close
1.

図書

図書
J.Crangle著 ; 白鳥紀一, 溝口正共訳
出版情報: 東京 : 丸善, 1979.3  xvi, 222p ; 22cm
シリーズ名: 固体物性シリーズ ; 6
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
三木鉄夫編
出版情報: 東京 : 森北出版, 1979.2  4, 5, 213p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
W. フリューゲェ著 ; 後藤学訳
出版情報: 東京 : ブレイン図書出版, 1979.2  xi, 203p ; 22cm
シリーズ名: 理工学海外名著シリーズ ; 30
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
ジャン・ボードリヤール著 ; 今村仁司, 塚原史訳
出版情報: 東京 : 紀伊國屋書店, 1979.10  322p ; 20cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
柴田和雄 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 学会出版センター, 1979.8-1979.11  2冊 ; 23cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
高良和武, 菊田惺志著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1979.1  152p ; 21cm
シリーズ名: 物理工学実験 ; 10
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
坂田勝著
出版情報: 東京 : 共立出版, 1979.9  v, 261p ; 22cm
シリーズ名: エンジニアリング・サイエンス講座 / 川上正光 [ほか] 編 ; 11
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
西山静男 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 1979.4  ix, 255p ; 22cm
シリーズ名: 大学講義シリーズ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 音波の物性と音響用語
   1.1 音波 1
   1.2 音圧,粒子速度,体積速度 3
   1.3 音響インピーダンス 4
   1.4 機械インピーダンス 5
   1.5 音の強さ 5
   1.6 音圧レベル,音の強さレベル 6
   1.7 音響パワー,音響パワーレベル 7
   1.8 音の大きさ,音の大きさのレベル 8
   1.9 騒音レベル 8
   1.10 デシベルの計算 9
   1.11 音波の伝搬 11
   1.11.1 距離減衰 11
   1.11.2 音波の吸収 12
   1.11.3 音波の反射・屈折 12
   1.11.4 音波の回折 14
   1.11.5 吸音としゃ音 14
   演習問題 16
2 聴覚と音声
   2.1 聴覚機構 17
   2.1.1 外耳 17
   2.1.2 中耳 18
   2.1.3 内耳および聴神経系 19
   2.2 聴覚の心理特性 20
   2.2.1 可聴範囲 20
   2.2.2 弁別限 21
   2.2.3 音の大きさおよび高さ 23
   2.2.4 マスキング 24
   2.2.5 両耳効果 26
   2.3 発声機構 27
   2.3.1 発声器官 27
   2.3.2 声帯振動および声道の特性 27
   2.4 音声の物理特性 28
   2.4.1 母音と子音 28
   2.4.2 音声勢力 30
   2.4.3 長時間平均スペクトル 31
   2.5 口と耳による品質評価 31
   2.5.1 正調通話レスポンス 31
   2.5.2 明りょう度 33
   2.5.3 AENおよびRE 37
演習問題 39
3 波動理論
   3.1 波動方程式 40
   3.1.1 連続の方程式 40
   3.1.2 運動の方程式 42
   3.1.3 気体の法則 42
   3.1.4 波動方程式 43
   3.2 一次元における波動方程式の解 45
   3.3 平面進行波 47
   3.4 閉管中の音波 49
   3.5 球音源 53
   3.6 音源の指向特性 56
   3.6.1 二重音源 57
   3.6.2 直線配列音源と線音源 59
   3.6.3 ダプレット音源 61
   3.6.4 剛壁上のピストン音源 63
   3.6.5 指向性利得 64
   3.7 音源の放射インピーダンス 65
   3.8 音波の回折 68
   3.9 音響ホーン 69
演習問題 73
4 機械振動系
   4.1 単振動 74
   4.2 一自由度系の自由動振 77
   4.3 一自由度系の強制振動 80
   4.4 弾性体の振動 83
   4.4.1 弦の振動 83
   4.4.2 棒の縦振動 85
   4.4.3 棒の横振動 86
   4.4.4 膜の振動 90
   4.4.5 板の振動 93
演習問題 94
5 電気・機械・音響系の対応
   5.1 等価回格 95
   5.2 機械素子 96
   5.2.1 質量要素 96
   5.2.2 機械コンプライアンス 98
   5.2.3 機械抵抗 100
   5.3 音響素子 100
   5.3.1 音響質量 100
   5.3.2 音響コンプライアンス 102
   5.3.3 音響抵抗 103
演習問題 104
6 電気・機械・音響変換
   6.1 電気音響変換器の分類 105
   6.2 変換理論 106
   6.2.1 動電変換 106
   6.2.2 電磁変換 108
   6.2.3 磁気ひずみ変換 113
   6.2.4 静電変換 113
   6.2.5 圧電変換と電気ひずみ変換 115
   6.2.6 抵抗変化変換 117
   6.3 変換方式と等価回路 118
   6.3.1 電磁方式の等価回路 119
   6.3.2 静電方式の等価回路 123
   6.4 制御方式 126
   6.4.1 変換の分解 126
   6.4.2 抵抗・質量およびスチフネス制御 126
演習問題 128
7 マイクロホンと 送話器
   7.1 音響→電気変換器の分類 130
   7.1.1 受音から電気出力までの変換 130
   7.1.2 指向特性による分類 131
   7.2 一般的性質 131
   7.2.1 感度 131
   7.2.2 指向特性 132
   7.2.3 自由音場における形状の影響 133
   7.3 マイクロホンと送話器各論 133
   7.3.1 動電圧力マイクロホン 134
   7.3.2 静電圧力マイクロホン 136
   7.3.3 炭素送話器 140
   7.3.4 音圧傾度マイクロホン 142
   7.3.5 単一指向性マイクロホン 144
   7.4 マイクロホン感度の測定 146
   7.4.1 標準器との比較 146
   7.4.2 標準器の校正 147
演習問題 147
8 受話器とスピーカ
   8.1 電気→音響変換器の分類 149
   8.2 受話器各論 150
   8.2.1 受話器の一般的性質 150
   8.2.2 電磁受話器 152
   8.3 スピーカ各論 154
   8.3.1 分類 154
   8.3.2 一般的性質 155
   8.3.3 直接放射振動板の一般的性質 155
   8.3.4 動電直接放射スピーカ 159
   8.3.5 バフルとキャビネット 165
   8.3.6 スピーカ用ホーンの特性 166
   8.3.7 ホーンスピーカの構造と特性 169
   8.4 バイブロメータ 171
   8.5 受話器・スピーカ感度の校正 173
   8.5.1 周波数レスポンス 173
   8.5.2 相互校正法 173
演習問題 176
9 騒音とその制御
   9.1 騒音の影響 178
   9.2 騒音の発生 180
   9.3 騒音の評価 183
   9.3.1 騒音レベル 183
   9.3.2 等価騒音レベル 185
   9.3.3 PNL 185
   9.3.4 SIL,NC曲線 186
   9.3.5 NRN 189
   9.3.6 EPNL,WECPNL 191
   9.4 騒音測定法 195
   9.4.1 騒音レベルの測定 196
   9.4.2 周波数分析 201
   9.4.3 残響時音の測定 204
   9.4.4 透過損失の測定 207
   9.5 騒音防止対策 208
   9.5.1 音源対策 208
   9.5.2 伝搬経路対策 210
   9.5.3 消音器 213
   9.5.4 吸音材料 216
   9.5.5 防振 219
   9.6 振動測定法 220
演習問題 225
10 超音波とその応用
   10.1 超音波の性質 227
   10.2 電気-機械変換材料とその性質 229
   10.2.1 磁気ひずみ材料 230
   10.2.2 圧電材料 230
   10.2.3 電気ひずみ材料 231
   10.3 超音波振動子 232
   10.3.1 磁気ひずみ振動子 232
   10.3.2 電気ひずみ振動子 233
   10.3.3 固体伝送体付き振動子 235
   10.4 強力超音波の応用 235
   10.4.1 気体中での応用 235
   10.4.2 液体中での応用 236
   10.4.3 固体への応用 236
   10.5 超音波の通信的応用 238
   10.5.1 超音波による計測 238
   10.5.2 超音波による通信とシミュレーション 239
   10.6 超音波を用いた電子回路部品 240
   10.6.1 フィルタ 240
   10.6.2 遅延線 240
   10.6.3 弾性表面波デバイス 240
演習問題 242
演習問題解答
参考文献
索引
1 音波の物性と音響用語
   1.1 音波 1
   1.2 音圧,粒子速度,体積速度 3
9.

図書

図書
エリノア・ラティモア著 ; 原もと子訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 1979.7  viii, 310p, 図版 [2] p ; 18cm
シリーズ名: 東洋文庫 ; 358
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
礒野謙治編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1979.7  xii, 257p ; 22cm
シリーズ名: 大気環境の科学 / 山本義一監修 ; 2
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼