close
1.

図書

図書
中山緑朗 [ほか] 編
出版情報: 東京 : おうふう, 2011.3  160p ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
大人の常識研究会編
出版情報: 東京 : 学研パブリッシング , 東京 : 学研マーケティング (発売), 2013.6  383p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 知っていると尊敬される故事成語 : &
ことわざ
2 : 子どもに聞かれても困らない小中学校の国語力
3 : 漢字を知れば頭の回転が速くなる
4 : わかっているようで使い方を知らない慣用句
5 : 日本で独自に進化したカタカナ語
6 : 奥が深い日本語の世界
7 : 人間力がアップする敬語の世界
8 : 品格がある風流な言葉
1 知っていると尊敬される故事成語 : &
ことわざ
2 : 子どもに聞かれても困らない小中学校の国語力
概要: 仕事ができる!文章が書ける!会話が進む!漢字・熟語・故事成語・ことわざ・慣用句・カタカナ語・敬語・時候の言葉が満載!日本人として知らないと恥ずかしい言葉を、やさしく解説した国語力UPの決定版!
3.

図書

図書
北原保雄著
出版情報: 東京 : 勉誠出版, 2011.6  281p ; 20cm
シリーズ名: 北原保雄トークアンソロジー / 北原保雄著
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
日本語倶楽部編
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2013.1  250p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 : 「毎日が東奔西走だ」は、どこが間違い?いつもの言い回しに意外や意外の落とし穴が!
2 : 「手をこまねく」は、どこが間違い?何気ない慣用表現のああカン違い!
3 : 「卒直に言って」は、どこが間違い?その思い込みが命取り。ウソ言葉にご用心!
4 : 「彼はきっと成功しない」は、どこが間違い?この日本語のルールを破ってはいけない!
5 : 「ホンモノ指向」は、どこが間違い?読み方は同じでも正しい熟語はこちら!
6 : 「イスの足が折れる」は、どこが間違い?紛らわしい漢字の使い分け。ここが勘どころだ!
7 : 「部長の決済をあおぐ」は、どこが間違い?社会人たる者の言葉づかい、こんなミスは許されない!
8 : 「末長くお幸せに」は、どこが間違い?礼をつくした文面もこれでは締まらない!
1 : 「毎日が東奔西走だ」は、どこが間違い?いつもの言い回しに意外や意外の落とし穴が!
2 : 「手をこまねく」は、どこが間違い?何気ない慣用表現のああカン違い!
3 : 「卒直に言って」は、どこが間違い?その思い込みが命取り。ウソ言葉にご用心!
概要: 日常の言いまわし、漢字・熟語の読み書き、ことわざの使い方...うっかり間違えがちな日本語表現を徹底チェック。
5.

図書

図書
中村明著
出版情報: 東京 : PHP研究所, 2013.1  223p ; 18cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 語感はコミュニケーションを豊かにする : ことばには意味と語感がある—語感とは何か
なぜ微妙に違うことばがたくさんあるのか ほか
第2章 その一言が相手を不快にしてしまう—ネガティブな語感 : やる気をそぐ・そがないも語感次第
低く評価されることばに人は傷つく ほか
第3章 この一言が人を前向きにさせる—ポジティブな語感 : 「今日も一日“一所懸命”がんばったね」
相手を安心させて自分の信頼度を上げる ほか
第4章 自分の思いをきちんと伝える : 思いをきちんと伝えるための姿勢とは
頼むときは「やってもらえる?」と意思を聞く ほか
第5章 知っておきたい大人の語感 : 目上の人への“ねぎらいのことば”はなかった
切り出しにくい用件には適切な前置きのことばを ほか
第1章 語感はコミュニケーションを豊かにする : ことばには意味と語感がある—語感とは何か
なぜ微妙に違うことばがたくさんあるのか ほか
第2章 その一言が相手を不快にしてしまう—ネガティブな語感 : やる気をそぐ・そがないも語感次第
概要: 「語感」をわきまえた、正しいコミュニケーションのあり方とは?当事者意識が疑われる「仕方ない」、親切のつもりでも誤解されやすい「してあげる」、上司の心証を悪くせずに休暇を願い出るには。最適のひと言をズバリ言う。
6.

図書

図書
宮川俊彦著
出版情報: 東京 : 角川書店 , 東京 : KADOKAWA (発売), 2013.9  220p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
プロローグ : 言語から見る「近代の正体」
1章 : 「サルの壷は見つかったのか」—民話から探る、言語と人間・言語と国家
2章 : 漱石の『草枕』からみる近代の言語政策—作家たちの挑戦
3章 : 二葉亭四迷以来の口語文体—口語化運動と言語政策
4章 : 文部省唱歌と言語政策—『里の秋』がもたらしたもの
5章 : 経済的視点から言語をみる—侍文化から商人文化へ
6章 : 時代・社会の変化と戦後の言語政策—なぜ言語政策はなくなっていったのか
7章 : 言語政策の虚構性—太宰治や戦後の英語教育における「見えない表現」
8章 : 現代の言語政策の方向性—これからの国づくりとは
プロローグ : 言語から見る「近代の正体」
1章 : 「サルの壷は見つかったのか」—民話から探る、言語と人間・言語と国家
2章 : 漱石の『草枕』からみる近代の言語政策—作家たちの挑戦
概要: 知られざる「日本語」の真実。200万人以上に指導した当代一の表現教育者の日本語論。
7.

図書

図書
梅津正樹著
出版情報: 東京 : アスコム, 2013.10  239p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : スポーツ選手が観客に向かって「感動を与えたい」なんて失礼です!—知らないうちに、無礼になっていませんか?
第2章 : 「こだわる」ことで、相手が大迷惑!?—時代が変われば、言葉の意味も変わる
第3章 : 「他人事」の読み方は「ひとごと」と「たにんごと」のどっちなの?—読み方に迷う漢字。答えは1つとは限らない
第4章 : 「数日」って何日のことを指しているの?—人によって、認識が見事にバラバラ...
第5章 : 「あわや、当選」って...。当選って悪いことなの?—言葉には、使える場面と使えない場面がある
第6章 : もしかして、「気が置けない人」を意識しすぎていませんか?—全然違う意味がまかり通っている言葉
第7章 : 「こじゃれた」店を「得意げ」に紹介していませんか?—若者言葉には、許されるものとそうでないものがある
第8章 : 振りまくのは「愛想」と「愛嬌」のどちら?—判断に迷う日本語
第9章 : 「汚名挽回」したら、また怒られますよ!—そんな言葉、存在しません
第10章 : 「耳ざわりのいい音楽」って聞いていて心地良いの?不快なの?—意味を紐解けば、言葉の正否が見えてくる
第11章 : 「手離し」と「手放し」。どちらでよろこべばいいの?—漢字の変換にはご注意を
第1章 : スポーツ選手が観客に向かって「感動を与えたい」なんて失礼です!—知らないうちに、無礼になっていませんか?
第2章 : 「こだわる」ことで、相手が大迷惑!?—時代が変われば、言葉の意味も変わる
第3章 : 「他人事」の読み方は「ひとごと」と「たにんごと」のどっちなの?—読み方に迷う漢字。答えは1つとは限らない
8.

図書

図書
成田秀夫著 ; ネットワーク・ラーニング・センター編
出版情報: 東京 : 丸善プラネット , 東京 : 丸善出版 (発売), 2012.9  ix, 188p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 聴くスキル
第2章 : 読むスキル
第3章 : 話すスキル
第4章 : 調べるスキル
第5章 : 考えるスキル
第6章 : 書くスキル
第7章 : レポート作成のスキル
第8章 : プレゼンテーションスキル
第1章 : 聴くスキル
第2章 : 読むスキル
第3章 : 話すスキル
概要: 6つの日本語スキル「聴く」「読む」「話す」「調べる」「考える」「書く」と、それらを総合的に用いる「レポート作成」「プレゼンテーション」。8つのスキルが大学で学び、社会にでるあなたの基礎力を高めます。
9.

図書

図書
工藤力男著
出版情報: 大阪 : 和泉書院, 2012.10  vi, 223p ; 20cm
シリーズ名: 和泉選書 ; 174
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ゲッキョク駐車場
におい彷徨
いかれた人はいただけます
ありにけり
八ツ場ダム
受診と聴取
詫びる?詫びない?日本人
接辞の陥穽
聞きまつがい
きらやか銀行
むかし・いにしえ
版づらの論理と美学
ゲッキョク駐車場
におい彷徨
いかれた人はいただけます
概要: ダムの「八ツ場」は、なぜヤンバと読まれるのか。「月ぎめ」の駐車場は、なぜ「月極」と書かれるのか。桜が「本日に」咲いたのはほんとうか。—日常のありふれた言語風景なのに、これまで論ぜられることのなかった問題を、さまざまの視点から考える十二章。
10.

図書

図書
金田一秀穂著
出版情報: 東京 : 日本文芸社, 2012.11  221p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
春のことば
夏のことば
秋のことば
冬のことば
昔からのことば
このごろのことば
春のことば
夏のことば
秋のことば
概要: 春・夏・秋・冬。一年でめぐる季節のことば。懐かしく、使わないでいるのは惜しい、昔からのことば。時代の風を感じさせる、このごろのことば。国語学者・金田一秀穂教授が、語源や意味など、ことばを通して日本人の豊かな感性を解説。
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼