close
1.

図書

図書
帯刀益夫著
出版情報: 東京 : 新曜社, 2014.1  viii, 241, 10p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 : 進化における「自然選択」と「文化選択」
1 : 先祖の「サル」から「ヒト」への進化
2 : ヒトの進化をゲノムから解きあかす
3 : ヒトの特色はいかにして生まれたか
4 : ヒトから人間への進化
5 : 文化と遺伝子の共進化
6 : 人間に未来はあるか
序章 : 進化における「自然選択」と「文化選択」
1 : 先祖の「サル」から「ヒト」への進化
2 : ヒトの進化をゲノムから解きあかす
概要: 「ヒト」は自ら作り出した「文化」による選択を受けて「人間」となった—「自然選択」による遺伝子進化だけでは、とうてい「先祖のサル」から「人間」への進化を説明できない。最新の生命科学と人間科学が交差する、人間進化への新しい視点。
2.

図書

図書
帯刀益夫著
出版情報: 東京 : 早川書房, 2010.5  386p ; 18cm
シリーズ名: ハヤカワ新書juice ; 013
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
帯刀益夫著
出版情報: 東京 : 新曜社, 2018.4  xi, 265, 8p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 利己的遺伝子と乗り物の戦い
第2章 : 利己的遺伝子が進めた細菌の遺伝子進化
第3章 : 真核細胞の出現
第4章 : 真核細胞の寿命と死
第5章 : 動物細胞の利己性
第6章 : 人間が「利己的遺伝子」を操る時代
第7章 : 始原細胞はどのようにして創られたか
第8章 : 「利己的遺伝子」仮説から「利己的細胞」仮説へ
第1章 : 利己的遺伝子と乗り物の戦い
第2章 : 利己的遺伝子が進めた細菌の遺伝子進化
第3章 : 真核細胞の出現
概要: 細胞は、利己的遺伝子に操られたロボットなのか?最新の細胞生物学、分子遺伝学の研究成果をもとに再検討。利己的なのは、生存のためゲノムを操作する「細胞という乗り物」であり、「生き物」の真の姿は、遺伝子と細胞が相克しあいながら「死を賭して生きる」 ことである。細胞進化の歴史から見えてきた、遺伝子と細胞の関係の新しい理解。 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼