close
1.

図書

図書
スティーヴン・L・マンリー著 ; スティーヴン・フォーニア絵 ; 吉田三知世訳
出版情報: 東京 : 講談社, 2011.10  189p ; 18cm
シリーズ名: ブルーバックス ; B-1746
所蔵情報: loading…
2.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ニール・ドグラース・タイソン著 ; 吉田三知世訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2008.10  474p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 5
謝辞 7
プロローグ-科学の始まり 15
第1部 知識とは何か 宇宙について何を知ることができるのかを見極めることの難しさ
   第1章 冷静になって、われわれの感覚というものを考える 27
   第2章 地上でも宇宙でも同じ 35
   第3章 百聞は一見にしかずか? 45
   第4章 情報の罠 58
   第5章 地面に棒を突き立ててできる科学 73
第2部 自然についての知識 宇宙の構成要素を見出す試み
   第6章 太陽の中心からの旅 85
   第7章 惑星のパレード 92
   第8章 太陽系の放浪者 105
   第9章 五つのラグランジュ点 118
   第10章 反物質の問題(アンチマター・マター) 126
第3部 自然のあり方とやり口 問いかける精神に対して自然はどのように自らの姿を現すか
   第11章 揺るぎなく(コンスタントで)あることの重要性 137
   第12章 速度の上限 147
   第13章 弾道飛行をする 157
   第14章 密度が高いとはどういうことか 167
   第15章 虹の向こう側 178
   第16章 宇宙に開いた窓 188
   第17章 宇宙の色 199
   第18章 宇宙プラズマ 208
   第19章 炎と氷 216
第4部 生命の意味 どうして今われわれが存在するのかを理解する-その試みと成果
   第20章 塵から生まれ塵に還る 227
   第21章 恒星のなかで生まれる 235
   第22章 雲に乗せて送る 243
   第23章 ゴルディロックスと三つの惑星 253
   第24章 水、水 261
   第25章 生きられるところ 272
   第26章 宇宙に存在する生物 282
   第27章 人間が発した電波のざわめき 294
第5部 宇宙がよからぬ状態になると 宇宙がわれわれを殺そうとするさまざまな方法
   第28章 太陽系のカオス 307
   第29章 次回の隕石接近 314
   第30章 世界の終焉 326
   第31章 銀河のエンジン 333
   第32章 一気にやっつけろ 343
   第33章 ブラックホールで死んでみる 353
第6部 科学と文化 宇宙に関する発見と、それに対する人々の反応の齟齬
   第34章 世問で言われていること 363
   第35章 数恐怖症 372
   第36章 困惑する科学者 379
   第37章 科学という砂地に残した足跡 387
   第38章 闇よ、あれ 400
   第39章 ハリウッドの夜 409
第7部 科学と神 知識の体系どうしが衝突するとき
   第40章 宇宙の始まり 423
   第41章 聖戦 436
   第42章 無知と知のあわい 446
訳者あとがき 459
参考文献 474
まえがき 5
謝辞 7
プロローグ-科学の始まり 15
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
フランク・ウィルチェック著 ; 吉田三知世訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2009.12  365p, 図版 [4] p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
原書の題について 9
読者のための手引き 10
第1部 質量の起源
   第1章 「これ」に取り組む 15
   第2章 ニュートンの第ゼロ法則 27
   第3章 アインシュタインの第二法則 37
   第4章 物質にとって重要なこと 43
   第5章 内側にいたヒドラ 49
   第6章 物質のなけのビット 57
   第7章 具現化した対称性 93
   第8章 グリッド(エーテルは不滅だ) 115
   第9章 物質を計算する 171
   第10章 質量の起源 195
   第11章 グリッドの音楽-二つの方程式のなかの音楽 202
   第12章 深遠な単純さ 205
第2部 重力の弱さ
   第13章 重力は弱いのだろうか?実際にはそうだ 219
   第14章 重力は弱いのか?理論的にはノーだ 222
   第15章 ほんとうにすべき質問 226
   第16章 美しい答 228
第3部 美は真なるか?
   第17章 統一-セイレーンの歌 243
   第18章 統一-ガラスを通して、ぼんやりと 261
   第19章 擁護可能性 267
   第20章 統一・SUSY 271
   第21章 新しい黄金時代の予感 280
エピローグ-つるつるした小石、きれいな貝殻 291
謝辞 299
   補遺A 粒子は質量を、世界はエネルギーを持っている 301
   補遺B 多層構造で多色の宇宙超伝導体 305
   補遺C 「間違ってはいない」から(たぶん)正しいへ 314
訳者あとがき 319
図版等出典 323
用語解説 344
原注 365
原書の題について 9
読者のための手引き 10
第1部 質量の起源
4.

図書

図書
ロバート・P・クリース著 ; 吉田三知世訳
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング (発売), 2014.11  429p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ウィトルウィウス的人体図
古代中国—尺と律管
西アフリカ—金の錘
フランス—「生活と労働の現実」
阻まれる普遍化への歩み
現代文明の最大の勝利の一つ
メートル好きとメートル嫌い
ご冗談でしょう、デュシャンさん
究極の単位という夢
普遍的な度量衡体系—SI
今日の計測を巡る状況
さらば、キログラム
ウィトルウィウス的人体図
古代中国—尺と律管
西アフリカ—金の錘
概要: 測定のベースとなる長さや重さの単位を巡る科学史ストーリー!!理論と実験に関わる単純さ/美しさを求める科学の本質。科学の発展に寄与した単位の制定を巧みに語る科学エッセイ。
5.

図書

図書
ジョージ・ダイソン著 ; 吉田三知世訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2013.2  648p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
一九五三年
オルデン・ファーム
ヴェブレンのサークル
ノイマン・ヤーノシュ
MANIAC
フルド219
6J6
V40
低気圧の発生
モンテカルロ〔ほか〕
一九五三年
オルデン・ファーム
ヴェブレンのサークル
概要: 高等研究所などに収められた詳細な文献や写真資料、豊富なインタビュー取材をもとに、大戦後の混乱でこれまで必ずしも明らかでなかった歴史事情や、知られざる人々の肖像をちりばめて綴る、決定版コンピュータ「創世記」。
6.

図書

図書
ロバート・P・クリース, アルフレッド・シャーフ・ゴールドハーバー著 ; 吉田三知世訳
出版情報: 東京 : 日経BP社 , 東京 : 日経BPマーケティング (発売), 2017.2  491p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ニュートン的モーメント
ピクセル化された世界
量子跳躍
ランダムさ
アイデンティティーの問題—まだ落ちていない量子の靴の片方
サメとトラ—二重性
不確定性
ずたずたになったリアリティ—キュビスムと相補性
だめだめ!
シュレーディンガーの猫
ウサギの穴—並行宇宙へのあこがれ
物理学を救う
ニュートン的モーメント
ピクセル化された世界
量子跳躍
概要: 量子物理を巡る科学史・カルチャー史ストーリー!!次々と現れる量子物理学の新しいイメージをほとんど数式なしで解釈する!
7.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ジェームス・D・ワトソン著 ; 吉田三知世訳
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 2009.4  443p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 8
はじめに 11
1 子ども時代に身に付けた習慣 13
2 学部学生だったころに身に付けた習慣 33
3 大学院で身に付けた習慣 52
4 ファージグループが採用していた習慣 72
5 野心に燃える若き科学者として教わった習慣 92
6 価値ある科学を行うに必要な習慣 118
7 終身在職権のない教授として取っていた習慣 145
8 活気ある研究を促すために採用した習慣 167
9 重要ではない大統領顧問になって知った習慣 189
10 ノーベル賞受賞者にふさわしい習慣 211
11 学者として不器用なために必要となった習慣 236
12 おもしろい本の背後にある習慣 258
13 礼儀正しい学者として必要な習慣 292
14 二つの仕事をこなし続けるために必要な習慣 315
15 心ならずもハーバードを去るときに守った習慣 347
エピローグ 383
登場人物 396
忘れられない教訓 418
訳者あとがき 426
写真のクレジット 436
索引 443
まえがき 8
はじめに 11
1 子ども時代に身に付けた習慣 13
8.

図書

図書
デイヴィッド・ボダニス著 ; 伊藤文英, 高橋知子, 吉田三知世訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2010.9  431p ; 16cm
シリーズ名: ハヤカワ文庫 ; NF371 . 「数理を楽しむ」シリーズ||スウリ オ タノシム シリーズ
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
オリバー・ストーン, ピーター・カズニック著 ; 大田直子 [ほか] 訳
出版情報: 東京 : 早川書房, 2013.4  403p ; 20cm
シリーズ名: オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史 / オリバー・ストーン, ピーター・カズニック著 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序章 帝国のルーツ—「戦争はあこぎな商売」 : 「覇権国家」アメリカの光と影
歴史に縛られたくないアメリカ人 ほか
第1章 第一次世界大戦—ウィルソンvsレーニン : ウィルソン—革命嫌いの人権差別主義者
メキシコ革命とウィルソン ほか
第2章 ニュー・ディール—「私は彼らの憎しみを喜んで受け入れる」 : 世界大不況下のアメリカとFDR
「あこぎな両替商」との決別 ほか
第3章 第二次世界大戦—誰がドイツを打ち破ったのか? : 枢軸国の侵略、始まる
スターリンのあせり—独ソ不可侵条約 ほか
第4章 原子爆弾—凡人の悲劇 : 歴史の流れを変えた発明
核エネルギーへの危惧—アインシュタインの後悔 ほか
序章 帝国のルーツ—「戦争はあこぎな商売」 : 「覇権国家」アメリカの光と影
歴史に縛られたくないアメリカ人 ほか
第1章 第一次世界大戦—ウィルソンvsレーニン : ウィルソン—革命嫌いの人権差別主義者
概要: 歴史上、ファシストや全体主義者を打倒したアメリカには、「自由世界の擁護者」というイメージがある。しかし、それは真の姿だろうか?二度のアカデミー賞に輝く、過激な政治的発言でも知られるオリバー・ストーンによれば、それは嘘だ。じつはアメリカはかつ てのローマ帝国や大英帝国と同じ、人民を抑圧・搾取した実績にことかかない、ドス黒い側面をもつ「帝国」なのだ。その真実の歴史は、この帝国に翳りの見えてきた今こそ暴かれねばならない。最新資料の裏付けをもって明かすさまざまな事実によって、全米を論争の渦に巻き込んだ歴史大作。 続きを見る
10.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
ジョージ・ジョンソン著 ; 吉田三知世訳
出版情報: [東京] : 日経BP社 , 東京 : 日経BP出版センター (発売), 2009.9  268p ; 20cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
まえがき 9
第1章 ガリレオ・ガリレイ―物体はほんとうはどのように動くのか 18
第2章 ウィリアム・ハーヴィ―心臓の謎 36
第3章 アイザック・ニュートン―色とは何か 54
第4章 アントワーヌ=ローラン・ド・ラヴォアジエ―徴税請負人の娘婿 72
第5章 ルイージ・ガルヴァーニ―動物電気 92
第6章 マイケル・ファラデー―奥深く隠されしもの 112
第7章 ジェームズ・ジュール―世界はどのように仕事をするのか 128
第8章 A・A・マイケルソン―宇宙で迷う 150
第9章 イワン・パブロフ―測定不可能なものを測定する 172
第10章 ロバート・ミリカン―ボーダーランドで 194
あとがき 一一番目のもっとも美しい実験 218
謝辞 221
訳者あとがき 225
図のクレジット 237
原注と参考文献 261
索引 268
まえがき 9
第1章 ガリレオ・ガリレイ―物体はほんとうはどのように動くのか 18
第2章 ウィリアム・ハーヴィ―心臓の謎 36
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼