close
1.

図書

図書
新田尚 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2002.1  x, 520p ; 22cm
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
安成哲三, 岩坂泰信編 ; 中澤高清 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.3  xiv, 326p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座地球環境学 / 高橋裕 [ほか] 編 ; 3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
地球システムの進化と大気環境の変化 / 安成哲三, 岩坂泰信 [執筆]
人間活動による大気改変の歴史 / 岩坂泰信 [執筆]
温室効果気体の増加と地球温暖化 / 中澤高清 [執筆]
大気汚染物質と大気質の変化 / 岩坂泰信, 原宏 [執筆]
気候変化の予測の可能性 / 住明正 [執筆]
地球温暖化と経済 / 森田恒幸 [執筆]
地球温暖化問題の科学と政治 / 米本昌平 [執筆]
現象解明と問題解決のはざまに : 新しい科学を模索する試み / 住明正 [執筆]
地球システムの進化と大気環境の変化 / 安成哲三, 岩坂泰信 [執筆]
人間活動による大気改変の歴史 / 岩坂泰信 [執筆]
温室効果気体の増加と地球温暖化 / 中澤高清 [執筆]
3.

図書

東工大
目次DB

図書
東工大
目次DB
渡邊誠一郎, 檜山哲哉, 安成哲三編
出版情報: 名古屋 : 名古屋大学出版会, 2008.3  vii, 341p, 図版 [4] p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
はじめに i
地質年代表 vi
序章 地球学 : 太陽-地球-生命圏相互作用系の理解
   序.1 地球学とは何か 2
   序.1.1 これまでの地球科学は何をやってきたか 2
   序.1.2 そして地球環境問題 2
   序.1.3 生命圏,もうひとつの地球 3
   序.1.4 地球学の基本思想 3
   序.2 太陽-地球-生命圏相互作用系とは何か 9
   序.2.1 太陽 9
   序.2.2 地球 12
   序.2.3 生命圏 15
   序.2.4 太陽-地球-生命圏相互作用系 19
   序.2.5 水惑星「地球」 20
   序.2.6 生金圏の能動的役割とガイア仮説 22
   序.2.7 SELISの構造 23
   序.2.8 本書の構成 25
第1章 太陽-地球-生命圏相互作用系の動態把握
   1.1 太陽-地球系とその変動 28
   1.1.1 太陽-地球系とは 28
   1.1.2 太陽から地球へのエネルギー流入 32
   1.1.3 地球周辺大気・プラズマ環境の変動 36
   1.1.4 太陽放射・銀河宇宙線および地球磁場変動による地球大気環境の変動 40
   1.1.5 人間活動による大気の変質 48
   1.1.6 宇宙災害と宇宙天気研究 55
   1.2 大気と水循環 60
   1.2.1 水惑星「地球」 60
   1.2.2 降水過程の概観 70
   1.2.3 地球温暖化と降水 76
   1.2.4 降水分布の観測法 77
   1.2.5 今後の研究課題 79
   1.3 地球生命圏-海洋 82
   1.3.1 海水の循環 83
   1.3.2 海水中の生物活動 87
   1.3.3 海洋の炭素循環 93
   1.3.4 炭素循環の変動 97
   1.3.5 今後の研究課題 99
   1.4 地球生命圏-陸域 102
   1.4.1 陸域植生における生物過程の特徴 102
   1.4.2 陸面での放射収支・熱収支・水収支・炭素収支 103
   1.4.3 熱収支・水収支・炭素収支と気候・植生の相互作用 108
   1.4.4 衛星リモートセンシングによる陸域植生の動態把握 114
第2章 古環境記録から見た太陽-地球-生命圏相互作用系
   2.1 古環境復元のためのプロキシー 122
   2.1.1 炭酸カルシウム中の酸素同位体比と微量元素比 123
   2.1.2 黄土層の帯磁率 127
   2.1.3 氷の酸素同位体比 128
   2.1.4 樹木年輪の幅およびセルロースのΔCとδC l32
   2.1.5 今後の研究課題 135
   2.2 花粉分析-東アジアの過去約200万年間の植生変遷 138
   2.2.1 化石花粉を用いた植生変遷の復元 138
   2.2.2 植物分類・気候区分・植生分布 141
   2.2.3 植生変遷の推定例 145
   2.2.4 琵琶湖湖底堆積物の化石花粉から見た約43万年間の植生変遷史 148
   2.2.5 バイカル湖湖底堆積物の化石花粉から見た約200万年間の植生変遷史 152
   2.2.6 花粉分析による古植生復元の問題点 156
   2.2.7 気候変動と植生変遷-過去から現在,そして未来へ 162
   2.2.8 今後の研究課題 163
   2.3 陸域古環境変動解析-バイカル湖に見る,北東ユーラシアの環境変動 167
   2.3.1 陸域古環境変動解析の重要性 168
   2.3.2 バイカル湖の構造と形成史 171
   2.3.3 バイカル湖湖底堆積物の掘削と年代決定 174
   2.3.4 バイカル湖湖底堆積物コアから得られた環境指標 178
   2.3.5 気候・環境変動の周期性とその変化 187
   2.3.6 バイカル湖での生物進化 190
   2.3.7 まとめと今後の研究課題 193
第3章 太陽-地球-生命圏相互作用系のモデリング
   3.1 大循環モデルとシンプルモデル 200
   3.1.1 大循環モデル 200
   3.1.2 シンプルモデル 205
   3.1.3 力学系モデル 206
   3.1.4 今後の研究課題 210
   3.2 シンプルモデルによる気候変動メカニズムの解明 214
   3.2.1 0次元エネルギーバランスモデル 214
   3.2.2 1次元エネルギーバランスモデル 219
   3.2.3 変動する地球システムの特徴 223
   3.2.4 10万年周期問題と非線形応答 229
   3.3. 海が関わる気候変化 237
   3.3.1 気候の変化にとって海が重要な理由 237
   3.3.2 海洋の流れを理解するために 239
   3.3.3 熱塩循環をより深く理解する 246
   3.3.4 海洋の炭酸系を理解するための化学的基礎 254
   3.3.5 海洋の物質循環 267
   3.3.6 熱塩循環と海洋炭素循環の相互作用の理解に向けて 273
   3.3.7 まとめと今後の研究課題 282
   3.4 生命が気候を調整する 285
   3.4.1 デイジーワールド : アルベドを介した連関 285
   3.4.2 長期炭素循環における生命の役割 : 風化を介して 288
   3.4.3 光合成の進化と役割 290
   3.4.4 水循環を介した気候変動と生命圏の相互作用 295
   3.4.5 人類活動の影響 299
   3.5 山岳上昇とアジアモンスーンの成立 306
   3.5.1 アジアモンスーンの成立 307
   3.5.2 GCMを用いた山岳上昇に伴うアジアの気候変化に関する研究 308
   3.5.3 まとめと今後の研究課題 315
   3.6 氷河時代における気候変化-AOGCMによる研究からの考察 317
   3.6.1 10万年周期の氷期・間氷期サイクル 317
   3.6.2 大気CO濃度と熱塩循環の相互作用 318
   3.6.3 表層水循環と深層水循環の相互作用 321
   3.6.4 氷期・間氷期サイクルの中での人為起源の気候変化 323
あとがき 325
記号リスト 327
事項索引 334
略語索引 341
はじめに i
地質年代表 vi
序章 地球学 : 太陽-地球-生命圏相互作用系の理解
4.

図書

図書
安成哲三,柏谷健二編
出版情報: 東京 : 古今書院, 1992.11  viii, 174p ; 23cm
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
吉野正敏, 安田喜憲編
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 1995.12  viii, 275p ; 22cm
シリーズ名: 講座文明と環境 / 梅原猛, 伊東俊太郎, 安田喜憲編 ; 第6巻
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
過去1万3000年間の気候の変化と人間の歴史 / 阪口豊 [執筆]
東アジアの歴史時代の気候と人間活動 / 吉野正敏 [執筆]
水月湖の細粒堆積物で検出された過去2000年間の気候変動 / 福澤仁之, 安田喜憲 [執筆]
屋久杉に刻まれた歴史時代の気候変動 / 北川浩之 [執筆]
中国前20世紀から紀元前後までの気候 / 菅谷文則 [執筆]
古記録からみた韓国の気候変動 / 魚塘 [執筆]
フン族あらわる / 林俊雄 [執筆]
後漢帝国の崩壊と倭国大乱 / 置田雅昭 [執筆]
ヴァイキングの時代 / 吉野正敏 [執筆]
アンコール文明の発展 : 植物文明世界 / 石澤良昭 [執筆]
マヤ文明の発展をもたらしたもの / 高山智博 [執筆]
チベット文明の拡大と気候変動 / 岩田修二 [執筆]
渤海の盛衰と気候変動 / 吉野正敏 [執筆]
オホーツク文化の展開とアイヌ文化 / 菊池俊彦 [執筆]
古代宮都・長岡京の廃絶と自然条件の推移 / 中塚良 [執筆]
小氷期の気候 / 吉村稔 [執筆]
小氷期のワインづくり / 田上善夫 [執筆]
平野の微地形変化と開発 / 高橋学 [執筆]
小氷期のイギリスと日本 / 安田喜憲 [執筆]
現代文明崩壊のシナリオ / 安田喜憲 [執筆]
アジア・モンスーンの思想 : 地球環境問題の解明に向けて / 安成哲三 [執筆]
過去1万3000年間の気候の変化と人間の歴史 / 阪口豊 [執筆]
東アジアの歴史時代の気候と人間活動 / 吉野正敏 [執筆]
水月湖の細粒堆積物で検出された過去2000年間の気候変動 / 福澤仁之, 安田喜憲 [執筆]
6.

図書

図書
吉崎正憲, 野田彰編集代表 ; 秋元肇 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 朝倉書店, 2013.9  ix, 378p ; 26cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 : 古気候
第2章 : グローバルな大気
第3章 : ローカルな大気
第4章 : 大気化学
第5章 : 水循環
第6章 : 生態系
第7章 : 海洋
第8章 : 雪氷圏
第9章 : 地球温暖化
基礎論
第1章 : 古気候
第2章 : グローバルな大気
第3章 : ローカルな大気
概要: 地球環境の観測・予測の研究で数々の成果を挙げる海洋研究開発機構(JAMSTEC)の研究者を中心とした、オールジャパン体制の豪華な執筆陣。本文に含みきれない詳細な内容(写真・図、シュレーション、動画など)をDVDに収録。自習だけでなく、教育現 場でもダイナミックかつ具体的・専門的理解を支援。 続きを見る
7.

図書

図書
安成哲三, 藤井理行著
出版情報: 東京 : 東京堂出版, 1983.9  vii,254p ; 22cm
シリーズ名: 気象学のプロムナード ; 15
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
和田英太郎, 安成哲三編 ; 半田暢彦 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.2  xv, 348p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座地球環境学 / 高橋裕 [ほか] 編 ; 4
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
安成哲三, 米本昌平編 ; 岩田修二 [ほか執筆]
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1999.5  xv, 302p ; 22cm
シリーズ名: 岩波講座地球環境学 / 高橋裕 [ほか] 編 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
モンスーンアジアにおける風土と環境問題の構図 / 安成哲三, 米本昌平 [執筆]
アジアの自然史 : ヒマラヤ・チベット山塊をめぐる環境変化 / 岩田修二 [執筆]
熱帯雨林の破壊と「南北」問題 / 山田勇 [執筆]
モンスーンアジアにおける水田農業の環境学的諸問題 / 福井捷朗 [執筆]
東アジアの酸性雨問題と環境外交の可能性 / 米本昌平 [執筆]
中国における地球環境問題 / 明日香壽川 [執筆]
シベリアと地球環境問題 / 福田正己 [執筆]
東南アジアの開発と環境問題 / 村井吉敬 [執筆]
アジア各国における環境問題への取り組み / 竹本和彦 [執筆]
2025年のアジアの環境 / 加藤三郎 [執筆]
モンスーンアジアにおける風土と環境問題の構図 / 安成哲三, 米本昌平 [執筆]
アジアの自然史 : ヒマラヤ・チベット山塊をめぐる環境変化 / 岩田修二 [執筆]
熱帯雨林の破壊と「南北」問題 / 山田勇 [執筆]
10.

図書

図書
安成哲三著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2018.5  viii, 232p, 図版 [2] p ; 21cm
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
第1章 地球気候システムとは : システムとはものの見方である
地球気候システムを特徴づけるもの ほか
第2章 現在の地球気候はどう決まっているか : 地球大気の鉛直構造はどう決まっているか
地球気候の南北分布と季節変化はどう決まっているか ほか
第3章 地球気候システムの変動と変化 : 複雑系としての気候システムの変動と変化の特性
地球規模の気候変化を引き起こす4つの要因 ほか
第4章 地球気候システムの進化 : 地球システムの進化という見方
水惑星地球の誕生 ほか
第5章 人間活動と気候システム変化 : 人間活動は地球気候にどう影響してきたか
気候変化の近未来(〜100年先)予測 ほか
第1章 地球気候システムとは : システムとはものの見方である
地球気候システムを特徴づけるもの ほか
第2章 現在の地球気候はどう決まっているか : 地球大気の鉛直構造はどう決まっているか
文献の複写および貸借の依頼を行う
 文献複写・貸借依頼