close
1.

図書

図書
岸輝雄, 桑原誠著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.6  xi, 214p ; 21cm
シリーズ名: 岩波講座現代工学の基礎 ; 材料系 ; 5
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
森正保著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2001.9  viii, 154p ; 21cm
シリーズ名: ベーシック化学シリーズ / 大木道則編集 ; 1
所蔵情報: loading…
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
小村照寿著
出版情報: 東京 : 三共出版, 2004.10  viii, 252p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 原子構造, 化学結合, 熱力学的基礎
   1-1 原子のエネルギー状態を考える 1
    1-1-1 原子軌道とは 1
    1-1-2 多電子原子 5
   1-2 化学結合 13
    1-2-1 共有結合論 13
    1-2-2 電気陰性度と結合のイオン性 18
   1-3 熱力学的な基礎 21
   問題 29
2章 共有結合性化合物
   2-1 分子の形を決めるのは何か 30
    2-1-1 電子対間の静電的な反発 30
    2-1-2 混成軌道 32
   2-2 結合の強さを決めるのは何か 36
    2-2-1 14族元素の水素化合物 36
    2-2-2 15族元素の水素化合物 39
    2-2-3 16族元素の水素化合物 43
    2-2-4 14族元素の水素化合物 47
   問題 52
3章 イオン結晶
   3-1 結晶構造 53
    3-1-1 球の最密充填 53
    3-1-2 二元化合物MmXu 58
   3-2 イオン性化合物 65
    3-2-1 イオン性化合物の特徴 65
    3-2-2 イオン結晶の格子エネルギー 65
    3-2-3 どんなハロゲンが金属の高酸化状態を安定化するか 71
    3-2-4 熱分解に対する安定性は、主量子数によってどう変化するか 74
    3-2-5 遷移金属塩化物の安定度は、原子番号によってどう変化するか 76
   3-3 イオン結晶の溶解 79
    3-3-1 水中への溶解 79
    3-3-2 イオンの溶媒和 81
   問題 87
4章 酸と塩基
   4-1 酸や塩基の強さを決めるのは何か 88
   4-2 溶解中の酸・塩基反応 93
   4-3 溶媒の性質と酸・塩基の強さ 94
   4-4 水の特異な性質 98
   4-5 加水分解と金属元素の溶存状態 101
   4-6 オキソ酸の電荷分布と酸性度 105
   4-7 水溶液中の酸塩基平衡 108
   問題 112
5章 酸化と還元
   5-1 酸化・還元されやすさの尺度 113
    5-1-1 標準電位 113
    5-1-2 標準電位を決める因子 115
   5-2 水の酸化と還元 121
   5-3 水素イオン濃度によって酸化状態の安定性はどう変わるか 126
   5-4 固体の溶解度はなぜ酸化数によって変わるのか 130
   5-5 炭素による酸化物の還元 135
   問題 139
5章 錯体の反応
   6-1 錯体の立体構造 140
   6-2 錯体の安定度 142
    6-2-1 溶液内平衡 142
    6-2-2 金属イオンと配位子のどんな組み合わせが安定な錯体を生じるか 145
   6-3 有機金属化合物 153
   6-4 配位子置換反応はどのような機構で進むか 155
   問題 162
7章 錯体のエネルギー状態
   7-1 八面体型錯体におけるd軌道の分裂 163
   7-2 四面体型錯体におけるd軌道の分裂 165
   7-3 弱い八面体型配位子場でのエネルギー準位図 166
   7-4 強い八面体型配位子場での基底状態 170
   7-5 配位子場分裂の大きさ 171
   7-6 スピン対のつくりやすさ 172
   7-7 錯体の性質に対する配位子場分裂の効果 175
   7-8 八面体型錯体の光吸収スペクトル 180
   7-9 八面体型錯体の立体型変形 186
   7-10 平面四角形型d₈錯体 188
   問題 192
8章 固体の物性
   8-1 固体中の電子の動き 193
    8-1-1 固体のエネルギーバンド 193
    8-1-2 単体結晶の電気的性質 196
   8-2 不定比化合物 200
    8-2-1 格子欠陥 200
    8-2-2 格子欠陥と電気伝導 203
    8-2-3 固溶体の生成による電位的欠陥の発生 209
    8-2-4 固溶による格子欠陥の形成 210
   問題 217
9章 構造と機能
   9-1 イオン伝導体-α-Aglはなぜイオン伝導性を示すのか 218
   9-2 強磁性体-フェライトは、なぜ強磁性を示すのか 223
    9-2-1 スピネル型構造 223
    9-2-2 磁気的性質 226
   9-3 二次元性固体一層間化合物 231
   9-4 ホスト・ゲスト化合物 235
   9-5 強誘電体 239
   問題 245
付表 246
索引 249
1章 原子構造, 化学結合, 熱力学的基礎
   1-1 原子のエネルギー状態を考える 1
    1-1-1 原子軌道とは 1
4.

図書

図書
西本右子, 小棹理子著
出版情報: 東京 : 丸善, 2010.12  vii, 165p ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
T.W. Swaddle [著] ; 石原浩二, 高木秀夫, 矢野良子訳
出版情報: 東京 : 東京化学同人, 1999.3  xiii, 468p ; 22 cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
内田希 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2000.4  v, 157p ; 26cm
シリーズ名: ニューテック・化学シリーズ
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
Tsuneo Imamoto
出版情報: London : Academic Press, c1994  xvii, 154 p. ; 24 cm
シリーズ名: Best synthetic methods
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
斎藤一夫著
出版情報: 東京 : 培風館, 1983.1  v, 230p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
垣花秀武[ほか]著
出版情報: 東京 : 廣川書店, 1964.10  429p ; 22cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
中井敏夫, 斉藤信房, 石森富太郎編
出版情報: 東京 : 丸善, 1974  707p ; 27cm
シリーズ名: 無機化学全書 ; 17-3
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼