close
1.

図書

図書
Hideaki Ishii, Bruce A. Francis
出版情報: Berlin : Springer, c2002  ix, 173 p. ; 24 cm
シリーズ名: Lecture notes in control and information sciences ; 275
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Introduction
Control Networks
Distributed Control over Networks
Finite Data Rate Control
Single-Input Case
Towards Data Rate Reduction
Extensions for the Multiple Input Case
Conclusion
Introduction
Control Networks
Distributed Control over Networks
2.

図書

図書
北川高嗣 [ほか] 編
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2002.6  lvi, 1140p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本都市計画学会
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.9  xviii, 278p, 図版8p ; 30cm
シリーズ名: 実務者のための新・都市計画マニュアル / 日本都市計画学会編 ; 1-1 . 総合編||ソウゴウ ヘン
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
[総合編]
1 都市計画の意義と役割・マスタープラン
第1章 都市計画とは
1-1 都市計画の理念と性格 5
   1-1-1 都市計画の一般定義 5
   1-1-2 都市計画の基本的性格とその揺らぎ 6
   1-1-3 都市計画と関連領域の関係 8
1-2 都市計画と法 9
   1-2-1 都市計画と公共的ルール 9
   1-2-2 法廷都市計画の役割と限界 9
1-3 都市計画に関わる主体 10
   1-3-1 行政 10
   1-3-2 民間 11
   1-3-3 住民・市民 12
   1-3-4 専門家 13
   1-3-5 都市計画とパートナーシップ 13
第2章 都市計画の制度体制
2-1 都市計画法の略史と2000年法改正の趣旨 17
   2-1-1 1968年都市計画法制定まで 17
   2-1-2 1968都市計画法 18
   2-1-3 その後の主な改正 19
   2-1-4 地方分権に関わる改正(1998年・1999年) 20
   2-1-5 都市計画制度の潮流 23
2-2 都市計画と上位計画 25
2-3 都市計画の体系 27
   2-3-1 都市計画の適用範囲 27
   2-3-2 都市計画の内容構成 27
   2-3-3 都市計画の手続 29
   2-3-4 都市計画事業 31
2-4 都市計画の支援体系 31
   2-4-1 都市計画の財源 32
   2-4-2 都市計画 審議会 32
第3章 土地利用計画の役割と可能性
3-1 土地利用計画に期待される役割と特性 37
   3-1-1 歴史的に見た土地利用計画の役割 37
   3-1-2 今日の土地利用計画に込められたさまざまな意味 37
   3-1-3 どういう時代、地域、場面、レベルの土地利用計画か 40
3-2 土地利用計画のさまざまな活用 42
3-3 土地利用計画の立案・進行管理・評価-市町村レベルのマスタープランを念頭に 44
   3-3-1 基本的視点 44
   3-3-2 課題把握 44
   3-3-3 目標設定 45
   3-3-4 計画策定・代替案検討 45
   3-3-5 土地利用規制などへの落とし込み 46
   3-3-6 計画評価・見直し 46
3-4 おわりに-都市計画区域のマスタープランについて 47
第4章 都市施設計画の役割・関連制度
4-1 都市整備の基本戦略とめざすべき都市像 51
   4-1-1 都市整備を進める視座 51
   4-1-2 めざすべき都市像 52
4-2 都市施設計画に期待される役割と特性 53
   4-2-1 都市施設計画が担う役割と意義 53
   4-2-2 主な都市施設の種類と特性 54
   4-2-3 マスタープランと都市施設 54
   4-2-4 立体的な都市施設計画の立案と整備 55
   4-2-5 都市施設を計画決定する際の配慮事項 55
4-3 都市交通計画と整備推進方策 56
   4-3-1 都市交通施策と総合都市交通体制 56
   4-3-2 都市内道路・駐車場の計画 57
   4-3-3 公共交通計画 59
4-4 供給処理施設 60
   4-4-1 戦後50年間における施設整備の系譜と都市計画の関連性 60
   4-4-2 これからの時代における自立・循環型都市と施設計画の方向性 62
第5章 公園緑地計画の役割
はじめに 69
5-1 分権時代の都市計画制度の運用と公園緑地 69
5-2 都市計画における自然的環境の考え方 70
   5-2-1 都市計画制度で扱う緑地の意味 70
   5-2-2 都市計画制度で扱う地域制緑地の意味 70
   5-2-3 1960年代の都市オープンスペース計画論の持つ意義 71
5-3 近代都市計画における公園の意義と21世紀への展開 71
5-4 近代都市計画で扱う公園計画の諸側面 72
   5-4-1 公園の多面的な機能の理解 72
   5-4-2 レクリエーション(慰楽)の場としての公園 73
   5-4-3 異積的即立体的な公園計画という考え方 73
5-5 緑地保全の理念と都市計画的理解 74
   5-5-1 広義の緑地計画における永続性の問題 74
   5-5-2 白地地域の問題を考える原点 74
5-6 持続可能な都市開発と公園緑地計画の意義 75
   5-6-1 公園緑地の価値の見直し 75
   5-6-2 自然的環境としての緑地 75
   5-6-3 緑地を基盤に据えたインタラクティブな都市計画 76
   5-6-4 新しい公共概念のもとでの公園、緑地の主張 76
   5-6-5 都市計画制度の効果的な運用 77
第6章 区画整理・再開発等の役割・関連制度
6-1 市街地を面的に整備する事業とは? 81
   6-1-1 市街地を面的に見つめる必要性 81
   6-1-2 市街地を面的に整備する事業手法 82
6-2 土地区画整理事業の仕組みと役割 83
6-3 市街地再開発事業の仕組みと役割 84
6-4 面的な市街地整備の立案から実施まで 86
   6-4-1 問題意識からOut-In作業、そして基本構想へ 85
   6-4-2 事業計画から実施まで 86
6-5 面的整備事情の多様な活用 87
第7章 開発許可の役割と制度体制
はじめに 93
7-1 開発許可制度成立の背景とその概要 93
   7-1-1 都市計画区域の意義 93
   7-1-2 線引き制度と土地利用規制のための計画区域概念 94
   7-1-3 開発許可制度の概要と展開 95
7-2 市街化区域での開発許可制度 96
7-3 市街化調整区域での開発許可制度 97
   7-3-1 開発許可の技術基準と立地基準 97
   7-3-2 開発許可の実績 98
   7-3-3 既存宅地確認による開発等の実績 98
7-4 非線引き都市計画区域その他の地域での開発許可制度 99
7-5 開発許可制度についての展望 100
第8章 条例による総合的な都市づくり-委任条例と自主条例を視野に入れて
8-1 都市及び都市づくりの構造転換と条例・要綱 107
   8-1-1 都市づくりの構造転換 107
   8-1-2 条例の補完的な役割から積極的な役割へ 107
8-2 都市計画法制の基本的な枠組みと条例 108
   8-2-1 権利制限の公平性、平等性と必要最小限性 108
   8-2-2 委任条例と自主条例 109
8-3 委任条例と自主条例の展開 110
   8-3-1 地方分権一括法の成立と自主条例 110
   8-3-2 都市計画法と条例のこれまで 110
   8-3-3 都市計画法の改正と委任条例 111
   8-3-4 自主条例と委任条例の関係の進展 111
8-4 都市計画関連の委任条例とまちづくり 112
   8-4-1 都市計画関連の委任条例の実態 112
   8-4-2 改正都市計画法における新たな委任規定 114
8-5 自主条例としてのまちづくり条例の展開 117
   8-5-1 まちづくり条例の類型と全体像 117
   8-5-2 まちづくり条例の展開の経緯 117
   8-5-3 分権時代に向けた新たな動き 118
   8-5-4 まちづくり条例と法令の新たな関係 120
第9章 都市計画のプロセス
9-1 計画プロセスを取り巻く背景変化をどう踏まえるか 125
   9-1-1 地方分権と都市計画プロセス 125
   9-1-2 情報公開と都市計画プロセス 125
   9-1-3 行政手続としての都市計画プロセス 126
   9-1-4 都市計画プロセスと住民参加 126
9-2 都市計画プロセスと人材・組織の活用 127
   9-2-1 行政内部の工夫 127
   9-2-2 都市計画審議会の活性化 127
   9-2-3 議会と議員の能力向上 128
   9-2-4 専門家の積極的活用 128
   9-2-5 地域のパートナーシップに基づく都市づくり 128
[総合編]
1 都市計画の意義と役割・マスタープラン
第1章 都市計画とは
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本都市計画学会
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.9  xvi, 177p ; 30cm
シリーズ名: 実務者のための新・都市計画マニュアル / 日本都市計画学会編 ; 1-4 . 土地利用編||トチ リヨウ ヘン
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 地区計画制度の概要
1-1 地区計画制度誕生と経緯 3
   1-1-1 地区計画制度の誕生 3
   1-1-2 様々な特徴を持った地区計画の誕生 5
1-2 地区計画制度の概要 9
   1-2-1 地区計画とは 9
   1-2-2 地区計画で定める内容 9
   1-2-3 地区計画の実現方法 12
1-3 地区計画の使い方 13
   1-3-1 面整備事業での活用 13
   1-3-2 市街地の改善での活用 15
   1-3-3 良好な住環境の保全での活用 20
   1-3-4 市街化調整区域での活用 21
第2章 地区計画制度の位置づけ
2-1 都市計画法上の位置づけ 25
   2-1-1 都市計画法の体系における位置づけ 25
   2-1-2 都市計画区域マスタープラン、市町村マスタープランとの関係 26
2-2 地区計画制度の構成 27
   2-2-1 各種地区計画制度 27
   2-2-2 地区計画の対象区域 27
   2-2-3 地区計画の構成と計画策定項目 29
2-3 地区計画の決定と運用 34
   2-3-1 決定主体 34
   2-3-2 都市計画決定手続 34
   2-3-3 届出・勧告 38
   2-3-4 開発許可による地区計画の実現 40
2-4 建築基準法上の位置づけ(法第58条の3) 41
   2-4-1 建築条例に基づく制限(建築法第68条の2) 41
   2-4-2 地区計画等の区域内の制限の特例 42
   2-4-3 地区施設の実現促進手段 42
2-5 その他の法律との関係 43
   2-5-1 港湾法(臨港地区)との関係 43
   2-5-2 その他の法律との関係 43
第3章 地区計画の作成方法
3-1 地区計画の作り方と流れ 47
   3-1-1 行政の発意による地区計画作成作業の流れ 47
   3-1-2 住民の発意による地区計画作成作業の流れ 48
3-2 計画の検討準備 50
   3-2-1 地区計画の活用のきっかけ 50
   3-2-2 地区計画活用に向けた検討 52
3-3 計画の検討 53
   3-3-1 地区計画の検討作業の流れ 53
   3-3-2 地区の課題の把握 53
   3-3-3 計画課題の整理 56
   3-3-4 まちの将来像の検討 57
   3-3-5 地区計画の区域の検討 58
   3-3-6 地区計画の方針の検討 60
   3-3-7 地区整備計画の検討 63
3-4 計画の調整 77
   3-4-1 行政発意による地区計画作成に向けた調整 77
   3-4-2 住民発意による地区計画作成に向けた調整 79
第4章 地区計画の決定と運用
4-1 地区計画の決定 85
   4-1-1 地区計画の決定手続 85
   4-1-2 関係行政機関との調整 92
   4-1-3 決定図書 95
4-2 地区計画の実現方策 100
   4-2-1 実現にあたっての基本的な考え方 100
   4-2-2 届出・勧告制度 101
   4-2-3 建築物の実現方策 105
   4-2-4 地区施設の実現方法 110
   4-2-5 事業手法、補助、税制、融資その他の助成制度の活用 115
4-3 地区計画の変更等 118
   4-3-1 地区計画の変更の考え方 118
   4-3-2 段階的な地区計画の決定 118
第5章 地区計画等の種類と活用方法
5-1 地区計画等の種類と特徴 123
   5-1-1 各地区計画の特徴 123
5-2 各種地区計画制度等の併用 159
   5-2-1 各地区計画制度の併用 159
   5-2-2 地区計画と他制度との比較 162
   おわりに 173
   特別研究委員会一覧 175
   索引 177
第1章 地区計画制度の概要
1-1 地区計画制度誕生と経緯 3
   1-1-1 地区計画制度の誕生 3
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本都市計画学会
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.9  xvi, 139p, 図版6p ; 30cm
シリーズ名: 実務者のための新・都市計画マニュアル / 日本都市計画学会編 ; 1-2 . 土地利用編||トチ リヨウ ヘン
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 都市計画区域
1-1 都市計画区域と準都市計画区域 3
   1-1-2 都市計画法改正の趣旨 3
   1-1-3 都市計画区域と準都市計画区域の関係 3
1-2 都市計画区域の意義と指定状況 5
   1-2-1 都市計画区域の意義 5
   1-2-2 都市計画区域の指定状況 5
   1-2-3 都市計画区域の指定効果 5
1-3 都市計画区域の指定基準と計画立案 9
   1-3-1 都市計画区域の指定方針と基準 9
   1-3-2 都市計画区域の範囲 10
   1-3-3 計画立案 12
1-4 都市計画区域の指定手続 15
   1-4-1 都市計画区域の指定手続の概要 15
   1-4-2 都市計画手続の留意点 15
1-5 都市計画区域の変更の考え方と留意点 17
   1-5-1 都市計画区域の変更の基本的な考え方 17
   1-5-2 選択肢と判断要素 17
   1-5-3 留意点 19
1-6 用途地域が指定されていない地域における土地利用の規制誘導手法 22
   1-6-1 用途地域が指定されていない地域における土地利用の規制誘導手法の概要 22
   1-6-2 特定用途制限地域の概要 24
   1-6-3 特定用途制限地域の決定に関する主な留意点 26
第2章 区域区分
2-1 制度の概要 31
   2-1-1 制度の概要 31
   2-1-2 決定の状況 33
   2-1-3 区域区分決定の効果 33
2-2 区域区分の決定の方法 36
   2-2-1 区域区分の決定の基本的考え方 36
   2-2-2 計画フロー 37
   2-2-3 市街化区域設定にあたって、考慮すべき内容 45
   2-2-4 市街化調整区域のまちづくりのあり方 46
2-3 区域区分の見直しの手順と考え方 48
   2-3-1 区域区分の見直しの時期 48
   2-3-2 区域区分の見直しの流れ 48
   2-3-3 基礎調査との関係 48
   2-3-4 市街化区域の規模の設定方法 51
   2-3-5 市街化区域見直しの際の今日的課題 52
   2-3-6 逆線引きにおける留意点 54
   2-3-7 協議の際の留意点 54
2-4 必要図書と様式 55
   2-4-1 区域区分の見直しに必要な書類 55
2-5 市街化調整区域における土地利用の規制誘導手法 79
   2-5-1 市街化調整区域における計画課題の概説 79
   2-5-2 市街化調整区域における規制誘導手法 80
   2-5-3 既存法制度によらない自治体独自の取組み 89
   2-5-4 制度検討の方法と留意点 94
2-6 区域区分の廃止の考え方と留意点 97
   2-6-1 区域区分廃止の動機と廃止による影響の概説 97
   2-6-2 区域区分廃止の検討と留意点 98
第3章 都市計画区域外の土地利用コントロール
3-1 都市計画区域外における土地利用の規制誘導の検討方策 105
   3-1-1 都市計画区域外の概況 105
   3-1-2 都市計画区域外の土地利用の課題 105
   3-1-3 都市計画区域外における土地利用の規制誘導の概要 106
   3-1-4 農地や公園・緑地関連法による土地利用規制の概要 107
   3-1-5 都市計画区域外における土地利用規制のまとめ 109
3-2 準都市計画区域の意義と指定効果 110
   3-2-1 制度の意義 110
   3-2-2 指定効果 110
3-3 準都市計画区域の指定基準と計画立案 114
   3-3-1 準都市計画区域の指定基準 114
   3-3-2 準都市計画区域の指定範囲 114
   3-3-3 準都市計画区域の指定に関する留意点 115
   3-3-4 計画立案 119
3-4 準都市計画区域の指定手続 121
   3-4-1 準都市計画区域の指定・変更手続の概要 121
   3-4-2 必要図書 123
3-5 準都市計画区域の指定が想定される区域と留意点 124
3-6 条例による土地利用の規制誘導手法 127
   3-6-1 条例制定の背景 127
   3-6-2 都道府県における総合的な土地利用の規制誘導の実例 128
   3-6-3 市町村における総合的な土地利用調整の実例 130
   おわりに 135
   特別研究委員会一覧 137
   索引
第1章 都市計画区域
1-1 都市計画区域と準都市計画区域 3
   1-1-2 都市計画法改正の趣旨 3
6.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
Tatsuo Ohmachi, Emerlinda R. Roman, editors
出版情報: [Quezon City] : University of the Philippines Press, 2002  xii, 388 p. ; 24 cm.
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Acknowledgments
Preface
1- Introduction
   1.1 Ending the Cycle of Environmental Deterioration Tatsuo Ohmachi 3
   1.2 Necessities of Simulation and Policy Impact Analysis Kenji Doi and Hussein S. Lidasan 10
2- Political Economy of Environmental Issues
   2.1 Introduction Hiromu Shimizu 19
   2.2 Weak State and Strong Civil Society: Politics of the Clean Air Act Yutaka Katayama 21
   2.3 Building Bridges: Poverty, Customs and Environmental Politics Toru Nakanishi 38
   2.4 Housing Policies and Development in Asian Cities: Singapore, Hong Kong, Bangkok and Metro Manila Yoshiyuki Osakaya 48
3- Macro Simulation of Socioeconomies and the Environment: A Comprehensive Approach
   3.1 Introduction Kenji Doi 59
   3.2 Migration and Environmental Issues in Economic Development Toru Nakanishi 61
   3.3 Structural Analysis of Regional Economics of Metro Manila Based on the Interregional IO Table Francisco T. Secretario, Kwangmun Kim, Kenji Doi and Wataru Morishima 70
   3.4 Analysis of Energy Consumption and Environmental Burdens by an Interregional IO Table Yohji Uchiyama, Kazuhiko Nishimura and Kei Kawashima 87
   3.5 Utilizing IRIO in Interregional Transportation Policy: Methodology and Case Study in Japan Shoshi Mizokami 98
   3.6 Forecasting the Interaction System Between Urban Expansion and Motorization Masanobu Kii and Kenji Doi 112
4- Simulation of Environmental Rehabilitation in Highly Polluted Areas
   4.1 Introduction Tetsuo Yai 133
   4.2 Outline of Microscopic Road Traffic Simulation Tetsuo Yai and Karl N. Vergel 135
   4.3 Observation and Analysis of SPM Concentration in Makati Seiji Iwakura 149
   4.4 Local Wind System and 3D Dispersion of Polluted Air in Metro Manila Manabu Kanda 156
5- Simulation for Green Metropolis Rehabilitation
   5.1 Introduction Kazuhiko Takeuchi 171
   5.2 Trends in Spatial Extension and Land-Use Mixture in Metro Manila Akinobu Murakami, Kazuhiko Takeuchi, Atsushi Tsunekawa and Alinda M. Zain 174
   5.3 Distribution and Structure of Urban Green Spaces in Metro Manila Noriko Moriwake, Armando Palijon and Kazuhiko Takeuchi 185
   5.4 Carbon Circulation and Functions for the Development of Urban Green Spaces in Metro Manila Kaori Ono, Ai Meguro and Kenji Iiyama 199
   5.5 Southeast Asian High-Density Habitation and the Formation of a Comfortable Outdoor Thermal Environment Akira Hoyano, Seonghwan Yoon and Akinaru Iino 210
   5.6 Toward Creating a "Sustainable City" Akira Hoyano, Akinaru Iino and Seonghwan Yoon 222
6- A Scheme of Environmental Improvement by Recycling Organic Matter Between Urban and Rural Areas
   6.1 Introduction Tadaharu Ishikawa 241
   6.2 Basic Viewpoints for the Rehabilitation of Water Environment Tadaharu Ishikawa, Toru Nakanishi and Xin Qian 243
   6.3 Water-Related Problems in Urban Areas Tadaharu Ishikawa and Ken Ushijima 252
   6.4 Framework for Recycling Organic Waste Kenta Shinozawa, Ken Ushijima and Tetsuo Shimizu 267
   6.5 Circulation of Organic Matter Between Metro Manila and Pampanga Lahar-Affected Areas in Pinatubo Makiko Watanabe, Masao Yoshida and Hiroyuki Ohta 281
   6.6 Transport of Compost Tadaharu Ishikawa, Makiko Watanabe and Toru Nakanishi 294
7- Reduction of Risk of Natural Disaster in a Developing Urban Area
   7.1 Expansion of Damage Potential Area Due to Urban Sprawling Saburoh Midorikawa and Bartolome C. Bautista 301
   7.2 Estimation of Seismic Risk in Metro Manila Hiroaki Yamanaka, Saburoh Midorikawa, Yoshihiro Kinugasa, Bartolome C. Bautista and Rolly E. Rimando 308
   7.3 Estimation of Disaster Due to Strong Wind Tetsuro Tamura, Makoto Tsubokura, Shuyang Cao and Osamu Ohno 327
Appendices
   Panel Discussion 349
   Project Team Leaders and Members 373
   List of Contributors 379
Index 381
Acknowledgments
Preface
1- Introduction
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小林秀之編
出版情報: 東京 : 悠々社, 2001.10  308p ; 26cm
シリーズ名: 判例講義
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
発刊にあたって 小林秀之 1
本書の読み方 13
凡例 14
判例の学び方 小林秀之 16
民訴判例の最近の動き 小林秀之 18
判例へのアクセス 23
●民事訴訟の対象-訴訟と非訴-畑宏樹 25
   1 法律上の争訟{蓮華寺事件} 25
   2 部分社会と司法審査(1)-国立大学における単位授与{富山大学事件} 27
   3 部分社会と司法審査(2)-政党における内部処分{共産党袴田事件} 28
   4 訴訟と非訟(1)-夫婦同居の審判 29
   5 訴訟と非訟(2)-推定相続人の排除 31
● 訴訟上の権能の濫用-金子宏直 32
   6 訴訟上の権能の濫用(1)-訴権の濫用 32
   7 訴訟上の権能の濫用(2)-忌避権の濫用 34
   8 訴訟上の権能の濫用(3)-訴えの提起と不法行為 35
●信義則-金子宏直 37
   9 信義則(1)-争点形成 37
   10 信義則(2)-訴訟承継 39
   11 信義則(3)-当事者の確定 40
   12 信義則(4)-一部請求 42
●訴訟に要する費用-金子宏直 44
   13 訴訟に要する費用(1)-弁護士費用の請求 44
   14 訴訟に要する費用(2)-訴訟上の救助 45
●国際民事訴訟法-中村俊一郎 46
   15 裁判権の免除(1)-主権免除{新横田基地訴訟1審判決} 46
   16 裁判権の免除(2)-国際機関に対する免除{国連大学事件} 47
   17 国際裁判官轄権(1)-外国社会に対する国際裁判管轄{マレーシア航空事件} 48
   18 国際裁判管轄権(2)-特段の事情 50
   19 国際裁判管轄権(3)-国際裁判管轄の合意{チサダネ号事件} 51
   20 国際裁判管轄権(4)-離婚事件の国際裁判管轄 52
   21 渉外訴訟における当事者能力-承認を取り消された外国政府の当事者能力{光華寮事件} 54
   22 国際的訴訟競合{グードル事件} 55
   23 外国判決の承認(1)-相互の保証 57
   24 外国判決の承認(2)-離婚事件における送達 58
   25 外国判決の承認(3)-懲罰的損害賠償を命じる外国判決の承認{萬世工業事件} 59
●当事者の確定-川嶋四郎 61
   26 氏名冒用訴訟 61
   27 死者を当事者とする訴訟 63
   28 表示の訂正 64
●当事者能力-川嶋四郎 65
   29 民法上の組合の当事者能力 65
   30 当事者能力と登記請求権 66
   31 当事者能力と当事者適格の交錯 67
●当事者適格-川嶋四郎 68
   32 当事者適格-相続財産管理人 68
   33 選定当事者-共同の利益を有する者 70
   34 法定訴訟担当(1)-遺言執行者 71
   35 法定訴訟担当(2)-債権者代位権 72
   36 紛争管理権-豊前火力発電所建設差止請求訴訟 74
   37 任意的訴訟担当 76
   38 法人の内部紛争{銀閣寺事件} 78
   39 入会団体の当事者適格 80
●訴訟能力-佐藤鉄男 82
   40 意思能力 82
   41 訴訟能力-特別代理人 84
●訴訟代理-上北武男 85
   42 訴訟代理人の代理権の範囲 85
   43 訴訟代理人の訴訟上の地位 87
   44 弁護士による代理(1)-双方代理 88
   45 弁護士による代理(2)-懲戒処分 89
   46 非弁護士活動 90
●法人の代表-佐藤鉄男 91
   47 法人の代表-仮処分による職務代行者 91
   48 訴訟と法人代表者の表見代理 92
●裁判所の管轄-上北武男 93
   49 訴額の算定 93
   50 移送(1)-専属管轄の合意 95
   51 移送(2)-地家裁間の移送 98
   52 移送(3)-著しい損害・遅滞の内容 100
●裁判官の除斥・忌避・回避-佐藤鉄男 102
   53 裁判官の除斥事由-前審への関与 102
   54 裁判官の忌避事由 103
●請求の特定と訴えの変更-我妻学 104
   55 差止請求と請求の特定{新幹線訴訟} 104
   56 訴えの選択的併合 106
   57 訴えの変更 107
   58 訴えの交換的変更と旧訴の扱い 108
●境界確定訴訟-我妻学 109
   59 境界確定の訴え(1) 109
   60 境界確定の訴え(2) 110
   61 境界確定の訴えと当事者適格 111
●訴え提起の効果-我妻学 112
   62 時効の中断 112
   63 二重起訴と相殺の抗弁 113
   64 占有の訴えと本権の訴え 115
●訴えの取下げ-我妻学 116
   65 刑事上罰すべき他人の行為による訴えの取下げ 116
   66 裁判外の訴え取下げの合意の効力 117
   67 訴えの取下げと再訴の禁止 118
●訴訟上の和解-我妻学 119
   68 和解契約の解除と訴訟の終了 119
   69 訴訟上の和解と錯誤無効 120
●訴訟要件-萩澤達彦 121
   70 仲裁契約の成立 121
   71 仲裁の抗弁 122
●確認の訴えの利益-萩澤達彦 123
   72 遺言無効確認の利益 123
   73 消極的確認の利益 124
   74 遺産確認の利益 126
   75 子の死亡後の親子関係確認の利益 126
   76 離縁無効確認の利益 131
   77 法律上の争訟 132
   78 債務不存在確認の訴えの攻撃的性格 134
   79 特別受益財産と確認の利益 136
●給付の訴えの利益-萩澤達彦 138
   80 給付の訴え-登記請求訴訟 138
   81 将来給付の訴え{大阪国際空港事件} 140
   82 併合された将来給付の訴え-保険金請求 142
●形成の訴えの利益-萩澤達彦 143
   83 形成の訴えの利益の有無{ブリヂストン事件} 143
   84 株主総会決議取消しの訴え 144
●訴状の送達-西野喜一 145
   85 郵便に付する送達 145
   86 公示送達の不知と追完 146
●口頭弁論の準備-西野喜一 147
   87 準備書面に記載しない事実 147
●口頭弁論-西野喜一 148
   88 弁論の更新 148
   89 弁論の再開 149
   90 口頭弁論の終結 150
   91 不熱心原告への対応 151
●訴訟行為-原竹裕・小林秀之 152
   92 先行行為に矛盾する主張-訴訟上の信義則 152
   93 和解の訴訟上の効果と私法上の効果 153
●適時提出主義-原竹裕・小林秀之 154
   94 時機に後れた攻撃防御方法 154
●弁論主義-原竹裕・小林秀之 155
   95 当事者からの主張の要否(1)-所有権喪失事由 155
   96 当事者からの主張の要否(2)-代理人による契約締結 157
   97 当事者からの主張の要否(3)-公序良俗 158
   98 当事者からの主張の要否(4)-主要事実か間接事実か 159
   99 当事者からの主張の要否(5)-間接事実(否認理由に相当する事実) 160
   100 被告が主張した原告に有利な事実-当事者の主張の要否 161
   101 職権による過失相殺 162
   102 権利抗弁 163
●裁判所の釈明-原竹裕・小林秀之 164
   103 裁判所の釈明権 164
   104 釈明義務 165
   105 法的観点指摘義務 166
   106 法的観点指摘義務と既判力の縮小 167
●資料・証拠の収集-町村泰貴 168
   107 模索的証明 168
   108 情報の収集-弁護士法23条の2の照会 170
   109 診療録の証拠保全の要件 171
   110 文書提出命令(1)-第三者の所持する診療録 173
   111 文書提出命令(2)-銀行の貸出稟議書 175
   112 文書提出命令(3)-文書提出義務と技術または職業の秘密および証拠の必要性と不服申立て 178
   113 行政庁の所持する文書と提出命令 180
   114 文書提出の命令の不遵守 182
●自白-高田昌宏・伊東俊明 183
   115 擬制自白 183
   116 先行自白 184
   117 間接事実の自白 186
   118 補助事実の自白-文書の真正 187
   119 権利自白 189
   120 過失の自認の効力 191
●証明責任-高田昌宏 192
   121 証明責任の分配(1)-準消費賃貸契約 192
   122 証明責任の分配(2)-安全配慮義務 194
   123 証明責任の分配(3)-背信行為と認めるに足りない特段の事情 196
   124 証明責任の分配(4)-履行不能の帰貴事由 197
   125 事案解明義務 198
   126 心証度による損害額の認定 200
   127 証明責任の転換-証明妨害 202
●訴訟における証明・事実認定-近藤隆司 204
   128 訴訟上の証明{ルンバール・ショック事件} 204
   129 集団訴訟における証明{大阪空港訴訟} 207
   130 統計学的立証の可否{鶴岡灯油訴訟} 208
   131 概括的認定-過失の一応の推定 209
   132 事実上の推定 210
   133 父子関係の認定-不貞の抗弁、間接反証 211
   134 弁論の全趣旨 212
●証拠手続-近藤隆司 213
   135 反対尋問の保障 213
   136 弁論の併合と証拠調べの結果の援用 214
   137 無断(秘密)録音テープの証拠能力 215
●証拠調べ-町村泰貴 216
   138 唯一の証拠方法の申出とその採否 216
   139 証言拒絶権(1)-企業秘密 217
   140 証言拒絶権(2)-新聞記者の取材源 218
   141 磁気テープの証拠調べ 220
   142 文書真正の推定 222
●通常共同訴訟-中西正 223
   143 通常共同訴訟人独立の原則-当然の補助参加 223
●必要的共同訴訟-中西正 224
   144 固有必要的共同訴訟(1)-入会権に基づく訴え 224
   145 固有必要的共同訴訟(2)-被告側の共同相続 226
   146 固有必要的共同訴訟(3)-遺産確認の訴え 227
   147 固有必要的共同訴訟(4)-前婚の無効確認と後婚の取消し 228
   148 固有必要的共同訴訟(5)-訴えの取下げ 229
   149 必要的共同訴訟と上訴 230
●主観的併合-中西正 231
   150 主観的予備的併合 231
   151 主観的追加的併合 233
●補助参加-間渕清史・藪口康夫 234
   152 補助参加の利益 234
   153 補助参加の態様 235
   154 補助参加人に対する判決の効力 236
   155 訴訟告知と参加的効力 237
   156 共同訴訟的補助参加 238
   157 株主代表訴訟と補助参加 239
●独立当事者参加-三木浩一 240
   158 独立当事者参加の構造-片面的独立当事者参加 240
   159 独立当事者参加の可否 243
   160 債権者代位訴訟と独立当事者参加 244
   161 上告審での独立当事者参加 245
   162 敗訴者の1人による上訴 246
●共同訴訟参加-藤本利一 247
   163 共同訴訟参加と当事者適格 247
●訴訟承継-藤本利一 248
   164 訴訟の終了-養子縁組取消訴訟 248
   165 訴訟承継-権利譲渡人からの引受申立て 249
   166 訴訟承継制度-義務者の参加申立て 250
   167 引受承継人の範囲 251
●申立事項と判決事項-坂田宏 252
   168 引換給付判決-立退料の支払いと引換えの建物明渡判決 252
   169 消極的確認訴訟における申立事項-定額を越える債務不存在確認訴訟の意味 254
●判決効の時的・客観的範囲-高地茂世 255
   170 既判力の時的限界(1)-取消権 255
   171 既判力の時的限界(2)-白地手形 256
   172 建物買取請求権と既判力-遮断効 257
   173 必要的共同訴訟と既判力-遮断効 258
   174 争点効 260
   175 限定承認の蒸し返し-既判力に準ずる効力 261
   176 一部請求-明示の場合 262
   177 後遺症による損害額の増大 263
   178 将来の給付判決における増額請求-事情変更 265
   179 確定判決の騙取 266
   180 信義則-判決の効力 267
●判決効の主観的範囲-坂田宏 268
   181 口頭弁論終結後の承継人-既判力の主観的範囲 268
   182 請求の目的物の所持人-実質的当事者に対する民訴法115条1項4号の類推適用 270
   183 法人格否認の法理-法人格否認の場合における判決の既判力・執行力拡張の否定 271
   184 判決の反射効(1)-保証人敗訴判決確定後の主債務者勝訴の確定判決の保証人による援用 272
   185 判決の反射効(2)-共同不法行為者の1人がした相殺 273
   186 形成力の発生時期-詐害行為取消判決による取消しの効果の発生時期 274
●上訴の利益-宇野聡 275
   187 上訴の利益(1) 275
   188 上訴の利益(2) 276
●上訴審の審判の範囲-宇野聡 277
   189 上訴審の審判の範囲-予備的請求 277
   190 一部請求と相殺、不利益変更禁止 278
   191 不服の限度-上訴しない当事者の請求 279
   192 不利益変更の禁止 280
●控訴審の手続-宇野聡 281
   193 第1審結果の陳述 281
   194 必要的差戻し 282
   195 控訴審での反訴 283
●上告審の手続-佐野裕志 284
   196 経験則違反と上告 284
   197 再審事由と上告理由 285
   198 審理不尽という上告理由 286
   199 破棄判決の拘束力(1)-法律上の判断 288
   200 破棄判決の拘束力(2)-事実上の判断 290
   201 違式の裁判 291
●再審の手続-佐野裕志 292
   202 再審の原告適格 292
   203 再審の補充性 294
   204 再審期間の始期 296
   205 再審と有罪の証拠 298
   判例索引 299
   執筆者紹介
発刊にあたって 小林秀之 1
本書の読み方 13
凡例 14
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
渡辺千仭編
出版情報: 東京 : 日科技連出版社, 2001.11  vii, 284p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに iii
第I部 技術革新の計量分析の基礎 1
第1章 技術革新論の系譜 2
   1.1 技術革新論の今日的意義 2
   1.2 技術革新論の概念 3
   1.3 技術革新論の発展 5
第2章 技術革新の計量分析 7
   2.1 成長モデル 7
   2.2 生産性・競争力 7
   2.3 技術革新の計量分析の基本 15
第3章 技術革新の発展分析 25
   3.1 技術の普及 25
   3.2 学習効果 30
   3.3 技術のスピルオーバー 34
   3.4 研究開発投資のリターン 40
   3.5 産業技術政策・技術経営戦略 51
参考文献 60
第II部 国民経済分析に基づいたデータの構築 65
第1章 データ構築の目的 66
   1.1 データ構築の意義 66
   1.2 データ構築の基本フレーム 66
第2章 データ構築 72
   2.1 基本分析データ 72
   2.2 発展分析データ 78
第3章 基本的な計量分析 91
   3.1 成長における労働・資本・技術進歩の計測 91
   3.2 潜在成長率 95
   3.3 生産要素の代替・補完 100
   3.4 情報化の経済への影響 105
参考文献 117
第III部 実際的計量分析事例 119
第1章 技術の伝播に関する実証分析 120
   1.1 はじめに 120
   1.2 分析手法 121
   1.3 分析結果とその評価 128
   1.4 結論 135
第2章 学習効果に関する実証分析 136
   2.1 はじめに 136
   2.2 分析の枠組み 138
   2.3 太陽電池開発への業際的な広範な取り組み 140
   2.4 学習効果と企業間の技術スピルオーバー 146
   2.5 研究開発・市場拡大・学習・価格低下の間の好循環サイクル 154
   2.6 結論 157
第3章 スピルオーバー技術に関する実証分析 158
   3.1 はじめに 158
   3.2 実証分析 159
   3.3 分析結果とその評価 163
   3.4 結論 172
第4章 研究開発投資のリターンに関する実証分析 174
   4.1 はじめに 174
   4.2 分析手法 181
   4.3 分析結果とその評価 189
   4.4 結論 203
第5章 産業技術政策に関する実証分析 205
   5.1 はじめに 205
   5.2 政府主導研究開発コンソーシアムのシステム評価 207
   5.3 分析手法 211
   5.4 分析結果 216
   5.5 結論 227
参考文献 230
付録 235
   データ構築に関する補足 235
   データ一覧 248
索引 281
はじめに iii
第I部 技術革新の計量分析の基礎 1
第1章 技術革新論の系譜 2
9.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
editors, Susumu Saito ... [et al.]
出版情報: Melville, N.Y. : American Institute of Physics, c2001  xix, 556 p. ; 25 cm
シリーズ名: AIP conference proceedings ; 590
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface
Symposium Organization
Conference Photograph
I. NANOTUBES: SYNTHESIS
   SWNTs Synthesized in External Magnetic Field B. Jeyadevan, Y. Sato, K. Tohji, A. Kasuya, R. Hatakeyama, H. Ishida, N. Sato, K. Ueno, and T. Takagi 3
   Production of Thick Single-Walled Carbon Nanotubes by Arc Discharge in Hydrogen Ambience Y. Ando, X. Zhao, K. Hirahara, and S. Iijima 7
   Production and Measurements of Isolated Single-Wall Carbon Nanotubes S. Arepalli, P. Nikolaev, W. Holmes, V. Hadjiev, and B. Files 11
   In-Situ Spectroelectrochemical Study of Single-Wall Carbon Nanotubes S. Kazaoui, N. Minami, N. Matsuda, H. Kataura, and Y. Achiba 15
   Synthesis of Carbon Nanocoils Using Electroplated Iron Catalyst L. Pan, M. Zhang, A. Harada, Y. Takano, and Y. Nakayama 19
   Preparation of Carbon Nanotubes by Using Mesoporous Silica S. Kawasaki, S. Komiyama, S. Ohmori, A. Yao, F. Okino, and H. Touhara 23
   Gas Dynamic and Time Resolved Imaging Studies of Single-Wall Carbon Nanotubes Growth in the Laser Ablation Process R. Sen, S. Suzuki, H. Kataura, and Y. Achiba 27
   New Simple Method of Carbon Nanotube Fabrication Using Welding Torch H. Takikawa, Y. Tao, Y. Hibi, R. Miyano, T. Sakakibara, Y. Ando, S. Ito, K. Hirahara, and S. Iijima 31
   Temperature and Time Dependence of the Growth of Carbon Nanotubes by Thermal Chemical Vapor Deposition H.J. Jeong, Y.M. Shin, K.S. Kim, S.Y. Jeong, Y.S. Park, Y.C. Choi, and Y.H. Lee 35
   Effect of Ni-Surface Morphology on the Growth of Carbon Nanotubes by Microwave Plasma-Enhanced Chemical Vapor Deposition Y.C. Choi, Y.M. Shin, H.J. Jeong, D.J. Bae, S.C. Lim, K.H. An, and Y.H. Lee 39
   Growth Mechanism of Carbon Nanotubes Grown by Microwave Plasma-Assisted Chemical Vapor Deposition T. Muneyoshi, M. Okai, T. Yaguchi, and S. Sasaki 43
   Automation of Purification for Single-Walled Nanotubes T. Ogawa, Y. Sato, K. Shinoda, B. Jeyadevan, K. Tohji, A. Kasuya, and Y. Nishina 47
   Time and Space Evolution of Carbon Species Generated with a Laser Furnace Technique S. Suzuki, H. Yamaguchi, R. Sen, H. Kataura, W. Kraetschmer, and Y. Achiba 51
   Synthesis of Vertically Aligned Carbon Nanotubes on a Large Area Using Thermal Chemical Vapor Deposition C.J. Lee, K.H. Son, T.J. Lee, S.C. Lyu, and J.E. Yoo 55
   Synthesis of Aligned Carbon Nanotubes by C2H2 Decomposition on Fe(CO)5 as a Catalyst Precursor J.H. Han, J.E. Yoo, S.C. Yoo, C.J. Lee, and K.-H. Lee 59
   Formation of Radioactive Fullerenes by Using Nuclear Recoil T Ohtsuki, K. Ohno, K. Shiga, Y. Kawazoe, Y. Maruyama, K. Shikano, and K. Masumoto 63
   Open Nanotubes of Insulating Boron Nitride D. Golberg, Y. Bando, K. Kurashima, and T. Sato 67
   Inter-Process Measurement of MWNT Rigidity and Fabrication of MWNT Junctions Through Nanorobotic Manipulations L. Dong, F. Arai, and T. Fukuda 71
   Selective Lateral Nano-Bridging of Carbon Nanowire between Catalytic Contact Electrodes Y.H. Lee, Y.T. Jang, C.H. Choi, E.K. Kim, B.K. Ju, D.H. Kim, C.W. Lee, J.K. Shin, and S.T. Kim 75
II. NANOTUBES: ELECTRONIC AND MECHANICAL PROPERTIES
   Quantum Oscillations for the Spectral Moments of Raman Spectra from SWCNT H. Kuzmany, M. Hulman, W. Plank, A. Grueneis, C. Kramberger, H. Peterlik, T. Pichler, H. Kataura, and Y. Achiba 81
   Electronic Structure Studies of Carbon Nanotubes: Aligned, Doped, and Filled J. Fink, X. Liu, H. Peisert, T. Pichler, M. Knupfer, M.S. Golden, D.M. Walters, and H. Kataura 87
   Lithium Storage in Single Wall Carbon Nanotubes B. Gao, H. Shimoda, X.P. Tang, A. Kleinhammes, L. Fleming, Y. Wu, and O. Zhou 95
   Electronic Structure and Quantum Conductance of Nanotube Structures: Defects, Crossed-Tube Junctions, and Nanopeapods S.G. Louise 101
   Electromechanical Properties of Multiwall Carbon Nanotubes A. Zettl and J. Cumings 107
   Field Emission from Carbon Nanotubes with Clean Surface and Adsorbed Molecules K. Hata, A. Takakura, and Y. Saito 113
   Hydrogen Insertion and Extraction Mechanism in Single-Walled Carbon Nanotubes S.M. Lee, Y.H. Lee, G. Seifert, and T. Frauenheim 117
   Optical Anisotropy of Aligned Single-Walled Carbon Nanotubes in Polymer M. Ichida, S. Mizuno, H. Kataura, Y. Achiba, and A. Nakamura 121
   Polarized Absorption Spectra of 0.4nm-Sized Single-Wall Carbon Nanotube Arrays Formed in Channels of A1PO4-5 Single Crystals Z.K. Tang, Z.M. Li, G.D. Li, N. Wang, H.J. Liu, and C.T. Chan 125
   Structural (n,m) Determination of Isolated Single Wall Carbon Nanotubes by Resonant Raman Scattering A. Jorio, R. Saito, J.H. Hafner, C.M. Lieber, M. Hunter, T. McClure, G. Dresselhaus, and M.S. Dresselhaus 129
   High Energy-Resolution EELS Study of The Electronic Structure of Boron Nitride Cones M. Terauchi, M. Kawana, M. Tanaka, K. Suzuki, A. Ogino, and K. Kimura 133
   Electrical Contact with Titanium Carbide to an Individual Single-Walled Carbon Nanotube F. Nihey, T. Ichihashi, M. Yudasaka, and S. Iijima 137
   Multiwalled Carbon Nanotubes as Single Electron Transistors M. Ahlskog, R. Tarkiainen, L. Roschier, M. Paalanen, and P. Hakonen 141
   Conduction Mechanism in Multiwall Carbon Nanotubes S. Roche, F. Triozon, D. Mayou, and A. Rubio 145
   Electrical Transport through Crossed Carbon Nanotube Junctions T. Nakanishi and T. Ando 149
   Energy Barriers in Carbon Nanotube Junctions R. Tamura and M. Tsukada 153
   Scanning Tunneling Spectroscopic Characterization of Single Walled Carbon Nanotubes in Bundles K. Suzuki, Y. Maruyama, M. Nagayama, T. Kumagai, F. Kosha, K. Tohji, H. Takahashi, A. Kasuya, and Y. Nishina 157
   Estimation of the Mechanical Strength of Nanotube Bundle Y. Nishina, T. Maeda, A. Kasuya, K. Tohji, and Y. Sato 161
   Optical Properties of Fullerene-Peapods H. Kataura, T. Kodama, K Kikuchi, K. Hirahara, S. Iijima, S. Suzuki, W. Kraetschmer, and Y. Achiba 165
   Electron Transport in Carbon Nanotubes Encapsulating Fullerenes D-H. Kim, H-S. Sim, and K.J. Chang 169
   Electronic Structure and Energetics of Carbon Nanotubes Encapsulating C60 S. Okada, S. Saito, A. Oshiyama, and Y. Miyamoto 173
   Intercalation of SWNTs as Investigated by Raman and X-ray Photoemission Spectroscopy T. Ito, Y. Yatsu, H. Fudo, Y. Iwasa, T. Mitani, H. Kataura, and Y. Achiba 177
   Adsorption and Desorption of Weakly Bonded Adsorbates from Single-Wall Carbon Nanotube Bundles T. Hertel, J. Kriebel, G. Moos, and R. Fasel 181
   Chirality Dependent G-Band Raman Intensity of an Individual Single Wall Carbon Nanotube R. Saito, A. Jorio, J.H. Hafner, C.M. Lieber, M. Hunter, T. McClure, G. Dresselhaus, and M.S. Dresselhaus 185
   Photoconductivity of Single-Walled Carbon Nanotubes A. Fujiwara, Y. Matsuoka, H. Suematsu, N. Ogawa, K. Miyano, H. Kataura, Y. Maniwa, S. Suzuki, and Y. Achiba 189
   Electronic Structure of Multi-Walled Carbon Nanotubes Studied by Photoemission Spectroscopy S. Suzuki, C. Bower, Y. Watanabe, S. Heun, T. Kiyokura, K.G, Nath, T. Ogino, W. Zhu, and O. Zhou 193
   STM/STS on Carbon Nanotubes at Low Temperature K. Nomura, M. Osawa, K. Ichimura, H. Kataura, Y. Maniwa, S. Suzuki, and Y. Achiba 197
   Dielectric Function of C60-Encapsulating Nanotube N. Hamada, M. Yamaji, S. Okada, and S. Saito 201
   Structural and Electronic Property Changes of Single-Walled Carbon Nanotubes under Pressure L.C. Qin, J. Tang, T. Sasaki, M. Yudasaka, A. Matsushita, and S. Iijima 205
   Preparation of Mechanically Aligned Carbon Nanotube Films and Their Anisotropic Transport Phenomena D.J. Bae, K.S. Kim, Y.S. Park, K.H. An, J.M. Moon, S.C. Lim, and Y.H. Lee 209
   Polarization Characteristics of Zeolite Single Crystals Containing Carbon Nanotubes N. Nagasawa, I. Kudryashov, S. Tsuda, and Z.K. Tang 213
   Electromechanical Hydrogen Storage in Single-Walled Carbon Nanotubes W.S. Kim, K.H. An, Y.S. Park, and Y.H. Lee 217
   Saturation of Emission Current from Carbon Nanotube Field Emission Array S.C. Lim, H.J. Jeong, Y.M. Shin, K.S. Kim, W.S. Kim, Y.S. Park, Y.C. Choi, K.H. An, D.J. Bae, and Y.H. Lee 221
   Characteristic Interactions of Gases in Solid Carbon Nanotubes C.W. Jin, K. Ichimura, K. Imaeda, and H. Inokuchi 225
   Chemical Interaction of Rare Gases in Solid Carbon Nanotubes K. Ichimura, K. Imaeda, and H. Inokuchi 229
   The Effect of Solvent on Electrical Transport Properties in Single-Wall Carbon Nanotubes S. Masubuchi, H. Masubuchi, S. Kazama, H. Kataura, Y. Maniwa, S. Suzuki, and Y. Achiba 233
   Analysis of C60 Insertion into Single Wall Carbon Nanotube by Molecular Dynamics Simulation T. Ishii, K. Esfarjani, Y. Hashi, Y. Kawazoe, and S. Iijima 237
   Supercapacitors Using Singlewalled Carbon Nanotube Electrodes K.H. An, W.S. Kim, Y.S. Park, H.J. Jeong, Y.C. Choi, J.M. Moon, D.J. Bae, S.C. Lim, and Y.H. Lee 241
   Resonances in Deformed Carbon Nanotubes H.S. Sim, C.J. Park, and K.J. Chang 245
   Electrochemical Lithium Insertion of Heat Treated and Chemically Modified Multi-Wall Carbon Nanotubes H. Touhara, I. Mukhopadhyay, F. Okino, S. Kawasaki, T. Kyotani, A. Tomita, and W.K. Hsu 249
   Spin Valve Effect in Magnetically Doped Nanotube-Based Transistors K. Esfarjani, Z. Chen, A.A. Farajian, and Y. Kawazoe 253
   Charge Oscillation at Doped Nanotube Junctions A.A. Farajian, K. Esfarjani, and M. Mikami 257
   Effective-Mass Theory of Capped Carbon Nanotubes T. Yaguchi and T. Ando 261
   Observation of Coulomb Blockade in a Ti/Multi-Wall Carbon Nanotube/Ti Structure A. Kanda, K. Tsukagoshi, Y. Ootuka, and Y. Aoyagi 265
   Energy Gap Induced by Lattice Deformation in Carbon Nanotubes H. Suzuura and T. Ando 269
   Low Temperature Magneto-Transport in Multi-Wall Carbon Nanotubes R. Enomoto, N. Aoki, K. Ishibashi, and Y. Ochiai 273
   Structural Transformation in Single Wall Carbon Nanotube Bundles V. Kumar, M. Sluiter, and Y. Kawazoe 277
   In-situ Atomistic Observation of Carbon Nanotube during Field Emission T. Kuzumaki, Y. Horiike, and T. Kizuka 281
   Processing of Individual Carbon Nanotubes - Cutting and Joining T. Kizuka and T. Kuzumaki 285
III. FULLERENES AND FULLERIDES
   C60 as Building Block for New Interesting Carbon Structures and Species W. Kraetschmer 291
   Superconductivity in Fullerene Systems M.L. Cohen 297
   Electronic Structure of Ba4C60 and Cs4C60 K. Umemoto and S. Saito 305
   EPR in RbC60 Under Pressure S. Kobayashi, H. Sakamoto, K. Mizoguchi, M. Kosaka, and K. Tanigaki 309
   Behaviors of Metals in Production of Nanonetwork Materials Investigated by Radiochemical Technique K. Sueki, K. Akiyama, C. Kurata, K. Oogama, Y.L. Zhao, M. Katada, S. Enomoto, S. Ambe, F. Ambe, H. Nakahara, and K. Kikuchi 313
   Ferromagnetic Transition in Europium Fullerides EuxSr6-xC60 K. Ishii, A. Fujiwara, H. Suematsu, and Y. Kubozono 317
   C60 Molecular Configurations Leading to Ferromagnetic Exchange Interactions in TDAE-C60 B. Narymbetov, A. Omerzu, V.V. Kabanov, M. Tokumoto, H. Kobayashi, and D. Mihailovic 321
   Metallic Phases in Sodium Fulleride NaxC70 T. Hara, M. Kobayashi, Y. Akahama, and H. Kawamura 325
   Production of C59N: C60 Solid Solution F. Fueloep, A. Rockenbauer, F. Simon, S. Pekker, L. Korecq, S. Garaj, and A. Janossy 329
   Dynamic Jahn-Teller Mechanism of Superconductivity in Alkali-Metal-Doped C60 S. Suzuki, S. Okada, and K. Nakao 333
   Theoretical Study on the Photoemission Spectra of A3C60 (A=K and Rb) T. Chida, S. Suzuki, and K. Nakao 337
   Phase Diagrams of Alkali-Metal-Doped C60: Spin- and Orbital-Polarized States J. Hirosawa, S. Suzuki, and K. Nakao 341
   Study on the Physical Properties of Na4C60 Y. Takabayashi, Y. Kubozono, S. Fujiki, S. Kashino, K. Ishii, H. Suematsu, and H. Ogata 345
   Fabrication of C60/Amorphous Carbon Superlattice Structures N. Kojima, Y. Ohshita, and M. Yamaguchi 349
   AC Conductivity of Alkali Doped C60 Compounds Across the Superconductor-Insulator Transition A. Maeda, H. Kitano, R. Matsuo, K. Miwa, T. Takenobu, Y. Iwasa, and T. Mitani 353
   Study of the Origin of Pressure-Induced Superconductivity of Cs3C60 S. Fujiki, Y. Kubozono, Y. Takabayashi, S. Kashino, M. Kobayashi, K. Ishii, and H. Suematsu 357
   Structure and Properties of RE2.75C60 J. Takeuchi, K. Tanigaki, and B. Gogia 361
   Unusual Magnetic Properties of High-Temperature Reaction Products of Cerium Metal and C60 Solid S. Motohashi, Y. Maruyama, K. Watanabe, K. Suzuki, S. Takagi, and H. Ogata 365
   NMR Studies of Ammoniated Alkali Fullerides H. Tou, N. Muroga, Y. Maniwa, T. Takenobu, H. Shimoda, Y. Iwasa, and T. Mitani 369
   Orientational and Magnetic Transitions in Ammoniated Alkali Metal Fullerides T. Takenobu, M. Miyake, T. Muro, Y. Iwasa, and T. Mitani 373
   NMR Studies of Alkali-Doped C60 Superconductors with Small Lattice Constants K. Kitazume, H. Tou, Y. Maniwa, M. Kosaka, and K. Tanigaki 377
   Magnetic Properties of TDAE-C60 under Pressure K. Mizoguchi, M. Machino, H. Sakamoto, T. Kawamoto, M. Tokumoto, A. Omerzu, and D. Mihailovic 381
   Synthesis and Structure of Alkaline Earth and Rare Earth Metal Doped C70 T. Takenobu, Y. Iwasa, T. Ito, and T. Mitani 385
   Structural and Physical Properties of Lithium Fullerides LixC70 H. Kumada, M. Kobayashi, Y. Akahama, and H. Kawamura 389
   The Structural and Magnetic Properties in TDAE-Fullerene System K. Oshima, Y. Nogami, T. Kambe, N. Nagao, and M. Fujiwara 393
   Synthesis and Structure of All-Carbon Bisfullerene C121 H. Shimotani, J. Wang, N. Dragoe, and K. Kitazawa 397
   Photoinduced Polymerization in Crystalline C60 via Multi-Photoexcitation: Lattice-Relaxation and Energy-Transfer of Excitons M. Suzuki 401
   The Morphology of Vapor Grown C60 Crystals as an Ideal Example of the Gibbs-Wulff's Law E. Schoenherr, K. Matsumoto, and K. Murakami 405
   Synthesis and Crystal Structure of Cocrystallite with Silver Octaethylporphyrin and C70 T. Ishii, R. Kanehama, N. Aizawa, M. Yamashita, H. Matsuzaka, H. Miyasaka, T. Kodama, K. Kikuchi, I. Ikemoto, Y. Iwasa, and M. Shiro 409
   Photosensitized Oxygenation of Alkenes in the Presence of Bisazafullerene (C59N)2 and Hydroazafullerene C59HN N. Tagmatarchis and H. Shinohara 413
   Transition of the Heterofullerene (C59N)X to the Monomeric Phase of C59N W. Plank, T. Pichler, S. Baes-Fischlmair, M. Krause, H. Kuzmany, N. Tagmatarchis, and H. Shinohara 417
   Survey of Natural Fullerenes in Southwestern China E. Osawa, M. Ozawa, K. Chijiwa, K. Hoyanagi, K. Tanaka, and M. Kusunoki 421
   Effect of Chemical Treatment on the Structure of Ultradisperse Diamond and Onion-Like Carbon A.E. Alexenskii, M.V. Baidakova, A.T. Dideikin, V.Y. Osipov, E. Osawa, M. Ozawa, A.I. Shames, V.I. Siklitsky, and A.Y. Vul' 425
   Studies of Porphyrin-Fullerene Dyads with Oligoethylene Glycols Spacers in Solution R. Ogura, T. Toida, K. Tsunoda, H. Yajima, and T. Ishii 429
   Magnetic-Field Induced Ferromagnetism in Bissilylated C60 by Pyrolysis Y. Kajihara, K. Tanigaki, and T. Akasaka 433
   Characterization of Actinide Metallofullerenes K. Akiyama, K. Sueki, Y.L. Zhao, H. Haba, K. Tsukada, T. Kodama, K. Kikuchi, T. Ohtsuki, Y. Nagame, H. Nakahara, and M. Katada 437
IV. FULLERENE POLYMERS
   NMR Studies of Alkali-Doped C60 Polymers Y. Maniwa, H. Ikejiri, H. Tou, S. Masabuchi, S. Kazama, M. Yasukawa, and S. Yamanaka 443
   Dimer Structure of Sm3C70 H.C. Dam, X.H. Chen, T. Takenobu, T. Itou, Y. Iwasa, T. Mitani, E. Nishibori, M. Takata, and M. Sakata 447
   Photopolymerization of C60 Crystal under High Pressure M. Sakai, M. Ichida, and A. Nakamura 451
   Out-of-Plane and In-Plane Structures of the Cast Films of Long Alkyl Chain-Linked C60 via Phenyl Ring M. Chikamatsu, K. Kikuchi, T. Kodama, H. Nishikawa, I. Ikemoto, N. Yoshimoto, T. Hanada, Y. Yoshida, N. Tanigaki, and K. Yase 455
V. ENDOHEDRALS
   Structure of IPR-Violated Fullerene, Sc2@C66 E. Nishibori, M. Takata, M. Sakata, C.R. Wang, M. Inakuma, and H. Shinohara 461
   Chemistry of Endohedral Metallofullerene Ions T. Akasaka, T. Wakahara, S. Nagase, K. Kobayashi, M. Waelchli, K. Yamamoto, M. Kondo, S. Shirakura, Y. Maeda, T. Kato, M. Kako, Y. Nakadaira, X. Gao, E. Van Caemelbecke, and K.M. Kadish 465
   Spin Dynamics of Lanthanum Metallofullerenes S. Okubo and T. Kato 469
   Valence Change of Tm Atom in Metallofullenes K. Kikuchi, K. Sakaguchi, N. Ozawa, T. Kodama, H. Nishikawa, I. Ikemoto, K. Kohdate, D. Matsumura, T. Yokoyama, and T. Ohta 473
   Electronic Structure of Eu@C60 S. Suzuki, M. Kushida, S. Amamiya, S. Okada, and K. Nakao 477
   Electronic Structures of the La@C82 Crystals by the Relativistic LCAO Method S. Amamiya, S. Okada, S. Suzuki, and K. Nakao 481
   Low-Energy Electron Energy Loss Spectroscopy of Monolayer and Thick La@C82 Films Grown on MoS2 Substrates K. Ueno, Y. Uchino, K. Iizumi, A. Koma, K. Saiki, Y. Inada, K. Nagai, Y. Iwasa, and T. Mitani 485
   Photophysical and Photochemical Properties of Higher Fullerenes and Endohedral Metallofullerenes O. Ito, M. Fujitsuka, T. Akasaka, and K. Yamamoto 489
VI. CLATHRATES
   Silicon and Germanium Clathrates with Magnetic Elements K. Tanigaki, T. Kawaguchi, A. Nagai, and M. Yasukawa 495
   A New Silicon Clathrate Compound: I8Si46-xIx E. Reny, S. Yamanaka, C. Cros, and M. Pouchard 499
   NMR Studies of Silicon Clathrate Compounds H. Sakamoto, H. Tou, Y. Maniwa, H. Ishii, E. Reny, and S. Yamanaka 503
   A Sign of Superconductivity in Li-Doped αーRhombohedral Boron A. Oguri, K. Kimura, A. Fujiwara, M. Terauchi, and M. Tanaka 507
VII. OTHER MOLECULAR MATERIALS
   Laser Induced Dissociation of Linear C6 and Reorientation of Trapping Sites in Solid Neon T. Wakabayashi, A. L. Ong, and W. Kraetschmer 513
   Spiral Carbon Nanoparticles M. Ozawa, E. Osawa, and H. Goto 517
   Electronic Structures of Carbyne Model Compounds S. Hino, Y. Okada, K. Iwasaki, M. Kijima, and H. Shirakawa 521
   Magnetic Properties of K-Absorbing Zeolite LTA H. Kira, H. Tou, Y. Maniwa, and Y. Murakami 525
   Mechanism of Magnetism in Stacked Nanographite: Theoretical Study K. Harigaya, N. Kawatsu, and T. Enoki 529
List of Participants 533
Author Index 551
Preface
Symposium Organization
Conference Photograph
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
鯵坂恒夫, 佐伯元司著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2001.11  x, 217p ; 22cm
シリーズ名: ソフトウェアテクノロジーシリーズ ; 7 . プロセスと環境トラック||プロセス ト カンキョウ トラック
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 はじめに 1
第2章 ソフトウェア開発方法論 5
   2.1 方法論とは? 5
   2.2 要求分析・設計段階の方法論:概説 6
   2.3 要求獲得の方法論 15
   2.3.1 情報収集 15
   2.3.2 対策立案 16
   2.3.3 ネゴシエーションの支援 20
   2.4 構造化手法 21
   2.4.1 構造化分析法 21
   2.4.2 実時間システム用の構造化分析法 26
   2.4.3 構造化設計法 28
   2.4.4 ステートチャートとステートメイト 33
   2.5 データ指向的手法 37
   2.6 ジャクソンシステム開発法 39
   2.7 オブジェクト指向的手法 42
   2.7.1 概説 42
   2.7.2 UMLとUnified Process 43
第3章 ソフトウェア開発の計算機支援 55
   3.1 ソフトウェア開発ツール 56
   3.2 方法論主導のCASE 60
第4章 方法論と環境の工学 63
   4.1 方法論のための工学 63
   4.2 環境のための工学 66
第5章 開発環境の設計 69
   5.1 開発環境の開放性 69
   5.2 開発環境における統合技術 72
   5.3 データ統合 75
   5.4 制御統合 76
   5.4.1 コミュニケーションサービス 76
   5.4.2 制御の内容規定 77
   5.4.3 ソフトウェアバス 78
   5.4.4 オブジェクトリクエストブローカ 78
   5.5 ユーザインタフェース統合 81
   5.6 プロセス統合 82
   5.6.1 プロセスエンジン 82
   5.6.2 作業項目標準 83
   5.7 協調作業統合 87
第6章 ソフトウェアリポジトリ 89
   6.1 オブジェクトとリンク 90
   6.2 スキーマ 92
   6.3 コンテンツ 94
   6.4 プロセスとアクティビティ 95
   6.5 リポジトリの分散と透過性 96
   6.6 ツールのリポジトリ対応 97
   6.7 情報資源辞書 98
第7章 メタモデリング 101
   7.1 メタモデリング序論 101
   7.2 実体関連モデル 102
   7.3 オブジェクト指向モデルとリフレクティブモデル 106
   7.4 形式文法 108
   7.5 形式的手法 117
   7.6 専用言語:MEL 120
   7.7 メタレベル階層とMOF 122
   7.8 メタモデルとXMI 124
   7.9 メタモデリング手法の比較 133
第8章 ソフトウェアの意味モデル 135
   8.1 ソフトウェアの意味情報 135
   8.2 データ交換言語 137
   8.3 局面に依存しないソフトウェアの意味情報 139
   8.3.1 概念情報・関係情報の工学的意義 139
   8.3.2 概念情報・関係情報の体系 140
   8.3.3 ソフトウェアクォークモデル 140
   8.4 意味モデルに基づくミドルウェア 145
   8.4.1 ミドルウェアとは 145
   8.4.2 ユーザインタフェース機能のための情報意味モデル 147
第9章 方法論の形式的意味論 153
   9.1 プロダクトの形式的な意味 153
   9.2 オントロジの使用 160
第10章 方法論の分析と評価 165
   10.1 実際のプロジェクトとの対応 165
   10.2 方法論の比較分析 167
   10.3 メソッドメトリックス 170
   10.4 事例分析による方法論の評価・分析 171
   10.4.1 オブジェクト指向法 171
   10.4.2 構造化分析法 173
   10.4.3 方法論・仕様記述言語の比較 173
第11章 方法論の統合技術 175
   11.1 方法論の進化・発展過程 175
   11.2 方法論のカスタマイズや統合事例 177
   11.3 カスタマイズ・統合プロセス 180
   11.4 統合技術 182
   11.4.1 メタモデル上での統合 182
   11.4.2 形式的手法との統合 183
   11.5 統合の規則 187
第12章 方法論工学のプロセスとCAME 191
   12.1 方法論工学プロセス 191
   12.2 Decamerone 192
   12.3 MethodBase 193
   12.4 その他のCAME 199
   12.5 最後に:方法論は役に立つか 202
参考文献 207
索引 215
第1章 はじめに 1
第2章 ソフトウェア開発方法論 5
   2.1 方法論とは? 5
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼