close
1.

図書

図書
五十嵐太郎著
出版情報: 東京 : みすず書房, 2011.11  233p ; 20cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
五十嵐太郎著
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2011.10  284p ; 19cm
シリーズ名: 河出ブックス ; 035
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
磯崎新著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2013.5  xxii, 283p ; 20cm
シリーズ名: 磯崎新建築論集 / 磯崎新著 ; 4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 メタファーとしての建築 : 建築論的「転倒」
建築の言説・言説の建築
2 アルケー—始源と反復 : 私にとってのアクロポリス
イセ—始源のもどき
3 クライシス—斜行と逸脱 / ジョン・ソーン—建築と逸脱
4 デミウルゴスの行方 : 造物主義論由来
“建築”/建築(物)/アーキテクチュアまたは、あらためて「造物主義」
1 メタファーとしての建築 : 建築論的「転倒」
建築の言説・言説の建築
2 アルケー—始源と反復 : 私にとってのアクロポリス
概要: バブル期以降の、現実と情報の境界が曖昧化し建築論の言説的枠組が「転倒」した状況を批判的に捉え、造物主義論(デミウルゴモルフィスム)というオリジナルな仮説を提示。建築の始源とその危機について検証し、建築を建築たらしめるものとは何かを問う。「不 全症候群」に陥った今日の建築に未来はあるのか。建築の変貌をモノとコトの生成という視点から根源的に捉える建築哲学的探究。 続きを見る
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
五十嵐太郎著
出版情報: [東京] : 彩流社, 2010.1  286p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき―グローバリズムの時代における建築と歴史 3
歴史編 第Ⅰ部 共同体と他者 11
   となりのユートピア 12
   世界の表象 24
   建築史とフィールドワーク―文献資料の外側にあるもの 44
   乱反射するオリエンタリズム 65
   1492年―内なる他者の「隔離」、外なる他者の「発見」 88
   アフリカン・アメリカン・アーキテクトの憂鬱 110
歴史編 第Ⅱ部 建築家と他者 121
   ジェンダー論① 女性性をめぐって 122
   ジェンダー論② 女性と建築家 143
   自伝論① 建築家という〈私〉 155
   自伝論② 建築界の黒羊を名乗った男―下田菊太郎論 176
   遅咲きの建築家列伝 181
   建築はいかに社会と回路をつなぐのか 184
現代編 第I部 都市の記憶 193
   日本国家を表象する建築 194
   僕たちは靖国を知らない 202
   ふたつのグラウンドゼロ 207
   廃墟になる自由 212
   重層的な時間を風景に刻む 218
   近代の建築は愛されているか 223
   ダム建設がもたらした現代の祝祭 227
   博物館化する上海 230
   歴史の天使が舞うベルリン 236
現代編 第Ⅱ部 都市の変容 241
   *公共空間
    リスボンの資産、現代の広場 242
    グラーツの橋が教えるもの 244
    シアトルの新しい図書の場所 245
    ルツェルンをおおう大きな屋根 247
    台湾の開かれたスタジアム 248
   *文化戦略
    都市的建築としてのビルバオの美術館 251
    祝祭都市ヴェネチアの生きる道 253
    マニラを支配した権力の建築 254
    ソウルに生まれた新名所 256
   *予防監視
    99%と100%のあいだ 258
    世界遺産の落書きに思う 260
    新世界への扉を開くグーグル・ストリートビュー 263
   *都市名所
    シアトルと東京の塔 266
    東京と名古屋の新しい顔となる高層ビル 267
    ニッポンのドーム建築 273
    21世紀を切り開く、鳥の巣 274
    北京の忘れがたい兄弟ビル 279
あとがき―ドバイ以後の世界を測定する旅とメディア 282
まえがき―グローバリズムの時代における建築と歴史 3
歴史編 第Ⅰ部 共同体と他者 11
   となりのユートピア 12
5.

図書

図書
五十嵐太郎, 東北大学都市・建築理論研究室著
出版情報: 東京 : PHP研究所, 2017.5  241, xiip ; 18cm
シリーズ名: PHP新書 ; 1098
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
世界で高く評価されている日本の建築家
第1部 西洋と肩を並べた世代 : アメリカで学んだモダニズム—一九二〇/三〇年代生まれの建築家 / 槇文彦/谷口吉生
メタボリズムを世界に売り出した黒川紀章
磯崎新の建築マフィア
アメリカにおける日本建築の受容
第2部 海外に影響を与える世代 : 野武士、世界を駆ける—一九四〇年代生まれの建築家 / 安藤忠雄/伊東豊雄/山本理顕/高松伸
グローバリズムの波に乗ったスターアーキテクト—一九五〇年代生まれの建築家 / SANAA/坂茂/隈研吾/青木淳
アジアの植民地で活動した建築家
第3部 国内外を意識しない世代 : 展覧会と教育から世界に進出する—一九六〇年代生まれの建築家 / アトリエ・ワン/阿部仁史
海外に活路を見出すロストジェネレーション—一九七〇年代生まれの建築家 / 藤本壮介/石上純也/迫慶一郎/田根剛
グローバル展開する大手設計組織とゼネコン
世界で高く評価されている日本の建築家
第1部 西洋と肩を並べた世代 : アメリカで学んだモダニズム—一九二〇/三〇年代生まれの建築家 / 槇文彦/谷口吉生
メタボリズムを世界に売り出した黒川紀章
概要: 槇文彦がニューヨークグラウンド・ゼロの再開発で手掛けたワールド・トレード・センター、青木淳のルイ・ヴィトン店舗の設計、谷口吉生のMoMAの増改築、SANAAのルーブル美術館ランス別館、坂茂のポンピドー・センター‐メスの設計...。日本人建築 家が国際コンペで勝ち取ったプロジェクトで生まれた建築物が世界中に点在している。世界の美術館で日本のアートが主流になっているわけではないのに対し、日本の現代建築家がそのハコを幾つも設計している。建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞の受賞者数は、アメリカに次ぐ第二位だ。日本人建築家が世界中で活躍し、愛される理由を活写。巻末に日本人建築家による世界各地の建築物リスト付。 続きを見る
6.

図書

図書
五十嵐太郎編著
出版情報: 東京 : エクスナレッジ, 2013.9  259p ; 26cm
シリーズ名: エクスナレッジムック
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
御厨貴, 井上章一編 ; 佐藤信 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2015.3  xi, 329p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 議事堂 : 議事堂をめぐる政治—国会議事堂研究序説
議場構造論—「ひな壇」廃止論をめぐる攻防を中心として
2 庁舎 : 官衙街「霞が関」の計画と官衙建設の展開
警視総監・消防総監・大阪市警視総監をめぐる分権の政治史
庁舎と政治—都市の中心をめぐる競合と協調
3 権力者の邸宅 / 吉田茂とその邸宅—権力継承のスタイル
4 権力と都市空間 : 政治家と建築家
幕末期政治的主要人物の京都居所考—土佐・長州・薩摩を中心に
帝国の権力と都市空間の変動—圜丘壇を中心に
5 権力と意味空間 / 書と漢詩からみる日清修好条規—副島種臣の古典的外交手法に秘められたダイナミズムとその思想
1 議事堂 : 議事堂をめぐる政治—国会議事堂研究序説
議場構造論—「ひな壇」廃止論をめぐる攻防を中心として
2 庁舎 : 官衙街「霞が関」の計画と官衙建設の展開
概要: “権力”は建築や都市空間のあり方にどのような影響を与え、また“建築物”は権力のあり方をどのように規定したのか。政治学、建築史、都市史など多彩な研究者が、さまざまな「権力の館」を渉猟、両者の相関関係を探った共同研究。
8.

図書

図書
五十嵐太郎 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 技術評論社, 2014.12  191p ; 21cm
シリーズ名: しくみ図解 ; 048
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 高層建築物の基礎知識 : 定義と概要1—高層建築の定義
定義と概要2—高層建築と超高層建築 ほか
第2章 高層建築物のつくり方 : 計画と設計1—企画から竣工までの流れ
計画と設計2—建築設計の分業 ほか
第3章 高層建築物を守る : 災害の種類
地震対策1—地震による建物の揺れ ほか
第4章 高層建築物が解体されるまで : 建築物の利用と再生
保守・修繕1—マンションの大規模修繕 ほか
第5章 高層建築物の存在意義 : 意義1—権力と高さ
意義2—シンボルから都市へ ほか
第1章 高層建築物の基礎知識 : 定義と概要1—高層建築の定義
定義と概要2—高層建築と超高層建築 ほか
第2章 高層建築物のつくり方 : 計画と設計1—企画から竣工までの流れ
9.

図書

図書
五十嵐太郎, 南泰裕編
出版情報: 東京 : 鹿島出版会, 2014.6  351p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Forward レム・コールハースを読む—マンハッタニズム、ビッグネス、ジャンクスペース
1 都市と建築 : 疾走するアジアのジェネリック・シティ
傾いた柱—レム・コールハースの五つの建築をめぐって
「ボルドーの住宅」における三層の世界—UNIVERSE beyond UNIVERSAL SPACE ほか
2 メディアと理論 : OMA@ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展
ふつうではない建築のドキュメント
メトロポリスのビッグな出版・編集者—建築家レム・コールハースのケース・スタディ ほか
3 データから読むレム・コールハース/OMA : レム・コールハース/OMA主要用語辞典
コールハース/OMA/AMO主要著作解題
OMAの系譜図 ほか
Forward レム・コールハースを読む—マンハッタニズム、ビッグネス、ジャンクスペース
1 都市と建築 : 疾走するアジアのジェネリック・シティ
傾いた柱—レム・コールハースの五つの建築をめぐって
概要: 現代最高の建築家と称されるレム・コールハース。ジャーナリスト、脚本家を経て建築家に転身した彼は、話題作を世に問い続けるかたわら、自らシンクタンクを組織し、リサーチや出版・編集を手掛けてきた。先鋭的な理論を駆使し、メディアを自在に横断しながら 生み出される数々の著作は、つねに世界の注目を集める。本書は、その広範な活動から「ル・コルビュジエの衣鉢を継ぐ」とも目される、建築家の独創性に迫った本邦初の評論集である。 続きを見る
10.

図書

図書
佐藤考一, 五十嵐太郎著
出版情報: 東京 : 市ケ谷出版社, 2017.1  vii, 187p ; 26cm
シリーズ名: 初学者の建築講座
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 計画と設計
第2章 : 居住施設の計画
第3章 : 学校教育施設の計画
第4章 : 社会教育施設の計画
第5章 : 医療施設・福祉施設の計画
第6章 : 商業施設の計画
第7章 : 外部空間の計画
第8章 : 自然現象、建築、知覚
第1章 : 計画と設計
第2章 : 居住施設の計画
第3章 : 学校教育施設の計画
概要: 初めて建築を学ぶ人のための教科書!図・表を豊富に用い、ていねいに説明!建築士試験の出題範囲を網羅!
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼