close
1.

図書

図書
edited by Shigeru Nakayama with Kunio Gotō and Hitoshi Yoshioka
出版情報: Melbourne : Trans Pacific Press, 2001-  v. ; 24 cm
シリーズ名: Japanese society series
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
Preface to the English Edition / Shigeru Nakayama
Preface
Introduction
GHQ and Demilitarization Policy / Part I:
The Scientific Intelligence Survey: The Compton Survey / Yukuo Sasamoto1:
Investigations of the Effects of the Atomic Bomb / 2:
Destruction of Cyclotrons / 3:
Demilitarization and the Peaceful Remobilization of Manpower / 4:
Military Research and its Conversion: Naval Radar Development / Miwao Matsumoto5:
The Ishii Unit / Keiichi Tsuneishi6:
Military Science and Technology in Peacetime / 7:
Academic Research and its System Under the Occupation / Part II:
The Role of Advisory Missions / 8:
The Reorganization of Research Structures / 9:
Science Engineering Education in Japanese Universities after World War II / Takashi Hata10:
The Science Council of Japan and the Scientific and Technical Administration Committee / 11:
The International Exchange of Scientific Information / 12:
Sending Scientists Overseas / 13:
The Scientific Community Post-Defeat / 14:
Research Funding in Occupied Japan / 15:
Reform of Medical Education / Hiroyuki Fujii16:
The Reorganization of Industrial and Social Systems / Part III:
The Reorganization of the Electric Power Industry / Takuji Okamoto17:
GHQ and Changes in the Postwar Telecommunications Structure / Kiyoshi Yamauchi18:
GHQ and the Patent System of Japan / Tetsuo Tomita19:
GHQ's Public Health Policy: The Quarantine Program and the Influence of DDT / Hazime Mizoguchi20:
The Population Problem and the Birth Control Program During the Occupation / 21:
The Development of Japanese Style Quality Control / 22:
Industrial Safety / Seikan Ishigai23:
Scientists and Engineers in the Postwar Democracy / Part IV:
Reporting on the Atomic Bomb and the Press Code / 24:
The Association of Democratic Scientists (Minka) / 25:
Democratization Movements in the Scientific World and the 'Red Purge,' / Toshifumi Yatsumimi26:
The Mushrooming of Popular Science Magazines / Yukio Wakamatsu27:
Marxism and Postwar Science in Japan / Kunio Goto28:
Consolidated Bibliography
Organization Chart: General Headquarters Supreme Commander for the Allied Powers (GHQ, SCAP), Tokyo, Japan, 5 June 1948 / Appendix I:
Staff Directory of GHQ/SCAP/Economic and Scientific Section/Science and Technical Division / Appendix II:
Preface to the English Edition / Shigeru Nakayama
Preface
Introduction
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
藪内清, 中山茂共著
出版情報: 川崎 : アイ・ケイコーポレーション, 2006.2  xii, 176p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1章元史授時暦経譯注 2
Ⅰ気・朔の計算 4
   Ⅰ- 0 4
   Ⅰ-1天正冬至の計算 5
   Ⅰ-2次気の計算 6
   Ⅰ-3天正経朔の計算 6
   Ⅰ-4弦望及び次朔を求む 6
   Ⅰ-5沒日の計算 6
   Ⅰ-6滅日の計算 7
Ⅱ発斂の計算 7
   Ⅱ- 0 7
   Ⅱ-1五行用事の計算 7
   Ⅱ-2節気と七十二候 8
   Ⅱ-3経朔より中気に至る日数計算 9
   Ⅱ-4発斂時刻の計算 9
Ⅲ太陽の位置計算 10
   Ⅲ- 0 10
   Ⅲ-1天正経朔・弦・望の盈縮暦に入る日数の計算 11
   Ⅲ-2盈縮差を求む 11
   Ⅲ-3赤道宿度 12
   Ⅲ-4冬至における赤道日度の計算 13
   Ⅲ-5四正における赤道日度を求む 13
   Ⅲ-6四正の赤道宿積度を求む 13
   Ⅲ-7黄赤道の換算率 14
   Ⅲ-8黄道宿度の計算 17
   Ⅲ-9黄道宿度 18
   Ⅲ-10冬至の時刻における黄道日度の計算 18
   Ⅲ-11四正の時刻における黄道日度を求む 19
   Ⅲ-12四正の晨前夜半の日度を求む 19
   Ⅲ-13四正後の毎日の晨前夜半における黄道日度を求む 19
   Ⅲ-14毎日正午の黄道日度を求む 20
   Ⅲ-15毎日正午の黄道積度を求む 20
   Ⅲ-16毎日正午の赤道日度を求む 20
   Ⅲ-17黄道十二次の宿度 20
   Ⅲ-18十二次に入る時刻を求む 21
Ⅳ月の位置計算 21
   Ⅳ- 0 21
   Ⅳ-1天正経朔における入転の計算 21
   Ⅳ-2弦・望と次の朔の入転を求む 22
   Ⅳ-3経朔・弦・望の遅疾暦に入るを求む 22
   Ⅳ-4遅暦度,転定度及び転積度 22
   Ⅳ-5遅疾差を求む 23
   Ⅳ-6朔・弦・望の定日を求む 24
   Ⅳ-7定朔・弦・望の時刻における日月の宿度の計算 24
   Ⅳ-8定朔・弦・望の時刻における赤道月度の計算 25
   Ⅳ-9朔後における平交の入転遅疾暦の計算 25
   Ⅳ-10正交の日の干支を求む 25
   Ⅳ-11正交の時刻における黄道月度の計算 26
   Ⅳ-12二至後における正交の初末限を求む 26
   Ⅳ-13定差・距差及び定限度を求む 26
   Ⅳ-14四正の赤道宿度を求む 27
   Ⅳ-15赤道上における月の正交宿度を求む 27
   Ⅳ-16正交後の赤道宿積度の入初末限を求む 27
   Ⅳ-17赤道上における月道正交後の半交での,白道〔もと九道という〕が赤道に出入する内外度と定差とを求む 27
   Ⅳ-18月の赤道に出入する内外度と白道上での去極度を求む 28
   Ⅳ-19毎交における月の白道定積度とその宿次を求む 28
   Ⅳ-20定朔・弦・望の時刻における月の白道宿度の計算 29
   Ⅳ-21定朔・弦・望の時刻と夜半・晨・昏での入転を求む 29
   Ⅳ-22夜半の月度を求む 29
   Ⅳ-23晨・昏の月度を求む 30
   Ⅳ-24毎日の晨昏での月の白道宿次を求む 30
Ⅴ中星の推算 30
   Ⅴ- 0 30
   Ⅴ-1黄道が赤道に出入する内外度,去極度及び半晝夜の表 31
   Ⅴ-2毎日の黄道上の太陽が赤道に出入する内外度及び去極度を求む 34
   Ⅴ-3毎日の半晝夜分及び日出入分,晨昏分を求む 34
   Ⅴ-4晝夜刻及び日出入の時刻を求む 35
   Ⅴ-5更・點率を求む 35
   Ⅴ-6更・點にあたる時刻を求む 35
   Ⅴ-7距中度及び更差度を求む 35
   Ⅴ-8昏,明及び五更での中星を求む 35
   Ⅴ-9全国各地の漏刻を求む 36
Ⅵ交會の推算 36
   Ⅵ- 0 36
   Ⅵ-1天正経朔の入交を求む 38
   Ⅵ-2次の朔・望における入交を求む 38
   Ⅵ-3定朔・望及び毎日夜半における入交を求む 38
   Ⅵ-4定朔・望の時刻における入交を求む 38
   Ⅵ-5交常度,日交定度を求む 38
   Ⅵ-6日月食の食甚定分を求む 39
   Ⅵ-7日月食の食甚が盈縮暦に入る日数と日行定度を求む 39
   Ⅵ-8南北差を求む 40
   Ⅵ-9東西差を求む 40
   Ⅵ-10日食の正交・中交限度を求む 41
   Ⅵ-11日食の陰・陽暦に入る去交前・後度を求む 41
   Ⅵ-12月食が陰・陽暦に入る去交前・後度を求む 41
   Ⅵ-13日食の食分を求む 41
   Ⅵ-14月食の食分を求む 41
   Ⅵ-15日食の定用と三限の辰刻を求む 41
   Ⅵ-16月食の定用と三限・五限の辰刻を求む 42
   Ⅵ-17月食の更・點数を求む 42
   Ⅵ-18日食の方位を求む 43
   Ⅵ-19月食の方位を求む 43
   Ⅵ-20日・月の出入時の帯食にみえる所の食分を求む 43
   Ⅵ-21日・月の食甚における宿次を求む 44
Ⅶ五星の計算 44
   Ⅶ- 0 44
   Ⅶ-01木星 44
   Ⅶ-02火星 46
   Ⅶ-03土星 48
   Ⅶ-04金星 49
   Ⅶ-05水星 51
   Ⅶ-1天正冬至後の五星平合と諸段の中積・中星の計算 52
   Ⅶ-2五星の平合と諸段の入暦との計算 53
   Ⅶ-3盈縮差を求む 53
   Ⅶ-4平合諸段の定積を求む 54
   Ⅶ-5平合及び諸段にあたる月日を求む 54
   Ⅶ-6平合及び諸数の時刻における定星を求む 54
   Ⅶ-7諸段初日の晨前夜半における定星を求む 54
   Ⅶ-8諸段の日率・度率を求む 55
   Ⅶ-9諸段の平行分を求む 55
   Ⅶ-10諸数の増減差及び日差を求む 55
   Ⅶ-11前・後の伏遅退段の増減差を求む 55
   Ⅶ-12毎日の晨前夜半における星の宿次を求む 56
   Ⅶ-13五星の平合・見伏における入盈縮暦を求む 56
   Ⅶ-14五星の平合・見伏における行差を求む 56
   Ⅶ-15五星の定合・定見・定伏における汎積を求む 57
   Ⅶ-16五星の定合における定積・定星を求む 57
   Ⅶ-17木火土三星の定見・伏の定積日を求む 58
   Ⅶ-18金水二星の定見・伏の定積日を求む 58
2章授時暦議読み下し 60
Ⅰ暦- 60
Ⅱ授時暦議上 61
   Ⅱ-0験気 61
   至元十四年丁丑歳冬至を推す 62
   十五年戊寅の歳の夏至を推す 63
   十六年己卯の歳の夏至を推す 65
   十六年巳卯の歳の冬至を推す 66
   Ⅱ-1歳餘歳差 68
   Ⅱ-2冬至刻 70
   Ⅱ-3吉今の暦,疏密を参校す 76
   Ⅱ-4周天列宿の度 77
   Ⅱ-5日躔 79
   Ⅱ-6日行盈縮 80
   Ⅱ-7月行遅疾 81
   Ⅱ-8白道の交周 82
   Ⅱ-9晝夜刻 83
Ⅲ授時暦議下 84
   Ⅲ-1交食 84
   Ⅲ-2詩書に載す所の日食二事 84
   Ⅲ-3春秋の日食,三十七事 85
   Ⅲ-4三国以来の日食 90
   Ⅲ-5前代の月食 94
   Ⅲ-6定朔 98
   Ⅲ-7積年・日法を用いず 99
3章授時暦議の研究 108
Ⅰ授時暦議考 108
   Ⅰ-1暦議について 108
   Ⅰ-2研究書 110
Ⅱ授時暦議パラフレーズ及び注 111
   暦-
Ⅲ授時暦議上 113
   Ⅲ-1冬至,夏至の決定 113
   Ⅲ-2祖沖之の法 116
   Ⅲ-3回帰年長と歳差 123
   A.回帰年長の決定 123
   B.歳差の決定 124
   Ⅲ-4周天度と歳差の消長について 125
   A.史料的解釈 125
   B.計算観測的根拠 127
   Ⅲ-5二十八宿の度数 135
   Ⅲ-6太陽の運行 136
   Ⅲ-7太陽の中心差 136
   Ⅲ-8月の中心差 138
   Ⅲ-9交点月周期 139
   Ⅲ-9昼と夜の時刻 141
Ⅳ授時暦議下 142
   Ⅳ-1日月食 142
   Ⅳ-2三国以来の日食 146
   Ⅳ-3真朔望月(定朔) 150
   Ⅳ-4積年と分数表示を用いること 152
4章授時暦研究補論:五星表にある「限度」の解釈について 156
   地心座標から日心座標への変換? 156
   惑星運動の限度の計算の手順 157
   曲安京の登場 158
   限度の他にも理解に苦しむ件 159
   数値的方法の特徴 160
   授時暦の数値至上主義の限界 162
   日本への影響 162
   暦の仕組みを始めて学ばれる方へのアドバイス 164
   索引とグロッサリ 165
   あとがき 175
1章元史授時暦経譯注 2
Ⅰ気・朔の計算 4
   Ⅰ- 0 4
3.

図書

図書
モリス・クライン著 ; 中山茂訳
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 2011.4  483p ; 20cm
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
中山茂著
出版情報: 東京 : NTT出版, 2000.2  280, vip ; 20cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
ブライアン・ステイブルフォード, デビッド・ラングフォード著 ; 市場泰男[ほか]訳
出版情報: 東京 : パーソナルメディア, 1987.3  223p ; 21×26cm
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
中山茂著
出版情報: 東京 : リクルート出版, 1988.10  242p, 図版 [2] p ; 21cm
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
J・H・ジーンズ著 ; 鈴木敬信訳 . W・M・スマート著 ; 中山茂訳 . M・L・アイデイノフ, H・ラクリス著 ; 金関義則, 吉沢孫兵衛訳
出版情報: 東京 : 平凡社, 1962.3  527p, 図版 [1] 枚 ; 19cm
シリーズ名: 世界教養全集 ; 31
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
ジョゼフ・ニーダム[著] ; 中山茂[ほか]編
出版情報: 東京 : 日本地域社会研究所, 1988.10  441p, 図版[2]p ; 20cm
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
モリス・クライン著 ; 中山茂訳
出版情報: 東京 : 河出書房新社, 1962  2冊 ; 19cm
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
吉田光邦編
出版情報: 京都 : 思文閣出版, 1986.2  ii, 357p, 図版[4]p ; 22cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
博覧会時代の背景 / 園田英弘 [執筆]
万国博覧会と日本の「美術工芸」 / 日野永一 [執筆]
クリストファー・ドレッサーと日本 / 鈴木博之 [執筆]
クルップ社の一九世紀 : 二人のクルップ・万国博覧会・日本 / 三宅宏司 [執筆]
菊と万国博 / 白幡洋三郎 [執筆]
パリ博覧会日本館・一九三七 : ジャポニズム、モダニズム、ポスト・モダニズム / 井上章一 [執筆]
博覧会と大量生産技術の移転 / 山本力 [執筆]
博覧会と特許 / 中山茂 [執筆]
シカゴ閣龍博と教育 / 石附実 [執筆]
明治初期の京都博覧会 / 丸山宏 [執筆]
明治五年の和歌山博覧会とその周辺 / P・F・コーニッキー [執筆]
博覧会と衛生 / 小野芳朗 [執筆]
第五回内国勧業博のディスプレー / 芳井敬郎 [執筆]
博覧会と染織 : 明治末期から大正期の衣生活とのかかわり / 相川佳予子 [執筆]
一九一〇年南洋勧業会始末 / 吉田光邦 [執筆]
博覧会時代の背景 / 園田英弘 [執筆]
万国博覧会と日本の「美術工芸」 / 日野永一 [執筆]
クリストファー・ドレッサーと日本 / 鈴木博之 [執筆]
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼