close
1.

図書

図書
長岡洋介著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.7  viii, 102p ; 20cm
シリーズ名: 岩波講座物理の世界 / 佐藤文隆 [ほか] 編 ; . 量子力学||リョウシ リキガク ; 2
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
ヒュー・プライス著 ; 遠山峻征, 久志本克己訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2001.11  ix, 397p ; 20cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
勝本信吾著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2003.3  x, 82p ; 20cm
シリーズ名: 岩波講座物理の世界 / 佐藤文隆 [ほか] 編 ; . 量子力学||リョウシ リキガク ; 4
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ケネス・W・フォード著 ; 渡辺正, 黒田和男訳
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2005.9  288, 6p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
不思議な量子
第1章 見た目とすがお 1
第2章 自然をはかる 9
第3章 電子の仲間 35
第4章 ほかの粒子たち 79
第5章 量子の飛び 107
第6章 量子の跳び 127
第7章 社交嫌いと社交好き 147
第8章 変わらないもの 175
第9章 波か粒子か? 213
第10章 量子論の未来 253
訳者あとがき
索引
不思議な量子
第1章 見た目とすがお 1
第2章 自然をはかる 9
5.

図書

図書
首藤啓著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2011.2  x, 120p ; 20cm
シリーズ名: 岩波講座物理の世界 / 佐藤文隆 [ほか] 編 ; . 量子力学||リョウシ リキガク ; 3
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
David J. Tannor著 ; 山下晃一ほか訳
出版情報: 京都 : 化学同人, 2011.8-2012.3  2冊 ; 22cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
P.R.ウォレス著 ; 荒牧正也, 粟屋かよ子, 沢田昭二訳
出版情報: 東京 : シュプリンガー・フェアラーク東京, 1999.1  ix, 206p ; 21cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
高木伸著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1997.11  xii, 222p ; 22cm
シリーズ名: 新物理学選書
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
M.P.シルバーマン著 ; 村山良昌訳
出版情報: 東京 : シュプリンガー・フェアラーク東京, 1997.11  v, 285p ; 21cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
伊東由文著
出版情報: 東京 : サイエンスハウス, 2006.3-  冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序 i
第1章 量子確率 1
   1.1 確率の定義と確率変数 1
   1.2 量子確率の概念とその基本性質 4
   1.3 量子確率変数とその期待値 8
第2章 新量子論の公理 10
   2.1 新量子論と物理学の基本原理 10
   2.2 新量子論の公理 11
   2.3 量子系の例 15
   2.4 力学変数の期待値 16
   2.5 一般化量子状態の公理 18
第3章 シュレーディンガー方程式の導出 22
   3.1 微粒子系の運動と全エネルギーの保存則 22
   3.2 シュレーディンガー方程式の導出(1) 25
   3.3 シュレーディンガー方程式の導出(2) 30
第4章 調和振動子 35
   4.1 調和振動子とは何か 35
   4.2 シュレーディンガー方程式の解法 36
   4.3 附録(1)超幾何関数 45
   4.4 附録(2)エルミート多項式 51
第5章 黒体輻射とプランクの輻射公式 59
   5.1 黒体輻射と考える物理系 59
   5.2 数理モデルの設定 61
   5.3 数学的解析 63
   5.4 黒体輻射とプランクの輻射公式の意味 67
   5.5 近似モデル 69
   5.6 ウィーンの変位則 71
   5.7 光量子とは何か 74
第6章 固体の比熱 77
   6.1 固体の比熱と考える物理系 77
   6.2 数理モデルの設定 77
   6.3 数学的解析 80
   6.4 個体の比熱の意味 82
   6.5 近似モデル 85
   6.6 黒体の比熱 87
第7章 自由粒子系 90
   7.1 1次元自由粒子系 90
   7.2 1次元自由粒子系の数理モデル 91
   7.3 1次元自由粒子系の数学的解析 93
   7.4 1次元自由粒子系についての考察と結果 99
   7.5 d次元自由粒子系 100
   7.6 d次元自由粒子系の数理モデル 101
   7.7 d次元自由粒子系の数学的解析 103
   7.8 d次元自由粒子系についての考察と結果 108
第8章 理想気体の比熱 110
   8.1 理想気体の比熱と考える物理系 110
   8.2 数理モデルの設定 111
   8.3 数学的解析 113
   8.4 理想気体の比熱の意味 119
参考文献 123
索引 129
序 iii
第9章 ポテンシャル障壁とトンネル効果 1
   9.1 トンネル効果と考える物理系 1
   9.2 数理モデルの設定 3
   9.3 数学的解析 6
   9.4 トンネル効果の意味 20
第10章 井戸型ポテンシャル 24
   10.1 井戸型ポテンシャルと考える物理系 24
   10.2 数理モデルの設定 26
   10.3 数学的解析 29
   10.4 井戸型ポテンシャル下の電子の運動 44
第11章 無限に深い井戸型ポテンシャル 48
   11.1 無限に深い井戸型ポテンシャルと考える物理系 48
   11.2 数理モデルの設定 50
   11.3 数学的解析 53
   11.4 無限に深い井戸型ポテンシャル下の電子の運動 61
第12章 二重スリットの実験 65
   12.1 二重スリットの実験 65
   12.2 数理モデルの設定と数学的解析 65
   12.3 二重スリットの実験についての考察と結果 67
第13章 水素原子のスペクトル 70
   13.1 水素原子のつくる物理系 70
   13.2 数理モデルの設定 71
   13.3 数学的解析 73
   13.4 水素原子のスペクトルの意味 84
   13.5 付録22体問題における重心運動の分離 88
   13.5.1 古典力学の場合 88
   13.5.2 シュレーディンガー方程式の場合 90
第14章 新量子論の哲学的考察 92
   14.1 新量子論の哲学的考察 92
   14.1.1 宇宙と物体 92
   14.1.2 絶対空間と絶対時間 93
   14.1.3 自然存在と科学理論 94
   14.1.4 自然の様相と物理理論 97
   14.1.5 古典物理学 100
   14.1.6 新量子論の公理 105
   14.1.7 量子確率と古典的確率 109
   14.1.8 新量子論と因果律 114
   14.1.9 量子現象の観測 115
   14.1.10 種々の量子現象 115
   14.1.11 音,熱と光 118
   14.1.12 原子の安定性 119
   14.1.13 スピンとは何か 120
   14.2 新量子論の諸課題 121
付録A 数学的準備 123
   A.1 ルベーグ測度とルベーグ積分 123
   A.1.1 ルベーグ測度 123
   A.1.2 ルベーグ積分 l25
   A.2 関数空間L2 133
   A.3 関数空間L2loc 137
   A.4 超関数 137
   A.5 ソボレフ空間Hs(Rⁿ),Hs loc(Rⁿ) 139
   A.6 L2locとフーリエ変換 141
付録B 変分問題の解法 143
   B.1 変分問題の解法 143
   B.2 局所変分問題の解法 146
   B.3 種々の量子系と変分問題 150
   B.3.1 1次元調和振動子の系 151
   B.3.2 1次元自由粒子系 152
参考文献 153
索引 159
序 i
第1章 量子確率 1
   1.1 確率の定義と確率変数 1
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼