close
1.

図書

図書
ジョー・シュワルツ著 ; 栗木さつき訳
出版情報: 東京 : 主婦の友社, 2002.5  329, xiiip ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
本橋登編著 ; 東裕 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 学文社, 2002.5  318p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
中島利誠編著 ; 石黒純一 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 光生館, 2002.5  vii, 175p ; 26cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
飯出良朗著
出版情報: 東京 : 文芸社, 2002.7  684p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 3
I.化学.物理に共通な基礎 7
   1. たし算と掛け算 8
   2. 小数の計算 8
   3. 分数の計算 12
   4. 等式について 25
   5. 式の変形 28
   6. 比例計算 31
   7. 反比例計算 41
   8. パーセント(百分率)(記号%) 45
   9. 累乗 58
   10. 単位 60
   11. 温度と熱 93
   12. 物体と物質 107
   13. 方向と向き 108
II.化学の基礎 111
   1. 元素と原子 112
   2. 元素記号(原子記号ともいう) 115
   3. 元素の周期表 118
   4. 原子とその構造 120
   5. 物質の分類 186
   6. 化合物の表わし方 191
   7. 原子量 198
   8. 分子量および組成式量 205
   9. モル(記号mol) 209
   10. 気体 219
   11. 物質の変化 238
   12. 溶液 279
   13. 電離 288
   14. 酸、塩基、塩 309
   15. 中和 315
III.物理の基礎 333
   1. 密度 334
   2. 力 358
   3. 圧力 412
   4. 浮力 452
   5. 電気 462
   6. 物体の運動 551
   7. 仕事 631
   8. エネルギー 644
   9. 管内の流体の流れ 663
付録 670
参考図書 674
索引 676
はじめに 3
I.化学.物理に共通な基礎 7
   1. たし算と掛け算 8
5.

図書

図書
朽津耕三著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.9  iv, 79p ; 21cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
井上祥平著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2002.10  vi, 173p ; 22cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
野村正勝, 小松満男, 町田憲一編
出版情報: 吹田 : 大阪大学出版会, 2002.7  ix, 160p ; 26cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
篠崎開 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 東京教学社, 2002.3  vi, 182p ; 26cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
新田昌弘著
出版情報: 岡山 : 大学教育出版, 2001.9  162p ; 26cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
中川邦明 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2001.11  vii, 168p ; 21cm
シリーズ名: 科学技術入門シリーズ ; 5
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
茅幸二他著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2001.6  xix, 212p ; 23cm
シリーズ名: 岩波講座現代化学への入門 / 岡崎廉治 [ほか] 編 ; 18
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
増井幸夫, 谷本幸子共著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2001.7  vi, 178p ; 19cm
シリーズ名: ポピュラーサイエンス ; 234
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 2001.7  178, xip ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1336
所蔵情報: loading…
14.

図書

図書
山岡望著
出版情報: [東京] : 内田老鶴圃新社, 1966  344p ; 19cm
シリーズ名: 化學史談 / 山岡望著 ; 5
所蔵情報: loading…
15.

図書

図書
野依良治著
出版情報: 東京 : 朝日新聞社, 2002.3  169p ; 19cm
シリーズ名: 朝日選書 ; 697
所蔵情報: loading…
16.

図書

図書
太田博道 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 実教出版, 2002.3  vi, 240p ; 26cm
シリーズ名: 生命科学のための基礎シリーズ
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
渡邊隆著
出版情報: 東京 : 化学工業日報社, 2001.2  13, 325p ; 22cm
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
廣田襄, 梶本興亜編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2001.9  viii, 214p ; 21cm
所蔵情報: loading…
19.

図書

図書
物化學同好會編
出版情報: 東京 : 廣川書店, 1943.1  1冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
20.

図書

図書
山崎昶編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2003.3  v, 181p ; 21cm
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
豊田正武, 田島眞編
出版情報: 東京 : 丸善, 2003.3  viii, 114p ; 26cm
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
下井守, 村田滋著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2005.3  vii, 290p ; 21cm
シリーズ名: 大学生のための基礎シリーズ ; 3
所蔵情報: loading…
23.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2004.9  viii, 164p ; 22cm
シリーズ名: わかる化学シリーズ ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第Ⅰ部 化学の生い立ち
1章 化学って何だろう? 3
    1.すべては分子 4
    2.魅力的な分子 7
    3.活動する分子 8
    4.変化する分子 10
2章 原子は分子をつくる小字宙 13
    1.原子の正体 14
    2.原子核はエネルギーの宝庫 16
    3.原子の世界は不連続 18
    4.電子はどのように存在するのか 21
    5.電子はマンション住まい 21
    6.電子の引っ越し 24
    7.原子の住所録 27
   コラム 原子の双子,三つ子 15
   コラム 元素の性質 30
第Ⅱ部 分子の素顔
3章 分子の誕生 33
    1.分子をつくる力 34
    2.金属は原子の積み重なり 35
    3.食塩はプラスとマイナスの握手 36
   4.水素分子は原子同士の握手 37
   5.いろいろな形の分子ができる理由 40
   6.分子のプロフィール 42
   7.分子の単位 44
4章 身のまわりの分子 47
   1.小さな有機分子 48
   2.有機化合物には顔と体がある 50
   3.分子のマジック--酒,酢,除光液 52
   4.生活に役立つ分子 54
   5.食卓にある分子 56
   6.ケーキやシャツになる分子 59
   7.微量で活躍する分子 61
   8.救急箱の中身 63
    コラム 異性体 51
5章 集団の分子 67
   1.引き合う分子 68
   2.液晶は結晶と液体の中間 69
   3.膜をつくる分子 71
   4.シャボン玉をつくる分子 73
   5.ガラスは崩れた結晶 76
   6.身のまわりの高分子 77
    コラム 洗たく 74
    コラム 吸水性高分子 80
第Ⅲ部 分子の行動
6章 躍動する分子 83
   1.気体分子の行動と温度,圧力 84
   2.反応の速さの表し方 85
   3.反応にはエネルギーが必要である 86
   4.分子のもつエネルギー 88
   5.分子は無秩序を好む 90
   6.反応の進む方向はどのように決まるのか 92
   7.平衡はつり合い 94
   8.集団の分子におけるエネルギーと速度 96
    コラム マクスウェル・ボルツマン分布 98
7章 変身する分子 99
   1.変身する水分子 100
   2.分子を溶かす水分子 101
   3.膜を通りぬける分子 103
   4.酸や塩基になる分子 105
   5.中和する分子--酸と塩基の反応 107
   6.酸化・還元する分子 109
   7.電池をつくる分子 112
    コラム 燃料電池 115
第Ⅳ部 人間と化学
8章 生命と化学 119
   1.DNAは遺伝の暗号 120
   2.複雑な立体構造をもつタンパク質 122
   3.変幻自在な細胞膜 125
   4.神経はどのようにして情報を伝えるのか 126
   5.酵素は生きた触媒 127
   6.ATPはエネルギーの貯蔵庫 129
   7.疾病 : がんの発生と消滅 130
    コラム ヒトゲノム計画 122
9章 環境と化学 133
   1.化学物質の二面性 134
   2.大気と化学物質 137
   3.地球温暖化と化学物質 138
   4.海洋と化学物質 141
   5.エネルギーと化学 142
   6.リサイクルとリユース 145
   7.グリーンケミストリー 146
    コラム 原子力発電 144
10章 最先端の化学 149
   1.分子を超えた分子 150
   2.動く分子ロボット 151
   3.超伝導を実現する 152
   4.磁石になる分子 154
   5.人工ワクチン 154
   6.人工臓器 156
    コラム バックミンスターフラーレン 158
   索引 161
第Ⅰ部 化学の生い立ち
1章 化学って何だろう? 3
    1.すべては分子 4
24.

図書

図書
松田勝彦著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2011.1  174p, 図版ivp ; 24cm
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
梅本宏信編 ; 植田一正 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 培風館, 2011.2  vii, 171p ; 26cm
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
田嶋和夫 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2011.12  xiv, 233p ; 21cm
所蔵情報: loading…
27.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 2
所蔵情報: loading…
28.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 3
所蔵情報: loading…
29.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 4
所蔵情報: loading…
30.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 5
所蔵情報: loading…
31.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 6
所蔵情報: loading…
32.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 7
所蔵情報: loading…
33.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 8
所蔵情報: loading…
34.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 9
所蔵情報: loading…
35.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 10
所蔵情報: loading…
36.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 11
所蔵情報: loading…
37.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 12
所蔵情報: loading…
38.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 13
所蔵情報: loading…
39.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 14
所蔵情報: loading…
40.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 15
所蔵情報: loading…
41.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVD1枚 ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 16
所蔵情報: loading…
42.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 17
所蔵情報: loading…
43.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 18
所蔵情報: loading…
44.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 19
所蔵情報: loading…
45.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 20
所蔵情報: loading…
46.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 21
所蔵情報: loading…
47.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 22
所蔵情報: loading…
48.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 24
所蔵情報: loading…
49.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 25
所蔵情報: loading…
50.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 26
所蔵情報: loading…
51.

コンピュータファイル

コンピュータファイル
created and produced by the Educational Film Center, University of Maryland and the Annenberg/CPB project
出版情報: [東京] : 丸善, c1992  DVDディスク1枚 (30分) ; 12cm
シリーズ名: Maruzen audiovisual library ; . ホフマンの化学の世界||ホフマン ノ カガク ノ セカイ ; 23
所蔵情報: loading…
52.

図書

図書
姫野貞之, 内野隆司共著
出版情報: 東京 : 学術図書出版社, 2011.10  iv, 151p ; 26cm
所蔵情報: loading…
53.

図書

図書
長谷川正, 國仙久雄, 吉永裕介共著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2011.11  viii, 165p ; 26cm
所蔵情報: loading…
54.

図書

図書
日本薬学会編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2011.11  120p ; 26cm
シリーズ名: プライマリー薬学シリーズ / 日本薬学会編 ; 3 . 薬学の基礎としての化学||ヤクガク ノ キソ トシテノ カガク ; 1
所蔵情報: loading…
55.

図書

図書
中川徹夫著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2010.10  ix, 104p ; 26cm
所蔵情報: loading…
56.

図書

図書
伊藤明夫著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2010.10  viii, 154p ; 26cm
所蔵情報: loading…
57.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 羊土社, 2010.3  164p ; 26cm
シリーズ名: バイオ研究者がもっと知っておきたい化学 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 バイオ研究と化学溶液論 7
    水と水分子の性質は同じとは限らない 8
    細胞内はコロイド溶液 11
    酸・塩基はH +の放出と受容 14
    酸化・還元は電子の移動 16
    生命活動の鍵を握る錯体 18
第Ⅰ部 溶液の基本的な性質
 1章 物質の三態-分子1個では見えない性質 21
    物質の状態-固体、液体、気体の特性 22
    状態図-温度と圧力で変化する 25
    三態以外の状態-液晶とは何か 28
    会合状態-分子膜、細胞膜を支える基本構造 33
    水の状態-会合が水の溶解力の源 37
 2章 溶解と溶液の基本-溶けるとは何か 39
    物質の基本量 40
    似たものは似たものを溶かす 43
    溶解度-溶ける量は条件で変化する 45
    溶媒和-溶けるという現象の正体4 49
    溶液がもつ圧力 53
 3章 コロイド溶液の化学-生体内はコロイドだらけ 59
    コロイドの構造 60
    コロイドの種類 63
    コロイドの光学的性質 67
    コロイドの電気的性質 70
    コロイドの動的性質 72
    コロイドの安定性 75
第Ⅱ部 反応性を左右する溶液の特性
 4章 酸・塩基-溶液の性質を決めるもの 79
    酸・塩基の定義 80
    酸・塩基の性質 83
    酸性酸化物と塩基性酸化物 85
    酸性・塩基性とpH 87
    酸・塩基解離定数-酸・塩基の強弱を表す指標 90
 5章 中和反応と塩の性質-緩衝液のしくみ 93
    中和と塩 94
    塩の性質-酸・塩基の強さで決まる 96
    緩衝作用-pH が変化しにくい理 99
    中和滴定-反応の終了点をどう知るか 102
第Ⅲ部 酸化・還元からみた溶液の性質
 6章 酸化・還元-レドックスの基礎 105
    酸化・還元の基本 106
    酸化・還元は酸素以外でも起こる 109
    酸化数でみる酸化・還元 111
    酸化剤と還元剤 113
    イオン化傾向 116
 7章 溶液の電気的性質-生体における電子の移動 119
    電池と酸化・還元 120
    膜電位のしくみ 123
    膜電位による情報伝達-味覚を例に 125
    光合成における電子伝達系 129
    等電点と電気泳動 132
第Ⅳ部 生体と無機反応
 8章 錯体の性質と反応-キレートの魅力 135
    錯体の構造 136
    錯体の結合とエネルギー 140
    錯体の色彩 143
    錯体の磁性 145
    錯体の反応と安定性 148
 9章 生命現象と無機化学 153
    バイオと無機化合物 154
    酸素運搬に働く錯体 156
    錯体の医薬品への応用 159
参考図書 161
索引 162
コラム
   超臨界状態の利用法 27
   液晶テレビ 32
   過冷却 58
   身の回りのコロイド 66
   食品の酸性と塩基性 86
   身近で活躍する塩 98
   酸化剤と酸 115
   さまざまな電池 122
序章 バイオ研究と化学溶液論 7
    水と水分子の性質は同じとは限らない 8
    細胞内はコロイド溶液 11
58.

図書

図書
Alan Jones著 ; 原博, 荒井貞夫訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2010.4  xii, 266p ; 21cm
所蔵情報: loading…
59.

図書

図書
安藤達彦著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2011.3  viii, 125p ; 26cm
所蔵情報: loading…
60.

図書

図書
有機合成化学協会編
出版情報: 東京 : 化学工業日報社, 2011.3  vii, 276p ; 21cm
所蔵情報: loading…
61.

図書

図書
田島眞編著 ; 麻生慶一 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 建帛社, 2011.4  vii, 156p ; 26cm
所蔵情報: loading…
62.

図書

図書
枝窪俊輔著
出版情報: 京都 : 現代数学社, 2010.11  vii, 285p ; 19cm
所蔵情報: loading…
63.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
水谷広著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2010.4  viii, 92p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
0 指数・対数
   基本事項 1
    便利な数学 1
    指数表現の定義 1
    指数の計算則 2
    指数を用いた数の表記 2
    対数の定義 2
    対数の計算則 2
    常用対数と自然対数 3
   演習問題 3
1 有効数字・科学表記
   基本事項 6
    測って得られる数値 6
    有効数字 6
    有効桁数 7
    科学表記 7
    計算と有効数字 7
    定数を含む計算 8
    計算途中の数値処理 8
   演習問題 8
2 単 位
   基本事項 11
    国際単位系 11
    組立単位の表し方 12
    単位のない量 13
    SIと併用される単位 13
    接頭語 14
   演習問題 14
3 原子量
   基本事項 19
    元素と元素記号 19
    元素の分類 19
    原子のつくり 20
    元素と原子 20
    原子の表し方 21
    原子量 21
   演習問題 23
4 化学式と分子量・式量
   基本事項 26
    物質とは 26
    化学式 26
    化学式の種類 27
    分子量・式量 28
   演習問題 28
5 物質量「モル」
   基本事項 32
    一粒一粒が大事 32
    アボガドロ定数 32
    原子量・分子量とモル 33
   演習問題 33
6 原子の電子配置
   基本事項 37
    原子中での電子の役割 37
    電子の状態 38
    電子配置(電子の席順) 38
    4つの量子数(席番号) 38
    量子数の物理的意味 38
    軌道の表し方 39
    電子が着席するルール 39
    エネルギー準位の並び 39
    周期律と周期表 40
    電子配置の表し方 40
    不対電子 40
    価電子と電子式 41
   演習問題 42
7 化学結合と物質の形
   基本事項 44
    化学結合 44
    結合エネルギー 44
    共有結合(電子対結合) 45
    共有結合の特徴 : 電気的な偏り 45
    共有結合の特徴 : 向きがある結合 46
    分子軌道 47
    σ結合とπ結合 47
    軌道の混成 48
    いろいろな混成軌道 48
    配位結合 49
    錯体 50
    配位数 50
    水素結合 50
    イオン結合 51
    金属結合 51
    ファン・デル・ワールス力 51
    疎水結合 51
    同素体 52
    異性体 52
   演習問題 53
8 化学反応式
   基本事項 57
    化学反応式 57
    反応式の特徴 57
    実際に起きている反応 58
    反応の種類 58
   演習問題 59
9 光とエネルギー
   基本事項 63
    光 63
    光の特徴 64
    物質によるエネルギーの吸収と放出 : スペクトル 64
    光の吸収・放出と電子の状態 64
   演習問題 65
10 結合エネルギーと反応熱
   基本事項 68
    エネルギー保存則 68
    反応熱 68
    反応で変わるのは化学結合 69
    化学反応の熱と結合エネルギーの関係 69
    各種反応熱とヘスの法則 70
    生成熱を求める 70
   演習問題 71
11 濃 度
   基本事項 74
    濃度とは 74
    溶けているとは 74
    溶かすときに使う用語 74
    溶解度 75
    濃度の定義 75
    希釈(薄める) 76
   演習問題 76
12 反応速度と化学平衡
   基本事項 80
    反応の速さについての経験式 80
    化学反応と平衡 80
    平衡定数 81
    化学平衡の一般式と平衡定数 81
    平行移動の法則 82
    化学平衡と速度定数の関係 82
    遷移状態 : 反応途中のモデル 83
    アレニウスの経験式の解釈 83
   演習問題 85
索引 87
〈別冊〉 87
    解答例 別冊1
    演習問題解説 別冊9
0 指数・対数
   基本事項 1
    便利な数学 1
64.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 東京 : 学会出版センター, 1999.11  ix, 258p ; 26cm
シリーズ名: 季刊化学総説 ; No.43
所蔵情報: loading…
65.

図書

図書
『化学』編集部編
出版情報: 京都 : 化学同人, 1999.5  175p ; 26cm
シリーズ名: 別冊化学
所蔵情報: loading…
66.

図書

図書
吉村忠与志著
出版情報: 東京 : サイエンスハウス, 1999.11  viii, 209p ; 21cm
所蔵情報: loading…
67.

図書

図書
菟原逸朗著
出版情報: 札幌 : 北方出版社, 1948.9  5, 170, 13p ; 18cm
シリーズ名: 理學モノグラフ ; 9
所蔵情報: loading…
68.

図書

図書
米山正信著
出版情報: 名古屋 : 黎明書房, 1998.1  207p ; 21cm
シリーズ名: 化学のドレミファ / 米山正信著 ; 4
所蔵情報: loading…
69.

図書

図書
久保田勉之助編
出版情報: 東京 : 山海堂出版部, 1933.4  2, 10, 326, 4p, 図版1枚 ; 23cm
所蔵情報: loading…
70.

図書

図書
L.A.フォード, E.W.グルンドマイア著
出版情報: 東京 : 白揚社, 1999.4  191p ; 21cm
所蔵情報: loading…
71.

図書

図書
青木芳彦著
出版情報: 東京 : 丸善, 1928.10  3,10,523,28p ; 23cm
所蔵情報: loading…
72.

図書

図書
長谷川正編著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1997.11  x, 126p, 図版1枚 ; 19cm
シリーズ名: ポピュラーサイエンス
所蔵情報: loading…
73.

図書

図書
坪村宏著
出版情報: 京都 : 化学同人, 1997.11  viii, 229p, 図版 [2] p ; 21cm
所蔵情報: loading…
74.

図書

図書
盛口襄, 野曽原友行著
出版情報: 東京 : 新生出版, 1998.9  183p ; 21cm
所蔵情報: loading…
75.

図書

図書
『化学』編集部編
出版情報: 京都 : 化学同人, 1999.12  175p ; 26cm
所蔵情報: loading…
76.

図書

図書
山崎昶著
出版情報: 東京 : 裳華房, 1998.11  v, 120p ; 19cm
シリーズ名: ポピュラーサイエンス
所蔵情報: loading…
77.

図書

図書
好野雄著
出版情報: 東京 : 大明堂書店, 1948.4  2, 5, 382p ; 21cm
所蔵情報: loading…
78.

図書

図書
指宿堯嗣, 上路雅子, 御園生誠編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2007.11  xii, 458p ; 22cm
所蔵情報: loading…
79.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
水野直治, 水野隆文共著
出版情報: 東京 : 産業図書, 2007.10  ix, 187p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき
Ⅰ 物質は何からできているか 1
   1.物質とはなにか 1
   2.原子 2
   1)原子の基準 2
   2)原子の大きさ 3
   3)電子殻 4
   3.元素 5
   1)原子番号は陽子の数であり,元素の種類を示し,原子量は陽子と中性子で決まる。 5
   2)同位体 5
   3)同位体の応用 6
   4.分子 9
   5.イオン 10
   6.周期表 10
   1)周期表は化学の道しるべ 10
   2)周期表の族は外殻の電子数と化学的性質を示すバロメータ 12
   3)化学反応 13
   7.無機化合物の命名法 15
Ⅱ 化学のための記号と計算法 l7
   1.記号 17
   1)ギリシャ文字 17
   2)SI単位の接頭語 18
   2.指数計算 20
   1)指数の累乗(べき) 20
   2)指数の掛け算と割り算 20
   3)数の1乗と0乗 21
   4)指数法則 21
   5)対数 22
   3.モル(mol)とモル濃度(M)の計算法 23
   1)アボガドロ数を基準とした、mol(量)とM(濃度) 23
   2)気体の比重の求め方 24
   4.イオン反応とラジカル反応の違い 24
   5.物質の三態 25
   6.規定濃度 27
   7.ppm,ppb,ppt 28
   8.溶解度積の原理 28
   1)イオン積(水の溶解度積) 28
   2)難溶性化合物の溶解度積 29
   3)共通イオン効果 29
   9.主要な用語 30
   1)化学用語 30
   2)環境問題 32
Ⅲ 酸とアルカリ 35
   1.酸とは何か 35
   1)酸の定義 35
   2)水素イオン濃度のpスケール表示 36
   2.酸の解離 36
   3.緩衝作用 38
   1)炭酸水素イオンの緩衝作用 38
Ⅳ 酸化と還元 41
   1.酸化還元とは電子のやりとり 41
   1)電子の放出は酸化,受け取りが還元 41
   2)鉄はゆっくり燃えて酸化する 43
   2.熱力学の3法則 44
   1)熱力学第1法則 44
   2)熱力学第2法則 45
   3)熱力学第3法則 45
   3.酸化還元とフィールドの問題 47
   1)メタンの生成 47
   2)酸化還元と生物-食べ物は酸化してエネルギーを出す48
   3)活性酸素-多量の酸素は毒である 48
   4)硫酸酸性塩土壌-海の底にたまったイオウ 50
Ⅴ 物質の溶ける原理 53
   1.溶けるとはどのようなことか 53
   1)バリウムと毒性 53
   2)上下水道の水処理 53
   2.溶解度積の原理の応用 54
   3.pHと溶解度 55
   4.pHによる化合物の形態変化と溶解度 56
   5.洗い物 58
   6.類は友を呼ぶ 58
   7.キレート化合物 59
Ⅵ 環境,岩石,土壌 61
   1.プレートテクトニクス 61
   2.火山岩とその化学組成 63
   3.超塩基性岩 64
   1)岩石の成り立ち 64
   2)蛇紋岩土壌中の元素分布 66
   4.石灰岩 68
   5.火山噴出物 69
   1)テフラ(火山噴出物) 69
   2)一次鉱物 69
   3)飛行機は噴火火山の東側を飛んではいけない 72
   6.堆積岩 72
   7.粘土鉱物 73
   1)風化と土壌化 73
   2)粘土鉱物とは 75
   3)X線による粘土鉱物の同定 75
   4)陽イオン交換容量 76
   5)粘土の生成 77
   6)山崩れと地下水成分 78
   7)土壌の形成 79
   8)土壌成分の溶解 81
   9)粘土はなぜ濁りの原因となるのか 83
   10)蛇紋岩粘土はなぜ地滑りするか 84
Ⅶ 生物と環境 85
   1.超塩基性岩地帯 85
   1)特生植物の宝庫 85
   2)悪条件が特生植物を生む 86
   3)環境に適応するには長い年月が必要 86
   2.ニッケル超集積性植物 88
   3.石灰岩地帯の生態 88
   4.ニッケル過剰障害への対策 89
   5.土壌病害は土壌環境変化で変わる 89
   6.光 93
   1)オゾンは酸素に紫外線を当てることによってできる 93
   2)最初の多量の酸素はストロマトライトが作り出した 93
   3)紫外線はUV-A,UV-B,UV-Cに分けられる 93
   4)植物は紫外線カット物質を持っている 94
   5)オゾンホールの発生は地価生物の死活問題 94
   6)ナスの紫色は紫外線対策 95
   7)フッ素,塩素,臭素などのハロゲン属がオゾン層を破壊する 97
   7.植物はなぜ緑か 98
   8.生物と環境の関わり-先入観より自然の摂理 98
Ⅷ 植物の水と養分獲得戦略 1O1
   1.水の吸収 101
   1)形態上の耐旱性 101
   2)植物生理からみた耐旱性 102
   2.養分の吸収 105
   1)養分の運び屋-トランスポーター 105
   2)植物による環境浄化 109
   3)ムギ類の銅欠乏 113
   3.科学の世界を変えたDNAの解明 115
Ⅸ 物質循環 117
   1.水 117
   1)生命の水は循環する。 117
   2)淡水はわずか3% 117
   3)比熱の大きい水が地球を守る 118
   4)古代の灌漑文明は塩類集積で滅んだ 118
   2.炭素 119
   1)大気の二酸化炭素が増大する 119
   2)炭素の大部分は炭酸塩 119
   3)光合成を上回る二酸化炭素の放出量 120
   3.窒素の循環 122
   4.ケイ素 123
   1)火山岩の山の形はケイ酸含有率で変わる 123
   2)ケイ酸の流出した土壌のなれの果て“ボーキサイト” 123
   3)流れ出たケイ酸は湖水や海のけい藻の大切な栄養源 123
Ⅹ 環境汚染 125
   1.重金属汚染 125
   1)カドミウム(Cd) : 今も続くイタイイタイ病 125
   2)鉛汚染 : 水鳥の鉛中毒が止まらない 126
   3)水銀(Hg) : 地球上に降り注ぐ水銀量は年間約8,000トン 126
   4)米のカドミウム含有率はなぜ落水すると高まるか 129
   2.地球温暖化 131
   1)地球温暖化のメカニズムとその影響 131
   2)バイオエタノールは対策の切り札になりうるか l32
 身を守る化学 135
   1.劇物・毒物の分類 135
   2.化学物質による災害と対策 136
   1)無機ガス 136
   2)強アルカリおよび酸の性質と取り扱いの注意 139
   3)野外におけるガス中毒事例 140
   3.生物毒,アレルギー 147
   1)ハチ毒 147
   2)ウルシかぶれ 150
   3)イラクサ類 151
   4)トリカブト属 151
   5)青酸毒(MCN:シアン化物)-毒は植物の防護手段- 151
 分析化学 153
   1 色と光 153
   1)波長と色 153
   2)通りやすい光が色を決める空と海-海の色はなぜ青いか 154
   2.重量法 155
   3.クロマトグラフ法-「しみ」から発達した分析法 155
   4 吸光光度法-光の透過は物質の濃度に反比例する 156
   5.発光分析と原子吸光光度法 156
   l)原理 156
   2)原子吸光光度法 157
   3)水銀分析計 158
   6.X線回折装置 158
   7.分析上の注意事項 159
   1)データの検出にはチェック機能を付けること 159
   2)環境汚染物質は極力出さない 160
   8.植物体乾物中の主要元素含有率 161
   1)多量要素(乾物中含有率) 161
   2)微量要素 162
   9.分析機器使用上注意すること 163
参考書 165
付表 167
索引 183
まえがき
Ⅰ 物質は何からできているか 1
   1.物質とはなにか 1
80.

図書

図書
坂本正徳著
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2006.2  289p ; 15×21cm
所蔵情報: loading…
81.

図書

図書
田中春彦編著
出版情報: 東京 : 培風館, 2006.4  vi, 190p ; 26cm
所蔵情報: loading…
82.

図書

図書
齋藤勝裕著 ; 講談社サイエンティフィク編集
出版情報: 東京 : 講談社, 2004.8  x, 212p ; 21cm
シリーズ名: 絶対わかる化学シリーズ
所蔵情報: loading…
83.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
American Chemical Society編 ; 廣瀬千秋訳
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2007.7  3, 6, 1052, 24, 14p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 水:自然が生んだ不思議
   1.1 物質の相 4
   1.2 原子モデル 8
   1.3 分子モデル 14
   1.4 分子モデルで使われる価電子:ルイス構造 16
   1.5 電子対の3次元配置 21
   1.6 水分子の極性 23
   1.7 水が室温で液体になっている理由 30
   1.8 水の中の水素結合が果たすその他の構造的役割 38
   1.9 生体分子の中の水素結合 41
   1.10 相変化:液体から気体への変化 46
   1.11 分子の計数:モルの概念 52
   1.12 水の比熱:地球の保温メカニズム 60
   1.13 章のまとめ 66
   1.14 展開事項:液体の粘度 67
   第1章 章末問題 70
第2章 水溶液と溶解度
   2.1 溶液中の物質 98
   2.2 極性分子の水溶液 101
   2.3 イオン化合物水溶液の特徴 107
   2.4 イオン化合物の形成 111
   2.5 イオン化合物の溶解にともなるエネルギー変化 117
   2.6 イオン溶液からの沈殿反応 121
   2.7 イオン化合物の溶解度則 126
   2.8 濃度とmol単位で表した物質量 131
   2.9 質量・モル・体積の計算 137
   2.10 溶液反応の化学量論 141
   2.11 気体の水溶液 149
   2.12 水自身の間での酸塩基反応 153
   2.13 水溶液中の酸と塩基 157
   2.14 プロトン移動反応の拡張-ルシャトリエの原理 161
   2.15 章のまとめ 171
   2.16 展開事項:CO₂と炭素循環 172
   第2章 章末問題 178
第3章 原子の起源
   3.1 分光学そして星と宇宙の組成 204
   3.2 裸の原子:原子核 212
   3.3 宇宙の進化:星の誕生 217
   3.4 核反応 223
   3.5 核反応エネルギー 235
   3.6 宇宙における元素の存在比と原子核の安定性 246
   3.7 惑星の生成:地球の誕生 249
   3.8 章のまとめ 254
   3.9 展開事項:同位体―宇宙の年齢と蜜の甘味 255
   第3章 章末問題 263
第4章 原子の構造
   4.1 元素の周期性と周期表 278
   4.2 原子の発光スペクトルと吸収スペクトル 283
   4.3 波動としてみた光 286
   4.4 粒子としてみた光:光電効果 296
   4.5 原子の量子モデル 304
   4.6 波動の粒子性と粒子の波動性 309
   4.7 原子内電子の波動モデル 312
   4.8 原子内電子が持つエネルギー:原子が崩壊しない理由 315
   4.9 多電子原子:電子スピン 321
   4.10 周期性と電子殻の関係 325
   4.11 波動方程式と原子軌道 334
   4.12 章のまとめ 342
   4.13 展開事項:球対称を持つ電子波のエネルギー 344
   第4章 章末問題 348
第5章 分子の構造
   5.1 異性体 368
   5.2 ルイス構造と異性体の分子模型 371
   5.3 σ型分子軌道 378
   5.4 シグマ軌道と分子の幾何構造 383
   5.5 多重結合 389
   5.6 π型分子軌道 395
   5.7 非局在化軌道 400
   5.8 分子の幾何構造の表現法 408
   5.9 立体異性 416
   5.10 官能基:生命を面白くするしくみ 425
   5.11 分子認識 432
   5.12 章のまとめ 434
   5.13 展開事項:反結合性軌道と酸素 435
   第5章 章末問題 440
第6章 化学反応
   6.1 化学反応の分類 458
   6.2 イオン化合物の沈殿反応 461
   6.3 ルイス酸とルイス塩基:定義 467
   6.4 ルイス酸とルイス塩基:プレンスデッド-ローリーの酸塩基反応 468
   6.5 ルイス/プレンスデッド-ローリー塩基および酸の強度予測 477
   6.6 ルイス酸とルイス塩基:金属イオン錯体 489
   6.7 ルイス酸とルイス塩基:求電子試薬と求核試薬 498
   6.8 形式電荷 505
   6.9 酸化還元反応:電子の移動 509
   6.10 酸化還元反応の反応方程式をバランスさせる 519
   6.11 含炭素分子の酸化還元反応 527
   6.12 章のまとめ 532
   6.13 展開事項:滴定実験 533
   第6章 章末問題 539
第7章 化学におけるエネルギー論:エンタルピー
   7.1 エネルギーと変化 560
   7.2 熱エネルギー(熱)と力学的エネルギー(仕事) 562
   7.3 熱エネルギーの移動 565
   7.4 状態関数と経路関数 569
   7.5 系と外界 572
   7.6 熱量測定(カロリメトリー)とエンタルピーの導入 575
   7.7 結合エンタルピー 583
   7.8 標準生成エンタルピー 595
   7.9 生体系におけるエネルギーの統御 603
   7.10 圧力-容積仕事、内部エネルギー、エンタルピー 608
   7.11 エンタルピーから分からないこと 616
   7.12 章のまとめ 618
   7.13 展開事項:理想気体と熱力学 620
   第7章 章末問題 631
第8章 エントロピーと分子の秩序性
   8.1 混合と浸透 656
   8.2 確率と変化 658
   8.3 混合系における分子配置を計る 660
   8.4 巨視的な系における混合と浸透の位置づけ 663
   8.5 分子の間でのエネルギー分配 666
   8.6 エントロピー 671
   8.7 相変化と正味のエントロピー 673
   8.8 ギブズ自由エネルギー 681
   8.9 化学反応に対する熱力学計算 688
   8.10 油と水が溶け合わない理由 696
   8.11 両親媒性(Ambiphilic)分子:ミセルおよび二重層膜 699
   8.12 溶液の束一性 705
   8.13 浸透圧の計算 712
   8.14 分子組織化の代償 716
   8.15 章のまとめ 717
   8.16 展開事項:ゴムの熱力学 719
   第8章 章末問題 722
第9章 化学平衡
   9.1 平衡の実態 750
   9.2 平衡点に達する数学的表現 758
   9.3 酸塩基反応と平衡 764
   9.4 共役酸塩基対の溶液:緩衝液 775
   9.5 タンパク質が持つ酸塩基特性 784
   9.6 イオン塩の溶解平衡 789
   9.7 熱力学と平衡定数 798
   9.8 平衡定数の温度依存性 802
   9.9 生体系における熱力学 809
   9.10 章のまとめ 816
   9.11 展開事項:平衡定数の熱力学的基礎 818
   第9章 章末問題 824
第10章 酸化還元:電気化学
   10.1 電気分解 850
   10.2 化学反応から得られる電流 862
   10.3 電池の起電力 869
   10.4 半電池電位:還元電位 874
   10.5 化学電池で得られる仕事量および自由エネルギー 882
   10.6 起電力の濃度依存性:ネルンスト式 888
   10.7 還元電位とネルンスト式 897
   10.8 共役レドックス反応 903
   10.9 章のまとめ 918
   10.10 展開事項:起電力と非酸化還元平衡 920
   第10章 章末問題 926
第11章 反応経路
   11.1 変化の道筋 954
   11.2 化学変化の速度の測定と表現 960
   11.3 反応速度に関する法則 967
   11.4 反応経路すなわち反応機構 974
   11.5 1次反応 982
   11.6 温度と反応速度 990
   11.7 光:反応を活性化するもう一つの方法 1000
   11.8 熱力学と反応速度論 1005
   11.9 章のまとめ 1011
   11.10 展開事項:酵素の触媒作用 1012
   第11章 章末問題 1024
第1章 水:自然が生んだ不思議
   1.1 物質の相 4
   1.2 原子モデル 8
84.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
立屋敷哲著
出版情報: 東京 : 丸善, 2008.10  viii, 202p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに
1章 化学式・反応式がわかるようになる(物質の構成粒子:原子・イオン・分子) 7
   1.1 原子(物質を構成する基本粒子)-すべての物質は原子からできている 7
    原子とは 7
    元素―原子の種類・物質の構成要素 7
    元素記号,身の周りの元素 2
    元素名と元素記号の覚え方 4
    元素の原子量・原子番号 5
    周期表と同族元素―110種類の元素を整理する 6
    原子の構造 8
   1.2 イオン(物質を構成する第二の基本粒子) 10
    イオンとは 10
    イオンのでき方,イオンの価数と元素の族番号 11
   1.3 分子(物質を構成する第三の基本粒子) 12
    原子は寂しがりや 12
   1.4 周期表と元素の二大分類 15
    金属元素と非金属元素 15
    典型元素と遷移元素 15
   1.5 イオン性化合物(化学式の書き方と命名法) 17
    物質の分類 17
    イオン性化合物 18
    イオン性化合物とイオンの名称 18
    イオン性化合物の化学式 19
    イオン性化合物の命名法(読み方) 20
   1.6 化学反応と反応式 21
    化学反応式の書き方(反応式の係数の求め方) 21
   1.7 酸と塩基 23
    酸とは 23
    塩基とは 27
    酸と塩基の定義 29
    酸と塩基の反応―中和反応と反応式・塩 31
    多原子イオンを含む塩の化学式と名称 34
   1.8 酸化還元 35
    酸化とは,還元とは 36
    電子のやり取りと酸化還元―一般化された酸化還元の定義 37
    水素の出入りと酸化還元 38
    酸化還元反応―酸化と還元の同時進行,酸化剤と還元剤 39
    金属元素のイオン化列と電池,酸化還元電位 40
   1.9 記憶すべき化学式・名称 41
    化学式から名称を言える 41
    名称から化学式を言える 42
   演習問題解答 44
2章 モル(物質量)がわかる,化学計算ができるようになる 45
   2.1 単位と計算 45
    分数の四則計算 45
    指数を含んだ計算 46
    有効数字 48
    大きさ・倍率・桁数を表す接頭語(k,h,da,d,c,m,μ,n) 50
    単位の計算―測定値の表示法と単位同士の掛け算,割り算 51
    単位の換算と換算係数を用いた計算(換算係数法) 52
   2.2 mol(モル),モル濃度,ファクター 53
    mol(モル)とは 54
    質量(重さ)(g)から物質量(mol),物質量(mol)から質量(g)を求める 55
    モル濃度(mol/L) 59
    力価(ファクターともいう)―溶液のモル濃度の表し方 66
   2.3 中和反応と濃度計算 64
    中和とは 64
    中和滴定法による濃度の求め方(中和反応の化学量論) 64
    酸化還元滴定による濃度の求め方 66
   2.4 化学反応式を用いた計算 67
   2.5 密度,パーセント濃度,含有率,希釈 69
    密度(比重)とは 69
    パーセントの定義 71
    さまざまなパーセント濃度 72
    質量濃度 75
    さまざまな含有率―ppm,ppb,ppt 75
    溶液の希釈法 76
   2.6 水素イオン濃度とpH 78
    pHとは 79
    pHの定義 80
    強酸,強塩基のpH 80
    pH,pOHと水素イオン濃度[H+],水酸化物イオン濃度[OH-] 82
    pH緩衝液 83
   演習問題解答 84
3章 化学結合と分子構造を理解する,無機化合物・周期表がわかる 89
   3.1 原子価,イオンの価数と周期表 89
   3.2 原子の電子配置と周期律 90
    原子の同心円モデル 90
    原子の電子配置と周期律 90
   3.3 電子式(ルイス記号) 91
   3.4 イオンの価数とオクテット則(高校で学んだ考え方) 93
    イオンの価数 93
    オクテット則とイオンの電子式 94
   3.5 オクテット則と化学結合 94
    化学結合の種類 94
    分子の構造と電子式(ルイス構造) 98
   3.6 陽イオン,陰イオンヘのなりやすさ―イオン化エネルギー・電子親和力とその周期性 98
    静電相互作用(クーロン相互作用)とクーロンの法則 98
    イオンはなぜオクテット(貴ガス電子配置)を取るのか―原子核と電子との静電相互作用(電気的引力) 99
    元素の性質の周期性 101
   3.7 共有結合を考える―原子構造の同心円モデル,化学結合のオクテットモデルから量子論モデルヘ 103
    原子の構造―同心円モデルの修正,電子殻の副殻構造(微細構造)と軌道(オービタル) 103
    電子軌道のエネルギー準位図 104
    電子の波動性と“軌道” 105
    周期表と電子の軌道 105
    電子式(ルイス構造)の量子論的解釈 106
    量子力学(波動力学)に基づく共有結合の考え方 106
    軌道が重なるとなぜ共有結合ができるのだろうか.共有結合の結合力はどうして生じるのだろうか 107
    分子の構造 108
   3.8 周期表とさまざまな化合物の組成式 110
    化合物の組成と酸化数 110
    典型元素の電子配置と酸化数 111
    さまざまな化合物の組成式 111
    遷移元素の電子配置と酸化数 113
    遷移元素の特徴・典型元素との違い 114
   演習問題解答 115
4章 有機化合物の構造式と名称がわかる・書けるようになる,性質がわかる 177
   4.1 分子模型と構造式 117
   4.2 構造式の書き方と構造異性体 117
    構造式(分子構造式) 117
    示性式(短縮構造式) 122
   4.3 飽和炭化水素―アルカンとその命名法 123
    飽和炭化水素,アルカン,とは 123
    飽和炭化水素と不飽和炭化水素 123
    直鎖の飽和炭化水素とその命名法 124
    アルキル基とは 126
    分岐炭化水素とその命名法 128
    アルカンの所在・利用 130
    アルカンの性質 131
    脂環式飽和炭化水素・シクロアルカンと芳香族炭化水素 132
    化学構造式の略記法(線描構造式) 132
   4.4 13種類の有機化合物群と官能基 133
    身近な物質と化合物群(群=グループ) 133
    官能基とは 134
   4.5 13種類の有機化合物群について 135
    アルカン(1)―R-H・R-Xとセットで覚えよ 135
    ハロアルカン(2)―アルカンの親戚 135
    アミン(3)―アンモニアの親戚 137
    アルコール(4)―水の親戚 138
    エーテル(5)―水と他人・アルカンの親戚 141
    カルボニル基をもつ化合物 143
   アルデヒド(6)・ケトン(7) 143
    カルボン酸(8) 146
    エステル(9)・アミド(10) 148
    アルケン・アルキン・ポリエン・ポリイン(11) 150
    芳香族炭化水素(12)・フェノール(13) 153
   4.6 有機化合物の命名法のまとめ 155
   4.7 複雑な化合物をどのように理解するか 157
   4.8 有機化合物の性質を理解するための重要概念 158
    共有結合(電子対共有結合)の分極(極性) 158
    配位(配位共有結合)と塩基性 160
    両性(双性)イオンとアミノ酸の等電点 160
    アミノ酸・糖と光学異性体・対掌体・鏡像体 161
    芳香族性 162
   4.9 有機化合物の反応―酸化還元,縮合,脱離,付加,置換 163
   演習問題解答 166
付録1 物質の三態と気体の性質,溶液の性質 171
   1.1 物質の三態 171
   1.2 圧力とは 172
   1.3 気体の法則 173
    ボイルの法則―気体の圧力と体積との関係式 173
    シャルルの法則と絶対温度―気体の体積と温度との関係 173
    ボイル-シャルルの法則,気体の状態方程式と気体定数 174
    ドルトンの分圧の法則―混合気体の体積と圧力の関係 175
    へンリーの法則―気体の溶解度と気体の分圧との関係 175
   1.4 溶液の性質 175
    沸点と蒸気圧 175
    溶液の沸点上昇 176
    溶液の凝固点降下 176
    浸透と浸透圧 176
    親水性と疎水性 177
    界面活性剤,ミセル,エマルション(乳濁液) 178
付録2 反応熱とは―熱含量(エンタルピー)変化 180
   2.1 熱化学方程式 180
   2.2 熱含量(エンタルピーH)と熱含量変化(エンタルピー変化ΔH) 181
   2.3 へスの法則(総熱量保存の法則)―食品の栄養カロリー計算の原理 181
   2.4 反応熱の実体―結合エネルギーの差 182
付録3 平衡定数と弱酸のpH,緩衝液のpH 183
   3.1 可逆反応と平衡状態 183
   3.2 pH=7の水溶液はなぜ中性なのか 183
   3.3 酸の強弱と酸解離(平衡)定数 183
   3.4 血液のpHと緩衝液 184
付録4 13種類の有機化合物群の一般式・官能基 : 確認テスト 185
付録5 生命科学・食品学・栄養学に出てくる有機化合物 186
   5.1 アミノ酸 186
   5.2 脂質 188
   5.3 糖 189
   5.4 核酸塩基―RNAとDNA 192
   5.5 ビタミン 193
索引 197
はじめに
1章 化学式・反応式がわかるようになる(物質の構成粒子:原子・イオン・分子) 7
   1.1 原子(物質を構成する基本粒子)-すべての物質は原子からできている 7
85.

図書

図書
大宮信光著
出版情報: 東京 : ソフトバンククリエイティブ, 2008.9  246p ; 18cm
シリーズ名: サイエンス・アイ新書 ; SIS-080 . 科学理論ハンドブック50||カガク リロン ハンドブック 50 ; 物理・化学編
所蔵情報: loading…
86.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
齋藤勝裕著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2008.10  ix, 140p ; 26cm
シリーズ名: ステップアップ
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 はじめに
   0.1 原子構造と結合 1
    0.1.1 原子構造 1
    0.1.2 原子核 1
    0.1.3 電子配置 2
    0.1.4 元素の性質 2
    0.1.5 結合と分子構造 3
   0.2 物質の状態と性質 3
    0.2.1 アボガドロ数とモル 3
    0.2.2 気体の性質 3
    0.2.3 酸・塩基 4
   0.3 化学反応とエネルギー 4
    0.3.1 化学反応の速度 4
    0.3.2 化学反応とエネルギー 5
    0.3.3 酸化還元反応 5
   0.4 有機分子の性質と反応 6
    0.4.1 炭化水素の構造 6
    0.4.2 有機物の性質と反応 6
    0.4.3 高分子化合物の構造と性質 7
   0.5 生命と化学 7
    0.5.1 生体を作る化学物質 7
    0.5.2 遺伝とDNA・RNA 7
    0.5.3 地球環境と化学 8
   演習問題 9
第I部 原子構造と結合
第1章 原子構造と電子配置 10
   1.1 原子の構造 10
    1.1.1 ビッグバン 11
    1.1.2 原子を作るもの 12
   1.2 原子核の構造 12
    1.2.1 原子核を作るもの 12
    1.2.2 同位体 12
    1.2.3 モルと原子量 13
   1.3 電子殻と軌道 13
    1.3.1 電子殻 13
    1.3.2 軌道 14
    1.3.3 軌道の形 15
   1.4 電子配置と価電子 15
    1.4.1 電子配置の約束 15
    1.4.2 電子配置 15
    1.4.3 価電子 16
   1.5 周期表と元素の周期性 16
    1.5.1 周期と族 16
    1.5.2 原子半径の周期性 16
    1.5.3 イオン化の周期性 18
    1.5.4 電気陰性度の周期性 19
   演習問題 20
第2章 化学結合と分子構造
   2.1 分子と結合 21
    2.1.1 分子式と分子量 21
    2.1.2 結合の種類 22
   2.2 イオン結合と金属結合 22
    2.2.1 イオン結合 22
    2.2.2 金属結合 22
    2.2.3 伝導性 23
   2.3 共有結合と結合電子 23
    2.3.1 共有結合 24
    2.3.2 価標 24
    2.3.3 飽和結合と不飽和結合 25
   2.4 分子間に働く力 25
    2.4.1 結合分極 25
    2.4.2 水素結合 25
    2.4.3 ファンデルワールス力 26
   2.5 結合エネルギー 27
    2.5.1 結合のエネルギー関係 27
    2.5.2 結合エネルギーの値 27
   演習問題 28
第3章 元素の性質と反応
   3.1 1,2,12族元素とその分子 29
    3.1.1 1族元素 29
    3.1.2 2族元素 30
    3.1.3 12族元素 30
   3.2 13,14,15族元素とその分子 31
    3.2.1 13族元素 31
    3.2.2 14族元素 31
    3.2.3 15族元素 32
   3.3 16,17,18族元素とその分子 33
    3.3.1 16族元素 33
    3.3.2 17族元素 33
    3.3.3 18族元素 34
   3.4 遷移元素とその分子 35
    3.4.1 遷移元素の性質 35
    3.4.2 遷移元素の性質 35
   3.5 希土類・ランタノイド・アクチノイド元素 37
    3.5.1 希土類 37
    3.5.2 アクチノイド 38
   演習問題 39
第II部 物質の状態と性質
第4章 物質の状態
   4.1 気体・液体・固体 40
    4.1.1 固体 40
    4.1.2 液体 41
    4.1.3 気体 41
    4.1.4 温度と状態 41
   4.2 状態図と臨界状態 42
    4.2.1 状態図 42
    4.2.2 状態図の線分 42
    4.2.3 三重点 43
    4.2.4 臨界点 43
   4.3 分子膜・液晶・アモルファス 43
    4.3.1 非晶質固体 43
    4.3.2 液晶 44
    4.3.3 分子膜 45
   4.4 気体状態方程式 46
    4.4.1 理想気体 46
    4.4.2 理想気体方程式 46
    4.4.3 実在気体 47
   演習問題 48
第5章 溶液の性質
   5.1 溶解と溶解度 49
    5.1.1 溶解 49
    5.1.2 溶媒和 50
    5.1.3 溶解度 50
   5.2 蒸気圧と沸点・凝固点 51
    5.2.1 蒸気圧 51
    5.2.2 ラウールの法則 52
    5.2.3 沸点上昇・凝固点降下 52
    5.2.4 分子量測定 52
   5.3 半透膜と浸透圧 53
    5.3.1 半透膜 53
    5.3.2 浸透圧 54
   5.4 酸・塩基 54
    5.4.1 酸・塩基 54
    5.4.2 水素イオン指数 55
   5.5 酸性・塩基性 55
    5.5.1 酸性・塩基性 55
    5.5.2 水の解離 56
    5.5.3 pHと酸性・塩基性 56
    5.5.4 中和 56
   演習問題 57
第III部 化学反応とエネルギー
第6章 化学反応の速度
   6.1 反応速度 58
    6.1.1 反応速度式 58
    6.1.2 半減期 59
   6.2 遷移状態と活性化エネルギー 59
    6.2.1 反応とエネルギー 59
    6.2.2 遷移状態と活性化エネルギー 59
    6.2.3 触媒と酵素の働き 60
   6.3 多段階反応と律速段階 61
    6.3.1 多段階反応 61
    6.3.2 律速段階 62
    6.3.3 濃度変化 62
   6.4 平衡と可逆反応 63
    6.4.1 可逆反応 63
    6.4.2 平衡状態 63
    6.4.3 ルシャトリエの法則 63
   演習問題 65
第7章 化学反応とエネルギー
   7.1 熱力学第一法則 66
    7.1.1 熱力学第一法則 66
    7.1.2 内部エネルギーU 67
    7.1.3 エネルギー・熱・仕事の方向 67
   7.2 断熱変化と等温変化 67
    7.2.1 体積変化と仕事 67
    7.2.2 断熱変化 68
    7.2.3 等温変化 68
   7.3 エネルギーとエンタルピー 68
    7.3.1 定容変化 68
    7.3.2 定圧変化 69
   7.4 反応とエネルギー 69
    7.4.1 反応熱 69
    7.4.2 ヘスの法則 70
    7.4.3 反応熱の計算 70
   7.5 乱雑さとエントロピー 71
    7.5.1 整然と乱雑 71
    7.5.2 熱力学第二法則・第三法則 71
    7.5.3 エントロピーとエネルギー 72
   7.6 反応の方向と自由エネルギー 72
    7.6.1 エネルギーとエントロピー 72
    7.6.2 反応の方向とギブズエネルギーG 72
    7.6.3 平衡とギブズエネルギー 73
    7.6.4 ギブズエネルギーと仕事 74
   演習問題 74
第8章 酸化反応・還元反応
   8.1 酸化数の計算法 76
   8.2 酸化還元反応 77
    8.2.1 酸化還元反応 78
    8.2.2 酸化還元反応の実際 78
    8.2.3 酸化剤・還元剤 79
   8.3 金属のイオン化 79
    8.3.1 イオン化 79
    8.3.2 イオン化と酸化・還元 79
    8.3.3 イオン化傾向 79
   8.4 化学電池の原理 80
    8.4.1 ボルタ電池 80
    8.4.2 燃料電池 81
   演習問題 82
第IV部 有機分子の性質と反応
第9章 炭化水素の構造と性質
   9.1 炭化水素の結合と構造 83
    9.1.1 炭素の価標 83
    9.1.2 メタンの構造 84
    9.1.3 エチレンの構造 84
    9.1.4 アセチレンの構造 84
   9.2 構造式の種類 85
    9.2.1 丁寧な構造式 85
    9.2.2 簡略化した構造式 85
    9.2.3 直線だけで表した構造式 85
    9.2.4 一般の構造式 85
   9.3 炭化水素の構造と名前 87
    9.3.1 ラテン語数詞 87
    9.3.2 命名法 87
   9.4 異性体 88
    9.4.1 アルカンの異性体 88
    9.4.2 アルケンの異性体 89
    9.4.3 立体異性体 89
   演習問題 91
第10章 有機化合物の性質と反応
   10.1 置換基 92
    10.1.1 アルキル基 92
    10.1.2 官能基 92
   10.2 炭化水素の反応 94
    10.2.1 付加反応 94
    10.2.2 脱離反応 95
    10.2.3 置換反応 96
   10.3 酸素を含む化合物 96
    10.3.1 アルコール・エーテル 96
    10.3.2 ケトン・アルデヒド 97
    10.3.3 カルボン酸・エステル 98
   10.4 窒素・硫黄を含む化合物 98
    10.4.1 アミン 98
    10.4.2 アミノ酸 99
    10.4.3 硫黄を含む化合物 99
   10.5 芳香族化合物 99
    10.5.1 メチル基を含むもの 100
    10.5.2 酸素を含むもの 100
    10.5.3 窒素・硫黄を含むもの 101
   演習問題 102
第11章 高分子化合物の構造と性質
   11.1 高分子とは 104
    11.1.1 高分子の構造 104
    11.1.2 高分子の種類 105
   11.2 ポリエチレンとその仲間 105
    11.2.1 ポリエチレン 106
    11.2.2 可塑剤 106
    11.2.3 ポリエチレンの仲間 106
   11.3 ナイロン・PETとその仲間 107
    11.3.1 ナイロン 107
    11.3.2 PET 108
   11.4 ゴム・プラスチック・合成繊維 109
    11.4.1 ゴム 109
    11.4.2 プラスチック(合成樹脂) 110
    11.4.3 合成繊維 110
   11.5 高温でも硬い高分子 110
    11.5.1 熱硬化性樹脂 111
    11.5.2 合成法 111
   演習問題 112
第V部 生命と化学
第12章 生命と化学反応
   12.1 細胞と細胞膜 113
    12.1.1 細胞 113
    12.1.2 細胞膜 114
   12.2 タンパク質の構造と動き 114
    12.2.1 タンパク質の平面構造 114
    12.2.2 タンパク質の立体構造 115
    12.2.3 タンパク質の働き 115
   12.3 脂質 116
    12.3.1 油脂 116
    12.3.2 ホルモン 117
    12.3.3 ビタミン 117
   12.4 遺伝とDNA 118
    12.4.1 DNA 118
    12.4.2 RNA 118
    12.4.3 タンパク質合成 119
    12.4.4 遺伝情報の発現 119
   演習問題 120
第13章 環境と化学物質
   13.1 環境と化学 121
    13.1.1 環境の範囲 121
    13.1.2 環境を作るもの 122
    13.1.3 物質の循環 122
   13.2 健康と化学物質 123
    13.2.1 大気と化学物質 123
    13.2.2 水と化学物質 124
    13.2.3 大地と化学物質 125
   13.3 エネルギーと化学 125
    13.3.1 化石燃料と化学 125
    13.3.2 石油と二酸化炭素 125
    13.3.3 太陽エネルギー 126
    13.3.4 原子力エネルギー 126
   13.4 地球環境と化学 126
    13.4.1 酸性雨 127
    13.4.2 オゾンホール 127
    13.4.3 地球温暖化 129
   演習問題 130
演習問題解答 137
序章 はじめに
   0.1 原子構造と結合 1
    0.1.1 原子構造 1
87.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山崎昶著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2008.9  x, 148p ; 24cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 「はかる」ことの大切さ 1
   1.1 化学とは「はかる」こと 1
   1.2 化学の教科書事情 3
   1.3 いろいろな「はかる」 3
   1.4 有効数字とは 4
   1.5 元素記号の由来 5
   1.6 便利な化学式 8
   1.7 対数計算の重要性 10
   コラム 産医師異国に向う 15
   練習問題 17
2章 次元とモルを身につける 19
   2.1 次元を解析する 19
   2.2 モルとは 21
   コラム 食塩に分子が存在しない理由 21
   同位体を利用した考古学 25
   練習問題 26
3章 濃度の大切さ 29
   3.1 物質を扱うときに大事な濃度 29
   3.2 濃度を間違えると大変なことになる 29
   3.3 よく使われる濃度の表し方 32
   3.4 実際に濃度を計算する 33
   練習問題 35
4章 正しくは化学方程式 37
   4.1 「反応式」ではなく「方程式」 37
   4.2 反応を化学方程式で表す 40
   練習問題 42
5章 化合物の名前のつけ方 45
   5.1 二つある名前のつけ方 45
   5.2 慣用的命名法 46
   5.3 系統的命名法 47
6章 酸と塩基の考え方 51
   6.1 酸とアルカリ,塩基 51
   6.2 中和反応と滴定 55
   6.3 水素イオン濃度とpH 57
   6.4 弱酸の解離,緩衝溶液 59
   コラム 酸っぱさの味加減 53
   火山からとる酢 55
   練習問題 62
7章 物質は何からできているか 63
   7.1 原子,分子,イオン 63
   7.2 原子の構造 65
   7.3 周期表と周期律-原子モデル 67
   7.4 ボーアの原子モデル 70
   7.5 元素と単体の違い 74
   コラム 面白周期表いろいろ 71
   食塩は有害? 78
   練習問題 79
8章 いろいろな化学結合 81
   8.1 化学結合のいろいろ 81
   8.2 イオン結合 83
   8.3 共有結合 84
   8.4 配位結合 85
   8.5 水素結合 86
   8.6 金属結合 86
   コラム 18電子則とは 85
   エネルギーの換算とおおまかな分類 87
   練習問題 88
9章 酸化と還元の違い 89
   9.1 酸素の発見 89
   9.2 酸化数の決め方 92
   9.3 酸化還元と水素イオン濃度の関係 94
   9.4 消毒と殺菌 98
   コラム ボーア効果とは 96
   手洗いの重要性に気づいた医師 99
   練習問題 101
10章 化学熱力学の墓礎 103
   10.1 エネルギーのいろいろ 103
   10.2 熱力学の3法則 105
   10.3 拡散現象 106
   10.4 浸透現象 107
   練習問題 110
11章 無機化学の世界 111
   11.1 バイオサイエンスにおける無機化学 111
   11.2 人体に含まれる元素 112
   11.3 無機化合物の命名法 114
   11.4 薬としての無機化合物 116
   練習問題 119
12章 簡単な有機化合物 121
   12.1 炭化水素の命名法 121
   12.2 重要な官能基 122
   コラム 右型と左型がある有機化合物 125
   光学活性を予言した?ルイス・キャロル 127
   プトマイン中毒の正体 130
   練習問題 133
付録 135
練習問題の解答とヒント 140
索引 145
1章 「はかる」ことの大切さ 1
   1.1 化学とは「はかる」こと 1
   1.2 化学の教科書事情 3
88.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
化学オリンピック日本委員会編 ; 渡辺正監修
出版情報: 京都 : 化学同人, 2008.3  iii, 90p, 図版12p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
口絵 写真で見る 化学オリンピック
国際化学オリンピック 2010年日本開催によせて 1
Q&A 化学オリンピックのすべてがわかる! 3
PART1 化学オリンピックをもっとよく知ろう!
   1 化学オリンピックはいつ,どこで始まったの? 4
   2 どんな国が参加しているの? 5
   3 オリンピックって4 年に1回じゃないの? 6
   4 化学オリンピックには選手村ってあるの? 6
   5 サイエンスオリンピック(科学五輪)ってなに? 8
   6 大会の日程ってどうなっているの? 9
   7 エクスカーションってどんなことをするの? 11
   8 プレゼント交換ってなあに? 12
   9 ほかの国ではどうやって代表を選んでいるの? 13
   10 ほかの国ではどのくらい応募者がいるの? 15
   11 日本が最初に参加したのはいつ? 16
   12 2008 年以降の大会はどこで開催されるの? 16
   13 開催国はどうやって決まるの? 17
   14 オリンピック開催にかかる費用はいくら? 18
   15 経済的に厳しい国では参加するのも大変では? 19
   16 2010年日本開催の準備は進んでいるの? 20
コラム
   かけかえのない友人,そして先生との出会い 24
   予想外たからこそ化学実験は楽しい 27
   難しいけと面白い,知らないからもつと知りたい 39
PART2 化学オリンピックに参加しよう!
   1 オリンピックに出場できる人の資格は? 22
   2 参加するには,だれに相談したらいいの? 22
   3 参加の手続きはどのようにしたらいいの? 23
   4 全国高校化学グランプリってどういう大会? 23
   5 化学グランプリにはどこで参加できるの? 26
   6 化学オリンピック参加のタイムスケジュールは? 26
   7 代表ってどうやって選ばれるの? 28
   8 英語ができなくても参加できるの? 30
   9 参加するのにお金はかかるの? 31
   10 大学入試や受験には有利なの? 32
   11 グランプリに参加する高校の数はいくつ? 32
   12 参加した人たちの進路は? 33
   13 化学オリンピックの問題はどのようにつくられるの? 34
   14 実際の試験はどのように行われるの? 35
   15 実験で注意することは? 36
   16 問題の出題傾向ってあるの? 36
   17 高校で習わないことはどうやって勉強したらいいの? 38
   18 金,銀,銅メダルはどのようにして決まるの? 40
   19 どうすればメダルがとれるの? 42
   20 日本はどれくらいメダルを獲得しているの? 44
   21 表彰式ってどのようなものなの? 44
   22 成績がいいのはどこの国? 45
   参考資料・出題内容と例題 47
付録1 化学オリンピックのシラバス(最新版) 63
付録2 第39回ロシア大会筆記問題(抜粋) 80
口絵 写真で見る 化学オリンピック
国際化学オリンピック 2010年日本開催によせて 1
Q&A 化学オリンピックのすべてがわかる! 3
89.

図書

図書
荻野博, 大野公一, 吉良満夫著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2008.3  292p ; 21cm
シリーズ名: 放送大学教材 ; 1130609-1-0811
所蔵情報: loading…
90.

図書

図書
荻野博, 渡部徳子, 濱田嘉昭著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2006.3  302p ; 21cm
シリーズ名: 放送大学教材 ; 1233513-1-0611
所蔵情報: loading…
91.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
佐藤銀平著 ; 日本化学会企画・編集
出版情報: 東京 : 東京書籍, 2008.1  vii, 259p ; 21cm
シリーズ名: 化学のはたらきシリーズ ; 第1巻 . 家電製品がわかる||カデン セイヒン ガ ワカル ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
シリーズ発刊の辞 I
まえがき IV
第1章 電気のある暮らし・・・鈴木家の1日 2
第2章 ドアホン 12
第3章 冷蔵庫 16
第4章 電気炊飯器 36
第5章 電子レンジ 48
第6章 トースター 64
第7章 食務洗い乾燥機 68
第8章 生ゴミ処理機 74
第9章 ジューサー&ミキサー 78
第10章 コーヒーメーカー 82
第11章 湯沸かし器 86
第12章 電気ポット 96
第13章 エアコン 100
第14章 扇風機 116
第15章 電気こたつ 120
第16章 石油ファンヒーター 126
第17章 電気カーペット 132
第18章 電気掃除機 138
第19章 ガス風呂釜給湯器 146
第20章 温水洗浄便座 150
第21章 洗濯機 156
第22章 スチームアイロン 170
第23章 電動ミシン 176
第24章 電気シェーバー 184
第25章 へアドライヤー 190
第26章 体脂肪計 194
第27章 電子血圧計 202
第28章 電子体温計 212
第29章 家庭にあるメーター 228
   参考文献URL 245
   参考文献・URL(イラスト) 249
   取材協力および資料提供 252
シリーズ発刊の辞 I
まえがき IV
第1章 電気のある暮らし・・・鈴木家の1日 2
92.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
佐藤銀平著 ; 日本化学会企画・編集
出版情報: 東京 : 東京書籍, 2008.1  vii, 279p ; 21cm
シリーズ名: 化学のはたらきシリーズ ; 第2巻 . 家電製品がわかる||カデン セイヒン ガ ワカル ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
   シリーズ発刊の辞
   まえがき
第1章 テレビ 2
第2章 照明 32
第3章 時計 56
第4章 電話 76
第5章 ラジオ 102
第6章 ビデオテープレコーダー 112
第7章 カメラ 118
第8章 コンパクトディスク 138
第9章 ハードディスクドライブ 164
第10章 パソコン 184
第11章 電子ピアノ 200
第12章 ホームセキュリティ 208
第13章 手回し発電機 212
第14章 知っておきたい電気の基本 218
   参考文献・URL 265
   参考文献URL(イラスト) 269
   取材協力および資料提供 272
   シリーズ発刊の辞
   まえがき
第1章 テレビ 2
93.

図書

図書
edited by Markus Gewehr ; with contributions by Irene Schellner and Klaus Hinkelmann
出版情報: Weinheim : WILEY-VCH, c2008  xviii, 662 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Abbreviations and General Notes
Contributors
General Part / I:
Introduction to the Japanese Language / 1:
The Japanese Language / 1.1:
Japanese Writing / 1.2:
Japanese in Scientific and Technical Publications / 2:
Scientific and Technical Publications / 2.1:
Frequently used kanji / 2.2:
Numbers, Symbols and Units / 2.3:
Suggestions for Reading Japanese Scientific and Technical Publications / 2.4:
Example Translations / 2.5:
Tools for Supporting Text Analysis / 2.6:
Naming of Chemical Compounds / 3:
Naming of Elements and Inorganic Compounds / 3.1:
Naming of Organic Compounds / 3.2:
Overview of Specific Organic Molecules / 3.3:
Japanese Patent Documentation / Irene Schellner and Markus Gewehr)4:
The Japanese Patent System / 4.1:
Special Characteristics of Japanese Patent Documentation / 4.2:
Online Sources of Japanese Patent Information / 4.3:
Overview of Japanese Patent Law / Klaus Hinkelmann)5:
Introduction / 5.1:
Drafting of Japanese Patent Applications / 5.2:
Filing of Japanese Patent Applications / 5.3:
Examination of Japanese Patent Applications / 5.4:
Attack on Patent Applications and Patents / 5.5:
The Patent Right / 5.6:
Enforcement of Patent Rights / 5.7:
Japanese-English Dictionary / II:
Dictionary Structure and Explanations / 6:
General Explanations / 6.1:
Dictionary / 6.2:
Scientific Terms beginning with kana / Part I:
Scientific Terms beginning with basic kanji / 6.3:
Further Scientific Terms beginning with kanji / 6.4:
Scientific Terms Beginning with kana / 7:
Scientific Terms Beginning with Basic kanji / 8:
Scientific Terms Beginning with kanji for Figures and Quantities / 8.1:
Scientific Terms Beginning with kanji for Chemical Elements / 8.2:
Scientific Terms Beginning with Characters Frequently Appearing in the Initial Position of Chemical Terms / 8.3:
Scientific Terms Beginning with Characters Representing Important Prefixes for Chemical Words / 8.4:
Dictionary Part III: Further Scientific Terms Beginning with kanji / 9:
kanji without Radicals.9.2 kanji based on Radicals / 9.1:
Appendices / III:
Bibliography / 10:
Character Dictionaries / 10.1:
Grammar and Related Topics / 10.2:
General Japanese-English Dictionaries / 10.3:
Scientific Books and Dictionaries / 10.4:
Further Literature and Information Sources / 10.5:
Online Sources of Japanese Chemical Societies / 10.5.1:
Online Sources of Authorities and Institutes in Japan / 10.5.2:
Subject Index / 11:
Preface
Abbreviations and General Notes
Contributors
94.

図書

図書
出版情報: 名古屋 : 黎明書房, 2000.10  238p ; 21cm
シリーズ名: 化学のドレミファ / 米山正信著 ; 7
所蔵情報: loading…
95.

図書

図書
物質応用化学編集委員会編
出版情報: 東京 : 培風館, 2000.9  vi, 278p ; 21cm
所蔵情報: loading…
96.

図書

図書
山崎昶著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2000.11  vii, 93p ; 19cm
シリーズ名: ポピュラーサイエンス ; 229
所蔵情報: loading…
97.

図書

図書
櫻井英樹著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2001.3  xv, 190p ; 23cm
シリーズ名: 岩波講座現代化学への入門 / 岡崎廉治 [ほか] 編 ; 2
所蔵情報: loading…
98.

図書

図書
井畑敏一著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2001.4  x, 143p ; 26cm
所蔵情報: loading…
99.

図書

図書
関崎正夫
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2000.6  iv, 184p ; 19cm
シリーズ名: 科学のとびら ; 39
所蔵情報: loading…
100.

図書

図書
上田豊甫著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2001.1  vi, 182p ; 21cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼