band Structure of III-V Semiconductors 8
   2.1.2 Other Characteristics of III-V Compound Semiconductors 13
   2.2 Crystals for Visible to Near-Infrared-Wavelength Emission Semiconductor Lasers 15
   2.2.1 Importance of Visible to Near-Infrared-Wavelenth Laser Emission 15
   2.2.2 Crystal Materials for the Near-Infrared Region 15
   2.2.3 Crystal Materials for Visible Laser Emission 17
   2.3 Crystals for Semiconductor Lasers with 1-μm and Longer Emission Wavelengths 18
   2.3.1 Importance of the 1-μm Emission Wavelength 18
   2.3.2 Crystal Materials for the 1-μm Emission Wavelength 20
   2.3.3 Longer-Wavelength Materials 21
3. Basic Design of Semiconductor Lasers 22
   3.1 Double Heterostructures and Their Design 22
   3.1.1 Double Heterostructures 22
   3.1.2 Design of Double-Heterostructure Lasers 23
   3.1.3 Energy-Band Diagram of DH Lasers 24
   3.1.4 Optical Properties of DH Lasers 32
   a) Step-Index Planar Waveguide 32
   b) TE Modes 34
   c) TM Modes 37
   d) Mode-Confinement Factor 38
   3.1.5 Threshold Current of DH Lasers 40
4. Epitaxy of III-V Compound Semiconductors 43
   4.1 III-V Substrates for Semiconductor Lasers 43
   4.1.1 Necessity of Substrates 43
   4.1.2 Substrate Quality Requirements 43
   4.2 Bulk Growth Techniques 45
   4.3 Heteroepitaxial Techniques 45
   4.3.1 Liquid-Phase Epitaxy 45
   4.3.2 Vapor-Phase Epitaxy 47
   4.3.3 Metalo-Organic Chemical-Vapor Deposition 47
   4.3.4 Molecular Beam Epitaxy 48
   4.3.5 Chemical Beam Epitaxy 49
5. Liquid Phase Epitaxy and Growth Technology 51
   5.1 Outline of an LPE System 51
   5.2 Reactors 52
   5.2.1 Horizontal Reactor 52
   5.2.2 Vertical Reactor 56
   5.3 Loading Sub-System 57
   5.4 Pump and Exhaust Sub-System 58
   5.5 Gas-Flow Sub-System 59
   5.6 Heating Sub-System 60
   5.7 Maintenance 60
   5.7.1 Maintenance of a Graphite Boat 60
   5.7.2 Baking of the Reactor 60
   5.8 Liquid-Phase Epitaxy 61
   5.9 LPE Process 63
   5.9.1 GaA1As/GaAs System 63
   a) Determination of the Source-Material Quantity 63
   b) LPE Procedure 67
   5.9.2 GaInAsP/InP System 69
   5.9.3 Other Materials 77
   a) Visible-Light Semiconductor Lasers 80
   b) Longer-Wavelength (λ>2μm) Semiconductor Lasers 81
6. Vapor Phase and Beam Epitaxies 82
   6.1 Metal-Organic Chemical Vapor Deposition (MOCVD) 82
   6.1.1 MOCVD System 82
   6.1.2 Example of MOCVD Growth 84
   a) A Double-Heterostructure Wafer 84
   b) Semiconductor Multilayer Reflector 85
   6.1.3 Characterization 87
   a) Evaluation of the Nominal Threshold-Current Density 87
   b) Reflectivity of a Multilayer Bragg Reflector 88
   6.2 Molecular-Beam and Chemical-Beam Epitaxy 89
   6.2.1 Background 89
   6.2.2 Chemical Beam Epitaxial System 91
   6.2.3 Preparation for Growth 92
   6.2.4 GaAs and InP Growth 93
   6.2.5 GaxIn1-xAsyP1-y Growth 96
   6.2.6 Doping-Level Control 98
   6.2.7 Summary of CBE 99
7. Characterization of Laser Materials 101
   7.1 Evaluation of Laser Wafers 101
   7.2 Measurement of Lattice Mismatch 103
   7.3 Measurement of the Impurity Concentration 105
   7.3.1 Four-Point Probe Method 105
   7.3.2 Schottky Method 107
   7.3.3 Hall Measurement 108
   7.4 Photoluminescence 110
   7.5 Measurement of the Refractive Index 111
   7.6 Misfit Dislocation 111
8. Semiconductor-Laser Devices-Fabrication and Characteristics 112
   8.1 Fabrication of Fundamental Laser Devices 112
   8.1.1 Broad Contact Lasers 112
   8.1.2 Stripe-Geometry Lasers 113
   8.2 Current Injection and Contacts 114
   8.2.1 Current/Voltage Characteristics 114
   8.2.2 Current Injection 116
   8.3 Evaluation of the Threshold-Current Density 119
   8.4 Gain Bandwidth and Oscillation Spectra 119
   8.5 Output and Efficiency of Semiconductor Lasers 121
   8.6 Near-Field Pattern and Far-Field Pattern 122
   8.7 Temperature Characteristics 122
   8.8. Reliability 123
9. Mode-Control Techniques in Semiconductor Lasers 124
   9.1 Transverse-Mode Characteristics and the Single-Mode Condition 124
   9.1.1 Necessity of Transverse-Mode Stabilization 124
   9.1.2 Equivalent Refractive-Index Method 126
   9.1.3 Eigenvalue Equation of a Guided Mode 127
   9.2 Longitudinal-Mode Control 129
   9.3 Burying Epitaxy on Mesas and V-Grooves 133
   9.3.1 Structures on Index-Guided Lasers 133
   9.3.2 Fabrication of Transverse-Mode-Controlled Structures 134
   9.4 Mass-Transport Technique 136
   9.5 Selective Meltback Technique 137
   9.5.1 Selective Meltback Characteristics 137
   9.5.2 Application to an Inner-Stripe Structure 138
   9.5.3 Application to BH Stripe-Lasers 140
   9.6 Overgrowth on Gratings 141
   9.7 Growth of Quantum Wells 141
   9.8 Growth of Multilayer Bragg Mirrors 145
10. Surface-Emitting Lasers 147
   10.1 The Concept of Surface-Emitting Lasers 147
   10.2 Structure and Characteristics 148
   10.2.1 GaInAsP/InP Surface-Emitting Lasers 148
   10.2.2 GaA1As/GaAs SE Lasers 149
   10.3 Semiconductor Multi-Layer Structure 150
   10.4 Two-Dimensional Arrays 151
   10.5 Ultralow-Threshold Devices 153
   10.6 Future Prospects 154
References 155
Subject Index 167
1. Introduction 1
   1.1 Outline of Semiconductor Laser Theory 1
   1.2 Semiconductor Lasers in Opto-electronics 3
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
社会資本整備研究会, 森地茂, 屋井鉄雄編著
出版情報: 東京 : 日本経済新聞社, 1999.9  vii, 345p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 森地 茂
序論 見えてきた社会資本整備の新しい地平 下河辺淳 1
第一部 戦後五〇年の社会資本整備の到達点と課題
   第1章 社会資本整備が果たした各時代の役割 奥野信宏 14
   第2章 臨海開発の歴史・現状と展望 今野修平 29
   第3章 治水・水資源開発施設の整備から流域水循環系の健全化へ 虫明功臣 49
   第4章 高速交通体系の整備 森地 茂 68
   第5章 都市開発と一極集中 渡邉貴介 97
   第6章 戦後五〇年の社会資本整備の総括 森地 茂 115
第二部 これからの社会資本のあり方
   第7章 広がる社会資本の範囲 森杉壽芳 134
   第8章 生活機能を重視した社会資本 神野直彦 154
   第9章 地域社会の活性化と環境創造 黒川和美 172
   第10章 変化する社会資本の意義 浅子和美 189
第三部 二十一世紀の社会資本ビジョン実現のプロセス
   第11章 社会資本の計画的整備の方策 松谷明彦 208
   第12章 社会資本整備の財源とその評価 吉野直行 229
   第13章 新しい評価システム 金本良嗣 262
終章 二十一世紀の社会資本への提言 屋井鉄雄 285
付録 戦前の社会基盤整備政策の到達点(松浦茂樹) 299
付表 先進国各国の公共投資の推移(1)・(2) 329
資料 公共事業戦後五〇年の変遷 342
社会資本整備研究会 委員一覧 344
筆者一覧 345
はじめに 森地 茂
序論 見えてきた社会資本整備の新しい地平 下河辺淳 1
第一部 戦後五〇年の社会資本整備の到達点と課題
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小杉幸夫著
出版情報: 東京 : コロナ社, 1995.10  vi, 212p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 神経回路システムの概要と研究の視座
   1.1 神経回路とは 1
   1.2 生体内のネットと人工ネット 3
   1.3 人工ニューラルネットの主要な機能 5
   1.4 研究の視座と歴史 7
   演習問題 11
2 神経系の生理とモデル表現
   2.1 ニューロンの発生と分化 12
   2.2 ニューロンの興奮とパルス伝搬 14
   2.3 ニューロン間情報伝達の形態 17
   2.4 脳の発生と分化 19
   2.5 神経系の構成 21
   2.6 神経接続の基本形とその形成要因 29
   演習問題 32
3 記憶と学習のモデル
   3.1 生体内の記憶と学習 33
   3.2 シナプスの可塑性とHebb学習 35
   3.2.1 神経生理学的に見た記憶の階層 35
   3.2.2 神経系の可塑性と学習 35
   3.2.3 シナプスレベルの学習モデル 37
   3.3 連想記憶モデル 38
   3.3.1 動的連想記憶 39
   3.3.2 静的連想記憶 44
   演習問題 50
4 教師つき学習モデル
   4.1 パーセプトロン 51
   4.1.1 パーセプトロンの誤り訂正学習 52
   4.1.2 単純パーセプトロンの限界 55
   4.2 誤差逆伝搬法(error back propagation) 56
   4.3 learning vector quantization(LVQ) 63
   4.4 ラジアル基底関数ネット(RBF) 65
   4.5 多層ネットをめぐる諸問題 68
   演習問題 71
5 誤差逆伝搬法と逆問題
   5.1 ネットワーク・インバージョン 72
   5.2 逆問題解決のためのanswer-in-weights形式 73
   演習問題 82
6 教師なし学習モデルと自己組織化
   6.1 学習における教師の役割 83
   6.2 自己組織化の指導原理と生体機構の合目的性 84
   6.3 教師なしモデルによる情報処理 90
   演習問題 97
7 最適化およびパターン修復問題
   7.1 最適化問題 98
   7.2 パターンの修復 103
   演習問題 105
8 複数ネットによるシステム構成
   8.1 同種ネットの複数構成 106
   8.2 異種ネットの統合 114
   演習問題 117
9 神経回路と情報量
   9.1 層状ネットワークの効率 118
   9.2 連想記憶のメモリ使用効率 123
   演習問題 127
10 制御システムへの応用
   10.1 制御系におけるBPの利用 128
   10.2 ロボット工学への応用 134
   演習問題 140
11 医用・生体計測への応用
   11.1 時系列情報処理 142
   11.2 医用画像処理 147
   11.3 知識情報処理 154
   演習問題 155
12 社会システムと神経回路
   12.1 組織の形成過程 156
   12.2 階層構造の形成と効率 160
   12.3 社会システムにおける問題解決とニューラルネット 162
   12.4 多数のneural agents間の競合と市場形成 164
   演習問題 166
13 神経回路システムの実現と意識のニューロエソロジー
   13.1 神経回路システムの実現方法 167
   13.2 意識のニューロエソロジー 173
   13.2.1 意識を支える脳内機構 174
   13.2.2 意識を構成するネット 176
   演習問題 181
   付録 三層ニューラルネットワークシミュレータプログラム 182
引用・参考文献 193
演習問題略解 204
あとがき 206
索引 207
1 神経回路システムの概要と研究の視座
   1.1 神経回路とは 1
   1.2 生体内のネットと人工ネット 3
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
広瀬茂久著
出版情報: 東京 : 丸善, 1997.2  xiv, 182p ; 22cm
シリーズ名: 基礎化学コース / 井上晴夫 [ほか] 編 ; . 生命化学||セイメイ カガク ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 宇宙の歴史からみた生命 1
   元素の起源 1
   宇宙のはじまり 1
   星は元素の製造工場である 2
   私たちは星の子である 2
   生命とは 3
   炭素と水の性質 3
   この宇宙には地球型生命しか存在しない 3
   生命の定義:DNAをもつこと 4
   分子は語る(生体分子はいかに巧妙にデザインされているか) 5
   分子の世界の宅急便とオングストローム世界のデザイナー 5
   ラジカルの処理と仙人 8
   エネルギーを蓄える(脂肪賛歌) 9
   水を制御する(プロテオグリカン) 10
   分子を収納する(ヒストン) 11
   ゴムより伸びるタンパク質(エラスチン) 12
   コストパフォーマンス(分子の世界の経済学) 13
   のりしろをもったタンパク質 13
   自然も7が好き(アンテナ分子と7本のらせん構造) 13
1章 細胞の種類と構造と働き 17
   1.1 細胞の種類と大きさ 17
   1.2 細胞内小器官 19
   1.2.1 核 19
   1.2.2 粗面小胞体 22
   1.2.3 ゴルジ体 23
   1.2.4 ミトコンドリア 23
   1.2.5 ライソゾーム 26
   1.2.6 パーオキソーム 27
   1.2.7 葉緑体 28
   1.3 その他の構造体 32
   1.3.1 鞭毛・繊毛 32
   1.3.2 神経細胞の軸索 34
   1.3.3 植物の細胞壁 35
   1.3.4 微生物の細胞壁 37
   1.4 細胞の種類と働き 39
   1.4.1 細胞の機能分担 40
2章 細胞膜の構造と機能 45
   2.1 膜を構成する脂質 46
   2.1.1 細胞膜の基本構造 46
   2.1.2 コレステロールの役割 52
   2.1.3 スフィンゴリン脂質 53
   2.1.4 糖脂質 54
   2.1.5 膜脂質のまとめ 55
   2.2 膜タンパク質 55
   2.2.1 膜タンパク質の特徴 55
   2.2.2 糖鎖 56
   2.3 膜反応の特徴 57
   2.4 膜の流動性 57
   2.5 膜の高次機能 58
   2.5.1 エネルギー変換・物質輸送 58
   2.5.2 神経インパルスの伝導 58
   2.5.3 情報の授受・増幅・変換 59
3章 代謝と生命活動 63
   3.1 代謝のみなもと(太陽) 63
   3.2 代謝経路の設計思想 64
   3.2.1 炭素-炭素結合の特徴 64
   3.2.2 反応のレパートリーの拡大 65
   3.2.3 反応効率 68
   3.2.4 部品の共通化 70
   3.2.5 ユニット工法 70
   3.3 反応の種類とメカニズム 74
   3.3.1 β-位切断 74
   3.3.2 カルボキシル化(ABC) 75
   3.3.3 脱炭酸反応(TDD) 75
   3.3.4 転位反応(12R) 77
   3.3.5 メチル化(SAM) 79
   3.3.6 酸化還元反応(NFSH) 79
   3.3.7 加水分解反応 83
   3.4 生体成分の分類と代謝経路の概要 83
4章 糖代謝 87
   糖の定義とグルコースの重要性 87
   4.1 解糖系 92
   4.1.1 リン酸化による活性化 92
   4.1.2 糖骨格の2分割 92
   4.1.3 ATPの合成 92
   4.1.4 解糖系の制御 96
   4.2 発酵 96
   4.2.1 発酵の生理的意義 96
   4.2.2 エアロビクスの利点 96
   4.3 アセチルCoAの合成 97
   4.3.1 ピルビン酸脱水素酵素複合体 97
   4.3.2 アセチルCoAの性質 97
   4.4 クエン酸回路(TCA cycle) 99
   4.4.1 クエン酸の合成 100
   4.4.2 クエン酸の変形 100
   4.4.3 NADHとFADH2の生成 100
   4.4.4 律速過程 101
   4.5 酸化的リン酸化 101
   4.5.1 エネルギー変換工場ミトコンドリア 101
   4.5.2 ミトコンドリアの由来 102
   4.5.3 電子伝達系 103
   4.5.4 ATPの合成 104
   4.5.5 熱発生反応 105
   4.6 エネルギー輸送 105
   4.6.1 ATPの膜透過問題 105
   4.6.2 クレアチンリン酸 106
   4.7 エネルギー消費系 106
5章 脂質代謝 109
   5.1 脂質とは? 109
   5.2 脂肪 109
   5.2.1 脂肪とエネルギーの貯蔵 109
   5.2.2 脂肪の構造 110
   5.3 脂肪酸の生合成 110
   5.3.1 アセチルCoA由来のC2ユニットの重合 111
   5.3.2 アシル基運搬タンパク質 112
   5.4 脂肪酸のβ酸化 113
   5.4.1 脂肪細胞と肝細胞 113
   5.4.2 脂肪酸の輸送法 115
   5.4.3 β酸化の機構 115
   5.5 ケトン体と肝臓の役割 115
   5.6 極長鎖脂肪酸とパーオキソーム 117
   5.7 脂質の輸送と貯蔵 118
   5.8 他の脂質の生合成 118
6章 アミノ酸化謝 121
   6.1 アミノ酸の働き1 121
   6.2 アミノ酸の働き2 121
   6.2.1 タンパク質の寿命 121
   6.2.2 タンパク質の生合成 122
   6.3 必須アミノ酸 124
   6.4 アミノ酸の生合成 125
   6.4.1 アミノ酸の炭素骨格 125
   6.4.2 NH2の由来 125
   6.4.3 窒素代謝とグルタミン合成酵素 126
   6.5 アミノ酸の分解 127
   6.5.1 アンモニアの生成問題 127
   6.5.2 アミノ酸分解の生理的意義 127
   6.6 アミノ酸中の窒素の代謝 128
   6.7 アミノ酸の炭素骨格の代謝 128
   6.7.1 TCAサイクルの借用 128
   6.7.2 グルタミンとアラニンへの変換 128
   6.8 アンモニアの処理法と水環境 130
   6.9 尿素回路 130
   6.10 アミノ酸由来の生体成分 133
7章 ヌクレオチドの代謝 135
   7.1 ヌクレオチドの構造 135
   7.2 RNAワールド 135
   7.3 ペントースリン酸回路 136
   7.3.1 リボースの供給 136
   7.3.2 NADPHの供給 136
   7.4 塩基の合成 137
   7.4.1 プリン環(A,G)の合成 137
   7.4.2 ピリミジン環(C,T,U)の合成 137
   7.5 デオキシリボースの合成 139
   7.6 サルベージ経路による合成 139
   7.7 核酸の生合成と分解 139
   7.7.1 合成 139
   7.7.2 核酸の合成方向 142
   7.7.3 分解 142
8章 ホルモン 143
   8.1 情報ネットワークの概要 143
   8.1.1 多細胞系の調和 143
   8.1.2 制御系の概要 144
   8.2 情報伝達方式 146
   8.3 情報伝達分子 148
   8.3.1 素材の特徴 148
   8.3.2 合成法 150
   8.3.3 化学的性質による分類 150
   8.4 情報伝達機構 151
   8.4.1 細胞表面の受容体の 活性化 151
   8.4.2 遺伝子の転写制御 154
   8.4.3 細胞質内酵素の活性化 154
   8.5 情報の流れと統治形態 155
   8.5.1 中央集権型 156
   8.5.2 中央直轄型 161
   8.5.3 地方分散型 168
索引 175
   [かこみ記事]
   小胞輸送と神経毒 24
   ビタミンと補酵素(Vitamins Are as Important as Love) 66
   ビタミンB1と先入観 76
   Love-me,Love-me-not 88
   色と酸素 94
   金田一少年の事件薄(バイオ編,魔の国立競技場の巻) 108
   クレオパトラの鼻 132
   コーヒーの化学 140
   恋のしくみ 162
   インシュリン物語 166
   インシュリンと糖尿病 170
   学問のすすめ 173
   [図表]
   図1 基質と酵素表面の相補性 7
   図2 ビタミンB12の構造 8
   図3 脂肪の構造 9
   図4 プロテオグリカン(水の粘性制御) 10
   図5 DNAの二重らせんから染色体の構造まで 11
   図6 エラスチン 12
   図7 のりしろをもった新型タンパク質 14
   図8 膜7回貫通型受容体 14
   図1.1 細胞の種類,形,大きさ 18
   図1.2 細胞内小器官の構造と機能 20
   図1.3 葉緑体と光合成反応の概要 31
   図1.4 微小管の構造 33
   図1.5 グルコースのポリマー 36
   図1.6 微生物の細胞壁(ペプチドグリカン層)の構造 38
   図1.7 ユニークな細胞の例 41
   図2.1 リン脂質の構造 46
   図2.2 生体膜の基本構造 48
   図2.3 生理活性脂質の生合成 50
   図2.4 リン脂質由来のセカンドメッセンジャー 51
   図2.5 セリン由来の脂質 54
   図2.6 膜タンパク質 56
   図2.7 神経細胞の働き 59
   図2.8 コレラ毒素の作用機構 60
   図3.1 ヌクレオチドハンドルを有する分子の例 69
   図3.2 C5を単位とするユニット工法の産物 72
   図3.3 C1キャリヤー 73
   図3.4 ビタミンB12の構造と働き 78
   図3.5 酸化還元の補酵素 81
   図3.6 代謝経路の概要(代謝マップ) 84
   図4.1 糖の種類と構造 90
   図4.2 グルコースのポリマー 91
   図4.3 解糖系と発酵 93
   図4.4 ピルビン酸脱水素酵素複合体 98
   図4.5 代謝マップ(アセチルCoAからTCAサイクルまで) 99
   図4.6 ミトコンドリアの構造と酸化的リン酸化 102
   図4.7 チトクロムc酸化酵素とATP合成酵素 104
   図4.8 クレアチンリン酸とアルギニンリン酸の役割 107
   図5.1 脂質代謝の概要 110
   図5.2 脂肪の構造 111
   図5.3 アセチルCoAの輸送と脂肪酸の生合成 112
   図5.4 脂肪細胞とその働き 114
   図5.5 脂肪酸のβ酸化 116
   図6.1 アミノ酸(一文字表記)の合成経路 126
   図6.2 糖の新生(筋肉と肝臓の連携プレイ) 129
   図6.3 アンモニアの処理法 131
   図6.4 尿素回路 132
   図6.5 ヘムと塩基の生合成 133
   図7.1 核酸の基本構造と塩基部分生合成の原料 138
   図8.1 寒さから身を守る 145
   図8.2 カテコールアミンによるグルコースの供給 146
   図8.3 ギャップジャンクション 148
   図8.4 ホルモンの前駆体とプロセッシング 151
   図8.5 受容体とセカンドメッセンジャーを介する情報伝達系 152
   図8.6 ステロイドおよび関連分子の構造と作用機構 155
   図8.7 中央集権的なホルモンの世界 157
   図8.8 ACTH系 158
   図8.9 排卵の準備とLH系 160
   図8.10 中央直轄型とオキシトシン 164
   図8.11 カルシウム調節系 171
   表8.1 単純な情報伝達分子の構造と原料 149
序章 宇宙の歴史からみた生命 1
   元素の起源 1
   宇宙のはじまり 1
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
地震動編集委員会編
出版情報: 東京 : 地盤工学会, 1999.3  116p ; 19cm
シリーズ名: ジオテクノート ; 9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 地震動と地震被害 1
   引用.参考文献 5
第2章 地震波の発生と伝播 7
   2.1 地震波の種類 7
   2.2 発震源と地震動 14
   2.3 層状地盤での地震波の伝播 20
   2.1 層状地盤での表面波 29
   引用.参考文献 35
第3章 地震動の特性 37
   3.1 強震観測 37
   3.2 地震動強さの指標 40
   3.3 地震動特性の支配要因 46
   3.4 震源域での地震動の強さ 59
   引用.参考文献 63
第4章 地震動の予測 65
   4.1 地震動予測の手順 65
   4.2 地震活動度の評価 65
   4.3 地震基盤の設定と地震動の評価 74
   4.4 地盤特性の評価 79
   4.5 予測例 82
   引用.参考文献 84
第5章 耐震設計と入力地震動 87
   5.1 耐震設計の手法 87
   5.2 地震荷重と設計用入力地震動 92
   引用.参考文献 97
付録-1 強震記録の主な入手先 98
付録-2 気象庁震度階級関連解説表 100
付録-3 強大地震動の例 102
付録-4 震度6以上を生じた地震のリスト 104
付録-5 距離減衰式の例 108
索引 115
第1章 地震動と地震被害 1
   引用.参考文献 5
第2章 地震波の発生と伝播 7
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
W・R・ビース著 ; 広瀬幸夫訳
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1990.9  xiv,290p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 緒論 1
   はじめに 1
   1.1 透過過渡状態についての検討 2
   1.2 膜中の微細な不均質性 3
   1.3 バイオセンサと酵素触媒 4
   1.4 生体触媒とバイオリアクター 5
   1.5 化学伝達物質 5
   文献 6
第2章 微細不均一な合成膜における拡散および反応 7
   はじめに 7
   2.1 透過物質の局在化 7
   2.2 ガラス状ポリマーおよび二元輸送モード 11
   2.3 拡散メカニズム 17
   2.4 遅れ時間法 18
   2.5 相互拡散の透過度 20
   2.6 非定常状態の2成分系拡散の公式化 22
   2.7 シミュレーション結果 24
   2.8 実験結果 26
   2.9 ラングミュア型拡散流速の変化 27
   2.10 濃度変化および拡散流速補正 29
   2.11 混合気体拡散の有効拡散定数 30
   2.12 記号と単位 36
   文献 37
第3章 膜における拡散-反応の原理と応用 39
   はじめに 39
   3.1 ガラス状ポリマーの非平衡分子特性 39
   3.2 輸送効果 41
   3.3 履歴依存の吸着および輸送挙動 43
   3.4 分子特性および履歴、時間依存性の分子状態 45
   3.5 前処理したガラス状ポリマーの吸着および輸送挙動 46
   3.6 セルロースアセテート膜の選択透過性 51
   3.7 逆浸透輸送へ応用した二元吸着理論 51
   3.8 ガラス状ポリマーにおける気体および蒸気の濃度依存輸送 56
   3.9 モノマーの局在化 57
   3.10 人間の皮膚を浸透するスコポラミンの徐放 58
   3.11 コラーゲン膜中の巨大分子拡散 58
   3.12 吸着による酵素の固定化 59
   3.13 促進輸送 60
   3.14 包装分野における気体輸送のモデル化 61
   3.15 膜分離プロセスにおける原理とスケールアップ因子の展望 64
   文献 68
第4章 バイオセンサ膜 71
   はじめに 71
   4.1 分析用バイオセンサ膜 71
   4.2 バイオセンサ膜の種類 71
   4.3 バイオセンサ膜の構造と固定化方法 78
   4.4 応答性の基礎 83
   4.5 実用性能と応用例 86
   4.6 1次反応が透過物質の遅れ時間へ及ぼす影響 90
   4.7 生体触媒の空間的分散 91
   4.8 異方性酵素分布 94
   4.9 異方性酵素膜の理論的モデル 94
   文献 98
第5章 酵素と微生物を用いたリアクター 101
   はじめに 101
   5.1 多孔性環状触媒壁をもつバイオリアクター 102
   5.2 リアクターデザインの相対的な性能比較 105
   5.3 動力学的に制御された反応モデル 110
   5.4 菌体を用いたリアクター 113
   5.5 1種類の酵素を利用する固定化菌体リアクター 114
   5.6 固定化菌体リアクターにおいて物質移動が性能に及ぼす影響 114
   5.7 固定化された生菌体システム 116
   5.8 生菌体リアクターの分析 117
   5.9 理想状態のリアクター性能方程式 118
   5.10 二元性コロニーあるいはハイブリッドリアクターの概念 121
   5.11 物質輸送の 考察 123
   5.12 固定化菌体への基質輸送 123
   5.13 膜型バイオリアクターとコラーゲン技術 126
   5.14 膜型バイオリアクターにおける反応と分離の同時性 127
   5.15 実験計画と方向設定 131
   5.16 プロセスの実行性 134
   5.17 記号と単位 135
   文献 137
第6章 嫌気的消化における反応-輸送の共役 141
   はじめに 141
   6.1 細胞中の炭素の流れ 142
   6.2 維持エネルギー 143
   6.3 モデル図の解説 143
   6.4 リアクターの組立 145
   6.5 基質消費期間のモデル式 145
   6.6 ビーズ構造の原因による履歴 147
   6.7 リアクターの力学的説明 148
   6.8 モデルの識別 150
   6.9 パラメーターの推定 153
   6.10 モデルの予測 158
   6.11 モデルの考察 160
   6.12 微細構造効果の考察における分析的体系 160
   文献 161
第7章 酵素生合成における菌体内化学伝達物質輸送の役割 163
   はじめに 163
   7.1 グルコースイソメラーゼの生合成 164
   7.2 誘導酵素生合成:大腸菌におけるβ-ガラクトシダーゼのラクトース誘導 166
   7.3 酵素生合成の調節 167
   7.4 原形質膜を横切るβ-ガラクトシド輸送のモデル化 169
   7.5 モデルの立証と考察 174
   7.6 輸送モデルにおける膜電位差の潜在的な意味 177
   7.7 発酵における誘導物質の輸送 178
   7.8 遺伝子調節 182
   7.9 モデル構成要素 185
   7.10 ケモスタット培養における誘導物質の輸送 187
   7.11 異化(代謝)産物抑制 187
   7.12 異化産物調節因子合成の動力学 189
   7.13 PTSが媒介する菌体内cAMPとラクトース輸送の調節 191
   7.14 アデニル酸シクラーゼ活性の調節 192
   7.15 誘導物質の排除 193
   7.16 モデルの立証 194
   7.17 パラメーターの概算 195
   7.18 ケモスタット培養における定常状態での応答 197
   7.19 誘導物質輸送効果 199
   7.20 ケモスタット培養における一時的な応答 201
   7.21 記号と単位 205
   文献 207
第8章 誘導性組換え菌の培養とそれを用いるバイオリアクター 211
   はじめに 211
   8.1 菌株の育種 212
   8.2 菌体内プラスミドの含有率 215
   8.3 プラスミドコピー数の測定 216
   8.4 固定化菌体の濃度 217
   8.5 懸濁菌体用連続式バイオリアクターの検討 217
   8.6 固定化組換え菌バイオリアクター 219
   8.7 固定化組換え菌バイオリアクターの検討 221
   8.8 遺伝子発現系の概要 223
   8.9 バイオリアクターモデル 225
   8.10 淘汰圧を加味した固定化組換え菌バイオリアクターの定常状態での流動特性 229
   8.11 解析および考察 230
   8.12 記号と単位 237
   文献 238
第9章 細胞間の化学伝達物質の輸送とシナプスの応答 241
   はじめに 241
   9.1 再構成された生体膜中への化学伝達物質の輸送と結合 241
   9.2 コラーゲンの微細構造 242
   9.3 輸送の検討 243
   9.4 シビレエイからの小胞精製と再構成 244
   9.5 再構成された小胞におけるカルバミルコリンで誘導された22Na+とヨウ化アセチルコリンの捕捉能測定法 245
   9.6 等温分解 245
   9.7 小胞の特性 248
   9.8 有効拡散定数と配位子結合効果 250
   9.9 神経筋接合部の膜積層モデル 251
   9.10 神経伝達におけるコリン作動性レセプター 254
   9.11 神経筋接合部における膜輸送/反応プロセス:非平衡モデル 256
   9.12 拡散/酵素動力学モデル 257
   9.13 幾何学的な考察 258
   9.14 終板電位:神経インパルスの興奮と伝導 259
   9.15 部分的な反応速度の調節 260
   9.16 神経インパルス電流の拡張 264
   9.17 振動を取り扱うための簡単な解析 265
   文献 267
第10章 哺乳類の興奮性膜 269
   はじめに 269
   10.1 プルキニェ繊維のイオンチャネルと自律性受容体 270
   10.2 洞房結節のイオンチャネルと自律神経受容体 273
   10.3 正常な自動能に及ぼすβ-アドレナリン作動性の影響 276
   10.4 光受容体 277
   10.5 脳受容体 279
   10.6 おわりに 282
   文献 283
索引 285
第1章 緒論 1
   はじめに 1
   1.1 透過過渡状態についての検討 2
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
徳永健伸著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1999.11  xi, 234p ; 22cm
シリーズ名: 言語と計算 / 辻井潤一編 ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   刊行のことば iii
   はじめに v
第1章 情報検索とは 1
   1.1 情報の蓄積と利用 1
   1.2 情報検索へのアプローチ 5
   1.3 情報検索システムの評価基準 8
   1.4 文献案内 9
第2章 情報検索の基礎 11
   2.1 文書とその表現 11
   2.2 索引付け 15
   2.3 検索質問の表現 33
   2.4 検索質問拡張 36
   2.5 検索モデル 39
   2.6 文献案内 65
第3章 情報検索システムの性能評価 69
   3.1 システムの性能評価の観点 69
   3.2 システムの有効性 71
   3.3 再現率と精度 73
   3.4 その他の評価尺度 82
   3.5 テスト・コレクション 86
   3.6 新しい評価手法 92
   3.7 文献案内 95
第4章 言語処理技術の利用 97
   4.1 言語処理の概要 97
   4.2 言語処理を利用した索引付け 118
   4.3 検索質問拡張とシソーラス 143
   4.4 文献案内 148
第5章 ユーザ・インタラクション 151
   5.1 情報検索システムとユーザ 151
   5.2 適合性フィードバック 154
   5.3 対話による検索 160
   5.4 進化的探索 169
   5.5 エキスパート・システム技術の利用 171
   5.6 情報検索におけるユーザ・インタラクションの設計 178
   5.7 文献案内 181
第6章 情報検索の関連技術 183
   6.1 情報抽出 183
   6.2 テキストの自動要約 187
   6.3 テキストの自動分類 193
   6.4 情報フィルタリング 199
   6.5 文献案内 201
   解説 意味論,語用論,そして知識(辻井潤一) 203
   参考文献 219
   索引 229
   刊行のことば iii
   はじめに v
第1章 情報検索とは 1
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
植松友彦著
出版情報: 東京 : オーム社, 1995.10  ix, 164p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 通信システムの基本的構成
   1. 通信の目的と歩み 1
   2. 通信システムの構成 3
   3. 通信の品質 6
   4. 本書の構成 7
2章 信号波の解析
   1. 周期信号のフーリエ級数展開 9
   2. フーリエ変換 22
   3. フーリエ変換の性質 29
   4. 連続時間システム 32
   演習問題 38
3章 振幅変調
   1. 搬送波と変調 39
   2. 振幅変調 41
   3. AM信号の生成と復調 45
   4. 振幅変調の改良 52
   5. 直交振幅変調 59
   演習問題 61
4章 周波数変調
   1. 角度変調 63
   2. 狭帯域FM 66
   3. 広帯域FM 68
   4. FM信号の電力 71
   5. FM信号の生成 72
   6. FM信号の復調 74
   演習問題 78
5章 アナログ変調と雑音
   1. 確率過程の基礎 81
   2. AMの雑音特性 90
   3. FMの雑音特性 95
   演習問題 101
6章 パルス変調とパルス符号変調
   1. パルス振幅変調 103
   2. 標本化定理 106
   3. パルス符号変調(PCM) 108
   4. 復号化 115
   5. PCM通信における雑音 116
   6. 再生中継 117
   演習問題 119
7章 多重通信方式
   1. 周波数分割多重(FDM) 121
   2. 時分割多重(TDM) 125
   3. スペクトル拡散変調 128
   演習問題 130
8章 通信網
   1. 通信網の構成 131
   2. 交換機の機能と構成 133
   3. スイッチ回路網 134
   4. パケット交換とATM 139
   5. トラヒック理論の基礎 141
   演習問題 146
   演習問題解答 147
   参考文献 156
   索引 157
1章 通信システムの基本的構成
   1. 通信の目的と歩み 1
   2. 通信システムの構成 3
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小杉幸夫著
出版情報: 東京 : 昭晃堂, 1998.3  2, 4, 174p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 序論
   1.1 電気についての予備知識 1
   1.2 回路の分類 4
2 直流回路
   2.1 オームの法則 9
   2.2 キルヒホフの法則 9
   2.3 電圧源と電流源 11
   2.4 回路の簡略化と抵抗回路の計算方法 15
   演習問題 21
3 基本的な定理と電源の表現
   3.1 重畳の理(principle of superposition) 22
   3.2 テブナンの定理(Thevenin's theorem) 23
   3.3 ノートンの定理(Norton's theorem) 26
   3.4 供給電力と消費電力の関係 28
   演習問題 33
4 交流とフェーザ
   4.1 交流信号とは 34
   4.2 回転フェーザ 36
   4.3 静止フェーザ 38
   4.4 コイルの自己誘導と逆起電力のフェーザ表示 41
   演習問題 44
5 イミタンス
   5.1 交流に対するコンデンサの働き 45
   5.2 インピーダンスとアドミタンス 48
   5.3 フィルタの動作 53
   5.4 コイルのQとコンデンサのQ 55
   5.5 インピーダンスブリッジ 57
   演習問題 59
6 共振回路と電力
   6.1 直列共振回路と並列共振回路 61
   6.2 平均電力と複素電力 70
   6.3 イミタンスと複素電力 75
   演習問題 78
7 変成器(トランス)
   7.1 変成器の役割と種類 80
   7.2 相互誘導のフェーザ表記 82
   7.3 理想トランスとインピーダンス整合 85
   7.4 T型等価回路 86
   演習問題 88
8 回路方程式
   8.1 節点方程式(nodal equations) 89
   8.2 グラフ理論の基礎 93
   8.3 回路のグラフ表現 96
   8.4 閉路方程式(loop equations) 99
   演習問題 99
9 2ポート回路
   9.1 2ポートとインピーダンス行列 100
   9.2 アドミタンス行列 102
   9.3 基本行列 104
   9.4 回路の相互接続 106
   9.5 相反定理 110
   9.6 入出力インピーダンスと影像インピーダンス 114
   演習問題 120
10 分布定数回路
   10.1 伝送線路の例とその等価回路表示 121
   10.2 波動方程式の定常解と特性インピーダンス 122
   10.3 不連続点での反射と透過 125
   10.4 駆動点インピーダンス 127
   演習問題 130
11 回路の過渡応答
   11.1 回路動作の微分方程式表現 131
   11.2 ラプラス変換 134
   11.3 簡単な回路の応答例 138
   11.4 周期信号の扱い 141
   演習問題 144
12 送配電と電撃防止
   12.1 三相交流 145
   12.2 電流の生体作用 153
   演習問題 158
   付録1 ラプラス変換表 159
   付録2 公式集 160
   参考文献 163
   演習問題略解 164
   索引 171
1 序論
   1.1 電気についての予備知識 1
   1.2 回路の分類 4
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼