close
1.

図書

図書
L.G. Wade, Jr
出版情報: Upper Saddle River, N.J. ; Tokyo : Pearson Prentice Hall, c2010  xxviii, 1262, 7, 1, 12 p., [4] p. of plates ; 27 cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
大澤正治著
出版情報: 東京 : 税務経理協会, 2010.1  4, 4, 277p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに
第1章 自然循環と私たち 1
   【環境へのINPUTと環境からのOUTPUT】 14
第2章 循環製社会の特質 15
第3章 循環型社会の枠組み 21
   1 動脈連鎖と静脈連鎖 21
   2 わが国における循環型社会形成推進のための法体系 27
   【3R(REDUCE,REUSE,RECYCLE)】 32
第4章 現実と理論の検証 33
   1 わが国の物質循環 34
   2 わが国のエネルギー・フロー 38
   3 わが国の水循環 42
   4 ゴミの正体とわが国におけるゴミ処理の変遷 46
   5 ゴミの処理 52
   【INCUMENTとENTRANT】 62
   6 都市農村連携 63
   7 循環型社会を目指す企業の取組み 67
   【BILATERALとMULTILAERAL】 74
   8 生物多様性 75
   9 省エネルギー 80
   10 自然エネルギー供給促進制度 88
   11 地域通貨 94
   12 エコツーリズム 99
   13 環境教育 106
第5章 先例といわれている循環型社会 113
   1 日本の経験 114
   2 ドイツにおけるDSDシステムの経験 120
第6章 循環型社会の現場を垣間見る 127
   1 日本の倉と蔵 128
   2 渥美半島表浜のアカウミガメ 133
   3 人間と神そして自然環境の邂逅,豊根村の花祭り 140
   4 森が海を育てる沖縄山原 146
   5 沖縄高島型集落の風景,芭蕉布と共同店 153
   6 デンマークの集中型バイオガスプラントシステム 160
   7 スウエーデンの森林管理 167
   8 フィンランド流エコ心,ルオム 173
   9 循環型社会への道,ジャカルタの挑戦 178
   10 中風の水上保持,退耕還林,還早 183
   11 図們江開発の拠点,琿春 188
第7章 循環型社会の鍵となる行動 195
   1 分解する,合成する
   2 移動し,移動させる
   3 保存する
   4 信頼する
   5 協力する
   6 契約する
   7 借りる,返す
   8 デザインする
第8章 循環型社会のバックキャスティング,結論と提言 209
APPENDIX1 循環型社会形成のために,あなたに期待すること 217
   1 冷暖房の工夫
   2 食事の工夫
   3 節電の工夫
   4 風呂の工夫
   5 ゴミの工夫
   6 自動車の工夫
   7 その他の工夫
   8 環境を表現する工夫
APPENDIX2 循環型社会を読み解く経済学キーワード 231
   1 公共財 232
   2 外部性 234
   3 不確実性と情報の非対称性 237
   4 循環型社会における価格 240
   5 連結の経済性 244
   6 時間の価値 247
   7 コモンズ 249
   8 環境政策の手段 252
   9 LCA(Life Cycle Assesment) 255
   10 環境容量 258
おわりに 263
参考文献リスト 267
索引 273
はじめに
第1章 自然循環と私たち 1
   【環境へのINPUTと環境からのOUTPUT】 14
3.

図書

図書
知的生産の技術研究会編
出版情報: 東京 : 東洋経済新報社, 2010.1  239p ; 21cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ピーター・D・ウォード著 ; 長野敬, 赤松眞紀訳
出版情報: 東京 : 青土社, 2010.1  273, 21p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに 13
第1章 ダーウィン的生命 33
   地球生命を定義する 43
   進化が生じる方法 46
   非地球的生命はあるのか、それは必然的に非ダーウィン的生命なのか 49
第2章 進化における 「成功」 とは何か 55
   進化における成功というとらえどころのない概念 60
   最大限に成功する種のモデル 67
   成功する生物圏のモデル 68
第3章 地球上の生命に関する二つの仮説 71
   進化と生物的行動 75
   ガイア仮説 77
   メデア的生命の本質に関して 88
   仮説を検証する 92
   人間のサバイバル 113
第4章 メデア的フィードバックとグローバルな過程 115
   フィードバック・システム 118
   温度(CO2 を原因とする) 119
   生物がもたらした酸素およびCO2の長期変動 124
   生物相に仲介される略取 134
   他のメデア的効果 135
第5章 生命の歴史におけるメデア的現象 139
   DNAによる乗っ取り、四〇億年前から三七億年前(推定) 141
   メタンの大惨事、三七億年前 143
   大気酸素の最初の増加、二五億年前 144
   地球最初の氷河作用、二三億年前 145
   キャンフィールドの海洋、二〇億~一〇億年前(推定) 146
   第二のスノーボール、七億年前 149
   動物の発生、生命の減少、六億年前 150
   顕生代の微生物の大量絶滅、三億六五〇〇万~九五〇〇万年前 152
   植物による陸地の占有で急変する地球の温度、四億~二億五〇〇〇万年前 159
   デボン紀の富栄養化現象、三億六〇〇〇万年前 161
   KT 絶滅、六五〇〇万年前 162
   更新世の氷河期 163
第6章 メデアとしての人類 167
   原核生物のように振る舞う人類 170
   人口問題 173
   人類が引き起こした生物総量の減退 175
第7章 時間を通して検証される生物総量(バイオマス) 179
   生物多様性の歴史は、一方の仮説を他方の仮説よりも支持しているか 180
   地球全体の生物総量-とらえにくい結論 186
   太古の地球の二酸化炭素の歴史 189
   生物総量の推定 194
   結論は保留-モデルのありうる問題点 195
   最新の世代 197
   地球の生物圏は 「死滅」 しつつあるのか 202
第8章 予測される生物総量(バイオマス)の将来動向 203
   将来を見通すモデル 205
   二酸化炭素と植物の終わり 210
   緑色植物と酸素 218
   犯人 219
第9章 要約 221
第10章 環境主義の含意と行動方針 225
   人類と、制約なしに旅する新しい自由 227
   自然の一環としての人間 234
   環境主義の哲学的基礎 235
   ディープエコロジーの基本骨格 238
   実用的な環境主義の二、三の規則 241
   哲学的な課題 243
第11章 何をなすべきか 245
   何が起こるのか 246
   近い未来 248
   人類による温室効果ガス生産-メデア的効果か、地球の生物総量の増加か 256
   工学技術による解決法 257
   籠(かご)の中の卵 258
   宇宙船 263
   最後に 266
訳者あとがき 269
参考文献 9
索引 1
はじめに 13
第1章 ダーウィン的生命 33
   地球生命を定義する 43
5.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
林希一郎編著
出版情報: 東京 : 中央法規出版, 2010.1  v, 412p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
刊行によせて
はじめに
第1部 生物多様性を取り巻く基本的事項
 第1章 生物多様性の喪失・生態系サービスの劣化 2
   1 生物多様性の劣化と持続可能な利用 2
   2 TEEB(生態系と生物多様性の経済学) 7
 第2章 生物多様性と経済を取り巻く国際動向 11
   1 複雑な生物多様性政策を取り巻く国際条約や国際機関の関係 11
   2 生物多様性と経済を取り巻く国際的議論を概観する 14
   3 経済的インセンティブ : OECD(経済協力開発機構)の生物多様性と経済の取り組み 18
   4 生物多様性保全のための新しい革新的資金メカニズム 24
   5 生物多様性・生態系サービスのマーケット化とは 30
 第3章 生物多様性条約とは 34
   1 生物多様性条約 34
   2 生態系サービスの概要 49
第2部 生物多様性の経済学 : 基礎理論
 第4章 生物多様性の経済学の基礎 56
   1 生物多様性を取り巻く諸問題とは 56
   2 公共財としての生物多様性 59
   3 生物多様性保全と外部性 69
   4 コモンズとオープンアクセス 75
 第5章 生物多様性の環境政策の基礎理論 82
   1 さまざまな環境政策手法 82
   2 生物多様性に配慮した土地利用規制の問題点 97
   3 生物多様性保全のための土地利用規制の費用負担 : TDR制度の活用 102
   4 有機農法と認証制度 112
第3部 生物多様性・生態系の評価
 第6章 エコロジカルフットプリントと国連ミレニアム生態系評価 124
   1 生物多様性条約(CBD) 124
   2 エコロジカルフットプリント 128
   3 生態系サービス 131
 第7章 生物多様性の経済価値評価 147
   1 はじめに 147
   2 生物多様性の価値 148
   3 環境価値の評価手法と生物多様性 150
   4 CVMによる評価事 182
   5 コンジョイント分析による評価事例 165
   6 今後の課題 167
第4部 生物多様性・生態系分野の新しい環境政策手法
 第8章 生態系サービスへの支払い(PES) 172
   1 生態系サービスへの支払い(PES)とは何か 172
   2 各国の生態系サービスへの支払い(PES)の取り組み 175
   3 コスタリカの生態系サービスへの支払い(PES) 177
   4 日本における生態系サービスへの支払い(PES)類似制度 184
   5 生態系サービスへの支払い(PES)の国際的動向 190
 第9章 生物多様性オフセットと生物多様性バンキング 193
   1 生物多様性オフセットと代償ミティゲーション 193
   2 アメリカの代償ミテイデーションの制度 198
   3 アメリカの代償ミテイゲーションの事例 210
   4 その他の諸国の取り組み(EU,オーストラリア,BBOPなど) 213
第10章 遺伝資源アクセスと利益配分(ABS) 219
   1 遺伝資源アクセスと利益配分(ABS)とは何か 219
   2 事ルリから見るABS 223
   3 ABSに関する国際的な議論の経緯 230
   4 利益配分の中身は何か 239
   5 ABSと生物多様性の保全 240
   6 おわりに 241
 第11章 地球温暖化と生物多様性-森林保全策としての森林認証とREDD 246
   1 はじめに 246
   2 地球温暖化と生物多様性 247
   3 REDDの動向 254
   4 生物多様性や住民の生計に配慮したREDDプロジェクト 258
   5 今後のREDDの動向 286
第5部 生物多様性と持続可能な利用に関わる経済とビジネスの取り組み
 第12章 環境省 生物多様性民間参画ガイドライン 272
   1 生物多様性条約(CBD)と生物多様性国家戦略 272
   2 生物多様性をめぐる国際的な動き 278
   3 第三次生物多様性国家戦略の策定 278
   4 生物多様性基本法 283
   5 生物多様性民間参画ガイドライン 285
   6 生物多様性条約第10回締約国会議(CBD-COP10)に向けて 295
   7 おわりに 298
 第13章 生物多様性に関する企業の認識 : 経団連のアンケートより 300
   1 はじめに 300
   2 企業活動と生物多様性の現状 301
   3 アンケートから見る企業活動と生物多様性 305
   4 アンケートから見る生物多様性の課題とリスク 312
   5 まとめ 320
 第14章 企業による自主的な生物多様性保全の動き 323
   1 企業と生物多様性の関係性 323
   2 企業による生物多様性の保全,世界の動き 328
   3 企業の生物多様性イニシアティブ,日本の動き 335
   4 CSRと生物多様性の保全 341
   5 アジアにおける企業のイニシアティブ 343
   6 まとめ 344
 第15章 生物多様性に対する生活者の認識とマーケティング 347
   1 はじめに 347
   2 生物多様性に対する生活者の認識 348
   3 生物多様性に配慮した商品の力 355
   4 生物多様性保全に配慮した商品の企画 381
   5 生物多様性保全をブランドにつなげる 385
 第16章 生物多様性と金融 372
   1 プロジェクトファイナンス 375
   2 コーポレートローン 378
   3 個人ローン 381
   4 資産運用 383
   5 信託 389
   6 不動産 392
   7 まとめ 398
用語集
執筆者一覧
編著者紹介
刊行によせて
はじめに
第1部 生物多様性を取り巻く基本的事項
6.

図書

図書
Antonio Doménech-Carbó
出版情報: Boca Raton : CRC Press, c2010  xviii, 312 p., [8] p. of col. plates ; 25 cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Foreword
Preface
Author
List of Acronyms
Porous Materials and Electrochemistry / 1:
Porous Materials, Concept, and Classifications / 1.1:
Mixed Porous Materials / 1.2:
Electrochemistry and Porous Materials / 1.3:
Synthesis of Porous Materials / 1.4:
Material-Modified Electrodes / 1.5:
Electrode-Modified Materials / 1.6:
General Electrochemical Considerations / 1.7:
Diffusive Aspects / 1.8:
Voltammetry and Related Techniques / 1.9:
Resistive and Capacitive Effects / 1.10:
Electrochemical Impedance Spectroscopy / 1.11:
Other Techniques / 1.12:
Electrochemical Processes Involving Porous Materials / 2:
Introduction / 2.1:
General Approach / 2.2:
Continuous Layer / 2.3:
Microheterogeneous Deposits / 2.4:
Distribution of Species / 2.5:
Refinements / 2.6:
Fractal Surfaces / 2.7:
Electrocatalysis / 3:
Electrocatalysis by Surface-Confined Species / 3.1:
Electrocatalysis at Microparticulate Deposits of Porous Materials / 3.3:
Modeling Electrocatalysis at Microheterogeneous Deposits of Porous Materials: The Steady-State Approach / 3.4:
Modeling Electrocatalysis at Microheterogeneous Deposits of Porous Materials: Transient Responses / 3.5:
Electrocatalytic Mechanisms / 3.6:
Electrochemistry of Aluminosilicates / 4:
Zeolites / 4.1:
Electrochemistry of Zeolite-Associated Species / 4.3:
Topological Redox Isomers / 4.4:
Species Distribution / 4.5:
Mesoporous Materials / 4.6:
Electrochemistry of Related Materials / 4.7:
Speciation: The Maya Blue Problem / 4.8:
Electrochemistry of Metal-Organic Frameworks / 5:
Ion Insertion-Driven Electrochemistry of MOFs / 5.1:
Metal Deposition Electrochemistry of MOFs / 5.3:
Sensing and Electrocatalysis / 5.4:
Electrochemistry of Porous Oxides and Related Materials / 6:
Overview / 6.1:
Electrochemistry of Metal Oxides and Metal Oxohydroxides / 6.2:
Electrochemistry of Layered Hydroxides and Related Materials / 6.3:
Electrochemistry of POMs / 6.4:
Electrochemistry of Doped Materials / 6.5:
Porous Anodic Metal Oxide Films / 6.6:
Electrocatalysis at Metal Oxides and Related Materials / 6.7:
Site-Characteristic Electrochemistry / 6.8:
Electrochemistry of Porous Carbons and Nanotubes / 7:
Carbons as Electrochemical Materials / 7.1:
Porous Carbons / 7.2:
Carbon Nanotubes and Nanoribbons / 7.3:
Fullerenes / 7.4:
Direct Electrochemical Synthesis of Fullerenes and Nanotubes / 7.5:
Capacitance Response / 7.6:
Carbon Functionalization / 7.7:
Electrocatalytic Ability / 7.8:
Electrochemistry of Porous Polymers and Hybrid Materials / 8:
Organic-Inorganic Hybrid Materials and Nanocomposites / 8.1:
Porous Polymers / 8.2:
Hybrid Materials Based on Modification of Conducting Organic Polymers / 8.3:
Hybrid Materials Based on Modification with Conducting Polymers / 8.4:
Electrochemical Monitoring of Polymerization in Hybrid Systems / 8.5:
Dispersion of Metal and Metal Oxide Nanoparticles into Porous Solids / 8.6:
Electrochemical Sensing via Porous Materials / 9:
Electrochemical Sensing / 9.1:
Gas Sensors with Porous Materials / 9.2:
Solid-State pH and Ion-Selective Electrodes / 9.3:
Amperometric Sensing / 9.4:
Voltammetric Sensing and Selectivity / 9.5:
Enantioselective Electrochemical Sensing / 9.6:
Electrochemical Modeling of Electronic Systems / 9.7:
Supercapacitors, Batteries, Fuel Cells, and Related Applications / 10:
Electrical Energy Storage and Conversion / 10.1:
Capacitors and Supercapacitors / 10.2:
Nickel Batteries / 10.3:
Lithium Batteries / 10.4:
Fuel Cells / 10.5:
Electrocogeneration / 10.6:
Magnetoelectrochemistry and Photoelectrochemistry of Porous Materials / 11:
Magnetoelectrochemistry / 11.1:
Photoelectrochemistry / 11.2:
Photon Energy and Redox Processes / 11.3:
Photoelectrochemical Cells / 11.4:
Electrochemically Induced Luminescence and Electrochromic Materials / 11.5:
Photochemical Modulation of Electrocatalytic Processes
Microporous Materials in Electrosynthesis and Environmental Remediation / 12:
Electrosynthesis / 12.1:
Electrolytic Procedures Involving Porous Electrodes / 12.2:
Electrocatalytic Processes / 12.3:
Oxygen Evolution Reaction / 12.4:
Hydrogen Evolution Reaction / 12.5:
Electrocatalytic Oxidation of Alcohols / 12.6:
Electrochemical Degradation of Contaminants / 12.7:
Degradation/Generation / 12.8:
Photoelectrochemical Degradation / 12.9:
References
Index
Foreword
Preface
Author
7.

図書

図書
石黒広昭, 亀田達也編
出版情報: 東京 : 新曜社, 2010.1  ix, 248, 26p ; 20cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
杉原厚吉著
出版情報: 東京 : 水曜社, 2010.2  170p ; 21cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
木下勉, 小林秀明, 浅賀宏昭著
出版情報: 東京 : 南山堂, 2010.1  x, 177p ; 26cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
三省堂編修所編
出版情報: 東京 : 三省堂, 2010.2  viii, 1460p ; 19cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼