close
1.

図書

図書
クリスティアン・ヘッセ著 ; 鈴木俊洋訳
出版情報: 東京 : 東京図書, 2014.6  x, 317p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
世界中のすべての数に向けて
魔法のように
みんなの実用数学
都市伝説
問題解決のリメリック三部作
速算術の速成コース
最弱者の生存—ナッシュ均衡とは何か
サイコロ投げのパラドクス
常軌を逸した本
身分相応の死に方〔ほか〕
世界中のすべての数に向けて
魔法のように
みんなの実用数学
概要: 魅惑の数学紀行へようこそ!あみだくじ、パラドクス、ナッシュ均衡、フェルマー数、正八胞体、ブンデスリーガ移籍金の解析、vestの正しい脱ぎ方、トランプ手品、...「1,2,...,2nから選んだn+1個の中に、一方が他方を割り切る2数は存在? ?!」マジメなものから奇想天外なものまで、137の旅へ。 続きを見る
2.

図書

図書
鈴木俊洋著
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 2013.12  246, viiip ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 ヴァイアーシュトラス・プログラムからの課題—フッサール現象学創設前史 : 解析学の算術化の運動 / ヴァイアーシュトラス・プログラム
なぜ「抽象」でなければならないのか—カントル、フレーゲ、フッサール
十九世紀数学における「存在論的革命」と現実的無限
第2部 フッサールの現象学創設の過程 : 出発点としての『算術の哲学』
『算術の哲学』直後の展開
抽象とは何か—『論理学研究』における現象学的枠組みの発生
現象学的対象観の完成
ヴァイアーシュトラスへの解答—数学的対象の認識論
第3部 数学の現象学の展開 : 公理的手法の受容と「多様体」概念の発生
対象の「構成」と間主観性—発生的現象学の道具立ての導入
ヒルベルトへの解答とフッサール的数学世界
実数の構成と排中律の問題
技術から生まれた数学—生活世界からの数学的対象の発生
フッサール数学論の位置づけと意義
第1部 ヴァイアーシュトラス・プログラムからの課題—フッサール現象学創設前史 : 解析学の算術化の運動 / ヴァイアーシュトラス・プログラム
なぜ「抽象」でなければならないのか—カントル、フレーゲ、フッサール
十九世紀数学における「存在論的革命」と現実的無限
概要: 数学者フッサールを哲学者に変えた数学論上の問題を現象学発生の問題背景として取り出し、フッサールが最終的に現象学という新しい哲学を創始するに至る過程を辿り、その現象学的方法論によりいかなる数学論が得られるかを提示する。未公刊の草稿やノートなど も精査し、数学的対象の直観的把握を巡る問題から、ヒルベルトやブラウアーとの関係も明らかにしつつ、後期フッサールも含めた「フッサール数学論」の全体像を解明し、現象学・数学論に新たな展望を示す。 続きを見る
3.

図書

図書
鈴木俊洋著
出版情報: 東京 : 法政大学出版局, 2018.5  246, viiip ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼