close
1.

図書

図書
福田清人編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1974.1  404p, 図版2p ; 23cm
シリーズ名: 明治文学全集 ; 94
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
饗庭篁村篇 : 鹽原入浴の記
木曽道中記
水戸の觀梅
幸田露伴篇 : 醉興記
まき筆日記
地獄溪日記
草鞋記程
正岡子規篇 / はて知らずの記
山田美妙篇 / 戸隱山紀行
尾崎紅葉篇 / 煙霞療養
大橋乙羽篇 : 千山萬水 / 抄
續千山萬水 / 抄
川上眉山篇 / ふところ日記
徳富蘆花篇 : 兩毛の秋
雨の水國
大町桂月篇 : 一簑一笠 / 抄
那須野
十和田湖
田山花袋篇 : 日光山の奥
多摩の上流
春の日光山
秋の日光山
熊野紀行
月瀬紀遊
秋の岐蘇路
雪の信濃路
遅塚麗水篇 : 不二の高根
飛騨越日記
秋の京都
幣袋
與謝野鐵幹・木下杢太郎・北原白秋・平野萬里・吉井勇篇 / 五足の靴
小島烏水篇 : 白峰山脈縱斷記
日本北アルプス縱斷記
現代の紀行文 / 田山花袋
明治の紀行文 / 高須芳次郎
解題 / 福田清人
略歴 / 岡保生編
饗庭篁村篇 : 鹽原入浴の記
木曽道中記
水戸の觀梅
2.

図書

図書
稻垣達郎編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1974.10  426p, 図版2p ; 23cm
シリーズ名: 明治文学全集 ; 50
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
金子筑水集 : 『透谷集』を讀みて
國民文學と世界文學
所謂社會小説
藝術の價値
文藝の將來
個人主義の盛衰
實生活と文藝
文藝と實人生
プラグマチズムの要旨及批評
社會主義の要旨及批評
二葉亭全集を讀む
トルストイの追想
科學的精神と文藝
田中王堂集 : 島村抱月氏の自然主義
岩野泡鳴氏の人生觀及び藝術觀を論ず
文明史上に於けるローマンチシズムの意義
トルストイの絶對主義を論ず
プラグマチズムの後
片山孤村集 : 神經質の文學
續神經質の文學
伊吹郊人に與ふ
再び伊吹郊人に與ふ
追撃餘録
靈魂と國家
郷土藝術論
文藝と肉情
自然主義脱却論
抱月の偽自然主義
再び偽自然主義に就いて
誤られたるイブセン
中澤臨川集 : 見ぬ戀盲ひの戀
審美私説
信仰の廓清
古蹟
ツルゲーネフの自然觀
自然主義汎論
新藝術觀
社會と感激
生命の傳統
現代文明を評し、當來の新文明を卜す
魚住折蘆集 : 藤村操君の死を悼みて
自殺論
詩境を思ふ
春のこゝろを思ふ
眞を求めたる結果
自然主義は窮せしや
自己主張の思想としての自然主義
歡樂を追はざる心
穏健なる自由思想家
八月の小説
九月の小説
十月の小説
十一月の評論
二十年のおもひで
最後の日記
明治文藝批評史の一面 / 本間久雄
批評家第一期 / 柳田泉
若宮田中比較論 / 岩野泡鳴
田中王堂氏についての感想 / 本間久雄
どこかまだ物足りなさの殘ってゐる批評家抄 / 近松秋江
孤村と私 / 登張竹風
僕の觀た中澤臨川氏 / 相馬御風
中澤臨川氏 / 吉川勇
中澤臨川君 / 吉江孤雁
魚住を悼む / 安倍能成
亡友魚住影雄君 / 宮本和吉
亡友魚住君を憶ふ / 久保勉
人知れざりし後生涯の魚住君 / 西田天香
解題 / 稻垣達郎
年譜 / 畑實・竹田日出夫・片山泰雄・田中夏美・山本昌一編
參考文獻 / 畑實・竹田日出夫・片山泰雄・田中夏美・山本昌一編
金子筑水集 : 『透谷集』を讀みて
國民文學と世界文學
所謂社會小説
3.

図書

図書
瀬沼茂樹編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1974.6  458p, 図版2p ; 23cm
シリーズ名: 明治文学全集 ; 80
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
西周篇(生性發蘊(抄)第一卷第一篇 : 源ニ泝リ宗ヲ開ク
西村茂樹篇 : 自識録 / 抄
續自識録 / 抄
加藤弘之篇 : 道徳法律之進歩(抄)第一章 利己心并に利他心
進化學より見たる哲學
井上圓了篇 / 哲學一夕話
清澤滿之篇 / 純正哲學
清野勉篇 : 哲學字彙編纂ノ事ヲ論ジ併テ世ノ言語改良家ニ告グ / 抄
大西祝篇 : 倫理攷究ノ方法并目的
良心トハ何ゾヤ
忠孝と道徳の基本
理性の權威
哲學史とは何ぞや
井上哲次郎篇 : 教育と宗教の衝突
我世界觀の一塵
倫理と宗教の關係(抄)第七章 理想的宗教即ち理想教
元良勇次郎篇 : 快樂は倫理の標準と為り得べきや否や
心とは何ぞや
ヘゲルの存在論に就て
桑木嚴翼篇 : 哲學概論 / 抄
ニーチェ氏倫理説一斑 / 抄
法則と規範—眞と善
「プラグマティズム」に就て
波多野精一篇 / カント倫理學説の大要
朝永三十郎篇 : 學究漫録
哲學史攻究の旨趣と研究法とに就て
懐疑思潮に付て
金子馬治篇 / キヤーケゴールドの人生觀
吉田静致篇 / 人格的唯心論に就て
西田幾多郎篇 / 善の研究
明治時代の日本哲學 其二 / 三枝博音
近代日本の思想家達 / 高坂正顯
『善の研究』について抄 / 西谷啓治
明治思想史における倫理と宗教 / 峰島旭雄
解題 / 瀬沼茂樹
年譜 / 峰島旭雄編
參考文獻 / 峰島旭雄編
明治史學年表 / 峰島旭雄編
西周篇(生性發蘊(抄)第一卷第一篇 : 源ニ泝リ宗ヲ開ク
西村茂樹篇 : 自識録 / 抄
續自識録 / 抄
4.

図書

図書
高浜虚子著 ; 高浜年尾[ほか]編
出版情報: 東京 : 毎日新聞社, 1974  462p ; 22cm
シリーズ名: 定本高濱虚子全集 / 高浜虚子著 ; 高浜年尾 [ほか] 編 ; 第14巻
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
國木田獨歩著 ; 中島健蔵編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1974.8  399p, 図版2p ; 23cm
シリーズ名: 明治文学全集 ; 66
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
武藏野
源おぢ
忘れえぬ人々
河霧
富岡先生
牛肉と馬鈴薯
女難
第三者
正直者
湯ヶ原より
少年の悲哀
夫婦
春の鳥
運命論者
巡査
酒中日記
馬上の友
惡魔
畫の悲み
空知川の岸邊
非凡なる凡人
鎌倉婦人
二少女
帽子
號外
戀を戀する人
竹の木戸
窮死
疲勞
節操
二老人
都の友へ、B生より
肱の侮辱
湯ヶ原ゆき
鎌倉妙本寺懐古
秋の入日
群書ニ渉レ
アンビシヨン
吉田松陰及び長州先輩に關して
不知庵譯「罪と罰」
養子
吾が知る少女の事を記す
波涛
大連灣占領後の海事通信
苦悶の叫
豊後の國佐伯
想出るまゝ
唯暗を見る
新躰詩の現状
高山文學士の論文に就て
夜の赤坂
福澤翁の特性
陶庵侯に就て
予の作物と人氣
自然を寫す文章
我は如何にして小説家となりしか
十年前の田園生活
予が作品と事實
雜談
余と自然主義
病牀雜記
愛讀せる外國の小説戲曲
不可思議なる大自然
獨歩氏の作に低徊趣味あり / 夏目漱石
獨歩氏の特長 / 徳田秋聲
澁谷時代の獨歩 / 田山花袋
日光時代 / 田山花袋
鎌倉在住前後の獨歩氏 / 齋藤弔花
國木田治子未亡人聞書 / 本多浩
國木田獨歩論 / 中島健藏
解題 / 中島健藏
年譜 / 川岸みち子編
參考文獻 / 川岸みち子編
武藏野
源おぢ
忘れえぬ人々
6.

図書

図書
鮎川, 信夫(1920-1986)
出版情報: 東京 : 思潮社, 1974  407p ; 22cm
シリーズ名: 鮎川信夫著作集 ; 5
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
鮎川, 信夫(1920-1986)
出版情報: 東京 : 思潮社, 1974  414p ; 22cm
シリーズ名: 鮎川信夫著作集 ; 7
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
松本清張著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 1974.1  494p ; 20cm
シリーズ名: 松本清張全集 / 松本清張著 ; 17
所蔵情報: loading…
目次情報:
北の詩人
象徴の設計
小説帝銀事件
北の詩人
象徴の設計
小説帝銀事件
9.

図書

図書
松本清張著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 1974.4  508p ; 20cm
シリーズ名: 松本清張全集 / 松本清張著 ; 23
所蔵情報: loading…
目次情報:
喪失の儀礼
強き蟻
聞かなかった場所
喪失の儀礼
強き蟻
聞かなかった場所
10.

図書

図書
松本清張著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 1974.3  421p ; 20cm
シリーズ名: 松本清張全集 / 松本清張著 ; 33
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼