close
1.

図書

図書
J・M・ケインズ原著 ; 山形浩生要約・翻訳
出版情報: 東京 : ポット出版, 2011.11  267p ; 19cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
イアン・エアーズ著 ; 山形浩生訳
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2010.6  453p ; 16cm
シリーズ名: 文春文庫 ; [S-3-1]
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
アマルティア・セン著 ; 山形浩生訳
出版情報: 東京 : NTT出版, 2016.9  xxi, 319p ; 19cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
ゲルノット・ワグナー, マーティン・ワイツマン著 ; 山形浩生訳
出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 2016.9  vi, 257, 81p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 緊急事態
第2章 : 基本のおさらい
第3章 : ファットテール
第4章 : 故意の無知—それについて考察する経済学者2人の見解
第5章 : 地球を救い出す
第6章 : 007
第7章 : あなたにできること
第8章 : エピローグ:ちがう形の楽観論
第1章 : 緊急事態
第2章 : 基本のおさらい
第3章 : ファットテール
概要: 人類は救われるのか?文明と環境の破壊に、どう向き合うか。ノーベル賞候補の経済学者による斬新な提案。フィナンシャル・タイムズ紙2015年ベスト経済書リストに選出!
5.

図書

図書
チャールズ・ウィーラン著 ; 山形浩生, 守岡桜訳
出版情報: 東京 : 日本経済新聞出版社, 2014.7  349p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
何のために?
記述統計—史上最高の野球選手はだれ?
記述のごまかし—「人柄がいい」など、正しいのに怪しい発言について
相関—ネットフリックスはなぜ私の好きな映画がわかるのか?
確率の基礎—99ドルプリンタで保証期間の延長は無意味
モンティ・ホール問題
確率の困ったところ—自信過剰の数学おたくが世界金融システムを破壊しかけた話
データの重要性—「入力がゴミなら結果もゴミ」
中心極限定理—統計学の超セレブ
推定—なぜ私はカンニングを疑われたのか?
世論調査—国民の64パーセントが死刑賛成(ただし標本誤差±3パーセント)とは?
回帰分析—魔法の霊薬
回帰分析のありがちなまちがい—必須の警告
プログラム評価—ハーバード大に入ると人生が変わるか?
結論—統計学で答えられるかもしれない5つの問題
補遺—統計ソフト
何のために?
記述統計—史上最高の野球選手はだれ?
記述のごまかし—「人柄がいい」など、正しいのに怪しい発言について
概要: コメディアンのようだとも評されるユーモアたっぷりな語り口で、さまざまなエピソードを交え、統計学の本当に大事なところ、考え方を紹介。記述統計、相関、確率、中心極限定理、推定、世論調査、回帰分析、プログラム評価—統計学の基本的なテーマについて、 その勘所がわかる「オモシロ統計読本」です! 続きを見る
6.

図書

図書
チャールズ・ウィーラン著 ; 山形浩生, 守岡桜訳
出版情報: 東京 : 日本経済新聞出版社, 2014.7  421p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
市場の力—パリを喰わせているのは誰?
インセンティブの重要性—鼻を切り落とせば命が助かる? / あなたがサイならば
政府と経済 : 政府はみんなのお友だち / そしてあの弁護士どもにも拍手喝采
軍はなぜ500ドルもするねじ回しを買うのか
情報の経済学—マクドナルドが流行るのはおいしいからではない
生産性と人的資本—なぜビル・ゲイツは大金持ちなのか
金融市場—手っ取り早く金持ちになる方法 : と、ダイエット!)の経済学
利権団体の力—政治の経済学
スコアをつける—どっちの経済が大きいの?
中央銀行—なぜ紙幣はただの紙切れではないのか
国際経済学—すてきなアイスランドが破綻した理由
貿易とグローバリゼーション—アジアのタコ部屋工場がよい理由
開発経済学—国富論/国貧論
市場の力—パリを喰わせているのは誰?
インセンティブの重要性—鼻を切り落とせば命が助かる? / あなたがサイならば
政府と経済 : 政府はみんなのお友だち / そしてあの弁護士どもにも拍手喝采
概要: 意味不明な数式、わけのわからない専門用語、理解不能なグラフ...。経済学は小難しくて退屈な「陰気な科学」だと、学生時代に挫折した人も多いはず。でも大丈夫!本書には、数式もなければ、グラフも図もありません。余計なものを取り払えば、経済学はこん なにも面白くなり、ビジネスはもちろん、日常生活でも役立ちます。市場、インセンティブ、機会費用、価格差別、逆選択、生産性、人的資本、通貨、貿易、貧困—英エコノミスト誌の元記者が、笑えるエピソードを交えながら本当に大事なところだけを教えます。 続きを見る
7.

図書

図書
アントニオ・R・ダマシオ著 ; 山形浩生訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2013.11  433p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 出直し : 目を覚ます
生命調整から生物学的価値へ
第2部 脳の中にあって心になれるのはどんなもの? : マップづくりとイメージづくり
心の中の身体
情動と感情
記憶のアーキテクチャ
第3部 意識を持つ : 意識を観察する
意識ある心を作る
自伝的な自己
まとめあげる
第4部 意識の後しばらく / 意識と共に生きる
第1部 出直し : 目を覚ます
生命調整から生物学的価値へ
第2部 脳の中にあって心になれるのはどんなもの? : マップづくりとイメージづくり
概要: われわれヒトの生物種としての特徴は大きな脳をもち、複雑な行動ができること。しかし、複雑な行動はヒトの専売特許ではなく、単細胞生物だってする。では違いはどこにあるか。それは意識の有無だ。そして、意外に思えるかもしれないが、意識はわれわれの心の なかに「自己」がやってくるまでできあがらないのである...行動における感情・情動の意外な重大さを知らしめた「ソマティック・マーカー仮説」をはじめとする、神経医学の豊富な症例に裏づけられた学説により脳科学の第一人者と目されるダマシオが、意識の形成に関するこれまでの自説を微調整しつつ、文化や文明をも視野に入れた大胆な仮説を打ち出す待望の最新作。 続きを見る
8.

図書

図書
ポール・シーブライト [著] ; 山形浩生, 森本正史共訳
出版情報: 東京 : みすず書房, 2014.1  xviii, 419, lviiip ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 視野狭窄 / 責任者は誰?
第2部 殺人ザルから名誉ある友人へ—なぜ人は協力できるのか? : 人と自然のリスク
私たちの暴力的な過去 ほか
第3部 予想外の結果—家族の結束から工業都市まで : 都市—古代アテナイから現代マンハッタンまで
水—商品、それとも社会制度? ほか
第4部 集合的行動—交戦国家から国家間の市場へ : 国家と帝国
グローバリゼーションと政治活動 ほか
第1部 視野狭窄 / 責任者は誰?
第2部 殺人ザルから名誉ある友人へ—なぜ人は協力できるのか? : 人と自然のリスク
私たちの暴力的な過去 ほか
概要: 部族でいがみ合っていた人類は、どのように協調し、繁栄を手にしたのか。1万年の人類史を経済学で見とおす稀代の名著。経済生活にまつわる数々のトピックを探索しつつ、協力と信頼の観点からその仕組みを解き明かす。歴史学、生物学、社会学、人類学、心理学 など、広範囲の学問分野を渉猟し、J・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』に匹闘するとも評される、人類経済の自然史。 続きを見る
9.

図書

図書
山形浩生監修
出版情報: [東京] : KADOKAWA, 2015.2  275p ; 21cm
シリーズ名: 角川インターネット講座 ; 10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 インターネット経済の原理 : ネットが招いた変化から未来を読み解く
「ネットワーク経済」の法則—アトム型産業からビット型産業へ
ホワイトカラー真っ青
第2部 産業の変化 : ノウアスフィアの開墾
メディア化する企業
メイカー運動とファブ社会—変容するモノと製造の概念
情報、文化、コンテンツ産業
第3部 産業をとりまく環境 : 情報による新しい労働形態
インターネットと都市—産業経済の変化
インターネットと金融—弱体化する貨幣経済
社会という「系」の行方
第1部 インターネット経済の原理 : ネットが招いた変化から未来を読み解く
「ネットワーク経済」の法則—アトム型産業からビット型産業へ
ホワイトカラー真っ青
概要: 蒸気、電気に続く産業革命は情報技術によって起こった。しかし社会は本当に豊かになったのか?3Dプリンターの普及、ビットコインの衝撃、そして終焉を迎えるホワイトカラー。インターネットがもたらす変化の本質を、世界のエキスパートたちが解き明かす。ト マ・ピケティ『21世紀の資本』の翻訳者が提唱する新時代の経済論! 続きを見る
10.

図書

図書
イアン・エアーズ著 ; 山形浩生訳
出版情報: 東京 : 文藝春秋, 2012.10  306, 18p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : コミットメント契約という魔法
第1章 : 今日の一個のリンゴと、一年後の二個のリンゴ
第2章 : インセンティブかコミットメントか
第3章 : 損失は大きく見える
第4章 : ガミガミ言われる気分
第5章 : 持続性と意識化
第6章 : コミットメントは人を語る
第7章 : やりすぎる危険
第8章 : コミットメント店舗
序章 : コミットメント契約という魔法
第1章 : 今日の一個のリンゴと、一年後の二個のリンゴ
第2章 : インセンティブかコミットメントか
概要: 人はなぜ目標が達成できないのか?それは、生物が長期的な利益よりも短期的な誘惑に極端に弱いからだ。それを防ぐために行動経済学が教える方法、それが「コミットメント契約」。成功への努力を的確に行うために最適な「アメとムチ」を組み立てるこの方法を実 践すれば、豊かな成果が手に入る。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼