close
1.

図書

図書
藤田尚男, 藤田恒夫共著
出版情報: 東京 : 医学書院, 2002-2010  2冊 ; 26cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
岩田薫, 米澤宣行著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2002.4  xii, 225p ; 21cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
Shane A.Thomas著 ; 諏訪邦夫訳
出版情報: 東京 : 総合医学社, 2002.4  viii, 164p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
古川日出男著
出版情報: 東京 : 角川書店, 2001.12  659p ; 20cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
アゴタ・クリストフ著 ; 堀茂樹訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2002.3  266p ; 16cm
シリーズ名: ハヤカワepi文庫 ; epi 16
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
Hal Stern, Mike Eisler, Ricardo Labiaga著 ; 砂原秀樹監訳 ; 木下哲也訳
出版情報: 東京 : オライリー・ジャパン , 東京 : オーム社 (発売), 2002.4  xxiii, 573p ; 24cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
都倉信樹著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.4  xiii, 235p ; 22cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
Cold Spring Harbor Symposium on Quantitative Biology
出版情報: Cold Spring Harbor, N.Y. : Cold Spring Harbor Laboratory Press, 2001  xxi, 634 p. ; 28 cm
シリーズ名: Cold Spring Harbor symposia on quantitative biology ; v. 66
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
ジョー・シュワルツ著 ; 栗木さつき訳
出版情報: 東京 : 主婦の友社, 2002.5  329, xiiip ; 20cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
池澤直樹著
出版情報: 東京 : 講談社, 2002.4  285p ; 20cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

図書
田中啓一編著
出版情報: 東京 : 中央経済社, 2002.5  3, 5, 212p ; 22cm
所蔵情報: loading…
12.

図書

図書
泉弘志著
出版情報: 東京 : 誠文堂新光社, 2002.4  167p, 図版[4]p ; 21cm
シリーズ名: 入門エレクトロニクス ; 5
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
竹田美文, 林英生編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2002.5  xiii, 706p, 図版4p ; 27cm
所蔵情報: loading…
14.

図書

図書
養老孟司 [著]
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2002.4  232p ; 20cm
所蔵情報: loading…
15.

図書

図書
永吉浩 [ほか] 共著
出版情報: 東京 : 日新出版, 2002.4  ii, 221p ; 21cm
シリーズ名: 実用理工学入門講座
所蔵情報: loading…
16.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
松永是編著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2002.4  viii, 139p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
0. 序論―生命工学の発展―[松永 是] 1
   遺伝子工学技術の登場 1
   高速DNAシークエンサーとヒトゲノム解析 1
   DNAチップ 1
   ポストゲノム時代の生命工学 2
   21世紀における生命工学 2
第Ⅰ部 基礎編
1. 生物を構成する分子[養王田正文] 6
   a. アミノ酸,ペプチド,タンパク質 6
   b. ヌクレオチド,DNA,RNA 11
   c. 単糖,多糖 13
   d. 脂質 14
2. 生物を構成する分子の性質 16
   a. 物理化学的側面[大野弘幸・中村暢文] 16
   b. 有機化学的側面[梶本哲也] 21
3. 生物を構成する分子を見る 29
   a. X線結晶解析[神鳥成弘] 29
   b. NMR,MRI[朝倉哲郎] 33
   c. コンピュータグラフィックス[五味雅裕・美宅成樹] 36
4. 細胞から生体へ 40
   a. 細胞を見る[太田善浩] 40
   b. 細胞を操作する[太田善浩] 42
   c. 植物と動物の違い[小関良宏] 46
5. 遺伝子を読む―分子生物科学のイントロ―[早出広司・宮下英明] 49
   a. DNAのオートシークエンサーの原理 49
   b. 全ゲノム解析 52
第Ⅱ部 応用編
6. 医薬品の合成 [梶本哲也] 58
   a. 構造‐活性相関による開発 58
   b. 豊富な資源からの誘導 59
   c. 構造‐活性相関の限界と偶然性 60
   d. セレンデピュティーからの展開 60
   e. コンビナトリアルケミストリーの導入 62
   f. ゲノム創薬 63
7. 発酵による有用物質生産[木野邦器・桐村光太郎] 64
   a. ”ミクロの職人”微生物とその発見 64
   b. 微生物の多様性と発酵工業の特長 65
   c. 伝統的な醸造・発酵産業 65
   d. 発酵工業の幕開け 66
   e. 抗生物質発酵と医薬品生産への展開 67
   f. そのほかの有用物質の生産と酵素利用工学 67
   g. ニューバイオテクノロジーへの期待 68
8. バイオ材料 69
   a. バイオ高分子[朝倉哲郎/奥山健二] 69
   b. 生分解性プラスチック[三宅正人] 72
   c. エレクトロニクスとの接点[大野弘幸] 76
9. バイオセンシング,バイオエレクトロニクス[松岡英明・斉藤美佳子] 79
   a. 歴史と現在の動向 79
   b. 電気的刺激の効果とその量的見積もり 79
   c. 酵素反応の電気的制御 80
   d. Ca2 +を介す遺伝子発現の電気的制御 81
   e. 細胞バイアビリティの電気的制御 81
   f. 細胞生産の電気的制御 81
   g. 電気的刺激によるクローン作出 82
   h. 「バイオ」と「エレクトロニクス」の融合 82
10. 人工生命体の時代[大竹久夫] 83
   a. 生命体を作るとは 83
   b. クローン動物 83
   c. 絶滅動物を蘇らせる 84
   d. 生命体は改造した方がよい 84
   e. 化学合成からのアプローチ 85
   f. ロボットとフレーム問題 85
   g. バーチャル生命体 85
11. ティッシュエンジニアリング(細胞組織工学)[三宅 淳・中村徳幸] 87
   a. 研究開発の現状 87
   b. 基礎研究の進展 88
   c. 今後の研究課題 89
12. 医用工学:インテリジェント材料システム―高分子ゲル系生体材料の開発を例に―[片岡一則・長崎幸夫] 91
   a. グルコース応答性高分子ゲルによる自己制御型インスリン放出システム 91
   b. pH応答性ゲル 93
   c. 内核安定化高分子ミセルを積層したゲル構造の構築 94
   d. おわりに 95
13. 脳神経工学[中村 俊] 96
   a. 脳とコンピュータはどう異なるか 96
   b. 脳はどのようにできあがるか 97
   c. 記憶や学習は神経細胞のどのようなはたらきに基づくのか 98
   d. 言語機能の起源と神経科学研究の将来 98
14. 遺伝子診断[中村秀喜・松永 是] 100
   a. 遺伝子診断マーカー 100
   b. 生物鑑定 102
15. ヒトゲノム解析とその応用[園山正史・美宅成樹] 104
   a. ヒトゲノム計画 104
   b. ヒトゲノム解析の応用 106
   c. ポルトゲノムの時代へ 107
16. ES細胞,クローン動物[中村徳幸] 109
   a. ES細胞 109
   b. クローン動物 111
   c. おわりに 112
17.植物工学[小関良宏] 114
   a. 植物培養細胞を用いた物質生産 114
   b. 環境浄化への利用 116
   c. 植物によるプラスチックの生産 117
18. 環境問題とバイオテクノロジー[加藤純一] 118
   a. バイオレメディエーションの概要 118
   b. バイオレメディエーションの実例 118
19. 環境ゲノム―生活習慣病の分子疫学―[加藤貴彦] 122
   a. 日本の医療とゲノム研究 122
   b. 疫学と分子疫学 122
   c. 遺伝子多型 124
   d. 遺伝子診断の倫理的問題点 124
   e. 将来の展望 124
20. マリンバイオテクノロジー[竹山春子] 125
   a. 海洋特殊環境―深海 125
   b. 海洋生物ピラミッドと生物資源 126
   c. 海洋の物質循環 126
   d. 二酸化炭素と海洋藻類 127
   e. 分子生物学的種判別 131
f. おわりに 132
索引 135
コラム
   細かい構造が見えるとは? 42
   プリオンと狂牛病 56
   成人病から生活習慣病へ 123
   疫学の父:高木兼寛 123
0. 序論―生命工学の発展―[松永 是] 1
   遺伝子工学技術の登場 1
   高速DNAシークエンサーとヒトゲノム解析 1
17.

図書

図書
ミッドハット・ガザレ著 ; 小屋良祐訳
出版情報: 東京 : 青土社, 2002.5  346p, 図版 [8] p ; 20cm
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
嘉田由紀子著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.5  xix, 232p ; 22cm
シリーズ名: 環境学入門 / 植田和弘, 住明正, 武内和彦編集 ; 9
所蔵情報: loading…
19.

図書

図書
国立国語研究所編
出版情報: 東京 : 国立国語研究所, 2002.3  126p ; 21cm
シリーズ名: 新「ことば」シリーズ / 文化庁編 ; 15
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
座談会
解説
言葉に関する問答集
言葉のクリップボード
座談会
解説
言葉に関する問答集
20.

図書

図書
藤田節子著
出版情報: 東京 : 日外アソシエーツ , 東京 : 紀伊國屋書店 (発売), 2002.6  237p ; 21cm
所蔵情報: loading…
21.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
神保雅一編 ; 北田修一 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2002.6  xiii, 228p ; 22cm
シリーズ名: データサイエンス・シリーズ / 柴田里程 [ほか] 編集委員 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 データサンプリング
   1.1 データ取得 1
   1.2 フィッシャーの3原則 2
   1.2.1 局所管理と層別 3
   1.2.2 無作為化,ランダム化と無作為抽出 4
   1.2.3 反復 5
   1.2.4 最適計画,最適サンプリングそして有效性 5
   1.3 標本調査と実験計画の類似点と相違点 7
   1.4 本書の内容 7
第2章 標識放流と海洋生物個体群の推測
   2.1 死亡率を推定する 11
   2.1.1 漁獲の理論の統計学的背景 12
   2.1.2 マダイの標識放流と再捕報告 14
   2.1.3 標識再捕の統計モデル 15
   2.1.4 適合度検定への影響 19
   2.1.5 推定されたガザミの自然死亡 21
   2.2 個体数を推定する 23
   2.2.1 シマアジの水槽実験とPeterscn法 24
   2.2.2 仮定の検討 27
   2.2.3 回帰推定と過分散 28
   2.2.4 実際の適用について 31
   2.3 目視による滞留率の推定 34
   2.3.1 対数線形モデル 35
   2.4 成長を推定する 39
   2.4.1 ミナミマグロ資源の開発と漁獲規制 40
   2.4.2 標識放流と再捕データ 40
   2.4.3 成長の差のモデル 42
   2.4.4 沿岸から沖合への移動に伴う成長率の変化 44
   2.4.5 成長の長期変化が示唆する密度効果 46
   2.5 付録 49
   2.5.1 デルタ法 49
   2.5.2 多項分布の正規近似 51
   参考文献 52
第3章 南極海ミンククジラの資源調査
   3.1 調査の目的と概要 57
   3.1.1 ミンククジラの資源論争 57
   3.1.2 特別許可による捕獲調査 58
   3.1.3 自然死亡係数の推定 59
   3.2 調査ラインの設定とサンプリング 61
   3.2.1 調査の基本方針 61
   3.2.2 海域の層別,調査期間 62
   3.2.3 調査ラインの設定 63
   3.2.4 標本の採集 64
   3.2.5 標本サイズ 66
   3.3 データの処理と計算 70
   3.3.1 データ 70
   3.3.2 資源量推定と精度計算 71
   3.3.3 年齢組成の推定とその精度 73
   3.3.4 VPAによる自然死亡係数Mの推定 75
   3.4 サンプリングに関連したいくつかの問題 76
   3.4.1 氷縁とミンククジラの分布 76
   3.4.2 鯨の動き 78
   3.4.3 天候等の影響 79
   3.4.4 発見横距離分布 81
   3.4.5 プロセスエラー 81
   3.4.6 毎ロの進出予定距りと夜間の空走り 82
   3.5 むすびにかえて 84
   参考文献 85
第4章 水産資源の多段サンプリング調査
   4.1 クラスターサンプリング 88
   4.2 クラスターサンプリング:遊漁釣獲量の日誌調査 89
   4.2.1 遊漁者の釣獲量の推定 91
   4.2.2 那珂川でのアユ釣り調査 93
   4.3 2段サンプリング:種苗放流効果の調査 95
   4.3.1 放流効果の推定量 96
   4.3.2 北海道のサクラマスの放流効果調査 100
   4.3.3 得られた推定値とその信頼性 102
   4.3.4 層別の効果 103
   4.3.5 合意された調査計画 105
   4.4 3段サンプリングの検討 108
   4.4.1 総数の推定量と分散 109
   4.4.2 3段サンプリングの効率 110
   4.5 おわりに 113
   4.6 付録 115
   4.6.1 有限修正項の二つの表現 115
   4.6.2 有限修正項はどこから出てくるか 117
   4.6.3 信頼区間 120
   4.6.4 2段サンプリングの母集団総計推定量の分散:不偏推定量の二つの表現 123
   参考文献 125
第5章 農業研究における実験計画法
   5.1 実験計画法の重要性 129
   5.2 処理の決定 131
   5.2.1 因子と水準 131
   5.2.2 交互作用と主効果 132
   5.2.3 因子の分類 133
   5.2.4 1因子実験と多因子実験 136
   5.2.5 水準の設定 140
   5.2.6 処理の決定に基づく実験の分類 141
   5.3 実験の配置 142
   5.3.1 フィッシャーの3原則 142
   5.3.2 反復 143
   5.3.3 無作為化 145
   5.3.4 局所管理(ブロック化) 147
   5.3.5 実験配置に基づく実験の分類 149
   5.4 基本的な実験計画と実験実施上の注意点 151
   5.4.1 1因子実験 151
   5.4.2 2因子実験 154
   5.4.3 実験計画および実験実施上の注意点 160
   5.4.4 計算例(2段分割法による3因子実験) 161
   参考文献 164
第6章 ブロック実験における分散分析と最適計画
   6.1 春小麦の収量データ 165
   6.1.1 ポーランドにおける新品種の登録 166
   6.1.2 春小麦の収量のデータ 167
   6.2 無作為化を考慮した変量モデル 169
   6.2.1 無作為化による共分散 170
   6.2.2 計両行列 172
   6.2.3 線形モデル 173
   6.2.4 無作為化と共分散構造 174
   6.3 層分解による分散分析 176
   6.3.1 射影子による層分解 176
   6.3.2 第3層における品種効果の推定と検定 178
   6.4 最適ブロック計画 182
   6.4.1 ブロック計画における最適性 182
   6.4.2 BIBデザインの最適性 183
   6.4.3 Universal optimality 186
   6.4.4 目的に応じた最適実験 187
   参考文献 189
第7章 品質設計における実験計画
   7.1 品質設計における実験計画事例 191
   7.1.1 問題の概要と基本的な考え方 191
   7.1.2 実験の計画と結果 194
   7.1.3 実験データの解析 197
   7.2 品質設計における実験計画の役割 202
   7.2.1 設計の3段階 202
   7.2.2 統計的因果分析における実験の役割 205
   7.2.3 品質設計における実験研究の特徴 209
   7.3 品質設計における実験研究技法 211
   7.3.1 非線形の応用 211
   7.3.2 特性値の合理化 212
   7.3.3 因子の選定と分類 215
   7.3.4 混合系直交表と直積配置 216
   7.3.5 パフォーマンス側度としてのSN比 218
   参考文献 221
   索引 223
第1章 データサンプリング
   1.1 データ取得 1
   1.2 フィッシャーの3原則 2
22.

図書

図書
名和小太郎著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.5  v, 114p ; 19cm
シリーズ名: 岩波科学ライブラリー ; 86
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
日本体育・学校健康センター編著
出版情報: 東京 : ぎょうせい, 2002.5  viii, 437p, 図版[4]p ; 22cm
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
E.リューティエン‐ドレコール, J.W.ローエン著 ; 井上貴央, 海藤俊行, 牛木辰男訳
出版情報: 新潟 : 西村書店, 2002.4  166p ; 28cm
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
諏訪邦夫著
出版情報: 東京 : 克誠堂出版, 2002.4  xiii, 120p ; 26cm
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
海野肇, 岡畑恵雄編
出版情報: 東京 : 講談社, 2002.5  xii, 194p ; 21cm
所蔵情報: loading…
27.

図書

図書
大山徹, 渡部俊弘編著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2002.5  ix, 239p ; 26cm
所蔵情報: loading…
28.

図書

図書
Stephen Wolfram
出版情報: Champaign, IL : Wolfram Media, c2002  xiv, 1197 p. ; 25 cm
所蔵情報: loading…
29.

図書

図書
生命・フリーラジカル・環境研究会編
出版情報: 東京 : オーム社, 2002.5  ix, 186p ; 21cm
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
猿橋勝子監修
出版情報: 東京 : 東京図書, 2002.5  222p ; 19cm
所蔵情報: loading…
31.

図書

図書
環境省編
出版情報: 東京 : ぎょうせい, 2002.5  10, 415p ; 30cm
シリーズ名: 環境白書 / 環境庁編 ; 平成14年版
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
J. Michael Barry
出版情報: New York : Taylor & Francis, c2002  vii, 163 p. ; 23 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Growth of an Embryo is Founded on Repeated Cell Division / 1:
How an Embryo Acquires the Correct Shape as its Cells Divide / 2:
How Differences in Molecular Composition Between Embryonic Cells Originate / 3:
Signal Molecules Induce Changes in Cell Composition Throughout Vertebrate Development / 4:
Differences in Embryonic Cell Composition Result from Activation of Different Genes / 5:
Experiments of Drosophila Reveal that Specific Transcription Factors are Keys that Unlock Embryonic Genes / 6:
Growth of an Embryo is Founded on Repeated Cell Division / 1:
How an Embryo Acquires the Correct Shape as its Cells Divide / 2:
How Differences in Molecular Composition Between Embryonic Cells Originate / 3:
33.

図書

図書
森道夫編集 ; 森道夫 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2002.5  ix, 247p ; 26cm
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
長浜邦雄, 加藤覚, 乗富秀富共著
出版情報: 東京 : 培風館, 2002.5  ix, 130p ; 21cm
シリーズ名: Creative chemical engineering course ; 17
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
吉開泰信編
出版情報: 大阪 : 医薬ジャーナル社, 2002.5  135p ; 22cm
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
スティーヴン・アンブローズ著 ; 上ノ畑淳一訳
出版情報: 東京 : 並木書房, 2002.5  527p ; 19cm
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
北川高嗣 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2002.6  lvi, 1140p ; 22cm
所蔵情報: loading…
38.

図書

図書
洲之内治男著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2002.4  v, 167p ; 21cm
シリーズ名: サイエンスライブラリ理工系の数学 ; 15
所蔵情報: loading…
39.

図書

図書
名和小太郎著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2002.5  346, xlviiip ; 20cm
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
大竹政和, 平朝彦, 太田陽子編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2002.5  vii, 201p, 図版4p ; 27cm
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
田口ランディ, 寺門琢己著
出版情報: 東京 : メディアファクトリー, 2002.3  264p ; 18cm
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
二唐東朔, 安倍紀一郎編集
出版情報: 東京 : 廣川書店, 2002.5  xvi, 383p ; 26cm
所蔵情報: loading…
43.

図書

図書
渡辺雄二著
出版情報: 東京 : 家の光協会, 2002.5  230p ; 19cm
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
和田山正著
出版情報: 東京 : トリケップス, 2002.6  177p ; 27cm
シリーズ名: White series ; No.222
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
尾田十八, 坂本二郎共著
出版情報: 東京 : 培風館, 2002.5  iv, 160p ; 22cm
シリーズ名: 新世紀の工学シリーズ / 尾田十八, 三木光範共編 ; 1
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
芝野耕司編著
出版情報: 東京 : 日本規格協会, 2002.5  xxxxiii, 879, 527p ; 22cm
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
川端裕人著
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2002.5  396p ; 16cm
シリーズ名: 文春文庫 ; [か-28-1]
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
アゴタ・クリストフ著 ; 堀茂樹訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2001.5  301p ; 16cm
シリーズ名: ハヤカワepi文庫 ; epi 2
所蔵情報: loading…
49.

図書

図書
アゴタ・クリストフ著 ; 堀茂樹訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2001.11  302p ; 16cm
シリーズ名: ハヤカワepi文庫 ; epi 12
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
edited by Bhanu P. Jena, J.K. Heinrich Hörber
出版情報: San Diego ; Tokyo : Academic Press, c2002  xiv, 415 p., [22] p. of plates ; 24 cm
シリーズ名: Methods in cell biology / edited by David M. Prescott ; v. 68
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Contributors
Preface
Local Probe Techniques / J. K. Heinrich Horber1.:
Introduction / I.:
Scanning Tunneling Microscopy / II.:
Atomic Force Microscopy / III.:
Force Spectroscopy / IV.:
Photonic Force Microscopy / V.:
References
The Atomic Force Microscope in the Study of Membrane Fusion and Exocytosis / Bhanu P. Jena ; Sang-Joon Cho2.:
Methods
AFM Studies on Live Cells
Identification of New Plasma Membrane Structures Involved in Exocytosis
Future of AFM in the Study of Live Cells
Atomic Force Microscope Imaging of Cells and Membranes / Eric Lesniewska ; Pierre Emmanuel Milhiet ; Marie-Cecile Giocondi ; Christian Le Grimellec3.:
AFM Equipment
AFM Operating Modes
Requirements for the Imaging of Intact Cells
Imaging of Cells
Imaging of Isolated Membranes / VI.:
Conclusion and Perspectives / VII.:
Measuring the Elastic Properties of Living Cells by the Atomic Force Microscope / Manfred Radmacher4.:
Principles of Measurement
Application to Cells
Mechanics of Cellular Dynamics
Summary
Cell Adhesion Measured by Force Spectroscopy on Living Cells / Martin Benoit5.:
Instrumentation
Preparations of the Force Sensor for Measurements with Living Cells
Cell Culture
Final Remarks
Molecular Recognition Studies Using the Atomic Force Microscope / Peter Hinterdorfer6.:
Experimental Approach
Dynamic Force Spectroscopy
Recognition Imaging
The Biophysics of Sensory Cells of the Inner Ear Examined by Atomic Force Microscopy and Patch Clamp / Matthias G. Langer ; Assen Koitschev7.:
Morphology and Function of Cochlear Hair Cells
AFM Technology
Applications
Discussion
Outlook
Biotechnological Applications of Atomic Force Microscopy / Guillaume Charras ; Petri Lehenkari ; Mike Horton8.:
Analysis
Application Examples
Future Directions and Improvements
Cellular Membranes Studied by Photonic Force Microscopy / Arnd Pralle ; Ernst-Ludwig Florin9.:
Experimental Considerations
Methods for Biological Probe Microscopy in Aqueous Fluids / Johannes H. Kindt ; John C. Sitko ; Lia I. Pietrasanta ; Emin Oroudjev ; Nathan Becker ; Mario B. Viani ; Helen G. Hansma10.:
Substrates/Surfaces
Basic Methods for Atomic Force Microscopy in Aqueous Fluids
Molecular Force Probing
Advanced Fluid Handling
Conclusion
Supported Lipid Bilayers as Effective Substrates for Atomic Force Microscopy / Daniel M. Czajkowsky ; Zhifeng Shao11.:
Preparation of the Supported Bilayer Substrates
Examples of Applications
Cryo-Atomic Force Microscopy / Sitong Sheng12.:
Designs and Instrumentation
Applications in Structural Biology
Deep Etching as the Preferred Sample Preparation Method
New Directions
Conformations, Flexibility, and Interactions Observed on Individual Membrane Proteins by Atomic Force Microscopy / Daniel J. Muller ; Andreas Engel13.:
High-Resolution AFM Imaging
Identification of Membrane Proteins
Observing the Oligomerization of Membrane Proteins
Unraveling the Conformational Variability of Membrane Proteins
Comparing AFM Topographs to Atomic Models
Conformational Changes of Native Membrane Proteins
Observing the Assembly of Membrane Proteins / VIII.:
Detecting Intra- and Intermolecular Forces of Proteins / IX.:
Conclusions and Perspectives / X.:
Single-Molecule Force Measurements / Aileen Chen ; Vincent T. Moy14.:
Experimental Design
Forced Unfolding of Single Proteins / S. M. Altmann ; P.-F. Lenne15.:
The Biological System
Forced Unfolding
Models
Conclusions and Prospects
Appendices
Developments in Dynamic Force Microscopy and Spectroscopy / A. D. L. Humphris ; M. J. Miles16.:
Active Q Control
Application of Active Q-Control AFM
Transverse Dynamic Force Techniques
Conclusions
Scanning Force Microscopy Studies on the Structure and Dynamics of Single DNA Molecules / Giampaolo Zuccheri ; Bruno Samori17.:
The Control of Adsorption of DNA on Surfaces
Air Imaging of DNA: Which Present, Which Future?
Imaging DNA in Fluid
DNA Manipulation with the SFM: The Controlled Dissection of DNA
The Study of DNA Conformations and Mechanics: Curvature and Flexibility
An Interesting Issue: The Shape of Supercoiled DNA
Index
Volumes in Series
Contributors
Preface
Local Probe Techniques / J. K. Heinrich Horber1.:
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼