close
1.

図書

図書
布施英利文・写真 ; 上山明博解説
出版情報: 東京 : 東京書籍, 1999.4  285p ; 19cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
山元大輔著
出版情報: 東京 : 羊土社, 1999.1  140p ; 19cm
シリーズ名: ひつじ科学ブックス ; HB13
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
レスリー・J・ロジャース著 ; 長野敬, 赤松眞紀訳
出版情報: 東京 : 青土社, 1999.6  229, 17p ; 20cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
石浦章一編集
出版情報: 東京 : 羊土社, 1999.7  124p ; 28cm
シリーズ名: イラスト医学&サイエンスシリーズ
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
生田房弘編著
出版情報: 東京 : クバプロ, 1999.9  359p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   序 Foreword 3
   刊行にあたって Preface 4
   著者略歴と連絡先 Contributors 13
第I章 歴史的序論 A historical introduction of historlogical studies of neuroglial cells 17
   1. Glia細胞の分類―その現段階 17
   2. Gla細胞認識の史的展望―形態学的側面 18
   3. Glia細胞と血液脳関門―生理学・生化学的側面 27
   文献 33
第II章 Glia細胞の発生と分化 Genesis and differentiation of glial cells 37
   はじめに 37
   1. Glia細胞の概念の確立 38
   2. Glia細胞の機能の古典論 39
   3. Glia細胞機能研究の新たな展開 40
   4. 神経系初期細胞発生学研究の歴史 42
   A. 中枢神経系細胞発生学の始まり―His(ヒス)の2元論―
   B. Schaperの不偏細胞説とBaileyの髄芽細胞
   C. Glia細胞発生学のカオスの時代
   5. 中枢神経系の新しい細胞発生学誕生の前夜 48
   6. 第1期マトリックス細胞の均一性 50
   7. 神経細胞とglia細胞の分化の時期 50
   8. いつglia系細胞は分化するのか 51
   9. 初期神経系発生における血管細胞の増殖 52
   10. ボールダー委員会の決議 54
   11. ボールダー委員会から現時点へ向けてのglia細胞発生学の展開 56
   12. Glia細胞発生についての新しい考え方 59
   13. Oligodendrogliaの発生と分化 60
   14. O-2A前駆細胞 61
   15. レトロウイルスによる遺伝子マーキングによる研究 62
   16. 組織培養による細胞系譜の直接観察 63
   17. Microgliaとは何か 64
   18. 脳内マクロファージの起源とmicrogliaの由来 64
   A. Microgliaの間葉細胞由来説
   B. マクロファージの血球由来説
   C. 極端な汎単球論―Microgliaとマクロファージのすべてが単球に由来するという説―
   19. Microgliaとマクロファージを区別する細胞マーカーの研究の歴史 69
   A. 免疫組織化学的マーカー(ポリクローナル、モノクローナル抗体)
   B. クレチン染色
   20. Microgliaと単球由来マクロファージに共通する細胞マーカー 71
   21. 静止型microgliaは血液単球とまったく関係がないという確実な証拠 72
   22. Microgliaの機能 73
   A. 免疫系のネットワークとしての炎症・自己免疫病における機能
   B. 脳のエイズウイルス感染やアルツハイマー病における役割
   C. 逆行性変性とシナプス変性における役割
   D. Glia細胞のreserve cellとしての機能
   23. 正常脳に存在するmicrogliaの本体 78
   24. 成体の脳におけるglia細胞の幹細胞 80
   25. O-2A細胞とmicroglia 82
   まとめ 83
   文献 84
第III章 Astroeyteの形 Morphotogy of astrocytes from a phylogenelic viewpoint 主に系統発生からみた 佐々木 宏 89
   はじめに 89
   1. 無尾両生類のastrocyte 91
   A. 分布
   B. 光学顕微鏡像
   C. 血管構築像
   D. Astrocyteの細胞体と血管分布との関係
   E. 血管の微細構造
   F. Astrocyteと血管との関係
   G. 脳表面glia境界膜
   H. 結論
   2. 哺乳類のastrocyte 98
   B. 血管構築
   C. 光学顕微鏡像
   D. 終足
   3. 今後の問題点 107
   A. Astrocyteと神経細胞との接触様式
   B. サブタイプ
   C. Assembly
   文献 109
第IV章 Astrocyte Astrocyte:Neuropathological viewpoint 主に病気からみた 平野 朝雄 111
   はじめに 111
   1. 正常構造 112
   2. 病変 117
   A. 核の変化
   B. Astrocyteの膨化(Swelling)
   C. Hypertrophic astrocyte(最大星状膠細胞)
   D. Fibrillary gliosis(線維性グリオーシス)
   E. Astrocyteの封入体
   1) Corpora amylacea
   2) Rosenthal fiber
   3) Astrocyteの細胞質内好酸性封入体
   4) Glial fibrillary tangles
   5) Grumoseまたはfoamy spheroid bodies
   6) SOD1陽性のhyalin inclusion
   7) Astrocyteに包まれたoligodendroglia
   F. SOD1陽性のhyalin inclusion
   3. おわりに 129
   文献 130
第V章 Astrocyteのmitosisとその移動運動 Astrocytes:Mitosisi and locomotion 生田 房弘 133
   はじめに 133
   1. 病巣組織内でのastrocyteのmitosis 134
   A. 病的脳組織内でのastrocyteのmitosisについての観察
   B. 光顕下での細胞分裂の形態的変化
   C. 病的組織内での分裂astrocyteの光顕・電顕所見
   D. 1980年代までの動物およびヒト剖検例でのmitosisの記載と考察
   2. Astrocyteの移動運動、in vitroでの観察 144
   A. 細胞周期によるastrocyteの形態変化
   B. Astrocyteの移動運動
   Glia細線維の役割
   C. 細胞分裂・移動能と脳
   1) 脳の形成と細胞移動運動
   2) 脳病巣の機能修復にはたすastrocyteの分裂と移動運動
   3) Gliomaの浸潤性発育と細胞移動運動
   D. Astrocyteの移動運動からみた脳の発生と病的状態
   文献 153
第VI章 中枢の髄鞘形成細胞、oligodendroglia 鈴木 衣子 155
   はじめに 155
   1. Oligodendrogliaの起源(gliogenesis)とその分化 155
   A. オーストラジオグラフィの手法と超微形態検索を併用した古典的研究
   B. 発生段階に特異的なマーカーを使用したoligodendrogliaの文化の研究
   2. Oligodendrogliaの機能と形態 158
   3. Oligodendrogliaのいわゆる特異的マーカーについて 163
   A. 髄鞘形成細胞(OligodendrogliaおよびSchwann細胞)に特異的な酵素
   1) 2',3'-Cyclic nucletide3'-phosphodicsterase(CNP)
   2) UDP-galactose : Ceramide galactosyltransferase(CGT)
   3) Glutathione-S-transferase(GST)
   4)Carbonic Anhydrase(CA)
   B. Oligodendrogliaおよび髄鞘に特異的な脂質
   C. Oligodendrogliaおよび髄鞘に特異的な蛋白質
   4. Oligodendrogliaの変病について 167
   A. 遺伝性髄鞘疾患における変化
   B. Oligodendrogliaの外的要因に対する反応
   C. 多発性硬化症にみられるoligodendrogliaの変化
   D. 神経変性疾患にみられるoligodendrogliaの変化
   おわりに 174
   研究の進展
   今後の問題点
   文献 175
第VII章 Microglial cells : Primary responders to panthology in the CNS G.W.Kreutzberg & M.B.Graeber 179
   Introduction 179
   1. Resting microglia 179
   2. Microglial activation 180
   3. The facial nerve models 180
   4. Are microglia cytotoxic cells? 184
   5. The microglial immune network of the CNS 185
   6. Role of microglia in human diseases 186
   Code 188
   References 188
第VIII章 上衣 Ependyma 山鳥 崇 191
   1. 上衣とは 191
   2. 上衣細胞の形態 191
   A. 脳室壁の上衣細胞
   B. 脈絡叢の上衣細胞
   C. タニサイト(tanycyte)
   D. 脳室周囲器官の上衣細胞
   1) 脳弓下器官(subfornical organ)
   2) 終板器官(vascular organ of the lamina terminalis)
   3) 正中隆起(median eminence)
   4) 交連下器官(subcommissural organ)
   5) 最終野(area postrema)
   3. 上衣細胞の機能 196
   A. 中枢神経系の支持および保護
   B. 発生、分化、成長、再生
   C. 物質の合成と分泌
   D. 物質の吸収と移送および隔離・解毒
   E. 髄液の駆動
   4. 上衣上構造物 202
   A. 上衣上細胞
   1) 神経系の細胞
   2) 大食細胞
   3) その他の白血球性の細胞
   B. 細胞以外の上衣上構造物
   1) 髄液接触神経細胞の突起
   2) 神経線維
   5. 上衣下層 204
   A. 神経細胞
   B. 神経膠細胞
   C. 未分化な細胞
   文献 206
第IX章 脳病巣の修復とastrocyte Brain lesion repair and activity of astrocyte 生田 房弘 211
   はじめに 211
   A. 脳病巣の修復過程研究への歩み
   B. Astrocyteの占める位置
   C. 脳腫瘍、脳腫脹の重要性
   1. 成熟正常脳内での病巣修復過程 215
   A. 神経細胞変性とastrocyte腫脹の時期
   B. 血液脳関門の破綻と浮腫液の細胞外間隙への貯留
   C. 細胞外間隙に貯留した浮腫液の意義: : それは「間」か?
   D. Astrocyteの細胞分裂と移動能
   E. 病巣修復の完結、astrocyteの再披覆による機能修復
   F. 脳病変の種類と程度についての比較
   G. 病巣修復過程におけるNerve Growth Factor(NGF)とグルタミン合成酵素(GS)
   2. 肝性脳症、成熟脳での病巣修復 226
   3. 未熟な胎児脳での病巣修復 227
   A. 第II期の胎児脳内における病巣の修復
   B. 胎生第I期の胎児脳内での病巣修復
   C. 脳発生の第III期における脳病巣の修復
   D. 胎児脳病巣組織に容積増大は生じない
   E. 胎児脳ならびに胎児脳病巣とNGF
   4. 修復機序とastrocyteのまとめ 236
   あとがき 237
   文献 238
第X章 脳の発生とastrocyte細胞外間隙、migrationそしてsynapseの機能発現からみた Brain development and astrocytes 生田 房弘 241
   はじめに 241
   A. 観察の視点
   B. 観察材料
   1. 正常な胎児脳の形成過程 242
   2. 第I期に見られる所見 242
   A. 脈絡差(choroid plexus)の形成 : 特異なエネルギー供給のしくみ
   3. 第II期に見られる所見 247
   A. 胎児脳における広大な細胞外間隙(マトリックス)の存在
   1) 細胞外間隙を満たす細胞外液中の血清蛋白
   B. Neuroblastの移動運動の観察
   C. 細胞移動のガイドラインradial fiberとその消長
   4. 第II期から第III期への移行 256
   A. 脳重の推移について
   B. シナプス機能の発現とastrocyte
   文献 263
第XI章 各種の病的状態でastrocyteが示した態度 Astrocytes in various pathological condition 生田 房弘 265
   はじめに 265
   1. 正常脳組織内のastrocyte 265
   A. 形態的特徴
   2. 反応性(reactive astrocyte)の貪食能 267
   3. Creutzfeldt-Jakob(CJD)やSSPEなどの反応性astrocyteの増殖能 269
   4. 腫瘍性astrocyteと神経細胞 270
   5. Astrocyteの突起の形態と螺旋構造 271
   A. 成熟した正常あるいは反応性astrocyteの突起
   B. 腫瘍性astrocyteの突起
   C. 発育期にある正常なglioblastの突起
   D. 反転螺旋状突起の意味するもの
   6. Glia細胞の細胞骨格異常ないしGlial inchusion 277
   7. 肝機能障害とastrocyte 278
   文献 279
第XII章 Glia細胞が産生する神経栄養因子 neurotyophic factors produced by glia 古川 昭栄 281
   1. 神経栄養因子とは 281
   2. 神経栄養因子の産生、作用様式の多様性 281
   A. 軸索内逆行性輸送
   B. 自己産生・応答
   C. 樹状突起からの取り込み
   D. Glia細胞による神経栄養因子の産生
   3. ニューロトロフィンファミリー 284
   A.NGF 1)AstrocyteによるNGF合成と細胞増殖
   2)脳損傷とNGF
   3)Astrocyteにおける産生調節
   a)細胞成長因子
   b)サイトカイン(cytokine)
   c)低分子化合物
   4)遺伝子の発現調節機構
   5)種々のglia細胞によるNGF産生
   B.BDNF 1)構造
   2)生理機能
   a)末梢神経
   b)中枢神経
   3)成熟脳における発現・分布
   4)Astrocyteにおける発現とその調節
   C.NT-3 1)構造と生理機能
   2)発現とその調節
   3)成熟脳における発現
   D.海馬における興奮性ニューロン死とニューロトロフィン発現―Astrocyteの役割―
   1)遅延性ニューロン死
   2)遅延性ニューロン死とニューロトロフィン
   a)NGF
   b)BDNF
   3)カイニン酸によるニューロン死とニューロトロフィン
   4)培養Astrocyte細胞内のニューロトロフィン免疫活性
   4. FGFファミリー 300
   A.aFGF(FGF-1)
   1)脳の発達とaFGFの発現
   2)小脳形成不全ラット脳とaFGF
   3)培養Astrocyte、ニューロンによる産生とその調節
   a)Astrocyte
   b)ニューロン
   B.bFGF
   5. CNTF/LIFファミリー 304
   A.CNTF 1)生理作用
   2)生体内分布と発現調節
   3)受容体
   B.LIF
   6. GDNF 307
   A.発現分布
   B.受容体の発現・分布
   C.培養astrocyteにおける発現とその調節
   7. IGFファミリー 308
   A.構造と生理機能
   B.Astrocyteでの発現
   8. ADNF 309
   9. GMF 309
   10. グリオスタンチン 310
   おわりに 310
   文献 311
第XIII章 Schwann細胞 Schwann cells 渡部 和彦 317
   はじめに 317
   1. Schwann細胞の発生文化とmyelin形成 317
   A.Schwann cell precursorからembryonic Schwann cellへ
   B.Embryonic Schwann cellからmyelin-forming-forming Scwann cellとnon-myelin-forming-Schwann cellへの分化
   C.Schwann細胞の分化と転写因子
   D.Myelin形成にかかわる因子
   E.Myelin形成不全
   2. Schwann細胞に関与する増殖因子・神経栄養因子 324
   A.Schwann細胞の増殖に関与する因子
   B.Schwann細胞の産生する神経栄養因子
   3. Schwann細胞と病変の修復・再生 328
   A.末梢神経病変におけるSchwann細胞の役割
   B.神経の再生におけるSchwann細胞の役割
   おわりに 330
   文献 330
   索引 Index
   和文索引 338
   欧文索引 349
   序 Foreword 3
   刊行にあたって Preface 4
   著者略歴と連絡先 Contributors 13
6.

図書

図書
養老孟司 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 青土社, 1999.8  262p ; 20cm
シリーズ名: 養老孟司対談集
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
悲鳴を上げる身体 / 鷲田清一, 養老孟司 [対談]
唯幻論と唯脳論 / 岸田秀, 養老孟司 [対談]
男と女の系統発生 / 団まりな, 養老孟司 [対談]
脳は脳をどう見ているか / 大森荘蔵, 養老孟司 [対談]
脳の形式を見る / 池田清彦, 養老孟司 [対談]
形とは何か / 金子務, 養老孟司 [対談]
生のリアリティ / 中村雄二郎, 養老孟司 [対談]
動きと形 / 林静一, 養老孟司 [対談]
サルから見えるもの、死体から見えるもの / 河合雅雄, 立花隆, 養老孟司 [談]
脳と身体 / 養老孟司 [執筆]
悲鳴を上げる身体 / 鷲田清一, 養老孟司 [対談]
唯幻論と唯脳論 / 岸田秀, 養老孟司 [対談]
男と女の系統発生 / 団まりな, 養老孟司 [対談]
7.

図書

図書
生田哲著
出版情報: 東京 : 講談社, 1999.10  183, vip ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1269
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼