close
1.

図書

図書
前田修一著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2013.6  ix, 82p ; 19cm
シリーズ名: 化学の要点シリーズ ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : はじめに
第2章 : 有機系光記録材料のあけぼの
第3章 : 日本発の発明:CD‐R
第4章 : DVD‐Rへ発展
第5章 : 三次元用光記録材料の化学
第6章 : 情報爆発社会へ向けて
第1章 : はじめに
第2章 : 有機系光記録材料のあけぼの
第3章 : 日本発の発明:CD‐R
2.

図書

図書
栄長泰明著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2015.12  xi, 106p, 図版 [2] p ; 19cm
シリーズ名: 化学の要点シリーズ ; 14
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : ダイヤモンド電極とは?
第2章 : ダイヤモンド電極はどのようにしてつくるか?
第3章 : ダイヤモンド電極の性質
第4章 : ダイヤモンド電極の応用例
第5章 : ダイヤモンド電極の高機能化
第6章 : 将来展望
第1章 : ダイヤモンド電極とは?
第2章 : ダイヤモンド電極はどのようにしてつくるか?
第3章 : ダイヤモンド電極の性質
3.

図書

図書
村田道雄著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2014.2  ix, 102p ; 19cm
シリーズ名: 化学の要点シリーズ ; 10
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 有機構造解析とは
第2章 : 質量分析スペクトル
第3章 : NMRスペクトル
第4章 : UV、CD、IRスペクトル
第5章 : 構造解析に必要な化学反応
第6章 : 実際の構造解析上の注意点
第7章 : おわりに
第1章 : 有機構造解析とは
第2章 : 質量分析スペクトル
第3章 : NMRスペクトル
4.

図書

図書
中島信昭, 八ッ橋知幸著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2012.2  ix, 113p, 図版 [2] p ; 19cm
シリーズ名: 化学の要点シリーズ ; 4
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
H.A.Favre, W.H.Powell編著 ; 日本化学会命名法専門委員会訳著
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 2017.4  l, 1136p ; 27cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
一般原則、規則および慣例
母体水素化物
特性基(官能基)と置換基
名称をつくるための規則
優先IUPAC名の選択と有機化合物の名称の作成
個々の化合物種類に対する適用
ラジカル、イオンおよび関連化学種
同位体修飾化合物
立体配置と立体配座の特定〔ほか〕
一般原則、規則および慣例
母体水素化物
特性基(官能基)と置換基
6.

図書

図書
日本化学会編著
出版情報: 京都 : 化学同人, 2013.1  202p ; 26cm
シリーズ名: CSJ Current Review ; 11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 基礎概念と研究現場 : フロントランナーに聞く / 座談会
絵解き・元素戦略の基礎
元素利用の歴史と元素戦略の将来展望
2 研究最前線 : 均一系鉄触媒による炭素‐炭素結合生成反応
銅触媒の多様な活性化形式を活用する反応開発と医薬リード合成
有機分子触媒 ほか
3 役に立つ情報・データ : この分野を発展させた革新論文51
覚えておきたい関連最重要用語
知っておくと便利!関連情報
1 基礎概念と研究現場 : フロントランナーに聞く / 座談会
絵解き・元素戦略の基礎
元素利用の歴史と元素戦略の将来展望
7.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 京都 : 化学同人, 2013.3  190p, 図版 [4] p ; 26cm
シリーズ名: CSJ Current Review ; 12
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1 基礎概念と研究現場 : フロントランナーに聞く / 座談会
π電子系分子の基礎
π電子研究の歴史と将来展望 : ほか
2 研究最前線 : 精密合成が拓くπ電子科学
芳香族連結輪状分子シクロアリーレンの科学
金属内包フラーレンのπ電子化学 ほか
3 役に立つ情報・データ : この分野を発展させた革新論文43
覚えておきたい関連最重要用語
知っておくと便利!関連情報
1 基礎概念と研究現場 : フロントランナーに聞く / 座談会
π電子系分子の基礎
π電子研究の歴史と将来展望 : ほか
8.

図書

図書
赤阪健 [ほか] 著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2016.11  x, 185p, 図版 [4] p ; 19cm
シリーズ名: 化学の要点シリーズ ; 17
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 フラーレンとは : フラーレンとは何か
炭素の同素体 ほか
第2章 様々なフラーレンの合成・構造と性質 : フラーレン
希ガス内包フラーレン ほか
第3章 フラーレンの化学反応性と分子変換法 : フラーレンの化学反応性
C60の付加様式 ほか
第4章 フラーレンの機能と応用 : 固体化学と機能
ホスト・ゲスト化学 ほか
第5章 付録 : 炭素ケージの異性体番号のつけ方
フラーレンの鏡像異性の表記法
第1章 フラーレンとは : フラーレンとは何か
炭素の同素体 ほか
第2章 様々なフラーレンの合成・構造と性質 : フラーレン
9.

図書

図書
魚崎浩平, 近藤敏啓著 ; 日本化学会編
出版情報: 東京 : 共立出版, 2016.11  x, 193p, 図版 [2] p ; 19cm
シリーズ名: 化学の要点シリーズ ; 16
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 序論 : 金属元素
原子から結晶へ ほか
第2章 金属界面の基礎 : 金属界面の電子構造
幾何構造(原子配列) ほか
第3章 金属界面の計測 : 金属界面の分析法
得られる情報 ほか
第4章 金属界面の調整と新規物質相の構築—新たな機能の発現 : 金属基板の作製
表面の清浄化 ほか
第1章 序論 : 金属元素
原子から結晶へ ほか
第2章 金属界面の基礎 : 金属界面の電子構造
10.

図書

図書
日本化学会編
出版情報: 東京 : 丸善出版, 2018.4  xv, 527p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 : 基本概念と熱力学
2章 : 界面活性剤—構造、物性、機能
3章 : ゲル—材料、性質、機能
4章 : 微粒子・分散—材料化と機能
5章 : 固体界面—デザイン化と機能
6章 : 動的・静的界面—すべり、摩擦、接着
7章 : 分子の組織化—原子、分子、ナノ粒子の配列
8章 : 測定手法
9章 : 極限環境のコロイド
1章 : 基本概念と熱力学
2章 : 界面活性剤—構造、物性、機能
3章 : ゲル—材料、性質、機能
概要: 1997年の初版発行から定評のある本書の9年振りの全面改訂版。コロイドと界面化学の基礎をじっくりと解説。応用面では既存技術を丁寧に、医薬・バイオ・電子・電池などの最先端技術を興味深く、さらに最新の測定法のキーポイントを解説。今回の改訂では、 とくにゲル、微粒子および電子顕微鏡に新規項目を追加し、DDS、抗血栓材料、燃料電池などの先端技術は刷新した。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼