close
1.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
[井上達夫ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2002.10  ix, 252, 33p ; 21cm
シリーズ名: 20世紀の定義 / 樺山紘一 [ほか] 編集 ; 8
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はしがき
I 20世紀を読む 1
   1 グローバル化の両価性 井上達夫 3
   2 女性の地位 原ひろ子 21
   3 差別と差異のヒストリオグラフィ 岩崎稔 45
II 20世紀の臨界 63
   1 《最終的解決》の構想と記憶 佐藤卓己 65
   2 マイノリティの復権 田崎英明 93
   3 躯とまなざし 生井英孝 115
   4 「女」の抑圧から「女」という抑圧に対して 竹村和子 139
III はじまりの20世紀 165
   1 少数者のことば―言語、物語、複数文化の力学― 中村和恵 167
   2 ボーダーと文化のヘゲモニー 細見和之 195
   3 ジェンダーの20世紀 加藤秀一 223
人物略伝 17
読書案内 1
はしがき
I 20世紀を読む 1
   1 グローバル化の両価性 井上達夫 3
2.

図書

図書
井上達夫編
出版情報: 京都 : 法律文化社, 2010.12  xviii, 270p ; 22cm
シリーズ名: 講座人権論の再定位 ; 5
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
井上達夫, 嶋津格, 松浦好治編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1999.2  xvii, 238p ; 21cm
シリーズ名: 法の臨界 / 井上達夫, 嶋津格, 松浦好治編 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
編者による概観 / 井上達夫 [執筆]
法的思考の根本問題 : ルールとケース / 亀本洋 [執筆]
モダン法思考の限界と法の再文脈化 : 法ディスコースとプラクティスをめぐって / 和田仁孝 [執筆]
「セックス」と「ジェンダー」 : 果てしない言葉の争い / 紙谷雅子 [執筆]
日本型「司法積極主義」と現状中立性 : 逸失利益の男女間格差の問題を素材として / 野崎綾子 [執筆]
法と政治の力学と憲法裁判 : ドイツ連邦憲法裁判所を手がかりに / 服部高宏 [執筆]
公私二元論崩壊の射程と日本の近代憲法学 / 中山道子 [執筆]
文化の多様性と立憲主義の未来 / 長谷部恭男 [執筆]
法の帝国と参加民主主義 : from liberal legalism to deliberative democracy as postliberalism / 旗手俊彦 [執筆]
妥協としての法 : 対話的理性の再編にむけて / 平井亮輔 [執筆]
法の支配 : 死と再生 / 井上達夫 [執筆]
編者による概観 / 井上達夫 [執筆]
法的思考の根本問題 : ルールとケース / 亀本洋 [執筆]
モダン法思考の限界と法の再文脈化 : 法ディスコースとプラクティスをめぐって / 和田仁孝 [執筆]
4.

図書

図書
井上達夫, 嶋津格, 松浦好治編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1999.2-1999.3  3冊 ; 21cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
井上達夫, 嶋津格, 松浦好治編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1999.3  xvii, 260p ; 21cm
シリーズ名: 法の臨界 / 井上達夫, 嶋津格, 松浦好治編 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
編者による概観 / 嶋津格 [執筆]
国民国家というシステム : 「国民」と「市民」の二重性 / 佐藤俊樹 [執筆]
EU法秩序の理念と現実 : アムステルダム条約以後の統治をどう捉えるべきか / 中村民雄 [執筆]
国際統治の実効性と正統性 / 城山英明 [執筆]
婚外子の法的地位とジェンダー : 近世・近代ドイツにおける婚外子の扶養請求権 / 三成美保 [執筆]
合意なき共生 : マイノリティーにとっての法秩序 / 小畑清剛 [執筆]
国家なき社会 : アナキズムの秩序構想 / 住吉雅美 [執筆]
モダニズムと秩序構想 : 中井正一をめぐる小考 / 苅部直 [執筆]
アウトローの法社会学 : 正義実現の非法的基礎 / 河合幹雄 [執筆]
法と経済学の限界と可能性 : 合理的選択と社会規範をめぐって / 川浜昇 [執筆]
秩序の希少性について / 嶋津格 [執筆]
編者による概観 / 嶋津格 [執筆]
国民国家というシステム : 「国民」と「市民」の二重性 / 佐藤俊樹 [執筆]
EU法秩序の理念と現実 : アムステルダム条約以後の統治をどう捉えるべきか / 中村民雄 [執筆]
6.

図書

図書
井上達夫, 嶋津格, 松浦好治編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1999.3  xv, 217p ; 21cm
シリーズ名: 法の臨界 / 井上達夫, 嶋津格, 松浦好治編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
編者による概観 / 松浦好治 [執筆]
未来は値するか : 滅亡へのストラテジー / 小林和之 [執筆]
市場における自律性 : 契約理論の再構成 / 山田八千子 [執筆]
家族と多元的文化規範 / 山崎康仕 [執筆]
生活世界からの法創造 : コミュニティの自生的秩序が法につながるまで / 名和田是彦 [執筆]
言語政策と国家の中立性 / 石山文彦 [執筆]
個人自己責任の原則と集合的責任 / 瀧川裕英 [執筆]
政策としての法 / 宇佐美誠 [執筆]
法的紛争処理の多元化と統合 / 守屋明 [執筆]
法的イマジネーション / 松浦好治 [執筆]
編者による概観 / 松浦好治 [執筆]
未来は値するか : 滅亡へのストラテジー / 小林和之 [執筆]
市場における自律性 : 契約理論の再構成 / 山田八千子 [執筆]
7.

図書

図書
大庭健 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2006.12  xxviii, 1075p ; 22cm
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
井上達夫 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2007.4  xv, 332p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座憲法 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
市民的自由は憲法学の基礎概念か / 毛利透著
社会契約は立憲主義にとってなお生ける理念か / 愛敬浩二著
「法の支配」の立憲主義的保障は「裁判官の支配」を超えうるか / 渡辺康行著
権力分立原理は国家権力を実効的に統御しうるか / 瀧川裕英著
共和主義ルネッサンスは立憲主義の死か再生か / 駒村圭吾著
公私区分批判はリベラルな立憲主義を超えうるのか / 巻美矢紀著
差異の政治は自己表出力なき者の人権を擁護しうるのか / 関良徳著
リバタリアンは「立憲主義の為の闘争」を戦いうるのか / 吉永圭著
政治的リベラリズムにおける「立憲的精髄」は「暫定協定」を超えうるか / 大日方信春著
プラグマティズムは法の支配を否定するか / 淺野博宣著
根元的規約主義は解釈改憲を放縦化させるのか / 大屋雄裕著
憲法の公共性はいかにして可能か / 井上達夫著
市民的自由は憲法学の基礎概念か / 毛利透著
社会契約は立憲主義にとってなお生ける理念か / 愛敬浩二著
「法の支配」の立憲主義的保障は「裁判官の支配」を超えうるか / 渡辺康行著
9.

図書

図書
[中畑正志ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2008.6  xiii, 299p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座哲学 / 飯田隆 [ほか] 編集委員 ; 01
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
名づける、喩える、書き換える / 中畑正志 [執筆]
理性と非理性 / 伊藤邦武 [執筆]
科学のナラトロジー : 「物語り的因果性」をめぐって / 野家啓一 [執筆]
技術への問い : 技術の創造性と日本の近代化 / 村田純一 [執筆]
「見る」と「見える」 : 日本語から哲学へ / 飯田隆 [執筆]
日本発の哲学 : その可能性をめぐって / 末木文美士 [執筆]
他性と超越 : 「他なるもの」への問い / 熊野純彦 [執筆]
あいだ哲学論考 / 篠原資明 [執筆]
公共性の哲学と哲学の公共性 / 井上達夫 [執筆]
経験批判としての臨床哲学 / 中岡成文 [執筆]
現場に臨む哲学の可能性 / 清水哲郎 [執筆]
"不条理な苦痛"と「水俣の痛み」 : 市井三郎と最首悟の「衝突」覚え書 / 川本隆史 [執筆]
名づける、喩える、書き換える / 中畑正志 [執筆]
理性と非理性 / 伊藤邦武 [執筆]
科学のナラトロジー : 「物語り的因果性」をめぐって / 野家啓一 [執筆]
10.

図書

図書
井上達夫編
出版情報: 東京 : 信山社出版, 2009.4  xxv, 356, xixp ; 22cm
所蔵情報: loading…
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼