close
1.

図書

図書
大崎順彦著
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 1991.1  xiv,527p ; 27cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
高木幹雄, 下田陽久監修
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1991.1  xxiv, 775p, 図版16p ; 挿図 ; 23cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
奈良康明, NHK取材班責任編集
出版情報: 東京 : 日本放送出版協会, 1991.1  175p ; 29cm
シリーズ名: NHK大英博物館 ; 4
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
高原康彦 [ほか] 編著
出版情報: 東京 : 近代科学社, 1991.1  xi, 286p ; 27cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
D.グリース著 ; 筧捷彦訳
出版情報: 東京 : 培風館, 1991.1  xiv, 365p ; 22cm
シリーズ名: 情報処理シリーズ ; 14
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
田中二郎, 掛谷誠編
出版情報: 東京 : 平凡社, 1991.2  622p ; 22cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
佐藤邦昭編著
出版情報: 東京 : 鹿島出版会, 1991.2  xiii,271p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに
1 複合構造の発想 1
   1.1 構造設計のねらい 1
   1.2 各種構造システム 2
   1.3 柱SRC、はりSの構造システム 6
    (1)構成部財の選択 6
    (2)骨組構成 9
    (3)特徴 12
2 構造計画と耐震設計 15
   2.1 構造計画 15
    2.1.1 構造計画の重要性 15
    2.1.2 構造形式の選定 17
   2.2 耐震設計 17
    2.2.1 耐震設計の基本方針 17
     (1)耐震設計の目標 17
     (2)構造物の靭性と必要保有耐力の関係 18
    2.2.2 耐震設計法概要 19
    2.2.3 一次設計(許容応力度設計) 21
     (1)設計用せん断力 21
     (2)荷重および外力の組み合わせ 24
     (3)許容応力度 25
    2.2.4 二次設計(終局強度設計) 27
     (1)ルート[1] 27
     (2)ルート[2] 28
     (3)ルート[3] 31
     (4)ルート[4] 35
3 部材の設計 37
   3.1 柱の設計 37
    3.1.1 曲げ設計 38
     (1)設計のフロー 38
     (2)設計条件 38
     (3)単純設計累加強度式による設計 38
     (4)鉄骨部分の許容耐力 38
     (5)鉄筋コンクリート部分の許容耐力 40
     (6)一般化累加強度式による設計 40
     (7)終局強度 45
     (8)設計例題 46
    3.1.2 せん断設計 50
     (1)設計のフロー 50
     (2)長期設計 50
     (3)短期設計 51
     (4)安全性の確認 52
     (5)終局強度 52
   3.2 大ばりの設計 53
    3.2.1 非合成ばりの設計 54
     (1)設計のフロー 54
     (2)設計条件 55
     (3)断面の仮定 55
     (4)許容間部応力度fb 55
     (5)曲げ応力に対する安全性の確認 59
     (6)せん断力に対する安全性の確認 59
     (7)組み合わせ応力の検討 61
     (8)幅厚比制限 61
     (9)横補剛 61
     (10)たわみ,振動 62
     (11)終局曲げ耐力 63
     (12)設計例題 64
    3.2.2 合成ばりの設計 66
     (1)設計のフロー 67
     (2)設計条件 67
     (3)断面仮定 67
     (4)スラブの有効幅および有効厚さ 67
     (5)曲げモーメントに対する断面性能 69
     (6)合成ばり設計のための中立軸および断面二次モーメントを求める計算図表 70
     (7)不完全合成ばり 73
     (8)曲げ応力に対する安全性の確認 74
     (9)せん断力に対する設計 74
     (10)スタッドコネクタの設計 74
     (11)たわみ,振動 76
     (12)合成ばりの終局強度 76
     (13)設計例 81
   3.3 デッキプレートとの合成スラブ 86
    (1)設計の前提条件 86
    (2)合成スラブの許容曲げモーメント 86
4 接合部の設計 89
   4.1 柱はり接合部 89
    4.1.1 柱はり仕口部と接合部パネル 90
    4.1.2 柱はり接合部の形式と特徴 91
     (1)基本事項 91
     (2)柱貫通形式とスチフナ方式の違い 91
     (3)はりフランジ貫通形式 92
     (4)高力ボルト引張接合形式 93
     (5)柱鉄骨断面による違い 93
    4.1.3 柱はり間の応力伝達 94
   4.2 接合部パネルの設計 95
    4.2.1 設計方針 95
     (1)構造種別と接合部パネル 95
     (2)設計方針 96
    4.2.2 作用せん断力 96
    4.2.3 許容応力度設計 98
     (1)長期荷重時 98
     (2)短期荷重時 99
    4.2.4 終局せん断耐力 101
    4.2.5 留意事項 102
     (1)鉄骨パネルの体積 102
     (2)はりが偏在している場合 102
     (3)はりに段差のある場合 102
     (4)接合部パネルの補強 103
   4.3 柱はり仕口部の設計 105
    4.3.1 はり材端接合部 105
     (1) 一般的な設計(全強接合) 105
     (2) 許容応力度設計 106
    4.3.2 スチフナの設計 107
     (1)基本的考え 107
     (2)水平スチフナの設計 107
     (3)三角スチフナの設計 109
    4.3.3 保有耐力接合 110
     (1)基本的考え 110
     (2)第一種保有耐力接合と第二種保有耐力接合 111
     (3)α値 112
     (4)接合部の破断耐力 112
     (5)保有耐力接合の検定 113
     (6)計算例 114
    4.3.4 鉄骨断面の穴欠損 115
   4.4 鉄骨ばりの継手 115
    4.4.1 許容応力度設計 115
     (1)存在応力による設計 115
     (2)合成ばりの場合 117
     (3)最小接合 119
     (4)H形鋼の継手板表 120
    4.4.2 全強接合 120
    4.4.3 保有耐力接合 121
     (1)保有水平耐力時の継手部設計応力 121
     (2)接合部の最大耐力 122
     (3)保有耐力接合部の検定 127
   4.5 SRC柱の継手 128
    4.5.1 設計手順 128
    4.5.2 設計用応力 128
     (1)長期設計応力および保有耐力の検定を行う場合の短期設計応力 128
     (2)保有水平耐力の検討を行わない場合の短期設計応力 128
    4.5.3 鉄骨継手の設計 130
     (1)最小接合 130
     (2)許容曲げモーメント 130
     (3)許容せん断力 131
     (4)安全性の検定 131
     (5)全強接合 131
    4.5.4 RC部分の設計 132
    4.5.5 鉄骨継手の耐力が不足する場合 132
     (1)曲げ耐力が不足する場合 132
     (2)せん断力が不足する場合 134
    4.5.6 終局耐力 134
     (1)検討方針 134
     (2)終局曲げ耐力 134
     (3)終局せん断耐力 135
   4.6 柱脚 135
    4.6.1 従来型設計法 137
    4.6.2 非埋込み型柱脚の設計
     (1)累加強度式 137
     (2)鉄骨柱脚部分の許容曲げモーメント 138
     (3)鉄筋コンクリート部分の許容曲げモーメント 139
     (4)鉄骨柱脚部分と鉄筋コンクリート部分の累加の方法 141
     (5)ベースプレートの設計 142
     (6)せん断設計 142
     (7)終局曲げ耐力 143
     (8)終局せん断耐力 145
    4.6.3 埋込み型柱脚の設計 145
     (1)ベースプレート下面の設計応力 145
     (2)ベースプレート下面の設計 146
     (3)一般部の柱として扱える埋込み深さ 147
     (4)終局耐力 147
   4.7 鉄筋の定着および継手 147
    4.7.1 定着長さおよび継手の重ね長さ 147
    4.7.2 カットオフ位置 150
5 実施例 153
   5.1 事務所ビル 153
    5.1.1 建築計画 153
    5.1.2 構造計画 153
    5.1.3 構造設計概要 157
    5.1.4 各部の設計 160
    5.1.5 構造設計図 168
    5.1.6 施工上の特徴 172
   5.2 高層集合住宅 173
    5.2.1 建築計画 173
    5.2.2 構造計画 173
    5.2.3 構造設計概要 177
    5.2.4 各部の設計 180
    5.2.5 構造設計図 185
    5.2.6 施工上の特徴 189
   5.3 各種実施例 191
    5.3.1 階高,積載荷重の大きい多層工場(T工場) 191
    5.3.2 階高,積載荷重の大きい多層倉庫(T配送センター) 194
    5.3.3 大きなスパンのホテル宴会場(Oホテル) 198
    5.3.4 積載荷重,スパンの大きい電算センター(T電算センター) 200
    5.3.5 スパン,積載荷重の大きい駐車場ビル(Iニュータウン) 204
付録 参考資料 208
はじめに
1 複合構造の発想 1
   1.1 構造設計のねらい 1
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
澤岡昭, 西永頌編
出版情報: 東京 : 森北出版, 1991.1  iv, 286p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 マテリアル概論(澤岡 昭) 1
    21世紀を切り開く次世代材料
2 酸化物超伝導体(武居文彦) 17
    第2ラウンドに入った高温超伝導体開発研究
3 シリコン単結晶(千川圭吾) 35
    産業の米LSIを支える,結晶の中の優等生
4 化合物半導体(西永 頌) 53
    次世代半導体のホープ
5 光学結晶(横山 武) 71
    レーザ光を発生し制御する光学結晶
6 アモルファス半導体(清水立生) 87
    実用化が進むアモルファス半導体
7 アモルファス磁性酸化物(藤井壽崇) 103
    新機能性を秘めた未来指向の磁性材料
8 人工格子合金(新庄輝也) 121
    現代の錬金術
9 炭素材料(安田榮一) 137
    最も熱に強く,最も固い素材
10 セラミックス原料の新しい流れ(水谷惟恭) 153
    より高機能化,より 精密化をめざして
11 超塑性セラミックス(若井史博) 171
    「もち」のように伸びる硬いセラミックス
12 構造用セラミックス(神谷純生) 185
    実用化の進む自動車用セラミックス
13 金属複合材料(高橋仙之助) 201
   ー宇宙開発の鍵を握る材料
14 傾斜機能材料(依田真一) 217
    日本が独走する耐熱材料
15 高強度高分子(中山和郎) 237
    着実に力強く進歩する高分子
16 高機能性高分子(田中芳雄) 253
    あらゆる分野に広がる機能性高分子
17 生体高分子と生医学材料(長谷川僚三) 267
    もっとも頼りになる人間の味方
1 マテリアル概論(澤岡 昭) 1
    21世紀を切り開く次世代材料
2 酸化物超伝導体(武居文彦) 17
9.

図書

図書
甘利俊一著
出版情報: 東京 : 読売新聞社, 1991.2  244p ; 19cm
シリーズ名: 読売科学選書 ; 37
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
藤本大三郎著
出版情報: 東京 : 講談社, 1991.2  209,ixp ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-858
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼