close
1.

図書

図書
Ernesto Damiani & Hiroshi Maruyama, editors ; sponsored by ACM Special Interest Group on Security, Audit & Control (SIGSAC)
出版情報: New York, N.Y. : ACM Press, c2005  vi, 91 p. ; 28 cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
丸山宏, 田村健人, 浦本直彦 [ほか] 著訳
出版情報: 東京 : ピアソン・エデュケーション, 2002.12  xviii, 732p ; 23cm
所蔵情報: loading…
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
丸山宏著
出版情報: 東京 : 近代科学社, 2009.10  viii, 187p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに i
第1章 企業における研究のあり方 1
第2章 研究について 9
   2.1 研究者像 10
    Letter 研究者とはいかにあるべきか 10
   2.2 研究の面白さ 18
    Letter 面白い研究とは 19
   2.3 研究のやり方 22
    Letter 研究のやり方 23
   2.4 論文について 27
    Letter 論文を書こう 27
   2.5 研究力とは 33
    Letter 研究力強化プログラム 34
   この章のまとめ 38
第3章 コミュニケーションの大切さ 41
   3.1 コミュニケーションの基本 42
    Letter プレゼンテーションについて 43
   3.2 コミュニケーション・テクニック 47
    Letter コンサルタントに学ぶコミュニケーション術 48
   3.3 異文化コミュニケーション 60
    Letter 見えないのは、いないのと同じ 61
   この章のまとめ 64
第4章 研究者のキャリア 65
   4.1 テクニカル・キャリア 67
    Letter IBMでテクニカル・キャリアを伸ばすには 67
   4.2 二つのヒント 71
    Letter Pass It On! 72
   4.3 グローバル統合の時代の中で、研究者はどうあるべきか 75
    Letter フラット化する世界 75
   4.4 変わっていくということ 80
    Letter Never Settle for Anything 80
   4.5 外の世界を経験すること 85
    Letter コンサルティング部門への出向にあたって 86
   この章のまとめ 91
第5章 リーダーシップについて 93
   5.1 組織の運営戦略 94
    Letter 組織の運営戦略 95
   5.2 どうしたら人は動くか 98
    Letter 私の気づき 99
   5.3 リーダーシップのベスト・プラクティス 103
    Letter The Art of Possibility 103
   5.4 知的刺激を与える 109
    Letter サイエンスとしてのコンピューティング 110
    Letter シンギュラリティ 112
   この章のまとめ 116
第6章 企業の研究所のマネジメント 117
   6.1 企業の研究所のあり方 118
    Letter 東京基礎研究所25周年 120
   6.2 イノベーションを起こす仕組み 123
    Letter Innovation Jam 124
   6.3 グローバル・テクノロジ・アウトルック、グローバル・イノベーション・アウトルック 126
    Letter GTOとGIO 127
   6.4 基礎研究部門マネジメントの変化 132
    Letter グローバル・マネジメント 133
    Letter IBM Researchの変化 134
   6.5 研究所の価値 137
    Letter マーケットバリューの高い研究所に 138
   6.6 研究の評価 140
    Letter 評価について 141
   この章のまとめ 145
第7章 知財・契約・技術倫理 147
   7.1 特許について 148
   7.2 お客様との契約について 152
   7.3 技術倫理 155
    Letter 研究者のインテグリティ 155
   この章のまとめ 160
第8章 研究所の風土 161
   8.1 わくわくするDNA 162
    Letter わくわくするDNA 163
   8.2 ビジネスマナー 167
    Letter マナーについて 168
   8.3 仕事場を離れて 170
    Letter 東京基礎研究所夏の風物詩 171
第9章 企業の研究者をめざす学生の皆さんへ 175
   9.1 学生時代に何を学ぶか 176
   9.2 博士課程に進学すべきか 179
   9.3 企業について知る 182
終わりに 184
参考文献 187
はじめに i
第1章 企業における研究のあり方 1
第2章 研究について 9
4.

図書

図書
統計数理研究所編
出版情報: 東京 : 近代科学社, 2011.10-  冊 ; 24cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
中島秀之, 丸山宏編著 ; 浅田稔 [ほか] 著
出版情報: 東京 : 小学館, 2018.12  253p ; 19cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 ビジュアル : 人工知能研究の歴史
ソサエティ5・0
ニューラルネットワーク ほか
第2部 視点・論点 : 重要概念
到達点と未来
第3部 : 小事典
第1部 ビジュアル : 人工知能研究の歴史
ソサエティ5・0
ニューラルネットワーク ほか
概要: 人工知能(AI)は私たちのくらしをどのように変えていくのか?その答えが、本書にある。わが国トップランナー研究陣による最強の入門書!!
6.

図書

図書
丸山宏, 山田敦, 神谷直樹共著
出版情報: 東京 : 近代科学社, 2015.8  ii, 159p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1部 データサイエンティスト : データサイエンティストとは
データサイエンティストになるには
データサイエンティストの育成
第2部 データ分析の手法 : データ分析の局面
データの準備と可視化
アソシエーション分析
クラスタリング
分類・回帰
統計的機械学習
時系列解析
最適化
実験計画
第3部 データ分析を有効活用できる組織 : データを活用する組織の形態
データサイエンティストの調達
データ活用プロセスの構築
分析基盤の整備とデータの管理
意思決定のありかた
データの分析・利用に関する権利と義務
第1部 データサイエンティスト : データサイエンティストとは
データサイエンティストになるには
データサイエンティストの育成
概要: データサイエンティストの仕事現場を紙上で再現!さらに、これだけは押さえておきたい分析手法、管理職が知っておくべき、データ分析を有効活用できる組織のありかたなど、プロフェッショナルとしての必要かつ十分な要件をコンパクトに収録!データサイエンテ ィストを目指す人、育てる人、活用する人に! 続きを見る
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼