close
1.

図書

図書
北岡良之, 深川英俊, 川村司共著
出版情報: 東京 : 学術図書出版社, 2011.2  iv, 181p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
吉田克明, 北原清志, 西村強共著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2011.12  iv, 177p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
丸本嘉彦 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2011.12  vii, 150p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
一昨日冗著
出版情報: 東京 : 東京図書出版 , 東京 : リフレ出版 (発売), 2012.2  viii, 217p ; 26cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
北岡良之, 深川英俊, 川村司共著
出版情報: 東京 : 学術図書出版社, 2011.10  iv, 193p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第0章 これだけは知っておこう―何題解けますか 1
   0.1 論理と集合とは 1
   0.2 数と式の計算とは 4
   0.3 三角関数とは 6
   0.4 指数,対数とは 12
   0.5 2次曲線とは 14
   0.6 数列,極限とは 18
   0.7 導関数,微分とは 20
   0.8 グラフ,増減表とは 22
   0.9 変曲点,極値とは 23
   0.10 微分方程式とは 24
   0.11 巾級数展開とは 25
   0.12 江戸時代の数学である和算とは 26
第1章 微分の演習 28
   1.1 論理と集合 28
   1.2 数列と極限 30
   1.3 存在定理と連続 33
   1.4 連続関数,逆関数 35
   1.5 微分 38
   1.6 平均値の定理 41
   1.7 合成関数の微分 44
   1.8 級数 46
   1.9 指数関数と対数関数 47
   1.10 三角関数と逆三角関数 51
   1.11 巾級数展開 53
   1.12 偏微分 56
   1.13 合成関数の微分 58
   1.14 陰関数 61
   1.15 極値問題 62
   1.16 章末問題 69
第2章 積分の演習 75
   2.1 不定積分Ⅰ 75
   2.2 不定積分Ⅱ 79
   2.3 不定積分Ⅲ 84
   2.4 定積分Ⅰ 92
   2.5 定積分Ⅱ 94
   2.6 定積分Ⅲ 99
   2.7 応用Ⅰ 105
   2.8 応用Ⅱ 107
   2.9 曲線の長さ 110
   2.10 重積分 112
   2.11 変数変換 116
   2.12 回転体,錘の体積,重心 120
   2.13 線積分とグリーンの定理 124
   2.14 ラプラス変換 126
   2.15 章末問題 131
第3章 解答編 137
   3.1 確認問題の答 137
   3.2 微分法の章末問題解答 158
   3.3 積分法の章末問題解答 171
索引 192
第0章 これだけは知っておこう―何題解けますか 1
   0.1 論理と集合とは 1
   0.2 数と式の計算とは 4
6.

図書

図書
御法川幸雄著
出版情報: 相模原 : 現代図書 , 東京 : 星雲社 (発売), 2010.10  viii, 186p ; 26cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
ジョン・ペリー著 ; 武田楠雄訳編
出版情報: 東京 : 森北出版, 2011.6  2, 4, 197p ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
一樂重雄著
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2011.8  ii, 195p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに i
Ⅰ 微分 1
 1 序章/素朴な疑問から 2
   小学校の算数から 2
   無限大と無限小 3
   数とは何か 4
 2 関数とは何か/簡単すぎて難しい! 8
   関数 8
   座標平面 11
   関数のグラフ 12
 3 微分/瞬間とは何か? 16
   積分の考え 17
   微分の考え 18
   微分係数の意味 20
   微分の意味 23
   連続関数 27
   微分の基本的性質 29
   グラフを描く 36
 4 いろいろな関数とその微分/いよいよおいしい数学だ! 48
   多項式 748
   指数関数と対数関数 51
   対数関数の微分 60
   指数関数の微分 62
   三角関数 65
   三角関数のグラフと微分 68
   双曲線関数 75
 5 級数の理論/足し算は永遠に 78
   調和級数 82
   アーチ型橋を作る 84
   数列の和と数学的帰納法 88
   べき級数 92
   収束半径 93
   項別微分定理 94
Ⅱ 積分 107
 6 積分/変化するものを足し合わせる 108
   区分求積法 108
   微積分学の基本定理 117
   変数変換あるいは置換積分 121
   円の面積再考 124
   積分の性質 125
   無限区間の積分 130
   確率分布 133
Ⅲ 微分方程式 137
 7 微分方程式/数学で自然を観る 138
   人口増加の微分方程式 141
   ロジスティック方程式 143
Ⅳ 多変数関数の微積分 149
 8 ベクトルと行列/たくさんの情報をまとめて扱う 150
   ベクトル 150
   多変数関数 155
   線形写像 158
 9 線形写像と多変数関数の微分/変数が多くたって平気! 166
   線形写像 166
   多変数関数の微分 167
   偏微分 169
   多変数関数の微分に関する基本定理 173
   多変数関数の微分の性質 176
 10 多変数関数の積分/どう切ってもパンの量は変わらない 179
   円錐の体積 179
   累次積分 182
   多変数の積分の変数変換 187
   多変数での無限積分 190
索引 194
はじめに i
Ⅰ 微分 1
 1 序章/素朴な疑問から 2
9.

図書

図書
服部哲也著
出版情報: 東京 : 学術図書出版社, 2010.2  xii, 239p ; 21cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
荒井正治著
出版情報: 東京 : 学術図書出版社, 2011.3  iv, 288p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 極限・連続関数 1
   1.1 数列の極限 1
   1.2 関数の極限値 15
   1.3 連続関数 24
第2章 1変数関数の微分法 42
   2.1 微分係数・導関数 42
   2.2 導関数の計算 47
   2.3 平均値の定理 59
   2.4 不定形の極限 71
   2.5 テイラーの定理 80
   2.6 近似値,極限再論 87
第3章 多変数関数の微分法 93
   3.1 多変数関数 93
   3.2 偏導関数 100
   3.3 合成関数の偏微分 107
   3.4 テイラーの定理 122
   3.5 陰関数定理 128
第4章 1変数関数の積分法 138
   4.1 原始関数・不定積分 138
   4.2 定積分 152
   4.3 広義積分 166
   4.4 微分積分と数理モデル 175
   4.5 定積分の応用・面積と長さ 179
第5章 多変数関数の積分法 188
   5.1 2重積分 188
   5.2 累次積分 193
   5.3 3重積分 200
   5.4 変数変換 203
   5.5 広義積分 213
   5.6 重積分の応用 219
   5.7 ストークスの定理など 224
第6章 級数 235
   6.1 級数 235
   6.2 関数列・関数項級数 244
   6.3 巾級数 252
付録A 260
   A.1 ギリシャ文字 260
   A.2 二項定理 260
   A.3 三角関数 262
   A.4 指数関数 263
   A.5 直線・平面 265
   A.6 定理1.3.6,1.3.7の証明 267
解答 270
第1章 極限・連続関数 1
   1.1 数列の極限 1
   1.2 関数の極限値 15
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼