close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
志村史夫, 小林久理眞著
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2003.2  viii, 231p ; 21cm
シリーズ名: したしむ物理工学
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1. 序論 1
   1.1 自然科学と数学 2
   1.2 数 14
   1.2.1 数の歴史 14
   1.2.2 数の種類 20
   チョット休憩●1 ピタゴラス 38
   演習問題 39
2. 座標 41
   2.1. 平面と空間の数量化 42
   2.1.1 遠近法 42
   2.1.2 座標の導入 44
   2.1.3 座標変換 48
   2.2 位相空間と図形の数量化 53
   2.2.1 位相空間 53
   2.2.2 図形の数量化 55
   チョット休憩●2 デカルト 57
   演習問題 58
3. 関数とグラフ 59
   3.1 関数の導入 60
   3.1.1. 物体の運動の表現 60
   3.1.2 関数発見の背景 63
   3.2 n次関数 66
   3.2.1 1次関数 66
   3.2.2 2次関数 69
   3.2.3 3次関数 73
   3.2.4 4次関数 79
   3.3 三角関数 80
   3.4 指数関数と対数関数 83
   チョット休憩●3 アーベルとガロア 87
   演習問題 89
4. 微分と積分 91
   4.1 微分法と積分法 92
   4.1.1 微分法 92
   4.1.2 積分法 95
   4.2 微分・積分計算 99
   4.2.1 n次関数 99
   4.2.2 三角関数 105
   4.2.3 指数関数と対数関数 111
   4.2.4 テイラー展開 121
   4.3 偏微分と微分方程式 123
   4.3.1 偏微分 123
   4.3.2 微分方程式 126
   チョット休憩●4 ライプニッツとニュートン 128
   演習問題 130
5. ベクトルとベクトル解析 131
   5.1 ベクトルの基礎 132
   5.1.1 スカラーとベクトル 132
   5.1.2 ベクトルの表現 134
   5.2 ベクトルの演算 136
   5.2.1 和と差 136
   5.2.2 積 139
   5.2.3 ベクトルの微分 145
   5.2.4 演算子 147
   5.2.5 ベクトル演算と電磁気学 155
   チョット休憩●5 マックスウェル 161
   演習問題 162
6. 線形代数 163
   6.1 連立方程式と行列 164
   6.1.1 連立方程式と解 164
   6.1.2 行列 165
   6.2 線形代数の物理的展開 172
   6.2.1 連成振り子 172
   6.2.2 量子力学 181
   チョット休憩●6 ケイリー 185
   演習問題 187
7. 確率と統計 189
   7.1 確率と統計の基礎 190
   7.1.1 場合の数・順列・組み合わせ 190
   7.1.2 確率と集合 194
   7.1.3 確率の分布 200
   7.2 物理学への応用 203
   7.2.1 量子論的粒子の存在状態 203
   7.2.2 スターリングの方式 208
   7.2.3 ガウス分布とポアッソン分布 209
   チョット休憩●7 パスカル 218
   演習問題 219
   演習問題の解答 221
   参考図書 226
   索引 227
1. 序論 1
   1.1 自然科学と数学 2
   1.2 数 14
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
大島久次原著
出版情報: 東京 : 共立出版, 2003.3  x, 350p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章 序説
   1.1 建築の設計技術・施工技術・管理技術 1
   1.2 建築施工法の定義と取り扱う範囲 1
2章 施工業務
   2.1 工事関係者 3
   2.1.1 建築主/コンサルタント 3
   2.1.2 公的資格 その1:建築士 3
   2.1.3 公的資格 その2:建築施工管理技士 3
   2.1.4 設計者 5
   2.1.5 工事監理者 5
   2.1.6 工事施工者 6
   2.1.7 建設業 6
   2.1.8 ジョイントベンチャー(共同企業体) 7
   2.1.9 下請負会社 8
   2.1.10 一括下請負の禁止・中間搾取の排除・職業紹介の禁止・支払いの促進 8
   2.1.11 間接関係者 9
   2.2 施工方式と請負契約 10
   2.2.1 直営 10
   2.2.2 請負契約 10
   2.2.3 工事施工者の選定 11
   2.2.4 入札の順序方法 12
   2.3 施工管理と経理業務 14
   2.3.1 現場の施工管理とその理念 14
   2.3.2 工事費明細書と実行予算 15
   2.3.3 実行予算の分類 16
   2.3.4 支払い・竣工・かし(瑕疵)担保の責任 16
   2.4 労務と安全衛生の管理 17
   2.4.1 労働条件 17
   2.4.2 安全衛生の管理 18
   2.5 官公庁その他の手続き 18
3章 施工計画
   3.1 工事計画の基本的考え方 20
   3.2 工事工程表 21
   3.2.1 基本工事工程表 21
   3.2.2 工種別または部位別工程表 22
   3.2.3 列記式工程表 23
   3.2.4 工程表の形式 23
   3.3 ネットワークによる工程管理 23
   3.3.1 PERTとCPM 23
   3.3.2 ネットワーク図の用語と構成 24
   3.3.3 クリティカルパスと作業期間の調整 25
   3.3.4 ネットワークの用語とその表示の仕方 25
   3.3.5 横線グラフ式とネットワーク式 28
4章 各種建築工事の施工法
   4.1 建築工事用機械器具類 30
   4.1.1 概要 30
   4.1.2 原動機および空気圧縮機 31
   4.1.3 揚重,移動用機械 33
   4.2 基礎地盤調査 46
   4.2.1 概要 46
   4.2.2 地盤調査 46
   4.2.3 土質検査 50
   4.2.4 地耐力試験 53
   4.2.5 杭支持力試験 54
   4.3 総合仮設工事 57
   4.3.1 概要 57
   4.3.2 仮設道路・仮設構台 60
   4.3.3 危害防止と仮囲い 62
   4.3.4 工事事務所 62
   4.3.5 仮設宿舎 65
   4.3.6 現場敷地内の便所 65
   4.3.7 材料置場 65
   4.3.8 仮設用電力,電灯設備,給排水設備 66
   4.3.9 なわ張り,やりかた,ベンチマーク 73
   4.3.10 足場,さん橋,防護柵 75
   4.4 土工事 88
   4.4.1 概要 88
   4.4.2 土工用機械器具類 88
   4.4.3 根切り工事 95
   4.4.4 土運搬 96
   4.4.5 山止め 96
   4.4.6 排水工事 106
   4.5 地業および基礎工事 108
   4.5.1 概要 108
   4.5.2 砂,砂利,地肌地業 108
   4.5.3 杭打ち工事 110
   4.5.4 杭打ち工事用機械器具 116
   4.5.5 特殊地業工事 119
   4.5.6 場所打ちコンクリート杭工事(ピヤ地業工事) 120
   4.5.7 地盤の改良工法 126
   4.5.8 基礎地業 128
   4.6 コンクリートおよび鉄筋コンクリート工事 129
   4.6.1 概要 129
   4.6.2 型わく工事 129
   4.6.3 鉄筋工事 143
   4.6.4 コンクリート工事 156
   4.6.5 品質の管理 173
   4.6.6 コンクリート工事用機械器具類 190
   4.6.7 コンクリートプレファブ工事 197
   4.6.8 プレストレストコンクリート工事 201
   4.7 ALC工事 206
   4.7.1 概要 206
   4.7.2 ALCパネルの用い方 208
   4.7.3 ALCパネルの施工法 209
   4.8 鉄骨工事 210
   4.8.1 概要 210
   4.8.2 工業加工 210
   4.8.3 現場作業 222
   4.8.4 鉄骨工事用機械器具 224
   4.9 メーソンリー工事 225
   4.9.1 概要 225
   4.9.2 メーソンリー構造工事 225
   4.9.3 れんがおよび石工事 233
   4.10 木工事 239
   4.10.1 概要 239
   4.10.2 搬入 246
   4.10.3 木造屋根組工法 247
   4.10.4 木造土台・床組工法 248
   4.10.5 木造耐震(耐風)軸組工法 249
   4.10.6 加工 251
   4.10.7 建方 252
   4.10.8 造作工事 252
   4.10.9 木工事用機械器具類 253
   4.11 屋根およびかざり工事 254
   4.11.1 屋根工事 254
   4.11.2 かざり工事 257
   4.12 防水工事 258
   4.12.1 概要 258
   4.12.2 アスファルト防水工事 258
   4.12.3 改質アスファルトシート防水工事 271
   4.12.4 シート防水工事 274
   4.12.5 塗膜防水工事 279
   4.12.6 ステンレスシート防水工事 281
   4.12.7 シーリング工事 284
   4.13 左官工事 287
   4.13.1 概要 287
   4.13.2 塗り下地 287
   4.13.3 工法 289
   4.13.4 左官工事用機械器具類 295
   4.14 タイル・テラコッタ・張石・テラゾ工事 295
   4.14.1 概要 295
   4.14.2 タイル工事 295
   4.14.3 張石工事 305
   4.15 金属工事 304
   4.15.1 概要 304
   4.15.2 構造・取付け用金物 304
   4.15.3 下地金物 304
   4.15.4 工作物・保護金物 304
   4.15.5 装飾金物 304
   4.15.6 取付け方法 304
   4.16 内装工事 305
   4.16.1 概要 305
   4.16.2 床仕上げおよび敷物工事 305
   4.16.3 壁および天井工事 306
   4.16.4 カーテンおよびベネシャンブラインド 307
   4.17 塗装工事 307
   4.17.1 概要 307
   4.17.2 塗装 308
   4.17.3 塗装工事用機械器具類 316
   4.18 建具工事 317
   4.18.1 概要 317
   4.18.2 木製建具 318
   4.18.3 金属製建具 318
   4.19 カーテンウォール 321
   4.19.1 概要 321
   4.19.2 メタルカーテンウォール 324
   4.19.3 プレキャストコンクリート・カーテンウォール 329
   4.20 ガラス工事 332
   4.20.1 概要 332
   4.20.2 設計上の注意事項 333
   4.20.3 板ガラス工事 334
   4.20.4 デッキガラス工事 336
   4.21 排水工事 336
   4.21.1 概要 336
   4.21.2 工法 337
5章 仕様書
   5.1 概要 338
   5.2 仕様書(特記)の記載例 338
索引 345
1章 序説
   1.1 建築の設計技術・施工技術・管理技術 1
   1.2 建築施工法の定義と取り扱う範囲 1
3.

図書

図書
鍾少華編著 ; 泉敬史, 謝志宇訳
出版情報: 川口 : 日本僑報社, 2003.1  350p ; 19cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
広瀬立成著
出版情報: 東京 : 講談社, 2003.3  196p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1406
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 5
I章 豊かな世界―真空
   1 新しい真空像
   1-1 真空パック 14
   1-2 真空はからっぽか? 16
   1-3 二つの理論 18
   1-4 二一世紀の科学革命 20
II章 マクロの真空
   2 真空を求めて
   2-1 ギリシア時代の真空 24
   2-2 自然は真空を嫌う 26
   2-3 真空嫌悪をふきとばす 28
   2-4 はじめての真空 31
   2-5 マグデブルクの半球 34
   3 もっと真空を
   3-1 真空をつくる 37
   3-2 真空ポンプ 40
   3-3 分子を運ぶ 42
   3-4 自然界の真空 44
   4 ゆがむ真空
   4-1 流れる時間 48
   4-2 固有時間 50
   4-3 縮む真空 53
   4-4 ロケットの中の真空 57
   4-5 鋭敏な嗅覚 60
III章 ミクロの真空
   5 真空と物質
   5-1 デモクリトスのアトム 66
   5-2 原子論の復活 69
   5-3 隙間だらけの原子 70
   5-4 いろいろな素粒子 73
   6 真空と素粒子
   6-1 クオークの登場 76
   6-2 粒子に世代が 79
   6-3 閉じこめられたクオーク 82
   6-4 漸近的自由とは 84
   6-5 物質のたまねぎ 87
   6-6 自然界の秩序 90
   7 真空と量子力学
   7-1 原子のなかの真空 94
   7-2 常識を破る 96
   7-3 不確定な世界 99
   7-4 力の伝播 102
   7-5 やっかいな重力 104
   8 分極する真空
   8-1 電子が充満していた真空 109
   8-2 ダイナミックな真空 111
   8-3 巧妙なやりかた 114
   8-4 変化する定数 116
   8-5 色と香り 119
   8-6 反遮蔽効果 122
   8-7 気味の悪い話 125
IV章 宇宙と真空
   9 相転移する真空
   9-1 分解と統合 130
   9-2 尺度を変える 133
   9-3 隠された対称性 136
   9-4 理想から現実へ 139
   9-5 大統一の世界へ 142
   9-6 壁の崩壊 144
   9-7 消える物質 147
   10 宇宙開闢と真空
   10-1 プランク世界へ 150
   10-2 重力の量子力学 153
   10-3 ひもの登場 155
   10-4 超対称性 157
   10-5 壁の崩壊 160
   10-6 10次元の真空 163
   10-7 隠された次元 166
   11 進化する真空
   11-1 ギリシアの奇跡 170
   11-2 拡大する真空 173
   11-3 真空と宇宙開闢 175
   11-4 M理論 178
   11-5 ヘテロ超ひも 180
   11-6 真空のインフレーション 183
   11-7 宇宙の主役 185
参考図書 190
索引
はじめに 5
I章 豊かな世界―真空
   1 新しい真空像
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
国立高等専門学校材料科学研究会編
出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 2003.3  xii, 286p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序 i
監修者および著者略歴 xi
第1章 先端基礎材料
   1.1 金属材料の基礎 1
   1.1.1 金属,合金とは 1
   1.1.2 金属材料の特徴 2
   1.1.3 金属材料の現状と未来 5
   1.2 セラミックス 6
   1.2.1 セラミックスとは 6
   1.2.2 セラミックス材料の特徴 7
   1.2.3 セラミックス材料の現状と未来 10
   1.3 高分子 11
   1.3.1 高分子材料とは 11
   1.3.2 高分子の特徴 12
   1.3.3 高分子の種類 14
   1.3.4 高分子の骨格構造 19
   1.3.5 熱可塑性と熱硬化性樹脂 21
   1.3.6 高分子の架橋構造 21
   1.3.7 先端高分子材料 22
   1.4 有機化合物 27
   1.5 炭素繊維 31
   参考文献 35
第2章 機械系材料Ⅰ
   2.1 金属材料Ⅰ 37
   2.1.1 金属材料の基本構造と特性 37
   2.1.2 構造用材料 47
   2.1.3 機能性合金 54
   2.2 セラミックス材料 61
   2.2.1 セラミックスとは 61
   2.2.2 セラミックス材料の種類と製法 63
   2.2.3 エンジニアリングセラミックス 71
   参考文献 76
第3章 機械系材料Ⅱ
   3.1 高分子材料 79
   3.1.1 構造材料としての高分子 79
   3.1.2 エンジニアリングプラスチック 80
   3.1.3 機能性高分子材料 86
   3.1.4 高強度・高弾性率高分子材料 86
   3.2 複合材料 90
   3.2.1 複合材料とは 90
   3.2.2 複合材料の製造法による分類 92
   3.2.3 金属系複合材料 93
   3.2.4 高分子系複合材料 94
   3.2.5 セラミックス系複合材料 94
   3.2.6 複合則 95
   参考文献 97
第4章 電気・電子・情報系材料Ⅰ
   4.1 導電材料 100
   4.1.1 電線材料 101
   4.1.2 抵抗材料 105
   4.1.3 特殊導電材料 108
   4.2 絶縁・誘電材料 110
   4.2.1 気体絶縁材料 111
   4.2.2 液体絶縁材料 115
   4.2.3 固体絶縁材料 117
   4.2.4 特殊絶縁材料 121
   4.3 磁性材料 122
   4.3.1 磁気現象 122
   4.3.2 硬磁性材料 123
   4.3.3 軟磁性材料 124
   4.3.4 特殊磁性材料 126
   4.4 超伝導材料 128
   4.4.1 超伝導現象 128
   4.4.2 高温超伝導線材 130
   4.5 フラーレン 131
   4.5.1 フラーレンとは 131
   参考文献 132
第5章 電気・電子・情報系材料Ⅱ
   5.1 半導体材料 133
   5.1.1 半導体とは 133
   5.1.2 半導体の種類 134
   5.1.3 エネルギー帯構造 143
   5.1.4 N形おいびP形半導体のエネルギー帯構造 146
   5.1.5 フェルミ準位 148
   5.2 電子デバイス 149
   5.2.1 PN接合デバイス 150
   5.2.2 各種ダイオード 151
   5.2.3 太陽電池 155
   5.3 トランジスタ 156
   5.3.1 接合形トランジスタ 156
   5.3.2 電界効果形トランジスタ 159
   5.3.3 パワーエレクトロニクス素子 161
   参考文献 163
第6章 電気・電子・情報系材料Ⅲ
   6.1 集積回路 165
   6.1.1 集積回路 165
   6.1.2 メモリデバイス 167
   6.2 オプトエレクトロニクス材料 168
   6.2.1 発光素子材料 169
   6.2.2 発光ダイオード 169
   6.2.3 半導体レーザ 171
   6.3 受光素子材料 174
   6.3.1 光電子増倍管 174
   6.3.2 光導電材料 174
   6.3.3 フォトダイオード 175
   6.4 光通信用材料 176
   6.4.1 光ファイバ 176
   6.4.2 通信用光ファイバの種類 177
   6.4.3 光ファイバ材料の原料 178
   6.4.4 光コネクタ 179
   6.5 ディスプレイデバイス 180
   6.5.1 ブラウン管 180
   6.5.2 液晶ディスプレイ 181
   6.5.3 フォトルミネッセンス 183
   6.5.4 カソードルミネッセンス 183
   6.5.5 エレクトロルミネッセンス 184
   6.5.6 プラズマディスプレイ 185
   6.6 センサ材料 187
   6.6.1 センサとは 187
   6.6.2 センサの種類 188
   6.6.3 温度センサ 188
   6.6.4 光センサ 191
   6.6.5 力・圧力センサ 193
   6.6.6 振動・音センサ 195
   参考文献 198
第7章 土木・建築系材料Ⅰ
   7.1 金属材料Ⅱ―鉄鋼材料 201
   7.1.1 鉄の誕生 202
   7.1.2 鉄と鋼の違い 203
   7.1.3 鋼材の基本特性 204
   7.1.4 鋼材の機械的特性 206
   7.1.5 鋼材の溶接性 209
   7.1.6 土木・建築用鋼材 211
   7.1.7 鉄筋コンクリート用棒鋼,PC鋼棒 212
   7.1.8 形鋼,鋼管,鋼管杭,H形鋼杭 213
   7.1.9 鉄塔用高張力鋼材 213
   7.2 コンクリート 214
   7.2.1 セメント 215
   7.2.2 骨材 221
   7.2.3 混和材料 223
   7.2.4 練混ぜ水 223
   7.3 コンクリートの種類と性質 223
   7.3.1 各種コンクリート 223
   7.3.2 フレッシュ(生)コンクリートの性質 226
   7.3.3 硬化コンクリート(hardening concrete)の性質 229
   7.3.4 コンクリートの耐久性 231
   7.4 21世紀のコンクリート 232
   参考文献 235
第8章 土木・建築系材料Ⅱ
   8.1 アスファルト 237
   8.1.1 アスファルトの種類 237
   8.1.2 アスファルトの性質と利用 239
   8.1.3 アスファルトの混合物 240
   8.2 土 240
   8.2.1 土の分類と性質 240
   8.2.2 土の安定化材料 246
   8.3 高分子材料 250
   8.3.1 高分子材料の種類 250
   8.3.2 合成ゴム 250
   8.3.3 合成樹脂 251
   8.3.4 合成繊維 251
   8.3.5 液状高分子材料 253
   8.4 木材 253
   8.4.1 木材の特徴と分類 253
   8.4.2 木材の力学的性質 254
   8.5 石材 254
   8.5.1 岩石の分類と性質 254
   8.5.2 石材の用途 255
   参考文献 256
第9章 環境と材料
   9.1 バーゼル条約 257
   9.2 リサイクル 260
   9.3 ダイオキシン 263
   9.4 環境ホルモン 265
   9.5 自動車産業と環境 266
   9.6 環境材料用セラミックス 268
   9.7 生分解性高分子材料 270
   9.8 水質汚濁と材料 274
   参考文献 277
序 i
監修者および著者略歴 xi
第1章 先端基礎材料
6.

図書

図書
水野幸男編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2003.3  x, 199p ; 22cm
シリーズ名: 経営科学のニューフロンティア / 伊理正夫 [ほか] 編 ; 15
所蔵情報: loading…
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
鈴木正人著
出版情報: 東京 : サイエンス社, 2003.3  iv, 192p ; 21cm
シリーズ名: Information science & engineering ; S8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 ソフトウェア工学とは? 1
   1.1 計算機の発展とソフトウェア 2
   1.2 ソフトウェア工学の誕生 6
   1.3 ソフトウェア工学の目標 11
第2章 ソフトウェア開発プロセス 13
   2.1 プロセスとプロダクト 14
   2.2 ウォーターフォールモデル 16
   2.3 スパイラルモデルとその発展形UP 16
   2.4 ソフトウェア開発における問題 20
第3章 構造化分析/設計 23
   3.1 構造化分析 24
   3.2 構造化設計 32
   3.3 構造化分析/設計の限界 42
第4章 オブジェクト指向開発 47
   4.1 拡張と再利用に関する問題 48
   4.2 オブジェクト指向の導入 56
   4.3 オブジェクト指向によるプログラム作成手順 63
   4.4 プログラミングから分析・設計へ 76
第5章 オブジェクト指向分析 81
   5.1 仕様の定義 82
   5.2 モデル化の手法 84
   5.3 分析と設計の違いは何か? 89
第6章 UML:統一モデリング言語 95
   6.1 UMLによる表記 96
   6.2 UML図の分析における役割 102
   6.3 モデルの洗練 109
   6.4 振舞い図 122
   6.5 相互作用図 126
   6.6 図の整合性 130
第7章 設計と実装 137
   7.1 設計モデル 138
   7.2 実装モデル 146
第8章 テスト,保守,再利用 153
   8.1 テスト 154
   8.2 アーキテクチャとパターン 161
   8.3 ソフトウェアコンポーネント 170
   8.4 XP(エクストリームプログラミング) 174
   参考文献 178
   主な演習問題の解答例 181
   索引 191
第1章 ソフトウェア工学とは? 1
   1.1 計算機の発展とソフトウェア 2
   1.2 ソフトウェア工学の誕生 6
8.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
宮入裕夫著
出版情報: 東京 : 技報堂出版, 2003.3  vi, 310p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 材料の変形と強さ 1
   1.1 丸棒と柱 1
   1.2 横荷重をうける梁 9
   1.3 梁の強さと変形の防止 15
   1.4 曲げ強さと剛性 17
   1.5 積層界面の役割 22
   1.6 負荷形態と弾性率 25
第2章 複合材料の力学的挙動 29
   2.1 材料の弾性挙動とHooke則 30
   2.2 垂直応力とせん断応力 32
   2.3 一方向強化材の弾性率と複合則 34
   2.4 異方性板のHooke則 37
   2.5 脆性材料の強化 39
   2.5.1 CFの補強効果 39
   2.5.2 CFの強化と力学的挙動 40
第3章 複合材料と機能 47
   3.1 軽量性 47
   3.2 耐食性 49
   3.3 エネルギ吸収能 58
   3.4 耐熱特性 60
   3.5 耐摩耗性 63
   3.6 電気絶縁特性 66
   3.7 電波透過性 67
   3.8 断熱特性と緩衝性 69
   3.9 音響特性 70
第4章 積層構造と軽量性 73
   4.1 軽量性と曲げ剛性 74
   4.2 サンドイッチ板とハイブリッド板 76
   4.2.1 複合材の構成と複合板 77
   4.2.2 ハイブリッド板 78
   4.2.3 サンドイッチ板 79
   4.3 サンドイッチ板の応力と剛性 86
   4.3.1 サンドイッチ板の応力 86
   4.3.2 サンドイッチ板の剛性 88
   4.4 木材の積層板(合板) 89
   4.4.1 木材の物性 89
   4.4.2 合板と集成材の構成 90
第5章 複合材料の成形加工 93
   5.1 繊維の形態と成形法 94
   5.2 ハンドレイアップ(HLU)成形法 96
   5.3 スプレイアップ(SUまたはSpU)成形法 98
   5.4 フィラメントワインディング(FW)成形法 99
   5.5 レジントランスファー(RTM)成形法 101
   5.6 プレス(圧縮)成形法 103
   5.6.1 コールドプレス(CP)成形法 103
   5.6.2 ホットプレス(MMD)成形法 104
   5.7 引抜き成形法 108
   5.8 真空パック成形法 109
   5.9 オートクレーブ成形法 111
第6章 繊維強化材と機能材料 113
   6.1 ガラス繊維 114
   6.1.1 ガラス繊維の種類 114
   6.1.2 ガラス長繊維の製造方法 116
   6.1.3 ガラス繊維の形態と成形方法 118
   6.1.4 ガラス繊維の表面処理 121
   6.1.5 ガラス繊維の機能的特性 123
   6.1.6 ガラス繊維強化材の用途 124
   6.2 炭素繊維 126
   6.2.1 炭素繊維の特性と分類 127
   6.2.2 炭素繊維の構造と機能 128
   6.2.3 ピッチ系炭素繊維 130
   6.2.4 PAN系炭素繊維 133
   6.2.5 CFRPの機能的特性と用途 139
   6.3 アルミナ繊維 139
   6.3.1 アルミナ繊維の種類と物性 140
   6.3.2 アルミナ繊維強化複合材料 143
   6.3.3 アルミナ長繊維の物性と用途 146
   6.4 炭化ケイ素繊維 147
   6.4.1 炭化ケイ素繊維(ニカロン) 148
   6.4.2 炭化ケイ素(チラノ)繊維 152
   6.5 アラミド繊維 157
   6.5.1 ポリアミド繊維の構造と物性 158
   6.5.2 パラ系芳香族ポリアミドの構造と物性 159
   6.5.3 アラミド繊維の用途 162
   6.6 超高強度ポリエチレン繊維 166
   6.6.1 超高強度ポリエチレンの製造 167
   6.6.2 超高強度ポリエチレン繊維の物性 169
   6.6.3 超高強度ポリエチレン繊維の応用 171
   6.7 ポリエステル繊維 173
   6.7.1 ポリエステル繊維の物性 173
   6.7.2 表面処理 174
   6.7.3 ポリエステル繊維の用途 175
第7章 熱的特性に関する材料設計 179
   7.1 比熱と熱伝導率 180
   7.2 繊維強化材の熱膨張率 183
   7.3 熱膨張率と発生する応力 185
   7.4 熱変形を考慮したHooke則 189
   7.5 積層構造の熱変形 190
   7.6 CFRPの熱的特性 193
第8章 材料の機能設計 197
   8.1 機能的特性の発掘 197
   8.2 軽量化設計 199
   8.2.1 負荷形態と基本部材の軽量化 199
   8.2.2 平板の軽量化 201
   8.2.3 軽量性と座屈メリット 210
   8.3 遮音材料の設計 213
   8.3.1 吸音性と遮音性 214
   8.3.2 吸音,遮音材料 215
   8.3.3 遮音性能を有する鈴構造 216
   8.4 制振材料 217
   8.5 耐摩耗,耐摩耗性の設計 222
   8.5.1 充てん材と耐摩耗,耐摩擦性 222
   8.5.2 耐摩耗,耐摩擦特性に及ぼす因子 224
   8.5.3 湿潤摩擦 226
   8.5.4 FRPの磨耗,摩擦過程と評価 228
   8.6 電磁気的特性 230
   8.6.1 電磁気的性質 230
   8.6.2 電気伝導率 231
   8.6.3 電磁遮蔽特性 233
   8.6.4 電磁気特性の応用 236
   8.7 機能設計 238
第9章 複合機能と製品設計 241
   9.1 プラスチック系構造用材料 242
   9.1.1 浴槽および浴槽ユニット 242
   9.1.2 大形浴器とタンク類 244
   9.1.3 合併浄化槽 246
   9.2 FRP構造体の設計 250
   9.2.1 FRP大形容器の種類 250
   9.2.2 FRP製パネルタンクの設計 252
   9.2.3 FRP構造の設計 262
   9.3 FRP製フライホイール 265
   9.3.1 フライホイールに蓄えられるエネルギ 266
   9.3.2 基材構成と成形方法 268
   9.4 FRP製コイルばね 270
   9.4.1 フィラメントワインディング(FW)成形法 270
   9.4.2 コイルばねの応力と断面形状 270
   9.4.3 FRP製コイルばね 271
   9.5 自動車用リーフスプリング 277
   9.5.1 FRP製板ばねの物性 277
   9.5.2 FRPリーフスプリングの設計 278
   9.5.3 リーフスプリングの設計と成形方法 284
第10章 未来材料(知能・資源・環境) 287
   10.1 材料の歴史と高機能化 288
   10.1.1 材料の歴史 288
   10.1.2 知能化と材料 289
   10.1.3 環境対応と資源の活用 290
   10.2 生体と知能材料 291
   10.2.1 生体の機能と材料 291
   10.2.2 高機能化と知能化 293
   10.2.3 センサ材料とアクチュエータ材料 295
   10.2.4 高機能材料と知能材料 297
   10.3 環境と材料 298
   10.3.1 有害化学物質 298
   10.3.2 内分泌撹乱化学物質(環境ホルモン) 299
   10.4 資源の有効利用 301
   10.4.1 資源の活用 301
   10.4.2 プラスチックの再資源化 301
   10.4.3 廃材の活用と設計 304
第1章 材料の変形と強さ 1
   1.1 丸棒と柱 1
   1.2 横荷重をうける梁 9
9.

図書

図書
森田勝弘, 長瀬嘉秀, 樋口博昭著
出版情報: 東京 : ソフト・リサーチ・センター, 2003.2  217p ; 21cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
日本建築技術者指導センター編 ; 宇都宮新, 久留達雄, 笠井弘人著
出版情報: 東京 : 霞ケ関出版社, 2003.1  vii, 259p ; 18cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Ⅰ 製図の基本
   1. 図面とは 2
   2. 図面と模型 4
   3. 正投影図法 6
   4. 軸測投影図法 8
   5. 透視図法 10
   6. 建築の製図 12
   7. 製図の用具 14
   8. 製図の用紙と大きさ 16
   9. 線の種類と引き方 18
   10. 製図の文字・数字 20
   11. 尺度と寸法 22
   12. 表示記号 24
   13. まとめ 28
Ⅱ 建築の設計製図
   1. 設計と図面 30
   2. 計画の図面 32
   3. 実施設計の図面 34
   4. 製図の手順 36
   5. 平面図 38
   6. 立面図 40
   7. 断面図 42
   8. 構造図 44
   9. 基礎伏図 46
   10. 床伏図 48
   11. 小屋伏図 50
   12. 矩計図(矩計詳細図) 52
   13. 屋根伏図 56
   14. 天井伏図 58
   15. 図面の構成 60
   16. まとめ 62
Ⅲ 木構造
   1. 木構造の基本 64
   2. 骨組(軸組) 66
   3. ラーメンとトラス 68
   4. 軸組の構成 70
   5. 木構造と材料 72
   6. 基礎Ⅰ 74
   7. 基礎Ⅱ 76
   8. 土台・柱 78
   9. 梁(はり) 80
   10. 筋かい・方杖・火打 82
   11. 和小屋と洋小屋 84
   12. 屋根の形と勾配 86
   13. 仕口および金物 88
   14. 真壁と大壁 90
   15. 構造と仕上げと詳細 92
   16. 床(ゆか) 94
   17. 壁と天井 96
   18. 内のり 98
   19. 出入口 100
   20. 窓 102
   21. 屋根 104
   22. 階段 106
   23. 仕上材料 108
   24. 2階建ての矩計図 110
   25. まとめ 112
Ⅳ 木造2階建住宅の設計
   1. 木造2階建住宅 114
   2. 設計構想の基本 116
   3. 1階平面図 118
   4. 2階平面図 120
   5. 断面図 122
   6. 立面図 124
   7. 展開図 126
   8.矩計図 128
   9. 基礎伏図 130
   10. 1階床伏図 132
   11. 2階床伏図 134
   12. 小屋伏図 136
   13. 軸組図 138
   14. まとめ 140
Ⅴ 住宅の計画例
   1. 住宅の計画 142
   2. 配置計画の考え方 Ⅰ 144
   3. 配置計画の考え方 Ⅱ 146
   4. 平面計画の考え方Ⅰ 148
   5. 平面計画の考え方Ⅱ 150
   6. 断面計画の考え方 152
   7. 平家建専用住宅 154
   8. 2階建専用住宅 156
   9. 二世代同居住宅 158
   10. 連続住宅 160
   11. 店舗併用住宅 162
   12. 美容院または理容院併用住宅 164
   13. 喫茶店併用住宅 166
   14. 診療所併用住宅 168
   15. まとめ 170
Ⅵ 鉄筋コンクリート造
   1. 鉄筋コンクリート造(RC造) 172
   2. 柱式構造と壁式構造 174
   3. 壁式RC造 176
   4. 壁式RC造の平面 178
   5. 壁式RC造の断面図と立体図 180
   6. 柱式RC造 182
   7. 柱式RC造の平面計画と構造計画 184
   8. 柱式RC造の平面図 186
   9. 柱式RC造の立面図 188
   10. 柱式RC造の断面図 190
   11. 柱式RC造の矩計図 192
   12. まとめ 194
Ⅶ 二級建築士設計製図受験の心構え
   1. 受験の準備 196
   2. 受験の心構え 197
   3. 受験の要点 198
   4. 課題と設計条件 199
   5. エスキスと時間配分 200
   6. 要求図面 201
   7. 製図要領 Ⅰ 202
   8. 製図要領 Ⅱ 203
   Ⅷ 二級建築士設計製図試験の例題
   例題1 木造2階建専用住宅 Ⅰ 206
   例題2 木造2階建専用住宅 Ⅱ 215
   例題3 木造2階事務所併用住宅 226
   例題4 RC造2階建店舗 236
付録
   付1. 壁量計算 250
   A.壁量計算 250
   B. 壁量計算の例 252
   C. 告示に基づく測端部の壁の配置の検討 254
   付2. 木造小屋梁.2階床梁の寸法表 255
   付3. 仕上表 256
   付4. 住宅部材リスト 257
   付5. 階段の寸法 258
Ⅰ 製図の基本
   1. 図面とは 2
   2. 図面と模型 4
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼