close
1.

図書

図書
前田修一著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2013.6  ix, 82p ; 19cm
シリーズ名: 化学の要点シリーズ ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : はじめに
第2章 : 有機系光記録材料のあけぼの
第3章 : 日本発の発明:CD‐R
第4章 : DVD‐Rへ発展
第5章 : 三次元用光記録材料の化学
第6章 : 情報爆発社会へ向けて
第1章 : はじめに
第2章 : 有機系光記録材料のあけぼの
第3章 : 日本発の発明:CD‐R
2.

図書

図書
日本化学会編著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2013.1  202p ; 26cm
シリーズ名: CSJ Current Review ; 11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 基礎概念と研究現場 : フロントランナーに聞く / 座談会
絵解き・元素戦略の基礎
元素利用の歴史と元素戦略の将来展望
2 研究最前線 : 均一系鉄触媒による炭素‐炭素結合生成反応
銅触媒の多様な活性化形式を活用する反応開発と医薬リード合成
有機分子触媒 ほか
3 役に立つ情報・データ : この分野を発展させた革新論文51
覚えておきたい関連最重要用語
知っておくと便利!関連情報
1 基礎概念と研究現場 : フロントランナーに聞く / 座談会
絵解き・元素戦略の基礎
元素利用の歴史と元素戦略の将来展望
3.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2013.3  190p, 図版 [4] p ; 26cm
シリーズ名: CSJ Current Review ; 12
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 基礎概念と研究現場 : フロントランナーに聞く / 座談会
π電子系分子の基礎
π電子研究の歴史と将来展望 : ほか
2 研究最前線 : 精密合成が拓くπ電子科学
芳香族連結輪状分子シクロアリーレンの科学
金属内包フラーレンのπ電子化学 ほか
3 役に立つ情報・データ : この分野を発展させた革新論文43
覚えておきたい関連最重要用語
知っておくと便利!関連情報
1 基礎概念と研究現場 : フロントランナーに聞く / 座談会
π電子系分子の基礎
π電子研究の歴史と将来展望 : ほか
4.

図書

図書
金村聖志著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2013.8  viii, 136p ; 19cm
シリーズ名: 化学の要点シリーズ ; 9
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 電池の歴史
第2章 : 電池の中身と基礎
第3章 : 電池と環境・エネルギー
第4章 : 電池の種類
第5章 : 電池の中の化学反応
第6章 : 電気二重層キャパシタ
第7章 : 電池と自動車
第8章 : 未来の電池と小型電子機器
第1章 : 電池の歴史
第2章 : 電池の中身と基礎
第3章 : 電池と環境・エネルギー
5.

図書

図書
春田正毅著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2013.5  x, 121p, 図版 [2] p ; 19cm
シリーズ名: 化学の要点シリーズ ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : ナノ粒子とは?
第2章 : 物質の寸法を小さくすると何が変わるか?
第3章 : ナノ粒子はどのようにしてつくるか?
第4章 : ナノ粒子の構造
第5章 : ナノ粒子はどのように利用されているか?
第6章 : 将来展望
第1章 : ナノ粒子とは?
第2章 : 物質の寸法を小さくすると何が変わるか?
第3章 : ナノ粒子はどのようにしてつくるか?
概要: なぜ物質を小さくしていくと劇的に物性が変わるか?その原理・原則はどうなっているか?どうしたら粒子径と形が揃ったナノ粒子を調製できるか?どのような分野で応用が始まっているのか?物性が急変するクリティカルな寸法は?ナノ粒子の先にある研究分野は? など、ナノ粒子に対する素朴で的確な疑問に答えた。 続きを見る
6.

図書

図書
垣内史敏著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2013.1  xiv, 188p ; 19cm
シリーズ名: 化学の要点シリーズ ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 有機金属化合物とは
第2章 : 配位子の構造的特徴
第3章 : 有機金属化合物の合成
第4章 : 遷移金属化合物が関与する基本的な素反応
第5章 : 均一系遷移金属錯体を用いた水素化反応
第6章 : 触媒的ヒドロシリル化反応とヒドロホウ素化反応
第7章 : 触媒的カルボニル化反応
第8章 : アルケンの官能基化
第9章 : アリル金属錯体が関与する反応
第10章 : メタセシス反応
第11章 : クロスカップリング反応
第12章 : 触媒的炭素‐水素結合の官能基化反応
第1章 : 有機金属化合物とは
第2章 : 配位子の構造的特徴
第3章 : 有機金属化合物の合成
7.

図書

図書
伊藤攻著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2013.2  ix, 127p ; 19cm
シリーズ名: 化学の要点シリーズ ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 電子移動の基本事項 : 電子移動の分子軌道表現
電子移動のポテンシャル曲線図
反応速度と平衡濃度
電子移動とラジカルイオンの確認
平衡反応の確認
電子移動の後続反応
その他の電子移動
ラジカルイオンの一方あけを生成する方法
まとめ
第2章 電子移動の基礎理論 : 電子移動(シフト)反応におけるMarcus理論
連結分子内の電子シフト反応
溶液中の分子間ホールシフト反応 ほか
第3章 光誘起電子移動 : 電子供与体と電子受容体の混合系
後続電子伝達系への応用
後続化学反応への応用 ほか
第4章 : 展望と課題
第1章 電子移動の基本事項 : 電子移動の分子軌道表現
電子移動のポテンシャル曲線図
反応速度と平衡濃度
8.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2013.10  v, 205p, 図版 [4] p ; 26cm
シリーズ名: CSJ Current Review ; 13
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 基礎概念と研究現場 : キラル研究の第一人者に聞く 岡本佳男教授
キラル化合物 光学活性化合物の入手法と活用
生体とキラリティ 医薬学におけるキラリティとキラル化合物 ほか
2 研究最前線 : X線とNMRによる絶対配置の決定
赤外円二色性スペクトルによる絶対配置の決定
有機結晶に潜む超分子キラリティ—3軸非対称2回らせん束集合 ほか
3 役に立つ情報・データ : この分野を発展させた束新論文40
覚えておきたい関連最重要用語
知っておくと便利!関連情報
1 基礎概念と研究現場 : キラル研究の第一人者に聞く 岡本佳男教授
キラル化合物 光学活性化合物の入手法と活用
生体とキラリティ 医薬学におけるキラリティとキラル化合物 ほか
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼