close
1.

図書

図書
Roesky, Möckel [著] ; 戸嶋直樹, 尾方一郎, 大野尚典訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.6  ix, 266p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.6  135p ; 26cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
早川信一著
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.7  ix, 164p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
渡辺正編著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2001.11  ix, 186p ; 21cm
シリーズ名: 化学者のための基礎講座 / 日本化学会編 ; 6
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
大阪市立大学大学院理学研究科基礎教育化学実験グループ編
出版情報: 岡山 : ふくろう出版, 2010.4  228p ; 26cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2006.7  xiii, 446p ; 22cm
シリーズ名: 実験化学講座 / 日本化学会編 ; 29
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2007.1  xiii, 519p ; 22cm
シリーズ名: 実験化学講座 / 日本化学会編 ; 20-2
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
田中晶善著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2008.4  152p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Ⅰ 始める前に
   留意事項 7
   一般的留意事項 7
   実験室での安全に関する注意 8
   学習上の留意点 10
   レポートの書き方 11
   実験の基本操作 13
   試薬の取り扱い 13
   ガラス器具の洗い方 15
   ガスバーナーの使い方 16
   沈殿の分離 17
   加熱の方法 20
   酸・アルカリ溶液の希釈 21
   スポイトの使い方 24
   安全ピペッターの使い方 24
   常備器具一覧 27
Ⅱ 実験
   実験1. ガラス細工 31
   実験2. 測定とその誤差 37
   実験3. 金属陽イオンの性質(1) 43
   実験4. 金属陽イオンの性質(2) 49
   実験5. 陽イオン混合試料からの系統分析(1) 57
   実験6. 陽イオン混合試料からの系統分析(2) 63
   実験7. アセトアニリドの合成 67
   実験8. 中和熱の測定 75
   実験9. 食酢中の酢酸の定量 81
   実験10. 時計反応の反応速度 87
   実験11. モル比熱の測定 95
   実験12. 吸光度と吸収スペクトルの測定 101
   後片付け 107
Ⅲ 付録
   実験シート 111
   点検票 131
   掃除当番作業一覧 141
   参考書 l43
   SI単位系 145
   原子量表 147
   周期表 149
索引 151
Ⅰ 始める前に
   留意事項 7
   一般的留意事項 7
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
化学同人編集部編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2006.3  iii, 137p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
実験のための基本的注意 1
1章危険な物質と有害な物質 3
   1.はじめに 3
   2.危険物 6
   2.1酸化性固体(消防法第1類) 7
   2.2可燃性固体(消防法第2類) 9
   2.3自然発火性物質および禁水性物質(消防法第3類) 10
   2.4引火性液体(消防法第4類) 11
   2.5自己反応性物質(消防法第5類)(火薬類取締法) 13
   2.6酸化性液体(消防法第6類) 15
   3.高圧ガス 16
   4.有毒物質 22
   5.環境汚染物質 35
   5.1水質の環境汚染物質 36
   5.2大気の環境汚染物質 39
   5.3ダイオキシン類(ダイオキシン類対策特別措置法) 41
2章実験室廃棄物の処理 43
   1.はじめに 43
   2.集約処理のための収集貯留 45
   2.1収集貯留区分 45
   2.2収集貯留上の一般的注意 45
   3.集約処理システムの概要 49
   4.有害物質の処理法 49
   4.1処理における一般的注意 50
   4.2無機系実験廃液の処理法 51
   4.3有機系実験廃液の処理法 56
   5.一般廃棄物の処理法 59
   付表2.1有害重金属塩類の溶解性 60
3章危険な装置の取扱い 61
   1.はじめに 61
   2.電気装置 62
   2.1感電 62
   2.2電気災害 65
   3.高エネルギー装置 67
   3.1レーザー 68
   3.2放射性物質と放射線発生装置 69
   4.機械装置 74
   5.高圧装置 76
   5.1オートクレーブ 77
   5.2高圧容器 78
   6.高温・低温装置 87
   6.1高温装置 87
   6.2低温装置 89
   7.ガラス器具 94
   8.静電気対策 95
4章応急処置法 101
   1.薬品による障害 101
   1.1一般的応急処置法 101
   1.2応急処置法の具体例 103
   2.外傷 113
   2.1手当のしかた 113
   2.2止血法 113
   2.3切断された四肢と指の措置 113
   2.4措置者への注意 113
   3.やけど 114
   3.1重症度の判定 114
   3.2応急処置法 115
   4.凍傷 116
   5.電撃傷 116
   6.放射線被曝 117
   6.1X線などによる外部被曝 117
   6.2放射性物質の付着 117
   7.CPR 118
   7.1人工呼吸法(マウス・トゥ・マウス法) 118
   7.2心臓マッサージ 119
   7.3自動体外式除細動器(AED) 119
5章災害対策 121
   1.火災 121
   1.1防火対策 121
   1.2消火器と防護用具 123
   2.地震 126
   索引 131
実験のための基本的注意 1
1章危険な物質と有害な物質 3
   1.はじめに 3
10.

図書

図書
西山隆造, 安楽豊満共著
出版情報: 東京 : オーム社, 2000.5  viii, 198p ; 21cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼