close
1.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2008.4  vi, iv, 246, iv p ; 26cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21シリーズ ; 31
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
高分子学会燃料電池材料研究会編著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2005.11  v, 125p ; 19cm
シリーズ名: 高分子先端材料One Point / 高分子学会編集 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章燃料電池の歴史と高分子(渡邉正義) 1
   1.1はじめに 1
   1.2燃料電池の誕生 2
   1.3宇宙開発から電気自動車,そしてポータブル電源まで 5
   参考文献 10
第2章燃料電池の原理(宮武健治) 13
   2.1燃料電池の種類と特徴 13
   2.2固体高分子形燃料電池の作動原理と構成材料 16
   2.3固体高分子形燃料電池の熱力学 22
第3章現状の問題と研究課題(渡辺政廣) 27
   3.1なにが必要か 27
   3.2各技術分野の具体的な研究課題 29
   3.3今後の課題 35
   参考文献 35
第4章パーフルオロ系高分子電解質膜(吉武優) 37
   4.1研究の歴史と現状 37
   4.2パーフルオロスルホン酸膜の構造と特性 39
   4.3燃料電池の耐久性 44
   4.4新しいパーフルオロ系電解質膜 45
   4.5電極触媒被覆ポリマー材料 48
   参考文献 48
第5章炭化水素系高分子電解質膜(宮武健治) 51
   5.1プロトン伝導性と安定性のトレードオフ関係への挑戦 51
   5.2芳香族系高分子電解質膜 52
   5.3部分フッ素化炭化水素系高分子電解質膜 59
   5.4その他の炭化水素系電解質膜 60
   5.5これから何が必要か? 61
   参考文献 62
第6章無加湿形電解質膜(渡邉正義) 63
   6.1研究の背景 63
   6.2プロトンキャリヤーとしての水 66
   6.3水以外のプロトンキャリヤー 69
   6.4非水系プロトン伝導体の高分子膜化 74
   6.5低加湿あるいは無加湿条件下での燃料電池発電 76
   参考文献 79
第7章白金系電極触媒(渡辺政廣・宮武健治) 81
   7.1燃料電池電極触媒の特性支配因子 81
   7.2触媒固有の活性(比活性)の増大 84
   7.3触媒比表面積の増大による性能向上 97
   参考文献 101
第8章錯体系電極触媒(小柳津研一・西出宏之) 103
   8.1研究の背景 103
   8.2錯体系触媒の分子設計 104
   8.3錯体系電極触媒の性能比較 109
   8.4酸素濃縮錯体 110
   参考文献 111
第9章周辺材料とシステム技術(篠原和彦) 113
   9.1燃料電池自動車を実現するためには 113
   9.2システム構成 114
   9.3燃料電池スタックの周辺機器との関係 116
   9.4技術課題 120
   9.5おわりに 122
   参考文献 122
   索引 123
第1章燃料電池の歴史と高分子(渡邉正義) 1
   1.1はじめに 1
   1.2燃料電池の誕生 2
3.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2006.2  5, 207, 7p, 図版10p ; 27cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21シリーズ ; 25
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2007.8  iv, 192, ivp, 図版iip ; 27cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21シリーズ ; 29
所蔵情報: loading…
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
高分子学会編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2007.12  iv, 168, ivp, 図版vip ; 26cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21シリーズ ; 30
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序文 富士フイルム株式会社 大林 達彦
1 ナノ構造制御と機能発現 山形大学工学部 井上 隆
   1 はじめに 5
   2 ナノ構造形成の基礎 6
   3 リアクティブブレンドによる非粘弾性PAアロイ 9
   4 反応誘起型相分解による半導体パッケージ材料の設計 19
   5 せん断場依存型相溶解と動的架橋 : 難燃性熱可塑性エラストマーヘの展開 26
   6 クレイの3次元綱目形成による難燃性の向上 31
   7 まとめ 35
2 ポリマークレイナノコンポジットへのニーズとシーズ ㈱豊田中央研究所 有機材料基盤研究室 臼杵 有光
   1 はじめに 41
   2 クレイとクレイナノコンポジット 41
    2.1 クレイの構造 41
    2.2 ナノコンポジットの分類 43
   3 材料開発例 45
    3.1 ナイロン/クレイハイブリッド 45
    3.2 ポリオレフィン/クレイナノコンポジット 51
    3.3 ポリスチレン/クレイナノコンポジット 58
    3.4 ポリイミド/クレイナノコンポジット 59
   4 ナノコンポジットの構造制御 60
   5 ニーズと物性制御例 63
    5.1 弾性率制御 63
    5.2 ガス透過性の制御 64
    5.3 難燃性 65
    5.4 線膨張率 66
    5.5 耐膨潤性 67
    5.6 耐クリープ性 68
    5.7 摺動特性の制御 68
    5.8 耐電圧性 70
    5.9 加工性 70
   6 まとめ 71
3 熱硬化性樹脂系クレイナノコンポジットの現状と展望 大阪市立工業研究所 長谷川 喜一
   1 はじめに 77
   2 エポキシ樹脂系クレイナノコンポジット 78
    2.1 接着性・難燃性の改善 78
     2.1.1 エポキシ樹脂ナノコンポジットの作製 78
     2.1.2 エポキシ樹脂ナノコンポジットの物性 83
    2.2 ガスバリア性の向上 90
    2.3 耐電圧性の向上 91
    2.4 熱膨張率の低減 92
   3 フェノール樹脂―耐熱性の向上 94
   4 ビニルエステル樹脂―環境劣化バリア性の向上 97
   5 ポリイミド―耐熱酸化安定性の向上 99
   6 まとめ 105
4 ポリ乳酸系ナノコンポジット材料の現状と展望 ユニチカ株式会社 中央研究所 上田 一恵
   1 はじめに 111
   2 ポリ乳酸について 111
   3 ポリ乳酸の特性 114
    3.1 ポリ乳酸の分解性 114
    3.2 結晶性 115
   4 ポリ乳酸のナノコンポジット化 117
    4.1 ナノコンポジットの作製方法 117
    4.2 ナノコンポジット化による結晶化速度の向上 119
   5 ポリ乳酸ナノコンポジットの用途 123
   6 ポリ乳酸ナノコンポジットの今後の展開 124
    6.1 加工方法の工夫 124
    6.2 耐久性の向上 126
   7 まとめ 127
5 天然無機ナノチューブ「イモゴライト」のハイブリッド材料への応用 九州大学先導物質化学研究所 高原 淳
   1 はじめに 133
   2 イモゴライトの構造と性質 134
    2.1 イモゴライトの採取、精製 134
    2.2 イモゴライトの構造と特徴 137
   3 イモゴライトの表面化学修飾と薄膜化 140
    3.1 表面化学修飾 140
    3.2 アルキルリン酸修飾イモゴライトの薄膜化 143
    3.3 導電性高分子とイモゴライトのハイブリッド化 147
   4 イモゴライトと合成高分子のハイブリッド化 148
    4.1 イモゴライトとポリビニルアルコールのハイブリッド 148
    4.2 (イモゴライト/ポリメタクリル酸メチル(PMMA))ナノハイブリッド 150
   5 イモゴライトのその場合成による(イモゴライト/ポリビニルアルコール(PVA))ナノハイブリッドの調製 154
   6 イモゴライトと高分子の分子間相互作用を利用したハイブリッドハイドロゲル 163
   7 まとめ 166
索引
プロフィール
序文 富士フイルム株式会社 大林 達彦
1 ナノ構造制御と機能発現 山形大学工学部 井上 隆
   1 はじめに 5
6.

図書

図書
高分子学会行事委員会企画 ; 八代啓一編集
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2012.4  3, 173, 4p, 図版4p ; 26cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21講演録シリーズ ; 33
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2012.6  x, 105p ; 19cm
シリーズ名: 最先端材料システムOne Point ; 7
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2012.6  xi, 122p, 図版1枚 ; 19cm
シリーズ名: 最先端材料システムOne Point ; 1
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2012.6  xi, 121p ; 19cm
シリーズ名: 最先端材料システムOne Point ; 4
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2012.7  xii, 114p ; 19cm
シリーズ名: 最先端材料システムOne Point ; 5
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2012.7  x, 125p ; 19cm
シリーズ名: 最先端材料システムOne Point ; 3
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
高分子学会講演会企画
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2012.10  6, 4, 199, 5p ; 26cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21講演録シリーズ ; 34
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1講 : 超臨界法による有機修飾ナノ粒子合成と超ハイブリッド材料創製
第2講 : 高熱伝導性有機・無機ハイブリッド材料の開発状況
第3講 : サケ白子DNAのハイブリッド化による新規生体材料の開発
第4講 : グリーンイノベーションに向けた配位高分子材料の開発
第5講 : 粘土を主成分とするフィルムの開発と応用展開
第6講 : ゾル‐ゲル・ハイブリッド技術の光学材料への展開
第7講 : 有機シリカハイブリッド材料の構造制御と機能創出
第8講 : 物質・エネルギー変換の未来を拓く高機能材料の開発
第1講 : 超臨界法による有機修飾ナノ粒子合成と超ハイブリッド材料創製
第2講 : 高熱伝導性有機・無機ハイブリッド材料の開発状況
第3講 : サケ白子DNAのハイブリッド化による新規生体材料の開発
13.

図書

図書
高分子学会編集 ; 扇澤敏明著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2014.5  ix, 116p ; 19cm
シリーズ名: 高分子基礎科学One Point / 高分子学会編集 ; 7 . 構造||コウゾウ ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : ポリマーアロイとは
第1章 : 相溶性
第2章 : 相分離挙動と構造
第3章 : 相分離構造制御
第4章 : 異種高分子界面
第5章 : 相分離構造の評価
第6章 : ブロック、グラフト共重合体
第7章 : 構造材料への応用
第8章 : 機能材料への展開
序章 : ポリマーアロイとは
第1章 : 相溶性
第2章 : 相分離挙動と構造
14.

図書

図書
高分子学会編集 ; 竹澤由高, 高橋昭雄著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2012.12  ix, 97p ; 19cm
シリーズ名: 高分子基礎科学One Point / 高分子学会編集 ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 熱硬化性樹脂の基礎科学
第2章 : バイオマス由来熱硬化性樹脂
第3章 : 配向制御による高次構造制御と機能発現
第4章 : 共有結合密度制御による高次構造制御と機能発現
第5章 : アロイ型構造制御による高次構造制御と機能発現
第6章 : 熱硬化性樹脂の劣化現象と寿命診断技術
第1章 : 熱硬化性樹脂の基礎科学
第2章 : バイオマス由来熱硬化性樹脂
第3章 : 配向制御による高次構造制御と機能発現
15.

図書

図書
木村良晴 [ほか] 著 ; 高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2006.5  vii, 144p ; 19cm
シリーズ名: 高分子先端材料One Point / 高分子学会編集 ; 5
所蔵情報: loading…
16.

図書

図書
堀池靖浩, 宮原裕二著 ; 高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2006.9  vii, 184p ; 19cm
シリーズ名: 高分子先端材料One Point / 高分子学会編集 ; 9
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
symposium editor: Shiro Kobayashi ; International Union of Pure and Applied Chemistry, Macromolecular Division
出版情報: Weinheim : Wiley-VCH, c2000  257 p. ; 24 cm
シリーズ名: Macromolecular symposia ; v. 157
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2000.9  v, 152, ivp ; 27cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21シリーズ ; 2
所蔵情報: loading…
19.

図書

図書
symposium editor, T. Kajiyama ; editor, I. Meisel
出版情報: Weinheim : Wiley-VCH, c2000  266 p. ; 24 cm
シリーズ名: Macromolecular symposia ; 159
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Contents of Macromol. Symp. 1597th SPSJ International Polymer Conference (IPC99)Yokohama, Japan, 1999Preface / Tisato Kajiyama
Novel ring-opening polymerization and its application to polymeric materials / Takeshi Endo ; Fumio Sanda1:
Progress of olefin polymerization by metallocene catalysts / Walter Kaminsky ; Volker Scholz ; Ralf Werner2:
Characterization of polypropylenes prepared with bis-indenyl type metallocene and MgCl2-supported TiCl4 catalyst systems / Norio Kashiwa ; Jun-ici Imuta ; Toshiyuki Tsutsui ; Shun-ichi Hama ; Shin-ichi Kojoh3:
Preparation of new biomedical materials and their application in clinics / Nobuo Nakabayashi4:
Effect of end group chemistry on surface molecular motion of monodisperse polystyrene films / Noriaki Satomi ; Yasuyuki Yokoe ; Daisuke Kawaguchi ; Keiji Tanaka ; Atsushi Takahara5:
Sol-gel derived nanoparticles as inorganic phases in polymer-type matrices / Helmut Schmidt6:
"What is KRI?"-R&D based on excellent tradition and innovation / Masaaki Takeuchi7:
Catalytic diversity of diene complexes of niobium and tantalum on polymerizations of ethylene / norbornene ; methyl methacrylate ; Kazushi Mashima8:
Block copolymers as nanoscopic templates / Thomas P. Russell ; Thomas Thurn-Albrecht ; Mark Tuominen ; Elbert Huang ; Craig J. Hawker9:
Surface aggregation structure and surface mechanical properties of binary polymer blend thin films / Kensuke Nakamura ; Tisato Kaijiyama10:
Interfaces in polymer blends / Marcus Mnller ; Kurt Binder11:
Thermodynamic Characterization of polymer-polymer Interfaces / G.D. Merfeld ; D.R. Paul12:
Surface studies of polyethers with well-defined segmental length / Chi-Ming Chan ; Lin Li ; Kai-Mo Ng ; Jianxiong Li ; Lu-Tao Weng13:
Effect of dicarboxy terminated polystyrene on strengthening immiscible polystrene/ poly(methyl methacrylate) interface / Kookheon Char ; Yeonsoo Lee ; Yooseong Yang ; Changhoon Sim14:
Surface improvements of aramid fibers by physical treatments / Hirosuke Watanabe ; Masashi Furukawa ; Tadahiko Takata ; Masahide Yamamoto15:
Instabilities in thin polymer films: from pattern formation to rupture / John R. Dutcher ; Kari Dalnoki-Veress ; Bernie G. Nickel ; Connie B. Roth16:
Surface modification of polymeric materials by remote plasma / Norihiro Inagaki17:
Predicting the formation / structure and elastomeric properties of endlinked polymer networks ; R.F.T. Stepto ; J.I. Cail ; D.J.R. Taylor18:
Poly(N-vinylcaprolactam) microgels and its related composites / Shufu Peng ; Chi Wu19:
Permanent and reversible gels: transport of guests and guest-host interactions / Shulamith Schlick ; Jan Pilar20:
Radiation curable materials-principles and new perspectives / Thomas Jaworek ; Heinz-Hilmar Bankowsky ; Rainer Kwniger ; Wolfgang Reich ; Wolfgang Schrof ; Reinhold Schwalm21:
Sol-gel transition of biopolymer dispersions / Katsuyoshi Nishinari22:
Intelligent gel -surface properties and functions of gels / Jian Ping Gong ; Go Kagata ; Yoshihito Osada23:
Development of polymer-based lithium secondary battery / Noboru Oyama24:
Polymer battery R&D in the U.S / Ralph J. Brodd ; Weiwei Huang ; James R. Akridge25:
Resorbable initiators for polymerizations of lactones / Hans R. Kricheldorf ; Ingrid Kreiser-Saunders, Dirk-Olaf Damrau26:
Production of polyhydroxyalkanoates by fermentation of bacteria / Sang Yup Lee ; Jong-il Choi ; Seung Hwan Lee).27:
Contents of Macromol. Symp. 1597th SPSJ International Polymer Conference (IPC99)Yokohama, Japan, 1999Preface / Tisato Kajiyama
Novel ring-opening polymerization and its application to polymeric materials / Takeshi Endo ; Fumio Sanda1:
Progress of olefin polymerization by metallocene catalysts / Walter Kaminsky ; Volker Scholz ; Ralf Werner2:
20.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2003.5  v, 188, viip ; 27cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21シリーズ ; 17
所蔵情報: loading…
21.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
高分子学会編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2004.3  2, 5, 197, 6p, 図版 [2] p ; 27cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21シリーズ ; 21
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
〔序文〕 神奈川大学工学部化学教室 助教授 亀山敦
1 高分子の高次構造制御の最前線 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 教授 加藤隆史
   1. はじめに 7
   2. 概要 7
    2.1 分子の形 7
    2.2 分子間の相互作用 9
    2.3 相分離構造 13
   3. 相分離構造制御 16
    3.1 “ナノ相分離”構造制御 : 異方的イオン伝導体 16
    3.2 高次構造制御と機能化 20
    3.3 “ミクロ相分離”構造制御 : 液晶ゲル 23
   4. 有機/無機ハイブリッド構造制御と機能化 31
2 リビングカチオン重合による熱可塑性エラストマーの合成と物性制御 金淵化学工業株式会社研究開発本部高機能性樹脂研究室 木村勝彦
   1. はじめに 41
   2. ゴム事業の展開 41
    2.1 開発の経緯 41
    2.2 リビング重合からの新規事業 42
   3. リビング重合、ブロック共重合体、 熱可塑性エラストマーの関係 42
    3.1 リビング重合の特徴 42
    3.2 ブロック共重合体 43
    3.3 熱可塑性エラストマー 44
   4. リビングカチオン重合によるブロック共重合体 44
    4.1 リビングカチオン重合の考え方 45
    4.2 SIBSTARの合成 46
    4.3 SIBSTAR開発の経緯 46
     4.3.1 SBS構造 46
     4.3.2 SEBS構造 46
     4.3.3 SIBS(SIBSTAR)構造 47
    4.4 SIBSTARの特徴 48
    4.5 モルフォロジー 48
   5. SIBSTARの特性 50
    5.1 基本特性 50
    5.2 ガスバリア性 50
    5.3 制振性 52
    5.4 耐熱老化性 52
   6. SIBSTARの応用例 53
    6.1 軟質コンパウンド 53
    6.2 サンドイ ッチ成形 55
    6.3 粘弾性ダンパー 56
   7. まとめ 58
3 連鎖重縮合を基盤とした縮合系ブロック共重合体の合成と高次構造制御 神奈川大学工学部応用化学科 教授/独立行政法人科学技術振興機構さきがけ研究室21研究員 横澤勉
   1. はじめに 65
   2. 連鎖重縮合の基本概念 68
   3. 連鎖重縮合 71
    3.1 ポリアミド 71
    3.2 ポリエステル 73
    3.3 ポリエーテル 75
    3.4 ポリ(エーテルスルホン) 76
    3.5 ポリチオフェン 76
   4. 縮合系高分子-縮合系高分子ブロック共重合体 80
   5. 縮合系高分子-汎用高分子ブロック共重合体 82
    5.1 高分子カ ップリング法 82
    5.2 マクロ開始剤法 85
   6. トリブロック共重合体 89
   7. スターブロック共重合体 92
   8. グラフト共重合体 97
4 高次構造制御によるポリイミドの誘電率制御 日東電工株式会社基幹技術センター第1グループ グループ長 望月周
   1. はじめに 105
   2. 一次構造制御による低誘電率化 108
   3. 高次構造制御と感光性の両立 118
    3.1 加熱蒸散系感光性ナノポーラスポリイミド 118
    3.2 超臨界流体抽出による感光性ナノポーラスポリイミド 123
     3.2.1 ベース材料と形成プロセス 123
     3.2.2 ポーラスポリイミドパターン作製 127
     3.2.3 ナノポーラスポリイミドの諸特性 131
   4. まとめ 133
5 エポキシ樹脂の高次構造制御と熱伝導 株式会社日立製作所日立研究所エネルギー材料研究部誘電絶縁技術ユニットリーダ/主任研究員 竹澤吉高
   1. はじめに 139
   2. 高熱伝導性付与の考え方 140
   3. モノメソゲン(ビフェニル基)型樹脂の諸特性 145
    3.1 偏光顕微鏡観察 145
    3.2 熱伝導特性 146
    3.3 熱・機械的特性 147
   4. ツインメソゲン型樹脂の諸特性 148
   5. まとめ 154
6 分子ハイブリッドによるポリマーの機能制御 荒川化学工業株式会社研究所新事業企画開発部ハイブリッドグループ/テクニカルチームリーダ 合田秀樹
   1. はじめに 161
   2. ハイブリッド 161
    2.1 材料 161
    2.2 ナノテクノロジー 163
     2.2.1 超微粒子分散法 163
     2.2.2 層間挿入法 164
    2.3 ハイブリッドの進展 164
     2.3.1 ゾル-ゲル法 165
     2.3.2 アルコキシシランの多様性 166
     2.3.3 ゾル-ゲルコート 168
     2.3.4 ハイブリッド体の観察 169
     2.3.5 ゾル-ゲルハイブリッドの課題 170
     2.3.6 位置選択的分子ハイブリッド 171
     2.3.7 位置選択的分子ハイブリッドの作製 174
   3. エポキシ系樹脂 175
    3.1 コンポセランE 175
    3.2 作製 176
    3.3 性質 177
    3.4 用途 178
    3.5 銅張り積層板 179
   4. ポリウレタン 181
    4.1 構造 181
    4.2 性質 182
   5. イミド 184
    5.1 作製 185
    5.2 用途 187
   6. ポリアミドイミド 190
    6.1 価格 190
    6.2 作製方法 191
    6.3 構造 191
〔序文〕 神奈川大学工学部化学教室 助教授 亀山敦
1 高分子の高次構造制御の最前線 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 教授 加藤隆史
   1. はじめに 7
22.

図書

図書
吉田亮著 ; 高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2004.6  iv, 131p ; 19cm
シリーズ名: 高分子先端材料One Point / 高分子学会編集 ; 2
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
小池康博, 多加谷明広著 ; 高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2004.6  v, 98p, 図版[2]p ; 19cm
シリーズ名: 高分子先端材料One Point / 高分子学会編集 ; 1
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
高分子学会編集 ; 井上俊英他著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2004.9  iv, 127p ; 19cm
シリーズ名: 高分子先端材料One Point / 高分子学会編集 ; 8
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2002.1  5, 196, 5p ; 27cm
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2003.3  vi, 158, vip ; 27cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21シリーズ ; 15
所蔵情報: loading…
27.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2001.1  vi, 133, viip ; 27cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21シリーズ ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
21世紀のバイオテクノロジー / 今中忠行著
バイオテクノロジー産業振興の国家戦略 / 堅尾和夫著
微生物生産の将来を展望する / 清水昌著
バイオ技術による医薬品の開発 / 池田雅夫著
医学・バイオテクノロジー素材として複合糖質は有望か? / 西村紳一郎著
酵素反応形塗料の開発 : 漆をモデルとして / 大藪秦著
21世紀のバイオテクノロジー / 今中忠行著
バイオテクノロジー産業振興の国家戦略 / 堅尾和夫著
微生物生産の将来を展望する / 清水昌著
28.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : エヌ・ティー・エス, 2001.3  5, 130p, iv ; 27cm
シリーズ名: ポリマーフロンティア21シリーズ ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
シルセスキオキサン : 有機-無機複合物のビルディングブロックとしての可能性 / 伊藤真樹著
ゾル-ゲル法を利用した精密複合設計 / 越智光一著
有機-無機複合体のキャラクタリゼーションの新しい取り組み / 柴山充弘著
バイオアクティブナノ複合材料 / 尾阪明義著
ジメチルシロキサン系有機-無機ハイブリッド / 片山真吾著
ゾル-ゲル法による有機-無機ハイブリッド / 吉井詢二著
シルセスキオキサン : 有機-無機複合物のビルディングブロックとしての可能性 / 伊藤真樹著
ゾル-ゲル法を利用した精密複合設計 / 越智光一著
有機-無機複合体のキャラクタリゼーションの新しい取り組み / 柴山充弘著
29.

図書

図書
大西敏博, 小山珠美著 ; 高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2004.12  v, 118p, 図版[4]p ; 19cm
シリーズ名: 高分子先端材料One Point / 高分子学会編集 ; 6
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
伊藤洋著 ; 高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2005.2  iv, 104p ; 19cm
シリーズ名: 高分子先端材料One Point / 高分子学会編集 ; 10
所蔵情報: loading…
31.

図書

図書
西敏夫, 中嶋健著 ; 高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2005.3  iv, 120p ; 19cm
シリーズ名: 高分子先端材料One Point / 高分子学会編集 ; 4
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
岩田博夫著 ; 高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2005.5  v, 113p ; 19cm
シリーズ名: 高分子先端材料One Point / 高分子学会編集 ; 3
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
高分子学会編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2005.6  830p ; 27cm
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1997.6  xxiii, 490p ; 22cm
シリーズ名: 新高分子実験学 / 高分子学会編 ; 8 . 高分子の物性||コウブンシ ノ ブッセイ ; (1)
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1997.9  xxii, 579p ; 22cm
シリーズ名: 新高分子実験学 / 高分子学会編 ; 6 . 高分子の構造||コウブンシ ノ コウゾウ ; 2
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 1989.9  ix, 634p ; 27cm
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : 培風館, 1974  205p ; 22cm
所蔵情報: loading…
38.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 1990.3  xi, 361p ; 挿図 ; 22cm
シリーズ名: 先端高分子材料シリーズ ; 2
所蔵情報: loading…
39.

図書

図書
宮坂啓象 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 共立出版, 1988.12  viii, 126p ; 19cm
シリーズ名: 高分子新素材one point / 高分子学会編 ; 16
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1957.11  273p ; 22cm
シリーズ名: 高分子実験学講座 / 高分子学会編 ; 9
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 1965.2  v,534,358p ; 22cm
所蔵情報: loading…
42.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
高分子学会編
出版情報: 東京 : 培風館, 1972.8  v, 236p ; 22cm
シリーズ名: 高分子の分子設計 / 高分子学会編 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
分子設計について [宇野敬吉]
1 立体規則性重合 [古川淳二]
   1.1 はじめに 3
   1.2 立体規則性重合の統計論 3
   1.3 配位重合 15
   1.4 均一系立体規則性重合 26
   参考文献 30
2 共重合連鎖の規制 [山田 瑛]
   2.1 方法論序説 35
   2.2 共重合反応解析式の利用 37
   2.3 共重合反応性比の予測と推算 40
   2.4 共重合反応性比の条件依存性 42
   2.5 sequence 分布 46
   2.6 触媒による規制 51
   2.7 交互共重合 52
   2.8 おわりに 54
   参考文献 55
3 グラフト重合 [箕浦有二]
   3.1 はじめに 58
   3.2 グラフトポリマーの二三の性質 58
   3.3 グラフトポリマーの合成 65
   3.4 おわりに 79
   参考文献 80
4 ブロック共重合 [山下雄也]
   4.1 ブロック共重合の方法 83
   4.2 リビングポリマーによるブロック共重合 84
   4.3 高分子間反応によるブロック共重合 94
   4.4 最近のブロックポリマー合成法 98
   参考文献 99
5 分岐および橋かけの規制 [熊野谿従]
   5.1 1次結合による橋かけの規制 104
   5.2 2次結合に基づく橋かけ 116
   参考文献 118
6 機能をもつ高分子 [大河原信]
   6.1 はじめに 120
   6.2 反応性モノマー 121
   6.3 特定ポリマーの高度利用 125
   6.4 ある構造の導入(高分子安定ラジカル) 130
   6.5 医薬, 農薬の高分子化 137
   参考文献 142
7 polymer support 法 [清水剛夫]
   7.1 はじめに 144
   7.2 polymer support 法の原理 145
   7.3 polymer support 法によるポリペプチドの合成 147
   7.4 polymer support 法によるオリゴヌクレオチドの合成 160
   7.5 polymer support 法によるオリゴアクリル酸およびオリゴメタクリル酸の合成 171
   7.6 polymer support 法によるロタクサンの合成 171
   7.7 おわりに 172
   参考文献 173
8 マトリックス重合 [竹本喜一]
   8.1 はじめに 180
   8.2 一定の3次元空間で規制された高分子合成 180
   8.3 結晶状態を利用するトポケミカル重合 183
   8.4 分子量分布を規制する高分子合成 184
   8.5 直鎖状高分子をマトリックスとする高分子合成 186
   8.6 高分子の存在下におけるそのほかの重合研究 192
   8.7 マトリックス重合の現状をかえりみて 192
   8.8 マトリックス重合ー将来の課題 193
   参考文献 194
9 固相重合 [長谷川正木]
   9.1 はじめに 197
   9.2 固相重合により特異な化学構造をもつポリマーが生成する場合 198
   9.3 共役系ジオレフィン化合物の光固相重合 205
   9.4 おわりに 216
   参考文献 217
10 不均一系重合反応による高分子の設計 [宇野敬吉・大屋正尚]
   10.1 はじめに 220
   10.2 分子設計の立場からみた重合速度 220
   10.3 反応系の変動が1次, 高次構造に及ぼす影響 221
   10.4 不均一系重合を利用した高分子設計の可能性 222
   10.5 DMSO 中でのNCA の重合 226
   10.6 NCA の不均一系重合による1次構造の規制 226
   10.7 NCA 以外の不均一系重合を利用した高分子設計の可能性 229
   10.8 ペプチドの固相合成 231
   10.9 おわりに 232
   参考文献 232
索引 233
分子設計について [宇野敬吉]
1 立体規則性重合 [古川淳二]
   1.1 はじめに 3
43.

図書

図書
高分子学会編集
出版情報: 東京 : 講談社, 1982.5  149p ; 19cm
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
岡村誠三 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 地人書館, 1966.12  2, 2, 402p ; 22cm
シリーズ名: 高分子工学講座 / 高分子学会編 ; 15
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
高分子学会高分子辞典編集委員会編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1971.6  9, 891p ; 22cm
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
高分子学会編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 1981.10  iii, 210p ; 21cm
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : 地人書館, 1967.1  5,2,578p ; 22cm
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1991.9-1992.5  2冊 ; 22cm
シリーズ名: 高分子機能材料シリーズ / 高分子学会編 ; 第1巻-第2巻
所蔵情報: loading…
49.

図書

図書
北條舒正, 白井汪芳, 金子正夫編
出版情報: 東京 : 学会出版センター, 1991.11  xii, 298p ; 22cm
シリーズ名: 高分子錯体 : 機能と応用 / 高分子錯体研究会編 ; 7
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
高分子学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 1992.7  xvi, 453p ; 22cm
シリーズ名: 高分子機能材料シリーズ / 高分子学会編 ; 7
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼