close
1.

図書

図書
清宮博著 ; 電子通信学会編
出版情報: 東京 : 電子通信学会, 1974.12  vii, 344p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
J.K.ライス, J.R.ライス共著 ; 細井勉, 関本年彦, 佐藤雅彦共訳
出版情報: 東京 : サイエンス社, 1974.5  3冊 ; 22cm
シリーズ名: サイエンスライブラリ情報電算機 ; 22-24
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
佐々木彬夫,多田碩佳共著
出版情報: 東京 : 共立出版, 1976.12  iv, iii, 203p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
コンピュータ周辺端末装置編集委員会編
出版情報: 東京 : ラテイス , [東京] : 丸善(発売), 1973.11  615p ; 22cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
山下英男 [等] 編
出版情報: 東京 : コロナ社, 1976  1071p ; 22cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
深尾毅, 豊田淳一著
出版情報: 東京 : 産業図書, 1972  313p ; 22cm
シリーズ名: コンピュータ・サイエンス・シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 電力系統の概要 1
   1.1 電力系統の特徴 1
   1.2 系統を構成する諸要素 2
   1.2.1 発電設備 2
   1.2.2 輸送設備 6
   1.2.3 運用設備 8
   1.3 系統連系,系統構成 9
   1.4 電力系統における諸問題 12
   1.4.1 系統運用に関する諸問題 12
   1.4.2 系統開発拡充計画(設計)に関する諸問題 13
2. 電力潮流問題 15
   2.1 はじめに 15
   2.2 グラフ理論からの準備 17
   2.2.1 諸定義,諸性質 17
   2.2.2 行列による表現 21
   2.2.3 インピーダンス,アドミタンス行列 25
   2.3 電力潮流問題の解法 28
   2.3.1 電力潮流問題 28
   2.3.2 解法における3つの流れ 32
   2.3.3 反復法 33
   2.3.4 ニュートン・ラフソン法 50
   2.4 電力回路網問題の特徴と諸性質 56
   2.4.1 電力回路網の特徴 56
   2.4.2 プス・アドミタンス行列のまばらさ(sparsity) 58
   2.4.3 プス・アドミタンス行列の不安定性 60
   2.4.4 線形連立方程式に対する反復法の収束性 63
   2.4.5 反復法の誤差推定 68
   2.5 諸方法の比較 76
   2.5.1 諸方法の間の関係と収束性 76
   2.5.2 例 78
   2.5.3 比較 83
   付録I 第2.3.3.e項のi.におけるZ1,Z2,Z3,Z4の導出 90
   付録II ニュートン・ラフソン法の収束性 92
   付録III 十分大きなkに対するMkの形 95
   付録IV Msの正則非負性 95
3. 大規模回路網の問題点と対策 99
   3.1 大規模回路網における限界と安定化対策 99
   3.1.1 回路網のサイズの限界 99
   3.1.2 計算安定化の方法 101
   3.2 ブロック反復法 105
   3.3 ダイアコプテックス 109
   3.4 分解型ブス・インピーダンス法 117
   3.5 最適順序消去法 122
   3.5.1 消去法と因子行列分解 122
   3.5.2 帯行列化とブロック対角行列化 127
   3.5.3 準最適順序づけ 131
   3.6 回路網の最適分解 132
   3.6.1 ダイアコプテックスにおける必要メモリ数と計算量 133
   3.6.2 一様分布回路網の性質 135
   3.6.3 一般の電力回路網の場合 136
   3.6.4 問題の一定式化 138
   3.6.5 逐次ダイナミック・プログラミング法 139
   3.6.6 グラフの方法 141
   付録I (2-2)の証明 147
   付録II (2-4)の証明 147
4. 電力系統における装態推定法 151
   4.1 はじめに 151
   4.2 状態推定の方法 152
   4.2.1 静的システムの状態推定 153
   4.2.2 動的システムの状態推定 159
   4.3 電力潮流の状態推定 168
   4.3.1 近似モデルと状態推定 169
   4.3.2 状態推定法とニュートン・ラフソン法の比較 175
   4.3.3 大規模システムにおける計算法の改善策 177
   4.3.4 数値例 180
   4.4 状態推定法による負荷予測 184
   4.4.1 負荷予測のための基本モデル 185
   4.4.2 負荷予測の実際 189
   4.4.3 ごく短期負荷予測の応用と問題点 197
   4.5 状態推定法による流量予測 199
   4.5.1 河川出水のための基本モデル 199
   4.5.2 パラメータHnの最適化と流量予測 201
   4.5.3 実施例 神奈川県相模川水系への適用 203
   4.6 むすび 206
   付録I 共分散行例 208
   付録II 2次形式の最小化 209
   付録III 行列の等式 209
5. 電力系統の経済運用 213
   5.1 はじめに 213
   5.2 電力損失と増分損失 214
   5.2.1 損失方程式 214
   5.2.2 損失最小の条件 220
   5.2.3 増分損失 223
   5.3 火力系の短期間経済運用 225
   5.3.1 送電損失を無視した場合 225
   5.3.2 送電損失を考慮する場合 229
   5.3.3 ダイナミック・プログラミングによる解法 231
   5.3.4 発電所の並列決定を含む場合 234
   5.3.5 起動停止を含む場合 235
   5.4 水火力系の短期間経済運用 238
   5.4.1 水位変動の影響のない場合 238
   5.4.2 送電損失の考慮,並列発電所決定の問題など 242
   5.4.3 水位変動を考慮する場合 243
   5.4.4 貯水量制約を考慮する場合 246
   5.4.5 連接水系発電所群を含む場合 250
   5.5 貯水池運用 256
   5.5.1 はじめに 256
   5.5.2 決定論的貯水池運用問題 258
   5.5.3 確率論的貯水池運用問題 264
   5.5.4 適応貯水池運用問題 268
   付録I 第5.4.3項式(5.86),(5.87)の誘導 273
   付録II 水火力系における火力系の等増分率法則の成立 276
   付録III 循環行列の性質 277
   付録IV ダイナミック・プログラミングを適用しうるための十分条件 278
   付録V 平均出力による"等価負荷"の導入妥当性 279
6. セキュリティ・コントロール 283
   6.1 セキュリティ・コントロールの概要 283
   6.1.1 セキュリティ・コントロールとはなにか 284
   6.1.2 電力系統の3状態と多レベル構造 286
   6.1.3 セキュリティ・コントロールの流れ 289
   6.2 セキュリティ・コントロールの構能:そのソフトウエア 291
   6.2.1 情報収集・警報システム 292
   6.2.2 正常状態における予防制御 295
   6.2.3 緊急状態,回復状態の制御 298
   6.3 セキュリティ・コントロールの構成:そのハードウエア 300
   6.4 セキュリティ・コントロールの今後の問題 304
索引 309
1. 電力系統の概要 1
   1.1 電力系統の特徴 1
   1.2 系統を構成する諸要素 2
7.

図書

図書
谷口博著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 1976.5  iv, 132p ; 22cm
シリーズ名: サイエンスライブラリ情報電算機 ; 34
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
B.ゴールド, C.M.レイダー著 ; 石田晴久訳
出版情報: 東京 : 共立出版, 1972.12  10, 288, 3p ; 22cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
萩原宏著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1971.1  2, 6, 208p ; 22cm
シリーズ名: 電子計算機通論 / 萩原宏著 ; 2
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
萩原宏著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1971.10  3, 8, 206p ; 22cm
シリーズ名: 電子計算機通論 / 萩原宏著 ; 3
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼