close
1.

図書

図書
岩田薫, 米澤宣行著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2002.4  xii, 225p ; 21cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
都倉信樹著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.4  xiii, 235p ; 22cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
ジョー・シュワルツ著 ; 栗木さつき訳
出版情報: 東京 : 主婦の友社, 2002.5  329, xiiip ; 20cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
池澤直樹著
出版情報: 東京 : 講談社, 2002.4  285p ; 20cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
泉弘志著
出版情報: 東京 : 誠文堂新光社, 2002.4  167p, 図版[4]p ; 21cm
シリーズ名: 入門エレクトロニクス ; 5
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
養老孟司 [著]
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 2002.4  232p ; 20cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
松永是編著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2002.4  viii, 139p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
0. 序論―生命工学の発展―[松永 是] 1
   遺伝子工学技術の登場 1
   高速DNAシークエンサーとヒトゲノム解析 1
   DNAチップ 1
   ポストゲノム時代の生命工学 2
   21世紀における生命工学 2
第Ⅰ部 基礎編
1. 生物を構成する分子[養王田正文] 6
   a. アミノ酸,ペプチド,タンパク質 6
   b. ヌクレオチド,DNA,RNA 11
   c. 単糖,多糖 13
   d. 脂質 14
2. 生物を構成する分子の性質 16
   a. 物理化学的側面[大野弘幸・中村暢文] 16
   b. 有機化学的側面[梶本哲也] 21
3. 生物を構成する分子を見る 29
   a. X線結晶解析[神鳥成弘] 29
   b. NMR,MRI[朝倉哲郎] 33
   c. コンピュータグラフィックス[五味雅裕・美宅成樹] 36
4. 細胞から生体へ 40
   a. 細胞を見る[太田善浩] 40
   b. 細胞を操作する[太田善浩] 42
   c. 植物と動物の違い[小関良宏] 46
5. 遺伝子を読む―分子生物科学のイントロ―[早出広司・宮下英明] 49
   a. DNAのオートシークエンサーの原理 49
   b. 全ゲノム解析 52
第Ⅱ部 応用編
6. 医薬品の合成 [梶本哲也] 58
   a. 構造‐活性相関による開発 58
   b. 豊富な資源からの誘導 59
   c. 構造‐活性相関の限界と偶然性 60
   d. セレンデピュティーからの展開 60
   e. コンビナトリアルケミストリーの導入 62
   f. ゲノム創薬 63
7. 発酵による有用物質生産[木野邦器・桐村光太郎] 64
   a. ”ミクロの職人”微生物とその発見 64
   b. 微生物の多様性と発酵工業の特長 65
   c. 伝統的な醸造・発酵産業 65
   d. 発酵工業の幕開け 66
   e. 抗生物質発酵と医薬品生産への展開 67
   f. そのほかの有用物質の生産と酵素利用工学 67
   g. ニューバイオテクノロジーへの期待 68
8. バイオ材料 69
   a. バイオ高分子[朝倉哲郎/奥山健二] 69
   b. 生分解性プラスチック[三宅正人] 72
   c. エレクトロニクスとの接点[大野弘幸] 76
9. バイオセンシング,バイオエレクトロニクス[松岡英明・斉藤美佳子] 79
   a. 歴史と現在の動向 79
   b. 電気的刺激の効果とその量的見積もり 79
   c. 酵素反応の電気的制御 80
   d. Ca2 +を介す遺伝子発現の電気的制御 81
   e. 細胞バイアビリティの電気的制御 81
   f. 細胞生産の電気的制御 81
   g. 電気的刺激によるクローン作出 82
   h. 「バイオ」と「エレクトロニクス」の融合 82
10. 人工生命体の時代[大竹久夫] 83
   a. 生命体を作るとは 83
   b. クローン動物 83
   c. 絶滅動物を蘇らせる 84
   d. 生命体は改造した方がよい 84
   e. 化学合成からのアプローチ 85
   f. ロボットとフレーム問題 85
   g. バーチャル生命体 85
11. ティッシュエンジニアリング(細胞組織工学)[三宅 淳・中村徳幸] 87
   a. 研究開発の現状 87
   b. 基礎研究の進展 88
   c. 今後の研究課題 89
12. 医用工学:インテリジェント材料システム―高分子ゲル系生体材料の開発を例に―[片岡一則・長崎幸夫] 91
   a. グルコース応答性高分子ゲルによる自己制御型インスリン放出システム 91
   b. pH応答性ゲル 93
   c. 内核安定化高分子ミセルを積層したゲル構造の構築 94
   d. おわりに 95
13. 脳神経工学[中村 俊] 96
   a. 脳とコンピュータはどう異なるか 96
   b. 脳はどのようにできあがるか 97
   c. 記憶や学習は神経細胞のどのようなはたらきに基づくのか 98
   d. 言語機能の起源と神経科学研究の将来 98
14. 遺伝子診断[中村秀喜・松永 是] 100
   a. 遺伝子診断マーカー 100
   b. 生物鑑定 102
15. ヒトゲノム解析とその応用[園山正史・美宅成樹] 104
   a. ヒトゲノム計画 104
   b. ヒトゲノム解析の応用 106
   c. ポルトゲノムの時代へ 107
16. ES細胞,クローン動物[中村徳幸] 109
   a. ES細胞 109
   b. クローン動物 111
   c. おわりに 112
17.植物工学[小関良宏] 114
   a. 植物培養細胞を用いた物質生産 114
   b. 環境浄化への利用 116
   c. 植物によるプラスチックの生産 117
18. 環境問題とバイオテクノロジー[加藤純一] 118
   a. バイオレメディエーションの概要 118
   b. バイオレメディエーションの実例 118
19. 環境ゲノム―生活習慣病の分子疫学―[加藤貴彦] 122
   a. 日本の医療とゲノム研究 122
   b. 疫学と分子疫学 122
   c. 遺伝子多型 124
   d. 遺伝子診断の倫理的問題点 124
   e. 将来の展望 124
20. マリンバイオテクノロジー[竹山春子] 125
   a. 海洋特殊環境―深海 125
   b. 海洋生物ピラミッドと生物資源 126
   c. 海洋の物質循環 126
   d. 二酸化炭素と海洋藻類 127
   e. 分子生物学的種判別 131
f. おわりに 132
索引 135
コラム
   細かい構造が見えるとは? 42
   プリオンと狂牛病 56
   成人病から生活習慣病へ 123
   疫学の父:高木兼寛 123
0. 序論―生命工学の発展―[松永 是] 1
   遺伝子工学技術の登場 1
   高速DNAシークエンサーとヒトゲノム解析 1
8.

図書

図書
嘉田由紀子著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.5  xix, 232p ; 22cm
シリーズ名: 環境学入門 / 植田和弘, 住明正, 武内和彦編集 ; 9
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
国立国語研究所編
出版情報: 東京 : 国立国語研究所, 2002.3  126p ; 21cm
シリーズ名: 新「ことば」シリーズ / 文化庁編 ; 15
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
座談会
解説
言葉に関する問答集
言葉のクリップボード
座談会
解説
言葉に関する問答集
10.

図書

図書
藤田節子著
出版情報: 東京 : 日外アソシエーツ , 東京 : 紀伊國屋書店 (発売), 2002.6  237p ; 21cm
所蔵情報: loading…
11.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
神保雅一編 ; 北田修一 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2002.6  xiii, 228p ; 22cm
シリーズ名: データサイエンス・シリーズ / 柴田里程 [ほか] 編集委員 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 データサンプリング
   1.1 データ取得 1
   1.2 フィッシャーの3原則 2
   1.2.1 局所管理と層別 3
   1.2.2 無作為化,ランダム化と無作為抽出 4
   1.2.3 反復 5
   1.2.4 最適計画,最適サンプリングそして有效性 5
   1.3 標本調査と実験計画の類似点と相違点 7
   1.4 本書の内容 7
第2章 標識放流と海洋生物個体群の推測
   2.1 死亡率を推定する 11
   2.1.1 漁獲の理論の統計学的背景 12
   2.1.2 マダイの標識放流と再捕報告 14
   2.1.3 標識再捕の統計モデル 15
   2.1.4 適合度検定への影響 19
   2.1.5 推定されたガザミの自然死亡 21
   2.2 個体数を推定する 23
   2.2.1 シマアジの水槽実験とPeterscn法 24
   2.2.2 仮定の検討 27
   2.2.3 回帰推定と過分散 28
   2.2.4 実際の適用について 31
   2.3 目視による滞留率の推定 34
   2.3.1 対数線形モデル 35
   2.4 成長を推定する 39
   2.4.1 ミナミマグロ資源の開発と漁獲規制 40
   2.4.2 標識放流と再捕データ 40
   2.4.3 成長の差のモデル 42
   2.4.4 沿岸から沖合への移動に伴う成長率の変化 44
   2.4.5 成長の長期変化が示唆する密度効果 46
   2.5 付録 49
   2.5.1 デルタ法 49
   2.5.2 多項分布の正規近似 51
   参考文献 52
第3章 南極海ミンククジラの資源調査
   3.1 調査の目的と概要 57
   3.1.1 ミンククジラの資源論争 57
   3.1.2 特別許可による捕獲調査 58
   3.1.3 自然死亡係数の推定 59
   3.2 調査ラインの設定とサンプリング 61
   3.2.1 調査の基本方針 61
   3.2.2 海域の層別,調査期間 62
   3.2.3 調査ラインの設定 63
   3.2.4 標本の採集 64
   3.2.5 標本サイズ 66
   3.3 データの処理と計算 70
   3.3.1 データ 70
   3.3.2 資源量推定と精度計算 71
   3.3.3 年齢組成の推定とその精度 73
   3.3.4 VPAによる自然死亡係数Mの推定 75
   3.4 サンプリングに関連したいくつかの問題 76
   3.4.1 氷縁とミンククジラの分布 76
   3.4.2 鯨の動き 78
   3.4.3 天候等の影響 79
   3.4.4 発見横距離分布 81
   3.4.5 プロセスエラー 81
   3.4.6 毎ロの進出予定距りと夜間の空走り 82
   3.5 むすびにかえて 84
   参考文献 85
第4章 水産資源の多段サンプリング調査
   4.1 クラスターサンプリング 88
   4.2 クラスターサンプリング:遊漁釣獲量の日誌調査 89
   4.2.1 遊漁者の釣獲量の推定 91
   4.2.2 那珂川でのアユ釣り調査 93
   4.3 2段サンプリング:種苗放流効果の調査 95
   4.3.1 放流効果の推定量 96
   4.3.2 北海道のサクラマスの放流効果調査 100
   4.3.3 得られた推定値とその信頼性 102
   4.3.4 層別の効果 103
   4.3.5 合意された調査計画 105
   4.4 3段サンプリングの検討 108
   4.4.1 総数の推定量と分散 109
   4.4.2 3段サンプリングの効率 110
   4.5 おわりに 113
   4.6 付録 115
   4.6.1 有限修正項の二つの表現 115
   4.6.2 有限修正項はどこから出てくるか 117
   4.6.3 信頼区間 120
   4.6.4 2段サンプリングの母集団総計推定量の分散:不偏推定量の二つの表現 123
   参考文献 125
第5章 農業研究における実験計画法
   5.1 実験計画法の重要性 129
   5.2 処理の決定 131
   5.2.1 因子と水準 131
   5.2.2 交互作用と主効果 132
   5.2.3 因子の分類 133
   5.2.4 1因子実験と多因子実験 136
   5.2.5 水準の設定 140
   5.2.6 処理の決定に基づく実験の分類 141
   5.3 実験の配置 142
   5.3.1 フィッシャーの3原則 142
   5.3.2 反復 143
   5.3.3 無作為化 145
   5.3.4 局所管理(ブロック化) 147
   5.3.5 実験配置に基づく実験の分類 149
   5.4 基本的な実験計画と実験実施上の注意点 151
   5.4.1 1因子実験 151
   5.4.2 2因子実験 154
   5.4.3 実験計画および実験実施上の注意点 160
   5.4.4 計算例(2段分割法による3因子実験) 161
   参考文献 164
第6章 ブロック実験における分散分析と最適計画
   6.1 春小麦の収量データ 165
   6.1.1 ポーランドにおける新品種の登録 166
   6.1.2 春小麦の収量のデータ 167
   6.2 無作為化を考慮した変量モデル 169
   6.2.1 無作為化による共分散 170
   6.2.2 計両行列 172
   6.2.3 線形モデル 173
   6.2.4 無作為化と共分散構造 174
   6.3 層分解による分散分析 176
   6.3.1 射影子による層分解 176
   6.3.2 第3層における品種効果の推定と検定 178
   6.4 最適ブロック計画 182
   6.4.1 ブロック計画における最適性 182
   6.4.2 BIBデザインの最適性 183
   6.4.3 Universal optimality 186
   6.4.4 目的に応じた最適実験 187
   参考文献 189
第7章 品質設計における実験計画
   7.1 品質設計における実験計画事例 191
   7.1.1 問題の概要と基本的な考え方 191
   7.1.2 実験の計画と結果 194
   7.1.3 実験データの解析 197
   7.2 品質設計における実験計画の役割 202
   7.2.1 設計の3段階 202
   7.2.2 統計的因果分析における実験の役割 205
   7.2.3 品質設計における実験研究の特徴 209
   7.3 品質設計における実験研究技法 211
   7.3.1 非線形の応用 211
   7.3.2 特性値の合理化 212
   7.3.3 因子の選定と分類 215
   7.3.4 混合系直交表と直積配置 216
   7.3.5 パフォーマンス側度としてのSN比 218
   参考文献 221
   索引 223
第1章 データサンプリング
   1.1 データ取得 1
   1.2 フィッシャーの3原則 2
12.

図書

図書
名和小太郎著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.5  v, 114p ; 19cm
シリーズ名: 岩波科学ライブラリー ; 86
所蔵情報: loading…
13.

図書

図書
日本体育・学校健康センター編著
出版情報: 東京 : ぎょうせい, 2002.5  viii, 437p, 図版[4]p ; 22cm
所蔵情報: loading…
14.

図書

図書
洲之内治男著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2002.4  v, 167p ; 21cm
シリーズ名: サイエンスライブラリ理工系の数学 ; 15
所蔵情報: loading…
15.

図書

図書
名和小太郎著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2002.5  346, xlviiip ; 20cm
所蔵情報: loading…
16.

図書

図書
田口ランディ, 寺門琢己著
出版情報: 東京 : メディアファクトリー, 2002.3  264p ; 18cm
所蔵情報: loading…
17.

図書

図書
朝山邦輔著
出版情報: 東京 : 裳華房, 2002.5  ix, 234p ; 22cm
シリーズ名: 物性科学選書 / 鈴木平, 近角聰信, 中嶋貞雄編集
所蔵情報: loading…
18.

図書

図書
徳永隆治著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2002.7  xii, 150p ; 22cm
シリーズ名: 現代非線形科学シリーズ ; 8
所蔵情報: loading…
19.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
石井一郎, 丸山暉彦共著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2002.5  vi, 167p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 総論
   1・1 道路の歴史 1
   1・2 道路の種類 5
   1・3 道路管理 7
   1・4 道路の計画 8
   1・5 道路の区分 10
第2章 横断構成
   2・1 車道および車線 12
   2・2 中央帯 15
   2・3 路肩 17
   2・4 停車帯 18
   2・5 待避所 19
   2・6 自転車道等 19
   2・7 歩道 20
   2・8 側道 21
   2・9 副道 21
   2・10 植樹帯 21
   2・11 環境施設帯 22
   2・12 道路の標準幅員 23
   2・13 建築限界 24
   2・14 横断勾配 25
第3章 視距と交差
   3・1 道路の人間工学 26
   3・2 視距 27
   3・3 道路と道路の平面交差 31
   3・4 道路と道路の立体交差 34
   3・5 道路と鉄道の交差 36
第4章 線形
   4・1 概説 39
   4・2 平面線形 41
   4・3 縦断線形 47
   4・4 合成勾配 49
第5章 道路土工
   5・1 土量の配分計画 51
   5・2 切土工法 51
   5・3 切土法面の保護 53
   5・4 盛土工法 54
   5・5 盛土法面の保護 55
   5・6 凍上の防止 56
   5・7 地盤改良工法 56
   5・8 補助工法 59
第6章 道路構造物
   6・1 擁壁 63
   6・2 排水施設 65
   6・3 カルバート 69
   6・4 共同溝等 71
第7章 道路付属物
   7・1 土砂災害 75
   7・2 冬期気象災害 77
   7・3 駐車場等 80
   7・4 休憩施設 82
   7・5 歩行者横断施設 83
第8章 舗装の設計
   8・1 舗装の構造の原則 85
   8・2 舗装の種類と構成 85
   8・3 舗装の設計の概要 87
   8・4 舗装の性能指標 88
   8・5 支持力の測定 92
   8・6 路床 93
   8・7 舗装のライフサイクルコスト 94
第9章 路盤と骨材
   9・1 路盤材料の骨材 96
   9・2 下層路盤 97
   9・3 上層路盤 98
   9・4 コンクリート舗装の路盤の設計 103
   9・5 アスファルト舗装の表層材料の骨材 105
   9・6 コンクリート舗装のコンクリート版の骨材 106
第10章 アスファルト舗装
   10・1 構造設計 108
   10・2 瀝青材料 109
   10・3 アスファルト混合物 111
   10・4 施工 118
第11章 コンクリート舗装
   11・1 構造設計 123
   11・2 材料 126
   11・3 コンクリートの配合 127
   11・4 施工 129
第12章 ブロック舗装と高機能舗装と特殊舗装
   12・1 ブロック舗装 135
   12・2 二層構造式舗装 140
   12・3 高機能舗装 141
   12・4 カラー舗装 143
   12・5 特殊舗装 145
第13章 維持修繕管理
   13・1 法面の維持 147
   13・2 舗装路面の損傷 149
   13・3 舗装路面の維持 151
   13・4 舗装路面の修繕 152
   13・5 道路清掃 153
   13・6 路肩と排水溝の維持 153
   13・7 道路付属物などの維持 154
   13・8 道路管理瑕疵 154
演習課題解答 158
参考文献 163
索引 164
第1章 総論
   1・1 道路の歴史 1
   1・2 道路の種類 5
20.

図書

図書
吉田耕作著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2002.6  2, 4, 215p ; 22cm
所蔵情報: loading…
21.

図書

図書
J.デュラン著 ; 中西秀, 奥村剛共訳
出版情報: 京都 : 吉岡書店, 2002.6  ix, 291p ; 21cm
シリーズ名: 物理学叢書 / 小谷正雄 [ほか] 編 ; 89
所蔵情報: loading…
22.

図書

図書
本橋登編著 ; 東裕 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 学文社, 2002.5  318p ; 22cm
所蔵情報: loading…
23.

図書

図書
稲本正編
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.6  vii, 188p, 図版[4]p ; 19cm
所蔵情報: loading…
24.

図書

図書
楠田哲也, 巌佐庸編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2002.6  v, 172p, 図版[4]p ; 26cm
所蔵情報: loading…
25.

図書

図書
谷村吉隆著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2002.6  vi, 195p ; 26cm
シリーズ名: 臨時別冊・数理科学
所蔵情報: loading…
26.

図書

図書
中辻憲夫著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.6  v, 104p ; 19cm
シリーズ名: 岩波科学ライブラリー ; 88
所蔵情報: loading…
27.

図書

図書
今井五郎, 福江正治, 足立勝治共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2002.7  vii, 173p ; 22cm
シリーズ名: 土木系大学講義シリーズ / 伊藤學 [ほか編] ; 4
所蔵情報: loading…
28.

図書

図書
柳川堯著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2002.6  xii, 201p ; 22cm
シリーズ名: データサイエンス・シリーズ / 柴田里程 [ほか] 編集委員 ; 9
所蔵情報: loading…
29.

図書

図書
バイオメカニズム学会編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2002.6  iv, 323p ; 27cm
シリーズ名: バイオメカニズム / バイオメカニズム学会編 ; 16
所蔵情報: loading…
30.

図書

図書
中村春木 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 共立出版, 2002.6  p1421-1811 ; 28cm
所蔵情報: loading…
31.

図書

図書
佐藤宏之 [ほか執筆] ; 神田順, 佐藤宏之編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2002.6  viii, 223p, 図版[2]p ; 21cm
所蔵情報: loading…
32.

図書

図書
和田純夫著
出版情報: 東京 : ベレ出版, 2002.6  190p ; 21cm
シリーズ名: 読んで楽しむ教科書
所蔵情報: loading…
33.

図書

図書
Roesky, Möckel [著] ; 戸嶋直樹, 尾方一郎, 大野尚典訳
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.6  ix, 266p ; 21cm
所蔵情報: loading…
34.

図書

図書
室賀進也, 山下巌共著
出版情報: 東京 : コロナ社, 2002.7  viii, 165p ; 21cm
シリーズ名: 電気・電子系教科書シリーズ ; 14
所蔵情報: loading…
35.

図書

図書
豊田秀樹編著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2002.6  v, 181p ; 22cm
シリーズ名: 統計ライブラリー ; . 項目反応理論 / 豊田秀樹編著||コウモク ハンノウ リロン ; 事例編
所蔵情報: loading…
36.

図書

図書
鵜飼保雄著
出版情報: 東京 : 医学出版, 2002.9  xviii, 354p ; 22cm
シリーズ名: バイオサイエンス・シリーズ
所蔵情報: loading…
37.

図書

図書
岸輝雄, 桑原誠著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.6  xi, 214p ; 21cm
シリーズ名: 岩波講座現代工学の基礎 ; 材料系 ; 5
所蔵情報: loading…
38.

図書

図書
中島尚正著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.6  xiv, 131p ; 21cm
シリーズ名: 岩波講座現代工学の基礎 ; 設計系 ; 1
所蔵情報: loading…
39.

図書

図書
梅本吉彦編著
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.9  viii, 204p ; 21cm
シリーズ名: 情報教育シリーズ
所蔵情報: loading…
40.

図書

図書
浅川毅著
出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局, 2002.9  vi, 183p ; 21cm
所蔵情報: loading…
41.

図書

図書
産業技術総合研究所生物情報解析研究センター, 産業技術総合研究所生命情報科学研究センター編
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.9  xiii, 215p ; 19cm
シリーズ名: 産総研シリーズ
所蔵情報: loading…
42.

図書

図書
川村満紀, S.チャタジー共著
出版情報: 東京 : 森北出版, 2002.9  iv, 229p ; 22cm
所蔵情報: loading…
43.

図書

図書
H.ヴァルサー著 ; 蟹江幸博訳
出版情報: 東京 : 日本評論社, 2002.9  xvi, 191p ; 21cm
所蔵情報: loading…
44.

図書

図書
松橋隆治著
出版情報: 東京 : 日本放送出版協会, 2002.9  235p ; 19cm
シリーズ名: NHKブックス ; 949
所蔵情報: loading…
45.

図書

図書
北村修二著
出版情報: 東京 : 大明堂, 2002.9  iv, 192p ; 22cm
所蔵情報: loading…
46.

図書

図書
森下信編著 ; 松本裕昭 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.9  ix, 170p ; 26cm
シリーズ名: 機械工学基礎コース
所蔵情報: loading…
47.

図書

図書
岡部光明著
出版情報: [横浜] : 岡部光明 , 東京 : 慶應義塾大学出版会 (発売), 2002.7  197p ; 20cm
所蔵情報: loading…
48.

図書

図書
胡桃坂仁志著
出版情報: 東京 : 羊土社, 2002.9  109p ; 25cm
所蔵情報: loading…
49.

図書

図書
上田尚一著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2002.9  v, 217p ; 21cm
シリーズ名: 講座情報をよむ統計学 / 上田尚一著 ; 1
所蔵情報: loading…
50.

図書

図書
朽津耕三著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 丸善, 2002.9  iv, 79p ; 21cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼