close
1.

図書

図書
デカルト著 ; 野田又夫譯
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1950  143p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青-93,4016
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
デカルト著 ; 落合太郎訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1967.3  230p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 5038-5039, 青-207, 青(33)-613-1
所蔵情報: loading…
概要: すべての人が真理を見いだすための方法を求めて、思索を重ねたデカルト(1596‐1650)。「われ思う、ゆえにわれあり」は、その彼がいっさいの外的権威を否定して到達した、思想の独立宣言である。近代精神の確立を告げ、今日の学問の基本的な準拠枠を なす新しい哲学の根本原理と方法が、ここに示される。 続きを見る
3.

図書

図書
デカルト著 ; 桂寿一訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1964.4  180p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青-380,6671-6672,青(33)-613-3
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
スピノザ著 ; 吉田量彦訳
出版情報: 東京 : 光文社, 2014.5  2冊 ; 16cm
シリーズ名: 光文社古典新訳文庫 ; [KBス1-1], [KBス1-2]
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 預言について
第2章 : 預言者について
第3章 : ヘブライ人たちの「お召し」について。また預言とは、ヘブライ人たちだけに独自に与えられた贈り物だったかについて
第4章 : 神の法について
第5章 : さまざまな儀礼が定められた理由について。また、歴史物語を信じることについて。つまり、そういう物語を信じることはどういう理由で、また誰にとって必要なのかについて
第6章 : 奇跡について
第7章 : 聖書の解釈について
第8章 : この章では、モーセ五書やヨシュア記、士師記、ルツ記、サムエル記、列王記は本人の著作ではないことを示す。その後これらすべてについて、著者は複数いたのか、一人だけだったのか、また誰だったのか探究する
第9章 : 同じ各巻について、別の問題が取り上げられる。エズラはこれらの巻に最終的な仕上げを施したのか、またヘブライ語の聖書写本に見られる欄外の書き込みは異本の読みだったのか、といった問題である
残りの旧約聖書各巻が、既に取り上げられた各巻と同じ仕方で検証される
使徒たちはその「手紙」を使徒や預言者として書いたのか、それとも教師として書いたのか、ということが考察される。さらに、使徒たちの役割とはどういうものだったかが明らかにされる
神の法が記された本当の契約書について。聖書はなぜ聖なる書物と呼ばれ、なぜ神の言葉と呼ばれるのかについて。そして最後に、聖書は神の言葉を含む限りにおいて、損なわれることなくわたしたちまで伝えられた、ということが示される
聖書は単純きわまりない教えしか説いていないこと、ひとびとを服従させることだけが聖書の狙いであること、そして聖書は神が本来どういうものであるかについては、ひとびとがそれを見習って生き方の指針にできるようなことしか説いていないことが示される
信仰とは何か。信仰のある人とはどのような人か。信仰の基礎になることが決められ、最終的に信仰が哲学から切り離される
神学が理性に奉仕するのでも、理性が神学に奉仕するのでもないことについて。そしてわたしたちが聖書の権威を認める理由について
国家体制の基礎について。個人のもつ自然な権利と、市民としての権利について。そして至高の権力の持ち主たちの権利について
至高の権力にすべてを引き渡すことは誰にもできないし、その必要もないことが示される。ヘブライ人たちの国家体制はモーセの存命中、その死後、王たちを選ぶ前はそれぞれどうなっていたかについて。この国家体制の優れていた点について。そして最後に、この神による国家体制が滅びた原因や、存続している間もさまざまな反逆にさらされずにはいられなかった原因について
ヘブライ人たちの国家体制と歴史物語から、いくつかの政治的教訓が引き出される
宗教上の事柄にまつわる権利は、すべて至高の権力の持ち主たちの管理下にあることが示される。正しい形で神に奉仕したいなら、宗教上の礼拝活動は国の平和と両立するように行わなければならないのである
自由な国家体制では、誰にでも、考えたいということを考え、考えていることを口にすることが許される、ということが示される
第1章 : 預言について
第2章 : 預言者について
第3章 : ヘブライ人たちの「お召し」について。また預言とは、ヘブライ人たちだけに独自に与えられた贈り物だったかについて
概要: 現代において重要性を増す“危険な”思想家スピノザの神髄。「思想・言論・表現の自由」をどう守り抜くか?『エチカ』と並ぶスピノザの主著、70年ぶりの待望の新訳!<br />『エチカ』と並ぶスピノザの代表作、ついに新訳なる。破門と禁書で封じられた 危険な哲学者スピノザの“過激な”政治哲学!「国家は自由のためにある」 続きを見る
5.

図書

図書
スピノザ [著] ; 畠中尚志訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1951.9-1951.10  2冊 ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青-145-146,4277-4281
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
畠中尚志訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1958.12  445p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青-290, 青(33)-615-7, 5995ー5998
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
デカルト著 ; 三木清譯
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1949.10  167p ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青-23,3948-3949,青(33)-613-2
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
スピノザ[著] ; 畠中尚志訳
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1975.1-1975.3  2冊 ; 15cm
シリーズ名: 岩波文庫 ; 青(33)-615-4, 5
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
ルネ・デカルト [著] ; 三宅徳嘉, 小池健男訳
出版情報: 東京 : 白水社, 2005.6  148p ; 18cm
シリーズ名: 白水Uブックス ; 1082
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
ルネ・デカルト著 ; 山田弘明訳
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2006.3  306p ; 15cm
シリーズ名: ちくま学芸文庫
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼