close
1.

図書

図書
日本建築学会編
出版情報: 東京 : 彰国社, 2002.8  305p ; 26cm
シリーズ名: シリーズ地球環境建築 ; 入門編
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
editors, Susumu Saito ... [et al.]
出版情報: Melville, N.Y. : American Institute of Physics, c2001  xix, 556 p. ; 25 cm
シリーズ名: AIP conference proceedings ; 590
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Symposium Organization
Conference Photograph
I. NANOTUBES: SYNTHESIS
   SWNTs Synthesized in External Magnetic Field B. Jeyadevan, Y. Sato, K. Tohji, A. Kasuya, R. Hatakeyama, H. Ishida, N. Sato, K. Ueno, and T. Takagi 3
   Production of Thick Single-Walled Carbon Nanotubes by Arc Discharge in Hydrogen Ambience Y. Ando, X. Zhao, K. Hirahara, and S. Iijima 7
   Production and Measurements of Isolated Single-Wall Carbon Nanotubes S. Arepalli, P. Nikolaev, W. Holmes, V. Hadjiev, and B. Files 11
   In-Situ Spectroelectrochemical Study of Single-Wall Carbon Nanotubes S. Kazaoui, N. Minami, N. Matsuda, H. Kataura, and Y. Achiba 15
   Synthesis of Carbon Nanocoils Using Electroplated Iron Catalyst L. Pan, M. Zhang, A. Harada, Y. Takano, and Y. Nakayama 19
   Preparation of Carbon Nanotubes by Using Mesoporous Silica S. Kawasaki, S. Komiyama, S. Ohmori, A. Yao, F. Okino, and H. Touhara 23
   Gas Dynamic and Time Resolved Imaging Studies of Single-Wall Carbon Nanotubes Growth in the Laser Ablation Process R. Sen, S. Suzuki, H. Kataura, and Y. Achiba 27
   New Simple Method of Carbon Nanotube Fabrication Using Welding Torch H. Takikawa, Y. Tao, Y. Hibi, R. Miyano, T. Sakakibara, Y. Ando, S. Ito, K. Hirahara, and S. Iijima 31
   Temperature and Time Dependence of the Growth of Carbon Nanotubes by Thermal Chemical Vapor Deposition H.J. Jeong, Y.M. Shin, K.S. Kim, S.Y. Jeong, Y.S. Park, Y.C. Choi, and Y.H. Lee 35
   Effect of Ni-Surface Morphology on the Growth of Carbon Nanotubes by Microwave Plasma-Enhanced Chemical Vapor Deposition Y.C. Choi, Y.M. Shin, H.J. Jeong, D.J. Bae, S.C. Lim, K.H. An, and Y.H. Lee 39
   Growth Mechanism of Carbon Nanotubes Grown by Microwave Plasma-Assisted Chemical Vapor Deposition T. Muneyoshi, M. Okai, T. Yaguchi, and S. Sasaki 43
   Automation of Purification for Single-Walled Nanotubes T. Ogawa, Y. Sato, K. Shinoda, B. Jeyadevan, K. Tohji, A. Kasuya, and Y. Nishina 47
   Time and Space Evolution of Carbon Species Generated with a Laser Furnace Technique S. Suzuki, H. Yamaguchi, R. Sen, H. Kataura, W. Kraetschmer, and Y. Achiba 51
   Synthesis of Vertically Aligned Carbon Nanotubes on a Large Area Using Thermal Chemical Vapor Deposition C.J. Lee, K.H. Son, T.J. Lee, S.C. Lyu, and J.E. Yoo 55
   Synthesis of Aligned Carbon Nanotubes by C2H2 Decomposition on Fe(CO)5 as a Catalyst Precursor J.H. Han, J.E. Yoo, S.C. Yoo, C.J. Lee, and K.-H. Lee 59
   Formation of Radioactive Fullerenes by Using Nuclear Recoil T Ohtsuki, K. Ohno, K. Shiga, Y. Kawazoe, Y. Maruyama, K. Shikano, and K. Masumoto 63
   Open Nanotubes of Insulating Boron Nitride D. Golberg, Y. Bando, K. Kurashima, and T. Sato 67
   Inter-Process Measurement of MWNT Rigidity and Fabrication of MWNT Junctions Through Nanorobotic Manipulations L. Dong, F. Arai, and T. Fukuda 71
   Selective Lateral Nano-Bridging of Carbon Nanowire between Catalytic Contact Electrodes Y.H. Lee, Y.T. Jang, C.H. Choi, E.K. Kim, B.K. Ju, D.H. Kim, C.W. Lee, J.K. Shin, and S.T. Kim 75
II. NANOTUBES: ELECTRONIC AND MECHANICAL PROPERTIES
   Quantum Oscillations for the Spectral Moments of Raman Spectra from SWCNT H. Kuzmany, M. Hulman, W. Plank, A. Grueneis, C. Kramberger, H. Peterlik, T. Pichler, H. Kataura, and Y. Achiba 81
   Electronic Structure Studies of Carbon Nanotubes: Aligned, Doped, and Filled J. Fink, X. Liu, H. Peisert, T. Pichler, M. Knupfer, M.S. Golden, D.M. Walters, and H. Kataura 87
   Lithium Storage in Single Wall Carbon Nanotubes B. Gao, H. Shimoda, X.P. Tang, A. Kleinhammes, L. Fleming, Y. Wu, and O. Zhou 95
   Electronic Structure and Quantum Conductance of Nanotube Structures: Defects, Crossed-Tube Junctions, and Nanopeapods S.G. Louise 101
   Electromechanical Properties of Multiwall Carbon Nanotubes A. Zettl and J. Cumings 107
   Field Emission from Carbon Nanotubes with Clean Surface and Adsorbed Molecules K. Hata, A. Takakura, and Y. Saito 113
   Hydrogen Insertion and Extraction Mechanism in Single-Walled Carbon Nanotubes S.M. Lee, Y.H. Lee, G. Seifert, and T. Frauenheim 117
   Optical Anisotropy of Aligned Single-Walled Carbon Nanotubes in Polymer M. Ichida, S. Mizuno, H. Kataura, Y. Achiba, and A. Nakamura 121
   Polarized Absorption Spectra of 0.4nm-Sized Single-Wall Carbon Nanotube Arrays Formed in Channels of A1PO4-5 Single Crystals Z.K. Tang, Z.M. Li, G.D. Li, N. Wang, H.J. Liu, and C.T. Chan 125
   Structural (n,m) Determination of Isolated Single Wall Carbon Nanotubes by Resonant Raman Scattering A. Jorio, R. Saito, J.H. Hafner, C.M. Lieber, M. Hunter, T. McClure, G. Dresselhaus, and M.S. Dresselhaus 129
   High Energy-Resolution EELS Study of The Electronic Structure of Boron Nitride Cones M. Terauchi, M. Kawana, M. Tanaka, K. Suzuki, A. Ogino, and K. Kimura 133
   Electrical Contact with Titanium Carbide to an Individual Single-Walled Carbon Nanotube F. Nihey, T. Ichihashi, M. Yudasaka, and S. Iijima 137
   Multiwalled Carbon Nanotubes as Single Electron Transistors M. Ahlskog, R. Tarkiainen, L. Roschier, M. Paalanen, and P. Hakonen 141
   Conduction Mechanism in Multiwall Carbon Nanotubes S. Roche, F. Triozon, D. Mayou, and A. Rubio 145
   Electrical Transport through Crossed Carbon Nanotube Junctions T. Nakanishi and T. Ando 149
   Energy Barriers in Carbon Nanotube Junctions R. Tamura and M. Tsukada 153
   Scanning Tunneling Spectroscopic Characterization of Single Walled Carbon Nanotubes in Bundles K. Suzuki, Y. Maruyama, M. Nagayama, T. Kumagai, F. Kosha, K. Tohji, H. Takahashi, A. Kasuya, and Y. Nishina 157
   Estimation of the Mechanical Strength of Nanotube Bundle Y. Nishina, T. Maeda, A. Kasuya, K. Tohji, and Y. Sato 161
   Optical Properties of Fullerene-Peapods H. Kataura, T. Kodama, K Kikuchi, K. Hirahara, S. Iijima, S. Suzuki, W. Kraetschmer, and Y. Achiba 165
   Electron Transport in Carbon Nanotubes Encapsulating Fullerenes D-H. Kim, H-S. Sim, and K.J. Chang 169
   Electronic Structure and Energetics of Carbon Nanotubes Encapsulating C60 S. Okada, S. Saito, A. Oshiyama, and Y. Miyamoto 173
   Intercalation of SWNTs as Investigated by Raman and X-ray Photoemission Spectroscopy T. Ito, Y. Yatsu, H. Fudo, Y. Iwasa, T. Mitani, H. Kataura, and Y. Achiba 177
   Adsorption and Desorption of Weakly Bonded Adsorbates from Single-Wall Carbon Nanotube Bundles T. Hertel, J. Kriebel, G. Moos, and R. Fasel 181
   Chirality Dependent G-Band Raman Intensity of an Individual Single Wall Carbon Nanotube R. Saito, A. Jorio, J.H. Hafner, C.M. Lieber, M. Hunter, T. McClure, G. Dresselhaus, and M.S. Dresselhaus 185
   Photoconductivity of Single-Walled Carbon Nanotubes A. Fujiwara, Y. Matsuoka, H. Suematsu, N. Ogawa, K. Miyano, H. Kataura, Y. Maniwa, S. Suzuki, and Y. Achiba 189
   Electronic Structure of Multi-Walled Carbon Nanotubes Studied by Photoemission Spectroscopy S. Suzuki, C. Bower, Y. Watanabe, S. Heun, T. Kiyokura, K.G, Nath, T. Ogino, W. Zhu, and O. Zhou 193
   STM/STS on Carbon Nanotubes at Low Temperature K. Nomura, M. Osawa, K. Ichimura, H. Kataura, Y. Maniwa, S. Suzuki, and Y. Achiba 197
   Dielectric Function of C60-Encapsulating Nanotube N. Hamada, M. Yamaji, S. Okada, and S. Saito 201
   Structural and Electronic Property Changes of Single-Walled Carbon Nanotubes under Pressure L.C. Qin, J. Tang, T. Sasaki, M. Yudasaka, A. Matsushita, and S. Iijima 205
   Preparation of Mechanically Aligned Carbon Nanotube Films and Their Anisotropic Transport Phenomena D.J. Bae, K.S. Kim, Y.S. Park, K.H. An, J.M. Moon, S.C. Lim, and Y.H. Lee 209
   Polarization Characteristics of Zeolite Single Crystals Containing Carbon Nanotubes N. Nagasawa, I. Kudryashov, S. Tsuda, and Z.K. Tang 213
   Electromechanical Hydrogen Storage in Single-Walled Carbon Nanotubes W.S. Kim, K.H. An, Y.S. Park, and Y.H. Lee 217
   Saturation of Emission Current from Carbon Nanotube Field Emission Array S.C. Lim, H.J. Jeong, Y.M. Shin, K.S. Kim, W.S. Kim, Y.S. Park, Y.C. Choi, K.H. An, D.J. Bae, and Y.H. Lee 221
   Characteristic Interactions of Gases in Solid Carbon Nanotubes C.W. Jin, K. Ichimura, K. Imaeda, and H. Inokuchi 225
   Chemical Interaction of Rare Gases in Solid Carbon Nanotubes K. Ichimura, K. Imaeda, and H. Inokuchi 229
   The Effect of Solvent on Electrical Transport Properties in Single-Wall Carbon Nanotubes S. Masubuchi, H. Masubuchi, S. Kazama, H. Kataura, Y. Maniwa, S. Suzuki, and Y. Achiba 233
   Analysis of C60 Insertion into Single Wall Carbon Nanotube by Molecular Dynamics Simulation T. Ishii, K. Esfarjani, Y. Hashi, Y. Kawazoe, and S. Iijima 237
   Supercapacitors Using Singlewalled Carbon Nanotube Electrodes K.H. An, W.S. Kim, Y.S. Park, H.J. Jeong, Y.C. Choi, J.M. Moon, D.J. Bae, S.C. Lim, and Y.H. Lee 241
   Resonances in Deformed Carbon Nanotubes H.S. Sim, C.J. Park, and K.J. Chang 245
   Electrochemical Lithium Insertion of Heat Treated and Chemically Modified Multi-Wall Carbon Nanotubes H. Touhara, I. Mukhopadhyay, F. Okino, S. Kawasaki, T. Kyotani, A. Tomita, and W.K. Hsu 249
   Spin Valve Effect in Magnetically Doped Nanotube-Based Transistors K. Esfarjani, Z. Chen, A.A. Farajian, and Y. Kawazoe 253
   Charge Oscillation at Doped Nanotube Junctions A.A. Farajian, K. Esfarjani, and M. Mikami 257
   Effective-Mass Theory of Capped Carbon Nanotubes T. Yaguchi and T. Ando 261
   Observation of Coulomb Blockade in a Ti/Multi-Wall Carbon Nanotube/Ti Structure A. Kanda, K. Tsukagoshi, Y. Ootuka, and Y. Aoyagi 265
   Energy Gap Induced by Lattice Deformation in Carbon Nanotubes H. Suzuura and T. Ando 269
   Low Temperature Magneto-Transport in Multi-Wall Carbon Nanotubes R. Enomoto, N. Aoki, K. Ishibashi, and Y. Ochiai 273
   Structural Transformation in Single Wall Carbon Nanotube Bundles V. Kumar, M. Sluiter, and Y. Kawazoe 277
   In-situ Atomistic Observation of Carbon Nanotube during Field Emission T. Kuzumaki, Y. Horiike, and T. Kizuka 281
   Processing of Individual Carbon Nanotubes - Cutting and Joining T. Kizuka and T. Kuzumaki 285
III. FULLERENES AND FULLERIDES
   C60 as Building Block for New Interesting Carbon Structures and Species W. Kraetschmer 291
   Superconductivity in Fullerene Systems M.L. Cohen 297
   Electronic Structure of Ba4C60 and Cs4C60 K. Umemoto and S. Saito 305
   EPR in RbC60 Under Pressure S. Kobayashi, H. Sakamoto, K. Mizoguchi, M. Kosaka, and K. Tanigaki 309
   Behaviors of Metals in Production of Nanonetwork Materials Investigated by Radiochemical Technique K. Sueki, K. Akiyama, C. Kurata, K. Oogama, Y.L. Zhao, M. Katada, S. Enomoto, S. Ambe, F. Ambe, H. Nakahara, and K. Kikuchi 313
   Ferromagnetic Transition in Europium Fullerides EuxSr6-xC60 K. Ishii, A. Fujiwara, H. Suematsu, and Y. Kubozono 317
   C60 Molecular Configurations Leading to Ferromagnetic Exchange Interactions in TDAE-C60 B. Narymbetov, A. Omerzu, V.V. Kabanov, M. Tokumoto, H. Kobayashi, and D. Mihailovic 321
   Metallic Phases in Sodium Fulleride NaxC70 T. Hara, M. Kobayashi, Y. Akahama, and H. Kawamura 325
   Production of C59N: C60 Solid Solution F. Fueloep, A. Rockenbauer, F. Simon, S. Pekker, L. Korecq, S. Garaj, and A. Janossy 329
   Dynamic Jahn-Teller Mechanism of Superconductivity in Alkali-Metal-Doped C60 S. Suzuki, S. Okada, and K. Nakao 333
   Theoretical Study on the Photoemission Spectra of A3C60 (A=K and Rb) T. Chida, S. Suzuki, and K. Nakao 337
   Phase Diagrams of Alkali-Metal-Doped C60: Spin- and Orbital-Polarized States J. Hirosawa, S. Suzuki, and K. Nakao 341
   Study on the Physical Properties of Na4C60 Y. Takabayashi, Y. Kubozono, S. Fujiki, S. Kashino, K. Ishii, H. Suematsu, and H. Ogata 345
   Fabrication of C60/Amorphous Carbon Superlattice Structures N. Kojima, Y. Ohshita, and M. Yamaguchi 349
   AC Conductivity of Alkali Doped C60 Compounds Across the Superconductor-Insulator Transition A. Maeda, H. Kitano, R. Matsuo, K. Miwa, T. Takenobu, Y. Iwasa, and T. Mitani 353
   Study of the Origin of Pressure-Induced Superconductivity of Cs3C60 S. Fujiki, Y. Kubozono, Y. Takabayashi, S. Kashino, M. Kobayashi, K. Ishii, and H. Suematsu 357
   Structure and Properties of RE2.75C60 J. Takeuchi, K. Tanigaki, and B. Gogia 361
   Unusual Magnetic Properties of High-Temperature Reaction Products of Cerium Metal and C60 Solid S. Motohashi, Y. Maruyama, K. Watanabe, K. Suzuki, S. Takagi, and H. Ogata 365
   NMR Studies of Ammoniated Alkali Fullerides H. Tou, N. Muroga, Y. Maniwa, T. Takenobu, H. Shimoda, Y. Iwasa, and T. Mitani 369
   Orientational and Magnetic Transitions in Ammoniated Alkali Metal Fullerides T. Takenobu, M. Miyake, T. Muro, Y. Iwasa, and T. Mitani 373
   NMR Studies of Alkali-Doped C60 Superconductors with Small Lattice Constants K. Kitazume, H. Tou, Y. Maniwa, M. Kosaka, and K. Tanigaki 377
   Magnetic Properties of TDAE-C60 under Pressure K. Mizoguchi, M. Machino, H. Sakamoto, T. Kawamoto, M. Tokumoto, A. Omerzu, and D. Mihailovic 381
   Synthesis and Structure of Alkaline Earth and Rare Earth Metal Doped C70 T. Takenobu, Y. Iwasa, T. Ito, and T. Mitani 385
   Structural and Physical Properties of Lithium Fullerides LixC70 H. Kumada, M. Kobayashi, Y. Akahama, and H. Kawamura 389
   The Structural and Magnetic Properties in TDAE-Fullerene System K. Oshima, Y. Nogami, T. Kambe, N. Nagao, and M. Fujiwara 393
   Synthesis and Structure of All-Carbon Bisfullerene C121 H. Shimotani, J. Wang, N. Dragoe, and K. Kitazawa 397
   Photoinduced Polymerization in Crystalline C60 via Multi-Photoexcitation: Lattice-Relaxation and Energy-Transfer of Excitons M. Suzuki 401
   The Morphology of Vapor Grown C60 Crystals as an Ideal Example of the Gibbs-Wulff's Law E. Schoenherr, K. Matsumoto, and K. Murakami 405
   Synthesis and Crystal Structure of Cocrystallite with Silver Octaethylporphyrin and C70 T. Ishii, R. Kanehama, N. Aizawa, M. Yamashita, H. Matsuzaka, H. Miyasaka, T. Kodama, K. Kikuchi, I. Ikemoto, Y. Iwasa, and M. Shiro 409
   Photosensitized Oxygenation of Alkenes in the Presence of Bisazafullerene (C59N)2 and Hydroazafullerene C59HN N. Tagmatarchis and H. Shinohara 413
   Transition of the Heterofullerene (C59N)X to the Monomeric Phase of C59N W. Plank, T. Pichler, S. Baes-Fischlmair, M. Krause, H. Kuzmany, N. Tagmatarchis, and H. Shinohara 417
   Survey of Natural Fullerenes in Southwestern China E. Osawa, M. Ozawa, K. Chijiwa, K. Hoyanagi, K. Tanaka, and M. Kusunoki 421
   Effect of Chemical Treatment on the Structure of Ultradisperse Diamond and Onion-Like Carbon A.E. Alexenskii, M.V. Baidakova, A.T. Dideikin, V.Y. Osipov, E. Osawa, M. Ozawa, A.I. Shames, V.I. Siklitsky, and A.Y. Vul' 425
   Studies of Porphyrin-Fullerene Dyads with Oligoethylene Glycols Spacers in Solution R. Ogura, T. Toida, K. Tsunoda, H. Yajima, and T. Ishii 429
   Magnetic-Field Induced Ferromagnetism in Bissilylated C60 by Pyrolysis Y. Kajihara, K. Tanigaki, and T. Akasaka 433
   Characterization of Actinide Metallofullerenes K. Akiyama, K. Sueki, Y.L. Zhao, H. Haba, K. Tsukada, T. Kodama, K. Kikuchi, T. Ohtsuki, Y. Nagame, H. Nakahara, and M. Katada 437
IV. FULLERENE POLYMERS
   NMR Studies of Alkali-Doped C60 Polymers Y. Maniwa, H. Ikejiri, H. Tou, S. Masabuchi, S. Kazama, M. Yasukawa, and S. Yamanaka 443
   Dimer Structure of Sm3C70 H.C. Dam, X.H. Chen, T. Takenobu, T. Itou, Y. Iwasa, T. Mitani, E. Nishibori, M. Takata, and M. Sakata 447
   Photopolymerization of C60 Crystal under High Pressure M. Sakai, M. Ichida, and A. Nakamura 451
   Out-of-Plane and In-Plane Structures of the Cast Films of Long Alkyl Chain-Linked C60 via Phenyl Ring M. Chikamatsu, K. Kikuchi, T. Kodama, H. Nishikawa, I. Ikemoto, N. Yoshimoto, T. Hanada, Y. Yoshida, N. Tanigaki, and K. Yase 455
V. ENDOHEDRALS
   Structure of IPR-Violated Fullerene, Sc2@C66 E. Nishibori, M. Takata, M. Sakata, C.R. Wang, M. Inakuma, and H. Shinohara 461
   Chemistry of Endohedral Metallofullerene Ions T. Akasaka, T. Wakahara, S. Nagase, K. Kobayashi, M. Waelchli, K. Yamamoto, M. Kondo, S. Shirakura, Y. Maeda, T. Kato, M. Kako, Y. Nakadaira, X. Gao, E. Van Caemelbecke, and K.M. Kadish 465
   Spin Dynamics of Lanthanum Metallofullerenes S. Okubo and T. Kato 469
   Valence Change of Tm Atom in Metallofullenes K. Kikuchi, K. Sakaguchi, N. Ozawa, T. Kodama, H. Nishikawa, I. Ikemoto, K. Kohdate, D. Matsumura, T. Yokoyama, and T. Ohta 473
   Electronic Structure of Eu@C60 S. Suzuki, M. Kushida, S. Amamiya, S. Okada, and K. Nakao 477
   Electronic Structures of the La@C82 Crystals by the Relativistic LCAO Method S. Amamiya, S. Okada, S. Suzuki, and K. Nakao 481
   Low-Energy Electron Energy Loss Spectroscopy of Monolayer and Thick La@C82 Films Grown on MoS2 Substrates K. Ueno, Y. Uchino, K. Iizumi, A. Koma, K. Saiki, Y. Inada, K. Nagai, Y. Iwasa, and T. Mitani 485
   Photophysical and Photochemical Properties of Higher Fullerenes and Endohedral Metallofullerenes O. Ito, M. Fujitsuka, T. Akasaka, and K. Yamamoto 489
VI. CLATHRATES
   Silicon and Germanium Clathrates with Magnetic Elements K. Tanigaki, T. Kawaguchi, A. Nagai, and M. Yasukawa 495
   A New Silicon Clathrate Compound: I8Si46-xIx E. Reny, S. Yamanaka, C. Cros, and M. Pouchard 499
   NMR Studies of Silicon Clathrate Compounds H. Sakamoto, H. Tou, Y. Maniwa, H. Ishii, E. Reny, and S. Yamanaka 503
   A Sign of Superconductivity in Li-Doped αーRhombohedral Boron A. Oguri, K. Kimura, A. Fujiwara, M. Terauchi, and M. Tanaka 507
VII. OTHER MOLECULAR MATERIALS
   Laser Induced Dissociation of Linear C6 and Reorientation of Trapping Sites in Solid Neon T. Wakabayashi, A. L. Ong, and W. Kraetschmer 513
   Spiral Carbon Nanoparticles M. Ozawa, E. Osawa, and H. Goto 517
   Electronic Structures of Carbyne Model Compounds S. Hino, Y. Okada, K. Iwasaki, M. Kijima, and H. Shirakawa 521
   Magnetic Properties of K-Absorbing Zeolite LTA H. Kira, H. Tou, Y. Maniwa, and Y. Murakami 525
   Mechanism of Magnetism in Stacked Nanographite: Theoretical Study K. Harigaya, N. Kawatsu, and T. Enoki 529
List of Participants 533
Author Index 551
Preface
Symposium Organization
Conference Photograph
3.

図書

図書
岩本正和監修 ; 加藤明 [ほか] 編集委員
出版情報: 東京 : エヌ・テイー・エス, 2001.11  [8], 11, 976, 7, 9, 25p, 図版6p ; 27cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
新山浩雄 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 講談社, 2001.9  x, 148p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序文 iii
1章 科学技術論文の書き方 1
   1.1 高校で学ぶ英語は役にたたない? 1
   1.2 初学者のための英作文 4
   1.2.1 英借文から始めよう 4
   1.2.2 自分のノートを作る 4
   1.2.3 例文ノートをワープロで作る 5
   1.2.4 辞典類 5
   1.2.5 ワープロ・パソコン 6
   1.2.6 細切れ時間の活用のコツ 6
   1.2.7 ブラッシュアップ 6
   1.3 読み,書き,話し,聞く 英語によるコミュニケーションの4つの要素 7
   1.4 科学技術論文を書くための英語文法の一般的心得 9
   1.4.1 主張の強度 9
   1.4.2 Countable(可算名詞)と Uncountable(不可算名詞) 13
   1.4.3 定冠詞と不定冠詞 17
   1.4.4 主詞について 19
   1.4.5 句読点の使い方 22
   1.4.6 時制 24
   1.4.7 自動詞と他動詞 25
   1.5 論理を展開する,話を筋道だてて述ぺるための接続詞・副詞句など 25
   1.6 科学技術論文の構成 29
   1.7 その他の技術英文 下書きの書き方 29
2章 Introduction,Summary,Conclusionの書き方 31
   2.1 Introductionの書き方 31
   2.1.1 一般的心得 31
   2.1.2 Introductionに現れる英語表現 32
   2.2 Introductionの例 33
   2.3 Summary,Abstractの書き方 40
   2.3.1 Summary,Abstractの例 40
   2.3.2 英語で書くにあたって 42
   2.4 Conclusionの書き方 42
   2.5 役にたつ例文集 44
3章 Theory,Modelの書き方 47
   3.1 一般的心得 47
   3.2 Theory,Modelの例文 47
   3.2.1 Theoryの例文 イオン交換膜中の透過 47
   3.2.2 Modelの例文 固体生成を伴う反応 51
   3.3 問題の設定 53
   3.4 Theory,Modelの展開 54
   3.4.1 文献の紹介,引用 54
   3.4.2 条件をつける 55
   3.4.3 論理展開に有用な表現 56
   3.5 数式に関する表現 56
   3.5.1 数式に関する語句 56
   3.5.2 演算 加減乗除,対数,微分・積分,境界条件 58
   3.5.3 記号の説明 文中,notation,添字 59
   3.5.4 式の代入,組み合わせ,解 59
   3.5.5 式の引用 60
4章 Experimentsの書き方 61
   4.1 一般的心得 61
   4.2 Experimentsの例文 61
   4.3 実験装置の説明に関する例文 64
   4.3.1 取り付ける 64
   4.3.2 示す 64
   4.3.3 構成 65
   4.3.4 測定・制御 65
   4.3.5 装置の名称 66
   4.4 幾何学的な大きさの表現 67
   4.5 実験条件に関する表現 67
   4.5.1 温度などの条件の表現方法 68
   4.5.2 精度 69
   4.5.3 範囲 69
   4.6 方法・操作に関する表現 69
   4.6.1 同様の操作・繰り返し 70
   4.6.2 供給方法 70
   4.6.3 試薬の調製 71
   4.6.4 合成 72
   4.6.5 乾燥 72
   4.6.6 精製 72
   4.6.7 蒸発・濃縮 73
   4.6.8 溶解 73
   4.6.9 撹拌・混合 74
   4.7 分析方法に関する表現 74
   4.7.1 ガスクロマトグラフ 75
   4.7.2 核磁気共鳴 76
   4.7.3 質量分析 76
   4.7.4 赤外吸収 76
   4.8 データ解析に関する表現 76
5章 Results,Discussionの書き方 78
   5.1 一般的心得 78
   5.2 Results,Discussionの例文 78
   5.2.1 気液平衡に関する例文 78
   5.2.2 タングステンカーバイド(WC)の新しい製造法に関する例文 82
   5.3 Resultsの表示 86
   5.4 図表に関する表現 87
   5.4.1 表の行(row)と列(column) 87
   5.4.2 図の種類 87
   5.4.3 座標(coordinate),軸(axis:複数はaxes) 87
   5.4.4 線 87
   5.4.5 記号 87
   5.4.6 変化 87
   5.4.7 線の動き 88
   5.4.8 図表の説明文 88
   5.5 Results,Discussionの展開に関する表現 89
   5.5.1 主張の強さ 90
   5.5.2 一致・不一致,議論の余地 90
   5.5.3 理由,根拠,証拠 91
   5.5.4 原因,結果 91
   5.5.5 影響 92
   5.5.6 結果,説明,解釈 92
   5.6 その他の役にたつ表現集 92
6章 References,Acknowledgmentの書き方 102
   6.1 Referencesの例 102
   6.1.1 文献の引用方法 102
   6.1.2 専門雑誌の引用 104
   6.1.3 書籍の引用 104
   6.1.4 未公刊論文の引用 105
   6.1.5 ホームページの引用 106
   6.2 Acknowledgmentの例 106
   6.2.1 助言や便宜に対する謝辞 106
   6.2.2 科研費などの研究費援助に対する謝辞 107
7章 論文の投稿 108
   7.1 投稿する雑誌の選択 108
   7.2 論文の形式 109
   7.3 論文投稿の準備 109
   7.4 論文投稿の手紙の書き方 110
   7.5 履歴書の書き方 111
   7.6 略語の使い方,作り方 114
8章 プレゼンテーションの英語 116
   8.1 発表の英語の特徴 116
   8.2 発表の壇上で使われる英語 発表前の進行とあいさつ 117
   8.3 発表原稿の作成 119
   8.3.1 発表の切り出しの表現 120
   8.3.2 数式を表す表現 122
   8.4 図表類の作成と対応する発表原稿 124
   8.5 質疑応答の表現 128
   8.5.1 質問の表現 129
   8.5.2 回答の表現 132
   8.5.3 逃げる表現 133
   8.6 英語を話す練習 134
付録 136
参考書 139
和文索引 140
英文索引 145
Coffee Break
   がんばれ! 3
   ビリヤードとゴルフ 8
   類義語の選択 thesaurusの利用 12
   Equipment と Instrument 14
   ショットはいくつ? 16
   "the"の役割 18
   ニュアンスの違い 21
   強調したいことのおかれる位置 28
   複数単語 30
   「オットセイ」は何語? 32
   "Hydrogen Bomb"は水素爆弾です 39
   ドはドーナツのド,N は New York のN 43
   春はあけぼの 46
   外国語修得は役にたつ? 77
   おつりの話 100
   略語あれこれ 115
序文 iii
1章 科学技術論文の書き方 1
   1.1 高校で学ぶ英語は役にたたない? 1
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
丸山正明著
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 2005.9  253p ; 20cm
シリーズ名: 東工大Center of Excellence教育改革 / 丸山正明 [ほか] 著 ; PM編
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
カラーページ 1
まえがき 9
目次 15
第1章-集中講義で財務諸表の基本学び、模擬体験へ 21
   専門分野が異なる研究開発者同士がチームを組む時代に
   質問形式によって、学生は考え、意見を発表する
   CFOは財務面での守りを固めるのが役目と解説
   ベンチャー企業の資金調達法のさわりまで教える
   「実践的事業戦略」は少数精鋭の議論中
   心の寺子屋式を実践
   事業戦略立案という模擬体験に向けて講義を進行
   「会社とは何か」という根源的な課題を本音で丁寧に議論
   バランス・シートの構成要素を列挙し構造を解説
   無形資産が持つ企業価値の意味まで一気に教える
   宿題はアニュアルリポートを読んで企業分析することに
第2章-PM特論1 ビジネスモデルづくりの基本設計法を教授 47
   研究開発プロジェクトに必須なマネジメント能力
   起業を目指す大学院生に素養を植え付ける
   "非"研究開発部門で活躍する博士を輩出することも目標
   創造的・戦略的なヴィジョナリー経営の基本を伝授
   今起きている現象を同時進行で考察
   二〇〇四年度期末リポートの課題は青色LED訴訟
   多彩なゲストスピーカーが「リアルビジネス」を解説
   投資先をインキュベーションする意味を解説
   ベンチャー企業に追加投資して育成する過程を解説
   企業経営者は社員が生き生きと仕事をする環境を提供
   プロジェクト・マネジメントの実践法を実例で伝授
第3章-PM特論2 シミュレーションを通して事業化プランづくりを学ぶ 79
   "実務作業"の模擬体験で財務の理解を深めていく
   アニュアルリポート読みに四苦八苦する試練を甘受
   企業研究では財務諸表から分かるものを具体的に教える
   GMの経営陣の立場で経営業績の改善策を考える
   今後取り組む「財務基礎」向けの事業化プラン課題を発表
   事業シミュレーションという模擬体験で理解を深める
   事業シミュレーションの後にトヨタとGMを再考
   固定資産税や減価償却などのなじみのない項目に四苦八苦
   約一ヵ月のシミュレーション体験で財務の基礎をほぼ会得
   特任教授も「オリジナル企業創業シミュレーション」に参加
   三チームはスポーツバー事業計画プランなどの検討を開始
   卓越した知識と技術を持つベテラン人材の派遣事業を提案
   自転車リサイクル事業を詳細に検討
   後期のPM特論5の「技術シーズの事業化プラン」演習に接続
第4章-PM特論3 「聴いてもらう技術」を日本語と英語の両方で会得 123
   説明上手は「聴いてもらう技術」を基に内容を推敲
   英語で発表するコミュニケーションスキルを学ぶ
   PM特論3では基本を日本語による訓練で学ぶ
   PM特論3・6は、工夫に満ちた演習課題を次々と実践
   第一回目は自己紹介のプレゼンテーションを実施
   言葉だけに頼るコミュニケーションの難しさを実感
   説明資料を用いるプレゼンテーションの演習課題を開始
   再挑戦の発表では、ビデオテープで発表者の癖を指摘
   各学生が採点シートを記入し、発表者に改善点を指示
   非専門家向けプレゼンテーションの実践から多くを学ぶ
第5章-PM特論4 研究開発を技術経営の視点から考える能力を伝授 157
   講義の質はクライアント企業向けと同等を維持
   考え続けることがイノベーションを実現する
   経営戦略や技術戦略の中で研究開発戦略を決める
   代表的な日本企業を研究開発効率と企業価値指標で分析
   技術マネジメントの課題解決は段階を踏まえて分析
   技術マネジメントの対象は技術資源評価と明言
   経営戦略の中で事業戦略を立て、技術戦略を立てる
   市場、製品、技術のロードマップで将来像を共有
   研究開発テーマは経営の意思を反映させて決定
   CTOは技術マネジメントを遂行する責任者
   期末課題は新規事業提案か産学連携提案のどちらかに
第6章 COE提案内容は産業化目指す応用開発に収束 193
   材料系四専攻教員有志は21世紀COEプログラムに応募
   二〇〇二年初めからCOE公募向けに拠点構想の模索を開始
   材料を網羅するキーワードはナノテクノロジーに
   強烈なリーダーシップの持ち主に拠点リーダーを依頼
第7章 PMコースの教員・カリキュラムを半年で決めて開講 211
   国際的に通用する研究開発リーダーを育成する
   PMコースの担当教員候補を求めて外部識者を訪問
   PM担当教員、ロンドンの金融勉強会の縁を核に集結
   PMコース開講に向け講義体制を迅速に構築
   少数精鋭の寺子屋方式によって学ぶことの原点を実感
   後期の講義のPM特論4も準備に追われる
   二〇〇三年四月にPMコースはようやく船出に成功
第8章 五年度後の後継COE組織の構想を練る 237
   PMコースを東工大大学院博士課程の共通コースに
   二〇〇五年度前期にPMコースの評価調査を実施
   同意識調査報告書は問題点の指摘とその対応策を提示
   他のCOE拠点と連携するシンポジウムを相次いで開催
   PMコースの成果はWebサイトを利用した教育メソッド
-補足-
   特任教授のプロフィール 249
カラーページ 1
まえがき 9
目次 15
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
奥村学, 難波英嗣共著 ; 人工知能学会編集
出版情報: 東京 : オーム社, 2005.3  vii, 159p ; 21cm
シリーズ名: 知の科学
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 テキスト自動要約概論 1
   1・1 我々の身近にある要約 1
   1・2 テキスト自動要約とは 2
   1・3 テキスト自動要約技術の背景 2
   1・4 テキスト自動要約の関連技術 3
   1・5 要約の種類 5
   1・6 要約の手法,モデル 7
   1・7 テキスト自動要約に必要な言語処理技術 8
   1・8 本書の構成 10
   参考図書 11
2章 人間の要約作成手法 13
   2・1 専門的な要約作成者の要約作成手法 13
   2・2 人間の自由作成要約を目指して 14
   2・3 人間による複数テキスト要約の作成 16
   参考図書 19
3章 テキスト自動要約の基礎 21
   3・1 重要文抽出による要約 21
   3・1・1 重要文抽出に用いられるテキスト中の特徴について 22
   3・1・2 複数の表層的手がかりを統合して用いる重要文抽出 35
   3・1・3 重要文抽出に基づく要約の問題点 39
   3・2 文短縮による要約 40
   3・2・1 文中の重要箇所抽出,不要箇所削除による要約 41
   3・2・2 統計的文短縮 43
   参考図書 46
4章 より多様な要約作成を目指して 47
   4・1 テキスト自動要約における研究の方向性 47
   4・2 抽象化,言い替えによるアブストラクト作成 49
   4・3 ユーザに適応した動的な要約手法 51
   4・4 要約の提示方法について 53
5章 単一テキスト要約システムの現在 55
   5・1 単一テキスト要約システムのシステム構成 55
   5・2 冗長性の少ない要約に向けて 56
   5・3 要約における言い替え,書き換えの役割 62
   参考文献 67
6章 複数テキストを対象にした要約 69
   6・1 複数テキスト要約のポイント 69
   6・2 テキスト間の類似点と相違点 71
   6・3 一般的な複数テキスト要約システムの構成 74
   6・4 研究事例 83
   6・4・1 トピックとの関連度と冗長性を考慮した要約作成 84
   6・4・2 目的に特化した要約作成 86
   6・4・3 自然言語生成システムを利用した要約作成 89
   6・4・4 テキスト集合からの要約の検出 91
   6・4・5 ウェブ上のニュース記事要約システム 93
7章 テキスト自動要約システムの性能評価 99
   7・1 内的な評価方法 99
   7・1・1 内容に関する評価 100
   7・1・2 読みやすさに関する評価 110
   7・1・3 内容,読みやすさに関するオンライン評価 111
   7・2 外的な評価方法 112
   7・3 複数テキスト要約を対象にした自動評価 116
   7・3・1 TSC3における重要文抽出データの作成 117
   7・3・2 TSC3における重要文抽出システムの評価 118
   7・4 日米におけるテキスト自動要約システムの評価型プロジェクト 119
   7・4・1 SUMMAC 121
   7・4・2 DUC 122
   7・4・3 TSC 125
   参考図書 130
8章 テキスト自動要約の応用 131
   8.1 ナビゲーションのための複数テキスト要約 133
   8.2 携帯端末向け情報提示 133
   8.3 障害者の情報保証 134
   8.4 議事録,発表資料自動作成 134
   8.5 要約対象の幅の広がり 134
   8・5・1 電子メールを対象とした要約 135
   8・5・2 音声,対話の要約 135
付録 テキスト自動要約についてもう少し詳しく知るには 139
あとがき 143
参考文献 145
引用文献 156
索引 157
1章 テキスト自動要約概論 1
   1・1 我々の身近にある要約 1
   1・2 テキスト自動要約とは 2
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
David S. Ginley, editor ; Hideo Hosono, David C. Paine, associate editors
出版情報: New York : Springer, c2010  xiii, 533 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 Transparent Conductors 1
   David S. Ginley and John D. Perkins
2 Electronic Structure of Transparent Conducting Oxides 27
   J. Robertson and B. Falabretti
3 Modeling, Characterization, and Properties of Transparent Conducting Oxides 51
   Timothy J. Coutts, David L. Young, and Timothy A. Gessert
4 Characterization of TCO Materials 111
   David C. Paine, Burag Yaglioglu, and Joseph Berry
5 In Based TCOs 149
   Yuzo Shigesato
6 Transparent Conducting Oxides Based on Tin Oxide 171
   Robert Kykyneshi, Jin Zeng, and David P. Cann
7 Transparent Conductive Zinc Oxide and Its Derivatives 193
   Klaus Ellmer
8 Ternary and Multinary Materials: Crystal/Defect Structure-Property Relationships 265
   Thomas O. Mason, Steven P. Harvey, and Kenneth R. Poeppelmeier
9 Chemistry of Band Structure Engineering 295
   Art Sleight
10 Non-conventional Materials 313
   Hideo Hosono
11 Applications of Transparent Conductors to Solar Energy and Energy Efficiency 353
   Claes G. Granqvist
12 Nanostructured TCOs (ZnO, TiO2, and Beyond) 425
   Dana C. Olson and David S. Ginley
13 Transparent Amorphous Oxide Semiconductors for Flexible Electronics 459
14 Junctions 489
   Hiromichi Ohta
15 Process Technology and Industrial Processes 507
   Mamoru Mizuhashi
Index 527
1 Transparent Conductors 1
   David S. Ginley and John D. Perkins
2 Electronic Structure of Transparent Conducting Oxides 27
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
低温工学・超電導学会編
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.12  249, vp ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1751
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 3
1章 低温の世界へようこそ-常温~-20℃
   01 天然のウォータークーラー-レトロ技術でどこまで冷える? 12
   02 アインシュタインが考案した冷蔵庫 15
   03 伝熱モードを断ち切る魔法瓶の秘密 18
   04 融けずに消えゆく雪?-昇華現象を考える 21
   05 送電塔を倒す霜柱の驚異 25
   06 味を一瞬で封じ込める-冷凍と解凍の科学 28
   07 凍った魚が生き返る!-生体冷凍保存術 34
   08 シューッと一吹き痛み消し-冷却療法最前線 39
   09 凍傷としもやけ-本当は恐ろしい低体温症の話 43
   10 雲は百家争鳴-スケートが滑る理由は謎だらけ 46
   11 永久凍土を融かすな! 52
   12 音を使って冷却!? 57
   13 凍らせて掘る-トンネル工事の秘策 66
2章 「極寒の大陸」南極の低温世界--1.4℃~-78℃
   14 南極海で「凍らない魚」を発見! 70
   15 「氷山の一角」が60m!? 71
   16 天を突く「光柱」の正体は? 78
   17 南極の空に出現する“幻の太陽” 81
   18 真横にたなびく煙!?-南極の怪現象 84
   19 氷上の屋気楼 87
   20 一瞬にして凍りつく眉毛 91
   21 お湯で打ち上げる糸花火 93
   22 観測史上最低気温 95
   23 オゾン層破壊の前兆「紫色の雲」 97
   column1 温度計の「目盛り」はどう決める? 101
3章 極低温技術の驚異--108℃~-269℃
   24 超ヘビー級の低温液体でダークマターを捉える 112
   25 LNGの利用は「効率」が命 115
   26 「超電導現象」現る! 122
   27 75年後の大発見-高温超電導 128
   28 木星の内部は超電導状態?-手がかりは金属水素 130
   29 低温で空気を成分ごとにバラバラに! 133
   30 液体酸素は磁石がお好き!? 139
   31 炎を上げてタバコが燃える!-液体酸素の燃焼力 142
   32 超高真空をつくり出せ! 144
   33 窒素の貯蔵はガスより液体がお得 148
   34 電球を明るく輝かせる液体窒素 150
   35 低温目玉焼き 152
   36 低温爆薬!?-はじけ飛ぶ消しゴムの秘密 154
   37 “夢のエネルギー”水素燃料が抱える難題 157
   38 大気中の微量成分を捕捉せよ!-地球温暖化に挑む極低温技術 165
4章 「永久気体」も凍りつく-4K~2.2K
   39 そして“永久気体”も液体になった 168
   40 “永久液体”の正体 174
   41 超流動-量子レベルの奇妙なふるまい 177
   42 「摩擦なし流れ」とゼロエントロピー 184
   43 スーパー熱輸送-超流動ヘリウムは沸騰しない? 188
   44 壁を這い上がる“忍びの液体” 191
   45 音楽に合わせて踊る「超流動噴水」 194
   46 “忍びの液体”が宇宙進出!? 197
   column2 熱はどう伝わる? 201
5章 究極の低温-1K~0K
   47 同位体を使って絶対零度に迫る-希釈冷却の秘密 210
   48 絶対零度まであと一歩!-ヘリウムのもう一つの顔 213
   49 磁石を使って冷却する-絶対零度の高い壁 216
   50 原子の振動を抑え込む「レーザー冷却」 219
   51 宇宙一低温なのは地球!? 223
   52 比熱がゼロになる-古典物理学から量子力学へ 228
   53 負の温度って何?-熱平衡を超えた謎の存在 231
   54 人工衛星はなぜ冷やさなければならないのか? 234
   55 宇宙開闢に迫る極低温技術 238
参考文献 245
執筆者紹介 247
さくいん 巻末
はじめに 3
1章 低温の世界へようこそ-常温~-20℃
   01 天然のウォータークーラー-レトロ技術でどこまで冷える? 12
9.

図書

図書
水谷, 仁(1942-)
出版情報: 東京 : ニュートンプレス, 2011.12  143p ; 28cm
シリーズ名: NEWTONムック
ニュートン別冊
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
editors, Koichiro Tanaka ... [et al.]
出版情報: [Osaka] : Yamada Science Foundation , Bristol : IOP Pub., c2009  1 v. (various pagings) ; 27 cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
オンデマンド授業流通フォーラム大学イノベーション研究会編
出版情報: 東京 : 三省堂, 2011.8  218p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 3
第1章 松本大学 13
   私たちが先生を利用してるんです 14
   地域の教育力は「ある」、だが使うのは「大変だ」 17
   「教育そのもの」で地域とつながること 19
   地域ニーズは少量多品種生産 20
   学生は地域の生産物、PL法で一緒に面倒見てください 22
   地域連携、学年別先生のお仕事 23
   地域の道路は、学生通行禁止 25
   先生、俺ら、あしたも雪かきに来るよ 27
   先生には叱れない叱り方 28
   学校で教えられることの限界 29
   リヤカーで野菜を行商、「もったいない」プロジェクト 30
   大きくしたら手放すビジネス 32
   命をいただき、大地に返す 34
   一日限りのレストラン 36
   学生が集いプロジェクトを動かす、地域づくり考房「ゆめ」 38
   学生の「思いつき」を「思い」に変える 42
   心の地域インフラ製造工房 44
   しっかりした若者に自ら仕立て上がること 45
   職員はみんな民間感覚 46
   学生と接する職場こそが花形 48
   マスコミパワーとクチコミパワー 49
   大学を広報することは、社会的情報共有になる 51
   しっかりした若者に自ら仕立て上がること 53
   ■松本大学プロフィール 58
第2章 共愛学園前橋国際大学 61
   デザイナーズトイレの謎 62
   授業をすることが学長就任の条件 64
   ひとり一人が大学に「オーナーシップ」を持つ 66
   みんなで決めたのは「定員を割っても入試レベルを維持する」こと 69
   学生と一緒につくる大学 71
   学生は仲間、パートナー、同志 73
   学生は大人として大学に参加する 76
   スピークアップ・システム 78
   自分が成長することを楽しむ 79
   学長や学部長が、いつでも研究室までやってくる 81
   学校に来ると元気になる 84
   学食も学生たちのセーフティネット 86
   いくらでも変われる、どんな自分にもなれる 88
   泣きながら先生と話した10分 91
   がんばれる理由に出合う 93
   学生社長が運営するバーチャルカンパニー 94
   自分の知識が、他の人の役に立つ 98
   単位認定される「資格」 100
   いくらでも変われる、どんな自分にもなれる 102
   ユビキタス・キャンパスは学生の発案から始動した 104
   大学にあるまじき導入超速プロセス 106
   ゼミや授業でのiPod touchとTwitter活用 108
   iPod touchとユビキタス・キャンパス【チャットインタビュー】 114
   高い学生満足度がもたらすもの 121
   人はどこにいるかではない、何をするかだ 125
   拡大・安定と、文化に悩む 128
   大学への参加が、そのまま「学び」になる 129
   役割分業のない大学は貪欲だ 132
   大学の設計図が「ひとり一人」から描かれる大学 134
   ■共愛学園前橋国際大学プロフィール
第3章 南大阪地域大学コンソーシアム 139
   勉強ができる学生もできない学生も、到達レベルは同じである 140
   大学のキャリア教育は学生のマインドセットを変えることだ 142
   就職とキャリア教育 144
   「こんな関空ほしかってん」有意義で楽しい1日目 147
   「こんな関空ほしかってん」地獄に変わる2日目 150
   「こんな関空ほしかってん」最終プレゼンはスーツで行う 152
   マインドセットが変わり、行動変容が起こる 154
   大学連携による共同プログラム開発 155
   学生が企業・自治体の問題解決「学生クラブ・アクト」 157
   学生が子どもたちに教える「キャリア教育」 160
   「こんな自転車欲しかってん」小中学生向けキャリア教育 163
   幼稚園児から大人まで、思考リテラシー教育の「やりかたはひとつ」 166
   教育効果を測定する 169
   学生たちの学校インターシップ 172
   リンカーンマッチングプロジェクト 176
   学生、「企業人」と出会う 178
   仕事に誇りを持つ幸せをつかみたい 180
   学生による学生のための就職情報誌『Lips』の完成 183
   「就コレ」では同じプレゼンを16回繰り返す 185
   仲間とコラボレーションできる人材を育てる 188
   会員大学でも開始された地域連携学生プロジェクト支援 189
   公立大学の使命は地域とともにある「大阪府立大学」 191
   コンソーシアム事務局の独立 193
   堺市とコンソーシアムのいい関係 195
   コンソーシアム運営資金の9割を独自に受託・獲得 196
   コンソーシアムは未来へ伸びるバネだ 199
   ■南大阪地域大学コンソーシアムプロフィール 202
<あとがき>地域は大学に何をもたらすのか 204
はじめに 3
第1章 松本大学 13
   私たちが先生を利用してるんです 14
12.

図書

図書
Lucas F. M. da Silva, Andreas Öchsner, Robert D. Adams, editors
出版情報: Berlin : Springer, c2011  2 v. ; 25 cm
シリーズ名: Springer reference
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
荒川泰彦監修
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2011.8  iv, 221p, 図版1枚 ; 27cm
所蔵情報: loading…
14.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
三浦正幸編集
出版情報: 東京 : 羊土社, 2010.5  223p ; 26cm
シリーズ名: 実験医学 ; 増刊 vol.28, no.7 (2010)
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
概論 様々な生命現象に関わる細胞死研究の魅力とその生理機能解明【三浦正幸】 18
   1 細胞死の検出と分類
   2 細胞死の機能
   3 細胞死の基本メカニズムと生体機能
   4 細胞死と疾患
第Ⅰ部 細胞死とシグナル
 第1章 ストレスと細胞死
   1.ストレス応答キナーゼシグナルによる細胞死のバランス制御【松沢 厚/一條秀憲】 27
    1 ストレス応答キナーゼJNK,p38と細胞死
    2 JNK,p38による細胞死誘導メカニズム
    3 ストレス応答キナーゼASK1と細胞死シグナル制御機構
    4 ストレス応答シグナルの持続的活性化と細胞死誘導メカニズム
    5 ASK1依存的細胞死の生理機能と疾患との関連
   2.ROSによる細胞死および生体反応の調節─細胞死から組織修復さらにはがん化へ【中野裕康】 35
    1 細胞内におけるROS発生の場
    2 積極的なROS産生のマシナリーNoxファミリー分子
    3 転写因子NF-κBによる細胞死制御とROS
    4 ROSと組織修復さらにはがん化へ
   3.非アポトーシス細胞死研究の現状と展望【松岡洋祐/辻本賀英】 41
    1 細胞死の分類
    2 生理的細胞死(発生途中や組織の恒常性維持のために生体内で起こる細胞死)
    3 病理的細胞死(感染や疾病が原因となって起こる細胞死)
 第2章 核と細胞死
   1.DNA傷害によるキナーゼ活性化機構とアポトーシス誘導制御【吉田清嗣】 47
    1 ATM遺伝子とその機能
    2 Chk2の活性化機構とシグナル伝達
    3 DNA傷害におけるc-Ablの活性化とアポトーシス誘導
    4 PKCδによるDNA傷害依存的なアポトーシス誘導制御
    5 DYRK2によるp53の制御とアポトーシス誘導
   2.発生過程におけるアポトーシスの新しい制御機構 : クロマチンリモデリングによるp53のエピジェネティックコントロール【西山正章/中山敬一】 53
    1 発生過程におけるp53の役割
    2 p53の制御モデル
    3 初期発生においてp53機能を抑制するCHD8
   3.異常な四倍体細胞を除去する細胞死機構【小林洋平/米原 伸】 60
    1 異常な四倍体細胞の形成機構
    2 異常な四倍体細胞と癌化
    3 異常な四倍体細胞とp53
    4 異常な四倍体細胞に誘導される細胞死
   4.p53を介した細胞死の制御メカニズム【政井一郎】 66
    1 細胞死におけるp53の役割
    2 ゼブラフィッシュを用いたp53依存性の細胞死の研究
第Ⅱ部 細胞死の関わる生命現象
 第3章 細胞貪食
   1.MFG-E8およびTim4を介したアポトーシス細胞の認識・貪食機構とその破綻【山口裕嗣/長田重一】 72
    1 食細胞は標的細胞の生死をどのように見分けるのか?
    2 アポトーシス細胞を認識する分子
    3 アポトーシス細胞が適切に貪食されないと何が起こるのか?
   2.アポトーシス依存的な細胞貪食による生体恒常性の維持【白土明子/中西義信】 79
    1 アポトーシス細胞貪食のしくみ
    2 生体恒常性の維持につながるアポトーシス細胞貪食
    3 微生物によるアポトーシス細胞貪食機構の利用
    4 アポトーシス細胞貪食と病気との関係
 第4章 発生における細胞死
   1.生き物の「形」をつくる細胞死【倉永英里奈】 86
    1 器官形成における細胞死の古典的な役割-組織除去,彫塑
    2 器官形成における動力としての細胞死の役割
   2.なんのために細胞は死ぬのか?─神経系発生発達期におけるプログラム細胞死の意義【山口良文】 93
    1 初期神経発生過程におけるプログラム細胞死
    2 神経回路形成過程における細胞死
    3 成体神経新生過程における細胞死
   3.神経栄養因子によるニューロンの維持と細胞死【上坂敏弘/榎本秀樹】 101
    1 NGFによる交感神経節後ニューロンの生存維持
    2 NTによる生存維持と細胞死誘導
    3 NTと知覚ニューロンの生存
    4 神経細胞死と軸索変性
    5 運動ニューロンのPCD
    6 腸管ニューロンの生存シグナル
   4.筋分化過程での細胞運命決定にかかわる小胞体ストレスシグナル【森島信裕】 109
    1 骨格筋分化に伴うアポトーシス
    2 筋線維形成に伴う小胞体ストレスシグナル系の活性化
    3 筋分化における小胞体ストレスシグナルの役割
   5.脳の性差形成と細胞死【木村賢一】 116
    1 ショウジョウバエの性決定
    2 ショウジョウバエの性行動とfruitless遺伝子
    3 脳の性差とその機能
    4 脳の性差形成と細胞死
 第5章 細胞増殖と細胞死
   1.癌治療におけるp53依存性アポトーシスの意義【北川麻弓/佐谷秀行】 122
    1 ゲノムの守護神p53
    2 癌遺伝子産物Skp2によるp53依存的アポトーシス抑制機構
    3 転写因子E2F-1によるp53依存的アポトーシス誘導機構
   2.状況依存的細胞死シグナル制御による上皮のがん抑制【大澤志津江/井垣達吏】 129
    1 上皮に内在するがん抑制システム
    2 TNF-JNK経路による状況依存的細胞死制御
    3 細胞間コミュニケーションを介した上皮の「安全装置」とその破綻による腫瘍悪性化
   3.細胞競合の分子機構【松田七美】 135
    1 リボソームタンパク質の機能欠失により誘導される細胞競合
    2 dMycにより誘導される細胞競合
    3 細胞競合の解析モデル
    4 細胞競合研究の今後の課題
 第6章 再生と組織再編成
   1.肝再生 : 細胞死と細胞増殖・成長の分子機構【尾崎倫孝】 146
    1 マウス肝再生の制御機構
    2 肝再生における細胞増殖,細胞成長と細胞死(Jak/STAT3およびPDK1/Aktの役割)
    3 種々の病態における肝再生と細胞死
   2.骨における細胞死 : 骨のモデリングとリモデリング【松尾光一】 154
    1 骨格のモデリングと軟骨細胞死
    2 骨リモデリングと破骨細胞死
    3 骨折修復のトリガーとしての骨細胞死
    4 関節軟骨の細胞死
    5 アポトーシス関連遺伝子改変マウスと骨
   3.「増殖か,死か」 : 組織再生における増殖細胞の生存戦略【川上厚志】 159
    1 多細胞体の組織ホメオスタシス
    2 魚類における組織再生
    3 幼若組織を用いた再生過程の解析
    4 変異体における再生の異常
    5 clocheにおける細胞死のメカニズム
    6 アポトーシスの起こる細胞の決定機構
   4.腸幹細胞系における細胞死とその役割【高島茂雄/安達 卓】 167
    1 哺乳類の小腸
    2 ショウジョウバエの中腸
    3 哺乳類の大腸
    4 ショウジョウバエの後腸
   5.細胞死制御を応用した組織再生モデル系の構築【菅田浩司】 174
    1 ショウジョウバエ幼虫組織の再生
    2 遺伝学的手法による遺伝子発現のコントロール
    3 時限的細胞死による非侵襲的な組織除去
    4 再生組織における位置情報の獲得
    5 組織再生を促す分子メカニズム
    6 WgはNotchの発現を抑制することによりMycの発現を誘導する
    7 Mycの過剰発現は組織再生を促進させる
    8 今後の展望
第Ⅲ部 細胞死と疾患
 第7章 炎症と危険信号
   1.危険信号センサーとしてのインフラマソーム【野口拓也】 180
    1 危険信号受容体としてのNLR
    2 NALP3インフラマソーム
    3 ピロトーシス
   2.HMGB1 : 死細胞が知らせる危険【風間啓敬】 185
    1 HMGB1の機能
    2 HMGB1受容体
    3 アポトーシス細胞におけるHMGB1の動態と活性調節
 第8章 疾患と細胞死
   1.虚血性細胞死とオートファジー【内山安男】 192
    1 積極的な細胞死と受け身の細胞死
    2 カスパーゼに依存しない積極的な細胞死
   2.糖尿病における膵β細胞死【石原寿光】 198
    1 膵β細胞の増殖能
    2 膵β細胞死
    3 環境ストレスと膵β細胞死
    4 タンパク質合成制御と細胞死
   3.死細胞処理と自己免疫寛容【田中正人】 206
    1 死細胞貪食の異常と自己免疫疾患
    2 死細胞貪食を介した自己免疫寛容維持機構とその応用
    3 死細胞貪食による免疫抑制の疾患治療への応用
    4 死細胞貪食による免疫抑制に関与する細胞群
    5 今後の展望
   4.神経変性疾患における細胞死研究のパラダイムシフト【山中宏二】 212
    1 神経変性疾患における細胞死研究の流れ
    2 神経変性疾患における非アポトーシス細胞死
    3 ALSにおける非細胞自律性の神経細胞死 : 研究の流れと新たな細胞死概念の確立
索引 219
概論 様々な生命現象に関わる細胞死研究の魅力とその生理機能解明【三浦正幸】 18
   1 細胞死の検出と分類
   2 細胞死の機能
15.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Sukhan Lee, Raúl Suárez, and Byung-Wook Choi
出版情報: Berlin : Springer, c2010  IX, 294 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Chapter I: Fixturing, Grasping and Manipulation in Assembly and Manufacturing 1
   Summary by Raiul Suarez
Dual Arm Robot Manipulator and Its Easy Teaching System 5
   Chanhun Park, Kyoungtaik Park, Doug IL Park, Jirt-Ho Kyung
Calibration of Relative Position between Manipulator and Work by Point-to-Face Touching Method 21
   Toru Kubota, Yasumichi Ajyama
Cutter Accessibility Analysis of a Part with Geometric Uncertainties 35
   Masatomo Inui, Kazuhiro Maida, Yuji Hasegawa
Automatic Determination of Fixturing Points: Quality Analysis for Different Number of Points and Friction Values 53
   Jan Rosell, Raul Suarez, Francesc Penalba
Contact Trajectories for Regrasp Planning on Discrete Objects 69
   Maximo A. Roa, Raul Suarez
Modeling of Two-Fingered Pivoting Skill Based on CPG 85
   Yusuke Maeda, Tatsuya Ushioda
Chapter II: Micro/Macro Assembly and Disassembly 97
   Summary by Sukhan Lee
Assembly of 3D Reconfigurable Hybrid MOEMS through Microrobotic Approach 99
   Kanty Rabenorosoa, Sylwester Bargiel, Cedric Clecy, Philippe Lutz, Christophe Gorecki
Modified Assembly Systems and Processes for the Mounting of Electro-Optical Components 113
   J. Franke, D. Crajovan
Factory Level Logistics and Control Aspects for Flexible and Reactive Microfactory Concept 127
   Eeva Jaurvnpauau, Riku Heikkilau, Reijo Tuokko
Development of Structured Light Based Bin-Picking System Using Primitive Models 141
   Jong-Kyu Oh, KyeongKeun Baek, Daesik Kim, Sukhan Lee
Airframe Dismantling Optimization for Aerospace Aluminum Valorization 157
   Julie Latremouille-Viau, Pierre Baptiste, Christian Mascle
A Monitoring Concept for Co-operative Assembly Tasks 171
   Jukka Koskinen, Tapio Heikkilau, Topi Pulkkirien
Chapter III: Manufacturing System Scheduling and Controlling 185
   Summary by Byung-Wook Choi
Printing Pressure Control Algorithm of Roll-to-Roll Web System for Printed Electronics 187
   Kyung-Hyun Choi, Tran Trung Thanh, Yang Bong Su, Dong-Soo Kim
Adding Diversity to Two Multiobjective Constructive Metaheuristics for Time and Space Assembly Line Balancing 211
   Manuel Chica, Oscar Cordon, Sergio Damas, Joaquin Bautista
Construction and Application of a Digital Factory for Automotive Paint Shops 227
   Yang Ho Park, Eon Lee, Seon Hwa Jeong, Gun Yeon Kim,
   Sang Do Noh, Cheol-woong Hwang, Sangil Youn, Hyeonnam Kim, Hyunshik Shin
Resource Efficiency in Bodywork Parts Production 239
   Reimund Neugebauer, Andreas Sterzing
Self-Tracking Order Release for Changing Bottleneck Resources 253
   Matthias Huesig
Integrated Operational Techniques for Robotic Batch Manufacturing Systems 265
   Satoshi Hoshino, Hiroya Seki, Yuji Naka, Jun Ota
A Mathematical Model for Cyclic Scheduling with Assembly Tasks and Work-In-Process Minimization 279
   Mohamed Amin Ben Amar, Herve Camus, Ouajdi Korbaa
Author Index 293
Chapter I: Fixturing, Grasping and Manipulation in Assembly and Manufacturing 1
   Summary by Raiul Suarez
Dual Arm Robot Manipulator and Its Easy Teaching System 5
16.

図書

図書
Johannes H.P. Hackstein, editor
出版情報: Heidelberg : Springer, c2010  xiii, 237 p. ; 25 cm
シリーズ名: Microbiology monographs / series ed. Alexander Steinbüchel ; 19
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Free-Living Protozoa with Endosymbiotic Methanogens / Tom Fenchel ; Bland J. Finlay
Anaerobic Ciliates and Their Methanogenic Endosymbionts / Johannes H.P. Hackstein
Symbiotic Methanogens and Rumen Ciliates / Kazunari Ushida
The Methanogenic and Eubacterial Endosymbionts of Trimyema / Naoya Shinzato ; Yoichi Kamagata
Termite Gut Flagellates and Their Methanogenic and Eubacterial Symbionts / Yuichi Hongoh ; Moriya Ohkuma
Methanogens in the Digestive Tract of Termites / Andreas Brune
Methanogenic Archaea in Humans and Other Vertebrates / Everly Conway de Macario ; Alberto J.L. Macario
Methanogens in the Gastro-Intestinal Tract of Animals / Theo A. van Alen
Syntrophy in Methanogenic Degradation / Petra Worm ; Nicolai Müller ; Caroline M. Plugge ; Alfons J.M. Stams ; Bernhard Schink
Hydrogenosomes / Aloysius G.M. Tielens
Evolution of Prokaryote-Animal Symbiosis from a Genomics Perspective / Rosario Gil ; Amparo Latorre ; Andrés Moya
Index
Free-Living Protozoa with Endosymbiotic Methanogens / Tom Fenchel ; Bland J. Finlay
Anaerobic Ciliates and Their Methanogenic Endosymbionts / Johannes H.P. Hackstein
Symbiotic Methanogens and Rumen Ciliates / Kazunari Ushida
17.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
岡田哲男, 山本敦, 井上嘉則編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2010.11  6, 298, 4p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
執筆者一覧
改訂にあたって<井上嘉則>
はじめに<岡田哲男>
1.クロマトグラフィーの基礎 1
   1.1 クロマトグラフィーとは 3
   1.2 クロマトグラフィーの分類 3
    1.2.1 吸着クロマトグラフィー 4
    1.2.2 分配クロマトグラフィー 6
    1.2.3 分子ふるいクロマトグラフィー・サイズ排除クロマトグラフィー 6
    1.2.4 イオン交換クロマトグラフィー 6
    1.2.5 イオン対クロマトグラフィー 7
    1.2.6 イオン排除クロマトグラフィー 7
    1.2.7 二次効果クロマトグラフィー 7
   1.3 分離の基礎理論 8
    1.3.1 保持パラメーター 8
    1.3.2 段理論 10
    1.3.3 物質の分離 14
    1.3.4 ピーク容量 16
    1.3.5 分離に影響する諸条件 17
   1.4 実際の分離の最適化 19
   引用文献 21
2.イオン交換クロマトグラフィーの分離機構<岡田哲男> 23
   2.1 イオン交換平衡 25
   2.2 Donnanの理論 27
    2.2.1 Donnan膜平衡 27
    2.2.2 Donnan電位とイオンの分布 30
   2.3 荷電表面付近のイオンの分布 32
    2.3.1 電気二重層 32
    2.3.2 Gouy-Chapmannモデル 34
    2.3.3 Sternモデル 36
   2.4 イオン交換の選択性 37
    2.4.1 イオン交換の選択性の起源 37
    2.4.2 イオン交換基構造の影響 41
    2.4.3 溶媒の効果 42
   2.5 イオン交換クロマトグラフィーの保持 45
    2.5.1 選択係数を用いる解釈 45
    2.5.2 静電理論によるアプローチ 46
   引用文献 50
3.カラム・充てん剤<井上嘉則> 51
   3.1 カラム 53
    3.1.1 カラムとクロマト管 53
    3.1.2 カラムの構成 53
    3.1.3 カラム性能の評価 54
   3.2 充てん剤 59
    3.2.1 分離モードと充てん剤 59
    3.2.2 イオン交換樹脂 59
    5.2.3 クロマトグラフィー用イオン交換樹脂の調製 60
    3.2.1 イオンクロマトグラフィー用イオン交換樹脂 65
    3.2.5 その他のイオンクロマトグラフィー用充てん剤 69
   3.3 充てん剤の特性とイオンの保持挙動 71
    3.3.1 イオン交換容量 72
    3.3.2 イオン交換基 73
    3.3.3 基材樹脂 75
    3.3.4 イオン排除効果 76
   引用文献 77
4.検出法 81
   4.1 直接法 83
    4.1.1 吸光度検出法<山本 敦> 83
    4.1.2 電気化学検出法<山本 敦> 84
    4.1.3 元素分析装置を用いる検出法<井上嘉則> 86
    4.1.4 質量分析計を用いる検出法<山本 敦> 93
    4.1.5 その他のネブライザを使った検出法<山本 敦> 97
   4.2 間接法<山本 敦> 98
    4.2.1 間接吸光度検出法 98
    4.2.2 電気伝導度検出法 101
   4.3 ポストカラム法 104
    4.3.1 サプレッサ電気伝導度検出法<山本 敦> 104
    4.3.2 ポストカラム誘導体化法<井上嘉則> 112
   引用文献 116
   コラム : Microsoft Excelを使った段理論に基づくクロマトグラムのシミュレーション<山本 敦> 102
5.分離の最適化 119
   5.1 分離の調節の基礎概念<井上嘉則> 121
   5.2 サプレッサ式イオン(交換)クロマトグラフィーにおける分離の最適化<井上嘉則> 122
    5.2.1 溶離液濃度による分離の調節 122
    5.2.2 実験的アプローチによる分離の調節 123
    5.2.3 溶離液組成による分離の調節 127
   5.3 ノンサプレッサ式イオン(交換)クロマトグラフィーにおける分離の最適化<西村雅之> 127
    5.3.1 分離の最適化 128
    5.3.2 検出の最適化 130
    5.3.3 溶離液最適化の実際 131
    5.3.4 システムピーク 132
   5.4 グラジエント溶離法 136
    5.4.1 溶離剤濃度グラジエント法<関口陽子> 136
    5.4.2 水酸化物系溶離液を用いるグラジエント溶離法<関口陽子> 138
    5.4.3 キャパシティーグラジエント法<山本 敦> 141
   5.5 その他の測定条件と保持挙動<井上嘉則> 143
    5.5.1 測定流量 143
    5.5.2 測定温度 143
    5.5.3 試料負荷量 145
   引用文献 146
   コラム : 溶離液pHによる分離の調整<西村雅之> 129
   コラム : 温度効果の定性的な解釈<岡田哲男> 145
6.定性と定量<井上嘉則> 147
   6.1 標準液の調製 149
    6.1.1 標準原液 149
    6.1.2 標準液の調製方法 150
   6.2 定性分析 151
    6.2.1 標準液との比較 151
    6.2.2 標準添加 151
    6.2.3 複数の検出器の使用 151
   6.3 定量分析 152
    6.3.1 定量法 152
    6.3.2 ピーク高さ・ピーク面積の測定 152
   6.4 検量線 154
    6.4.1 絶対検量線法 154
    6.4.2 内標準法 154
    6.4.3 標準添加法 155
    6.4.4 検量線の作成 156
    6.4.5 検量線の評価 157
   6.5 検出限界と定量限界 158
    6.5.1 検出限界 159
    6.5.2 定量限界 162
   6.6 数値の取り扱い 163
    6.6.1 結果の数値化 163
    6.6.2 有効数字の求め方 163
    6.6.3 数値の丸め方 164
   参考資料 : 量および単位等に関するJIS規格<井上嘉則> 165
7.微量イオンの測定<井上嘉則> 167
   7.1 大容量注入法 169
    7.1.1 大容量注入法 169
   7.2 大容量注入法によるフッ化物イオンの定量 169
   7.2 濃縮カラム法 171
    7.2.1 濃縮カラム法 171
    7.2.2 濃縮カラム法による測定 172
    7.2.3 カッティング式濃縮カラム法 173
    7.2.4 濃縮カラム法におけるシステムの汚染 175
   7.3 試料溶液の取り扱い 176
    7.3.1 分析に用いる水について 176
    7.3.2 試料の採取方法 177
    7.5.3 試料の保存と測定環境からの汚染 178
8. 試料の採取と前処理<井上嘉則> 181
   8.1 試料の採取 183
    8.1.1 液体試料 183
    8.1.2 気体試料 184
    8.1.3 固体試料 185
   8.2 試料の前処理 185
    8.2.1 試料の把握 185
    8.2.2 試料の水溶液化 186
    8.2.3 ろ過 187
    8.2.4 固相抽出(Solid Phase Extraction : SPE) 188
    8.2.5 希釈 193
    8.2.6 基本的な前処理手順 193
    8.2.7 前処理後の試料容器 194
    8.2.8 インライン前処理 195
   引用文献 198
   参考資料1 : 試験方法等(JISを除く)<井上嘉則> 198
   参考資料2 : 試験方法,試料の採取および前処理等に関するJIS規格<井上嘉則> 199
9 精度管理<山本 敦> 203
   9.1 バリデーション 208
    9.1.1 ハードウエアバリデーション 208
    9.1.2 分析法バリデーション 209
    9.1.3 システム適合性試験 210
   9.2 トレーサビリティ 211
    9.2.1 分離分析におけるトレーサビリティの確保 212
    9.2.2 不確かさ 213
   コラム : 理化学検査における内部精度管理の例 207
   参考資料1 : 精度管理に関する書籍等<井上嘉則> 214
   参考資料2 : 用語,精度管理,統計等に関するJIS規格<井上嘉則> 214
10.アプリケーション<関口陽子> 217
   10.1 環境試料 219
   10.2 上水・排水・排ガス関係試料 220
   10.3 食品・飲料 222
   10.4 半導体・電力関係の試料 224
   10.5 生体・薬品関係の試料 224
   10.6 工業製品・メッキ液関係の試料 224
   引用文献 229
   参考資料<関口陽子> 229
   付表1.ポストカラム誘導体化法の報告例<井上嘉則> 230
   付表2.ICP-AESおよびICP-MSを用いた測定例<井上嘉則> 232
基礎用語解説<井上嘉則> 235
   基礎用語解説 237
   本書で使用している略号 260
   本書で使用しているおもな記号 262
   参考 : 用語・記号等に関するJIS規格一覧 264
   参考 : ギリシャ文字一覧 265
付表<井上嘉則> 267
   1 水溶液中のイオンの極限モル伝導率 269
   2 水溶液中の無機化合物の酸解離定数 270
   3 有機化合物の酸解離定数 271
   4 キレート試薬の酸解離定数 279
   5 おもな化合物の組成比 280
   6 SI単位,10の整数乗を表す接頭語および換算表 285
   7 市販カラムの一覧<関口陽子> 289
索引 299
執筆者一覧
改訂にあたって<井上嘉則>
はじめに<岡田哲男>
18.

図書

図書
editors, Marie-Hélène Verlhac and Anne Villeneuve
出版情報: Chichester, West Sussex : Wiley-Blackwell, 2010  xiii, 501 p., [16] p. of plates ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
List of Contributors
Foreword
Oocyte Determination / Section I:
The Sperm/Oocyte Decision, a C. elegans Perspective / Ronald EllisChapter 1:
Sex Determination and Gonadal Development / Alexander Combes ; Cassy Spiller ; Peter KoopmanChapter 2:
Clytia hemisphaerica: A Cnidarian Model for Studying Oogenesis / Aldine Amiel ; Patrick Chang ; Tsuyoshi Momose ; Evelyn HoulistonChapter 3:
Oocyte Growth / Section II:
Soma-Germline Interactions in the Ovary: an Evolutionary Perspective / David Albertini ; John BromfieldChapter 4:
Homologous Chromosome Pairing and Recombination / Section III:
Homologous Chromosome Pairing and Synapsis during Oogenesis / Susanna Mlynarczyk-Evans ; Anne VilleneuveChapter 5:
Meiotic Recombination in Mammals / Sabine Santucci-Darmanin ; Frédéric BaudatChapter 6:
Meiosis Resumption / Section IV:
Initiation of the Meiotic Prophase-to-Metaphase Transition in Mammalian Oocytes / Laurinda A. Jaffe ; Rachael P. NorrisChapter 7:
Oocyte-Specific Translational Control Mechanisms / Isabel Novoa ; Carolina Eliscovich ; Eulàlia Belloc ; Raúl MéndezChapter 8:
MPF and the Control of Meiotic Divisions: Old Problems, New Concepts / Catherine JessusChapter 9:
The Cytological Events of Meiotic Divisions / Section V:
Meiotic Spindle Assembly and Chromosome Segregation in Oocytes / Julien Dumont ; Stéphane BrunetChapter 10:
Mechanisms of Asymmetric Division in Metazoan Meiosis / Marie-Hélène Verlhac ; Karen Wingman LeeChapter 11:
Biological Clocks Regulating Meiotic Divisions / Section VI:
The Control of the Metaphase-to-Anaphase Transition in Meiosis I / M. Emilie TerretChapter 12:
Mechanisms Controlling Maintenance and Exit of the CSF Arrest / Thierry Lorca ; Anna CastroChapter 13:
Cytostatic Arrest: Post-ovulation Arrest Until Fertilization in Metazoan Oocytes / Tomoko Nishiyama ; Kazunori Tachibana ; Takeo KishimotoChapter 14:
Oocyte Ageing in Mammals / Section VII:
Mammalian Oocyte Population throughout Life / Roger Gosden ; Eujin Kim ; Bora Lee ; Katia Manova ; Malcolm FaddyChapter 15:
From Oocyte to Embryo / Section VIII:
Fertilization and the Evolution of Animal Gamete Proteins / Julian L. Wong ; Gary M. WesselChapter 16:
Remodelling the Oocyte into a Totipotent Zygote: Degradation of Maternal Products / José-Eduardo Gomes ; Jorge Merlet ; Julien Burger ; Lionel PintardChapter 17:
Chromatin Remodelling in Mammalian Oocytes / Rabindranath De La Fuente ; Claudia Baumann ; Feikun Yang ; Maria M. ViveirosChapter 18:
Follicles and Medically Assisted Reproduction / Susan L. Barrett ; Teresa K. WoodruffChapter 19:
Index
List of Contributors
Foreword
Oocyte Determination / Section I:
19.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Kaoru Hirota, Toshio Fukuda (eds.)
出版情報: New York : Physica-Verlag, c1999  186 p. ; 25 cm
シリーズ名: Studies in fuzziness and soft computing ; v. 32
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Stability Analysis of Fuzzy Logic Control System for an Inverted Pendulum K. Nakano and M. Tomizuka 1
Hybrid Learning Concepts for a Biologically Inspired Control of Periodic Movements for Walking Machines W. Ilg, T. Muehlfriedel, K. Berns and R. Dillmann 19
The Cockroach Escape Response Circuit Provides an Excellent Basis for a Crash Avoidande System Ch.-T. Chen, R.D. Quinn and R.E. Ritzmann 41
Vision Based Navigation System Considering Error Recovery for Autonomous Mobile Robot Y. Abe, T. Fukuda, F. Arai and M. Shikano 61
Welfare Intelligent Robots and Their Emotion Oriented Interface T. Hashimoto, M. Sato, T. Yamaguchi and K. Hirota 83
Intelligent Control of a Ping-Pong Robot K. Tanaka, D. Oku and H.O. Wang 101
An Evolutionary Computation Approach to Robot Planning and Navigation J. Xiao and Z. Michalewicz 117
Multimedia Information Acquisition for Robotics K. Oh and K. Hirota 149
Control of Automatic Guided Vehicle by SIRMs Connected Fuzzy Inference Model J. Yi, N. Yubazaki and K. Hirota 161
Stability Analysis of Fuzzy Logic Control System for an Inverted Pendulum K. Nakano and M. Tomizuka 1
Hybrid Learning Concepts for a Biologically Inspired Control of Periodic Movements for Walking Machines W. Ilg, T. Muehlfriedel, K. Berns and R. Dillmann 19
The Cockroach Escape Response Circuit Provides an Excellent Basis for a Crash Avoidande System Ch.-T. Chen, R.D. Quinn and R.E. Ritzmann 41
20.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Michel Grabisch, Toshiaki Murofushi, Michio Sugeno (eds.)
出版情報: Heidelberg : Physica-Verlag, c2000  xiv, 476 p. ; 24 cm
シリーズ名: Studies in fuzziness and soft computing ; v. 40
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Foreword P. Wakker
Preface M. Grabisch, T. Murofushi and M. Sugeno
PART 1: THEORY
   Fuzzy Measures and Fuzzy Integrals T. Murofushi and M. Sugeno 3
   Non-additive Measure and Integral, Basic Concepts and Their Role for Applications D. Denneberg 42
   The Interaction and Moebius Representations of Fuzzy Measures on Finite Spaces, k-Additive Measures: A Survey M. Grabisch 70
   Hierarchical Decomposition of the Choquet Integral K. Fujimoto and T. Murofushi 94
   Towards Generalized Belief Functions I. Kramosil 104
   Integration in Possibility Theory G. De Cooman 124
   On the Autocontinuity of Set Functions Z. Wang and K. Xu 161
   Pseudo-convolution and Its Applications E. Pap 171
   Integrals with Respect to a General Fuzzy Measure P. Benvenuti and R. Mesiar 205
   Measures on Triangular Norm-based Tribes: Properties and Integral Representations D. Butnariu and E.P. Klement 233
   On Choquet and Sugeno Integrals as Aggregation Functions J.-L. Marichal 247
   Comparison between Three Fuzzy Integrals H. Imaoka 273
PART 2: APPLICATIONS
   Choquet Expected Utility Model: A New Approach to Individual Behavior under Uncertainty and to Social Welfare A. Chateauneuf and M. Cohen 289
   Qualitative Decision Theory with Sugeno Integrals D. Dubois, H. Prade and R. Sabbadin 314
   The Choquet Integral in Multiattribute Decision Making T. Murofushi and M. Sugeno 333
   Application of the Choquet Integral in Multicriteria Decision Making M. Grabisch and M. Roubens 348
   A Hierarchical Subjective Evaluation Model Using Non-monotonic Fuzzy Measures and the Choquet Integral S.H. Kwon and M. Sugeno 375
   The Choquet Integral in a Rough Software Cost Decision System J.F. Peters III, L. Han and S. Ramanna 392
   Fuzzy Integral for Classification and Feature Extraction M. Grabisch 415
   Fuzzy Integrals in Image Processing and Recognition J.M. Keller, P.D. Gader and A.K. Hocaoglu 435
   An Algorithm for Calculating Natural Extensions with Respect to Lower Probabilities Z, Wang, G.J. Klir, J. Swan-Stone and K. Xu 467
Foreword P. Wakker
Preface M. Grabisch, T. Murofushi and M. Sugeno
PART 1: THEORY
21.

図書

図書
出版情報: [出版地不明] : 「ゼロエミッション」総括班, 1999.3-  冊 ; 30cm
シリーズ名: 文部省科学研究費特定領域研究「ゼロエミッション」 ; (292)
所蔵情報: loading…
22.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
湯場崎直養著
出版情報: 東京 : 昭晃堂, 1998.6  ii, ii, iii, 180p ; 22cm
シリーズ名: 知能工学シリーズ ; 6
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 コンピュータと知能技術
   1.1 コンピュータの遷移とその変貌 2
   1.2 現在のコンピュータ 4
   1.3 コンピュータの本来性 6
   1.4 知能技術の遷移とその変貌 9
   1.5 現在の知能技術 11
   1.6 知能技術の本来性 14
   1.7 おわりに 16
2 知能技術基盤
   2.1 現代科学技術の成立 18
   2.2 知能技術基盤 20
   2.3 知能技術と現代科学技術の整合性 22
   2.4 数の真理 24
   2.5 知能技術の育成 27
   2.6 共通項 32
   2.7 おわりに 34
3 意識の概念
   3.1 人の意識 37
   3.2 意識の原理 40
   3.3 意識の作用 43
   3.4 意識の体系 44
   3.5 意識の機能 45
   3.6 錯覚と幻覚 48
   3.7 おわりに 50
4 意識システム
   4.1 意識システムの構成 51
   4.2 意識のパターン 54
   4.3 意識の反応 58
   4.4 人工知能システムの概念 60
   4.5 人工知能システムの構成 62
   4.6 簡易型人工知能セットの構成 67
   4.7 おわりに 69
5 曖昧な事象との整合
   5.1 アナログとディジタル 72
   5.2 無感の事象 78
   5.3 複雑系の事象 84
   5.4 人社会の事象 88
   5.5 おわりに 100
6 知識化
   6.1 学習と知能 103
   6.2 知識・知恵・知能の形態 106
   6.3 知識比較の事象 111
   6.4 知識照合 115
   6.5 おわりに 121
7 知能化へのアプローチ
   7.1 知識演算 123
   7.2 収斂性 126
   7.3 知識制御 131
   7.4 知識の伝承 137
   7.5 おわりに 143
8 人工知能セット
   8.1 人工知能セットの構成 145
   8.2 人工知能セットの動作原理 150
   8.3 知識再生セット 156
   8.4 知識操縦セット 162
   8.5 実用化事例 167
   8.6 おわりに 172
参考文献 174
あとがき 175
索引 176
1 コンピュータと知能技術
   1.1 コンピュータの遷移とその変貌 2
   1.2 現在のコンピュータ 4
23.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
B・サドラー, R・フェルヒーム著 ; 国際影響評価学会日本支部訳
出版情報: 東京 : ぎょうせい, 1998.9  219p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 序論 3
第2章 本報告の背景 7
   2.1 有効性研究の概要 7
   (1) 論理的根拠
   (2) 目的と研究範囲
   (3) 研究戦略
   2.2 有効性研究の枠組みにおけるSEA 8
   2.3 SEAの有効性の諸側面 10
   2.4 SEAの論点となる事項 11
第3章 SEAの定義と全体像 17
   3.1 SEAとは何か―暫定的な定義と輪郭の素描 19
   (1) 政策・計画・プログラム
   (2) 環境への影響の範囲
   3.2 なぜ、SEAが重要か―目的と論理的根拠 23
   (1) 事業段階の環境影響評価(事業アセス)を強化する
   (2) 累積的で大規模な影響に取り組む
   (3) 政策形成に環境の持続可能性の配慮を組み込む
   3.3 SEAは政策形成とどのように関係するか 29
   (1) 政策形成基盤との構造的関連
   (2) 政策形成の枠組みに応じたSEAへのアプローチ
   (3) 政策分析用具に応じた環境・社会・経済的要素の統合
   3.4 備忘録―いつ、どのようにSEAを使うか 32
第4章 SEAとこれに関連する政策手段 39
   4.1 SEAはいかに発展してきたか―事業アセスを基にした発展 40
   (1) SEAへの発展の一過程としての事業アセス
   (2) 政策形成の仕組みとしての環境公開審問
   (3) プログラムアセスメントとクラスアセスメント
   (4) 地域レベルのアセスメント
   (5) 事業アセスと計画プロセスとの統合
   (6) 生態系とランドスケープからのアプローチ
   4.2 他のどのような政策用具がSEAに相当するか、または補強するか 43
   (1) テクノロジーアセスメント
   (2) 資源アセスメントと土地利用計画
   (3) 環境報告
   (4) グリーン経済学
   (5) 持続可能性のための戦略
   (6) 国際レベルの環境法や政策
   4.3 SEAと他の関連する政策手段は、いかに統合されるか 46
第5章 国および国際的なSEAシステム 65
   5.1 国および国際機関の現状 66
   (1) オーストラリア
   (2) カナダ
   (3) デンマーク
   (4) 欧州委員会 (The European Commission)
   (5) 香港
   (6) オランダ
   (7) ニュージーランド
   (8) 英国
   (9) 米国
   (10) 世界銀行
   5.2 SEAのための制度的取り決め 74
   (1) SEAの前提条件
   (2) SEA制度のタイプ
   (3) SEA手続きのモデル
   (4) SEAプロセスの運用とその責任
   5.3 実施状況 83
   (1) SEAの適用範囲
   (2) 公衆参加の機会
   (3) SEAと事業アセスの統合
   (4) 政策形成との関係
第6章 SEAの手続きと方法 : これまでの経験と問題点 113
   6.1 SEA手続き 113
   6.2 SEAの諸方法 116
   6.3 SEAの一般的手順 118
   (1) SEAを開始するためのスクリーニング
   (2) 目的主導型スコーピング
   (3) 代替案の評価と比較
   (4) アセスメントにおける不確実性への対処
   (5) 意思決定のための優れた報告書の作成
   (6) SEAの質のレビュー
   (7) SEAの有効性についての結語
第7章 分析の拡張 163
   7.1 ライフサイクル分析 163
   7.2 累積的影響に対する、SEAの統制のとれた適用 167
   7.3 持続可能性を保証するための環境テスト 170
   7.4 影響を相殺するための「正味損失なし」の原則 173
   7.5 総費用分析 174
   7.6 研究開発のアジェンダ 176
第8章 結論と勧告 183
   8.1 SEAの目的と便益 183
   8.2 現状と最近の進展のレビュー 184
   8.3 良き実践と実行のためのヒント 187
   8.4 プロセスの設計と開発の指針 190
   8.5 最後に―SEA再考 191
解題 197
原書参考文献 210
BOX一覧 216
ファイル一覧 218
第1章 序論 3
第2章 本報告の背景 7
   2.1 有効性研究の概要 7
24.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本建築学会編集
出版情報: 東京 : 日本建築学会 , 東京 : 丸善 (発売), 1998.10  601p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第Ⅰ編 層崩壊に関する検討と提案
   まえがき 1
   1. 兵庫県南部地震でみられた1層、中間層崩壊の被害状況の概観 3
   1.1 鉄筋コンクリート造 3
   1.2 鉄骨鉄筋コンクリート造 11
   1.3 実被害建物によるIs値の分布と損傷集中との関係について 18
   2. 個別建物被害とその要因検討 23
   2.1 最下層崩壊を生じた建築物の被害例とその要因の検討 23
   2.2 最下層崩壊を生じた建築物の被害例とその要因の検討(1) 36
   2.3 最下層崩壊を生じた建築物の被害例とその要因の検討(2) 46
   2.4 最下層崩壊を生じた建築物の被害例とその要因の検討(3) 55
   2.5 全体降伏を形成した建築物の被害例とその要因の検討 64
   3. 建物の層崩壊の要因とその防止に関するスタディと提言 75
   3.1 入力特性との関係 75
   3.2 構造特性との関係 104
   4. 結び 143
第Ⅱ偏 柱梁接合部に関する検討と提案
   まえがき 147
   1. RC造柱梁接合部の耐震設計に関する基本的な考え方 149
   2. 柱梁接合部の力学的挙動と設計方法 152
   2.1 既往の研究概要 152
   2.2 現在の設計方法 156
   2.3 今後の課題 161
   3. 柱梁接合部の地震被害 166
   3.1 既往の事例 166
   3.2 1995年兵庫県南部地震による被害事例 178
   4. 柱梁接合部の地震被害の検討 185
   4.1 検討建物と検討方法 185
   4.2 検討例 189
   4.3 検討結果のまとめ 265
   5. 既存建築物の柱梁接合部の耐震性能 273
   5.1 検討概要 273
   5.2 柱梁接合部のせん断余裕度、Sjと、接合部せん断破壊時せん断力係数Cjに関する検討 273
   5.3 柱への梁の偏心接合による耐力低下 279
   5.4 既存建築物の柱梁接合部の耐震性能 281
   6. RC造建物の柱梁接合部の耐震設計方法・耐震点検方法の提言 282
   6.1 耐震設計方法 282
   6.2 耐震点検方法 287
   7. 特種な調査結果 292
   7.1 大破した鉄骨鉄筋コンクリート造建物の柱梁接合部コンクリートから採取さいたコアによる損傷状況の調査 292
   7.2 鉄筋コンクリート造9階建築物(ジェネス六甲)のひび割れ、材料強度 298
   7.3 大破した中高層壁式ラーメン(HFW)鉄筋コンクリート造建物のひび割れ状況 314
   8. 検討結果のまとめ 321
   付録1 柱梁接合部の必要せん断余裕度 327
   付録2 柱梁接合部のせん断強度に基づく梁の引張鉄筋比の上限の計算例 333
   付録3 ねじりモーメントの影響による柱梁接合部せん断耐力の耐力低下についての考察 336
   付録4 ねじりモーメントの影響による柱せん断耐力の耐力低下についての検討 349
第Ⅲ偏 非構造部材に関する検討と提案
   まえがき 361
   1. 鉄筋コンクリート造建築物の耐震設計における非構造部材の取扱いに関する基本的な考え方 364
   1.1 構造物の地震時応答と耐震設計 364
   1.2 耐震性能に及ぼす非構造部材の影響 365
   1.3 非構造部材の耐震設計上の取扱い方 366
   2. 非構造壁を含む構造骨組および部材の力学的特性 367
   2.1 はじめに 367
   2.2 各種スリットの形式とスリット部の力学性状 367
   2.3 腰壁・垂れ壁付き部材および骨組の力学性状 370
   2.4 袖壁付き部材および骨組の力学性状 374
   2.5 方立て壁および方立て壁付き骨組の力学性状 377
   2.6 開口壁付き骨組の力学性状 382
   2.7 開口壁付きプロティ構造骨組の力学性状 388
   2.8 二次壁を含む実大スケール骨組の実験による力学性状と破壊性状 393
   2.9 無開口壁に部分スリットを設けた骨組の力学性状 395
   3. 非構造壁を含む構造骨組に対する耐震設計の考え方 400
   3.1 スリット設置の要否に対する考え方 400
   3.2 強度抵抗型建築物の場合 401
   3.3 靱性依存型全体降伏形建築物の場合 404
   3.4 強度抵抗型建築物および靱性抵抗型全体降伏形建築物以外の建築物の場合 407
   3.5 スリットの詳細 412
   3.6 既存建築物における耐震改修とスリット設置の考え方 414
   4. スリット設置と防水、耐火、施工性等の関係 422
   4.1 防水性能 422
   4.2 耐火性能 423
   4.3 遮音性能 424
   4.4 施工性能 424
   4.5 スリット部の配筋 425
   5. 阪神・淡路大震災等の地震被害による教訓 427
   5.1 非構造壁の被害と構造体の被害との関係 427
   5.2 非構造壁が建物の偏心率・剛性率等に及ぼす影響 435
   5.3 スリットの有無と非構造壁の被害 439
   5.4 非構造壁の偏心取付きの影響 448
   5.5 方立て壁型複合壁の破壊による扉の開閉障害 453
   5.6 出部屋形状の非構造壁の被害 455
   6. 鉄筋コンクリート造非構造壁の耐震設計に対する提言と今後の研究課題 459
   付. 文献リスト 461
第Ⅳ偏 配筋・継手に関する検討と提案
   まえがき 471
   1. 配筋・継手に関する被害概要と基規準 473
   1.1 被害概要 473
   1.2 配筋・継手に関する基規準 474
   2. 配筋詳細 477
   2.1 横補強筋 477
   2.2 段落し 520
   3. 継手 530
   3.1 ガス圧接 530
   3.2 溶接継手 552
   3.3 重ね継手 555
   3.4 機械式継手 558
   4. 各部配筋 561
   4.1 柱 561
   4.2 梁 568
   4.3 耐震壁 572
   4.4 基礎梁、基礎スラブ 578
   4.5 その他 587
   5. まとめ 597
   5.1 配筋詳細 597
   5.2 継手 598
   5.3 各部配筋 599
第Ⅰ編 層崩壊に関する検討と提案
   まえがき 1
   1. 兵庫県南部地震でみられた1層、中間層崩壊の被害状況の概観 3
25.

図書

図書
edited by Hiroyuki Kamei and Katsura Kogawa
出版情報: Tokyo : Kamei Laboratory, Graduate School of Information Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology, 2007  vii, 72, 26 p., [3] p. of plates ; 30 cm
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
International Symposium on Innovative Materials for Processes in Energy Systems
出版情報: [Tokyo] : [IMPRES Administration Office], c2007  188 p. ; 30 cm
所蔵情報: loading…
27.

図書

図書
情報機構
出版情報: 東京 : 情報機構, 2007.3  x, 280p ; 27cm
所蔵情報: loading…
28.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
editors, Toshiaki Murohushi, Wataru Takahashi, Makoto Tsukada
出版情報: Yokohama : Yokohama Publishers, c2007  iv, 301 p. ; 23 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface i
Masamu Nagisa,Makoto Ueda,and Shuhei Wada
Commutativity induced from some operator identities 1
Akira Igarashi
On non-commutative general topology 7
Masanori Ohya
Mathematical foundation of quantum teleportation 21
Masayuki Miyashita and Noboru Watanabe
On a model of quantum teleportation using entangled
state generated by squeezed state and beam splitter 45
Jun Ichi Fujii
Reduced linear codes from cyclic ones 55
Shoichi Nishimura
A spectral method calculating the stationary vector
for a BMAP/G/1queue 63
Toshiaki Murofushi, Yoshinari Sawata, and Katsushige Fujimoto
Additive decompositions of submodular set functions
and their generalizations 73
Aoi Honda and Yoshiaki Okazaki
Generalization of Shannon entropy of capacities
on set systems 89
Makoto Tsukada, Hiroki Suyari, and Masahiko Kato
On the probability distribution maximizing generalized entropies 99
Kenjiro Yanagi, Shigeru Furuichi and Ken Kuriyama
On generalized skew information 113
Yatsuka Nakamura and Yasunari Shidama
Mizar mathematical library and funtional analysis 125
Masatoshi Fujii, Eizaburo Kamei and Ritsuo Nakamoto
An extension of Ando-Hiai theorem and its application 137
Yasuo Narukawa
Fundamental theorems in functional analyasis for
non-additive measure theory 145
Sachiko Atsushiba
Weak convergence theorems for a countable family
of nonexpansive mappings in Banach spaces satisfying
Opial's condition 153
Yoshiyuki Sekiguchi
Regularity in optimization problems and its quantitative analysis 169
Masahiko Kato
Company supported framelets and the Ruelle operators 177
Yasunori Kimura
On a strong convergence theorem of resolvents
for maximal monotone operators in a Banach space 193
Takeshi Miura, Hiroyuki Takagi, and Sin-ei Takahasi
A generalization of Wang's inequality 203
Yoshinori Uesaka
How to extract rough sketches from a form? 211
Wataru Takahashi
Approximating solutions of accretive operators by
viscosity approximation methods in Banach spaces 225
Jun Tomiyama
On the structure of the spaces of matrix monotone
functions and of matrix convex functions 245
Yuichiro Kakihara
Integration with respect to Hilbert-Schmidt class
operator valued measures 263
Jun Kawabe
The countably subnormed Riesz space with applications
to nonadditive measure theory 279
Naofumi Muraki
Different Gaussianizations of probability measure
given by(入,q)-Fock space 293
Preface i
Masamu Nagisa,Makoto Ueda,and Shuhei Wada
Commutativity induced from some operator identities 1
29.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
後藤和弘博士業績集刊行委員会編
出版情報: [出版地不明] : [後藤和弘博士業績集刊行委員会], 2007.10  2冊 ; 31cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序にかえて 川上正博 1
後藤和弘先生の役職履歴 2
後藤先生の研究業績について 雀部実 3
業績リスト 6
研究論文集 15
編集後記 永田和弘 2278
序にかえて 川上正博 1
後藤和弘先生の役職履歴 2
後藤先生の研究業績について 雀部実 3
30.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
edited by Tokomo Matsuda
出版情報: Amsterdam ; Oxford : Elsevier, 2007  xi, 352 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Part 1 Novel reaction conditions for biotransformation 1
CHAPTER 1 Biotransformation in ionic liquid Toshiyuki Itoh 3
   1. Introduction 3
   2. Ionic Liquids as a Reaction Medium for Biotransformation 3
   3. Lipase-Catalyzed Reaction in an Ionic Liquid Solvent System 7
   4. Activation of Lipase by an Ionic Liquid 10
   5. Various Biotransformations in an Ionic Liquid Solvent System 15
   6. Concluding Remarks 18
   References 18
CHAPTER 2 Temperanture control of the enantioselectivity in the lipase-catalyzed resolutions Takashi Sakai 21
   1. Introduction 21
   2. Finding of the "Low-Temperature Method" in the Lipase-Catalyzed Kinetic Resolution 22
   3. Theory of Temperature Effect on the Enantioselectivity 23
   4. General Applicability of the "Low-Temperature Method" Examined 28
    4.1. Application to solketal and other primary and secondary alcohols 28
    4.2. Resolution of (±)-2-hydroxy-2-(pentafluorophenyl)acetonitrile 30
    4.3. Immobilization of lipase on porous ceramic support (Toyonite) for acceleration 31
    4.4. Structural optimization of organic bridges on Toyonite 32
    4.5. Practical resolution of azirine 1 by the " low-temperature method" combined with Toyonite-immobilized lipase and optimized acylating agent 33
    4.6. Resolution of (2R*,3S*)- and (2R*,3R*)-3-methyl-3-phenyl-2-aziridinemethanols 34
    4.7. Resolution of 5-(hydroxymethyl)-3-phenyl-2-isoxazoline 36
    4.8. Application of temperature control to asymmetric protonation 37
    4.9. Lipase-catalyzed resolutions at high temperatures up to 120℃ 37
   5. Low-Temperature Reactions in Literatures 37
   6. Lipase-Catalyzed Resolution of Primary Alcohols: Promising Candidates for the "Low-Temperature Method" 40
   7. Conclusion 45
   References 45
CHAPTER 3 Future directions in photosynthetic organisms-catalyzed reactions Kaoru Nakamura 51
   1. Introduction 51
   2. Reduction Reaction 51
   3. Oxidation and Hydroxylation 55
   4. Removal of Organic and Inorganic Substances in Wastewater 56
   5. Conclusion 57
   References 57
CHAPTER 4 Catalysis by enzyme-metal combinations Mahn-Joo Kim, Jaiwook Park, Yangsoo Ahn, Palakodety R. Krishna 59
   1. Introduction 59
   2. Dynamic Kinetic Resolutions by Enzyme-Metal Combinations 60
    2.1. DKR of secondary alcohols 60
   3. Asymmetric Transformations by Enzyme-Metal Combinations 73
    3.1. Asymmetric transformation of ketone 73
    3.2. Asymmetric transformation of enol ester 75
    3.3. Asymmetric transformation of ketoxime 76
   4. Conclusion 78
   Acknowledgements 78
   References 79
Part 2 Uncommon kind of biocatalytic reaction 81
CHAPTER 5 Biological Kolbe-Schmitt carboxylation Possible use of enzymes for the direct carboxylation of organic substrates Toyokazu Yoshida, Toru Nagasawa 83
   1. Introduction 83
   2. Enzymes Catalyzing the Carboxylation of Phenolic Compounds 84
    2.1. 4-Hydroxybenzoate decarboxylase (EC 4.1.1.61) 85
    2.2. 3,4-Dihydroxybenzoate decarboxylase (EC 4.1.1.63) 87
    2.3. Phenolphosphate carboxylase (EC 4.1.1.-) in Thauera aromatica 88
    2.4. 2,6-Dihydroxybenzoate decarboxylase 91
    2.5. 2,3-Dihydroxybenzoate decarboxylase 95
   3. Enzymes Catalyzing the Direct Carboxylation of Heterocyclic Compounds 95
    3.1. Pyrrole-2- carboxylate decarboxylase 96
    3.2. Indole-3-carboxylate decarboxylase 99
   4. Structure Analysis of Decarboxylases Catalyzing CO2 Fixation 101
    4.1. Class Ⅰ decarboxylases 102
    4.2. Class Ⅱ decarboxylases 103
    4.3. Phenylphosphate carboxylase 103
   5. Conclusion 103
   References 104
CHAPTER 6 Discovery, redesign and applications of Baeyer-Villiger monooxygenases Daniel E. Torres Pazmino, Marco W. Fraaije 107
   1. Introduction 107
   2. Biocatalytic Properties of Recombinant Available BVMOs 110
    2.1. Discovery of novel BVMOs 112
    2.2. Exploring sequenced (meta)genomes for novel BVMOs 114
    2.3. Screening the metagenome for novel BVMOs 118
    2.4. Redesign of BVMOs 119
   3. Conclusions: Future Directions 122
   References 125
CHAPTER 7 Enzymes in aldoxime-nitrile pathway: versatile tools in biocatalysis Yasuhisa Asano 129
   1. Introduction 129
   2. Screening for New Microbial Enzymes by Enrichment and Acclimation Culture Techniques 129
   3. Development of Nitrile-Degrading Enzymes 131
   4. Screening for Heat-Stable NHase 131
   5. Screening for NHase with PCR 132
   6. Nitrile Synthesis Using a New Enzyme, Aldoxime Dehydratase 133
    6.1. Aldoxime-converting enzymes 133
    6.2. Isolation of microorganisms having aldoxime dehydratase activity 134
    6.3. Purification, characterization and primary structure determination of aldoxime dehydratase 134
    6.4. Synthesis of nitriles from aldoxime with aldoxime dehydratase 135
    6.5. Distribution of aldoxime dehydratase 136
    6.6. Molecular screening for "aldoxime-nitrile pathway" 136
   7. Conclusion 137
   Acknowledgements 137
   References 137
CHAPTER 8 Addition of hydrocyanic acid to carbonyl compounds Franz Effenberger, Anja Bohrer, Siegfried Forster 141
   1. Introduction 141
   2. Optimize Reaction Conditions for the HNL-Catalyzed Formation of Chiral Cyanohydrins 143
   3. Synthetic Potential of Chiral Cyanohydrins in Stereoselective synthesis 145
    3.1. Chiral 2-hydroxy carboxylic acids 145
    3.2. Optically active 1,2-amino alcohols 147
    3.3. Stereoselective substitution of the hydroxyl group in chiral cyanohydrins 148
    3.4. Stereoselective synthesis of substituted cyclohexanone cyanohydrins 149
   4. Crystal Structures of Hydroxynitrile Lyases and Mechanism of Cyanogenesis 149
    4.1. Crystal structures of HNL5 151
    4.2. Reaction mechanism of cyanogenesis 151
    4.3. Changing substrate specificity and stereoselectivity applying Trp128 mutants of wt-MehNL 152
   5. Conclusion 153
   References 154
Part 3 Novel compounds synthesized by biotransformations 157
CHAPTER 9 Chiral heteroatom-containing compounds Piotr Kietbasinski, Marian Mikolajezyk 159
   1. Introduction 159
   2. Organosulfur Compounds 160
    2.1. C-chiral hydroxy sulfides and derivatives 160
    2.2 C-chiral hydroxyalkyl sulfones 163
    2.3. C-chiral alkyl sulfates 165
    2.4. Other C-chiral organosulfur compounds 166
    2.5. S-chiral sulfinylcarboxylates 166
    2.6. S-chiral hydroxy sulfoxides 168
    2.7. S-chiral sulfinamides 169
    2.8. S-chiral sulfoximines 171
   3. Organophosphorus Compounds 172
    3.1. C-chiral hydroxy phosphorus derivatives 172
    3.2. C-chiral amino phosphorus compounds 180
    3.3. P-chiral phosphoro-acetates 183
    3.4. P-chiral hydroxy phosphoryl compounds 186
    3.5. P-chiral hydroxy phosphorus P-boranes 191
    3.6. Stereocontrolled transformations of organophosphorus acid esters 192
   4. Organosilanes 196
   5. Organogermanes 197
   6. Future Perspectives 197
   References 199
CHAPTER 10 Enzymatic polymerization Hiroshi Uyama 205
   1. Introduction 205
   2. Enzymatic Synthesis of Polyesters 206
    2.1. Ring-opening polymerization to polyesters 207
    2.2. Polycondensation of dicarboxylic acid derivatives and glycols to polyesters 212
    2.3. Enzymatic synthesis of functional polyesters 219
   3. Enzymatic Synthesis of Phenolic Polymers 228
    3.1. Enzymatic oxidative polymerization of phenols 228
    3.2. Enzymatic synthesis of functional phenolic polymers 233
    3.3. Artifical urushi 238
    3.4. Enzymatic synthesis and biological properties of flavonoid polymers 240
   4. Concluding remarks 244
   References 245
CHAPTER 11 Synthesis of naturally occurring β-D-glucopyranosides based on enzymatic β-glucosidation using β-glucosidase from almond Hiroyuki Akita 253
   1. Introduction 253
   2. Synthesis of β-D-Glucopyranoside Under Kinetically Controlled Condition 255
    2.1. Synthesis of naturally occurring β-D-glucopyranoside 259
   3. Synthesis of β-D-Glucopyranoside Under Equilibrium-Controlled Condition 262
    3.1. Immobilization of β-D-glucosidase using prepolymer 263
    3.2. Enzymatic transglucosidation 263
    3.3. Synthesis of naturally occurring benzyl β-D-glucopyranoside 267
    3.4. Synthesis of phenethyl β-D-glucopyranoside 270
    3.5. Synthesis of (3Z)-hexenyl β-D-glucoyranoside 272
    3.6. Synatesis of geranyl β-D-glucopyranoside 275
    3.7. Synthesis of Sacranosides A (89) annd B (90) 277
    3.8. Synthesis of naturally occurring n-octyl β-D-glucoyranosides 278
    3.9. Synthesis of naturally occurring hexyl β-D-glucoyranoside 280
    3.10. Synthesis of naturally occurring phenylpropenoid β-D-glucoyranoside 282
   4. Future Aspect 287
   5. Conclusion 289
   References 289
Part 4 Use of molecular biology technique to find novel biocatalyst 291
CHAPTER 12 Future directions in alcohol dehydrogenase-catalyzed reactions Jon D. Stewart 293
   1. Introduction 293
   2. Future Progress in the Discovery Phase of Dehydrogenases 295
    2.1. Accurately predicting dehydrogenase structures 295
    2.2. Predicting dehydrogenase substrate acceptance and stereoselectivities 296
    2.3. Rapid screening of novel dehydrogenases 296
    2.4. Dehydrogenases for large substrates 299
    2.5. Dehydrogenase modules within larger assemblies as monofunctional catalysts 299
    2.6. Dehydrogenase catalysis of other 1,2-carbonyl additions 300
   3. Future Progress in Dehydrogenase Process Development 300
    3.1. Improving the kinetic properties of dehydrogenases 301
    3.2. Reductions of highly hydrophobic substrates 301
    3.3. Cofactorless dehydrogenases? 302
   4. Conclusions 302
   Acknowledgements 303
   References 303
CHAPTER 13 Enzymatic decarboxylation of synthetic compounds Kenji Miyamoto, Hiromichi Ohta 305
   1. Introduction 305
   2. Arylmalonate Decarboxylase 309
    2.1. Discovery of arylmalonate decarboxylase and its substrate specificity 310
    2.2 Purification of the enzyme and cloning of the gene 311
    2.3. Reaction mechanism 312
    2.4. Inversion of enationselectivity based on the reaction mechanism and homology 317
    2.5. Addition of racemase activity 319
   3. Transketolase-Catalyzed Reaction 321
    3.1. Substrate specificity and stereochemical source of TKase-catalyzed reaction 322
    3.2. Application of TKase-catalyzed reaction in organic syntheses 322
    3.3. Tertiary structure and mutagenesis studies 329
   4. Future Trends of this Area 331
    4.1. Application of decarboxylation reaction to dialkylmalonates 331
    4.2. Decarboxylation of various carboxylic acids 332
    4.3. Oxidative decarboxylation of β-hydroxycarboxylic acids 333
    4.4. Carboxylation 336
    4.5. Development of biotransformation via enolate 337
    4.6. Utilization of database and informatics 339
   5. Conclusion 339
   References 340
Index 345
Part 1 Novel reaction conditions for biotransformation 1
CHAPTER 1 Biotransformation in ionic liquid Toshiyuki Itoh 3
   1. Introduction 3
31.

図書

図書
大塚裕子, 乾孝司, 奥村学共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2007.10  viii, 220p ; 21cm
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
editor, Yuichi Kobayashi
出版情報: Trivandrum, India : Research Signpost, 2002  288 p. ; 24 cm
所蔵情報: loading…
33.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
境哲男, 小林哲彦企画監修 = supervisor, Tetsuo Sakai, Tetsuhiko Kobayashi
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2006.5  ix, 329p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1編 ユビキタスエネルギーの目指すもの
   ユビキタスエネルギーの目指すもの(小林哲彦) 3
第2編 蓄電デバイスの高性能化
 第1章 高容量化への挑戦
   1. リチウム二次電池の多様化と今後の展開(辰巳国昭,栄部比夏里,田渕光春) 9
    1.1 はじめに 9
    1.2 リチウム二次電池の特徴 10
     1.2.1 リチウム二次電池とリチウムイオン二次電池の動作原理 10
     1.2.2 高い出入力密度・充放電エネルギー効率 11
    1.3 リチウム二次電池用材料 12
     1.3.1 負極材料 12
     1.3.2 正極材料 12
     1.3.3 電解質材料 13
    1.4 おわりに―今後の高容量化に向けて 14
   2. リチウム電池正極材料の研究動向と課題(有吉欽吾,牧村嘉也) 17
    2.1 はじめに 17
    2.2 コバルト・ニッケル系リチウムインサーション材料 17
    2.3 高電圧・高容量マンガン系リチウムインサーション材料 18
    2.4 (コバルト)・ニッケル・マンガン系リチウムインサーション材料 20
    2.5 リン酸塩系リチウムインサーション材料 21
    2.6 おわりに 22
   3. リチウム二次電池用合金系負極の開発状況と課題(境哲男) 24
    3.1 はじめに 24
    3.2 合金系負極材料の開発状況と分類 25
     3.2.1 合金系材料の分類 25
     3.2.2 合金系材料の製造技術からの分類 26
     3.2.3 合金系材料の反応機構からの分類 27
    3.3 高容量化と長寿命化のための研究開発 28
     3.3.1 スズ合金系ナノ材料 28
     3.3.2 スズ合金めっき電極 31
     3.3.3 シリコン系薄膜電極 32
    3.4 おわりに 34
   4. イオン液体の開発状況と展望(松本一) 39
    4.1 はじめに 39
    4.2 電解質素材としてのイオン液体 39
    4.3 イオン液体開発状況 40
    4.4 おわりに 44
   5. リチウム金属負極の開発状況と課題(金村聖志) 46
    5.1 はじめに 46
    5.2 リチウム金属負極のエネルギー密度 46
    5.3 リチウム金属負極の電気化学反応 48
    5.4 リチウム金属の形態変化と表面化学 49
    5.5 リチウム金属の作製方法と表面 51
    5.6 リチウム金属負極の可能性 52
    5.7 今後の展開 53
   6. Li固体電解質の開発状況と課題(辰巳砂昌弘,林晃敏) 55
    6.1 はじめに 55
    6.2 ポリマー固体電解質 55
    6.3 無機固体電解質 57
    6.4 電池の全固体化にむけた課題と展望 60
   7. マグネシウム二次電池を指向した材料化学(吉本信子,森田昌行) 62
    7.1 はじめに 62
    7.2 二次電池化の試み 62
     7.2.1 負極マグネシウムの可逆性 62
     7.2.2 正極材料の探索 63
     7.2.3 ポリマー電解質の可能性 64
    7.3 おわりに 66
   8. 携帯用Liイオン電池の高性能化(米津育郎,藤谷伸,吉村精司) 68
    8.1 はじめに 68
    8.2 正極材料 69
     8.2.1 安全性向上と低コスト化を実現したスピネルマンガン酸化物とコバルト酸リチウムの混合正極 69
     8.2.2 高充電電圧化により高容量を実現したLi-Ni-Mn-Co複合酸化物とコバルト酸リチウムの混合正極 69
     8.2.3 高温保存特性に優れたLi-Ni-Mn-Co複合酸化物とスピネルマンガンの混合正極 70
     8.2.4 オリビン構造を持つリン酸鉄リチウムとコバルト酸リチウムからなる耐過充電特性に優れた二層構造正極 71
    8.3 負極材料 72
    8.4 おわりに 73
   9. 産業用リチウムイオン二次電池の開発と応用展開(西山浩一,村田利雄,園田輝男) 75
    9.1 一般産業用リチウムイオン二次電池 75
     9.1.1 電池の仕様と特徴 75
     9.1.2 性能 76
     9.1.3 モジュール電池の構造と監視装置 76
     9.1.4 用途と応用展開 77
    9.2 宇宙用および深海用リチウムイオン二次電池 77
     9.2.1 宇宙用リチウムイオン二次電池 78
     9.2.2 深海用リチウムイオン二次電池 79
 第2章 高出力化への挑戦
   1. HEV用ニッケル水素電池の開発状況(境哲男,押谷政彦) 82
    1.1 はじめに 82
    1.2 HEVの商品化の現状 83
    1.3 HEV用ニッケル水素電池の実用化 85
     1.3.1 パナソニックEVエナジー/松下電池工業(株) 85
     1.3.2 三洋電機(株) 86
     1.3.3 (株)ジーエス・ユアサ コーポレーション 87
    1.4 新型HEV用ニッケル水素電池の研究開発 88
    1.5 おわりに 92
   2. HEV用リチウムイオン電池の開発(辰巳国昭) 94
    2.1 はじめに 94
    2.2 自動車用リチウムイオン二次電池開発のための産学官連携プロジェクト 94
     2.2.1 日本における大容量リチウム二次電池開発プロジェクト 94
     2.2.2 米国での大容量リチウムイオン二次電池開発プロジェクト 96
     2.2.3 その他の国でのリチウムイオン二次電池開発プロジェクト 97
    2.3 その他の自動車用リチウムイオン二次電池の開発動向 97
    2.4 おわりに 98
   3. 電気二重層キャパシタの開発状況と課題(石川正司) 100
    3.1 はじめに 100
    3.2 電気二重層キャパシタの特徴と位置づけ 100
     3.2.1 キャパシタンス(静電容量)と各特性 100
     3.2.2 キャパシタの蓄電量・エネルギー密度の見積もり 101
     3.2.3 電気二重層キャパシタ性能の位置づけ 101
    3.3 電気二重層キャパシタ用新規材料の探索 102
     3.3.1 活性炭系物性と蓄電特性との相関・改良提案 102
     3.3.2 ナノカーボン系 105
    3.4 おわりに 106
   4. リチウム型新蓄電デバイスの開発(吉野彰) 108
    4.1 はじめに 108
    4.2 現在のエネルギーデバイスの現状と三つの課題 108
    4.3 高パワーエネルギーデバイスの技術動向 108
    4.4 新規蓄電素子の紹介 110
     4.4.1 新規蓄電素子の基本構成 110
     4.4.2 新規蓄電素子の基本特性 111
    4.5 まとめ 112
   5. リチウムイオンキャパシターの開発(羽藤之規) 113
    5.1 はじめに 113
    5.2 基本構成 113
    5.3 リチウムイオンプレドープ法 113
    5.4 動作原理 114
    5.5 特徴 115
     5.5.1 高電圧 115
     5.5.2 高容量 115
     5.5.3 高エネルギー密度 116
     5.5.4 高出力・長寿命・安全性 116
     5.5.5 コストパフォーマンス 117
    5.6 2000F大型LICセル 117
     5.6.1 出力/エネルギー特性 118
     5.6.2 耐久性 118
     5.6.3 その他諸特性 119
    5.7 おわりに 119
   6. 高出力有機ラジカル電池の開発(佐藤正春) 120
    6.1 はじめに 120
    6.2 有機ラジカル電池の動作原理と特徴 120
    6.3 PTMAを活物質とする高出力電池 122
    6.4 バックアップ用高出力有機ラジカル電池 123
    6.5 有機ラジカル電池の用途開発の展望 124
   7. 電気二重層キャパシタの動向とコイン型の動向(西野敦) 126
    7.1 EDLCの概要 126
    7.2 大型~コイン型EDLCの最新の世界動向 126
    7.3 EDLC関連のセミナー,国際会議 128
    7.4 コイン型の現状と品種 129
     7.4.1 コイン型の概要 129
     7.4.2 コイン型EDLCの製品の歴史と展望 130
    7.5 現状の課題と将来展望 131
     7.5.1 活性炭 131
     7.5.2 電解質,溶媒 131
     7.5.3 バインダー 131
     7.5.4 成形加工方法 131
     7.5.5 漏液,シール剤 131
     7.5.6 今後の展望 132
第3編 燃料電池の高性能化
 1. 燃料電池の多様化と今後の展開(安田和明,藤原直子,五百蔵勉,城間純) 135
   1.1 ユビキタスエネルギー技術としての燃料電池 135
   1.2 純水素を燃料とする燃料電池 137
   1.3 改質水素を燃料とする燃料電池 138
   1.4 ダイレクトメタノール燃料電池 139
   1.5 ダイレクトアルコール燃料電池等 140
   1.6 ヒドラジン燃料電池等 141
   1.7 アスコルビン酸燃料電池 141
   1.8 バイオ燃料電池 142
   1.9 燃料電池の今後の展開 142
 2. 燃料電池と劣化機構と開発課題(稲葉稔) 145
   2.1 はじめに 145
   2.2 家庭用燃料電池セルスタックの劣化現象および開発課題 145
    2.2.1 カソード触媒の反応面積の減少 146
    2.2.2 カソードの濡れ 146
    2.2.3 アノード触媒の耐CO被毒性の低下 147
    2.2.4 電解質膜劣化 148
   2.3 ダイレクトメタノール燃料電池の劣化現象および開発課題 149
   2.4 おわりに 150
 3. 高分子固体電解質膜の高性能化(小谷貴彦) 151
   3.1 はじめに 151
   3.2 高分子固体電解質膜の実用化に向けた課題 151
   3.3 高分子固体電解質膜の高性能化の状況 152
    3.3.1 高温・低加湿作動用の膜開発の状況 152
    3.3.2 長期耐久性 153
   3.4 おわりに 155
 4. マイクロ燃料電池の標準化・安全性評価(西村靖雄,永井功,山根昌隆,柳田昌宏,宮崎義憲) 157
   4.1 はじめに 157
   4.2 国内外標準化動向 158
   4.3 規制適正化の動向(燃料カートリッジの航空機持ち込みに向けた動き) 159
   4.4 マイクロ燃料電池に関する基盤技術開発 160
   4.5 おわりに 162
 5. 携帯機器用DMFCの開発と利用(相馬憲一) 164
   5.1 はじめに 164
   5.2 DMFCの動作原理と材料の開発課題 164
    5.2.1 触媒 165
    5.2.2 電解質膜 165
    5.2.3 MEA 166
   5.3 DMFCの構造 166
   5.4 試作状況 167
   5.5 おわりに 168
 6. 移動体用DMFCの開発と利用(安達修平) 169
   6.1 四輪車用 169
   6.2 二輪車用 169
   6.3 その他の移動体への応用と課題 172
 7. DMFC用炭化水素系電解質膜の開発状況(坂口佳充) 174
   7.1 はじめに 174
   7.2 DMFC用高分子電解質膜に求められる特性 174
   7.3 炭化水素系膜の開発状況 175
   7.4 おわりに 178
 8. 低温作動型酸化物固体電解質燃料電池の現状(石原達己) 180
   8.1 はじめに 180
   8.2 新規酸素イオン伝導体としてのLaGaO3系酸化物とその薄膜化 181
   8.3 LaGaO3系酸化物の薄膜化と超低温作動型SOFCの開発 184
   8.4 おわりに 185
 9. 生物燃料電池の開発状況と課題(池田篤治,辻村清也,加納健司) 187
   9.1 はじめに 187
   9.2 バイオ電池の原理 187
   9.3 バイオ電池の特徴 189
   9.4 バイオ電池の課題 190
    9.4.1 最大電流 190
    9.4.2 酵素耐久性と固定化 191
    9.4.3 多電子酸化反応系 191
    9.4.4 直接電子移動 192
    9.4.5 作動形態 192
    9.4.6 酵素 193
   9.5 おわりに 193
 10. 燃料電池・水素エネルギー技術開発に関わる国家プロジェクトの展開(池谷知彦) 194
   10.1 国家プロジェクトにおける燃料電池・水素エネルギー技術開発の展開 194
   10.2 NEDO技術開発機構での推進 195
   10.3 将来の循環型エネルギー社会に向けて 199
第4編 次世代エネルギー貯蔵媒体
 1. 水素貯蔵材料の多様化と今後の展開(栗山信宏,田中秀明,徐強,清林哲) 203
   1.1 はじめに 203
   1.2 水素吸蔵合金 204
   1.3 無機系水素貯蔵材料 206
    1.3.1 アラネート系水素貯蔵材料 206
    1.3.2 アミド系水素貯蔵材料 207
    1.3.3 テトラヒドロ化合物の加水分解水素発生 208
    1.3.4 窒素ホウ素系水素化物 208
   1.4 有機系水素貯蔵材料 209
   1.5 炭素系材料 209
   1.6 多孔質金属錯体化合物 210
   1.7 水素包接化合物 210
   1.8 おわりに 211
 2. バナジウム系合金及び超積層型合金(塚原誠) 213
   2.1 バナジウム系合金 213
   2.2 超積層型合金 214
   2.3 おわりに 217
 3. アラネート系水素貯蔵材料(清林哲) 219
   3.1 はじめに 219
   3.2 Bodganovicらの発見 222
   3.3 謎のTi添加物 224
   3.4 今後の展開 224
 4. アミド-イミド系水素貯蔵材料(市川貴之,藤井博信) 228
   4.1 はじめに 228
   4.2 Li-N-H系水素貯蔵材料 228
   4.3 反応機構 230
   4.4 Li-Mg-N-H系 231
   4.5 その他のアミド-イミド系材料に関する話題 233
   4.6 おわりに 234
 5. 計算科学を活用した新規水素貯蔵材料の設計(大庭伸子,三輪和利) 236
   5.1 はじめに 236
   5.2 理論予測 236
   5.3 実験との比較 237
   5.4 CaSiH1.3 239
   5.5 おわりに 241
 6. ポータブル水素製造システムの開発状況と課題(松村安行) 243
   6.1 はじめに 243
   6.2 既存の炭化水素改質技術 243
   6.3 定置型水素供給器 244
   6.4 可搬型水素供給器 244
   6.5 携帯用水素供給器 246
 7. 車載式水素供給システムの比較(岡田治) 249
   7.1 はじめに 249
   7.2 圧縮水素による水素の輸送・貯蔵 249
   7.3 液体水素による水素の輸送・貯蔵 250
   7.4 水素貯蔵材料による水素の輸送・貯蔵 251
    7.4.1 水素吸蔵合金 251
    7.4.2 有機系水素貯蔵材料 252
   7.5 車載水素供給システムの比較 254
   7.6 おわりに 255
第5編 熱電材料の高性能化
 1. 熱電材料の多様化と今後の展開(舟橋良次,清水洋) 259
   1.1 熱電発電のメカニズムと特長 259
   1.2 これまでの熱電材料 260
   1.3 これからの熱電材料 261
   1.4 世界の動向 262
 2. 金属系熱電材料の開発状況(阿武宏明) 263
   2.1 はじめに 263
   2.2 スクッテルダイト化合物 263
   2.3 クラスレート化合物 266
   2.4 おわりに 268
 3. 酸化物熱電変換材料の創製(河本邦仁,寺崎一郎,梶谷剛,大瀧倫卓,舟橋良次) 270
   3.1 はじめに 270
   3.2 CREST研究の概略 270
   3.3 トピックス 271
    3.3.1 N型酸化物熱電ナノブロックの探索・設計 271
    3.3.2 界面2DEGによる巨大熱電変換性能の発現 272
    3.3.3 ナノブロックインテグレーションの物理的基礎 272
    3.3.4 新規熱電酸化物半導体の発見と構造解析 273
    3.3.5 選択的フォノン散乱ブロックの設計と熱伝導率低減 274
    3.3.6 Ca3Co4O9セラミックスの高性能化 274
    3.3.7 酸化物熱電モジュールの作製と発電評価 276
 4. 応用機器―冷却モジュール(小林卓哉) 278
   4.1 ペルチェ冷却の原理 278
   4.2 ペルチェ冷却の基礎式 278
   4.3 ペルチェ冷却モジュール 279
    4.3.1 1段モジュール 279
    4.3.2 多段モジュール 280
   4.4 ペルチェ冷却の特徴と応用 280
    4.4.1 光通信部品 280
    4.4.2 半導体プロセス製品 281
    4.4.3 センサー 281
    4.4.4 理化学機器 282
    4.4.5 その他 282
 5. 小型酸化物熱電モジュール(舟橋良次) 283
   5.1 熱電発電のユビキタス応用 283
   5.2 熱電酸化物素子 284
   5.3 小型熱電モジュールの作製と発電特性 285
   5.4 おわりに 286
 第6編 エネルギー材料技術を支える高度解析技術
 1. 計算科学からの挑戦 : 金属/無機ナノヘテロ界面の機能設計に向けて(香山正憲,田中真悟,岡崎(前田)一行) 291
   1.1 計算科学と界面機能材料 291
   1.2 計算科学の到達点と課題 292
    1.2.1 電子構造計算法 292
    1.2.2 第一原理分子動力学法 293
    1.2.3 より高精度の計算を目指して 293
   1.3 界面機能材料への適用 294
    1.3.1 金/酸化チタン界面 : 金ナノ触媒の解明を目指して 294
    1.3.2 アルミナ/銅界面 : ナノコーティング界面設計 295
    1.3.3 様々なユビキタスデバイス機能材料 : SiC材料 296
    1.3.4 燃料電池電極触媒の解明と設計 296
   1.4 おわりに 297
 2. ナノの世界を探るTEM解析技術(秋田知樹,田中孝治) 300
   2.1 はじめに 300
   2.2 透過型電子顕微鏡 300
   2.3 走査型透過電子顕微鏡法(STEM)と局所分析 301
   2.4 固体高分子形燃料電池の構造解析への応用 302
   2.5 おわりに 304
 3. 放射光を利用した解析技術(蔭山博之,竹市信彦,谷本一美) 306
   3.1 はじめに 306
   3.2 XAFS(X線吸収端微細構造)解析 307
    3.2.1 XAFS解析の特徴 307
    3.2.2 ガラス電解質型全固体リチウム電池のin-situ解析 307
   3.3 粉末X線回折解析 309
    3.3.1 放射光を用いた粉末X線回折解析の特徴 309
    3.3.2 放射光を用いた粉末X線回折解析の水素吸蔵材料への応用 309
   3.4 今後の展望 312
 4. 中性子線回折を利用した解析技術(小林弘典,菅野了次) 315
 5. 磁場勾配NMRを利用した解析技術(齋藤唯理亜) 321
   5.1 拡散係数の測定の原理と手法 321
   5.2 イオン易動度の測定の原理と手法 323
   5.3 測定から得られる拡散係数と易動度 324
   5.4 各物性値の見積もり 325
第1編 ユビキタスエネルギーの目指すもの
   ユビキタスエネルギーの目指すもの(小林哲彦) 3
第2編 蓄電デバイスの高性能化
34.

図書

図書
editors Hideya Yuasa
出版情報: Trivandrum, India : Transworld Research Network, 2006  173 p. ; 22cm
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
H. Hosono ... [et al.]
出版情報: Oxford : Elsevier, 2006  xvi, 458 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
元結正次郎著
出版情報: 東京 : 数理工学社 , 東京 : サイエンス社 (発売), 2006.8  viii, 211p ; 22cm
シリーズ名: 建築工学 ; EKA‐4
所蔵情報: loading…
37.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
遠藤哲也, 中根猛, 武貞秀士著 ; 澤田哲生編著
出版情報: 東京 : 東京工業大学原子炉工学研究所21世紀COEプログラム「世界の持続的発展を支える革新的原子力」事務局, 2006.3  167p ; 22cm
シリーズ名: COE-INESブックレットシリーズ ; 1 . グローバルセキュリティの再構築と危機管理||グローバル セキュリティ ノ サイコウチク ト キキ カンリ ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき小川雅生 i
第1章 北朝鮮の核開発 遠藤哲也 1
   はじめに 2
   北朝鮮はなぜ核開発の道を選んだのか 3
   プルトニウム型爆弾とウラン型爆弾 9
   核実験の可能性 12
   核実験のインパクト 16
   日本としていかなる対応が可能か 17
   質疑応答 23
第2章 NPT運用検討会議~その概要と評価~ 中根猛 29
   はじめに 30
   運用検討会議の概要 33
   2005年会議の課題 34
   会議の結果 36
   わが国の対応 44
   評価 47
   質疑応答 54
   添付資料1 概要と評価 60
   添付資料2 町村外務大臣一般演説 63
   添付資料3 日本の21の提案 66
第3章 核実験とその想定しうる影響 津田哲生 73
   はじめに 74
   北朝鮮の核 75
   「死の灰」拡散予想図 76
   インドの一九七四年の核実験 77
   爆発威力対核分裂生成物 78
   ソースターム 79
   大気圏内核実験の可能性はない 81
   核実験の種別と回数 84
   大気圏内核実験回数 84
   THE ATOMIC CANNON 85
   地下核実験 87
   地下核実験失敗時の影響 91
第4章 日本はなにをなすべきか 武貞秀士 95
   はじめに 96
   北朝鮮はなぜ核開発をするのか 97
   北朝鮮の国家目標・国家戦略・軍事戦略 100
   体制維持論と軍事手段論 101
   北朝鮮の政策目標 102
   具体策・三つの柱 102
   韓国社会の変化促進 104
   米国の韓国防衛意志 105
   大量破壊兵器 108
   なぜ北朝鮮の核開発は疑惑なのか 114
   北朝鮮・中東コネクション 117
   北朝鮮経済はもつのか 118
   中国と北朝鮮国境 118
   北朝鮮の様子を示す写真 119
   中国にとっての北朝鮮の核計画 122
   日本はどうすべきか 124
   日本の防衛論議 125
   アジアの信頼関係醸成のために 128
   質疑応答 130
第5章 総合討論 143
あとがき 山野直樹 162
まえがき小川雅生 i
第1章 北朝鮮の核開発 遠藤哲也 1
   はじめに 2
38.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
神原秀記, 松永是, 植田充美監修 = supervisor, Hideki Kambara, Tadashi Matsunaga, Mitsubayashi Ueda
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2006.12  vii, 272p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 ライフサーベイヤとは(神原秀記)
   1. はじめに 1
   2. ライフサーベイヤとは 1
   3. ライフサーベイヤに必要な技術 2
第2章 生体シグナル解析用分子材料群の創製
   1. 生体シグナル解析用分子材料概論(浜地格) 4
   2. シグナル解析用分子センサーの構築(王子田彰夫,浜地格) 9
    2.1 はじめに 9
    2.2 小分子型蛍光センサー 10
     2.2.1 カチオンセンシング 10
     2.2.2 アニオンセンシング 12
     2.2.3 ROS,NOのセンシング 15
    2.3 バイオセンサー 16
    2.4 おわりに 20
   3. シグナル解析を目指した機能性核酸の構築(杉本直己,三好大輔) 23
    3.1 はじめに 23
    3.2 核酸の構造多様性 24
     3.2.1 Watson-Crick塩基対からなる二重らせん構造 25
     3.2.2 非Watson-Crick塩基対を含む二重らせん構造 25
     3.2.3 三重らせん構造 27
     3.2.4 四重らせん構造 27
    3.3 核酸の機能と構造を左右する周辺環境 28
     3.3.1 カチオン 29
     3.3.2 pH 31
     3.3.3 分子クラウディング 31
    3.4 エネルギー・データベースを用いた機能性核酸の開発 32
     3.4.1 四重らせん構造と二重らせん構造に及ぼす分子クラウディングの効果を活用した核酸スイッチの開発 32
     3.4.2 パラレル型三重らせん構造を活用したpHセンサーの開発 34
    3.5 機能性核酸の新規設計方法の確立に向けて 36
   4. ペプチドチップテクノロジーによるシグナル解析(富崎欣也,三原久和) 38
    4.1 はじめに 38
    4.2 プロテインチップ概論 39
     4.2.1 標的タンパク質捕捉分子 39
     4.2.2 捕捉分子固定化のための表面化学 40
     4.2.3 高感度シグナル検出法 41
     4.2.4 データ解析法 41
    4.3 設計ペプチドを用いるチップテクノロジーの特長 42
    4.4 プロテインフィンガープリントテクノロジー 42
    4.5 ペプチドリガンドスクリーニング 44
    4.6 金の異常反射(AR)による設計ペプチドータンパク質間相互作用検出 47
    4.7 プロテインキナーゼ検出法 49
    4.8 おわりに 49
   5. 分子シャペロンとプレフォールディンを利用したシグナル解析用材料(養王田正文,金原数) 52
    5.1 分子シャペロン 52
    5.2 シャペロニン 54
    5.3 II型シャペロニンとプレフォルディン 55
     5.3.1 II型シャペロニン 55
     5.3.2 プレフォルディン 57
    5.4 ナノ粒子 59
    5.5 タンパク質とナノ粒子の複合化 59
    5.6 シャペロニンとナノ粒子の複合化 61
    5.7 ライフサーベイヤ開発に向けて 62
     5.7.1 プレフォルディンの利用 62
     5.7.2 シャペロニンを利用したセンシング材料の開発 63
第3章 細胞内生体分子群の動態シグナルの解析
   1. 細胞内生体分子群の動態シグナルの解析概論(植田充美) 66
    1.1 ポストゲノム研究の方向性 66
    1.2 動態シグナルの解析に向けて 66
   2. 細胞内情報伝達動態のオンライン定量解析に向けて(植田充美) 69
    2.1 はじめに 69
    2.2 生体分子群の動態解析 69
    2.3 革新的分離ナノ材料の登場 70
    2.4 網羅的動態定量へのHPLCの多次元化 74
    2.5 情報伝達分子の動態定量をめざした2次元HPLCの構築 76
    2.6 今後の課題 79
   3. メタボロミクスの可能性と技術的問題(福崎英一郎,馬場健史) 81
    3.1 はじめに 81
    3.2 メタボロミクスの分類 83
    3.3 メタボロミクスにおけるサンプリング,前処理 83
    3.4 メタボロミクスに用いる質量分析 85
    3.5 質量分析計を用いる場合の定量性について 86
    3.6 メタボロミクスに用いられる質量分析以外の分析手法 87
    3.7 メタボロミクスにおけるデータ解析 88
    3.8 メタボロミクスのツールとしての可能性 90
    3.9 おわりに 91
   4. 細胞・個体レベルでストレスをサーベイする(浦野泰照,高木昌宏) 94
    4.1 はじめに 94
    4.2 蛍光プローブ(小分子蛍光プローブ) 95
    4.3 PeTによる蛍光特性の制御 96
    4.4 フルオレセインを母核とする蛍光プローブの論理的なデザイン 96
    4.5 活性酸素種を種特異的に検出可能な蛍光プローブの論理的開発 98
     4.5.1 一重項酸素(102)蛍光プローブ(DPAX,DMAX) 98
     4.5.2 OHラジカルなどの高い活性を持つROSを特異的に検出可能な蛍光プローブ(HPF,APF) 99
     4.5.3 パーオキシナイトライト(ONOO-)などによるニトロ化ストレス検出蛍光プローブ(NiSPYs) 100
    4.6 蛍光タンパク質 102
    4.7 蛍光共鳴エネルギー移動(FRET : Fluorescence Resonance Energy Transfer) 103
    4.8 カメレオン 103
    4.9 モデル生物としてのゼブラフィッシュ 104
    4.10 ゼブラフィッシュを用いた細胞内カルシウムイオンイメージング 105
     4.10.1 胞胚後期~原腸形成後期 105
     4.10.2 原腸形成後期~体節形成初期 106
     4.10.3 体節形成初期~中期 106
     4.10.4 体節形成中期~後期 107
     4.10.5 原基形成期 108
    4.11 形態形成異常と細胞内カルシウムイオン 109
    4.12 おわりに 110
   5. 植物細胞の環境ストレス応答の分子機構(吉田和哉,仲山英樹) 112
    5.1 はじめに 112
    5.2 植物細胞の塩ストレス応答機構 112
    5.3 ナトリウムイオンストレス 115
    5.4 植物のカリウム/ナトリウムイオン輸送を担う分子群 116
    5.5 HKTファミリーとHAKファミリーのカリウムイオン輸送能 117
    5.6 環境ストレス応答のライフサーベイヤ解析に適したモデル細胞 120
    5.7 おわりに 121
   6. 酵母細胞内シグナル定量解析の創薬への応用(石井純,近藤昭彦) 124
    6.1 はじめに 124
    6.2 コンビナトリアル・バイオエンジニアリングによるリード化合物探索 125
    6.3 リガンド表層ディスプレイによる検出システム 127
    6.4 酵母シグナル伝達を利用したGPCRアッセイのための蛍光検出系 129
    6.5 酵母でシグナル伝達を可能とするヒトGPCR発現 131
    6.6 おわりに 133
   7. 細胞内遺伝子発現検出用の蛍光バイオプローブの設計と合成(阿部洋,古川和寛,常田聡,伊藤嘉浩) 135
    7.1 はじめに 135
    7.2 蛍光性バイオプローブを用いた細胞内イメージング 136
     7.2.1 蛍光性核酸プローブの設計と合成 136
     7.2.2 細胞内遺伝子検出(Fluorescence In situ hybridization,FISH法) 137
     7.2.3 生細胞内遺伝子検出 137
    7.3 既法の問題点 141
    7.4 これから細胞内検出への展開が期待される検出法 143
     7.4.1 RNAアプタマーと蛍光物質の反応を利用した検出 143
     7.4.2 コンフォメーション変化を利用した蛍光発生システム 143
     7.4.3 量子ドットを用いた検出系 144
    7.5 今後の展開 145
第4章 細胞間ネットワークシグナルの解析
   1. 細胞間ネットワークシグナルの解析概論(民谷栄一) 147
   2. 細胞チップを用いた遺伝子/シグナル分子解析(山村昌平,斉藤真人,民谷栄一) 150
    2.1 はじめに 150
    2.2 細胞機能解析を目指したチップデバイス 151
     2.2.1 マイクロアレイチップを用いた遺伝子解析システム 151
     2.2.2 細胞チップを用いた細胞シグナル解析 156
    2.3 まとめ 161
   3. 細胞の磁気ラベル・磁気誘導を用いた組織構築(本多裕之,井藤彰,清水一憲,伊野浩介) 164
    3.1 はじめに 164
    3.2 機能性磁性微粒子 165
    3.3 心筋組織の構築 166
    3.4 間葉系幹細胞を用いた骨組織の構築 168
    3.5 毛細血管を含む三次元組織の構築 170
    3.6 三次元担体への高密度細胞播種法の開発(Mag-seeding) 172
    3.7 おわりに 173
   4. 集積化電極による細胞間シグナル計測と解析(神保泰彦) 175
    4.1 ニューロンのネットワーク 175
    4.2 神経系の信号とその計測 175
    4.3 集積化電極 177
    4.4 多点電気刺激 177
    4.5 神経回路活動の計測 181
    4.6 神経回路活動の解析 183
    4.7 神経回路・単一細胞同時計測に向けて 185
   5. 細胞シグナル解析用MEMSチップ(小西聡) 188
    5.1 はじめに 188
    5.2 細胞の電気的シグナル解析 190
    5.3 細胞シグナル解析用デバイスの研究開発動向 192
    5.4 細胞シグナル解析用MEMSチップ : MCA(Micro Channel Array)の研究 193
     5.4.1 設計 194
     5.4.2 製作 195
     5.4.3 評価 196
    5.5 おわりに 198
第5章 ライフサーベイヤをめざしたデジタル精密計測技術の開発
   1. ライフサーベイヤをめざしたデジタル精密計測技術の開発概論(植田充美) 200
    1.1 デジタル精密計測技術の開発 200
    1.2 デジタル精密計測技術開発の展開 201
   2. 核酸のデジタル解析に向けての技術開発(神原秀記) 203
    2.1 はじめに 203
    2.2 DNA塩基配列決定方法 204
     2.2.1 ゲル電気泳動を用いた方法 204
     2.2.2 段階的な相補鎖合成反応を用いた方法 207
    2.3 DNAのデジタル計測 212
     2.3.1 デジタル計測に用いられるDNA配列解析技術 212
     2.3.2 デジタル計測に用いられるDNA試料調製技術 214
    2.4 1細胞中の全mRNA定量解析を目指したDNAデジタル解析へ向けて 215
    2.5 おわりに 216
   3. バイオナノ磁性ビーズの生体分子計測への応用(竹山春子,松永是) 218
    3.1 はじめに 218
    3.2 市販されている磁性ビーズの現状 218
    3.3 新規磁性ビーズの開発状況 220
     3.3.1 金被覆による機能性磁性ビーズの作製 220
     3.3.2 量子ドットとの複合化による蛍光コード磁性ビーズの作製 220
    3.4 バイオナノ磁性ビーズの創製 222
    3.5 バイオナノ磁性ビーズを用いた生体分子計測 224
     3.5.1 DNA-バイオナノ磁性ビーズ 224
     3.5.2 抗体-バイオナノ磁性ビーズ 225
     3.5.3 受容体-バイオナノ磁性ビーズ 226
     3.5.4 酵素-バイオナノ磁性ビーズ 226
    3.6 バイオナノ磁性ビーズを用いた全自動計測ロボット 227
    3.7 おわりに 228
   4. 細胞操作のデバイスとマイクロシステム(珠玖仁,末永智一) 230
    4.1 はじめに 230
    4.2 プローブ(探針)を用いた細胞分析マイクロシステム 231
    4.3 生殖工学に資する細胞分析デバイス 234
    4.4 単一細胞からのRNA採集 235
    4.5 おわりに 237
   5. 生体材料プローブを利用した特定RNA検出法の開発(遠藤玉樹,小畠英理) 240
    5.1 はじめに 240
    5.2 光シグナルを用いた細胞内バイオイメージング 241
    5.3 RNA検出のための遺伝子組換えタンパク質プローブの設計 241
     5.3.1 細胞内バイオイメージングを可能にするFRETタンパク質プローブ 242
     5.3.2 ペプチド-RNA間相互作用とinduced fitによる構造変化 242
     5.3.3 RNA検出のための分子内FRETタンパク質プローブ 244
    5.4 分子内FRETタンパク質プローブによるRNAの検出 244
     5.4.1 RNAとの結合確認 244
     5.4.2 RNAへの結合によるFRETシグナル変化 246
     5.4.3 細胞内におけるRNAの検出 247
    5.5 任意配列RNAを検出するためのsplit-RNAプローブの設計 248
    5.6 任意配列を有するRNAの検出 249
     5.6.1 hybridized complexの添加に伴うFRETシグナル変化 250
     5.6.2 特定RNAのホモジニアスアッセイ 250
    5.7 おわりに 252
   6. 細胞丸ごとRNA解析に向けたバイオインフォマティクス技術(秋山泰) 254
    6.1 はじめに 254
    6.2 細胞丸ごとRNA解析で必要となる情報処理の流れ 255
    6.3 データの一括処理を支援するソフトウェアの開発 257
    6.4 既知の発現プロファイル情報との比較 260
    6.5 おわりに 264
第6章 ライフサーベイヤの研究展開と展望(松永是,新垣篤史)
   1. ポストゲノムへのアプローチ 267
   2. 網羅的手法による細胞解析―磁性細菌を例に― 268
   3. 一細胞情報の丸ごと解析に向けて 269
   4. ライフサーベイヤに期待する 271
第1章 ライフサーベイヤとは(神原秀記)
   1. はじめに 1
   2. ライフサーベイヤとは 1
39.

図書

図書
出版情報: 東京 : 文教施設協会 , 東京 : 科学新聞社 (発売), 2006.8  1冊 ; 30cm
シリーズ名: これからの大学等研究施設 ; 第3編
所蔵情報: loading…
40.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
editor-in-chief, Martin Stutzmann ; guest editors, M. Tanaka...[et al.]
出版情報: Weinheim : Wiley-VCH, c2006  [xi], [4057]-4413, [xiii]-xv p. ; 26 cm
シリーズ名: Physica status solidi ; . Proceedings
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface X
Committees and Supporters XI
Overview
   Physics and materials of spintronics in semiconductors(invited,plenary) / Hideo Ohno 4057-4061
Ferromagnetic semiconductors
III-V based ferromagnetic semicondutors
   Intrinsic magnetism in wurtzite(Ga,Mn)N / S. Marcet, W.Pacuski, E.Sarigiannidou, F.Wilhelm, D.Ferrand, S.Kuroda, R.M. Galera, E. Gheeraert, J.Cibert, A.Rogalev, H.Mariette,and P.Kossacki 4062-4065
   Ferromagnetic (In,Mn)As epitaxial films with Curie temperature of 90 K / T.Schallenberg and H.Munekata 4066-4069
   Interlayer exhange coupling in(Ga,Mn)As based multilayers / A.D.Giddings, T.Jungwirth, and B.L.Gallagher 4070-4073
   (Ga,Mn)As layers with perpendicular anisotropy:a study of magnetic domain patterns / A.Dourlat, C.Gourdon, V.Jeudy, C.Testelin, L.Thevenard,and A. Lemaitre 4074-4077
   AMR and magnetometry studies of ultra thin GaMnAs films / A.W.Rushforth, A.D.Giddings,K.W.Edmonds, R.P. Campion, C.T.Foxon, and B.L.Gallagher 4078-4081
   Magnetic properties of Er.O-codoped GaAs at low temperature / S.Takemoto, T.Terao, Y.Terai, M. Yoshida, A.Koizumi, H.Ohta, Y. Takeda, N.Fujimura, and Y.Fujiwara 4082-4085
   Magnetic anisotropy in(Ga,Mn)As probed by magnetotrasport measurements / T.Yamada, D.Chiba, F.Matsukura,S.Yakata,and H.Ohno 4086-4089
   Domain structure and magnetotransport properties in (Ga,Mn)As wires / G.Koizumi, T.Kondo, K.Nomura, Y.Kitamoto,and H.Munekata 4090-4093
II-VI based ferromagnetic semiconductors
   Anistropy dependent magnetization relaxation in(Cd,Mn)Te quantum wells / M.Goryca, P.Kossacki, D.Ferrand, M.Nawrocki, W.Pacuski, W.Maslana, S.Tatarenko, and J.Cibert 4094-4097
   Anisotropy of magnetization and magnetoresistance of (Zn,Co)O films grown by pulsed laser deposition / J.W.Lee, S.Kuroda, F.Takano, H.Akinaga, and K.Takita 4098-4101
   Magneto-optical study of ferromagnetic semiconductor(Zn,Cr)Te / N.Nishizawa, S.Marcet, N.Ozaki, S.Kuroda,and K.Takita 4102-4105
   Co-doped ZnO homoepitaxy: Repeated oxygen-pressure modulated epitaxy / Hiroaki Matsui and Hitoshi Tabata 4106-4109
Group-IV and oxide ferromagnetic semiconductors
   Epitaxial growth and Magnetic properties of a new group-IV ferromagnetic semiconductor: Ge1-xFex / Yusuke Shuto, Masaaki Tanaka, and Satoshi Sugahara 4110-4114
   Ferromagnetism in Fe and Co-implanted SnO2 films / J.Schoenes, U.Pelzer, D.Menzel, K.Franke, F.Ludwig, and M.Schilling 4115-4118
   Room-temperature ferromagnetism in Mn-implanted TiO2 / D.Menzel, I.Jursic, J.Schoenes, F.Iacomi, and D.Cacaina 4119-4122
   Ferromagnetism of self-organized Ge1-xMnx nano-pillars / T.Devillers, M.Jamet, A.Barski, V.Poydenot, R.Dujardin, P.Bayle Guillemaud, J.Rothman, E.Bellet Amalric, J.Cibert, R.Mattana, and S.Tatarenko 4123-4126
   Ferromagnetism in Co-doped TiO2 single crystals / K.Yamaki, N.Shimizu, E.Kita, T.Mochiku, H.Fujii, K.Yamada, S.Itoh, and K.Kadowaki 4127-4130
Theory of ferromagnetic semiconductors
   Pseudo-SIC study on the ferromagnetism induced by carbon in AO-based DMS(A=Mg,Ca,Ba,Sr) / V.A.Dinh, M.Toyoda, K.Sato, and H.Katayama-Yoshida 4131-4134
   Carrier concentration dependence of Curie temperature in CuALO2 based dilute magnetic semiconductor by first-principles calculations / H.Kizaki, K.Sato, and H.Katayama-Yoshida 4135-4138
   Ab initio design of fabrication process and shape control of self-organized Tera-bit-density nano-magnets in dilute magnetic semiconductors by two-dimensional spinodal decomposition / T.Fukushima, K.Sato, H.Katayama-Yoshida, and P.H.Dederichs 4139-4142
   Local environment effects on exchange interactiongs in dilute magnetic semiconductors / K.Sato, P.H.Dederichs, and H.Katayama-Yoshida 4143-4146
   The exchange interaction in(Ga,Cr)N doped with oxygen impurities / Tatsuya Nakano, Masafumi Shirai, Yoshio Miura, and Kazutaka Nagao 4147-4150
   Ferromagnetism in diluted magnetic semiconductors Ti1-xMxO^2(M=V,Cr,Mn and Ni) / N.Shimizu, K.Yamaki, T.Mochiku, K.Yamada, S.Itoh,and K.Kadowaki 4151-4154
   Curie temperature of GaMnN and GaMnA5 from LDA-SIC electronic structure calculations / Masayuki Toyoda, Hisazumi Akai, Kazunori Sato, and Hiroshi Katayama-Yoshida 4155-4159
   Half-metallic diluted antiferromagnetic semiconductors / M.Ogura, Y.Hashimoto, and H.Akai 4160-4163
Spin injection
   Spin injection with three terminal device based on(Ga,Mn)As/n+-GaAs tunnel junction / T.Kita, M.Kohada, Y.Ohon, F.Matsukura, and H.Ohno 4164-4167
   Spin injection using quantum point contacts with spin-orbit interaction and its detection / Mikio Eto, Tetsuya Hayashi, Yuji Kurotani,and Hiroto Yokouchi 4168-4171
   Design of an all-electrical spin-injection-detection device in GaAs / R.Vanheertum, P.Van Dorpe, G.Borghs, and W.Van Roy 4172-4175
   Towards all-electrical spin injection and detection in GaAs / J.J.H.M. Schoonus, O.Kumosikov, H.J.M.Swagten, B.Koopmans,E.J.Geluk, F.Karouta,W.Van Roy,and G.Borghs 4176-4179
Spin-dependent transport
   Characteristics of GaMnAs-based double-barrier TMR structures / M.Watanabe,H.Toyao,J.Okabayashi,and J.Yoshino 4180-4183
   Resonant tunneling effect and tunneling magnetoresistance in GaMnAs quantum-well double-barrier heterostructures / S.Ohya,P.N.Hai,Y.Mizuno,and M.Tanaka 4184-4187
   Theory of spin-dependent tunneling and resonant tunneling in layered structures based on(Ga,Mn)As / P.Sankowski, P.Kacman, J.A.Majewski,and T.Dietl 4188-4191
   Interfacial states and tunnel magnetoresistance of ferromagnetic semimetal/semiconductor junctions / S.Honda, H.Itoh, and J.Inoue 4192-4195
   Considerration and detection of spin-dependent transport across semiconductor heterojunction / J.Hayafuji, T.Kondo, and H.Munekata 4196-4199
   Intensified spin-dependent-transport and localized-spin freezing in magnetite sinter made from low size-dispersion hematite nanoparticles with high temperature calcination / H.Kobori, K.Ohnishi, A.Sugimura, and T.Taniguchi 4200-4203
   Reversal magnetoresistance and unusual localized-spin freezing in magnetite sinter made from low size-dispersion hematite nanoparticles with low temperature calcination / H.Kobori, K.Ohnishi, A.Sugimura,and T.Taniguchi 4204-4207
   Tunable Fano-Kondo effect in a quantum dot with an Aharonov-Bohmring(invited) / S.Katsumoto, H.Aikawa, M.Eto, and Y.lye 4208-4213
   Stern-Gerlach effect and spin filtering in the solid state(invited) / J.Wrobel 4214-4219
   Spin interference effect based on the Rashba and DresseIhaus terms(invited) / T.Koga, H.Okutani,Y.Sekine,and J.Nitta 4220-4226
   Weak antilocalization measurements on a 2-dimensional electron gas in an InGaSb/InSlSb heterostructure / V.A.Guzenko, M.Akabori,The. Schapers, S.Cabanas, T.Sato, T.Suzuki,and S.Yamada 4227-4230
   Anisotropic magnetoresistane in single electron transport / J.Fernandez-Rossier,R.Aguado,and L.Brey 4231-4234
   Zeeman ratchets for ballistic spin currents / Matthias Scheid, Michael Wimmer, Dario Bercioux, and Klaus Richter 4235-4238
   Gate controlled crossover from weak localization to weak antilocalization in a narrow gap In0.8Ga0.2As/InP heterostructure / Takayuki Nihei,Yoshifumi Suzuki,Makoto Kohda,and Junsaku Nitta 4239-4242
   Magnetorcsistance oscillations induced by spin orbit interaction and intersubband scattering in a gated Inp/In0.8Ga0.2As/In0.52Al0.48As heterostructure / Mitsuhiro Abe, Makoto Kohda, and Junsaku Nitta 4243-4246
   Spin-orbit coupling in gated AlGaN/GaN 2-dimensional electron gases / Th.Schapers, N.Thillosen, S.Cabanas, N.Kaluza, V.A.Guzenko, and H.Hardtdegen 4247-4250
   Spin dependence of edge-channel transport in silicon-based quanturn Hall systems / Kohei Hamaya, Satoru Masubuchi, Kentarou Sawano, Yasuhiro Shiraki, and Tomoki Machida 4251-4254
   Metastable spin configuration of two-dimensional hole system in the quanturn Hall regime / Katsuyoshi Kodera,Hisashi Takado,Akira Endo,Yoshiaki Hashimoto, Shingo Katsumoto,and Yasuhiro Iye 4255-4258
   Strong spin relaxation length dependence on electric field gradients / D.Csontos and S.E.Ulloa 4259-4262
Spin-dependent optical phenomena
   Photo-induced changes in magnetization orientation in(Ga,Mn) As observed directly by a scanning laser magneto-optical microscope / T.Kondo, K.Nomura, G.Koizumi,and H.Munekata 4263-4266
   Light-induced precession of ferromagnetically coupled Mn spins in ferromagnetic(Ga,Mn)As / H.Takechi, A.Oiwa, K.Nomura, T.Kondo,and H.Munekata 4267-4270
   Magnetization-induced terahertz rediation from GaMnAs / J.B.Heroux, Y.Hashimoto, S.Katsumoro,and M.Kuwata-Gonokami 4271-4274
   Spin orientation by Linearly polarized light in quantum wells / S.A.Tarasenko 4275-4278
   Spin-dependent type-II band alignment and carrier spin dynamics in a diluted magnetic double quantum wells / T.Koyama, K.Nishibayashi, I Sourna, A.Murayama, Y.Oka,and A.A. Toropov Toropov 4279-4282
   Magnetic-field dependence of electron-spin relaxation in a diluted magnetic semiconductor quantum well studied by pump-probe absorption spectroscopy / K.Saito, K.Nishibayashi, I.Souma, A.Murayama,and Y.Oka 4283-4286
   Spin dynamics in self-assembled quantum dots coupled with a diluted magnetic semiconductor / T.Furuta, K.Hyomi, I.Souma, A.Murayama,and Y.Oka 4287-4290
   Spin-sensitive differential transmission experiments in quasi-spherical Cds quantum dots / P.Nemec, P.Nahalkova, D.Sprinzl, P.Maly, V.N.Gladilin, and J.T. Devreese 4291-4294
   Stimulated Raman adiabatic passage for the photon-assisted tunneling in a double quantum dot / Shinji Abe, Hirotaka Sasakura, Satoru Adachi, and Shunichi Muto 4295-4298
   Time-resolved photoluminescene in annealed self-assemblen InAs quantum dots H.Nishida, S.Kayamori, H.Sasakura, S.Adachi, S.Muto,and I.Suemune 4299-4302
   Picosecond spin relaxations of acceptor-bound exction and A-band free exciton in wurtzite GaN / A.Tackeuchi, H.Otake, T.Fujita, T.Kuroda, T.Chinone, J-H.Liang, and M.Kajikawa 4303-4306
Spin-dependent novel phenomena
   Coherent spin transport by acoustic fields in GaAs quantum wells / O.D.D.Couto, F.Iikawa, J.A.H.Stotz, R.Hey,and P.V.Santos 4307-4312
   Branching-induced spin polarization amplification in nonmagnetic semiconductors / S.-W.Jung and H.-W.Lee 4313-4316
   Spin densities in parabolic quantum wires with Rashba spin-orbit interaction / Sigurdur I.Erlingsson, J.Carlos Egues, and Daniel Loss 4317-4321
   Theory of the spin-Hall effect revisited / P.Kleinert and V.V.Bryksin 4322-4325
   Single photon response in GaAs quantum transport devices for photon-spin quantum state transfer / T.Kutsuwa, K.Arai, H.Shigyo, H.Kinjo, K.Ono, Y.Mitsumori, H.Kosada, and K.Edamatsu 4326-4329
   Spin orbit interaction and zitterbewegund in symmetric wells / Esmerindo Bernardeds, John Schliemann, Carlos Egues,and Daniel Loss 4330-4333
   Evaluation of g-factor by quantum transport measurement for photon-spin quantum state transfer / K.Arai, T.Kutsuwa, H.Kinjo, K.Ono, H.Kosaka, and K.Edamatsu 4334-4337
   Modulation of three-orbital Kondo effect in quantum dots / Tomoko Kita, Rui Sakano, Takuma Ohashi, and Sei-ichiro Suga 4338-4341
   Spin filtering and spin relaxation time in a GaAs quantum dot / K.Hitachi, J.Sugawa, M.Yamamoto, and S.Tarucha 4342-4345
   Magnetic field induced manipulations of coherent electron spin dynamics in n-GaAs / P.E.Hohage, F.Seifert, T.Kummell, G.Bacher, D.Reuter, and A.D.Wieck 4346-4349
   Fidelity analysis of the photon-spin quantum state transfer / Y.Rikitake, H.Imamura,and H.Kosaka 4350-4353
   Electronic and spin properties of hole point contacts / U.Zulicke 4354-4358
   Fe/Tb multinlayer ferromagnets for local semiconductors spin control S.Halm, E.Neshataeva, F.Seifert, T.Kummell, E.Schuster, W.Keune, M.Sperl, J.Puls, F.Henneberger, and G.Bacher 4359-4363
   Ringlike structres in the density-magnetic-field Pxx diagram of two-subband quantum Hall systems / Gerson J, Ferreira, Henrique J.P.Freire,and J.Carlos Egues 4364-4367
Nuclear spins in semiconductors
   Local detection of Knight shift around quantum-Hall edge channels using resistively-detected NMR / S.Masubushi, K.Hamaya, and T.Machida 4368-4371
   Overhauser shift in photoluminescence of excitons with fine structure from a single self-assembled InAlAs quantum dot / T.Mukumoto, R.Kaji, H.Sasakura, S.Adachi, H.Kumano, S.Muto, and I.Suemune 4372-4375
   Electron paramagnetic resonance and dynamic nuclear polarization via the photoexcited triplet states of radiation defects in natural and ^29Si isotope enriched silicon / L.S.Vlasenko, M.P.Vlasenko, D.S.Poloskin,R.Laiho,H.Hayashi, T.Itahashi,A.Sagara, and K.M.Itoh 4376-4379
   Dispersive lineshape of the resistively-detected NMR in the vicinity of Landau level filling v=1 / Katsuyoshi Kodera, Hisashi Takado, Akira Endo, Shingo Katsumoto, and Yasuhiro Iye 4380-4383
   Estimation of dynamic nuclear polarization in quantum-Hall devices using magnetic fields / S.Masubuchi, K.Hamaya,and T.Machida 4384-4387
   Dynamic nuclear polarization of ^29Si nuclei in the isotope enriched n-type silicon / H.Hayashi, W.Ko, T.Itahashi, A.Sagara, K.M.Itoh, L.S.Vlasenko,and M.P.Vlasenko 4388-4391
   Electron spin dynamics and hyperfine interaction in coupled quantum dots / Ozgur Cakir and Toshihide Takagahara 4392-4395
Spin control and devices
   Spin-polarized surface-emitting lasers / P.Bhattacharya, M.Holub, and D.Saha 4396-4400
   Lasing in spin-polarized terahertz quantum cascade structures / Ivana Savic, Zoran Ikonic, Nenad Vukmirovic, Vitomir Milanovic, Dragan Indjin,and Paul Harrison 4401-4404
   Perspective on field-effect spin-transistors / Satoshi Sugahara 4405-4413
Preface X
Committees and Supporters XI
Overview
41.

図書

図書
ブッカーズ企画・編集
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2007.6  4, 17, 733, 22p, 図版[1]枚 ; 27cm
シリーズ名: 水素利用技術集成 ; vol. 3
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
出版情報: 東京 : 情報機構, 2005.3  410p ; 27cm
所蔵情報: loading…
43.

図書

図書
合原一幸編著
出版情報: 東京 : ウェッジ, 2008.6  v, 220p ; 19cm
シリーズ名: ウェッジ選書 ; 32 . 「地球学」シリーズ : 21世紀の地球と人類のかかわりを考える||チキュウガク シリーズ : 21セイキ ノ チキュウ ト ジンルイ ノ カカワリ オ カンガエル
所蔵情報: loading…
44.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山下一郎, 芝清隆監修
出版情報: 東京 : シーエムシー出版, 2008.3  x, 358p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
【第I編 バイオナノプロセスとナノテクノロジー】
 第1章 バイオナノプロセスとは(山下一郎,芝清隆)
   1. ナノテクノロジー時代
   2. バイオナノプロセス
 第2章 バイオナノプロセスをめぐる世界の動き(河村秀樹,三浦篤志,芝清隆,山下一郎)
   1. はじめに
   2. 機能性材料合成のためのバイオナノプロセス
    2.1 天然のタンパク質,微生物を人為的環境下に置く方法
    2.2 人工分子,人工ペプチドを用いる方法
    2.3 バイオミネラルの形状を活かした利用
    2.4 今後のバイオナノプロセスによる機能性材料合成
   3. デバイスファブリケーションのためのバイオナノプロセス
    3.1 GroELを用いたフラッシュメモリ作製
    3.2 植物ウイルスを用いたメモリデバイス開発
    3.3 バクテリアウイルスを用いたリチウム電池開発
    3.4 フェリチンを用いた研究
   4. おわりに
【第II編 バイオナノプロセスを支える要素技術】
 第3章 イントロ : 自己組織化ナノブロックとしての生体高分子(山下一郎,芝清隆)
 第4章 蛋白質に見いだすナノブロック構造(金丸周司)
   2. ウイルスキャプシド蛋白質
   3. 筒状蛋白質・リング状蛋白質
    3.1 タバコモザイクウィルス
    3.2 繊維状ファージ
    3.3 ファージテイル
   4. ポリペプチド鎖が繰り返し配列を持つ蛋白質
    4.1 1本鎖βヘリックス
    4.2 3本鎖βヘリックス
 第5章 ナノレゴプロジェクト(鈴木治和,臼井健悟,林崎良英)
   1. 「ナノレゴ」の基本概念
   2. ナノレゴの基礎実験
    2.1 ナノレゴ素子拡充の試み
    2.2 接着素子の解析
    2.3 ナノレゴ設計のための基礎実験
    2.4 生体超分子における安定複合体形成のメカニズム解明
   3. ナノレゴの新規概念
   4. ナノレゴによる線状構造体の形成
   5. ロック付接着素子を用いたナノレゴ線状構造体
   6. ナノレゴ研究の今後
 第6章 球殻状ナノブロックとしてのフェリチン分子を用いたナノ粒子作製(岩堀健治,山下一郎)
   2. タンパク質超分子とバイオテンプレート
    2.1 バイオの世界とタンパク質超分子
    2.2 バイオテンプレート法によるナノ粒子作製の歴史
   3. アポフェリチンタンパク質を用いたナノ粒子作製
    3.1 フェリチンタンパク質
    3.2 フェリチンタンパク質の自己組織化能とバイオミネラリゼーション能
    3.3 アポフェリチンタンパク質による酸化物ナノ粒子の作製
    3.4 アポフェリチンタンパク質による化合物半導体ナノ粒子の作製
   4. リステリア細菌由来Dpsタンパク質を用いたナノ粒子作製
   5. バイオミネラリゼーションのメカニズム
   6. まとめ
 第7章 ナノ構造蛋白質の内部空間利用(安部聡,上野隆史)
   2. ナノ構造蛋白質
   3. ナノ構造蛋白質内部での金属微粒子の合成
   4. ナノ構造蛋白質の内部空間利用
    4.1 医療材料への応用
    4.2 触媒反応への利用
   5. まとめ
 第8章 筒状ナノブロックとしてのTMVとテトラポッド型超分子構造体(小林未明,塚本里加子,杉本健二,山下一郎)
   1. TMVを用いたナノワイヤの合成
   2. テトラポッド型超分子構造体
   3. 基板上へのナノワイヤ,テトラポッド型超分子構造体の選択的配置,配列化と電子デバイスへの応用
 第9章 人工ペプチド・タンパク質進化実験(柏木健司,芝清隆)
   1. ナノテクノロジーと人工タンパク質
   2. 進化分子工学
   3. ファージ提示法
   4. 細胞表層提示法
   5. in vitro提示法
   6. ライブラリ作製
   7. ライブラリの多様性とブロックシャッフリング
   8. 人工タンパク質創出系MolCraft
   9. おわりに
 第10章 無機材料を標的にしたペプチド・アプタマーの異種界面形成(佐野健一,芝清隆)
   2. 無機材料を標的にしたペプチド・アプタマー
   3. ペプチド・アプタマーと無機材料の異種界面形成
   4. TBP-1とチタン表面の異種界面形成
   5. 無機材料結合ペプチドに偏在するアミノ酸種
   6. ペプチド・アプタマーの多機能性
   7. ペプチド・アプタマーのナノテクノロジー領域への応用
   8. おわりに
 第11章 セラミックス結合・合成ペプチド(梅津光央)
   1. ミネラル成分を鉱物化する生体分子
   2. 生体内からの同定・抽出
   3. 分子進行工学的技法を用いた非天然ペプチドの創出
   4. 酸化亜鉛結合性ペプチドの選択と応用
 第12章 ナノバインダーとしての高分子結合性ペプチド(芹澤武,松野寿生)
   2. ポリメタクリル酸メチル(PMMA)結合性ペプチドの探索
   3. 合成ペプチドによる結合実験
   4. 必須ペプチドモチーフの決定
   5. その他の高分子ターゲット
   6. おわりに
 第13章 ペプチドの自己集合によるナノ構造の構築(松浦和則)
   2. 両親媒性ペプチド
   3. βシート形成ペプチド
   4. コイルドコイル形成ペプチド
   5. オリゴペプチド
   6. 三回対称性ペプチドコンジュゲート
   7. おわりに
 第14章 メタル化ペプチドを用いる金属の精密集積制御~組成・配列・空間配置制御と機能開拓~(髙谷光,磯崎勝弘,芳賀祐輔,上杉隆,中谷昭彦,直田健)
   2. 錯体化学的手法による金属集積化
   3. メタル化アミノ酸およびメタル化ペプチドの開発
   4. メタル化ペプチドの超音波ゲル化と金属集積制御
   5. 異種金属集積型ペプチドの開発と機能開拓
 第15章 DNAタイルのセルフアセンブリ(村田智)
   2. 材料としてのDNA分子
   3. 粘着末端と枝分かれ構造
   4. DNAタイル
   5. アルゴリズミックなセルフアセンブリ
   6. まとめと展望
 第16章 ナノブロックとしてのRNA分子(齊藤博英,井上丹)
   2. RNAの構造
   3. ナノブロックとしてのRNA
   4. ナノブロックRNAの応用分野
    4.1 Synthetic biologyにおけるRNA
    4.2 NanotechnologyにおけるRNA
   5. RNA/RNPの分子デザインと試験管内進化
    5.1 人工RNAのデザインと創成
    5.2 人工RNPのデザインと創成
   6. RNA/RNPブロックを利用した分子デザインの展望
 第17章 脂質膜の自己組織化能を利用する分子デバイス作製(佐々木善浩,田文杰,菊池純一)
   2. 脂質膜基板の作製と分子素子の組織化
   3. 脂質膜型分子デバイスの機能
【第III編 バイオナノプロセスによるデバイス作成】
 第18章イントロ : トゥルーナノテクノロジーとしてのバイオナノプロセス(山下一郎,芝清隆)
 第19章 バイオナノプロセスで作るフローティングゲートメモリ(三浦篤志,山下一郎)
   2. ナノドットを利用した不揮発性フラッシュメモリ
   3. バイオナノドットフローティングゲート型メモリの作製と電気特性評価
 第20章 フェリチンタンパクを利用したシリコン薄膜の結晶化法(浦岡行治,桐村浩哉,冬木隆,山下一郎)
   2. フェリチンタンパクを用いた結晶化法
    2.1 フェリチンタンパクとは
    2.2 フェリチンタンパク質の吸着密度制御
    2.3 熱処理によるSi多結晶膜の固相成長
   3. 形成されたSi多結晶膜の結晶性
    3.1 XRDによる評価結果
    3.2 後方散乱電子回析(EBSD)法による結晶粒径の評価結果
   4. パルスアニールによる短時間作製
 第21章 ナノ粒子の静電配置(熊谷慎也,吉井重雄,山下一郎)
   2. 静電相互作用を利用した選択配置
   3. 吸着挙動の解析
    3.1 解析の流れ
    3.2 相互作用ポテンシャル分布
    3.3 相互作用ポテンシャル分布における各構成項の働き
   4. 単一フェリチン分子選択配置
   5. おわりに
 第22章 ナノエッチング技術(寒川誠二)
   1. 序論
   2. プラズマエッチングプロセスの課題
   3. 無損傷・量子構造の形成
   4. 量子ナノディスク構造による量子効果発現
 第23章 プログラム自己組織化によるナノ材料・デバイスの創製(鈴木直毅,安立京一,李奉局,川合知二)
   2. シーケンシャル自己組織化
    2.1 自己組織化配線法
    2.2 DNAを用いたナノ分子デバイス
   3. 生体分子の自己組織化的ナノアレイ化
   4. トップダウン/ボトムアップ融合による遷移金属酸化物薄膜の大面積ナノ加工
    4.1 機能性遷移金属酸化物を用いた赤外線センサ
    4.2 NIL-モリブデン・リフトオフ法
 第24章 酵素分子の高速人工進化のためのナノバイオセンシング(一木隆範,マニッシュ・ビヤニ,根本直人)
   2. セルアレイ型分子進化リアクターの原理・構成
   3. ビーズを担体として用いるラベル化タンパク質分子のアレイ化配置技術
   4. 「DNA-Proteinチップ」法によるラベル化タンパク質分子のアレイ化配置技術
   5. 蛍光アッセイによる酵素活性スクリーニングシステム
 第25章 BioLBL法によるin aquaでの高次ナノ構造形成(佐野健一,芝清隆)
   2. 交互積層法Layer-By-Layer
   3. BioLBL法~Biomimetic Layer-By-Layer Assembly
   4. DP-BioLBL
   5. 将来展望
 第26章 DNA-金属デバイス(松尾保孝,居城邦治)
   1. ボトムアップ型ナノテクノロジーとDNA
   2. 電子回路作製のための材料として見たDNAの特徴・利点
   3. 自己組織化によるナノ配線
   4. 単一DNA分子の自己組織化的伸長固定化
   5. DNAの金属化による導電性ナノ配線の作製
 第27章 DNAネットワークによるナノパターニング(田畑仁)
   1. 概要
   2. DNAエレクトロニクス
   3. DNA自己組織化利用ナノパターン形成―ボトムアップナノテクノロジー―
    3.1 DNA分子を鋳型としたナノ構造制御(プログラム自己組織化パターニング)
    3.2 ナノ構造形成メカニズム
    3.3 プリンタブルエレクトロニクス
   4. DNAナノテクノロジー
    4.1 DNA分子の電子状態
    4.2 DNAネットワークの機能化 : 蛍光分子ドープによる光スイッチ
 第28章 ペプチドナノリアクター~ペプチドナノリアクターを用いた生物擬態的な室温での物質合成とそのナノリアクターの基板上における選択的配置~(松井宏)
   2. 環状ペプチドをナノリアクターとして用いた正方晶系BaTiO3ナノ粒子の室温合成
   3. 環状ペプチドをナノリアクターとして用いたβ-Ga2O3半導体ナノ粒子の室温合成
   4. 基板上における環状ペプチドの特定の位置への自己集合的アッセンブリー法
 第29章 カーボンナノチューブでつくるメディカル・デバイス(松村幸子,湯田坂雅子,飯島澄男,芝清隆)
   2. カーボンナノチューブの特性と水との相性
   3. カーボンナノチューブの水中分散化
   4. ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)とは
   5. キャリアの大きさとEPR効果
   6. いろいろな物質のキャリアとして用いられるカーボンナノチューブ
   7. カーボンナノホーンをDDSキャリアとして使う
   8. カーボンナノチューブを用いたバイオセンサ
【第IV編 これからのバイオナノプロセス】
 第30章 イントロ : 生物に学ぶ高次自己組織化(芝清隆,山下一郎)
 第31章 自己組織化体としての生体超分子(南野徹,難波啓一)
   2. べん毛の構築制御
   3. べん毛蛋白質輸送装置
   4. べん毛蛋白質輸送の分子機構
   5. べん毛繊維の自己構築
   6. 繊維やフックの長さを決める仕組み
 第32章 生物学的ネットワークと自己組織化(北野宏明)
   2. 生物学的ネットワークの大域構造
   3. 進化可能で,ロバストなシステムのアーキテクチュア
   4. モジュールのロバストネス
   5. アーキテクチュア
   6. ロバストネスと脆弱性のトレードオフ
   7. 自己拡張共生ネットワーク
 第33章 合成生物学とバイオナノプロセス(木賀大介)
   2. 生物の階層性および,AnalysisとSynthesis
   3. 生体高分子を組み合わせる
   4. 細胞内に遺伝子を組み合わせるためには制御関係の作り込みが必要となる
   5. 試験管内で生体高分子を組み合わせる
   6. 今後のバイオナノプロセスと合成生物学
 第34章 細胞における確率的情報処理の解明に向けて(上田昌宏,高木拓明,新井由之)
   2. コンピュータと生物情報処理システムの動作状況における根本的差異
   3. 情報分子の構造多型性
   4. 細胞における情報分子の反応速度論的多状態性
   5. 細胞内情報処理システムにおけるノイズ生成・処理・伝搬の理論
 第35章 生物に学ぶナノデバイスの設計思想~ゆらぎの排除から利用へ~(冨樫祐一,柳田敏雄)
   1. 従来のナノデバイス―ゆらぎを排除する思想
   2. ケーススタディ―ゆらぎの下で働く分子モーター
   3. 1分子実験―分子モーターの動作原理に迫る
   4. ゆらぎを利用するための構造
   5. 集積化―ゆらぎを利用するシステムへ
   1. ナノテクノロジー時代 3
   2. バイオナノプロセス 4
   1. はじめに 6
   2. 機能性材料合成のためのバイオナノプロセス 6
    2.1 天然のタンパク質,微生物を人為的環境下に置く方法 8
    2.2 人工分子,人工ペプチドを用いる方法 11
    2.3 バイオミネラルの形状を活かした利用 12
    2.4 今後のバイオナノプロセスによる機能性材料合成 13
   3. デバイスファブリケーションのためのバイオナノプロセス 14
    3.1 GroELを用いたフラッシュメモリ作製 15
    3.2 植物ウイルスを用いたメモリデバイス開発 16
    3.3 バクテリアウイルスを用いたリチウム電池開発 17
    3.4 フェリチンを用いた研究 18
   4. おわりに 19
   1. はじめに 28
   2. ウイルスキャプシド蛋白質 28
   3. 筒状蛋白質・リング状蛋白質 30
    3.1 タバコモザイクウィルス 30
    3.2 繊維状ファージ 30
    3.3 ファージテイル 31
   4. ポリペプチド鎖が繰り返し配列を持つ蛋白質 33
    4.1 1本鎖βヘリックス 33
    4.2 3本鎖βヘリックス 33
   1. 「ナノレゴ」の基本概念 38
   2. ナノレゴの基礎実験 40
    2.1 ナノレゴ素子拡充の試み 40
    2.2 接着素子の解析 40
    2.3 ナノレゴ設計のための基礎実験 41
    2.4 生体超分子における安定複合体形成のメカニズム解明 42
   3. ナノレゴの新規概念 42
   4. ナノレゴによる線状構造体の形成 44
   5. ロック付接着素子を用いたナノレゴ線状構造体 46
   6. ナノレゴ研究の今後 46
   1. はじめに 48
   2. タンパク質超分子とバイオテンプレート 49
    2.1 バイオの世界とタンパク質超分子 49
    2.2 バイオテンプレート法によるナノ粒子作製の歴史 50
   3. アポフェリチンタンパク質を用いたナノ粒子作製 50
    3.1 フェリチンタンパク質 51
    3.2 フェリチンタンパク質の自己組織化能とバイオミネラリゼーション能 52
    3.3 アポフェリチンタンパク質による酸化物ナノ粒子の作製 53
    3.4 アポフェリチンタンパク質による化合物半導体ナノ粒子の作製 54
   4. リステリア細菌由来Dpsタンパク質を用いたナノ粒子作製 57
   5. バイオミネラリゼーションのメカニズム 58
   6. まとめ 59
   1. はじめに 62
   2. ナノ構造蛋白質 62
   3. ナノ構造蛋白質内部での金属微粒子の合成 63
   4. ナノ構造蛋白質の内部空間利用 65
    4.1 医療材料への応用 65
    4.2 触媒反応への利用 67
   5. まとめ 68
   1. TMVを用いたナノワイヤの合成 70
   2. テトラポッド型超分子構造体 72
   3. 基板上へのナノワイヤ,テトラポッド型超分子構造体の選択的配置,配列化と電子デバイスへの応用 75
   1. ナノテクノロジーと人工タンパク質 77
   2. 進化分子工学 79
   3. ファージ提示法 79
   4. 細胞表層提示法 81
   5. in vitro提示法 82
   6. ライブラリ作製 83
   7. ライブラリの多様性とブロックシャッフリング 83
   8. 人工タンパク質創出系MolCraft 85
   9. おわりに 89
   1. はじめに 92
   2. 無機材料を標的にしたペプチド・アプタマー 92
   3. ペプチド・アプタマーと無機材料の異種界面形成 94
   4. TBP-1とチタン表面の異種界面形成 95
   5. 無機材料結合ペプチドに偏在するアミノ酸種 97
   6. ペプチド・アプタマーの多機能性 98
   7. ペプチド・アプタマーのナノテクノロジー領域への応用 100
   8. おわりに 101
   1. ミネラル成分を鉱物化する生体分子 104
   2. 生体内からの同定・抽出 104
   3. 分子進行工学的技法を用いた非天然ペプチドの創出 105
   4. 酸化亜鉛結合性ペプチドの選択と応用 106
   1. はじめに 112
   2. ポリメタクリル酸メチル(PMMA)結合性ペプチドの探索 113
   3. 合成ペプチドによる結合実験 115
   4. 必須ペプチドモチーフの決定 18
   5. その他の高分子ターゲット 119
   6. おわりに 120
   1. はじめに 121
   2. 両親媒性ペプチド 121
   3. βシート形成ペプチド 122
   4. コイルドコイル形成ペプチド 124
   5. オリゴペプチド 124
   6. 三回対称性ペプチドコンジュゲート 125
   7. おわりに 127
   1. はじめに 129
   2. 錯体化学的手法による金属集積化 130
   3. メタル化アミノ酸およびメタル化ペプチドの開発 133
   4. メタル化ペプチドの超音波ゲル化と金属集積制御 136
   5. 異種金属集積型ペプチドの開発と機能開拓 142
   6. まとめ 143
   1. はじめに 147
   2. 材料としてのDNA分子 147
   3. 粘着末端と枝分かれ構造 148
   4. DNAタイル 149
   5. アルゴリズミックなセルフアセンブリ 149
   6. まとめと展望 154
   1. はじめに 157
   2. RNAの構造 159
   3. ナノブロックとしてのRNA 159
   4. ナノブロックRNAの応用分野 161
    4.1 Synthetic biologyにおけるRNA 161
    4.2 NanotechnologyにおけるRNA 162
   5. RNA/RNPの分子デザインと試験管内進化 163
    5.1 人工RNAのデザインと創成 163
    5.2 人工RNPのデザインと創成 164
   6. RNA/RNPブロックを利用した分子デザインの展望 166
   1. はじめに 168
   2. 脂質膜基板の作製と分子素子の組織化 169
   3. 脂質膜型分子デバイスの機能 173
   4. おわりに 176
   1. はじめに 183
   2. ナノドットを利用した不揮発性フラッシュメモリ 184
   3. バイオナノドットフローティングゲート型メモリの作製と電気特性評価 185
   4. おわりに 189
   1. はじめに 191
   2. フェリチンタンパクを用いた結晶化法 192
    2.1 フェリチンタンパクとは 192
    2.2 フェリチンタンパク質の吸着密度制御 193
    2.3 熱処理によるSi多結晶膜の固相成長 195
   3. 形成されたSi多結晶膜の結晶性 195
    3.1 XRDによる評価結果 195
    3.2 後方散乱電子回析(EBSD)法による結晶粒径の評価結果 196
   4. パルスアニールによる短時間作製 198
   5. まとめ 200
   1. はじめに 202
   2. 静電相互作用を利用した選択配置 203
   3. 吸着挙動の解析 205
    3.1 解析の流れ 205
    3.2 相互作用ポテンシャル分布 206
    3.3 相互作用ポテンシャル分布における各構成項の働き 208
   4. 単一フェリチン分子選択配置 210
   5. おわりに 211
   1. 序論 214
   2. プラズマエッチングプロセスの課題 214
   3. 無損傷・量子構造の形成 219
   4. 量子ナノディスク構造による量子効果発現 223
   5. まとめ 225
   1. はじめに 227
   2. シーケンシャル自己組織化 228
    2.1 自己組織化配線法 228
    2.2 DNAを用いたナノ分子デバイス 229
   3. 生体分子の自己組織化的ナノアレイ化 232
   4. トップダウン/ボトムアップ融合による遷移金属酸化物薄膜の大面積ナノ加工 234
    4.1 機能性遷移金属酸化物を用いた赤外線センサ 234
    4.2 NIL-モリブデン・リフトオフ法 235
   5. おわりに 237
   1. はじめに 239
   2. セルアレイ型分子進化リアクターの原理・構成 240
   3. ビーズを担体として用いるラベル化タンパク質分子のアレイ化配置技術 242
   4. 「DNA-Proteinチップ」法によるラベル化タンパク質分子のアレイ化配置技術 243
   5. 蛍光アッセイによる酵素活性スクリーニングシステム 243
   6. おわりに 248
   1. はじめに 249
   2. 交互積層法Layer-By-Layer 249
   3. BioLBL法~Biomimetic Layer-By-Layer Assembly 251
   4. DP-BioLBL 253
   5. 将来展望 255
   1. ボトムアップ型ナノテクノロジーとDNA 257
   2. 電子回路作製のための材料として見たDNAの特徴・利点 258
   3. 自己組織化によるナノ配線 259
   4. 単一DNA分子の自己組織化的伸長固定化 261
   5. DNAの金属化による導電性ナノ配線の作製 261
   6. まとめ 264
   1. 概要 266
   2. DNAエレクトロニクス 266
   3. DNA自己組織化利用ナノパターン形成―ボトムアップナノテクノロジー― 267
    3.1 DNA分子を鋳型としたナノ構造制御(プログラム自己組織化パターニング) 267
    3.2 ナノ構造形成メカニズム 268
    3.3 プリンタブルエレクトロニクス 270
   4. DNAナノテクノロジー 270
    4.1 DNA分子の電子状態 271
    4.2 DNAネットワークの機能化 : 蛍光分子ドープによる光スイッチ 272
   5. まとめ 274
   1. はじめに 276
   2. 環状ペプチドをナノリアクターとして用いた正方晶系BaTiO3ナノ粒子の室温合成 278
   3. 環状ペプチドをナノリアクターとして用いたβ-Ga2O3半導体ナノ粒子の室温合成 280
   4. 基板上における環状ペプチドの特定の位置への自己集合的アッセンブリー法 281
   5. おわりに 283
   1. はじめに 286
   2. カーボンナノチューブの特性と水との相性 286
   3. カーボンナノチューブの水中分散化 287
   4. ドラッグ・デリバリー・システム(DDS)とは 289
   5. キャリアの大きさとEPR効果 289
   6. いろいろな物質のキャリアとして用いられるカーボンナノチューブ 291
   7. カーボンナノホーンをDDSキャリアとして使う 294
   8. カーボンナノチューブを用いたバイオセンサ 297
   9. おわりに 298
   1. はじめに 305
   2. べん毛の構築制御 305
   3. べん毛蛋白質輸送装置 308
   4. べん毛蛋白質輸送の分子機構 310
   5. べん毛繊維の自己構築 311
   6. 繊維やフックの長さを決める仕組み 312
   7. おわりに 315
   1. はじめに 318
   2. 生物学的ネットワークの大域構造 318
   3. 進化可能で,ロバストなシステムのアーキテクチュア 321
   4. モジュールのロバストネス 321
   5. アーキテクチュア 323
   6. ロバストネスと脆弱性のトレードオフ 324
   7. 自己拡張共生ネットワーク 324
   8. おわりに 325
   1. はじめに 329
   2. 生物の階層性および,AnalysisとSynthesis 329
   3. 生体高分子を組み合わせる 330
   4. 細胞内に遺伝子を組み合わせるためには制御関係の作り込みが必要となる 331
   5. 試験管内で生体高分子を組み合わせる 335
   6. 今後のバイオナノプロセスと合成生物学 337
   1. はじめに 339
   2. コンピュータと生物情報処理システムの動作状況における根本的差異 340
   3. 情報分子の構造多型性 342
   4. 細胞における情報分子の反応速度論的多状態性 344
   5. 細胞内情報処理システムにおけるノイズ生成・処理・伝搬の理論 345
   6. おわりに 347
   1. 従来のナノデバイス―ゆらぎを排除する思想 350
   2. ケーススタディ―ゆらぎの下で働く分子モーター 351
   3. 1分子実験―分子モーターの動作原理に迫る 353
   4. ゆらぎを利用するための構造 356
   5. 集積化―ゆらぎを利用するシステムへ 356
   6. おわりに 357
【第I編 バイオナノプロセスとナノテクノロジー】
 第1章 バイオナノプロセスとは(山下一郎,芝清隆)
   1. ナノテクノロジー時代
45.

図書

図書
岡嶋克典編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2008.10  x, 224p, 図版[4]p ; 22cm
シリーズ名: 講座「感覚・知覚の科学」 / 内川惠二総編集 ; 5
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
[volume editors,] S. Saito, A. Zettl
出版情報: Amsterdam : Elsevier, 2008  xiii, 215 p. ; 25 cm
シリーズ名: Contemporary concepts of condensed matter science
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
List of Contributors
Series Preface
Volume Preface
Nanotubes: An Experimental Overview / A. Zettl1:
Quantum Theories for Carbon Nanotubes / S. Saito2:
The Electronic Properties of Carbon Nanotubes / P. G. Collins ; P. Avouris3:
Raman Spectroscopy of Carbon Nanotubes / M. S. Dresselhaus ; G. Dresselhaus ; R. Saito ; A. Jorio4:
Optical Spectroscopy of Single-Walled Carbon Nanotubes / R. Bruce Weisman5:
Structural Properties and Nanoelectromechanical Systems Applications / J. W. Seo ; L. Forro6:
Low-Energy Electronic Structure of Graphene and its Dirac Theory / E. J. Mele ; C. L. Kane7:
Author Index
Subject Index
List of Contributors
Series Preface
Volume Preface
47.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
遠藤哲也 [ほか]著 ; 澤田哲生編
出版情報: 東京 : 東京工業大学原子炉工学研究所21世紀COEプログラム「世界の持続的発展を支える革新的原子力」事務局, 2007.3  [12], 145p ; 22cm
シリーズ名: COE-INESブックレットシリーズ ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき i
第1章 最近の国際動向と日本の対応~GNEPとエルバラダイ構想を巡って~ 遠藤哲也 1
   はじめに 2
   最近の国際動向-核不拡散問題を中心に- 3
   わが国の対応 9
   おわりに 12
第2章 OECD/NEAが目指すもの 植松邦彦 15
   はじめに 16
   OECDの歴史 17
   NEAの歴史 18
   NEAの現状(二〇〇六年三月) 19
   NEAの強み 22
   NEAの事業 23
   NEA改革 25
   国際機関とどうつきあうか 26
第3章 IAEAと日本 町末男 29
   はじめに 30
   IAEAについて 30
   核不拡散とIAEA 35
   原子力安全・セキュリティ 37
   原子力発電利用 38
   IAEAの技術協力と日本 39
   国連機関の人事 41
   国際機関への日本の人的貢献 42
   IAEAの人事政策上の課題と対応策 44
   国際機関(IAEA)の仕事の心得 45
   質疑応答 47
第4章 原子力産業の国際展開と核不拡散の両立 水元伸一 51
   はじめに 52
   わが国の原子力産業の国際展開 53
   原子力の国際展開に関する施策 54
   導入国における制度整備への支援 57
   米国のGNEP構想について 61
   質疑応答 64
   添付資料-わが国の原子力産業の国際展開と核不拡散と原子力平和利用の両立について 66
第5章 総合コメントおよび討論 神田啓治 75
   総合コメント 76
   討論のポイント 86
   総合討論 94
   日本のエネルギー政策と国際展開 95
   国際機関と日本 106
   アジアと日本 122
   国際機関関連情報 137
あとがき 澤田哲生 138
索引 145
まえがき i
第1章 最近の国際動向と日本の対応~GNEPとエルバラダイ構想を巡って~ 遠藤哲也 1
   はじめに 2
48.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
西原正[ほか]著 ; 澤田哲生編著
出版情報: 東京 : 東京工業大学原子炉工学研究所21世紀COEプログラム「世界の持続的発展を支える革新的原子力」事務局, 2007.12  vii, 123p ; 22cm
シリーズ名: COE-INESブックレットシリーズ ; 5 . グローバルセキュリティの再構築と危機管理||グローバル セキュリティ ノ サイコウチク ト キキ カンリ ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 有冨正憲 i
第1章 日本に核保有は必要か~日米同盟と北朝鮮の核~ 西原 正 1
   はじめに 2
   日米安保条約と核の傘 4
   米軍と自衛隊の役割分担-攻勢と守勢 4
   米国の核抑止力と非核三原則 5
   ミサイル防衛システムと核抑止 8
   日本の核保有の功罪-国際面 10
   日本の核保有の功罪-国内面 13
   日本の核保有は日本を安全にするか-安全にしない 17
第2章 核の傘と拡大抑止~その実効性をめぐって~ 吉田文彦 21
   はじめに 22
   核抑止の評定 22
   核による拡大抑止の特徴 28
   日本への拡大抑止 32
   質疑応答 34
第3章 核武装論の問題点~核武装は日本にとって現実的なオプションか~ 遠藤哲也 39
   はじめに 40
   海外における日本核武装論の類型 41
   日本国内の核武装論 43
   日本の核武装は現実的か 46
   国内的視点 49
   国際的視点 51
   北朝鮮などの核の脅威にいかに対応するか 55
第4章 核保有と核武装の実相 澤田哲生 57
   はじめに 58
   転換時間 63
   核開発への大前提 64
   三つの要素 66
   技術的可能性と時間 67
   爆縮型核爆弾 68
   プルトニウム型爆弾の構造と小型化 69
   だれが核兵器をつくるのか? 71
   核実験を行う場所は? 72
   予算 74
   展望 77
   まとめ 79
第5章 総合コメントおよび全体討論 神田啓治87
あとがき 澤田哲生 117
まえがき 有冨正憲 i
第1章 日本に核保有は必要か~日米同盟と北朝鮮の核~ 西原 正 1
   はじめに 2
49.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
山中燁子, 吉田文彦, 西原正著 ; 澤田哲生編著
出版情報: 東京 : 東京工業大学原子炉工学研究所21世紀COEプログラム「世界の持続的発展を支える革新的原子力」事務局, 2008.3  vii, 121p ; 22cm
シリーズ名: COE-INESブックレットシリーズ ; 6 . グローバルセキュリティの再構築と危機管理||グローバル セキュリティ ノ サイコウチク ト キキ カンリ ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 有富正憲 i
第1章 人間の安全保障とは何か~その概要と目指すもの~ 山中燁子 1
   はじめに 2
   人間の安全保障と人権問題 3
   人間の安全保障の概念と意義 4
   日本の役割 9
   八つの施策 12
   人間の安全保障ネットワーク 16
   両手のエネルギー政策 18
   原子力の役割 24
   バランスの世紀にむけて 29
   質疑応答 31
第2章 人間の安全保障における紛争と核 吉田文彦 45
   はじめに 46
   対テロ戦争と核問題 48
   「平和構築」と核不拡散 52
   「平和構築」と核抑止 54
   「平和構築」と核廃絶 57
   おわりに 59
第3章 持続的平和と原子力 澤田哲生 61
   はじめに 62
   ガバナンスの変容 64
   なにが脅威なのか? 64
   地球規模の問題(Global Issues) 65
   多国間対応 67
   包括的複合ガバナンス 68
   人間の安全保障の領域と平和構築 69
   平和構築の過程 70
   原子力(放射線)利用になにができるか? 71
   二十一世紀の危機 73
   エルバラダイのエンジン 75
   原子力になにができるか? 77
   IISPセンターとAtoms for Peace賞 81
   Atoms for Peace賞 83
   まとめ 85
第4章 コメントおよび討論 西原正 89
あとがき 澤田哲生 113
まえがき 有富正憲 i
第1章 人間の安全保障とは何か~その概要と目指すもの~ 山中燁子 1
   はじめに 2
50.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
町末男 [ほか]著 ; 澤田哲生編著
出版情報: 東京 : 東京工業大学原子炉工学研究所21世紀COEプログラム「世界の持続的発展を支える革新的原子力」事務局, 2008.2  xiv, 265p ; 22cm
シリーズ名: COE-INESブックレットシリーズ ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 関本博 i
第1章 原子力知識マネジメント~その背景と基本~ 1
   1・1 持続的原子力利用に向けた人材確保と技術・知識の継承 町末男 2
   背景 2
   人材育成・確保の問題点と課題 7
   人材育成・確保の取組(原子力政策大綱) 10
   国際枠組による人材育成の充実 11
   「暗黙知」の継承 13
   質疑応答 14
   1・2 ユビキタス非均質環境下での知識マネジメント 岩田修一 16
   ユビキタスと非均質環境 16
   目的-より革新的に 22
   開示制限付きからオープンへ 25
   価値と動機-ミッション・ポシブルとミッション・フィージブル 25
   サービスと商品←ビューティフル 26
   異分野融合プロジェクトの戦略的推進 27
   質疑応答 28
   1・3 歴史に学ぶ技術伝承 藤井靖彦 32
   なぜ今知識マネジメントか? 32
   歴史と振り返る 33
   近代社会の技術知識管理「原子力」分野の例 35
   日本の技術伝承・伊勢神宮 36
   質疑応答 40
第2章 原子力知識マネジメントと政策 43
   2・1 原子力立国計画と原子力人材育成 野田耕一 44
   原子力政策の直近の動き 44
   原子力立国計画の歴史上の位置付け 45
   原子力政策の今後の取組 47
   原子力人材育成 50
   質疑応答 54
   2・2 原子力安全基盤の全体像とその展開 中村幸一郎 56
   はじめに 56
   原子力安全基盤と安全基盤研究について 57
   安全基盤研究の現状と課題 58
   制度的基盤の現状と課題 63
   制度的基盤に関する検討の基本的な方向 64
   人材基盤の現状と課題 65
   施設基盤の現状と課題 68
   知識基盤の現状と課題 68
   質疑応答 70
   2・3 アジアにおける原子力研究人材育成 藤田健一 73
   はじめに 73
   原子力研究交流制度 74
   アジア原子力教育プログラム(ANTEP) 75
   アジア原子力安全ネットワーク(ANSN) 77
   質疑応答 79
   2・4 原子力知識のマネジメントとIAEA ヤンコ・ヤネフ 83
   はじめに 83
   知識と知識マネジメント-それは何のことか? 84
   知識 84
   原子力知識 85
   原子力マネジメント 86
   IAEAの使命と目的 86
   主な活動 87
   加盟国の状況 88
   ニーズ 88
   付加価値 89
   IAEAの役割 90
   市場にゆだねないのはなぜか? 90
   プログラムC3 91
   知識マネジメントプログラムの発展 94
   ANENT 95
   ANENTの照準 95
   世界原子力大学 96
   WNUのパートナーシップ 96
   ICTP 97
   WANO 98
   共同活動 98
   高速炉知識の継承 99
   高速炉知識パートナーシップ 99
   質疑応答 101
   2・5 アジア原子力技術協力ネットワーク 花光圭子 106
   はじめに 106
   ANENTとは? 108
   ANENTの枠組み 109
   ANENTの歴史 110
   進展状況 111
   今後の活動計画 113
   将来展望 114
   質疑応答 115
第3章 知識基盤の構築-人材育成と技術伝承 117
   3・1 放射性廃棄物地層処分の知識基盤構築 河田東海夫 118
   高レベル放射性廃棄物地層処分計画の進展 118
   ナレッジビジョン(H17取りまとめ) 122
   地層処分技術の知識 125
   知識工学的手法による知識管理システム 127
   質疑応答 129
   3・2 産業界における原子力知識マネジメントとその課題 北村俊郎 130
   原子力産業における知識マネジメントの実施主体 130
   原子力産業における知識マネジメントの特徴 131
   原子力産業における知識マネジメントの状況 132
   知識マネジメントの課題 133
   海外の状況 135
   国内における新たな試みの例 137
   おわりに 140
   質疑応答 143
   3・3 原子力安全基盤の整備と活用 佐藤昇平 145
   原子力安全情報活用の流れ 145
   事故・故障情報の収集・整備 146
   事故・故障情報の分析・評価 147
   国内事故・故障対応における情報の活用 148
   事故・故障等情報から得られる教訓の抽出 149
   人的・組織要因の観点からの分析評価 149
   要因分析による事故・故障対応の迅速化 150
   事故・故障情報等の提供 150
   事故・故障等情報に関する主な他組織との連携 152
   情報活動の取組みにおける今後の課題 152
   質疑応答 155
   3・4 原子力安全文化普及活動~形式知化への取り組み~ 浜田潤 157
   日本原子力技術協会の紹介 157
   情報・安全の伝承 158
   JANTIの知識化への取組み 159
   質疑応答 164
第4章 電力における経験の活用と人材育成 165
   4・1 東京電力における運転経験活用の取り組み 川村慎一 166
   はじめに 166
   運転経験情報 166
   運転経験の活用 168
   活用例 170
   運転経験の活用を推進するうえで重要な要素 172
   まとめ 174
   質疑応答 176
   4・2 電気事業者の期待する人材像 齋藤昌之 179
   現状認識 179
   電気事業者が目指す人材像 182
   電気事業者から見た人材に関する課題 184
   大学、大学院等における人材育成に関する要望 184
   産・学の一体的な取り組み 186
   質疑応答 188
第5章 ファシリテーション・評価・ガバナンス 191
   5・1 ナレッジ循環型ファシリテーションフォーラム 木村浩 192
   基本コンセプト 192
   原子力を取り巻く状況 193
   ファシリテーションフォーラム 195
   質疑応答 200
   5・2 原子力知識マネジメントの評価-放射線利用の成果 栁澤和章 202
   はじめに 202
   今後の研究開発のスコープ 205
   調査結果と評価 208
   結論 211
   質疑応答 212
   5・3 原子力知識マネジメントから原子力知識ガバナンスへ~何を共有し継承するのか~ 澤田哲生 214
   原子力と知識マネジメント 214
   経済、その言葉の由来から 220
   知識の階層構造 220
   経世済民 222
   日本的ガバナンス 223
   原子力と知識マネジメントから原子力知識ガバナンスへ 224
   質疑応答 226
第6章 パネル討論 229
あとがき 澤田哲生 257
まえがき 関本博 i
第1章 原子力知識マネジメント~その背景と基本~ 1
   1・1 持続的原子力利用に向けた人材確保と技術・知識の継承 町末男 2
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼