close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山中浩明編 ; 時松孝次 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2010.1  v, 131p ; 26cm
シリーズ名: シリーズ「都市地震工学」 / 東京工業大学都市地震工学センター編 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 地震の液状化予測と対策 [時松孝次] 1
   1.1 液状化・側方流動による構造物の被害形態 2
   1.2 液状化・側方流動のメカニズム 8
   1.3 液状化の発生および変形予測 14
   1.4 液状化対策と効果 32
   1.5 まとめ 37
2 津波ハザードとその評価 [大町達男] 40
   2.1 津波の被害と対策 40
   2.2 地震津波のメカニズム 52
   2.3 地震津波の数値シミュレーション 64
3 設計用ハザード評価 87
   3.1 土木構造物のための設計用入力地震動の考え方 [盛川仁] 87
   3.2 種々の土木構造物の設計用入力地震動 98
   3.3 建築基準法における耐震設計用スペクトル [翠川三郎] 113
   3.4 設計用地震動の策定方法 115
   3.5 全国を概観した地震動予測地図 120
   3.6 性能設計への地震ハザード評価の活用 124
索引 129
1 地震の液状化予測と対策 [時松孝次] 1
   1.1 液状化・側方流動による構造物の被害形態 2
   1.2 液状化・側方流動のメカニズム 8
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Takaaki Tsurumi ... [et al.]
出版情報: Boca Raton [Fla.] : CRC Press, c2010  xii, 267 p., [8] p. of plates ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface vii
Acknowledgments ix
Authors xi
Chapter 1 Fundamentals of quantum mechanics and band structure 1
   1.1 Fundamentals of quantum mechanics 1
    1.1.1 Probability amplitude and interference effects 1
    1.1.2 Uncertainty principle 5
    1.1.3 Wave functions 7
    1.1.4 Operators 8
    1.1.5 Eigenvalue and expected value 10
    1.1.6 Expansion theorem 10
    1.1.7 Schroedinger equation 11
    1.1.8 Principle of superposition 13
    1.1.9 Examples of solutions of the Schroedinger equation 14
     1.1.9.1 Electron in a one-dimensional (1D) box 14
     1.1.9.2 Harmonic oscillator 15
     1.1.9.3 Hydrogen atom 16
    1.1.10 Matrix mechanics and bra-ket (Dirac) notation 18
    1.1.11 Comparison of the Heisenberg and Schroedinger approaches to quantum mechanics 20
    1.1.12 Perturbation theory 22
   1.2 Electronic band structure of solids 27
    1.2.1 Free electron Fermi gas 27
    1.2.2 Nearly free electron model (DOS) 31
    1.2.3 Bloch function 33
    1.2.4 Kroenig-Penny model 33
    1.2.5 Tight binding model 35
    1.2.6 Phase velocity, group velocity, and effective mass 37
    1.2.7 Reciprocal lattice and the Brillouin zone 40
    1.2.8 Energy band structure of silicon (Si) 44
    1.2.9 Tight binding approximation for calculating the band structure of graphene 45
    1.2.10 Electron correlation 51
     1.2.10.1 Hartree-Fock approximation 51
     1.2.10.2 Density functional method 54
   1.3 Material properties with respect to characteristic size in nanostructures 56
   Problems 60
   References 60
Chapter 2 Electronic states and electrical properties of nanoscale materials 63
   2.1 Outline 63
   2.2 Low dimensionality and energy spectrum 64
    2.2.1 Space for electrons in materials 64
    2.2.2 Electron DOS of 3D materials with macroscopic dimensions 65
    2.2.3 Electron DOS in 2D materials (nanosheets) 67
    2.2.4 Electron DOS in lD materials (nanowires) 72
    2.2.5 Quantized conductance in 1D nanowire systems 74
    2.2.6 Electron DOS in 0D materials (nanodots) 77
   2.3 Quantization 79
    2.3.1 2D square wells 80
    2.3.2 2D cylindrical wells 83
    2.3.3 Shape effect on the quantized states 85
    2.3.4 Finite potential wells 87
    2.3.5 Band dispersion effect 93
   2.4 Edge (surface)-localized states 96
   2.5 Charging effect 100
   2.6 Tunneling phenomena 103
   2.7 Limiting factors for size effects 111
    2.7.1 Thermal fluctuation 111
    2.7.2 Lifetime broadening effect 113
   2.8 Electronically induced stable nanostructures 115
    2.8.1 Magic numbers in clusters 116
    2.8.2 Electronic growth 119
   Problems 122
   References 123
Chapter 3 Optical properties and interactions of nanoscale materials 125
   3.1 Size-dependent optical properties: Absorption and emission 125
    3.1.1 Basic quantum mechanics of linear optical transitions 126
    3.1.2 General concept of excitons 133
    3.1.3 Wannier excitons 135
    3.1.4 Size effects in high-dielectric-constant materials 136
    3.1.5 Size effects in π-conjugated systems 140
    3.1.6 Strongly interacting π-conjugated systems: A molecular dimer 144
    3.1.7 Molecular Frenkel exciton 149
    3.1.8 Size effects in molecular excitons: Coherence length and cooperative phenomena 153
    3.1.9 Effects of finite number of optical electrons 157
   3.2 Size-dependent optical properties: Absorption and scattering 158
    3.2.1 Basic theory of light scattering 160
    3.2.2 Size-dependent scattering from dielectric spheres: Mie solutions 164
    3.2.3 Optical properties of metal nanoparticles: Plasmonics 169
    3.2.4 Local field enhancement and surface-enhanced Raman scattering 176
   3.3 Size-dependent electromagnetic interactions: Particle-particle 179
    3.3.1 Radiative energy transfer 179
    3.3.2 Foerster resonant energy transfer (FRET) 180
    3.3.3 Electron-exchange (Dexter) energy transfer 187
    3.3.4 Photo-induced electron transfer 190
   3.4 Size-dependent interactions: Particle-light interactions in finite geometries 191
    3.4.1 Optical interactions in microcavities 191
    3.4.2 Effects of dielectric interfaces 198
   Problems 201
   References 204
Chapter 4 Magnetic and magnetotransport properties of nanoscale materials 207
   4.1 Fundamentals of magnetism 207
    4.1.1 Magnetic ions and magnetic ordering 207
    4.1.2 Exchange interaction 208
    4.1.3 Mean field theory of ferromagnetism 211
   4.2 Size and surface effects in 3D confined systems 213
    4.2.1 Quantization of electronic structures and the Kubo effect 214
    4.2.2 Surface magnetism of transition noble metals 220
   4.3 Ferromagnetic domain-wall-related phenomena 229
    4.3.1 Macroscopic quantum tunneling in magnetic nanostructures 229
    4.3.2 Electron scattering at domain walls: Quantum coherence 233
    4.3.3 Spin current and spin transfer torque-current-induced domain wall motion 235
   4.4 Spin transport in magnetic nanostructures: Magnetic interface effect 240
    4.4.1 GMR and TMR effect: Spin-dependent scattering in multilayers and tunneling junctions 240
    4.4.2 Spin accumulation and current-perpendicular-to-plane (CPP) GMR: Spin diffusion length 245
    4.4.3 Spin Hall effect: Side jump and skew scattering due to spin-orbit coupling 249
   Problems 253
   References 253
Index 257
Preface vii
Acknowledgments ix
Authors xi
3.

図書

図書
editors, Nikos Hadjichristidis ... [et al.]
出版情報: Singapore : John Wiley & Sons, 2011  xxiii, 832 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
List of Contributors
Preface
About the Editors
Synthesis / Part 1:
Cyclic and Multicyclic Topological Polymers / Takuya Yamamoto ; Yasuyuki Tezuka1:
Ultrarapid Approaches to Mild Macromolecular Conjugation / Andrew J. Inglis ; Christopher Barner-Kowollik2:
Synthesis and Self-Assembly of Hydrogen-Bonded Supramolecular Polymers / Wolfgang H. Binder ; Claudia Enders ; Florian Herbst ; Katharina Hackethal3:
Recent Synthetic Developments in Miktoarm Star Polymers with More than Three Different Arms / Akira Hirao ; Mayumi Hayashi ; Tomoya Higashihara ; Nikos Hadjichristidis4:
Precise Synthesis of Dendrimer-Like Star-Branched Polymers, a New Class of Well-Defined Hyperbranched Polymers / Hee-Soo Yoo5:
Arborescent Polymers with a Mesoscopic Scale / Toufic Nabil Aridi ; Mario Gauthier6:
Hyperbranched Glyco-Conjugated Polymers / Toshifumi Satoh ; Toyoji Kakuchi7:
Highly Branched Functional Polymer Architectures by Click-Chemistry Strategies / Mieke Lammens ; Filip Du Prez8:
Living Alkene Polymerization for Polyolefin Architectures / Amelia M. Anderson-Wile ; Joseph B. Edson ; Geoffrey W. Coates9:
Precision Polyolefins / Erik B. Berda ; Kenneth B. Wagener10:
Polyhomologation: The Living Polymerization of Ylides / Jun Luo ; Kenneth J. Shea11:
Phenylenevinylene Homopolymers and Block Copolymers via Ring-Opening Metathesis Polymerization / Chin-Yang Yu ; Michael L. Turner12:
Block Copolymers Containing Rod Segments / Mitsuru Ueda13:
Synthesis of Well-Defined Poly(meth)acrylamides with Varied Stereoregularity by Living Anionic Polymerization / Takashi Ishizone14:
Complex Macromolecular Chimeras / Hermis Iatrou ; Marinos Pitsikalis ; Georgios Sakellariouand Nikos Hadjichristidis15:
Characterization And Self-Assembly / Part 2:
Self-Assembly and Applications of Polyferrocenylsilane Block Copolymers / George R. Whittell ; Jessica Gwyther ; David A. Rider ; Ian Manners16:
Functional Polymeric Nanostructures Prepared by Self-Assembly and Beyond / Rachel K. O'Reilly17:
Morphologies of Block and Star-Branched Polymers with Three Components / Hirokazu Hasegawa18:
Morphologies and Photophysical Properties of Conjugated Rod-Coil Block Copolymers / Chi-Ching Kuo ; Cheng-Liang Liu ; Wen-Chang Chen19:
Bulk Self-Assembly of Linear Hybrid Polypeptide-Based Diblock and Triblock Copolymers / Sebastien Lecommandoux20:
AFM Study of Comb (Co)Polymers with Complex Chain Architecture / Michel Schappacher ; Alain Deffieux)21:
Tunable Thermoresponsive Polymers by Molecular Design / Richard Hoogenboom22:
Fluorine-Containing Block Copolymers: Synthesis and Application as a Template for Nanocellular and Porous Structures Using Supercritical Carbon Dioxide / Hideaki Yokoyama ; Kenji Sugiyama23:
Architectural Polymers, Nanostructures, and Hierarchical Structures from Block Copolymers / Ian Wyman ; Guojun Liu24:
Block Copolymer Nanostructured Thin Films for Advanced Patterning / Michelle A. Chavis ; Evan L. Schwartz ; Christopher K. Ober25:
Ring Polymers: Effective Isolation and Unique Properties / Haskell W. Beckham26:
Acknowledgments
References
Index.
List of Contributors
Preface
About the Editors
4.

図書

図書
武田計測先端知財団編
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2013.11  viii, 127, 6p, 図版 [2] p ; 19cm
シリーズ名: 科学のとびら ; 54
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 最高エネルギー加速器で宇宙の初めにせまる : 宇宙の歴史
物質の最小単位
素粒子の標準モデル ほか
第2章 生命・細胞をつくる : 生物は階層性をもったシステム
観る生物学からつくる生物学へ
天然にないタンパク質をつくる ほか
第3章 細胞シート再生医療 : 日本の医療を考える
医学と工学の融合
ティッシュ・エンジニアリング(組織工学)とは ほか
第4章 : 最先端研究の課題と展望
第1章 最高エネルギー加速器で宇宙の初めにせまる : 宇宙の歴史
物質の最小単位
素粒子の標準モデル ほか
概要: 先端科学を駆使した注目の研究を紹介します。宇宙創成の初期状態をつくってヒッグス粒子を観測。人工細胞をつくって生物の本質を理解。細胞シートをつくって障害臓器に貼りつけるだけの画期的な再生医療を開発。
5.

図書

図書
edited by Yasuyuki Tezuka
出版情報: Singapore ; New Jersey : World Scientific, c2013  xi, 352 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
鈴木悠太著
出版情報: 東京 : 勁草書房, 2018.2  xiv, 445, xxvip ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 「ランド・変革の担い手研究」を起点とする学校改革研究の形成 : M・マクロフリンらによる「ランド・変革の担い手研究」の展開
ランドの学校改革研究—R・エルモアとM・マクロフリンを中心に
第2部 教師の「同僚性」の形成と展開 : 教師の「同僚性」の形成と展開
教師の「同僚性」の概念をめぐるオーストラリア教育学会誌上論争の検討
第3部 教師の「専門家共同体」の形成と展開 : M・マクロフリンの研究の系譜における「専門家共同体」の形成と展開
M・マクロフリンの研究の系譜における「専門家共同体」の定式化
第4部 教師の「専門家共同体」の新展開 : 教師の「専門家共同体」の波及—M・マクロフリンとJ.タルバートによる研究の展開
J.リトルの研究の系譜における「専門家共同体」の展開
教師の「専門家共同体」の新たな展開—スタンフォード大学の研究の系譜
学校改革の「現場の声を聴き現場から学ぶ」ことへ
第1部 「ランド・変革の担い手研究」を起点とする学校改革研究の形成 : M・マクロフリンらによる「ランド・変革の担い手研究」の展開
ランドの学校改革研究—R・エルモアとM・マクロフリンを中心に
第2部 教師の「同僚性」の形成と展開 : 教師の「同僚性」の形成と展開
7.

図書

図書
池上彰著
出版情報: 東京 : KADOKAWA, 2014.7  192p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 イスラム教とは何か?—イスラム教を知らずしてイスラム世界はわからない : ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、3つの宗教が信じる神は実は同じ
イスラム教のベースは実はユダヤ教にある ほか
第2章 現在につながる中東の対立—現在に続く中東問題の基本とイスラム教内の対立を学ぶ : イスラム教の中の大きな2つの宗派
イランとサウジアラビアは人種も宗派も異なる ほか
第3章 イスラムと世界の対立—イスラムと欧米諸国との対立。そのもとになった重大問題とは? : 中東地域で孤立?イランは特殊なイスラム国家
イラン・イスラム革命の勃発。ホメイニ師って何をした人? ほか
第4章 現代イスラムが抱える問題—「アラブの春」がイスラム世界に何を残したのか? : フセイン政権が倒れて果たして平和は訪れたのか?
チュニジアから始まった中東の革命「アラブの春」 ほか
第5章 イスラム世界とつきあう—地政学的にもビジネスパートナーとしてもイスラム世界とのつきあいが重要な時代に : 豚インフルエンザが引き起こした宗教対立
フランスでイスラム教徒の女性の服装「ブルカ」が禁止された ほか
第1章 イスラム教とは何か?—イスラム教を知らずしてイスラム世界はわからない : ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、3つの宗教が信じる神は実は同じ
イスラム教のベースは実はユダヤ教にある ほか
第2章 現在につながる中東の対立—現在に続く中東問題の基本とイスラム教内の対立を学ぶ : イスラム教の中の大きな2つの宗派
概要: アラブの春の結末からハラルマーケットまで。「イスラム」世界には世界の大問題を解くカギがある!イスラムがわかればこれからの世界が見えてくる!
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
渡辺正裕著
出版情報: 東京 : 培風館, 2010.2  vi, 198p ; 21cm
シリーズ名: 電子情報工学ニューコース ; 16
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1.コンピュータの仕組みとプログラミング言語 1
   1.1 コンピュータの中では 1
   1.2 プログラムが実行されるまで 3
2.変数の型と宣言 7
   2.1 変数,キーワード,基本型 7
   2.2 浮動小数点数の表現 12
   2.3 変数の宣言と代入 15
   2.4 数値リテラルの表記法 17
   2.5 式の値と型唾 19
   2.6 型が異なる式の代入 19
   2.7 演算子の演算規則と優先順位 21
    2.7.1 インクリメント・ディクリメント演算子 21
    2.7.2 代入演算子 23
    2.7.3 多重代入演算子の動作 24
    2.7.4 文字型(Char型) 24
    2.7.5 文字列リテラル 26
    2.7.6 文字列結合演算子 26
   演習問題2 27
3.条件分岐と繰り返し 31
   3.1 論理演算子と関係演算子理 31
   3.2 条件分岐(1)-if-else文の使い方 32
   3.3 条件分岐(2)-switch-case文 35
   3.4 繰り返し(1)-for文 36
   3.5 繰り返し(2)-while文,do-while文 37
   3.6 breakとcontinue 39
   演習問題3 41
4.クラスとインスタンス 47
   4.1 オブジェクト指向の考え方 47
   4.2 クラスの定義 47
   4.3 可視性(visibility)とアクセス修飾子 50
   4.4 インスタンスの生成 52
   4.5 フィールドへのアクセス方法 53
   4.6 メソッドの呼び出し方 54
   4.7 コンストラクタ 56
   4.8 メソッドのオーバーロード 57
   演習問題4 60
5.配列 65
   5.1 配列の宣言 66
   5.2 配列要素と配列変数 67
   5.3 配列のサイズを知る 68
   5.4 クラスの配列 69
   5.5 配列の応用-べき級数と多項式の計算法 69
   5.6 配列の応用-並べ替え(ソーティング) 73
    5.6.1 選択ソート 73
    5.6.2 マージソート 75
    5.6.3 クイックソート 77
   5.7 多次元配列 82
   演習問題5 86
6.クラス変数とインスタンス変数 93
   6.1 クラス変数 93
   6.2 クラスメソッド 95
   6.3 ローカル変数 96
   6.4 final修飾子 98
   演習問題6 99
7.継承-オブジェクト指向の3大原則 103
   7.1 オブジェクト同士の関係性-継承関係 103
   7.2 集約関係 105
   7.3 継承の実装 106
   7.4 継承とコンストラクタ 107
   7.5 継承の禁止(f1nalキーワード) 110
   7.6 メソッドのオーバーライド 110
   7.7 抽象クラスと抽象メソッド 113
   7.8 親・子クラスにおける参照型変数の互換性 114
   7.9 Objectクラス 115
   7.10 オブジェクトの比較とコピー 116
   7.11 Stringクラス 117
    7.11.1 Stringクラスの演算子 117
    7.11.2 Stringクラスの配列 118
   演習問題7 120
8.数値計算のアルゴリズム 125
   8.1 非線形方程式の解法(1)-はさみうち法 125
   8.2 非線形方程式の解法(2)-ニュートン法 130
   8.3 数値微分と微分方程式の差分化 132
   8.4 数値積分法 135
   8.5 微分方程式の解法-オイラー法 137
   8.6 行列クラスの設計と実装 140
    8.6.1 行列の積の計算 140
    8.6.2 実数を行列要素とする行列クラスの実装 142
   8.7 ガウスの消去法による連立1次方程式の解法 146
    8.7.1 ガウスの消去法の手順 147
    8.7.2 ガウスの消去法アルゴリズム 151
    8.7.3 ピボット選択を考慮したガウスの消去法アルゴリズム 152
    8.7.4 ガウスの消去法のRMatrixクラスへの実装 154
   演習問題8 159
参考となる情報源 163
演習問題の解答例 165
キーワードー覧表 188
索引 193
1.コンピュータの仕組みとプログラミング言語 1
   1.1 コンピュータの中では 1
   1.2 プログラムが実行されるまで 3
9.

図書

図書
末包文彦 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2016.12  vi, 247p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 標準理論でとらえる素粒子の世界
第2章 : レプトンの反応
第3章 : 弱い相互作用と粒子の崩壊
第4章 : ハドロンとその特性
第5章 : 核子のパートン構造とQCD
第6章 : ハドロンのクォーク模型
第7章 : 重いフェルミオンとゲージボソンの探索
第8章 : CKM行列とその測定
第9章 : CP対称性の破れ
第10章 : ニュートリノ
第11章 : 標準理論と今後の展望
第1章 : 標準理論でとらえる素粒子の世界
第2章 : レプトンの反応
第3章 : 弱い相互作用と粒子の崩壊
概要: どう導いた?どう実証した?理論と実験の両面から解説。
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
中島秀人編著
出版情報: 京都 : ミネルヴァ書房, 2010.4  vii, 361p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき
第Ⅰ部 工学の歴史と理論
 第1講 科学・技術から科学技術へ(中島秀人) 3
   1 近代までの科学と技術 4
   2 工学への道 7
 第2講 工学はどのように生まれたか(中島秀人) 15
 第3講 イノベーションとは何か(詫間直樹) 25
   1 「イノベーション」の概念 26
   2 イノベーションのタイプ 29
   3 エイズ治療薬に見るユーザー・イノベーション 32
 特別講義1 安全学の現在(村上陽一郎) 36
   1 現場の問題 37
   2 安全とリスク,安心と不安 44
第Ⅱ部 工学と社会の新たな関係
 第4講 科学技術と公共性-トランスサイエンス的状況の出現(小林傳司) 61
   1 人々は科学技術をどう見てきたか 61
   2 変化する科学技術観 73
   3 こらからの科学技術 82
 第5講 科学知識の専門知と公共性(藤垣裕子) 95
   1 専門知を超えた問題 95
   2 科学技術と民主主義 99
   3 科学者の社会的責任 110
 第6講 科学技術コミュニケーションとは?--実例を通して考える(杉山滋郎) 124
   1 科学技術コミュニケーターの養成 125
   2 双方向的な科学技術コミュニケーション 131
   3 科学知識と社会との関係 138
 第7講 医療をめぐる安全性--インフォームド・コンセントを中心に(福地直樹) 148
   1 医療事故の意義と類型 149
   2 医療事故の性質と患者の権利 150
   3 インフォームド・コンセントの歴史と意義 153
   4 インフォームド・コンセントの機能と内容 157
 第8講 エネルギー科学技術と社会の関係(山野直樹) 163
   1 科学技術と社会の共進化 163
   2 社会的責任の重要性 174
   3 参加型意思決定と信頼醸成 180
第Ⅲ部 社会のための工学とは
 第9講 自然に学ぶ粋なテクノロジー-地球環境からものつくりを考える(石田秀輝) 189
   1 地球環境問題とは何か 189
   2 粋な暮らしとものつくりのかたち 201
   3 ネイチャー・テクノロジーの創出 209
 第10講 技術者倫理とユニバーサルデザイン(瀬口昌久) 221
   1 社会が求める技術者倫理 221
   2 技術,法律,倫理の三つの関係 227
   3 ユニバーサルデザインから据え直す技術の倫理性 239
 第11講 ライフサイクルアセスメントと社会的価値(柴田 清) 254
   1 これって環境によいのか? 255
   2 環境への影響を一言で表現する 265
   3 環境の価値,技術の価値・目的 268
 特別講義2 社会の中の科学技術と日本-科学・技術・社会・価値(有本建男) 274
   1 時代認識 274
   2 科学技術政策からイノベーション政策への転換 282
   3 科学技術システムの変革 289
第Ⅳ部 科学技術をめぐる時事問題
 第12講 気候変動をめぐる国際政治と日本(蟹江憲史) 303
   1 どこまで温室効果ガスを減らす必要があるのか? 303
   2 国際政治課題としての気候変動問題 308
   3 将来枠組みをめぐる国際合意形成と日本外交 316
 第13講 日本のエネルギー政策(国吉 浩) 320
   1 エネルギーとその利用 320
   2 エネルギー政策の考え方 330
   3 エネルギー利用の将来と政策 334
 第14講 省エネルギー建築の可能性と現実(詫間直樹) 342
   1 省エネルギー建築の意義 343
   2 省エネルギー建築のさまざまな技術 346
   3 省エネルギー建築技術の発達と普及 351
索引
まえがき
第Ⅰ部 工学の歴史と理論
 第1講 科学・技術から科学技術へ(中島秀人) 3
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼