close
1.

図書

図書
Ignacio Tinoco, Jr. [ほか] 著 ; 櫻井実 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2015.6  xvi, 513p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序論
第一法則:エネルギーは保存される
第二法則:宇宙のエントロピーは増大する
自由エネルギーと化学平衡
生物物理化学の統計力学的基礎
物理的平衡
電気化学
生体分子の運動
速度論:化学反応速度
酵素反応速度論
分子構造と相互作用:理論
分子構造と相互作用:生体分子
分光学
磁気共鳴
生体高分子の構造とX線回折
序論
第一法則:エネルギーは保存される
第二法則:宇宙のエントロピーは増大する
2.

図書

図書
ベンジャミン・マクファーランド著 ; 渡辺正訳
出版情報: 京都 : 化学同人, 2017.12  xviii, 388p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ヒ素を使う生物?
細胞の中
元素と地球と月の誕生—137〜45億年前
三重点の惑星—45〜38億年前
命のゆりかご:化学のヒント—38〜36億年前
噛み合う歯車—36〜30億年前
太陽のリスクと恵み—30〜20億年前
一歩後退、二歩前進—20〜6億年前
酸素が起こした生命爆発—6〜1.5億年前
よび戻された4元素—6〜0.6億年前〔ほか〕
ヒ素を使う生物?
細胞の中
元素と地球と月の誕生—137〜45億年前
概要: かのグールドは偶然性にとらわれ、生命のテープを巻き戻して再生しても人類が現れる可能性はゼロに近いとみた。けれど著者は、生物が使える元素は地球の地質史が決めたため、何度テープを再生しても、進化はほぼ同じ道をたどると主張する。多様な分野の視点と 先人の研究を踏まえれば、地球に生命が生まれ、体内のしくみを洗練してきた道筋の理解には、化学の原理つまり元素と周期表がカギだと解く—さまざまな要素が交錯する壮大な進化の物語が、ミステリーの謎解きのような面白さで描かれる。 続きを見る
3.

図書

図書
前野正夫, 磯川桂太郎著
出版情報: 東京 : 羊土社, 2016.12  237p ; 26cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
白木賢太郎著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2019.8  v, 168p ; 挿図 : 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : はじめに
2 : 情報伝達と液‐液相分離
3 : タンパク質パラダイムの転換
4 : RNAパラダイムの転換
5 : 細胞内オーガナイザーと場の構築
6 : アミロイドと低分子コントロール
7 : プリオンはなぜ保存されてきたのか?
8 : 細胞内にある物理学
9 : タンパク質溶液の理論とテクノロジー
10 : 新しいタンパク質研究
1 : はじめに
2 : 情報伝達と液‐液相分離
3 : タンパク質パラダイムの転換
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼